演技 ワーク ショップ。 平田オリザによる演劇の手法を用いたワークショップ(基礎編)

ATC_WORKSHOP

演技 ワーク ショップ

現在では多数の芸能プロダクションが垣根を越えてDD-WORKSHOP ワークショップ カリキュラム・スキームを採用している。 DD-WORKSHOP(ワークショップ)のコンセプト 楽しみながら学ぶ空間 自分が憧れている世界だからこそ、楽しい時間を作ることを重視 教えてもらうのではなく、自ら学ぶ空間 何かを教えてもらうのではなく、夢に向かって自ら学びに来ることを重視 個々の夢に必要な情報提供空間 芸能プロダクションが新人俳優・タレントに伝える知識やネット、 SNSに流れている誤情報の訂正など、演技以外に対する意識付けを重視 偏りがない技術をチャレンジ出来る空間 SNSに流れている誤情報の訂正など、演技以外に対する意識付けを重視 能動的サイクルにチャレンジ出来る空間 「厳しさ」ではなく、「怖さ」が優先されたレッスンで生まれる負のスパイラル 常に最新の情報で学べる空間 日本の現場に適した、マネージメントサイドの意向に沿った、レッスンカリキュラムの 作成をする。 そもそも演技ワークショップがなぜ必要か タレントの絶対数増加。 プロダクション所属者が増加し、オーディションでの競争率が上昇している。 現場育成が困難な環境 制作予算削減により、初回現場パフォーマンスの重要性が上昇している。 一スタッフ持ち回りが増え、別現場へ現場評価が伝染し易くなっている。 視聴者評価の重要性 視聴者がSNSなどを通して、簡単に演技に対する評価が可能なため、 最低限のパフォーマンスラインが上昇している。 DD-WORKSHOP ワークショップ の内容 「情報力」 DD-WORKSHOP ワークショップ では、映画・舞台製作、企画・キャスティング業務により、あら ゆるタイプの現場情報を収集し、収拾した様々な情報から、その年ごとの現場に必要なカリキュラム を構成し、夢の実現に必要な力を養うレッスンを行います。 またプロダクション未所属の方にも効果的なアドバイスを行い、プロダクションとの橋渡しを致します。 「表現力」 DD-WORKSHOP ワークショップ では、ハリウッドの演技手法、メンタルケア、ビジネスコーチン グ等を、『日本の現場に合ったトレーニング方法に変換』し個性の商品化を実現し、現場とプロダク ションなど、ひとりひとりの個性を大切にしながら、その個性を俳優・タレントに必要な実力に変換し ていきます。 「対応力」 ドラマ・映画の現場やオーディションでは様々なタイプの監督やプロデューサーの要望に応えられる 力が必要です。 DD-WORKSHOP ワークショップ の講師陣は様々なドラマ・映画の現場演技指導を担当しているた め、現場・オーディションで個々に必要な要素を逆算し、あらゆるタイプの世界観・演技に対応出来 る演技レッスンを行います。

次の

「ワーク・ショップ」と「アイデア・ラッシュ」の違い。

演技 ワーク ショップ

概要 [ ] ワークショップは、学びや創造、問題解決やトレーニングの手法である。 参加者が自発的に作業や発言をおこなえる環境が整った場において、ファシリテーターと呼ばれる司会進行役を中心に、参加者全員が体験するものとして運営される形態がポピュラーとなっている。 会場は公共ホールや、スタジオ、美術館やカルチャースクール、ビルの1室、学校の教室を利用するなど様々。 語源である英語のこの語は、本来は作業場や工房を意味するが、現代においては参加者が経験や作業を披露したりディスカッションをしながら、スキルを伸ばす場の意味を持つようになっている。 具体的には、ものづくり講座、音楽ワークショップや演劇ワークショップのような身体表現における学習と作業参加の場や、各種体験セミナー、科学や技術教育、人権教育のような各種教育ワークショップのようなものがある。 ヨガや瞑想教室、陶芸教室などの身体で体験する教室や機会にも、この呼称は使われる場合がある。 体験型講座としての「ワークショップ」は、20世紀初頭の米において ()が担当していた戯曲創作の授業 "47 Workshop" に起源をもつ [ ]。 まちづくりの手法として [ ] まちづくりワークショップの成立経緯 [ ] まちづくり分野においては、地域にかかわるさまざまな立場の人々が自ら参加して、地域社会の課題を解決するための改善計画を立てたり、進めていく共同作業とその総称。 具体的には公園づくりや道づくり、公共施設の計画、団地やコーポラティブハウスなどの住まい計画、市町村の都心マスタープランの策定など多岐にわたる。 住民参加型(参加のデザイン、住民参加、市民参加)の活動形態の一つ。 企業研修や住民参加型まちづくりにおける合意形成の手法として、住民が中心になって地域の課題を解決しようとする場合に、ワークショップの手法がよく用いられる。 まちづくりにおいて、地域にかかわるさまざまな立場の人々が自ら参加して、地域社会の課題を解決するための改善計画を立てたり、進めていく共同作業とその総称として近年用いられていった。 公園づくりや道づくり、公共施設の計画、団地やコーポラティブハウスなどの住まい計画、市町村の都市マスタープランの策定など多岐にわたる。 住民参加型の活動形態の一つとして位置づけられる。 主に都市計画やまちづくりの分野でワークショップが取り入れられるようになったのは、1960年代に環境デザイナー、ランドスケープアーキテクトであるが、夫人のダンスワークを参考に、テイクパート・プロセスとしてワークショップを用いたことがはじまりである。 日本においては、1979年に日本に紹介され、、らのグループが取り入れたことで日本のまちづくりにおける技法として開発されるようになった。 なお、ワークショップをまちづくりにおいて活用された事例は東京都世田谷区が取り入れたのが初見である。 同区におけるワークショップは住民主体の勉強会に起因している。 1970年代後半に世田谷区の太子堂地区においてマンション紛争が起こり、世田谷区の主催で区民向けのまちづくり懇談会が開かれることとなった。 懇談会では区民から紛争をめぐる世田谷区の施策を批判が相次いだが、懇談会設置後、1年を経て懇談会に参加した区民の中に「批判だけでは問題解決しない」「行政と対等に話し合うには住民側にもそれなりの専門知識が必要」であるという意識が広がり、1982年に懇談会メンバーの住民を中心としたまちづくり協議会設立準備会が創設され、住民主体のまちづくりの実現を目指した地域住民組織づくりに向けた活動が開始されるようになった。 このまちづくり協議会準備会が行政との対話の推進を目指す中で行ったのが、「まち歩き」「まち点検」などの活動や勉強会の開催であり、その活動が次第にプログラム化されていく中で、まちづくりワークショップとして定着するようになった。 その具体例が地域の公園づくりを目的としたワークショップで、後にパークショップの造語を以って称されることとなった。 次第に世田谷区太子堂地区ではまちづくりワークショップの対象範囲を拡げ、「老後の住み続けられるまちづくり」、「ゴミゼロ社会を目指すまちづくり」、「地域に開かれた消防署づくり」をテーマにワークショップが開かれ、実際に区民管理による公園づくりを実現させた他、東京消防庁の消防署建設に意見が反映されるなどの実績を挙げた。 これが、全国においても住民参加の先駆けとして専門家などから注目されるようになった。 まちづくりワークショップは、の開発したの手法を取り入れることで、さらに住民の合意形成技術としての性格を強め、今日ではまちづくりにおける合意形成技法として注目されている。 まちづくりゲーム [ ] 近年は、模型を用いたまちづくりデザインゲームというワークショップ手法が多用されるようになりつつある。 まちづくりデザインゲームとは、ワークショップのような集会において、参加者が意見やアイデアを話し合い、実際に設計やデザインに参加する際、具体的な空間計画等を行う際に、空間イメージのシミュレーションをし、目標のイメージを関係者で共有するための手法で、新しい公園を計画する際などに用いられる。 また将来の町の姿をシミュレートする「ライフデザインゲーム」や町の更新をシミュレートする「建替えデザインゲーム」などもある。 効用 [ ] ワークショップの効果として期待されているものとして、参加者同士の体験共有、意見表出()、創造表現、意見集約その他のコミュニケーションを深めること等がある。 地方自治の分野では市民間ののスタイルとしても注目されている。 公園づくりワークショップの事例• 自治体の広報誌などで、ワークショップの参加者を募集する• 参加者同士で自己紹介をし、相互のコミュニケーションを図る• 現地(公園予定地)をみんなで見る• 他の地域の公園を見学する• どのような公園がよいか話合う• 造園の専門家や自治体の担当者の意見を聞く• 案をまとめ、図面、模型、CGなどを用いて発表する 等 まちづくりワークショップにおいては、過程が重要とされる。 特に地域住民の声は多様であり多声的である。 よって、住民が漠然と集まって話合いを重ねても、中々進展がないため、実際のまちづくりワークショップの現場ではコンサルタント業の人物がファシリテーターとして関わって課題を整理したり、助言が行われることが多い。 しかし、コンサルタント業の人物がファシリテーターとして関わることには賛否がある。 まちづくりワークショップの性格は、「自由討議」「公開性」を原則とした議論の場であるが、参加者の総意が「住民の総意」とは限らない。 このため、ワークショップの成果を広報誌などにまとめて参加者以外にも内容を知ってもらう、意見募集をする、などの工夫も必要になる。 防災まちづくりの事例では、カリキュラムにフィールドワークの一環として、 DIG を取り入れたワークショップが開かれることが多い。 関連書籍 [ ]• 『「ワークショップ」になにができるか?』(芸団協出版部、)• 『ワークショップ〜住民主体のまちづくりへの方法論』(、)• 『ワークショップは技より心』(、)• 『コンパシート【羅針盤】子どもを対象とする人権教育総合マニュアル』(財団法人人権教育啓発推進センター、) 脚注 [ ] [].

次の

平田オリザによる演劇の手法を用いたワークショップ(基礎編)

演技 ワーク ショップ

演技未経験の方や自信が持てない演技初心者の方に向けて、 ENTRY ACT(エントリーアクト)は東京都豊島区を拠点に「演劇ワークショップ」や「習い事演技レッスンクラス」を開講しております。 演劇ワークショップってなに? 時々ご質問頂くことなので、この場でお答えします! 演劇ワークショップとは、 【演劇体験講座】のことです! ENTRY ACTでは、演劇体験講座を定期的に開講し、2014年から毎年約500名の方にご参加いただいております。 殆どの方が「今日が初めての演劇」という方。 次に多いのが「演劇をやったことはあるけれど、自信はありません・・・ほぼ未経験です」という初心者の方。 演劇ワークショップのカリキュラムは担当講師(演技の専門家)がメンバーさんの目的に合わせて考案し、 みなさまの状態を見ながら進めていきます。 メンバーさんの目的は様々です。 『普段の生活ではPCとばかり向き合っていて、人と向き合うことがないんです。 なので、感情を出す機会も無いので解放したくて来ました。 』 『観劇が好きで、自分もやってみたいと思った。 』 『表情が乏しいと自分で感じていて、表現力を身につけたいと思っています。 ほんの一部ですが、 今、演劇をやってみたい気持ちはあるのだけれど、あと一歩の勇気がどうにも出ない・・・という方の参考になればと思い、ご紹介させていただきました。 演劇ワークショップは体験講座のため メンバーさん同士が全員初対面ということが通常です。 みなさん最初はぎこちなく、表情がかたい・・・。 【自己解放】や【自由な、のびのびとした表現】や【円滑なコミュニケーション】とは程遠い状態から始まります。 これが通常です。 でもご安心くださいね。 ここが、演技講師(=体験講座のファシリテーター)の腕の見せ所なのです! ENTRY ACTの演劇ワークショップでは最初に「インプロゲーム」を行うことが多いです。 ほぼ毎回「インプロ」を行います。 インプロ=インプロヴィゼーション(improvisation) インプロの驚くべき効果は、 ご自身が子ども時代にやっていた手遊び感覚のゲームであっという間にメンバーさんの緊張が解(ほど)けて ゲラゲラと笑い合うほどに打ち解けてしまえるところ。 さっきまでカチコチに固まっていた身体も心も嘘のように自由になっていくのが感じられるのです。 ゲームを開始して僅か5分で笑顔が自然と出てきていることに気づいていただけるはず。 この「インプロ」は近年、企業の研修でも使われることが多いようで 人見知りの方でも【コミュニケーション】を容易にします。 人と目を合わせて、 「伝わるまで伝える」発信と「相手の気持ちを受け取る」受信をゲームで体験することができます。 さらに、 「不安・緊張」状態から脱却して緊張感を良いベクトルに修正し、「集中」を高めてご自身の最大のパフォーマンスを引き出す効果もあります。 積み重ねていくとより効果が増しますが、一度の体験でも経験のひとつとなり、それを身体は忘れません。 このようなトレーニングは 演劇のパフォーマンスはもちろんのこと、 人前で何かをする機会のある方や人と接する職業の方のパフォーマンスも向上します。 【演劇・演技】に対して 興味はあるけれど、いざやってみるとなるとものすごく勇気がいる・・・という方が多いです。 初対面の人たちの前で演技をやることに対する漠然とした不安 敷居の高さ 恥をかくかもしれない恐怖 一歩を踏み出せない理由はいろいろ。 でも、それもご安心ください。 演技講師はメンバーさんが「未経験」「初心者」で「不安」な気持ちで当日来場されることを重々承知のうえ担当させていただきます。 演劇で嫌な気持ちにならないように、と最大限の配慮をし、初めての演劇体験の場としてENTRY ACTを選んでくださったことへ責任を持ってメンバーさんおひとりおひとりと向き合います。 エチュード=即興劇 テキストレッスン のカリキュラムでは、 ENTRY ACTでは『演技をしない』でやってみてください、と毎回のようにお話ししています。 『演劇ワークショップなのに演技をしない!?』 驚かれるかもしれませんが、 (ワークショップ参加者さんも驚かれます) これはENTRY ACTの開講するワークショップやレッスンの理念です。 「感動を生む表現」は、「本物の感情」が乗った【良い演技】なのです。 「うまいね」と言われる演技は【上手な演技】。 エチュードやテキストレッスンは、インプロゲームに比べて正直「難しさ」を感じずにはいられないと思っています。 テキストを持つ手が震えたり、セリフをうまく言えなかったり。 でも、それでいいんです。 震えながらでも自分をさらけ出そうとしたり 相手と繋がろうとしたりする。 そんな一生懸命な表現には説得力があります。 どんなにセリフの言い方が上手でも 立ち居振る舞いが上手でも 「うまく見せよう」といういわゆる自意識が先立つ表現は予定調和でおもしろくありません。 やっている本人が「おもしろい!」のも前者。 演技経験者は「上手さ」に偏りがちで、 未経験者のほうがいい演技をやられる、なんてことは珍しくありません。 「すごく緊張したけど、おもしろい!!!」 自分の中に眠っている『自分も知らなかった自分』が目覚める可能性を秘めた演劇ワークショップ。 スケジュールページでは最新の情報を掲載しています。 ご参加心よりお待ちしております。 投稿ナビゲーション.

次の