ディスガイア rpg アイテム ランク。 【ディスガイアRPG】アイテム界わらしべとは?仕組みや効率的なやり方を紹介

【ディスガイアRPG】魔界戦記ディスガイアRPG攻略まとめwiki

ディスガイア rpg アイテム ランク

まあいわゆる、リタマラなのですが。 次の装備を狙って将軍マラソンするのに、非常に便利な表ができたのです。 いわゆるIR一覧表。 次の装備をある程度想定できるので、非常に便利と言わざる得ないです。 私もつついっと保存してきました。 なるほど、だから人気の着ぐるみの次がビキニアーマーだったわけなのですね。 そして、武器が防具になることもあれば、防具が武器になることもあるので、 IRの次の装備が入っている。 これが確信できたのは大きいです。 14、18、22当たりだと、防具の種類が増えるのは大きいですね。 ATKやINTを優先する人はそこで回すしかないですし、 DEFのみを優先するならそこを避ければ、防具さえ出ればDEFを大幅に上昇させることができるという訳です。 こりゃ使わないなんて手はないですぜ。 プリコネにおいて、人権と呼ばれるキャラがいっぱいいますね。 現状の人権キャラをまとめておきたいと思 プリコネにおいて、メモリーピースを入手することは大切なポイントです。 メインクエストのハード10、 せっかくなので、ドラクエウォークのロトガチャをピックアップまで引いてみました。 いつか来るって信じてた。 誰が来るかなーとは思っていたけど、リンが登場です。 魔法防 プリコネ最強の飲んだくれ。 ユカリ。 彼女の力は絶大で……。 単体最強のヒーラーと名高い やはり専用装備でこの二人がかなり強くなりましたね。 予想通りではありましたが、カオリやべえわ 真・三國無双斬というアプリがとうとう先日配信されました。 コーエーテクモゲームスの三國 さあ、クランバトルのためにランク12にするべきキャラ。 ランク11で止めておくべきキャラがあります。 ドラクエウォークではとうとう7章が追加されましたね。 やってみると、露骨なまでのラーミア贔屓 ディスガイアRPGのピュアフロンから判断するに、レイドや次の戦闘では回復を重視する可能性が.

次の

武器

ディスガイア rpg アイテム ランク

とはいえ一般的なクエストと比べると実入りは僅か 行動力を一切消費しない アイテム界では、行動力を一切消費しません。 もちろん、他に消費するリソースもありません。 経験値は他クエスト同様に敵の強さに応じて獲得できます。 ヘル お金 やランク経験値の入手も可能 行動力を一切消費しないにも関わらず、アイテム界ではヘル お金 やランク経験値の入手も可能です。 どこを周回するか迷うくらいなら、アイテム界を周回しながら考えましょう。 レアリティごとに総階層が異なる レアリティ 最下層 最大LV LEGEND 70~100 100階 Lv180 RARE 40~69 60階 Lv100 COMMON 0~39 30階 Lv50 アイテム界は、装備のレアリティごとに最深層が異なります。 また、それに伴い装備の最大レベルも変化。 もちろん深ければ深いほど強い敵が出現し、その分経験値・ヘルも多く入手できます。 踏破したアイテム界には挑戦できない 各アイテムのアイテム界を最下層まで踏破すると、そのアイテム界には挑戦できなくなります。 敵の強い高層を無限に周回して、効率よく育成!……みたいなことはできません。 スポンサードリンク 各階層をクリアすると装備レベルが上がる アイテム界は、フロアをクリアするごとにその装備のレベルが上昇します。 レベルが上がると、ステータスが僅かに上昇。 とはいえ1や2程度なら誤差程度なので、レベル目的なら腰を据えてプレイする必要があります。 レベルごとのステータス上昇量はほぼ同じ レベル1ごとのステータス上昇値は、装備を変えない限りほぼ同じ。 節目のレベルで2倍上がるようなことはあるものの、レベル1から2への上昇量と、レベル101から102への上昇量は変わりません。 装備レベルを10程度上げれば、あとはそれを限界レベルまで掛けてみるだけで、およその最終ステータスが算出できます。 また、該当アイテムに未服従のINNOCENTがいる場合、運が良ければそのイノセントにも出会えます。 また、確率ではあるものの、装備などのアイテムをドロップします。 ドロップアイテムの質はとても高い アイテム界のボスからドロップする装備は、そのアイテム界の元になった装備と同等ステータスのものがドロップします。 イベントや魔界病院などで入手できる装備のアイテム界を使えば、今ショップで購入できないレベルの強装備を獲得することも可能です。 ドロップ判定はボスにしかないので、装備を狙うのであれば、ボスだけ倒して箱が落ちるまでギブアップを繰り返すのがオススメ。 敵にイノセントが出現している場合に限り、行動コマンドに「服従させる」コマンドが表示されます。 失敗すると消えてしまうことも イノセントの服従に失敗すると、ランダムで逃走するか居座るかが決まります。 居座った際は好感度が上がり、服従確率が上昇する反面、逃走されると以降そのイノセントに出会うことはできません。 挑戦の前には、予め居住イノセントのレアリティをしっかり確認しておましょう。 居住イノセントは装備詳細から確認可能 それぞれの装備に住んでいるイノセントは、装備ステータス画面より確認できます。 この際、まだ1度も出会ったことのないイノセントは「ステータス傾向」のみが表示され、性能の詳細は隠されます。 INNOCENTは倒さないように注意 イノセントを倒してしまうと、そのイノセントは消えてしまいます。 この先そのイノセントを手に入れることはできなくなるので、服従前の全体攻撃などは控えましょう。 議会同様ワイロを贈ることもできる イノセントの好感度は、ワイロアイテムでも上げることができます。 貴重かつ仕様用途の広いアイテムですが、高レアリティのイノセントを逃がすくらいなら使ってしまうのもぜんぜんアリ。 スポンサードリンク.

次の

【ディスガイアRPG】リタマラのやり方/強装備をドロップ!【アイテム界】

ディスガイア rpg アイテム ランク

ゲーム更新直後は情報が古い場合があるので特にデスコや自己バフ強烈組に注意。 武器技はこちら 前置き ・数値等のデータは載せないので公式Wikiと併読推奨。 書くの疲れる。 ・持ってないキャラの運用は公式Wikiを読み砕いた物になるので憶測が入る。 ・評価基準は 通常戦 3WAVE 、 降臨戦 5WAVE 、 レイド戦 1WAVE の3項目と総合評価。 ・基本7凸前提。 低凸で用途がある場合はその都度記載。 運用は1人1〜2枠までを想定。 ・マナポ使用前提ならもう好きな技取れって話になるので素の状態で。 ・オートや特定の状況、少ない労力で使える便利な魔法等がある場合はその都度記載。 ・同ランク内なら上に居るほど評価高めだがあまり厳密には気にしてない。 ・名前黒字は恒常ガチャ産、 赤は 限定ガチャ産、 青は プラチナムガチャ産、 緑は 交換系。 得意武器: 力、知 ・初期WMLv8以上。 Lv10は 赤。 低消費全体技やバフ、高威力技等。 サブ魔1凸目のピュアアーツは魔法武器キャラの通常攻撃を INT依存にするという珍しい物。 こいつを編成してる時点で通常攻撃する機会はほとんど無いはずだが、長期戦になりやすい 降臨戦ではSPを温存したい機会も出てくるため、総合的な火力上昇に繋がる。 雪丸と違い武器2種は2種でも杖と知武器という1カテゴリに多くの得意キャラを抱える装備なため、自然に装備させやすい。 習得魔法は ヒール3種に マジックアップ2種。 本人も高い攻撃性能を有しながらSP供給にパーティへの INT強化、 メガマジックアップの習得、遅いというほどではない SPDと穴が無い。 5凸、7凸のサブ魔ビリティが 魔物型、 魔物型力武器専用なので、最終的には物理 魔物型PTの軸となるキャラだがそれまでは普通のPTに混ぜ込んでも充分に強力。 期間限定ガチャ産とはいえ、衣装チェンジ等ではない通常のキャラなのでしばらくしたら恒常ガチャ落ちするとは思うが…ここの運営がいまいち信用できないので万が一の時に備えて 魔物型PTを夢見るプレイヤーは排出される機会で逃さずに確保しておきたい。 このキャラの得意武器自体は力武器だが、魔法武器熟練度は初期でLv9ある。 ここまで補助向きの能力が重なってる事を勘案すると、攻撃する事を捨てて、物理 魔物PTの補助特化として魔法熟練度を伸ばす選択肢が十二分にある。 というか僕はした。 キリア並に回転率高いのは良いんだが、2連続ターン回って来るほど1WAVEが長期戦になる環境ではないのがやや勿体無い。 拳パに混ぜ込んでも良いし、自身に拳強化があるわけではないのでSP補助兼アタッカーとして汎用PTに混ぜ込んでも良い。 天使兵女と違って自分で殴りにいけるし ブレハ2種も覚える。 序盤は補助に周りつつ、補助が充分になれば火力に回れると1枠でいくつもの役割を担えるのが強味。 戦闘不能者を出したくない場合や、メンバーの節約を強要される 討伐戦などに。 もう一つ槍に関する魔ビを持つが自身のみなので、あくまで自分を強化するための魔ビだと割り切ろう。 ヴァル家特有のリジェネだが、素のバトーゼと違って吸収技は消費SPが高い。 あちらは生き残りさえすれば吸収攻撃連打で毎ターン全快近くまで回復するが、こちらは1〜2回が限度だろう。 他のキャラよりは殴り合いになった時に強いが、ここは素ヴァルと比べると明確に劣る。 纏めると、本体性能の高さと低SP技による雑魚狩り、ボスとのタイマン性能を高い次元で両立出来る事から 討伐戦や 降臨戦には高い適正を誇るが、せっかくのSP軽減も単独で3連打するには絶妙にSPが足りず、開幕一振りには自慢の ATKバフが乗らないのでこれで倒せるなら結局はこのキャラである必要は無く、倒せないなら他人からサポートを受ける必要がある。 ここが非常に残念。 消費SP軽減かつ槍強化の折り鶴の明日禍が実装されたので同時編成したい。 習得魔法も ウインド系3種に アマブレ系2種とそこまで特筆する物ではないが、 ATKも INTも高いので高 DEFの敵には魔法か アマブレ、高 RESの敵には固有技と両刀で対処出来る。 合計消費SPは80にも及ぶのでそうそう撃てる物ではないが、 レイド戦なら別。 SP供給に加えてゲージ加算、さらに ATKバフと1キャラで用意出来るロザリンドや ブレハを覚えたラハールちゃんがパートナーに最適。 高凸のロザリンドやラハールちゃんを所持している諸兄は レイド戦に向けて準備しておきたい。 惜しむらくは、キャラ再現の一環かもしれないが、5凸目の、途中から SPDが増加するサブ魔のせいで補助役を抜かしてしまう事。 利用することも出来なくはないが、 ブレハ等の重ね掛けには難儀するだろう。 自身にSPに関する魔ビが無い事からもやはり長期戦には不向きで、ひたすら他者との噛み合いが悪い。 それを補うくらいのキャラパワーはあるが、刹那の火力が求められる レイド戦はともかく、力押しに対策取られ始めている 降臨戦等には、搦手や援護を受けづらい分、他にも適任者は居るだろうといった感じか。 良く考えよう。 この2つは単体攻撃で、この新要素で全体攻撃撃てないのは残念ではある。 単体で完結しているので 通常戦やアイテム界の周回での引率で無類の強さを誇るが、アサギ再現なのかイベ中の魔王アサギ再現なのか、ひとまず相互作用には乏しいので適当に入れて強いのは 降臨戦や 討伐戦まで…なのだが ブレイブハート、 メガブレイブハートまで覚える。 素で魔法WMがLv9あるので ブレハまでは習得しといて損はない。 メガブレハはまぁ…このキャラでそれする必要あるかって言われたらかなり疑問。 これだけアタッカー適性あるキャラで必要マナが多い魔物知武器でWMLv22まで上げるのはかなりロスみある。 魔物型でWMLv22でメガ系覚えるのはかなり貴重ではあるのだが。 まぁダブりまくった石油王向け。 5分に匹敵するので高難度ほど重宝する。 弓を自然に持てる上に速度も上々、回復、異常解除もでき、1凸で汎用性高めのサブ魔を習得、5凸目になるが高い倍率のバフを後続に置いておけると多くの編成に混ぜ込める性能。 某虹レンジャーは使いたくないけど弓周回パは作りたいという諸兄には必須。 1人で弓アタッカー役と火力バフ役が両立出来る。 バフはターンもSPも使わないので超便利。 銃のWMはLv8あるがわざわざLv10の弓から乗り換える必要は薄い。 前述通りドッペル役をこなしつつ後続のドッペル役にバフが出来るので弓を複数運用するなら非常にありがたい。 素ロザリンド同様に杖熟練度も高く ファイア、 マジックダウンまではそのまま覚えられる。 全体技は固有技で十分なので熟練度Lv9ある斧を装備したい所だが、7凸目に槍限定魔ビがあるので悩む。 魔法は杖WM初期Lv4で習得技はLv4 スター、Lv9 スピードアップ。 魔法なんて無かった。 欠点らしい欠点ではないが、敵の弱体化がメイン、火力増強にも敵を倒す必要があるので レイド戦では2つの魔ビが意味の無い物になってしまう。 SP供給しつつ、豊富な雑魚敵と、弱体化が有効なボスを兼ね備える 降臨戦では非常に有用なピースになるだろう。 ロザリンドの時点で強力だったがこちらはメイン魔や7凸目のサブ魔でも高倍率な INT強化があるため、重ね掛けを考慮しないなら メガマジを習得するキャラよりも伸びる。 このキャラ自身も低SP全体攻撃を持つので、一撃で雑魚を倒せるなら本命のアタッカーに魔性のささやきを重ねる事も出来なくはない。 習得魔法は クール3種と レジブレ2種。 強力な INTバフはどれもターンを消費しないので、目的はともかく、戦闘中の動きは普通の魔法アタッカーとして働いて貰うことになるだろう。 サポートとしてなら引いてさえしまえれば1凸で十分と言うのも嬉しい。 戦力として使う場合も吸収攻撃で殴れる。 知PTを夢見る諸兄には人権。 あとかわいい。 運用もほぼ変わらないが低消費全体技、単体威力 S技を習得した上に、武器種が拳に変更になったことで、固有技から無くなった中消費単体高威力技が一応は補完出来るため、一回り使いやすくなった。 斧にテコ入れが入ればひっくり返るので、どちらも育てておきたい。 ATKが非常に高く、低消費全体技を持ち、 DEFも下げられるので他のキャラよりも全体攻撃のダメージが出やすい。 反面、単体に対して強く出れる技が無いのでボス戦には不向き。 ぱっと見た感じ、猫娘族、銃魔神族、妖騎士族辺りなんかが良さげ。 ウサリアも増えたので物理魔物編成がちょっぴり評価アップ。 銃魔神族は素で SPD62もあるのでデスコより先に動かすことも容易で、この戦法だと相手がどれだけ硬くてもデスコの全体攻撃で4体倒せる。 半分くらい銃魔神族の功績ではあるが、この戦法に必要な低SP攻撃、 DEF減少を両立出来るキャラは現状、1凸デスコとドッペルゲンガーを習得した5凸フェンリッヒのみ。 助っ人を採用出来るクエストでのみ可能な戦法なので、まずはこのキャラ達でストーリーを押し進めて稼ぎポイントまで到達したい。 知武器の初期熟練度はLv4で、習得はLv4に ファイア、Lv9で マジックアップ。 このキャラとこのキャラが組み込まれるだろう編成には噛み合ってないので伸ばす必要は皆無だろう。 低SP吸収攻撃と自動回復で延々と殴り続けることが出来るため、格下を完全に詰ませることが出来る。 引率キャラ筆頭。 ステータスはラハールと似通ってまとまった高ステータスで何かに特化しているわけではないが、ディスガイアで軽視されやすい耐久力に置いて他キャラとは一線を画す再生能力を持つ。 ステータス差がありすぎて一撃で屠られれば意味はないが、軽度なダメージが嵩みがちな雑魚戦、ある程度殴り合いになるボス戦のどちらでも非常に頼れるキャラになるだろう。 かと言ってラハールのように鈍足ということはなく、初期 SPD51あるためアイテム界での最高速度が SPD62を、市販の靴を3つ装備するだけで超えられるのも初心者には嬉しい。 欠点としては固有技がひたすら小回りが効かない。 初期習得の吸収攻撃 …厳密には与えたダメージ量に依存するわけではないので吸収ではない が、威力が高い訳ではなく、残り固有技2つもSP重めの全体攻撃しか無い。 武器技や編成で補おう。 WMは槍Lv9あるが剣バフに加えて剣Lv10あるので特に持ち帰る必要は無い。 弓も初期Lv4なので早急に火力が出せるドッペルゲンガー役が必要な場合を除いてお勧めしない。 杖も初期Lv2な上にLv4は クール、Lv9も シールドなので基本忘れて良い。 どうして。 他のサブ魔が何かと味方援護なので杖持たせて補助しつつ、男性アタッカーに任せるのも有り。 全部の条件を無理なく満たせて戦力になる種族にガンナー男、パイレーツ、ゴードンが居る。 習得魔法は クール3種に クールダウン2種。 魔法だけ習得させて銃でSP補給しながら補助を撒く形が良いか。 なにかとチグハグさが目立つのでこのキャラを軸とするよりかは補助役に徹させた方が無難。 ATKが低いわけでもなく、いくつかの魔ビと自前のSP供給、弓技のドッペルゲンガーで雑魚散らしは単独で4WAVE出来る。 単純にサポートとしての適性と汎用性も高い。 ヒールと アマブレまでは無償で取得でき、固有技に全体回復があるのでLv30の ギガヒールまで伸ばす必要も薄い。 メガアマブレは迷うが後回しでも良いだろう。 似た魔ビを持ったカーチスは低SP技を持たないために活かしづらかったが、こちらは固有技で低SP全体攻撃を持つので十二分に活かせる。 一人で先制、低SP全体技、高火力を揃えられる優秀なキャラ。 初期杖熟練度が7あるのでLv4の マフージが覚えられ、Lv9に スピードダウンがある。 メイン魔は効果量はそこそこな割に非常に汎用性があり、所持技も 星属性メインなので使い勝手は良い方だとは思うが、このキャラ自体はかなりの大器晩成型。 気軽に選んで強いキャラではないので注意したい。 サブ魔も全て優秀。 杖習得技も全て 星属性と マジックアップ系統。 魔法アタッカーとして無駄の無い性能で補助にも回れる。 加えて魔法アタッカーをメインとしつつも固有技が物理攻撃なのでピュアフロン降臨戦のような高 DEF高 RESが入り乱れる編成には場面に応じて攻撃を使い分けられる。 こことメイン魔はデスコと一緒。 ただそれ以外はパーティを選ばないが効果量に難があるサブ魔と、アクターレの上位互換のハーレムがあるだけなので、このキャラ自体は強いがデスコと役割が被りまくるのが… 2つ目の物理型魔物パーティや、女性が並びやすいHLゲートの引率役等に。 初期WMで マフージと スピードアップを覚える。 マフージはそこそこ使えるので搦手として用意しておきたい。 同じく剣にSP供給出来る超強い闇黒騎士よりも武器種で強いのでとてもすごく強い。 拳の時代来たな。 いやそうでもないな。 ただし低SP全体技は持たないので取り回しは良くない。 5凸かつ、拳パーティが組める予定があるなら必須級。 そうでないなら他の魔ビリティは発動は容易なものの、このキャラでしか出来ないほどの影響ではないのでガチャの深追いは注意。 忘れろ。 アイテム界引率等には充分。 初心者には特にありがたい性能で、かつ、育てて行けば高い SPDからの メガマジ役として運用出来るので無駄になりづらい。 特に現時点で魔物魔法型でWMLv22のメガマジ習得は貴重なのでしっかり確保しておきたい。 復刻はまだ先になるが、5凸、7凸目のサブ魔はゲージに影響を及ぼす物で、自身のサポート能力は向上するが扱いづらくなる点もある。 知武器の メガマジ要員としてノエルのように重ねる数を調整して頭数を揃えるのも一考か。 先制するには何かしら補助が必要で、キリア等に比べると装備1枠分自由度が劣る。 WMは各Lv剣10拳9斧8とある程度選べる。 ヴァルバトーゼと並べるなら剣で良いが、剣自体は現時点ではお世辞にも強いとは言えないので斧や拳も視野に。 弓Lv4なので閣下と同じく早急に必要な場合を除いてドッペル役は避けたい。 適正が高いというのは分かるのだが。 杖は初期Lv4あるのでひとまず ファイアは覚えられる。 魔王の巨塔等である程度育ったキャラで魔法が必要になった場合は役に立つこともあるかもしれない。 Lv9も ブレイブハートなので使えなくは無いが、それならもっと SPDが高くて適正があるキャラはいくらでも居る。 降臨戦のような長期戦では HP回復も馬鹿にならない。 生粋の魔法使いで杖WM以外は軒並み低く、杖一本で良い。 習得技は クール系3種と マジックアップ系2種。 そのままアタッカーとして使って良いし、自身だけを強化する魔ビは持たないので、高い SPDとメイン魔、 マジックアップで補助も良しと編成に合わせて広く使える。 サブ魔が全て銃関連なので最終的には銃装備だが、メイン魔と低SP全体攻撃を活かしての速攻殲滅の低凸運用なら斧を持たせても良い。 手持ちの戦力や凸数に合わせて次第に斧から銃に乗り換えよう。 3凸目のレジェンドホワイトは自身のメイン魔と噛み合いが良く、斧パ、銃パに取っても貴重だが、斧側ではバルバラやマグナスの魔ビと相性が良くなく 回復する利点の方が上回るが 、低SP全体攻撃も同じく斧雪の低SP全体攻撃と 水属性が丸かぶりしている点が勿体無い。 銃側ならアルティナが 回復魔法を習得するのでパーティ全体としては保険にはなるが噛み合いが良いとは言えない。 現状、得意武器:銃を単独で要求されるコンテンツは実装されていないので、このキャラでしか出来ない事はさほど無い。 習得魔法が マジックダウン2種、 クールダウン2種とかなり変則的なので、1枠で両面の弱体化が必要な時があればお呼びが掛かるかもしれない。 単独で狙うのはお勧めしないが、同時に排出されるキャラや手持ち次第では…と言った所。 しばらくは ブレハ習得に勤しむことになると思うが。 固有技も状態異常無効付与を除くと目新しい物はない。 高めの SPDと補助に特化した性能で ブレハ2種を覚える点は評価出来る。 ただ、先手を取られると意味が無いので結局は先手を取って潰した方が早い場面が多い。 降臨戦でたまに見られるので備えてきたい。 このキャラの有用点が杖WMのLv9 ブレハ、Lv22 メガブレハ、固有技の状態異常無効付与に集約されているので魔改造の必要性は薄い。 財布に優しい。 おそらく単独同士なら向こうの方がダメージは出るが、 DEF下限を叩けるのならこちらが有利な状況もある。 装備キャラへの 与ダメ増に範囲差はあるが目を瞑れる範疇。 7凸目もお互い速度に関する魔ビでこれは明確にサファイアが勝つ。 残る部分は習得技の差だがこちらは ポイズンに ブレイブハート、 メガブレイブハートと優秀だが、あちらは クールダウンに マジックダウン2種、 全体回復に 状態異常治療と使いどころは面白い。 どちらも基礎ステータスは ATK1000万族でサブ魔諸々込み込みでおおよそ1400万相当と、銃アタッカーとして飛び抜けて火力が強力というわけではないので、サファイアをアタッカーとして育てていたらこちらを銃縛りコンテンツ用の メガブレハ役にしたり、 降臨戦でサファイアの 状態異常回復をアテにするならこちらは ブレハまでで止めてアタッカーにするなり手持ちの銃アタッカー候補と相談したい。 例えば最近のキャラだと、5凸アサギが居るなら彼女に補助役は無理なので両方補助役に回してしまっても良い。 不遇武器の剣主体ということを除けば、このキャラ自身、剣は装備するが剣の武器技を使う機会はないのでアタッカーとして充分完結しており、仲間にSP供給も出来るので剣縛り編成には優先的に採用したい。 闇黒騎士や、低SPでの全体攻撃を持つ剣キャラと共に採用出来ればなおよし。 ヴァルバトーゼも途切れ無く吸収攻撃を撃てる。 剣以外のWMはほとんど低い。 が、杖Lv4で マフージを覚える珍しいキャラ。 初期から杖Lv4あるおかげでマナを振らなくとも習得出来るので覚えさせておいて損は無いだろう。 Lv9で レジストブレイクを習得するが…珍しい技とは言えさすがに他の解決方法を探したほうが無難。 まだ詳細な計算式は把握してないが、相手の DEFをいくらか上回るとダメージが跳ね上がる仕様がある。 それを除いてもこちらの ATKが相手の DEFを上回ってることが重要なゲームなので、現在では基本的に 与ダメ上昇より ATK上昇の方が価値がある。 1凸目の 一致団結は戦士男と同じだが優秀。 5凸目の 思い込み力も斧メインで、このキャラの固有技からしても必然的に単体攻撃多目になるので非常に強力。 現状は対単体特化最強候補。 個性という面では中々の需要がある。 レイド戦が実装されたので活かす場面も出てきた。 さすがにここまでは無理して狙う必要はない。 WMは斧Lv10で他は軒並み低く、魔ビリティは弓と相性最悪、杖も初期Lv2で、Lv4は ファイアでLv9は ブレイブハートだが、 SPDが低いのでわざわざ活用する理由もない。 メガブレハを必要分用意出来てる層以外は全員確保するべき。 魔改造3凸目に単体 S技があるが、このキャラでレイドのアタッカーを務める事はまず無いので、1凸を2体作ったり、1体だけ1凸して残りを メガブレハが揃うまでの繋ぎとして運用する事も視野に入れたい。 虹レンジャーと違ってSP供給しなくても3連発余裕なのも特に初心者には嬉しい。 魔改造の仕様変更で1凸同士で混ぜても損しなくなったので、配布キャラは弱いという固定観念に囚われず上手く運用したい。 男性 RESデバフや 人型耐性も敵編成によるが悪くない。 毒は現在のシステム上では戦闘不能にはなり得ず、 ド忘れも最低限の行動は出来る上に ド忘れ無効で エスポワールを習得出来るフロンが居るため、最悪こちらでどうにかなる。 毒のダメージが技毎になったり、戦闘不能になる仕様変更が無い限りはそこそこ火力の高い魔法アタッカー止まりだろう。 サブ魔がどれもこのキャラ唯一の性能というでもなく、独自点も固有技の状態異常無効付与が大半を占める。 魔改造する事無く運用出来るので凸は控えておいたほうが懸命だろう。 この時点で需要がある。 この2つだけでもサポーターとしては充分な性能だが、本体もSP35で使える全体技を備える。 他のサブ魔はそこまで優秀とは言えず、本人の火力も高い方ではないが、せっかく拳パで貴重な技なので露払いとしても活用したい。 補助に特化させるなら魔法WMLv5なのでLv9の クールダウンは覚えてもいいかも知れない。 欠点としては、属性攻撃2つなので様々な耐性が入り乱れる雑魚戦では軽減される事もある。 特に拳はLv22まで全体技がなく、そこまでは 獄滅魔炎弾頼りになるので注意したい。 代わりに単体技は豊富である程度SPや相手の体力で撃ち分けられ、拳の SPD補正、サブ魔でターンが回ってくるのが早い。 おかげで対単体では高効率でダメージを与えていける。 SPDをしっかり確保しているなら殴り合ってるうちに相手を追い抜くことも珍しくない。 修正来たけど自分7凸出来てないんで実際どう修正されたのか良く分からん。 なんやかんや入る速度補正やゲージ加算、強力な単体攻撃のおかげで レイド戦では火力役になる。 他のWMは剣Lv9だが拳バフ有り拳Lv10のキリアから変える必要はない。 弓と杖も初期Lv3で弓伸ばしてキリアの手数で攻撃回数増やした所で…って感じなのと、杖もLv4は クール、Lv9まで伸ばしても スピードアップとまぁわざわざキリアでやる必要性を感じられない。 固有技がLv1から既に範囲攻撃持ちなので格下の周回には便利。 杖の習得技も ヒールと クールダウン系と補助もばっちりと、雑魚散らしと対ボスのサポートを兼ね備えたキャラ。 ただ、魔改造5回目以降のサブ魔がいまいち噛み合ってないように見える点が気になる。 かなり勿体無い。 WM上限解放で新しい魔法を習得出来るようになる事を期待したい。 5凸目と7凸目の魔ビは汎用性はそこそこだが効果量は微妙、固有技もあまり優秀とは言えず、装備もほぼ剣に固定されるため、せっかくの ATKで低SP必殺技を撃ち辛く、自由度が低いのは残念。 習得魔法は物理キャラには嬉しい アマブレ2種、さらに珍しく メガヒールを習得出来るが…回復が欲しいなら ヒーラーを採用すればわざわざこのキャラでやる必要は無く、杖の初期熟練度は2しかないのでせいぜい アマブレを取るので限界か。 一応 マイティコマンドを挟む事で5凸せずとも全体攻撃を継続しつつ連発禁止を回避出来るがこれも3凸必要。 凸前提の評価としても、この追加効果のメリットよりも、連発禁止撤回のためにサブ魔5凸目が割かれているデメリットが上回っている。 銃パで低消費全体攻撃がそこそこ便利ではあるが…恒常でSP供給出来るキャラが増えてる事とアサギより高 ATKになるサファイアが居るのでまぁこの辺。 ゴードンの拳WMがそこそこ高いと良いが…まぁ初期Lv1とかで無い限りは銃捨てて拳持たせてキリア等のバフを受けさせるのも良いかも。 サブ魔1が銃キャラ限定だがそこまで強力でもないので手持ちと相談。 拳初期Lv5だったのであまり得策ではなくなった。 固有技は全て単体攻撃で、サブ魔のおかげで 魔物型に対するその威力は完全な怒りとなっておさまることを知らないが、範囲攻撃は武器WM頼りになる。 大人しくWMLv15で全体技を習得出来て得意な銃を装備させるのが良いだろう。 逆にサブ魔1は強力というほどではないので、このキャラを理由に銃で統一する必要性は現時点ではそこまでない。 銃装備のみを補助する魔ビを他に採用しているなら別だが。 サブ魔の5凸、7凸目が強烈な効果量を持つので上手く活用したい。 レイド戦なら単体攻撃しか無いのもさほど気にならず、 魔物型が相手なら強力な一撃を叩き込める。 杖は初期Lv2かつLv4習得技は ファイアなので忘れていい。 Lv9は アマブレだが他に適任がいる。 ただし火力バフ系の魔法は習得しないので全体攻撃で倒しきれず、 回復も ド忘れ無効も要らない時は何もやることがない。 一応 プラチナム産という復刻頻度の多い限定ガチャで ド忘れ無効付与が手に入るのはありがたいので取っておく分には良いんじゃないでしょうか。 いや攻めも受けも出来るって意味ではなく。 座ってろ。 並の ATKに高めの INT。 それぞれに特化したキャラには到底及ばないし、メガ系魔法はSPが枯渇する問題はあるが、得意武器:弓の括りで見ると物理アタッカーとしては充分。 得意武器縛り:弓のコンテンツに高い次元で魔法を持ち込めるのは高 DEFや物理耐性をやられた時に貴重な戦力になる。 その上で1枠で4つの全体攻撃を打ち分けられるキャラはそうそう居ない。 本体性能的には代わりになるキャラがいっぱいいるが、特定状況で輝く…という性能なのでそこそこやってるプレイヤーにとっては基本的に代わりの効くキャラを充てれば良いのでガチャで狙うのも後回しで良い。 キッチリ通常のコンテンツをクリアする戦力を確保した上で、これから来るかもしれない運営の悪意に対して備えるという段階のプレイヤーか、逆に始めたばかりで、エミーゼルでドッペル役を確保、そのまま育てても属性魔法用に流用出来るので総合的に投資資産が少なくて済むという流れを企てるプレイヤー、もしくは両刀ショタを愛でる貴腐人向け。 女性で拳キャラが少なすぎるのでシナジーは期待出来ないが、ステータス次第ではメイン魔のおかげでアタッカーとしては悪くないと思うので 固有技次第では 弓は原作的に多分4以下 セラフィーヌのような引率役を担えるかも知れない。 ほんまにWM弓Lv4だったのでおおよそジェネリックヴァルバトーゼのような使い方になる。 幸い、魔ビが魔ビなので拳にこだわらなくとも良い。 ヴァルバトーゼがレギュラーなら初期Lv9の剣を装備させて2人並べるのも十分選択肢になり得る。 このゲームは配布キャラでも十分な強さを持ってるが今回も固有技で低SP全体技持ちと優秀。 復刻待ちで7凸を目指すのが無難。 ただメイン魔は自身のみなのでPTへの貢献度は低い。 サブ魔で剣装備キャラを強化出来るが、自身は初期の剣WMがLv4と今度は自分が活かし辛い。 このキャラ自体の強みではないが拳アタッカーとしてキリアと組ませる分には攻撃属性が被ってないのでそこそこ強い。 と言っても拳パーティの優先順位はキリアとジェニファーがまず大前提なので必須というほどでもないが。 他WMは低いので素直に拳で。 杖Lv4も ウインドなので忘れて良い。 3凸目で低SP全体攻撃を覚えるので魔物魔法パではなかなか。 魔法習得はメガクールを除くと レジブレ2種に クールダウン2種とかなり特徴的。 魔法熟練度Lv4で レジストブレイク、Lv9で クールダウンを覚えるので早い内から役割を持てるのも吉。 雑魚は全体攻撃で蹴散らしつつ降臨戦でボスの弱体化も十分に出来るので配布キャラにしては強力。 魔物魔法型は戦力を整えるのになかなか骨が折れるので、無課金、微課金勢には非常に助かるキャラだろう。 微課金以下で魔法型魔物編成を組もうと思うかは知らんが、討伐戦のような種族、武器、ダブり禁止のようなコンテンツが出てきた以上、そうも言ってられなくなった。 低課金ほど取っておくべき。 ただ、プリニー特攻は状況が限定的すぎて、そういうイベントでもない限りはスキル1個分火力が落ちる。 いつまでかは分からないが、ログボで配布されているので重ねやすい分、序盤は強力だが時間が経てばその利点も失う。 同条件では他キャラと比べるとやはり見劣りする。 メイン魔も自分で選べない局所的かつ自身のみ、プリニー特攻がプリニーバールやプリニガーXが実装されるまでは プリニガーはともかくプリニーバールが内部的にプリニー扱いかはちょっと疑問あるが おそらくほぼ出番はなく、そして唯一エトナが最大火力出せそうな女性のプリニー族は テスト時にフーカはしっかり人型だったため プリニーアサギやプリニーカーチスが敵として実装されるのを祈るくらいしかない。 槍のWMが高いが槍に特別な長所はなく、次点の斧や銃の方が基本的には強い。 杖は初期Lv5あるのでLv4の ウインドまでは取れる。 Lv9も アーマーブレイクなので利用価値はある。 今までは7凸目の強力な ATKバフがあった所でドッペルゲンガーを習得させるくらいしか活かせる状況はなかったが、レイド戦の実装で ATKバフの乗った威力 Sのデッドエンドカオスを撃てるチャンスが出てきた。 5WAVEある降臨戦等の長期戦なら DEFが活きる場面や、ニジではSPが枯渇する問題も出てくるため活きる場面もある。 が、そもそもその長期戦である降臨戦は全体バフに対するカウンターが高確率で搭載されているため、なんかもう…ご愁傷さまである。 可哀想なのでうちに来てください。 ノエルは杖だったので統一しやすく、斧雪は斧だったので統一しづらかったが今回は魔物物理型なので比較的統一しやすい。 サーズデイと違い ATK それ以外もだが を上げるのでしっかりと火力向上に貢献でき、1凸目も似通ってるがこちらは一応SP50の全体技を習得出来るのでバフが残ってる内に撃てる。 効果時間が無いのも良き。 初ターンに撃てる低SP技が習得出来無いので重要とまでは言えないが、魔法WMが初期Lv9あり、Lv9の習得技は アーマーブレイクなので全然活かせる。 7凸目を抜きにしても銃魔神族が足りてない魔物パの諸兄には廉価版としてお勧めしたい。 魔法編成に空きがあれば入れといて良い性能。 これで属性付きの低SP全体攻撃を持ってたら良かったのだが。 固有技の他に覚える魔法は シールド2種と スター3種なので補助技の カレーの力があるとはいえ、サブ魔ビ的には役割はほぼアタッカー。 ただし全体攻撃はSP中消費の メガスターや ギガスター、ほぼ使われない魔改造3凸目の 聖夜のジングルベルしか無い。 配布キャラにしては強力なのだが、習得出来る技が取り回しが悪い事と、虹プリでしか魔改造出来ない点がひたすら残念。 5凸目7凸目のサブ魔も強力ではないのでお財布には優しい。 能力に突出する物はないが、 火、 水、 風属性耐性が高く安定性は良い。 槍パには利用出来るだろう。 ステータス的にも運用的にも、おおよそ重騎士女に単体攻撃性能を追加したような感じ。 魔法Lv9で アマブレを覚えるが、初期WMLv2に加え、鈍足なので覚えるのは別キャラで良い。 現時点で強いとは言えないので、狙う分には良いけど追いガチャでの凸は我慢したい所。 これだけで拳PTにはそこそこ需要はあるが、 ATKは高いわけではなく、開幕の自身の ATK強化に繋がる魔ビリティも少ない上に SPD47と鈍足なのでめっちゃ向いてるとかそういうわけではない。 全部 星属性なのも若干マイナス。 メイン魔の 不動の意思は「攻撃を受けた時」発動なので効果量と持続ターンはともかく、何度も攻撃を受ければ重なりやすくはある。 ただし先制を受ける事自体がディスガイアにおいては大きな欠点であり、何度も耐えられるならそもそも格下なので火力も余剰気味と勿体無い点が多い。 そしてこちらが1回攻撃したら切れる。 もっと頑張って。 5凸目の ヘビーアーマーはキリアの5凸目と同じ。 降臨戦のような長期戦には役に立つが、キリアと違い自分へ早くターンを回すことに疎いので、本領発揮には額面通りのターン数を待つことになる。 ブラックベルトはまぁ…ベルトを装備すること自体は難しくないのでこの魔ビリティの中では一番有用ではある。 習得魔法は マジックダウン2種に アーマーブレイク2種とそこそこ面白い形。 活用出来る場面が出てくるかは甚だ疑問ではあるが、現状唯一の性能ではあるので頭の片隅にでも。 ただしLv200で習得する タンポポの微笑みだけは現時点では代わりが効き辛い補助なので、これと回復の両立に価値を見出だせるPTならヒーラー兼バッファーとして1枠割く価値はあるかも。 1魔改造は必須。 習得魔法は ファイア3種と マジックアップ2種。 素の INTが非常に高く、鈍足なので補助よりも攻撃役に向いてるステータスではあるのだが、上記の通りあまり攻撃技が優秀ではなく、ラズベリル先生には無い メガマジックアップを習得するのでこれで運用に差を付けたい。 ステータスは素のフロンから INTと RESが上昇した。 このキャラ特有の珍しい所では1凸目のラブリフレクターが自身の通常攻撃を RES依存にするという物。 どう取り繕っても通常攻撃のダメージが上昇という効果でしかないので、あまり活かせる場面は思いつかないが、参照先が変わることで レジブレが重なった所に攻撃するSPが無くともダメージを出せるチャンスがあったり、今回のピュアフロン降臨戦のように DEF特化と RES特化が入り乱れる状況で、普段は弓を持って殲滅、 DEFが異常に高い敵を RES依存の通常攻撃で無理やり突破するのに使えなくはない…のか?通常攻撃が魔法攻撃扱いになるとは書いてないので九尾族の魔法攻撃耐性とかとの兼ね合いがどうなるかは分からないが、回復と物魔の両アタッカーが求められる場合には出番があるかもしれない。 弓武器待望のステータス強化なのでそこそこ利用しやすいのではないか。 本体性能はほぼ天使兵男と変わらないのに加えてあちらにはあった固有技の特徴も無くなってしまってるのでそこ以外に利点はないが。 とはいえ弓が得意武器なので全体技には困らない。 必要ならば回復も担えるし、杖WMが初期からLv9あり、ノーコストで スター、 クールダウンは習得出来るので多少の搦手や魔法攻撃も出来る。 弓のサポートが前半に固まってるのも良し。 アーチャーが ブレハを習得するので投入数は要調整。 速度は早め、攻撃力も悪くない上に低SPの全体攻撃を持つ。 ただしメイン魔はともかく、1凸目の単体攻撃の威力アップがせっかくの低SP全体攻撃と噛み合っていない点や、5凸目の水遁の術も属性縛りとしては低倍率と少し物足りなさが目立つ。 先手が基本な以上、味方の直後に敵が控えてる場合が多く、その中の1体が SPD減少したとしても、効果時間1ターンなので残りわずかな行動ゲージを誤差程度遅らせただけで解除される7凸目の良くわからん魔ビリティは一体なぜ生まれてしまったのか。 キリアを筆頭にした関連魔ビリティ周りが修正されたが誰も7凸しないので検証もできない。 雪丸と組ませると高頻度で全体技を撃てるようにはなるが、雪丸自体は斧の初期WM2と、こちらからはあまり有効な干渉は出来ないのが難点。 かと言ってこちらはこちらで初期剣Lv5と剣縛りに混ぜ込むには少々骨が折れる。 こだわりがない限りは分けて活用した方が良いだろう。 斧以外のWMは拳Lv8があるが斧から乗り換える利点は見当たらない。 杖も初期Lv1で伸ばしてもLv4 クール、Lv9 レジブレなのでひとまず必要無い。 7凸目の影縫いは忘れて良い。 ATKは非常に高いが、類似した性能のキリアをさらにピーキーにしたような性能。 汎用性があるとはお世辞にも言えないが、 火弱点が多いクエストがあれば重要キャラになるか。 WMは拳以外低く、杖も初期Lv2で伸ばしてもLv4 ファイア、Lv9 シールドなので必要無い。 固有技攻撃ばっかだけど。 魔改造を重ねた先に ど忘れ耐性がある。 そこそこ攻撃に参加出来る ヒーラーといった感じ。 攻略に回復が要らないとは言わないが、最終的には速攻殲滅が主流になるとは思うので回復自体が不必要になる可能性が高く、そうなると平凡な魔法アタッカー止まりになってしまう。 杖習得技は ヒール3種に マジックアップ、 エスポワールと珍しい構成。 ヒール自体もそこそこ珍しいが エスポワールは特に稀少。 特別強いわけではないがこういうキャラの内、どれか1体くらい育てておいても損はないだろう。 一応、杖のWMで 風魔法は覚えるようだが、7凸してまで使いたいほどの倍率ではない。 基本ステータスが高いので、斧とケーキで殴っていくだけでもそこそこ火力になる。 が、自身に強力な斧バフがあるわけではないので、あまり拘らずに何持たせても良い。 WMは斧Lv10を筆頭にラハールらしく剣と拳も高め。 基本的に斧のままで良いものの、上にも書いた通り黒ラハール自身に斧を強力に補助する魔ビリティがあるわけではないので何かしら目的があるなら他武器も一考。 とは言ったものの、上記のフーカを始め、斧雪、雪丸と斧補助を持つキャラも増えてきており、これから増えることも考えると斧を伸ばすのが正着手か。 序盤なら筋肉と合わせることで毎ターン数万回復するヒーラーを作ることが出来るが、現状、ガチャから排出されず、配布の1体しか入手出来ないため虹プリニーが必須になる。 先手必勝のゲームなので後半になればヒーラーが不必要、もしくは追いつかない場面が出てくる。 長期戦になる場面では有用ではあるが、虹プリは貴重なので注意。 そこそこ似た魔ビリティ構成でイベント産のノエルが出てきてしまった。 あちらは重ねやすく、メイン魔がプレネールさんのサブ魔のハングリー精神と同じ効果なので評価ダウン。 銃以外のWMは軒並み低いが、杖の初期Lv4で ポイズンが習得出来る。 攻撃魔法ではないので INTが必要にならず、銃を装備したまま撃てるのでそこそこ有用。 耐久しつつ、魔法も通らないような敵が魔王の巨塔にちらほら居るのでそういう状況ではノエルより活躍出来る。 キャラとは合ってるが SPDも最低クラス。 HPが生きるようになるには HPのインフレが進む必要があるが、まだまだ時間が掛かりそうな上に、その頃には新しい人権キャラや恒常落ちなどが十分考えられる。 現時点では厳しい評価にならざるを得ない。 一番の強味はCV:子安 武人な点。 ジェネリック子安。 ロザリンドも組み込めると銃パとしてそれなりの戦力にはなるので、HLゲート以外にも討伐戦やその他銃特攻イベントへの流用も期待出来る。 それとは別に杖の初期WMが9あり、 ヒール、 ブレハまでは無償で覚えられる。 Lv15の メガウィンドを挟んでLv22で貴重な エスポワールを習得出来るので、銃パ枠のサポート役としてひとまずLv9まで習得、特殊状況を想定して杖WMをLv22まで上げるかどうか、と言った方針になる。 本体性能はあくまでHL獲得増加のためのキャラで、メイン魔の銃強化以外は微妙。 上記は銃パや特攻前提の強みで、女性多目に成りがちな銃パではさすがにセラフィーヌよりは強い。 サブ魔含めて引率役としての素質は上々。 活かすなら DEFや RESも上がる点で差を付けることになるが、ヘイト操作が無いので活かしづらい。 タワーを組めば活用出来るが、姫が男4人担ぐという何とも名状しがたい光景が広がる。 タワー攻撃は通常攻撃に含まれるのか良く分からないが、含まれた所で…うん…。 弓WMが初期Lv9あるので、クエスト打開用のキャラではなく、HLザクゲートやイベント等の周回用キャラと割り切ることでドッペルゲンガー習得先にしてしまっても良い。 自己バフ有りに加えて、周回の引率役としてもサーチコインは無駄にならない。 杖は忘れろ。 低SP全体技持ってると一気に魔物物理PTで使えるキャラに…持ってませんでした。 与ダメ増加は ATK増加と比べるとダメージ計算的にそこまででもないので効果量の少なさも合わせて微妙。 SPDも46と最下位。 DEFが高いのは個性だが、マスタリ系は習得せず、ダメージカットも対弓にしかないのでこちらの面でも活路は中々見出だせない。

次の