雪 の いと 高 う 降り たる を 現代 語 訳。 「雪のいと高う降りたるを」の現代語訳

「枕草子:雪のいと高う降りたるを」の現代語訳(口語訳)

雪 の いと 高 う 降り たる を 現代 語 訳

徒然草「木登り名人」の現代語訳 徒然草「木登り名人」の 原文です 高名の木登りといひしをのこ、人を掟てて、高き木に登せて梢を切らせしに、いと危ふく見えしほどは言ふこともなくて、降るるときに、軒たけばかりになりて、「過ちすな。 心して降りよ。 」と言葉をかけはべりしを、「かばかりになりては、飛び降るるとも降りなん。 いかにかく言ふぞ。 」と申しはべりしかば、「そのことに候ふ。 目くるめき、枝危ふきほどは、己が恐れはべれば申さず。 過ちは、やすき所になりて、必ずつかまつることに候ふ。 」と言ふ。 あやしき下臈なれども、聖人の戒めにかなへり。 鞠も、難きところを蹴いだして後、やすく思へば、必ず落つとはべるやらん。 「木登り名人」の 現代語訳です。 有名な木登り名人と世間の人が言った男が人を指図して、高い木に登らせて梢を切らせた時にたいへんあぶなそうに見えた間は、何も言わないで降りててくるときに軒の高さくらいになって「間違いをするな。 気をつけて降りろ」と言葉をかけましたので、 私は、「これくらいの高さになってからでは、飛び降りても、きっと降りることができるだろう。 どうしてそのように言うのか。 」と申しましたところ、 木登り名人が「そのことでございます。 目が回り、枝が危ない間は、自分が恐れておりますから申しません。 間違いは易しい所になって、必ず起こすことでございます」という。 この木登り名人は身分の低いものではあるが、中国の聖人教えにかなっている。 蹴鞠も難しところをうまく切り出し後、易しい思うと必ず鞠を落とすと申すようです。 一口解説です。 この章段は一道に携わっているものはたとえ身分が低くても、自分の体験から身につけた素晴らしい知恵を持っているものであるという驚きの気持ちや感嘆の気持ちが込められている。 ということであります。 徒然草においては、しばしば一つの道に邁進している人の素晴らしさを称えることがしばしば書かれています。 それもこれもその一つであります。 また、ここに出てくる教訓というのは、失敗というのは、油断するときに生まれるので気をつけたいというこがとであります。 四字熟語で「油断大敵」です。

次の

『枕草子』の現代語訳:143

雪 の いと 高 う 降り たる を 現代 語 訳

徒然草「木登り名人」の現代語訳 徒然草「木登り名人」の 原文です 高名の木登りといひしをのこ、人を掟てて、高き木に登せて梢を切らせしに、いと危ふく見えしほどは言ふこともなくて、降るるときに、軒たけばかりになりて、「過ちすな。 心して降りよ。 」と言葉をかけはべりしを、「かばかりになりては、飛び降るるとも降りなん。 いかにかく言ふぞ。 」と申しはべりしかば、「そのことに候ふ。 目くるめき、枝危ふきほどは、己が恐れはべれば申さず。 過ちは、やすき所になりて、必ずつかまつることに候ふ。 」と言ふ。 あやしき下臈なれども、聖人の戒めにかなへり。 鞠も、難きところを蹴いだして後、やすく思へば、必ず落つとはべるやらん。 「木登り名人」の 現代語訳です。 有名な木登り名人と世間の人が言った男が人を指図して、高い木に登らせて梢を切らせた時にたいへんあぶなそうに見えた間は、何も言わないで降りててくるときに軒の高さくらいになって「間違いをするな。 気をつけて降りろ」と言葉をかけましたので、 私は、「これくらいの高さになってからでは、飛び降りても、きっと降りることができるだろう。 どうしてそのように言うのか。 」と申しましたところ、 木登り名人が「そのことでございます。 目が回り、枝が危ない間は、自分が恐れておりますから申しません。 間違いは易しい所になって、必ず起こすことでございます」という。 この木登り名人は身分の低いものではあるが、中国の聖人教えにかなっている。 蹴鞠も難しところをうまく切り出し後、易しい思うと必ず鞠を落とすと申すようです。 一口解説です。 この章段は一道に携わっているものはたとえ身分が低くても、自分の体験から身につけた素晴らしい知恵を持っているものであるという驚きの気持ちや感嘆の気持ちが込められている。 ということであります。 徒然草においては、しばしば一つの道に邁進している人の素晴らしさを称えることがしばしば書かれています。 それもこれもその一つであります。 また、ここに出てくる教訓というのは、失敗というのは、油断するときに生まれるので気をつけたいというこがとであります。 四字熟語で「油断大敵」です。

次の

「雪のいと高う降りたるを」の現代語訳

雪 の いと 高 う 降り たる を 現代 語 訳

『枕草子』の「雪のいと高う降りたるを」の段で、 中宮定子の「少納言よ、香炉峰の雪、いかならむ。 」という問いに対して、 清少納言が「御簾を高く上げ」とあるんですが、なぜ清少納言はそうしたのか説明できる方いますか? 『白氏文集』がヒントみたいなのですが、 漢文が読めずにわかりませんでした。 わかる方、お願いします。 私の説明不足で質問が理解できなかったら言ってください、すみません 補足「香炉峯下新卜山居草堂初成偶題東壁」 には何か意味があるのでしょうか? できれば現代語訳をお願いしたいです。 これと清少納言が行った行動は どこが関係しているのでしょうか?? ただ清少納言を試しただけですか? よろしければ教えてください。 もし関係していないのなら、 大丈夫です! 再び言葉足らずですみません 白居易(白楽天ともいわれます)の、 「香炉峯下新卜山居草堂初成偶題東壁(香炉峰下(こうろほうか)、新たに山居を卜(ぼく)し、草堂(そうどう)初めて成り、偶々(たまたま)東壁(とうへき)に題す)」という詩の中の一節です。 この詩は、『白氏文集』の中に出てきます。 (「はくしもんじゅう」という言い方が今では一般的ですが、 昔は「ブンシュウ」という言い方が主流だったようなので、 そちらの読み方を提唱する方もおられます。 ) この七言律詩の四句目に、 「香鑪峯雪撥簾看」(香鑪峯の雪は簾(すだれ)を撥(かかげ)て看(み)る) とあります。 『白氏文集』は、平安時代の日本で大流行しました。 なので、教養ある人なら暗記しているような知識でした。 定子様も、それを知っていて、 「外の雪景色が見たいわ」と直接言うのではなく、 暗に自分の意志を伝えたのです。 だって、雪が高く積もっていたこの日、御格子が下ろされていたのは、 定子様が寒く思われないようにと、女房たちが配慮したことだったかもしれません。 なので、定子様も直接自分の気持ちを伝えて 女房たちを叱責するような感じになるのではなく、 白居易を引用することで、言葉遊びのようにして自分の気持ちを伝えたのでしょう。 それにより、女房を慮る優しい定子様像も伺えます。 他の女房も白居易は知っていましたが、 それを行動で表すという対応は思いつきませんでした。 その中で、清少納言は、機転をきかせて定子様の意図を汲み取り、 御簾を巻き上げて、雪景色をみせたのです。 定子様は、宮仕えの慣れない清少納言が、自分の近くで仕える人物として ふさわしいことを、他の女房にも認めさせる機会を作ったともいえます。

次の