クリス 才能開花。 指導者となった矢先の訃報。弟クリスへ姉から決意の言葉。~日本のスケート界を背負って~

第15話薬草茶ブレンドの才能

クリス 才能開花

レイチェル・ヘンドリクスは大学時代、写真家になるための勉強をしていました。 彼女の女優への道は、まさにこの大学時代に切り開かれることになります。 きっかけは、後に「ママズ・ナイト・アウト」という映画で知られる クリス・キムリン監督との出会いでした。 レイチェルは彼の最初の短編映画である「Letting Go」の 主役を演じたのです。 何が決め手で主役に抜擢されたのかは明らかになっていませんが、彼女は高校の時から演劇に携わっていたので、その中で何か光るものを評価されたのでしょう。 「Letting Go」の出演の後、彼女は本格的に女優を志し、他の短編映画やテレビドラマなどにも出演するようになりました。 彼女はこの後もクリス・キムリン監督の作品に何度か出演します。 「October Baby」で受賞女優に 短編映画ですが、彼女の女優以外の一面を知ることができます。 映画の内容を見るに、彼女には少しダークな一面があるのかもしれないですね。 またこの映画は クラウドファンディングを募っていました。 製作費も日本円で160万円程度ですので、かなりカツカツな現場だったと思います。 個人的にそういった経緯で製作された映画は応援したくなります。 レイチェル・ヘンドリクスの出演作品一覧 レイチェル・ヘンドリクスの出演作品を一覧にしました。 彼女の作品を探す時に参考にしてくださいね。 公開年 作品名 役名 メディア 2009 Alumni Rachel テレビ映画 2011 October Baby Hannah (主役) 映画 2013 Old Henry Jessica (メイン) ショートドラマ 2013 Abound Cassandra (主役) 短編映画 2014 The Perfect Wave (パーフェクト・タイム 100億分の1の奇跡) Anabel (メイン) 映画 2014 Grape Soda Sherry (メイン) 短編映画 2014 The Summers Sisters Jessica テレビ映画 2014 Roses Jessica (メイン) 短編映画 2014 Coffee Shop Becky (メイン) 映画 2015 77 Chances Mac 映画 2015 Morsus Uno (メイン) 短編映画 2016 Christine Crystal 映画 2016 Allegiant 役名無し 映画 2016 The Man with the Golden Arm Barbara 短編映画 2016 Son for a Son Joey (主役) 短編映画 2016 Left Behind: Vanished — Next Generation Rachel 映画 2017 Victory by Submission Trish Hendricks 映画 2017 Mountain Top Melissa Hall 映画 2017 Unbridled Cassie Davis 映画 2018 Virginia Minnesota Lyle (メイン) 映画 2018 Bottle Girl Rachel (メイン) 映画 2018 Ballistic Sam Reid (メイン) 短編映画 2018 The Staying Kind Florence (W主演) 短編映画 2019 Vindication Megan(episode1) テレビドラマ 2019 Guest of Honor Petra (主役) 短編映画 2019 Midway to Love Rachel August (主役) 映画 2019 Creepshow 役名無し テレビドラマ 2019 Semper Fi Rachel 映画 2019 Christmas Wishes and Mistletoe Kisses Kate Newhall テレビ映画 2019 Authentics Chrissy (主役) 短編映画 2020 Shooting Heroin Brittany (メイン) 映画 2020 Walbo Valerie 映画 レイチェル・ヘンドリクスは結婚している? レイチェル・ヘンドリクスは、2008年にガブリエルさんという一般の方と結婚していましたが、2017年に離婚したことがわかっています。 2012年に行われたネット記事のインタビューの時点ではまだ円満だったようです。 このインタビューにて彼女は自分の結婚観について深く語っています。 彼女は敬虔なクリスチャンなので、キリスト教の考え方がかなり影響しているように思えます。 レイチェル・ヘンドリクスはインタビューの最後に次のようにコメントしています。 正直に生きなければ、あなたの人生において良い結果にはならない。 (筆者訳) (出典:) 「October Baby」のレイチェル・ヘンドリクスの演技や、他の動画で話す彼女の目を見て、とても真っ直ぐな性格の人なんだろうなとは感じていました。 このコメントを聞いてさらにその印象が強くなりました。 なんだかかっこいい女性ですね。 レイチェル・ヘンドリクスはお金持ち? 出典: 「女優さんって一体いくら貰っているんだろう? 」なんだかんだで気になりますよね。 いくつかのサイトを調べてみると、レイチェル・ヘンドリクスの2019年度における資産は 10万ドル~100万ドルだそうです。 日本円だと1080万円~1億850万円程度。 めちゃくちゃざっくりしていますね。 間をとって仮に5000万円ぐらいの資産があるとすると、物価のことを考慮したとしても一般的にはかなり裕福な暮らしができるのではないでしょうか。 しかし女優さんは人気の浮き沈みも激しいですし、会社勤めの人とはまた違った努力(役作りなど)をしなくてはいけないので大金をもらえると言えども大変な職業ですよね。 レイチェル・ヘンドリクスの美しい画像5選 レイチェル・ヘンドリクスのおすすめの画像を集めました。 映画でも見ることができますが、彼女のチャームポイントは、その 凛とした瞳だと思っています。 本当に美しいですよね。 正直どの画像も魅力的で選ぶのが大変でした。 ぜひこの機会に彼女の顔を覚えてしまいましょう!.

次の

【プリコネR】ランクアップや才能開花を優先させるキャラや注意点は?

クリス 才能開花

攻略情報一覧• 最新情報 キャラ• ホットな記事• 開催中・予定のイベント• ランキング• 注目の攻略情報 アリーナ• クランバトル• ルナの塔• ダンジョン• 専用装備• その他の攻略情報• データベース ドロップ情報• その他のデータベース• 初心者向け攻略情報• その他・基本的な攻略情報• プリンセスコネクト!Re:Diveで秘石の使い道に悩んだ際にはぜひご参考ください。 女神の秘石とは? メモリーピースを購入するためのアイテム 「女神の秘石」はキャラクターのメモリーピースを購入するためのアイテムで、ガチャで所持済みのキャラを引いたりイベント報酬で獲得することができる。 未所持キャラのピースを購入して解放することはできないので注意しよう。 秘石で購入すべきキャラの基準 期間限定キャラがおすすめ 女神の秘石を使ってメモリーピースを購入する際は、期間限定キャラがおすすめ。 性能的に優れたキャラが多く、女神の秘石とマスターショップ以外でメモリーピースを購入することができないため、優先して使っていく価値があると言える。 同様に毎日ピースを集めても才能開花に数ヶ月〜半年程かかるキャラもおすすめ。 好みのキャラを購入するのもあり 当記事ではキャラクターの性能に基づいて購入おすすめキャラを掲載しているが、自分の好きなキャラの才能開花を真っ先に行うという選択肢ももちろんありだ。 今後新登場する推しキャラの実装や限定Verでの登場を見越して女神の秘石を温存しておくのも良い。 そのためクランバトルメインで使うUBが重要なキャラに関しては、落ちないギリギリのラインで才能開花を止めておくことも視野に入れよう。 優先度:SS 星5まで最優先で才能開花させたい 優先度:S 最低でも星4以上にはしておきたい 優先度:A 星5の強みはあるが優先度は低め 優先度:B 星上げのメリット少なめor低いほうが使いやすい キャラ解説 優先度:SSキャラクター クリスティーナ メモリーピース 入手方法 女神の秘石、マスターショップ クリティカル確定のUBや自身のTP上昇をアップするスキルを持つため、クランバトルなどのボス戦で大活躍する性能。 UBには一定時間物理攻撃を全て回避する効果も備わっているため、前衛アタッカーの中でも生存率の高いキャラ。 また、自己バフや防御デバフも使えることから火力貢献度が高く、才能開花する恩恵が大きい。 キャル サマー メモリーピース 入手方法 女神の秘石、マスターショップ 強力な単体魔法UBを持っており、単体の敵に対して高いダメージ効率を誇る。 魔法防御デバフスキルも持っており、他の魔法キャラの火力の底上げにも貢献。 魔法パーティをボス戦で運用する場合は編成しない理由がないレベルで優秀。 魔法キャラの場合はどうしても耐久面に不安があるため、優先して開花させたい。 ムイミ メモリーピース 入手方法 女神の秘石、マスターショップ 特大ダメージのUBや状態異常攻撃を持ち、UB使用後はスキルが変化する珍しいキャラクター。 変化後のスキルはダメージ量が絶大で、一定時間の火力はトップクラスに高い。 行動の多くでダメージが伴うことから、パーティのメインアタッカーとして大活躍する性能。 アリーナやルナの塔はもちろん、クランバトルなどのボス戦でも大活躍する性能のため最優先で才能開花させたい。 ネネカ メモリーピース 入手方法 女神の秘石、マスターショップ UBで自身と同じスキルを使う分身体を生成することが可能。 分身生成後の火力が非常に高く、UBで同時に展開するフィールドでは範囲内の魔法攻撃力とTP上昇を大幅にあげることもできる。 多くの場面で安定して戦えるように才能開花してステータスを底上げしておきたい。 コッコロ ニューイヤー メモリーピース 入手方法 女神の秘石 継続回復のUBや物理キャラの攻撃サポートスキルを使える万能タンクキャラ。 UBの回転率を上げるのであれば星が低い方が望ましいが、アリーナなど敵の攻撃が激しい場面では才能開花して星を上げなければ、耐久することが難しい。 挑発スキルによって攻撃を集めてしまうため、汎用的に使うのであれば才能開花推奨。 優先度:Sのキャラクター タマキ サマー メモリーピース 入手方法 女神の秘石、マスターショップ 4回ヒットするUBとTP吸収スキルがボスに対して有用。 行動速度と攻撃力をあげる自己バフを持つためダメージ効率はトップクラスに高い。 クリスティーナ クリスマス メモリーピース 入手方法 女神の秘石 コインの所持しているときのUB火力が非常に高く、 物理アタッカーの中でもトップクラスのダメージを出すことが可能。 編成するだけでパーティ全体の火力を大きく底上げすることができる性能。 スタンやTP吸収、ダメージ量の多い呪い付与が可能で、アリーナやルナの塔では常に編成候補に入るほど汎用性が高い。 火力が重要なキャラクターのため才能開花する恩恵が大きく、後衛に位置する敵を素早く倒すことに貢献する。 キョウカ ハロウィン メモリーピース 入手方法 女神の秘石 UBで敵単体の魔法防御力を大幅に下げ、同時に味方全体に魔法攻撃バフを付与できる。 2つのスキルでも味方の魔法攻撃力を高めることができるため、クランバトルでのサポート役として優秀なキャラ。 スキルによる全体バフは効果が永続的に続くため、総合的なダメージ量が大幅にアップする。 ヒヨリ ニューイヤー メモリーピース 入手方法 女神の秘石、マスターショップ 専用装備前提ではあるが、物理キャラへの攻撃支援スキルが非常に強力で、 編成するだけで全体の火力を大きく高めてくれるキャラ。 また、特大ダメージのUBや威力の高い攻撃スキルも持つため、火力と支援を両立できる貴重な性能。 主にクランバトルなどの単体ボス相手に活躍できるため、才能開花させて素の攻撃力や耐久力を高めておきたい。 スズナ サマー メモリーピース 入手方法 女神の秘石、マスターショップ 専用装備をつけた後にスキルがクリティカル確定になり、火力が大幅に増加。 後衛アタッカーの中で最も火力を出すことができるため、前衛を妨害するような敵がでた場面で使うことが多い。 性能からダメージのブレが少ないため、1発の威力が大きい星5運用を推奨。 マコト サマー メモリーピース 入手方法 女神の秘石 前衛に位置するアタッカーのため、比較的敵の攻撃を受けやすい。 耐久力自体が高いとは言えないため、 基本ステータスを上げる意味でも才能開花する恩恵が大きい。 とはいえ、ボス戦運用が基本的になるキャラのため、クランバトルなどをがっつりやらないという方に関しては優先度が下がる。 ペコリーヌ プリンセス メモリーピース 入手方法 女神の秘石、マスターショップ 自身の体力の状況に応じてスキル性能が変化するキャラ。 状況に応じて立ち回れる強みを持つため、多くの場面で使える汎用性を持つ。 敵の攻撃を受けるタンク役且つ、体力が多いほど攻撃スキルの威力が増すため、耐久を確保するためにも才能開花は行っておきたい。 カオリ サマー メモリーピース 入手方法 女神の秘石 強力な範囲攻撃UBを持つため主にアリーナで活躍するキャラ。 攻撃力自体はトップクラスだが、耐久面ではかなり柔らかいため攻撃を受けると非常に危険。 また、アリーナは基本的に星5前提で戦うことが多いため、才能開花することで多くのパーティを突破しやすくなる。 アヤネ クリスマス メモリーピース 入手方法 女神の秘石、マスターショップ 敵単体に アタッカーの中でもトップクラスのダメージを与えるUBが強力。 主にクランバトルで活躍する性能のため、育てておいても損はない。 ルナ メモリーピース 入手方法 女神の秘石 最もHPが高い味方を攻撃し、 TPを回復させるスキルにより、UB回数を大幅に増やすことが可能。 ダメージ自体のクリティカルによって味方が落ちてしまう可能性もあるが、1:30戦う前提のクランバトルでは優秀なTPサポート役。 イリヤ クリスマス メモリーピース 入手方法 女神の秘石 UBの永続自己バフ値が高く、バトル後半の火力が非常に高い。 また、HPが低いほどUBとスキルのダメージが増加するため、タンクを使わずにあえて攻撃を受けさせる戦術が基本。 そのため基礎HPや耐久力が必要になる場面が多く、運用するのであれば才能開花は必ず行いたい。 カスミ マジカル メモリーピース 入手方法 女神の秘石 相手のTPダウンに特化した性能を持つ。 UBによるTPダウンはダメージを無効化しても通るため、 アリーナにおいては攻めでも防衛でも最適クラスの活躍が可能。 才能開花することによって高耐久になり、敵アタッカーの攻撃を受けても生存しやすくなる。 ウヅキ デレマス メモリーピース 入手方法 女神の秘石 味方全体のTPを回復するスキルを持つ中衛アタッカー。 範囲攻撃に特化しているため、マルチターゲットボス相手へのサポート兼火力役として使いやすい性能。 UBでは全体に攻撃バフを付与することもできる。 リン デレマス メモリーピース 入手方法 女神の秘石 高頻度の束縛スキルによって相手を妨害できるタンクキャラ。 UBでは自身に耐久度の高いバリアを展開できるため、 火力の高いアタッカーからの被ダメージも軽減できる。 アリーナを日頃からプレイしている方は、才能開花させてカードの一つとしておきたい。 ルカ サマー メモリーピース 入手方法 女神の秘石 ダメージを15回与えるたびに自身に永続的な攻撃バフを付与することができるアタッカー。 スキルのヒット数が多いためバフを稼ぎやすく、ターゲットが複数あるマルチボス相手には火力役として非常に優秀な性能。 プリコネRの関連リンク 最新のキャラ・ガチャ情報 開催中・予定のガチャ情報 イベント攻略情報 【復刻】真夏のマホマホ王国 ルナの塔攻略情報 7月ルナの塔 【プリコネR】おすすめの記事 プリコネRの人気記事 注目の攻略情報 各種掲示板 データベース その他お役立ち記事.

次の

クリス・ヘムズワース、『クロコダイル・ダンディー』続編に出演へ ─ 早くも映像公開、準主役のアウトドア男演じる

クリス 才能開花

別の日、オルタが屋敷に帰ってくるなり不審者を見た、と言った。 「不審者?」 「また物騒な」 ティアナとトレイシーはそれぞれに声を出す。 「なんかね、このお屋敷のことをじっと見つめている人の影みたいなのが馬車から見えた」 オルタは居間で温めた林檎の果実水を飲んで不審者に付いて語り出す。 「通りの、植木の影にいたんだよ。 行きも帰りも。 やっぱりお屋敷街って泥棒が多いんだね。 あれ絶対に下見だよ」 オルタは今日ティアナとは別行動をしていた。 ティアナとオルタの淑女教育の授業はすべてが同じというわけではない。 子供には運動も必要です、とトレイシーがオルタのために公園での散歩を義務付けた。 元々元気いっぱいなオルタはとても喜び、侍女を連れて近くの公園に勇んで遊びに行った。 いいなあ、と主張をすればトレイシーに「奥様には奥様の修業がございます」と言われ、今日もずっと立ち方、歩き方の練習とダンスの基礎練習をしていた。 たしかにこれも運動だが、なにか違う。 「では、少し様子を伺ってきましょうか」 トレイシーが居間から出て行った。 「ねえ、公園どうだった?」 「うん。 楽しかったよ。 おおきな池があった。 魚いるかな? 美味しいかな?」 「魚かあ。 今日の晩御飯なんだろう。 魚と聞くと食べたくなるわね」 「うん。 わたしも公園でちょっと考えちゃった。 せっかくの公園だったのに、お姉ちゃんと一緒がよかったなぁ」 「わたしも公園行きたかった。 というか、たまには外歩きたい」 毎日淑女修業のため屋敷でやることが多すぎてなかなか自由な時間が取れないのだ。 けれどもそろそろ生活のペースも出来上がってきたし、外出してみたい。 姉妹が話し込んでいると扉が控えめに叩かれ、かちゃりと開いた。 トレイシーが戻ってきたのだ。 「それで、不審者まだいた?」 オルタがどこかわくわくした声を出す。 その声の調子にトレイシーが苦笑しつつ、「ええまあ。 不審者ではなく、カーティス様ですよ」と答えた。 二人そろってぽかんと口を開けているとトレイシーが説明を始めた。 「現在カーティス様はこの屋敷を出入り禁止になっておりまして。 しかし、お兄様が大好きなカーティス様は、クリス様が一般人であられるティアナ様を妻に向かえたことに対して相当にご不満な様子」 「ええ。 そうね。 想像がつくわ」 初対面の時があれだったので、カーティス様がティアナに対して不満を持っているのは想像に難くない。 トレイシーの話によると、結構な頻度で屋敷の周りをうろついているらしい。 兄のことが気になりすぎるのか、トレイシーが把握をしている限り二日に一度はこのあたりをうろうろしているとのこと。 しかし、クリスはまったく取り合わない。 出勤に合わせて屋敷の前で張っていても馬車の中にいる兄は弟を歯牙にもかけないのだという。 無理に侵入しようとすれば屋敷の壁を這う黒い蔦が毒を吐く。 「そういう事情もあり、ティアナ様はお屋敷の中でおとなしく授業を受けていてもらっていたのですよ」 「なるほど。 って、弟のせいで、わたし外歩きできないの? それは困る」 トレイシーは、ティアナが外出をすることによって、カーティスが外でティアナに接触を図るのではないか、と懸念をしていた。 兄を敬愛するあまり、ティアナに対して暴言を吐く恐れもあるからだ。 「カーティス坊ちゃんは昔から兄上であられるクリス様をそれはもう自慢にお思いになっておられまして。 今回のクリス様の結婚を気の迷い、いえ、毒婦にそそのかされたのだと一方的に決めつけられておられます」 本当のところはカーティスによる、クリスへの結婚圧力に嫌気をさした当の本人が仕組んだ契約結婚なのだが。 これは限られた人のみが知る真実である。 「詳しいわね」 「実は毎日のようにカーティス様から手紙が届いております」 「ええっ!」 毎日とはずいぶんと面倒な性格をしている。 ティアナの隣に座るオルタも呆れた顔を作っている。 「それで、トレイシー。 どうするの?」 「はい。 そろそろ一度お招きしてみようかと。 このままでは外出もままなりませんし、このあたりで、義弟との友好関係を築いてみるところから淑女修業の成果を発揮してみてはどうかと」 「あ、はは……」 修行の成果を見せても変化などなさそうだけれど。 「カーティス様を練習台とお思い下さいませ。 なにしろ、クリス様の再婚がエニスの新聞で報じられたとき、ひそかに再婚を狙っていた魔法使いの家のご令嬢たちが皆ひっくり返ったとか」 今後、そのお嬢様をお相手するのがティアナ様ですよ、と言われてティアナは頭がくらくらしてきた。 自分は三年間ずっと引きこもりでいい気がしてきた。 「クリスはカーティスを招くことを賛成するかしら?」 ティアナは苦し紛れにクリスの名前を出した。 「私からお話しますので」 トレイシーはゆったりと微笑んだのだった。 ティアナとロイの薬草茶ブレンド授業の成果を見せるときがやってきた。 トレイシーはあらかじめクリスに許可を取り、彼の持つ薬草の中から使ってよいものを分けてもらっていた。 「せっかくですので、今日はご自分で薬草をブレンドして、実際に淹れてみましょう」 いよいよ魔法使いの妻っぽいことができるとティアナは喜んだ。 薬草は一階にある彼の研究部屋に続く、保管部屋に置いてあるという。 魔法使いの屋敷らしく、大きな建物の中には研究部屋や書庫、保管庫などが揃っている。 外にある温室も同じような役割とのこと。 魔法薬の材料を仕舞っている保管庫の横には小部屋があり、そこで薬草茶の実践編の授業を行うことにした。 ティアナとロイはそれぞれトレイシーから習った通りに材料を混ぜていく。 「では、ここからは各自アレンジしてみましょう」 先生 ( トレイシー )の指示に従い、ティアナはクリスのために疲れが取れるお茶を淹れようと材料を混ぜていく。 「あ、そうだわ。 せっかくだからポルテ茸を加えてみようかな」 「……それなら、庭に生えている場所がある」 ロイが小さな声を出した。 話しかけてもあまり反応のない彼だが、一緒に暮らしていくうちに、彼は女性に対してあまり免疫が無いらしいということがわかってきた。 十歳くらいの年だと聞いているから難しい年頃に差し掛かっているのだろう。 けれども、顔を合わせるたびににこやかに笑いながら挨拶をするうちに、少しずつ返事をするようになってきた。 「案内してくれると嬉しいわ」 ロイは、少し躊躇したあとトレイシーを見上げた。 彼が頷くとロイはゆっくりと口を開いた。 「……わかった」 彼に連れていかれたのは屋敷の庭の隅っこ。 木が多い茂り、日当たりの悪いじめじめした場所に、コケと一緒に金色のキノコが生えている。 「薬草茶の材料が自生しているなんて、すごいのね」 「クリス様の屋敷だから。 ……この屋敷にはほかにもたくさんの薬草が植わっている。 ……温室にも」 「さすがは魔法使いのお屋敷ね」 「……気を付けて。 動くものの気配を感じると、胞子を撒く」 「え、じゃあどうすれば」 「気合で採る。 あと、吸い込まないように気を付ける」 「……なるほど」 クリスがいたらまた違った答えが帰ってきそうだったけれど、仕方がない。 ティアナは手巾を取り出して口元を覆いながらポルテ茸を採取しようと、手を伸ばす。 すると本当に胞子をばらまいた。 金色の煙が勢いよく舞い上がり、ティアナは思わず目をつむる。 しかし、茸ごときに負けるのも癪だ。 ロイの言う通り気合で採って、トレイシーの待つ部屋へと帰ってティアナは薬草茶を完成させた。 「……これは……何て言いますか。 独創的なお茶でございますね」 「……」 トレイシーが感想を漏らし、ロイは無言だった。 「確かに匂いはかなり独創的だけど、大したアレンジは加えていないわよ」 薬草とポルテ茸でつくった薬草茶は、なかなかに刺激的な香りを撒いている。 淹れてみると案外美味しいかもしれないではないか。 「じゃあさっそく」 ティアナはお湯を貰いに厨房へ向かった。 どんな味になっているか、わくわくする。 疲れに効くお茶ならばクリスの役にも立つかもしれないし、妻っぽい。 マクレーン夫人からお湯を貰って戻るとクリスが帰宅をしていた。 「早いわね」 「調べ物をしたくて、今日は早くに切り上げた。 それに、トレイシーから薬草茶の勉強をしていると聞いたから」 「もしかして興味があるの?」 尋ねるとクリスは黙り込む。 興味があるのかないのかどっちなのよ、と問いただそうとしたらトレイシーが口を開いた。 「クリス様は昔から、研究熱心なお方。 ティアナ様が初めてブレンドされたお茶に興味がおありなのですよ」 「ほんとう?」 「まあ……。 なんていうか、研究の一環だ」 「素直に飲みたいって言えばいいのに」 ティアナは笑顔を隠しきれなかった。 一生懸命つくったものだから、誰かに飲んでもらいたいし感想も聞きたい。 クリスは優秀な魔法使いで、薬草にも長けていると聞く。 もしかしたら新しい才能が開花しちゃうかも、とティアナはワクワクしながら薬草茶を淹れる準備に取り掛かった。 不可思議な香りが辺りに充満してクリスがぼそりと「なかなかに独特な匂いだな」とつぶやいた。 「そりゃあ、特別製だもの」 すり鉢で煎じて入れたお茶はどろりとしている。 こっちのほうが効果が高いのだという。 「さあ、飲んで頂戴」 ティアナはカップをそれぞれに渡した。 ロイとトレイシーは頬を引くつかせている。 クリスは匂いを嗅ぎ、「材料は……普通なのに。 どうやったらこんな色になるんだ?」と疑問の声を出した。 たしかにお茶はなぜだか濃い紫色をしている。 ティアナとクリスはカップに口を着けた。 そして。 二人とも無言でその場にうずくまった。 違う意味でティアナが薬草茶のブレンドの才能を開花させた瞬間で、ロイは青い顔をして「無理……絶対」と言ったのだった。

次の