宝塚 養成 学校 みく さん。 沸騰ワード10|タカラジェンヌ養成学校の「みく」の年齢、経歴は?

#沸騰ワード10 X 宝塚

宝塚 養成 学校 みく さん

宝塚受験スクール 初嶺麿代スタジオのHPをご覧頂きありがとうございます! 私は地方出身者で、当時地元のバレエ団に通いながら、約40倍率を突破し、1回の受験で宝塚音楽学校に合格致しました。 そんな自身の成功プロセスの元、多くの才能ある若者の可能性を引き出すべく、のびのびと気負いなく一歩を踏み出せる環境を作りたいと思い、 宝塚受験コースを開講致しました。 元々当スタジオは受験専門スクールではございませんので、皆さまが一般的に持たれている、 受験スクールのイメージとは、全く違ったお教室の雰囲気だと思います。 御一人御一人個性が違いますし、伸ばしたい所も人それぞれです。 レッスンも多様化しております。 宝塚受験に必要なレッスンの効率的な上達は勿論のこと、さまざまな角度からのアプローチも大切にし、 個々の魅力が引き出されるような楽しく培われる豊富な講座を日々ご提供する事に力を入れております。 また、目標に向かい努力する強い力を養い、女性らしい健康美、品格を身に付けていく事も目的としております。 少人数制だからこそお一人お一人に比重をかけ、一歩踏み込んだところまで丁寧に熱意を持って指導させて頂きます。 女性として、人として、心身共に磨き、洗練された個々の華を咲かせましょう。 私たちと一緒に本気で夢を追いませんか。 みなさんとの出会いをお待ちしております。 代表 初嶺麿代 静岡市出身。 幼少の頃からクラシックバレエ、声楽などを習い、1992年約38倍率を1回めの受験で突破し宝塚音楽学校へ入学。 1994年宝塚歌劇団入団。 1995年雪組配属。 1998年宙組組替え、宙組発足メンバーとなり、宝塚歌劇団男役スターとして活躍。 退団後は「ドラキュラ」「COCO」などのミュージカルや「憑神」「イリアス」などのストレートプレイの舞台を中心に舞台女優として活躍。 日韓合作公演『The Sound of Silence沈黙の声』ではヒロイン安藤美和役を好演。 韓国公演と日本公演を成功させる。 舞台の他、映画やドラマ出演、リポーター、ダンス講師、講演活動、LIVE活動など活躍の場を広げていく。 様々な舞台やダンス、ヨガやピラティスで培ってきた経験を活かしボディメイクやビューティアドバイザーとして全国でセミナーを精力的に開催。 健康、美容のサポートに本腰を入れる。 2015年1月ホリプログループに所属。 自身の経験をもとに重心と足裏に特化した健康器具フットジェンヌをプロデュース。 HatsuNeメソッドを考案。 2015年5月宝塚受験コースを開講。 後進の指導、育成を本格的に開始。 2000年宝塚歌劇団入団、月組に配属。 2004年新人賞受賞。 歌、芝居、ダンスと三拍子揃った娘役スターとして活躍。 『オクラホマ!』(日生劇場)『HOLLYWOOD LOVER』 宝塚バウホール・日本青年館)『グレート・ギャツビー』(日生劇場)『Apasionad!!』(宝塚大劇場・東京宝塚劇場)等、数々の作品でヒロインを務める。 2009年『Heat on Beat』(宝塚大劇場・東京宝塚劇場)でのヒロインを最後に退団。 宝塚退団後は『深説・八犬伝』(シアタークリエ)『デスティニー』(サンシャイン劇場・シアタードラマシティ)などの舞台に出演。 現在はジャズダンスインストラクターとして、『eclat』を主宰。 また、Dance company Lastaに所属し、コンテンポラリーダンスの舞台にも出演。 <指導ジャンル> クラシックバレエ、ジャズダンス 『初嶺先生のスタジオで技術も沢山教わりましたが、特に舞台人としての心得を教わる事が出来たのは初嶺スタジオのとても良い所だと思います。 また、夏期講習や冬季講習では個人に良い所や悪い所を言って下さいますし、模試の内容も本番よりも難しく作って下さるので自分の力を伸ばす良い機会だと思います。 また、毎週土曜日のスペシャルレッスンでは私の表現力を2倍3倍にもさせて頂きました。 レッスンはチケット制で行きたい時にいつでもレッスンに行けるので学校とも両立する事が出来ました。 私は宝塚歌劇団が好きという気持ちを忘れず厳しいレッスンを頑張るので皆さんも初嶺先生の授業で素敵な汗をかいて2倍3倍大きくなって下さい。 きっと素敵な舞台人になれます!! 心から応援して居ります。 』 初嶺スタジオから合格させて頂きました第105期生のKです。 ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私には双子の姉が居ます。 姉は104期生で1つ上の上級生です。 第104期生合格発表がありました時に私は姉の番号を見つけて呆然として居りました。 私はその時に自分の受験番号がない恐怖や、自分にはあと一回しか受験資格がないという不安に襲われました。 私はその日から合格発表の日を思い出しては泣きを繰り返し、そんな落ち込んでいる私に周りの方や両親はみな励ましてくれましたが、唯一先生だけが、喝を入れて下さいました。 そのお陰でいつまでもくよくよしていてはダメだと思い、少しでも遅れていたぶんを取り返すように御稽古に励む事が出来、3月の受験の時には周りの受験生の子達との帳尻を合わせる事が出来ました。 又、初嶺スタジオは本当に暖かい空気感と、キラキラが散りばめられているスタジオなので、自分の個性を沢山輝かせられると思います。 初嶺先生のいつまでも内側から出でくるパワーと、かりん先生のフェアリーオーラ、その他沢山の先生方が持っているものを全て吸収する勢いで日々のレッスンに励んでみて下さい。 きっと変わる事が出来ると思います。 皆さんが宝塚に来る事をお待ちしています。 私は初嶺先生のスタジオで二年間、声楽のお稽古をさせて頂きました。 私がこの二年間で一番大事だと思ったことは、やはり常に宝塚のことを考え、合格するための努力を毎日し続けることです。 日々の努力の成果は、すぐに目に見えるときもあれば、そうでないときもありました。 それでも、努力して積み重ねたことは絶対に裏切らないですし、何より努力したことが自分の自信につながります。 受験生として過ごす日々は、辛いことも沢山ありますが、辛くなったら、はじめて宝塚の舞台をみたときの、感動したときの気持ちを思い出してください!何があっても入ってやるんだという気持ちにさらに火がついて、辛いことでも乗り越えられると思います。 それから、受験では、ありのままの素直な自分をみせることが大切だと思います。 初嶺先生、南先生をはじめ、初嶺スタジオのみなさんは本当に明るい方ばかりなので、明るい方々といっぱい笑って、日々過ごしていれば、素直で明るい自分になれると思います。 頑張ってください! 応援しています。 初嶺先生、かりん先生、 本当にありがとうございました。 私は高3だったので、泣いても笑ってもラストチャンスでした。 高2の時は受験をしなかったので、一回のチャンスを無駄にしてしまったことをとても後悔しました。 でも、その分この一年にすべてを賭け、絶対に合格する!という強い気持ちでレッスンを続けてきました。 地元ではバレエ、ジャズ、声楽などのレッスンに毎日通いました。 そして月に2回ほど、地元から東京にレッスンに通い、初嶺先生とかりん先生のダンスと声楽の個人レッスンを受けさせていただいていました。 先生方からは、技術だけではなく、宝塚受験生として大事なことを教えていただき、また、たくさんのパワーを貰いました。 夏季や冬季の講習で自分の課題が見つかり、やるべきことが明確になりました。 冬季講習で初嶺先生にカレンダーをいただき、そのカレンダーに体重とその日自主練習をしたことを毎日書いていました。 そして受験直前、そのカレンダーの軌跡そのものが私の自信になりました。 受験の時、感謝の気持ちと、自分を信じて伸び伸びと楽しむこと、後悔しないようにすることをずっと考えていました。 失敗もありましたが、なによりもとても楽しくやり遂げる事ができたので悔いはありません。 自分の番号を見つけた時は、これまでの人生で一番嬉しい瞬間でした。 皆さんも宝塚が大好きという気持ちを大切にして、感謝の気持ちを忘れず、日々のレッスンに励んでください。 そして、受験をすること自体を楽しんでください! 皆さんとの再会を楽しみにしています! 私は宝塚が大好きで、宝塚にすごく憧れていました。 受験をしっかり考え始め、 受験スクール選びをしていた頃、いくつかのスクールでレッスンを体験させて頂いたのですが、なかなか私の性格に合わず、悩んでいました。 ですがHatsuNeスタジオはとても受験生同士が仲良く、助け合ってるのがすごく伝わり、また、先生方もすごく優しくたくさん教えてくださったので、私もここで受験の準備をしたい!と入会を決めました。 入ってからもとても皆さん親切で、ジャズダンスなど初めてやることが多かった中、とても安心して楽しく過ごせました! 初めての受験で沢山不安はありましたが、お教室へ来てレッスンを受け、受験生みんなでお話をすると、とても不安が和らげ、受験が楽しみ!という気持ちに変えることができ、とても楽しく幸せな時間でした。 また、ミュージカルソングのクラスがとても大好きで、初嶺先生のかっこよく素敵な歌を間近で聞けるだけでなく、宝塚の歌を歌えたり、演技したり、、、と沢山ありますが、受験をするにあたって、とってもプラスになった経験だと思いました。 このクラスは、歌が苦手だった私に、歌うことの楽しさを教えてくださったので、本当に楽しかったです! 初嶺先生やかりん先生、また私を指導してくださった先生方に出会えて本当によかったです! 今まで教えてくださったことなどを絶対に忘れず!これからも頑張りたいと思います。 私はダンスも歌も本当に出来ず、宝塚音楽学校の受験についても全く知らないままこのスタジオに入りました。 受験生の皆が音符をスラスラ読めて、キラキラの笑顔で踊っていてそれに1番驚きました。 毎回のレッスンでは自分の技術の無さを実感して本当に悔しい事が沢山有りました。 レッスン期間もとても短いまま受けた初めての受験はキラキラの本科生さんや沢山の同じ目標を持って頑張っている受験生を見てとても刺激を受けました。 結果は不合格でしたが一緒にレッスンをしていた方々が合格されたり、他の受験生から刺激を受けて自分も頑張って宝塚に入りたいとより強く思いました。 2回目の受験の前はレッスンを受けられる幸せを感じながら技術のレベルアップを目指せたと思います。 HatsuNeスタジオはとても明るい雰囲気で受験生同士がダンスを教え合ったり、受験に役立つ情報を交換し合ったり出来、とても素敵だと思います。 また、初嶺先生のかっこいいダンスがこんなに近くで見れたり、かりん先生から妖精パワーが頂けたり、なりきりタカラヅカで憧れのショーの場面を踊れたりすることはHatsuNeスタジオならではだと思います。 私はまだまだ出来ない事だらけなので是からもHatsuNeスタジオのレッスンを受けさせて頂きたいと思いますし、今まで頂いたアドバイスや先生方のお言葉を大切に思い出して頑張りたいと思います。 StudioHatsuNeから合格させていただきました。 私はStudioHatsuNeで約1年間、声楽・ジャズダンス・クラッシックバレエを学ばせていただきました。 特にジャズダンスはほとんど初経験で始めたばかりの頃は不安も多かったのですが、先生方の親身なご指導のもと実力をつけることができました。 声楽の新曲は100点の採れる分野である為、普段からも譜面と向かい合いました。 そうする事で、スタジオでのレッスンをより濃密な時間にする事が出来たのではないかと思います。 さらに普段のレッスンだけではなく、短期間講習では、長時間レッスン教室で過ごす事で心身ともに大きく成長させて頂きました。 模擬試験は、より本番を想像し、緊張感をもって取り組みました。 その為か、本番はいつも通りの力が発揮できました。 今後は、スタジオで学んだ事を自分の財産とし、様々な視点からの好奇心をもち、更に成長したいと思っています。 ありがとうございました。 107期生のHです。 HatsuNeスタジオで、約1年間、ジャズダンスやバレエ、声楽などを学ばせていただきました。 先生方にはダンスや歌の技術だけでなく、踊り、歌うことの楽しさなど、本当に沢山の事を教えて頂きました。 私は受験のためのジャズダンスや声楽、特にバレエは全く経験がなく、本当に1からの状態でした。 皆との差を少しでも埋めるために、1回1回のレッスンでは、その日の小さな目標を決めたり、「この90分間を有意義に、誰よりも集中して誰よりも沢山得よう」と心に決め、レッスンに取り組んでいました。 水曜日の初嶺先生のミュージカルボーカルクラスは特に大好きなクラスで、このスタジオは受験コース以外のクラスも充実している事で、受験レッスン漬けの日々の中で一味違った、楽しく大好きな宝塚の世界を味わえるご褒美のようなクラスでした。 レッスン中は真剣な友達とも、レッスンが終われば一緒に復習してくれたり、更衣室へ一歩入れば、宝塚好きな友達との心から楽しいと思える会話や、スタジオの雰囲気もとても明るくて、様々な個性を持った友達との出会いで、自分の世界を広げることが出来たと思います。 一緒に頑張ろうと思える同志と呼べる友達が沢山出来たことも毎日の刺激でした。 初嶺先生やかりん先生を始めとする、私をご指導して下さった全ての先生方から頂いたお言葉一つ一つを胸に、私はこれからも努力を惜しまず、頑張っていきます。 これからもどうぞ宜しくお願いします。 107期生のKです。 昨年の受験では三次試験まで行ったものの、面接での受け答えで自信の無さにより、うまく答えることが出来ず…次の日、やはり番号はありませんでした。 そのあとの1年間を、ハツネスタジオで努力して本当に良かったなと思っています。 それは、ハツネスタジオでは、ひとりひとりが個々の魅力があることを尊重しあいながらレッスンしていると感じるからです。 レッスンではお互いを自主的に見合ったりしながら自分を高め、お互いに時に褒め合い、注意し合える仲間がいて、そのような事が出来る環境を、先生が作ってくださいます。 その中で、先生方はそれぞれの良いところを評価し、伸ばして下さいました。 だからこそ、生徒みんなが本当に個性豊かで、それぞれ魅力的なので、いつもいい刺激を受けることができます。 前回の不合格で1度、これまで以上に本当に自信をなくし、受験を辞めようと考えていました。 しかしこの素敵な環境は、1年間で私の確実な自信を作り出して下さり、大きく成長させて下さいました。 自信を持った、内から溢れる本当の笑顔と熱意のこもった言葉で、今回は、合格することが出来たのだと思います。 本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。 この気持ちを胸に、日々、限りない芸の道に精進してまいります。 先生方、本当にありがとうございました。 初嶺スタジオの沢山の先生方が支えて頂きました。 新曲は、音符も読めず、一からのスタートだったので南先生のおかげで音符が読めるようになれたと思います。 できないことが沢山ありましたが、初嶺スタジオに1年半通うことで出来ることが増えました。 1回目の受験で3次で落ちてしまい、なぜ落ちたんだろうと考えた時に、技術が低かったというのもありますが、宝塚が好きという気持ちが弱かったんだと思いました。 今は、宝塚が無くなったら、生きていけないくらい、宝塚が大好きです。 この気持ちは、これからもずっと持ち続けます。 素直に生きる事、先生達を信じる事、感謝する気持ちを忘れない事を忘れずに精進して参ります。 いままで本当にありがとうございました。 これからも宜しくお願い致します。 この度、宝塚音楽学校を受験させていただき、107期生として合格させていただいたOです。 まだまだ未熟な面ばかりで、なにか言えるような立場ではありませんが、今回は少しだけ受験について書かせていただきます。 私はスタジオハツネで約1年半レッスンさせていただきました。 スタジオハツネに来る前はほんっとうに性格が暗くて、自分でも今思えばよくあそこまで暗くいれたなぁ…なんて思います。 そんな私を合格まで導いてくださった先生方、また素敵な先生方の元でレッスンを受けさせてくれる環境を作ってくれた両親には本当に感謝しています。 そして、私は今回、3回目でやっと合格できました。 毎回、落ちた直後はなんでだめなんだろう…とか、どうしよう…とか思いましたが私の場合はずーっと悩んでても進まなかったので、とりあえずレッスンに向かいました。 そしてまた一年たって考えてみると、あの程度じゃ宝塚は受かるわけなかった!って今は思います。 だから、これから受ける皆さんには、悩むことも大切なので、沢山悩んで悩んで良い答えをだして、一年間すごい努力をしてほしいと思います! そして、また一年後、凄い成長した!って思えるくらいになってほしいです! 周りの方々に感謝を忘れず、頑張ってください! 応援しています! 初嶺先生をはじめたくさんの先生方に本当にお世話になりとても充実した受験期間を過ごすことができました。 私は昨年の12月からHatsuneスタジオに通わせていただきました。 バレエは幼い頃から習っていたものの、声楽とジャズは初めてで何もできない状態からスタートしました。 ジャズは先生の動きを理解することに必死でフリどころではないくらい初めは何もできませんでした。 そのため先生方に基礎から丁寧に教えていただきました。 また、1つ1つのレッスンを大切に受けることにも力を入れました。 声楽もジャズと同じく初心者から始まりました。 歌うことはとても好きでしたが、いざレッスンという形で歌ってみると本当に難しく想像の何倍もうまくいかない日々の連続でした。 ソルフェージュはまず音符になれることから始めようと思い、学校の行き帰り、休み時間などの隙間時間を使い黙読をしました。 その甲斐あり少しずつできるようになることができました。 個人声楽では、1からすべてを教えていただきました。 1対1で教えていただける貴重な時間を過ごすことができ、本当にたくさんのことを先生方から吸収させていただけました。 バレエでは、加藤先生をはじめたくさんの先生方にお世話になりました。 特に加藤先生には本場のバレエの美しさやしなやかさ、繊細さなどを学ばせていただきました。 一流の方に教えて頂けるなかなかない貴重な経験をさせていただきました。 そのほかにも様々な場面で沢山の先生方にお世話になり本当に幸せな時間を過ごすことができ感謝の気持ちでいっぱいです。 また、Hatsuneスタジオの生徒さんは本当に優しくて何よりどのジャンルにおいてもレベルの高い方々が沢山いて毎レッスン、良い刺激を受けることができました。 一緒にレッスンを受ける仲間に恵まれ、本当に良かったです。 Hatsuneスタジオで学ぶことができた受験期間は私にとって大きな学びとなり糧となりました。 この大切な経験をいかしさらに成長できるよう、また先生方に少しでも恩返しのできるよう、より一層頑張ります。 本当にお世話になりました、ありがとうございました。 最後に、Hatsuneスタジオで学ぶことができ本当に幸せでした! 107期生 Kさん 16歳(受験時).

次の

沸騰ワード「宝塚養成学校涙の合格発表 SP」放送

宝塚 養成 学校 みく さん

宝塚育成学校とは? 宝塚育成学校は宝塚音楽学校といい、 日本の兵庫県宝塚市に校舎を置く私立学校です。 予科、本科合わせて2年制の宝塚歌劇団団員育成者です。 校訓は清く、正しく、美しく 設立年月日は1913年です。 女子のみの学校となっています。 毎日、声楽、バレエ、日舞など劇団で必要な時柄についてみっちりレッスンが組まれています。 その他の授業はモダンダンス、タップダンス、演技、ピアノなどがあります。 授業の後もすみれ寮でのレッスンがあり、忙しい毎日を送っているようです。 宝塚育成学校の応募資格は? 容姿端麗で宝塚歌劇団の舞台人に適する人 義務教育終了から高卒まで15歳〜18歳の女子で受験のチャンスは最大4回です。 試験日程は 第1次が面接になります。 東京、宝塚 30秒間で氏名以外の自分のデータを暗唱をします。 宝塚育成学校の試験内容は? 面接は 宝塚歌劇に適した容姿 淡麗であること 、言語、動作、態度があるか否かについて審査します。 歌唱は 課題曲 願書と共に配布、数曲中より1曲選ぶ の歌唱をします。 舞踊は 体の柔軟性、リズム感、運動神経、洋舞の適性が審査対象になります。 課題は試験会場で本科生が模範演技を見せるようになっています。 入学後は1年目は予科、 2年目は本科と呼ばれ、ほとんどの生徒は寮で集団生活をします。 2年生の文化祭が芸名でのお披露目であり、この時に 男役で行くか、娘役で行くかを決めます。 だいたい身長167cmを境にして別れるとされていて、舞台上の性別は身長だけで決まってしまうとも言われています。 第1次の面接は15秒で決まってしまうというのは衝撃ですね! 要は見た目を見ているんでしょうね。 倍率はどうなっているのか気になりますよね! 他にも宝塚育成学校の学費が ・入学時納付金が48万円 ・授業料月額5万円 2年間で120万円 ・修学旅行積立金2万円 2年間で40万円 ・入寮費月額7000円 と私立なので学費もしますよね。 実力だけでなくお金も必要ですね。 宝塚育成学校の合格率、倍率は? 2019年の107期生は22. 9倍となっています。 受験者総数は915人、合格者は40人でした。 傾向を見ると、受験者総数は1000人前後で合格者が40人ほどになります。 ここ10年ほどの倍率は22〜27倍が多いです。 2008年からは合格者数が40人となり、以前より減っているので倍率は高くなっています。 今までで最も倍率が高かったのが1994年度に入学した82期でなんと 48. 25倍です! 狭すぎる門ですね! それにしても毎年1000人前後が受験しているんですね。 宝塚育成学校のみくさんとは?沸騰ワードで話題! みくさんはテレビ番組「沸騰ワード」で話題になった受験生です。 18歳で高校3年生なので最後の挑戦となりました。 なんと幼稚園の頃から宝塚を目指しているんだとか。 過去3年不合格ですが、前年は最終試験まで行っています。 なので今年こそは!と意気込んでいるんですね。 レッスンでもダンスのお手本となるほどの実力の持ち主です。 みくさんが通っているレッスンスタジオでは2020年度 108期 は5人が合格されていたようで、 顔は隠してありますが、みくさんは合格しているのではないか?と話題になっています。 まぁ確かに今回の試験では圧倒するパフォーマンスをしていましたし、合格するのは当然というところでしょうか。 テレビで紹介されていたこともあって、こちらも嬉しくなりますね! 宝塚育成学校のまとめ 以上、宝塚育成学校についてまとめてみました。 毎年1000人ほどが受験をして、40人しか残らないというすごく厳しい世界ですが、だからこそ目指す人はレベルが高いですよね。 宝塚で活躍した人で女優をやっている人も多いですからね! 演技と歌ができれば芸能界ではレベル高いですもんね。 これからも宝塚出身の女優は増えていくでしょうし、みくさんにも注目していきたいですね!.

次の

宝塚育成学校とは?沸騰ワードでみくさんが話題に!合格率、倍率は?

宝塚 養成 学校 みく さん

宝塚育成学校とは? 宝塚育成学校は宝塚音楽学校といい、 日本の兵庫県宝塚市に校舎を置く私立学校です。 予科、本科合わせて2年制の宝塚歌劇団団員育成者です。 校訓は清く、正しく、美しく 設立年月日は1913年です。 女子のみの学校となっています。 毎日、声楽、バレエ、日舞など劇団で必要な時柄についてみっちりレッスンが組まれています。 その他の授業はモダンダンス、タップダンス、演技、ピアノなどがあります。 授業の後もすみれ寮でのレッスンがあり、忙しい毎日を送っているようです。 宝塚育成学校の応募資格は? 容姿端麗で宝塚歌劇団の舞台人に適する人 義務教育終了から高卒まで15歳〜18歳の女子で受験のチャンスは最大4回です。 試験日程は 第1次が面接になります。 東京、宝塚 30秒間で氏名以外の自分のデータを暗唱をします。 宝塚育成学校の試験内容は? 面接は 宝塚歌劇に適した容姿 淡麗であること 、言語、動作、態度があるか否かについて審査します。 歌唱は 課題曲 願書と共に配布、数曲中より1曲選ぶ の歌唱をします。 舞踊は 体の柔軟性、リズム感、運動神経、洋舞の適性が審査対象になります。 課題は試験会場で本科生が模範演技を見せるようになっています。 入学後は1年目は予科、 2年目は本科と呼ばれ、ほとんどの生徒は寮で集団生活をします。 2年生の文化祭が芸名でのお披露目であり、この時に 男役で行くか、娘役で行くかを決めます。 だいたい身長167cmを境にして別れるとされていて、舞台上の性別は身長だけで決まってしまうとも言われています。 第1次の面接は15秒で決まってしまうというのは衝撃ですね! 要は見た目を見ているんでしょうね。 倍率はどうなっているのか気になりますよね! 他にも宝塚育成学校の学費が ・入学時納付金が48万円 ・授業料月額5万円 2年間で120万円 ・修学旅行積立金2万円 2年間で40万円 ・入寮費月額7000円 と私立なので学費もしますよね。 実力だけでなくお金も必要ですね。 宝塚育成学校の合格率、倍率は? 2019年の107期生は22. 9倍となっています。 受験者総数は915人、合格者は40人でした。 傾向を見ると、受験者総数は1000人前後で合格者が40人ほどになります。 ここ10年ほどの倍率は22〜27倍が多いです。 2008年からは合格者数が40人となり、以前より減っているので倍率は高くなっています。 今までで最も倍率が高かったのが1994年度に入学した82期でなんと 48. 25倍です! 狭すぎる門ですね! それにしても毎年1000人前後が受験しているんですね。 宝塚育成学校のみくさんとは?沸騰ワードで話題! みくさんはテレビ番組「沸騰ワード」で話題になった受験生です。 18歳で高校3年生なので最後の挑戦となりました。 なんと幼稚園の頃から宝塚を目指しているんだとか。 過去3年不合格ですが、前年は最終試験まで行っています。 なので今年こそは!と意気込んでいるんですね。 レッスンでもダンスのお手本となるほどの実力の持ち主です。 みくさんが通っているレッスンスタジオでは2020年度 108期 は5人が合格されていたようで、 顔は隠してありますが、みくさんは合格しているのではないか?と話題になっています。 まぁ確かに今回の試験では圧倒するパフォーマンスをしていましたし、合格するのは当然というところでしょうか。 テレビで紹介されていたこともあって、こちらも嬉しくなりますね! 宝塚育成学校のまとめ 以上、宝塚育成学校についてまとめてみました。 毎年1000人ほどが受験をして、40人しか残らないというすごく厳しい世界ですが、だからこそ目指す人はレベルが高いですよね。 宝塚で活躍した人で女優をやっている人も多いですからね! 演技と歌ができれば芸能界ではレベル高いですもんね。 これからも宝塚出身の女優は増えていくでしょうし、みくさんにも注目していきたいですね!.

次の