用賀 地図。 地図 : aletta (アレッタ)

用賀出張所

用賀 地図

travel. rakuten. rakuten. travel. rakuten. travel. rakuten. main? rakuten. r10s. jpg.

次の

用賀出張所

用賀 地図

travel. rakuten. rakuten. travel. rakuten. travel. rakuten. main? rakuten. r10s. jpg.

次の

用賀出張所

用賀 地図

歴史 [ ] 初期にの(ゆが) の道場が開設されたことが地名の由来とする説がある。 新編武蔵国風土記によれば、・年間(1558年 - 1573年)にの家臣飯田帯刀とその息子飯田図書によって開発され 、もこの時期に飯田図書を開基として創建されたものであるという。 以前は、の宿場町、真福寺の門前町として、規模の大きなものではなかったが、栄えていた。 - 用賀村が周辺の村と合併し、玉川村大字用賀になる。 - に編入され世田谷区玉川用賀町になる。 - 隣接する村の東京市世田谷区編入に伴い、砧村大字大蔵の飛地を玉川用賀町に編入する。 - 全通。 1969年 - (玉電)が廃止され、及び専用軌道も廃止される。 - の実施に伴い町域が変更される。 用賀と上用賀、玉川台、瀬田の一部、砧公園の一部に分かれた。 - 旧用賀停留所近くに東急新玉川線(東京地下鉄11号線)用賀駅が開業。 - 旧玉電車庫用地にが開業。 地上29階建てのSBSタワーが建設される。 - 桜新町~用賀間の旧玉電専用軌道跡が道路として開通。 駅前バスターミナル供用開始。 - 新玉川線を田園都市線に合併、改称。 世帯数と人口 [ ] (令和元年)現在の世帯数と人口は以下の通りである。 用賀一丁目 1,626世帯 3,748人 用賀二丁目 2,416世帯 4,311人 用賀三丁目 2,342世帯 4,400人 用賀四丁目 1,778世帯 2,926人 計 8,162世帯 15,385人 小・中学校の学区 [ ] 区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。 丁目 番地 小学校 中学校 用賀一丁目 9~27番 その他 用賀二丁目 1~12番 その他 世田谷区立瀬田中学校 用賀三丁目 全域 用賀四丁目 全域 主な道路 [ ] と・を繋ぐ遊歩道である、用賀プロムナードがある。 道に敷き詰められている瓦にが刻まれており、いらか道との愛称でも呼ばれる。 遊歩道の多くは木々で覆われている。 その環境の良さからドラマ撮影などに使われる。 石畳に川の模様が彫ってある。 用賀に碁盤目状の道路が整備されたのは昭和10年代であり 、1995年(平成7年)には区道への通称名付与の一環として、そのうちのひとつに用賀七条通りという通称が付けられた。 その際、用賀地区の道路が碁盤目状に整備されていることに着目し、との間で東西に抜ける道路に番号を付け、用賀条通りとなった。 七条通りは大山通りから数えて(大山通りは含まず)北へ7番目の道路であることを意味している。 [ ] 一般道• (玉川通り)• (世田谷通り)• (環八通り)• (旧大山街道)• 旧大山街道(国道246号旧道)• 用賀中町通り• 砧公園通り• 西用賀通り• 用賀七条通り 高速道路• :(起点) この2つの道路は接続している。 施設 [ ]• 世田谷区役所用賀出張所(二丁目)• 用賀交番(四丁目)• (四丁目)• (一丁目)• (二丁目)• (二丁目)• 用賀地区会館(四丁目)• 用賀区民集会室(四丁目)• 清泉インターナショナル学園 (一丁目) 寺社• (四丁目)• (用賀観音)(四丁目)• (二丁目) 河川・池沼• 事業所等• (用賀四丁目)• (用賀四丁目) 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の