約束のネバーランド 150。 約束のネバーランド150話ネタバレ!レグラヴァリマ無傷!ギーラン死亡もザジが相手に!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

【約束のネバーランド】154話ネタバレ感想|ラムダを救うカギはアダム!?

約束のネバーランド 150

【約束のネバーランド】154話ネタバレ感想|ラムダを救うカギはアダム!? 『約束のネバーランド』154話の内容と感想を紹介します。 前回の内容を復習したい方は下記の関連記事をご覧ください。 エマに口説き落とされたノーマン【約束のネバーランド154話】 前回、ノーマンはエマは口説かれてついに 「助けて」と本音を吐いたところで終わりました。 ノーマンは涙を流しながら「 僕らはもう長くは生きられない」と言い、ヴィンセントがノーマンの言葉に驚きました。 ー『約束のネバーランド』154話より ノーマンは、ヴィンセントたちには自分はラムダ農園で実験体として扱われておらず、投薬実験を受けていないとウソをついていたようです。 それは、ノーマンがみんなから頼られるボスであろうと思ったからだと言いました。 ノーマンの本心【約束のネバーランド154話】 レイがノーマンに、本心からしたいことを訊きました。 ノーマンの本心は次のとおりです。 王・貴族を殺したことに悔いはない• しかし、これ以上は殺したくない• 城下に撒いた毒の後始末をしたい• ラムダと自分の命を諦めたくない すっかり昔のノーマンという感じですね。 そんなノーマンにエマとレイは 「一緒に何とかしよう」「助けてやる」と声をかけたところ・・・ ヴィンセント「ふざけるな」【約束のネバーランド154話】 ヴィンセントが 「ふざけるな 今更何なのだ・・・!」と怒りを露わにしました。 ー『約束のネバーランド』154話より ヴィンセントがそう言うのもごもっともですね。 今まで鬼の絶滅を目指してきたのに、急にボスが考えを変えたら「え!?」ってなりますよね。 笑 ヴィンセントは、もしノーマンが邪魔をしようとも絶対にやめないと怒鳴り上げます。 153話を読んだ時は、GF vs ラムダになるのかと思いました。 ただ、もしそうなるとザジがいるラムダの方が圧倒的に有利であるため、そんな状況をエマたちはどうやって乗り切るのかと心配していました。 まさかの融和ムード【約束のネバーランド154話】 が、しかし シスロが 「もう十分だろ」と声をかけました。 ー『約束のネバーランド』154話より シスロは、 「ノーマンの優しさに甘えてノーマンを復讐の道具に利用していたんだ」と言い、 「復讐よりボスが大事だ 俺はあんたについていくよ」と続けました。 シスロがいいいヤツ過ぎて泣けますね。。。 バーバラ「うん」 ザジ「あうあー」 バーバラもザジもシスロの意見に賛成のようです。 バーバラが1番やっかいなのかと思っていましたが、今の状態では反対する元気もないという感じですね。 ラムダを救うカギはアダム!?【約束のネバーランド154話】 ラムダにいた食用児に発作が起きるのは、ある特定の試験薬が原因であるようです。 その薬は、ラムダにいた食用児全員に出されており、その全員に発作が起きています。 しかし、唯一その発作が起きていない食用児がいます。 それは、 アダムです。 ー『約束のネバーランド』154話より アダムはラムダから出て2年になりますが、その間に1度も薬の副作用が起きていません。 ということは、アダムの体に何か秘密があり、それが分かればラムダの皆の命を救うことができるようになります。 現に、アジトではアンナを筆頭にアダムの体を調べている最中です。 アダムは邪血の少女ならぬ、邪血のラムダですね。 【約束のネバーランド154話】 しかし、のんびり実験をしている時間はありません。 なぜなら、王兵の大群がアジトを探しているからです。 その大群を見て、エマとレイを王都の途中まで送ってくれたオリバーたちがアジトへ引き返しましたが、もし見つかってしまうと今度は食用児が全滅の危機となります。 ここでエマたちは二手に別れることにします。 アジトがバレた理由• 女王レグラヴァリマが生きていた理由• ノーマンは助かるのか アジトがバレた理由 王兵の大群はアジトを探していましたが、なぜアジトの存在がバレたのでしょうか? 考えられるのは、複数の農園が食用児によって潰されたことで、鬼たちはその食用児たちの存在に気づいていたということです。 鬼側の内通者がいるという可能性も考えましたが、もし内通者がいればノーマンの作戦もバレているはずです。 食用児の奇襲に対応できていない様子を見ると、内通者がいるとは考えづらいですね。 女王レグラヴァリマが生きていた理由 女王レグラヴァリマが生きていたのは驚きましたね。 弱点である目は完全に潰されていたので、女王レベルの鬼だと、もしかすると弱点の克服または弱点を移動することが出来るのかもしれません。 ただ、女王レグラヴァリマは毒で弱っているはずなので、イタチの最後っ屁に過ぎず、ここから形成逆転はないと思います。 ノーマンは死ぬの!? ただ、女王レグラヴァリマはノーマンを食べることに人一倍、いや、鬼一倍執着していました。 シスロ が「ボスー!! 」と叫んで助けようとしていますが、間に合うのでしょうか? せっかく仲直りしたのに、ここでノーマンが死んだら凄くショックですよね。 さすがにノーマンが死ぬことはないはずなので、ザジあたりが助けるのではないかと考えられます。 しかし、誰も犠牲になることなく復活した女王レグラヴァリマを倒すことになれば、「あ~怖かったね」だけで終わってしまい、女王レグラヴァリマが立ち上がった演出の意味がほぼなくなってしまいます。 なので、最低一人が犠牲になるはずです。 今、1番ノーマンの近くにいるのはエマですよね。 と言ってもエマが死ぬのはノーマンが死ぬよりも可能性が低いので、シスロかヴィンセントあたりが死亡するのではないのでしょうか? 続きはこちら 『約束のネバーランド』関連記事 『約束のネバーランド』の最新話を無料で読みたい! 『約束のネバーランド』の最新話を無料で読みたいという方は、がオススメです。 の 特徴は次のとおりです。

次の

約束のネバーランド第150話【約ネバ通信VOL.50】|maesaqu|note

約束のネバーランド 150

しかしやっぱり予想通り以下、完全に無傷だった感じだよね。 この圧倒的なタフネス、さすが女王ってだけあると思う。 固い!! 約束のネバーランド150話より引用 完全に無傷だったレグラヴァリマ! ただ、今回はギーランも良いところまで追い込んだ。 どっちが勝つのかの緊迫したやりとりがとても面白い一話だったと思う。 結果的には以下、ギーランが反撃の憂き目にあってしまったけど…。 約束のネバーランド150話より引用 ギーランは反撃の憂き目にあってしまった。 あと一歩、刃の切っ先が届いていれば、女王の息の根を止められていた。 しかしその一歩が届かないという紙一重の部分こそが 「女王が女王たるゆえん」なのかもしれないよね…! 上記の一撃は本当に惜しかったと思う。 【スポンサーリンク】 女王レグラヴァリマの反撃が決まる! 前半後者のカットを皮切りに、レグラヴァリマの反撃が決まることになった。 決定的だったのは以下のカットで、ヒールのカカトで弱点である眼を潰したワンシーン。 このカットにおいて、ギーランの逆襲は潰えてしまったように感じるところ。 バトワンとしてはギーランの反撃成立を期待していたから、ここは無念だった…! 約束のネバーランド150話より引用 女王レグラヴァリマの反撃が決まる! で、今回のラストは以下のカット周辺の流れでフィニッシュ。 以下、ついにザジが現場に到着して戦いに参加する流れとなった。 レグラヴァリマとザジの戦いがスタートする流れだけれども、さてここからどうなるだろうね? ラムダの面々は強いと思うけれども、女王にタイマンで立ち向かうなど可能なんだろうか? 約束のネバーランド150話より引用 女王にタイマンで立ち向かうなど可能なんだろうか? ストレートにいけば、ザジが単独で女王とバトルするルート。 対抗するルートとしては、ザジが女王を誘導して、ノーマンの仕掛けた罠に誘い込む…といったルートだろうか。 どっちも考えられる展開だけど、さてどっちが本命になりえるだろうね! これ以外の展開としては 「バーバラやシスロが駆けつけてくれて、3対1の構図になる」とかも有り得そうな範疇。 いずれにしても、戦いが大詰めに差し掛かっていることは疑いのない事実。 来週の151話の展開も今から楽しみで仕方ない!!.

次の

約束のネバーランド【第150話】700年の悲願のネタバレ!ギーラン、敗れる|漫画市民

約束のネバーランド 150

Contents• 約束のネバーランド150話ネタバレ:前回149話感想考察 エマたちが城の中に入った時、ギーランたちは残り2人まで追い詰めていました。 しかし、女王の強さが圧倒的であると知らせる結果となりそうですね。 女王の余裕っぷりからすると、まだまだ全力ではなさそうです。 ただ、その油断が仇となり、間近での爆発を許してしまいました。 かなりの爆弾の数です。 さすがの女王も少しはこたえたこではないでしょうか。 ギーランの部下たちの過去も描かれていましたが、そこで 部下たちがギーランに対して深く忠誠を誓っていたこともわかりました。 野良落ちのリスクを背負ってまでも、ギーランの部下であり続けようとした者たち。 彼らの強さは、 ギーランへの強い気持ちから来ているのかもしれません。 女王が勝つか、ギーランが勝つか。 どちらにせよ、残った者とノーマンたちが戦うことになります。 エマとレイは間に合うのでしょうか!? 今、2人は城の内部まで侵入しています。 しかし、ノーマンたちが通路を封じているため、 たどり着くにはまだ時間がかかりそうです。 2人が無事たどり着き、みんなを説得させることができればいいのですが。 スポンサードリンク 反撃 爆発音が城に響きました。 その煙の中から出てきた女王は無傷です。 しかし、女王はすぐに異変に気がつきました。 体に何かが絡み付いているのです。 ギーランの部下たちは、 自分たちが束になっても女王には敵わないことは十分に承知の上でした。 確実に女王の首を刈り取るにはこの手しかない、と決めていたのです。 真っ向に向かえば、女王は部下たちの頭部を正確に割って殺すはずです。 それを食べて、我々をあなた様の一部に。 部下たちは初めからそのつもりでした。 皆この復讐のために、あらゆるものを食べてきたのです。 それは生き繋ぐため、勝ち残るためでした。 だから最後は自分たちを食べてほしい。 ギーランはその想いを受けとり、部下たちを食べました。 我ら全員で女王を討とう、そう誓って。 スポンサードリンク 無念 粘着質な糸が絡まって身動きが取れない女王に、ギーランは棍棒を振り下ろしました。 その面はあまりに固く、罅さえ入りません。 それも想定内でした。 ギーランは女王の面を、何度も何度も打ち付けました。 あなたは地獄へ落ちるべきだ。 何度も殴りつけ、 やっとその面が剥がれ落ちます。 終わりだ、地獄で詫びよ。 ギーランの剣が女王の頭に突き刺さろうとしました。 しかしその僅か前。 女王の鋭い爪が、ギーランの体を細切れにしてしまったのです。 あまりに一瞬のことで、ギーランは何が起こったのかわかりませんでした。 まさかうぬらがここまでやるとは、と 女王はギーランの頭を持ち上げます。 700年生き残っていた執念にも驚き、天晴である、とまで言いました。 しかしやはり愚かだ、 義が勝つとは限らないのだと、ギーランの頭を振り向かせます。 その先には、多くの仲間たちの亡骸が転がっていました。 スポンサードリンク 人類の戦い 女王が嬉しそうに話す中、ギーランは体を再生させようとしていました。 それを察した部下たちは、 時間稼ぎになればと女王に向かっていき、そのまま殺されてしまいます。 そんな部下たちを見て、無駄にはせんとギーランは再生を急ぎます。 そして、あと少しという時。 女王はギーランの頭を踏み潰しました。 女王は知っていたのです。 ギーランが体を再生させようとしていたこと。 それがあと少しで終わることも。 それを見たイヴェルクは、やはり陛下は最強だ!と嬉しそうに笑います。 そして卑しい国賊が!と ギーランの体を足蹴にしました。 女王は背を向け、腹が減ったとギーランの頭を食べようとしました。 すると ギーランの頭めがけて、銃弾が撃ち込まれました。 そのままギーランの頭は弾かれ転がっていきます。 それだけではなく、 その銃弾は次々と倒れている鬼たちの脳を的確に撃ち抜いていきました。 一瞬静まり返った中、コツコツと、足音が近づいてきます。 開かれたドアからやってきたのは、ザジでした。 いよいよ、 人間たちの反撃が始まろうとしていました。 スポンサードリンク エマとレイは間に合うか 現在エマとレイは城の中にいますが、 所々封鎖されていて思うように進めません。 そんな中で、エマはレイにサポートしてもらい、通路の上にあった横穴へ飛びました。 エマならあの場所へ届き、進むことができるでしょう。 そしてエマさえ登れば、ロープなどがあればレイも引き上げることができます。 そこからの道も、 レイの頭の中にある地図通り進めば問題なさそうですね。 それでも 正規ルートに比べると、時間はかかるかもしれません。 エマたちが僅差で間に合わなかった場合、ノーマンと鬼たちの戦いが始まってしまいます。 2人がどのタイミングで到着することになるでしょうか。 一番可能性が高いのは、 これから戦いが始まろうとしている、まさにその瞬間だと思います。 もしかすると、 人間側が何人か殺されてしまった後になるかもしれませんが。 それでもノーマンと鬼の権力者が残っていれば、説得のしがいがありそうですね。 エマとレイの2人は、この戦争を終わらせる鍵となるでしょう。 スポンサードリンク 女王の安否は 今回最後に、 女王は間近で爆発に巻き込まれました。 しかも1人ではなく、複数のギーランの部下たちによる自爆です。 自分の強さから、油断しきっていたに違いない女王。 まともにガードできたとは思えません。 そのため、少しは傷を負ったのではないでしょうか。 ただ、さすがに この攻撃で女王が死ぬことはないでしょう。 下手すると、平然と立ち上がることすらあり得ます。 そこで最終的には、 女王vsギーランの対決となるのではないでしょうか。 ギーランも女王には言いたいことがあるはずです。 対決の前に、何か会話を交わすこともあるかもしれません。 女王にしても、部下たちに向かっては容赦なく顔を斬り落としていきました。 しかし ギーラン相手なら、声をかける可能性もありますね。 いい肉を食べ続け、最強の肉体を持つ女王。 野良に落ちてまでも生き残り、ここまで這い上がってきたギーラン。 はたしてどちらが勝つのか、今後の展開も楽しみですね。 どちらが勝つのか では、女王とギーランたちはどちらが勝つのでしょうか。 やはり女王が勝つ方が可能性が高いと思います。 爆発に巻き込まれても動じず、圧倒的な強さで戦い、ギーランにも勝つ。 あの女王なら、それくらいはしそうですよね。 ただ、エマたちからすると、 ギーランたちが勝った方が有利な気もします。 ギーランはおそらく、 かつて今のエマたちと同じ道を目指そうとしていたのではないでしょうか。 ムジカたちの血の力で、人を食べなくても大丈夫なようにしたい、そう考えていたと思います。 それは下の者たちを救うためかもしれませんが、方法的には同じことです。 そのため、 エマたちの説得に比較的応じてくれそうだと思われます。 ただ、女王の場合はどうでしょうか。 女王はかつてギーランの事件が起こった時、飢える民のことはどうでもよさそうでした。 エマたちの申し出も、快く思わない可能性が高いですよね。 また、 女王とギーラン、どちらも生き残っている時にエマたちが到着するパターンもあります。 戦いを一時中断してくれればいいのですが、そうもいかない場合、エマたちもかなり危険です。 まずは 説得できる場を設けることができるか、これが一番の課題ですね。 スポンサードリンク 約束のネバーランド150話ネタバレまとめ ギーランの部下たちの前に、女王が出ました。 イヴェルクを殺されると困るからだ、とギーランの部下たちは考えます。 女王は圧倒的な強さで、次々とギーランの部下たちを倒していきました。 誰一人、女王に傷をつけることすらできずにやられていきます。 そんな中、ある部下は頭を飛ばされてもニヤリと笑いました。 その腹には大量の爆弾が括り付けてあったのです。 そしてそれは、他の部下たちも同じでした。 ギーラン王に栄光あれ、との掛け声で、 激しい爆発が女王の間近で起こります。 女王の安否はいかに!? 次回の『約束のネバーランド』第151話を楽しみに待ちましょう!.

次の