本田圭佑 プロデュース。 本田圭佑の髪型(ヘアスタイル)を徹底解明!オーダー方法からセットまで詳しく解説

本田圭佑

本田圭佑 プロデュース

国内リーグ戦に限る。 2020年2月1日現在。 2018年7月3日現在。 ( ) 本田 圭佑(ほんだ けいすけ、(昭和61年) - )は、出身の。。 サッカークラブ。 元(ナショナルチャレンジャー)。 ・監督。 (ヨーロッパ)・(ヨーロッパ)・(ヨーロッパ)・(北中米)・(オセアニア)・(南米)と言った6大陸中5大陸のクラブでプレーし、ゴールとアシストを達成している。 とくに、イタリアでは名門に所属し、背番号10を背負った。 日本代表としても活躍し、アジア人初となるW杯3大会連続アシストを達成。 また、日本人初となるW杯3大会連続ゴールを達成しアジア人のW杯最多得点を更新した。 、らに続くW杯3大会連続となる得点とアシストの両方を記録した史上6人目の選手となり、32歳11日でのゴールは日本人のW杯最年長ゴールとなった。 選出のW杯の「マン・オブ・ザ・マッチ」数において日本人最多の「4回」受賞し、、、らと並び受賞総数5位である。 2010年には南アフリカW杯やCLでの活躍が評価され、日本人選手として(2002年 以来2人目となるにノミネートされた。 指導者としても現役選手ながら実質的な・監督に就任。 また、自身がプロデュースするサッカースクール「SOLTILO FAMILIA」を日本全国で開校。 経営者としても複数のプロサッカークラブの実質的オーナーを務めている。 としてはと共同で「ドリーマーズ・ファンド」を設立。 経歴 [ ] プロ入り前 [ ] 大阪府摂津市出身。 両親は本田が小学2年生の春に離婚、自身は父親に引き取られたが、仕事で忙しかったこともあり、祖父母に育てられていた。 幼少時はに通園。 2年時から地元の摂津FCに入団しサッカーを始めた。 に入学。 あだ名はゴリ。 その後、ジュニアユースに所属し、、らとともにプレーしたが 、当時はスタミナやスピードに難があり、ユースチームへの昇格が見送られた為 、のへ進学した。 1年時にで準優勝し、3年時にはキャプテンとしてに出場し、石川県勢として初のベスト4に貢献した。 高校では、やとともにプレーした。 2004年にはとしての練習に参加し、7月24日に行われたの戦で公式戦初出場を果たした。 背番号は「39」。 同時期にの練習にも参加したが獲得は見送られた。 名古屋グランパスエイト時代 [ ] 高校卒業に際して複数のJリーグクラブからオファーを受け 、前年に特別指定選手として在籍していたとプロ契約を結んだ。 背番号は「24」。 本人の希望により加入時の契約に「オファーがあれば海外クラブへの移籍を認める」という条項が盛り込まれていた。 2005年3月5日、戦でクラブ史上4人目となる高卒ルーキーの開幕スタメンでプロデビューし、アシストを決めた。 4月28日、第8節戦でプロ初ゴールを決めた。 プロ2年目でレギュラーに定着し、左サイドハーフ、左ウイングバック、左サイドバックなどのポジションでプレーした。 VVVフェンロー時代 [ ] VVVフェンローでの本田(2009年) 2008年1月16日、(オランダ1部リーグ)のへ移籍。 2年半契約+1年のオプション付きで背番号は「29」。 1月20日の入団会見ではで挨拶を行い、その日のうちに昨シーズンまで名古屋グランパスの監督を務めていた率いる戦に移籍後初出場した。 3月15日、第29節戦で移籍後初得点となる直接FKを決めた。 レギュラーに定着したが、チームは(オランダ2部リーグ)への降格が決定した。 は背番号を「10」に変更。 攻撃の軸として開幕から首位を独走するチームの原動力となり、シーズン途中からはフリーキッカーを任され、キャプテンに就任した。 リーグ戦36試合に出場し16ゴール13アシストを挙げ、チームの2部リーグ優勝と1部復帰に貢献。 2部リーグにおける年間最優秀選手賞(MVP)を受賞した。 は前半戦18試合に先発出場し、6ゴール7アシストを挙げた。 第3節戦では30mの距離から豪快なミドルシュートを決めた。 このゴールは2017年に『FOX Sports』で過去10年のエールディビジで生まれた「スーパーミドルTOP10」で5位に選出 、2019年にはエールディビジで生まれた「日本人最高のゴールTOP10」で1位に選出された。 CSKAモスクワ時代 [ ] CSKAモスクワでの本田(2010年) 2010年1月1日、移籍金900万ユーロ(約12億円)でのへ移籍。 4年契約で背番号は「7」。 ロシア・プレミアリーグでプレーする初めての日本人選手になった。 2010年2月24日、決勝トーナメント1回戦1stレグの戦がCSKAでの初出場となり、同時にチャンピオンズリーグ初出場となった。 この大会のみ背番号は「18」をつけた。 3月16日、2ndレグのセビージャ戦で前半39分にCL初アシストを、後半10分には30mの距離から決勝点となる直接FKを決め、CL初得点。 2戦合計3-2でCSKAが勝利し、日本人初、クラブ史上初、ロシアリーグ所属チーム史上初となるCLベスト8への原動力となった。 この試合で「マン・オブ・ザ・マッチ」に選ばれ、さらに1stレグ2ndレグともに欧州の複数のスポーツ紙にてCL週間ベストイレブンに選ばれた。 2010-11シーズンは開幕戦の戦で、後半アディショナルタイムに移籍後初得点となる決勝点を決めた。 前半戦終了時点でのロシア紙『スポーツ・エクスプレス』の採点では平均5. 96で全選手中10位(1位は6. 25) と、VVV時代とは違う不慣れなボランチでの出場が多いながらも高く評価され、シーズン4得点と結果を残し、CSKAモスクワのCL本戦出場権獲得に貢献した。 では、グループリーグの戦で1ゴール2アシストを挙げるなどの活躍を見せ、グループリーグ突破に貢献した。 2011年5月22日、決勝の戦で決勝点をアシストし、CSKAモスクワの2シーズンぶりの優勝に貢献した。 2011-12シーズンはボランチではなく、得意とする右サイドハーフで起用されたことで得点に絡む機会が増え、18試合で前シーズンを上回る7得点を挙げるなど好調だったが、2011年8月28日の戦で右膝半月板を損傷し、9月1日に手術を受け、全治には最長3か月と発表された。 11月18日の戦で2か月半ぶりに復帰しフル出場を果たすも、ルビン戦後に右膝の故障が再発し、またも戦線離脱となり 、グループリーグを全試合欠場した。 2012年1月、イタリア・のへの移籍が取り沙汰され、冬の移籍市場でイタリア勢で最高金額の移籍金のオファーを提示されたが、CSKAがオファーを断り、移籍は破談となった。 2012年2月21日、CL決勝トーナメント1回戦1stレグの戦で3か月ぶりに公式戦復帰を果たした。 しかし、2ndレグは左太ももの負傷で欠場し、チームも敗退した。 4月21日の戦で1か月半ぶりに復帰を果たした。 5月13日、最終節ルビン・カザン戦で9カ月ぶりの得点を決めるもチームは敗れ、CL出場権を逃した。 2012-13シーズンはトップ下で起用され、前半戦18試合で7得点を挙げる活躍を見せていたが、2013年2月に左足首の負傷でチームを離脱。 以後、長期に渡り治療を余儀なくされ、3月のW杯アジア最終予選ヨルダン戦も欠場し、4月21日のスパルタク・モスクワ戦で2か月ぶりに復帰を果たした。 2013年5月18日、CSKAモスクワは6シーズンぶりのリーグ優勝を達成し、自身にとって初の欧州1部リーグでの優勝となった。 6月1日、ロシア・カップ決勝の戦に先発出場し、2シーズンぶりの優勝に貢献、2冠を達成した。 ロシア紙『スポーツ・エクスプレス』選定の2012-13シーズンのベストイレブンにトップ下で選出された。 2013-14シーズン初戦となったの戦で2得点を決める活躍を見せ、CSKAモスクワの4シーズンぶりの優勝に貢献した。 また、グループリーグでは戦と戦で1ゴールを決めるなど2G2Aの活躍を見せたが、チームはグループリーグで敗退した。 2013年12月11日、CSKAモスクワ退団が発表された。 ACミラン時代 [ ] ACミランでの本田(2015年) 2013年12月11日、・への移籍が発表された。 3年半契約で背番号は自ら希望した「10」に決まった。 2014年1月12日、第19節戦で途中出場し、セリエAデビューを果たした。 しかし、翌日監督が解任された。 アッレグリの下で本田は得意とするシャドーでの起用予定だったが 、新監督のはをトップ下に置き、本田は右サイドで起用された。 1月15日、初の先発出場となった5回戦戦で移籍後初得点を決めた。 4月7日、第32節戦でリーグ戦初得点を決めた。 は開幕戦戦で右ウイングとして先発出場し、先制点を決めた。 第2節戦では、の先制点をアシスト、のクロスを頭で決め、1ゴール1アシストを記録した。 第7節戦で移籍後初の1試合2得点を決めた。 11月23日のに所属のとともに出場し、ミラノダービーで初の日本人対決が実現した。 はが監督に就任し、が右ウイングで起用されたため、前半戦は出場機会が少なかった。 2試合連続で出場機会がなく、チームが2連敗を喫した10月4日の戦後、チーム批判とも受け取られかねない発言をした。 前半戦は12試合に出場(先発出場は5試合)し、無得点に終わったがアシストを記録している。 後半戦は右サイドハーフでレギュラーに定着。 2016年1月30日のミラノダービーで決勝点をアシスト、伊3紙から最高点が与えられた。 2月14日、第25節ジェノア戦で今季初得点となるミドルシュートを決めた。 このゴールはミランサポーターが選ぶシーズンベストゴールに選出された。 はが監督に就任し、、、といった若くてスピードがあるウイングが起用されたため、出場機会が少なかった。 2017年1月、イングランド・のからオファーがあったが断り、残留を決めた。 2017年5月21日、ホーム最終戦の戦で今季初得点となる直接FKを決めた。 ミランの来季のEL出場を決定付ける得点でもあり、このFKはミランサポーターが選ぶ5月のベストゴールに選出された。 試合後、自身の公式を開設すると同時に今季限りでのミラン退団を表明した。 5月28日、ミランでのラストマッチとなった最終節の戦では、移籍後初のキャプテンマークを巻き、フル出場を果たした。 ミラン情報サイト『ピアネタ・ミラン』は本田について「良いテクニックを持っており、戦術的には貴重な選手であり、頭も良い。 それに非常にプロフェッショナルな選手だ」と評した一方で「マーケティング目当てで獲得したというレッテルが貼られ、ティフォージ(サポーター)から愛されなかった。 もし本田が背番号10番以外を選んでいたとしたら、ミランのサポーターの態度は違っていたのかもしれない」と指摘した。 「模範的なプロ選手であり続け、コンディションを保つために労を惜しまず、彼を指導した監督は全員、彼について好印象を持っていた。 ミランでは大成功を収めることはできなかったが、足跡はしっかり残した」と締めくくった。 CFパチューカ時代 [ ] 2017年7月14日、のへの移籍が決定した。 1年契約で背番号は「02」。 ユニフォームネームは「KSK」となっている。 この「KSK」とは自身の展開するブランドの名前であり、圭佑という名前をもじったものである。 2017-18シーズンは右ふくらはぎ肉離れで出遅れたが、8月22日の前期第6節戦に移籍後初出場し、初得点を決めた。 決勝トーナメント1回戦の戦で移籍後初の1試合2得点を決め 、コパMX準々決勝の戦ではハーフウェーライン手前から4人抜きのゴールを決め称賛された。 12月9日、準々決勝戦で大会初出場を果たして勝利に貢献した。 2018年1月27日、後期第4節戦でゴールを決め、第5節戦では2試合連続ゴールとなる直接FKを決めた。 第14節戦でリーグ戦初の1試合2得点を決めた。 1トップ、トップ下、右インサイドハーフ、右ウイングと複数のポジションでプレーし、リーグ戦29試合に出場し10ゴール7アシストを挙げ、チームの攻撃を牽引した。 メルボルン・ビクトリー時代 [ ] 2018年8月6日、のへの移籍が発表された。 1年契約で背番号は「4」。 年俸制限のないとしての契約となる。 2018-19シーズンは右インサイドハーフで起用され、10月20日に行われた開幕戦の戦にキャプテンマークを巻き移籍後初出場し、初得点となる先制点を決めた。 開幕から7試合で4G3Aを挙げ、10月と11月のAリーグ月間最優秀選手に選出された。 12月に右太もも裏を負傷し、チームを離脱。 2019年2月10日、第18節戦で2か月ぶりに復帰を果たした。 3月5日、のグループステージ第1節戦で大会初出場を果たした。 クラブチームの選手として、11年3カ月ぶりの日本凱旋試合になった第2節戦でACL初得点を決め、第2節のベストイレブンに選出された。 チームはレギュラーシーズン3位になり、ファイナルシリーズ進出を決めた。 ファイナルシリーズでは2試合にフル出場し、2アシストを挙げたが、準決勝でに敗れた。 フィテッセ・アーネム時代 [ ] 2019年6月にメルボルンビクトリーを退団後、無所属の状態が続いたが、同年10月31日からCSKAモスクワ時代の恩師である率いるのの練習に参加。 11月6日、シーズン終了までの1年契約でフィテッセへの移籍が発表された。 背番号は「33」。 2年半ぶりの欧州復帰、10年ぶりのオランダ復帰となった。 この移籍について本田は「フィテッセで練習参加だけのつもりだったが、スルツキー監督が『すぐに獲りたい』と言ってきてくれて、考えが変わりました」と語った。 また、冬の移籍を示唆した。 11月24日、第14節戦に先発出場し、半年ぶりの実戦となった。 第15節戦も先発出場を果たしたがチームは敗れ、試合後に5連敗の責任を取り、スルツキー監督は辞任した。 本田は「彼がいたからここに来た。 状況を救ってあげるために来たので責任を感じるし、非常に残念」と発言した。 12月23日、フィテッセ退団が発表された。 本田は「スルツキー監督が去り、責任を感じていて、ここに留まる事は出来ない」と語った。 ボタフォゴFR時代 [ ] 2020年1月31日、のへの移籍を発表。 1年契約で背番号は「4」。 この本田の契約によりクラブの会員が激増。 クラブの役員は「610万レアル(約1億2千万円)の収入があった。 本田の年俸は約340万レアル(約6600万円)だから、すでに給料を払ってお釣りがくる」と語った。 3月15日、の第3節戦に移籍後初出場し、先制点となるPKを決め、初得点を挙げた。 この得点により、クラブキャリア通算100得点を達成した。 また、アジア・ヨーロッパ・北アメリカ・オーストラリア・南アメリカの5大陸のプロリーグで得点を記録した史上初の選手となった。 この試合後、の影響でリーグが中断。 中断によりクラブの経営が危ぶまれるチームが増える中で、本田は月給返上を提案。 しかし、チームは本田のこの行動に感嘆を示したが「通常は全員に支払おうと考えているので、話さえしなかったけれど」と述べており、申し出を受け入れずに全選手に給与を支払う方針を示した。 6月29日、リーグ再開後初戦となった戦では、キャプテンマークを巻いて勝利に貢献した。 代表経歴 [ ] 星稜高校3年時に石川県選抜として、本来のボランチではなく左サイドバックとしてプレーし、ステップなしの強いキックで、いとも簡単にサイドチェンジしていた姿がU-19日本代表監督を務めていたの目に留まり、2004年に初めて日本代表に選ばれた。 2005年6月に開催されたにU-20日本代表として招集され、負傷明けのに代わって、グループリーグ初戦のオランダ戦にボランチで先発出場した。 しかし試合は前半にオランダが圧倒、後半は日本もペースをつかむ時間帯を得たが本田は途中交代となり、チームも敗れた。 この後、チームはベスト16に進出したものの、梶山の復調もあって出場機会はなかった。 2007年に開催されたでは左サイドハーフ、左ウイングバック、左サイドバックとして最終予選5試合にフル出場し、五輪出場権獲得に貢献した。 2008年8月に開催されたでは3試合に先発出場し、らとともに主力として攻撃を牽引したが、グループリーグ3戦全敗で敗退した。 2006年11月、に初招集されたが出場はなかった。 2008年6月22日、の戦でフル代表デビュー。 2009年5月27日、の戦でからパスを受け、フル代表初得点を挙げた。 日本代表でプレイする本田(2010年) 2010年6月に開催されたでは4試合にフル出場。 大会直前にそれまで経験のないセンターフォワードのポジション()に抜擢、グループリーグ初戦の戦で決勝点を挙げ、選定の「マン・オブ・ザ・マッチ」に選出された。 第3戦の戦では直接FKで先制点を挙げ、のゴールもアシストし、日本代表の決勝トーナメント進出に貢献、この試合でも「マン・オブ・ザ・マッチ」に選出された。 決勝トーナメント1回戦の戦では強烈なミドルシュートを放つなど強い印象を残したが、PK戦の末に日本代表は敗れた(記録上は引き分け)。 しかし敗戦チームからは異例の今大会3度目となる「マン・オブ・ザ・マッチ」に選出された。 2011年1月に開催されたでは5試合に先発出場。 グループリーグ第2戦の戦では、PKで日本代表の国際Aマッチ通算1000点目となる決勝点を挙げた。 準決勝の戦でも全2得点に繋がるプレーを見せ、この2試合で「マン・オブ・ザ・マッチ」に選出された。 準々決勝の戦での2得点につながる縦パスを含め、出場した試合で日本代表が挙げた全9得点中6得点に絡む活躍で日本代表の2大会ぶりのアジアカップ優勝に貢献し、最優秀選手(MVP)に選出された。 2011年2月7日、全国のサッカー担当記者の投票による2010年度のに有効投票202票のうち、75票を集めて初選出された。 50年の歴史がある賞だが、海外クラブ所属の選手が受賞するのは本田が初めてであった。 3月29日に開催されたチャリティーマッチ「」では、先制点のきっかけとなったFKを獲得し、岡崎慎司の決勝点をアシストする活躍を見せた。 2011年8月に右膝半月板を損傷し、長期離脱を余儀なくされ、を全試合欠場した。 2012年5月の戦で9か月ぶりに代表復帰を果たした。 2012年6月8日、の戦でを達成。 本田のハットトリックは高校時代以来でプロ入り以降は初めてであり、またW杯アジア最終予選の日本人選手のハットトリックは、1997年に開催されたの以来となる、史上2人目の快挙となった。 2013年6月4日、戦の後半アディショナルタイムに自らが獲得した同点となるPKを決め、出場を決めた。 最終予選で5得点を決めた本田は、1大会のW杯アジア最終予選における通算得点で三浦知良の4得点を抜き、歴代最多得点を更新した。 2013年6月に開催されたでは3試合に先発出場。 グループリーグ第2戦の戦でPKで先制点を決めるが、チームは逆転負け。 グループリーグ3戦全敗で敗退した。 本田はFIFA選定のグループリーグベストイレブンに、らとともに選出され、グループリーグ敗退国からは唯一の選出となった。 2014年6月に開催されたでは3試合にフル出場。 グループリーグ初戦の戦では先制点を決め、日本人のW杯最多得点を更新したが、チームは逆転負け。 第2戦の戦ではチームは引き分けに終わったものの、FIFA選定の「マン・オブ・ザ・マッチ」に選出された。 第3戦の戦ではのゴールをアシストしたが、チームは敗れ、グループリーグで敗退した。 2015年1月に開催されたでは4試合に先発出場。 グループリーグで3得点(2得点がPK)を決め、選定のグループリーグベストイレブンに選出された。 準々決勝UAE戦ではの同点弾をアシストするも、PK戦で本田とがPKを外し、チームは敗れた。 2015年11月17日、の戦で得点を決め、日本サッカー史上初のワールドカップ地区予選5試合連続ゴールを記録。 戦でも得点を決め、6試合連続ゴールを記録。 2016年9月1日、の戦で先制点を決め、7試合連続ゴールを記録。 戦では得点を決められず、連続ゴールは7試合でストップした。 オーストラリア戦では4年ぶりとなる1トップで出場し、の先制点をアシストし、戦ではの先制点をアシストした。 2017年9月6日のサウジアラビア戦に先発したが、前半終了後交代となった。 試合後に代表監督 当時 のは「本田のゲーム勘が欠けていたことが分かっていたので、45分限定で使った。 リズムの面でトップレベルにない、今後も努力して取り戻してもらいたい」と評した。 本田はこれを受けて、Twitterにて「サッカーファンの皆さん、メディアの皆さん、『もう代表に必要ない』とか他にも厳しい声をありがとうございます」「良い感じで舞台は整ってると思ってます」と批判に対して感謝を述べた。 2017年9月28日、負傷や国内組で編成された試合を除いて、代表とクラブでの不振を理由に2009年3月以来となる8年半ぶりに代表メンバーから外れた。 2018年3月、クラブでの活躍が評価されて半年ぶりに代表復帰を果たした。 2018年6月に開催されたではスーパーサブとして3試合に途中出場。 グループリーグ初戦のコロンビア戦でCKからの決勝点をアシストし、アジア人初となるW杯3大会連続のアシストを達成した。 第2戦の戦では同点弾を決め、日本人初となるW杯3大会連続ゴールを達成し、アジア人のW杯最多得点を更新した。 W杯3大会連続となる得点とアシストの両方を記録した史上6人目の選手となり 、32歳11日でのゴールは、でが30歳277日で決めた得点を上回り、日本人のW杯最年長ゴールとなった。 また、イギリス公共放送にグループステージのベストイレブンに選出された。 決勝トーナメント1回戦の戦では、同点で迎えた後半アディショナルタイムに南アフリカW杯のデンマーク戦を彷彿とさせる直接FKを遠距離から放ったが、GKのに阻まれた。 その後、CKをクルトゥワにキャッチされ、カウンターで失点し、チームは逆転負け。 試合直後には「ボールをキープして延長戦に持ち込むべきだった」とCKを蹴った本田を批判し、書籍『ロストフの14秒』では「ゴール前に2人のCBを上げずに、1人は自陣に残してカウンターに備えるべきだった」と日本代表の判断を批判した。 しかし、同書では「CKを蹴った選択は正しかったんだ。 私が監督だったら日本代表と同じように『ゴールを狙え』と指示したでしょう」「CKで得点できていれば、世界中から日本代表は称賛された。 逆にボールを回す選択をして負けたら『勇気をもって戦えば良かったのに』と言われたかもしれません」「攻める姿勢を貫いたことは日本のサッカー文化だ」と語った。 ここは勝負に行くべきでしょ」と語り、も「ビッグチャンスだからね」と同調した。 ベルギー戦後に本田は「僕自身はこれが最後のW杯になる」「W杯で優勝するという自身の目標を達成できないまま、3回目のW杯が終わるんですけど。 次の世代にバトンを渡して、W杯で優勝という目標を掲げて引っ張っていく若い連中に期待したい」とW杯優勝の夢を次の世代に託して、フル代表からの引退を示唆した。 2018年8月、にとして出場を目指す事を宣言した。 指導者として [ ] カンボジア代表監督 [ ] 2018年8月12日、カンボジアで記者会見を開き、現役選手ながら実質的な・監督に就任することが発表された。 ただし、本田自身は監督の資格を有していないために、実質的には本田が指揮をとるものの、登録上はが監督に就任した。 11月20日、の戦で監督初勝利を挙げた。 カンボジア代表のでの勝利は通算3勝目であり、2002年大会以来16年ぶりの勝利となった。 2019年6月11日、でに勝ち、2次予選進出を決めた。 その他の指導者としての実績 [ ] 2012年5月、自身がプロデュースするサッカースクール「SOLTILO FAMILIA」を地元の大阪に開校。 同年11月には神戸にも開校している。 SOLTILOはスペイン語の「SOL=太陽」と「ESTILO=スタイル」からの造語で、FAMILIAは家族を意味する。 2015年8月19日、『HONDA ESTILO 株式会社』がのユース、ジュニアユースを新設することを発表した。 2016年6月22日、国連財閥の教育事業である「グローバル・アドボケイト・フォー・ユース」に任命された。 また、アメリカのメディアラボの特別研究員に日本人アスリートとして初めて就任した。 ビジネスとして [ ]• 2017年12月、に本田圭佑氏が代表を務める「KSK Angel Fund LLC」が出資。 投資家に加わり独自の目標達成メソッドの共同開発やパブリシティ面で随時連携を図っていく予定。 2018年4月、と共同で「ドリーマーズ・ファンド」を設立。 世界各国の投資家から資金として約1億ドルを集め、に投資を行う計画である。 7月18日には、がファンドへの出資に参加することを発表した。 2020年4月、音声通話サービス「Now Voice」をリリースし、、など多くの著名人が参加した。 2020年5月、投資などを行うビジネスファンド「WEIN挑戦者FUND」を設立した。 選手としての特徴 [ ] ピッチに入る本田 プレースタイル [ ] 名古屋時代はシュートへの意識はそれほど高くなく、かつては「自分の中の美学はパスだった」とも語っていたが、海外移籍後はゴール数を残すことがキャリアアップへの近道と考え、貪欲にゴールを目指すスタイルを確立した。 が得意と評されており 、距離的にはやや離れた位置が得意である。 以前も日本代表において守備時の運動量の少なさを指摘されることもあった。 またすべてののポジションとウイング、時にはやでもプレーし 、性に優れている。 FIFAワールドカップ・南アフリカ大会の戦では、両チームの中で最速の29. ウェブ版のコラムニスト原田公樹は「この数字は一瞬のもので、どれくらいの時間、持続していたかわからないが、少なくとも本田は鈍足ではない」と記事を綴った。 評価 [ ] 日本代表監督として本田を4年間指導していたは「素晴らしい技術に恵まれた偉大なプロ意識の持ち主だ。 日本人選手としては珍しいタイプで、フィジカルが強い。 際立ったパーソナリティーがあり、試合の中で多くのボールを必要とする」「ピッチの上では自分の方法でリーダーになることを知っている」と評した。 2016-17シーズンに本田がで控えになった際には、本田がサイドのポジションで起用されることに懐疑的な見解を示し「これは私が昔から言っていることで、彼はトップ下の選手なんだ。 彼は足下でボールを受けて、そこからアイディアを出す。 彼は100本のパスを送る必要があり、そうしても決して疲れることはない」とあくまでトップ下が適正ポジションだと言及。 「決して落第ではない。 ミランは色んな問題もあり、本田という選手を生かし切れなかった」と分析した。 は監督時代に「本田は最高のテクニックを備えた選手だ。 ビッグクラブでも十分にやっていけるだけの強い精神力も持っている。 高精度のラストパスに強烈なシュートと、近代サッカーの司令塔に求められる資質を全て兼ね備えた選手。 本田はビッグクラブでプレーするのがふさわしい。 彼はプロとして非の打ち所がない男だ。 」と評した。 また、監督時代には「ケイスケはロボットだよ。 食事、睡眠、トレーニング、準備、コンディションなど全てが適正だ。 確かに彼は決してスピードのある素早い選手ではない。 だが、スピード以外のクオリティーは十分。 彼は私の指導者人生のなかで、最高の選手の1人だ」と絶賛した。 2010年の敗退直後、監督(当時)のから、「天才」「ここまでのベストプレーヤー」「間違いなくトップレベル」「日本のさらなる成長のためには本田のように能力が揃っているクローン選手を育成するべき、それが無理なら本田をさらに活かすためにのような相棒を探すべき」との絶賛を受けた。 FIFAの技術研究グループが作成したW杯南アフリカ大会の報告書では、とともにドリブル技術が高いと評価された。 2010年10月には世界的なサッカー情報サイト「goal. com」が「アジア人最高のサッカー選手」と称える記事を掲載した。 2014年の敗退後に日本のメディアからは批判もされたが 、コートジボワール戦をイタリアの 、フランスの 、 、コロンビア戦をブラジルのプラカール誌、ガゼッタ・エスポルチーバ、ランセ紙 、フォーリャ紙 では高評価が与えられた。 グループリーグ終了後にFIFAは、公式分析システムのを使い、出場全選手736人のランキングを10点満点で発表し、本田は8. 96点の全体37位および日本選手では最上位と採点した。 2013-14シーズン途中に移籍したACミランでは、クラブOBのに「現時点での本田は『ミランの10番』どころか、単に『ミランの一員』としても認めるわけにはいかないレベルにある、と言わざるを得ない」 、同OBのはミランの低迷を踏まえて「その救世主たり得るだけの実力を本田は残念ながら持ち合わせてはいない」 と評された。 しかしOBでミラン監督 当時 のは2014-15シーズン前から「本田は勝利に必要なスピリットを随所で見せられる選手。 (イタリアメディアが)本田に対して過小評価の報道をするのに納得できない」と、イタリアで報じられる本田不要説を一蹴。 2014-15シーズン開幕後、元イタリア代表DFは「本田には驚いた。 異なるサッカーから来た選手だからね。 いいクオリティーを持った選手だ。 」 、 ミランOBのは「本当に素晴らしい活躍を見せている。 ミランのクオリティを高めた」 、イタリア高級紙は本田の得点力を「ミランの チェッキーノ(Cecchino:射撃の達人)」という異名をつけ 、 は「美徳と勇気を備えた男」と 、関係者・マスコミが次々と評価を翻した。 2020年4月、イギリスメディアの選ぶ21世紀の日本代表ベスト11に選ばれた。 人物 [ ] 2009年8月21日、練習中 父親はの出身。 母親は出身。 実兄の弘幸も元サッカー選手で2005年には加入が決まっていたが、けがのために現役を引退し、現在は本田のを務めている。 のはで競技のカナディアンペアに出場。 その息子の(圭佑の父母の従兄弟、圭佑からみて従兄弟違いになる)はので3大会連続のオリンピック出場経験を持つ現役である。 2008年7月に元保育園勤務のの女性と結婚。 2012年秋に第一子となる長男が誕生した。 1999年から2004年にで連載されていた「」のファンであり、2009年に作者のと対談。 これがきっかけで、2012年10月から2015年まで連載されたファンタジスタの続編「ファンタジスタ ステラ」に原案という形で参画し、本人役で登場した。 名古屋時代は黒髪だったが、オランダ移籍後から金髪にしており、現在では本田のトレードマークになっている。 プライベートでは、いつも両腕にをつけている。 2011年10月にはイタリアの腕時計メーカー「GaGa MILANO」とスポンサー契約を結んだ。 両腕にはめる理由について、2008年にから尋ねられたときは「誰が時計は片腕って決めたん? 」とはぐらかしていたが 、2013年(CSKAモスクワ在籍中)にロシア誌『Futbol』のインタビューを受けた際は「僕のスタイルだからだが別の意味もある。 1つはロシア時間、もう1つは日本時間。 間違えて夜中に電話やメールをしないように」と答えている。 このエピソードは本田の物真似をする芸人のも用いている。 スパイクは「イグニタス」を使用している。 W杯後に本田の活躍によりこのスパイクが急激に売れたとのこと。 ちなみに右足は26. 5cm、左足は27. 0cmとサイズが異なるだけでなく、2010年W杯のときは右足のポイントを付け替え式、左足を固定式とするなど、左右非対称の構成を採用している。 またメンテナンスは欧州移籍後も古巣・名古屋グランパスの用具担当である松浦紀典に依頼しており、松浦によれば「年間で約10 - 15足ほどを消費する」という。 ファッションがメディアに取り上げられることが多い。 2010年のから帰国した際は、チーム内では唯一サングラス姿で到着ロビーに現われた。 エピソード [ ] この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2016年2月)• 利き足と生年月日が一緒であるとはジュニアユースの同期生であり、親友として互いに尊重しあう間柄である。 本田が尊敬しているとは、のトップ下を務める新旧エースとして比較されることが多い。 21歳で欧州リーグへ移籍し活躍していることをはじめ、日本人離れした強靭なフィジカルとメンタリティ、への独自のこだわりといった共通点が挙げられる。 二人はの直前に放映された対談で初対面した。 中田は本田について「彼は貪欲に上を目指せるタイプで、今後の日本を背負う選手」と期待を寄せている。 のグループリーグで敗退が決まったあとの消化試合では、数名の選手とともに監督の指示に造反していたことを明かした。 は「本田を放出した際のの一部を、新建設に充てる」と発表した。 の取材に対してサポーターたちは「新スタジアムの名前は『ケイスケ・ホンダスタジアム』にすべきだ」「名前がダメならせめてだけでも建てるべき」など、本田の功績と求心力がうかがえるコメントを残し、VVVフェンローの ()会長も「ケイスケのクラブに対する功績は何らかの形で残すつもりだ」と明言した。 2018年9月20日、3人の歴代の名選手の1人として、VVVフェンローのホームスタジアム外壁に肖像画が描かれた。 2011年3月、の義援金としてを通じて5000万円を寄付した。 また、200個を被災地の子供たちに寄贈した。 さらに、「Notice of Honda災害支援基金」を設立して募金を募り、集まった950万円を超える基金を運用し、被災地のに場を建設した。 オランダのからフェンローのベルデン会長を通じ、同コートを寄付したい旨の要望が日本サッカー協会に届いた。 その後、日本協会が石川県協会、金沢市などの協力を経て実現する運びとなった。 の人気ゲーム『』シリーズのファンで、総プレイ時間は2013年時点で185時間を超えている。 2013年には用ソフト『』のCMイメージキャラクターを務めた。 小学生のに「世界一のサッカー選手になる」「に入団し10番で活躍する」という将来の夢を書いている。 2014年1月、の加入会見で複数のクラブ からオファーを受ける中、「なぜACミランを選んだのか」との質問に「心の"リトルホンダ"に聞いたらミランでプレーしたいと言った」と答え 、「夢が1つ叶いました」とコメントした。 「ミランのではいい部分とにすべき部分を直に見ている。 これは今後のビジネスに必ず生きてくる。 だからとしてもミランでプレーすることは価値がある」と引退後に経営者としてサッカービジネスに携わることを公言している。 2016年4月、同月に発生したを受け、に1000万円を寄付した。 2016年8月、前日に発生したを受け、に2万(230万円)を寄付した。 2017年9月、同月に発生した2度のを受け、メキシコ赤十字社に50万(310万円)を寄付した。 「元日本代表」という呼称を嫌い「ナショナルチャレンジャー」と書いてほしいと自身のSNSで発信した 経営者として [ ] サッカースクール [ ] 詳細は「」を参照 2012年、小学生を対象に始めたサッカースクールは日本国内で65を数え、中学生を対象としたクラブは関東と関西で合計3、高校生のユースクラブは1と、わずか4年間で日本最大級のサッカースクールを運営する経営者となる(2016年4月)。 「才能とは生まれ持ったものではなく、環境によって磨き上げられるもの。 大きな夢を持ち、物事がうまくいかなかったときにも心の折れない人材を育成し、才能を開花させるために必要な環境、機会を与える」のがスクールのミッション。 一現役選手がこれだけ本格的にスポーツビジネスに参画するのは、本場欧州でも異例である。 「誰も成しえていないことに挑戦する」という本田の哲学を体現するスクール経営を目指している。 2017年、誘致特使に就任。 ホルン [ ] 2015年6月9日、自身のマネジメント事務所である『HONDA ESTILO 株式会社』がオーストリア・3部リーグの経営に参入することを発表した。 多くのメディアでは「クラブ買収」と報道されたがこれは誤報であり、SVホルンのドイツ語公式HPでは「HONDA ESTILOは我がクラブに投資をする新しい業務提携パートナーである」と発表されている。 SVホルンのルドルフ・ラウドン会長は本田サイドとの合意事項は3年であり、2018年シーズン終了時までのパートナーシップ契約を結んでいると説明している。 欧州では下部リーグであってもトップチームにスカウトされるチャンスがあるため、若くして欧州でプレーする選手を増やしたいという意図がある。 本田は現役選手としてプレーしているため現地でクラブの業務に関わることはできないが、毎日スタッフと連絡を取り合い近況報告を聞くだけではなく、自らもピッチ内のことに限らず集客などの細かいアイデアを出している。 また、本田とHONDA ESTILOはIT活用による選手強化やチームのパフォーマンス改善にも取り組んでおり、2016年4月25日にはドイツのソフトウェア企業と協力して、選手達のトレーニングや試合中のデータを分析して育成に繋げる取り組み「」の開始を発表した。 同プロジェクトではやでも採用されている「」をデータ分析ツールとして利用する。 同ツールは2014年サッカーワールド杯でドイツ代表の優勝に貢献したことから、HONDA ESTILOの同取り組みはスポーツビジネス界やIT業界でも大きく注目を集めた。 アンコール [ ] 2016年12月26日、のシェムリアップ・アンコールFCの経営に携わることを発表した。 クラブ経営はSVホルンに続いて2クラブ目。 ウガンダ [ ] 2017年9月11日、アフリカでは初のチームを買収し、1部のブライトスターズの実質的なオーナーになった。 実質的なオーナーになるのは3クラブ目。 所属クラブ [ ] ユース経歴• 1994年 - 1998年 摂津フットボールクラブ• 1999年 - 2001年 ジュニアユース• 2002年 - 2004年• 2004年 () プロ経歴• 2005年 - 2007年• 2008年 - 2009年• 2010年 - 2013年• 2014年 - 2017年• 2017年 - 2018年• 2018年 - 2019年• 2019年11月 - 同年12月• 2020年 - 個人成績 [ ] 国内大会個人成績 年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 期間通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 日本 リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算 39 0 0 1 0 - 1 0 24 31 2 2 0 2 0 35 2 29 6 4 2 1 0 34 8 30 3 3 0 2 0 35 3 オランダ リーグ戦 リーグ杯 期間通算 2007-08 29 14 2 - - 14 2 2008-09 10 36 16 - 1 0 37 16 エールディヴィジ 18 6 - 2 2 20 8 ロシア リーグ戦 オープン杯 期間通算 2010-11 7 28 4 5 0 - 33 4 2011-12 25 8 1 0 - 26 8 2012-13 23 7 3 1 - 26 8 2013-14 18 1 0 0 - 18 1 イタリア リーグ戦 オープン杯 期間通算 10 14 1 2 1 - 16 2 29 6 1 0 - 30 6 30 1 7 1 - 37 2 8 1 1 0 - 9 1 メキシコ リーグ戦 オープン杯 期間通算 2017-18 02 29 10 5 3 - 34 13 オーストラリア リーグ戦 リーグ杯 期間通算 2018-19 4 18 7 - 0 0 18 7 オランダ リーグ戦 リーグ杯 期間通算 2019-20 33 エールディヴィジ 4 0 - - 4 0 ブラジル リーグ戦 オープン杯 期間通算 2020 4 - 通算 日本 J1 90 11 10 2 5 0 105 13 オランダ エールディヴィジ 36 8 - 2 2 38 10 オランダ エールステ 36 16 - 1 0 37 16 ロシア ロシア・プレミア 94 20 9 1 - 103 21 イタリア セリエA 81 9 11 2 - 92 11 メキシコ リーガMX 29 10 5 3 - 34 13 オーストラリア Aリーグ 18 7 - 0 0 18 7 ブラジル セリエA - 総通算 384 81 34 9 8 2 427 91 その他の公式戦• 2008年 - 残留・昇格プレーオフ 3試合0得点• 2010年 - 1試合0得点• 2011年 - ロシア・スーパーカップ 1試合0得点• 2013年 - ロシア・スーパーカップ 1試合2得点• 2019年 - Aリーグ ファイナルシリーズ 2試合0得点 国際大会個人成績 年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点 出場 得点 18 - 4 1 - 7 7 1 - - - 1 0 - - 6 2 - - 02 - - 2 0 - 4 4 1 - - 通算 UEFA 7 1 11 3 2 0 通算 CONCACAF - - 2 0 通算 AFC 4 1 - - その他の国際公式戦• 2010年 - プレーオフ 1試合0得点• 2012年 - プレーオフ 2試合1得点 代表歴 [ ] 出場大会 [ ]• 2005年 - (ベスト16)• 2008年 - (グループリーグ敗退)• 2016年 -• 公式戦初出場 - 2004年7月24日 vs()• Jリーグ初出場 - 2005年3月5日 J1第1節 vs()• Jリーグ初得点 - 2005年4月28日 J1第8節 vs(名古屋市瑞穂公園陸上競技場)• エールディヴィジ初出場 - 2008年1月20日 第20節 vs()• エールディヴィジ初得点 - 2008年3月15日 第29節 vs()• フル代表初出場 - 2008年6月22日 vs()• フル代表初得点 - 2009年5月27日 vs()• ロシア・プレミアリーグ初出場・初得点 - 2010年3月12日 第1節 vs()• セリエA初出場 - 2014年1月12日 第19節 vs()• セリエA初得点 - 2014年4月7日 第32節 vs• リーガMX初出場・初得点 - 2017年8月22日 第6節 vs()• Aリーグ初出場・初得点 - 2018年10月20日 第1節 vs() 指導経歴 [ ]• 2018年 - ・ 監督 タイトル [ ] クラブ [ ]• :2008-09• :2012-13• :2010-11, 2012-13• :2013• :2016 代表 [ ]• :、 個人 [ ]• エールステ・ディヴィジ MVP:2008-09• (フットボーラー・オブ・ザ・イヤー):2010• ブラジルW杯アジア最終予選 トヨタ・トップ・ゴール・スコアラー:2013• :2013• 第21回「ジェントルマン・アワード」ミラン・ベストゴール賞:2015-16• ファーストペンギンアワード初代受賞者:2016 出演 [ ]• 「メンズエステティック MEN'S TBC」• 『FOR BEAUTIFUL GOAL』篇(2007年)- 、、との共演• 「「僕にはできる。 」キャンペーン」• 『ボディスキャン』篇(2010年)• 『アクエリアス スパークリング「REFRESH」』篇(2010年)• 『ストリートフリーキック』篇(2010年)• 『アンセム』篇(2010年)• 『チェーンリアクション』篇(2011年)• 『Three Kings』篇(2011年)• 『スパークリングレモン 本田圭佑』篇(2012年)• 『W Honda』篇 FIFA ワールドカップ 公式スポーツ飲料「アクエリアス」 (2014年)• 『本田圭佑』篇(2010年)• 『進化するジーンズ~想い~』篇(2014年)• (2010年)• 『俺の登場』篇(2012年)• 『俺のキャンペーン』篇(2012年)• 『俺の会合』篇(2012年)• 『待合わせに持ってる?』篇(2013年)• 『出会いに持ってる?』篇(2013年)• 『眠気に持ってる?』篇(2013年)• 『リフレッシュの頂点へ。 』篇(2014年)• 『眠気に打ち勝て。 』篇(2014年)• 「」(2013年)• 「4」(2013年)• ワールドサッカーコレクションS (2014年)ソーシャルゲーム• クォーターパウンダー「生きざま・BLT篇」(2013年)• クォーターパウンダー「生きざま・ハバネロトマト篇」(2013年)• Gaga Milano 「KEISUKE HONDA Photo shooting」(2013年)• 「ブラウン シリーズ 9 Hold on To your Dreams -原点回帰」篇(2014年)• 「」(2014年)• Cクラスステーションワゴン「メルセデスの本気。 」篇(2014年)• 企業CM「ぼくの写真は、ぼくの今だ」篇(2014年)• 「Proxes・T1 Sport」• 「AC Milan vs. Super Car by TOYO TIRES」篇(2014年)• 「Chase in Milan by TOYO TIRES」篇(2015年)• 「AC Milan vs. Drift Cars」篇(2016年)• 「夢応援」篇 2015年• モバイル(2015年)• 「」(2016年)• インベスターズクラウド「TATERU」(2016年)• 「クラッシュ・ロワイヤル」(2016年)• 「」(2017年)• 「リグロEX5」(2018年)• 「ペプシ ジャパンコーラ」(2019年)• 「ファンタジスタ ステラ」草場道輝・著、本田圭佑・原案協力/小学館 (本人役) 2013年• 「まずは」篇・「自走」篇(2020年) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• サッカー日本代表データベース. ゲキサカ 2010年12月4日• 日刊スポーツ 2019年4月20日• 2012年10月22日. 2013年4月24日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2018年7月18日. 2018年7月18日閲覧。 サッカーキング 2012年9月12日. 2013年6月4日閲覧。 日本語. 読売新聞. 2010年7月3日. 2017年7月8日閲覧。 安田理大公式ブログ. 2008年6月27日時点のよりアーカイブ。 2013年6月5日閲覧。 フットボールチャンネル 2014年1月15日. 2014年1月17日閲覧。 朝日新聞. 2008年7月14日. の2008年8月14日時点におけるアーカイブ。 2013年6月5日閲覧。 2010年5月10日. 2013年6月5日閲覧。 2010年6月16日付中日スポーツ紙面• スポニチ 2008年1月17日• 共同通信社 2009年5月15日. 2009年5月15日時点のよりアーカイブ。 2013年6月5日閲覧。 日刊スポーツ 2009年4月26日• football-zone 2019年8月24日• football-zone 2017年10月6日• qoly 2019年12月6日• 2010年1月7日時点のよりアーカイブ。 2013年6月5日閲覧。 2010年1月23日時点のよりアーカイブ。 2013年6月5日閲覧。 ロイター 2010年1月2日. 2011年1月10日閲覧。 日刊スポーツ 2010年3月13日• スポニチ 2010年10月23日• ゲキサカ 2010年11月5日• 日刊スポーツ 2011年9月6日• 日本経済新聞 2011年11月23日• サッカーキング 2012年3月12日• サンスポ 2012年2月5日• サッカーキング 2013年7月14日• スポニチ 2013年7月15日• スポーツニッポン. 2013年12月12日閲覧。 2014. 14付記事• ゲキサカ 2013年12月16日• 日刊スポーツ. 2014年9月1日閲覧。 Goal. com. 2014年9月15日. 2014年9月15日閲覧。 サンケイスポーツ. 2014年11月25日閲覧。 Goal. com 2015年12月27日. 2015年12月30日閲覧。 フットボールチャンネル 2016年2月1日. 2016年2月1日閲覧。 スポーツニッポン 2016年5月4日. 2016年5月4日閲覧。 ゲキサカ 2017年2月1日. 2017年2月1日閲覧。 日刊スポーツ 2017年6月3日. 2017年6月3日閲覧。 goal. com 2017年5月22日. 2018年8月6日閲覧。 スポーツ報知 2017年5月29日• ゲキサカ 2017年5月23日• 日刊スポーツ 2017年7月14日• サッカーキング 2017年7月19日• 日刊スポーツ 2017年7月15日• フットボールチャンネル 2017年7月19日• 日刊スポーツ 2017年8月23日• スポーツニッポン 2017年10月26日• フットボールチャンネル 2017年11月9日• ゲキサカ 2017年11月9日• 日刊スポーツ(2017年12月9日)• スポーツニッポン 2018年2月4日• ゲキサカ 2018年4月7日• メルボルン・ビクトリーFC 2018年8月6日• フットボールチャンネル 2018年10月20日• サッカーキング 2018年12月12日• サッカーキング 2019年3月12日• フットボールチャンネル 2019年3月16日• 日刊スポーツ 2019年5月12日• goal. com 2019年11月7日. 2019年11月7日閲覧。 フットボールチャンネル 2019年11月7日. 2019年11月7日閲覧。 サッカーダイジェスト 2019年11月8日• サッカーダイジェスト 2019年11月25日• スポーツ報知 2019年12月1日. 2019年12月1日閲覧。 Vitesse 2019年12月23日. 2019年12月23日閲覧。 日刊スポーツ. 2019年12月23日. 2019年12月23日閲覧。 日刊スポーツ 2020年1月31日• スポーツ報知 2020年5月24日• サッカーキング 2020年3月16日• 日刊スポーツ 2020年3月17日• www. transfermarkt. 2020年3月16日閲覧。 サッカーダイジェスト 2020年3月17日• ゲキサカ 2020年5月10日• 日刊スポーツ 2020年6月29日• サッカーダイジェスト 2015年6月11日• 元川悦子 2005年6月11日. スポーツナビ. 2013年6月5日閲覧。 FIFA. com 2010年7月9日閲覧• 日刊スポーツ 2017年1月15日• 日本語. SANSPO. COM. 2011年1月31日. 2011年2月7日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex. 2010年2月7日. 2011年2月7日閲覧。 日本語. サッカー SOCCER KING. 2012年6月9日. 2012年6月9日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex. 2012年6月9日. 2012年6月9日閲覧。 デイリースポーツ 2013年6月5日• ゲキサカ 2013年6月28日• サッカーキング 2015年1月23日. 2015年1月23日閲覧。 ゲキサカ 2015年1月23日. 2015年1月23日閲覧。 デイリースポーツ online 2015年11月18日. 2015年11月29日閲覧。 日刊スポーツ online 2016年3月29日. 2016年3月30日閲覧。 日刊スポーツ 2016年9月2日. 2016年9月7日閲覧。 フットボールチャンネル 2017年9月6日• サッカーキング 2017年9月6日• Goal. com 2017年9月7日• フットボールチャンネル 2018年6月20日• フットボールチャンネル 2018年6月25日• 読売新聞 2018年6月25日. 2018年6月25日時点の [ ]よりアーカイブ。 2018年6月25日閲覧。 サッカーキング 2018年6月30日• 『ロストフの14秒』53頁、54頁• 『ロストフの14秒』78頁、194頁• スポーツニッポン 2018年7月3日• 日刊スポーツ 2018年7月4日• 朝日新聞 2018年8月2日• サッカーキング 2018年8月12日• フットボールチャンネル 2018年11月20日• サッカーキング 2019年6月12日• nikkansports. com 2015年8月20日. 2015年10月3日閲覧。 2016年7月22日. 2016年7月26日閲覧。 JI JI com(2020年4月30日)2020年5月29日閲覧。 スポニチ(2020年5月28日)2020年5月29日閲覧。 OCNスポーツ. 2013年10月7日時点のよりアーカイブ。 2015年1月5日閲覧。 、スポーツナビ、2009年1月16日• SANSPO. COM 2015年1月5日閲覧。 SANSPO. COM 2015年1月5日閲覧。 ゲキサカ 2015年1月5日閲覧。 Number Web 2009年2月26日• J SPORTS 2010年7月20日• Goal. com 2016年3月2日• ゲキサカ 2016年12月10日• スポニチ 2017年3月24日• (archive. today) SOCCERKING 2015年1月5日閲覧。 サッカーダイジェスト 2019年11月22日• ゲキサカ 2019年11月22日• スポニチ2010年09月03日• 産経新聞 2014年6月27日. 2014年10月16日閲覧。 ゲキサカ 2014年6月20日. 2014年10月16日閲覧。 Goal. com 2014年6月25日. 2014年10月16日閲覧。 2014年6月16日. 2014年10月16日閲覧。 2014年6月16日. フランスメディアが見た日本。 本田を「宝石」と絶賛もチームへの言及少なく。 話題の中心はドログバ. 2014年10月16日閲覧。 小川由紀子 2014年6月16日. フランスメディアが見た日本。 本田を「宝石」と絶賛もチームへの言及少なく。 話題の中心はドログバ. フットボールチャンネル. 2014年10月16日閲覧。 2014年6月26日. ブラジルメディアが見た日本。 大会前の期待に応えず厳しい評価。 「余りにも稚拙なPKを犯した」今野に最低点. フットボールチャンネル. 2014年10月16日閲覧。 下薗昌記 2014年6月26日. ブラジルメディアが見た日本。 大会前の期待に応えず厳しい評価。 「余りにも稚拙なPKを犯した」今野に最低点. フットボールチャンネル. 2014年10月16日閲覧。 2014年6月28日. 2014年10月16日閲覧。 2014年7月2日. 2014年10月16日閲覧。 クリスティアーノ・ルイウ:、2014年5月14日(2014年6月20日閲覧)• DAILY SPORTS ONLINE. 2014年8月8日. 2014年10月16日閲覧。 2014年10月16日. 2014年10月16日閲覧。 ワールドサッカーキング. 2014年10月7日. 2014年10月16日閲覧。 2014年10月5日. 2014年10月16日閲覧。 サッカーマガジンZONE. 2014年9月24日. 2014年10月16日閲覧。 Yahoo! ニュース. 2020年4月29日閲覧。 熊本日日新聞 2010年6月16日. 2014年7月14日時点の [ ]よりアーカイブ。 2019年12月1日閲覧。 「」 、2010年7月1日号、p42• SOCCERKING 2013年6月3日• 本田圭佑オフィシャルサイト、2013年6月3日• 2012年9月26日. 2013年4月24日閲覧。 東京スポーツ新聞社 2010年7月14日. 2010年7月19日時点の [ ]よりアーカイブ。 2019年12月1日閲覧。 スポーツ報知 2011年10月13日. 2011年10月13日時点の [ ]よりアーカイブ。 2019年12月1日閲覧。 産経新聞社 2013年6月9日. 2013年6月11日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年6月11日閲覧。 東京スポーツ・2011年4月13日付 5面「ザックJAPAN 新世代の素顔」• サンケイスポーツ 2010年7月2日. 2010年7月4日時点の [ ]よりアーカイブ。 2019年12月1日閲覧。 文藝春秋、2010年8月号• 、サンスポ、2008. スポニチ Sponichi Annex 2013年1月8日. 2013年5月29日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年5月29日閲覧。 サッカーキング 2018年9月22日• 日経ビジネス• (公式サイト)• スポニチ、2012年9月5日• 金沢経済新聞、2011年8月17日• SOCCERKING 2013年6月1日• ACミランオフィシャルサイト 2014年1月8日. 2014年1月17日閲覧。 Sponichi Annex. 2014年1月8日. 2014年1月16日閲覧。 サッカーキング 2014年1月8日. 2014年1月15日閲覧。 サッカーキング 2014年1月10日. 2014年1月17日閲覧。 サッカーキング 2016年4月23日. 2016年8月29日閲覧。 本田圭佑公式 2016年8月25日. 2016年8月29日閲覧。 2016年8月25日. 2016年8月29日閲覧。 サッカーキング 2017年9月26日. 2017年9月26日閲覧。 ライブドアニュース. 2020年5月4日閲覧。 日刊スポーツ(2016年12月26日)• 2004年はとして出場。 Sankei Biz. 2014年9月25日. 2014年9月26 日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年4月19日. 2016年4月19日閲覧。 音楽ナタリー. 2016年12月20日. 2016年12月22日閲覧。 HRBrain HRBrain. 2020年7月13日閲覧。 関連項目 [ ]• (本田のものまねをしているお笑い芸人) 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - による選手データ (日本語)• kskgroup2017 -• keisukehonda -•

次の

本田圭佑のサングラスや腕時計とは?香水等もプロデュースで人気沸騰中!

本田圭佑 プロデュース

スポンサーリンク 生年月日: 1986年6月13日 出身地: 大阪府摂津市 身長: 182cm 体重: 74kg 血液型: AB 型 効き足: 左足 本田圭佑の両親は本田が小学2年生の春に離婚、自身は父のほうについています。 母親が病気がちだったのでしょうか?広島の実家に帰り療養しています。 祖父母と本田圭佑との交流はあったようで、祖父母に一軒家を建てる、と言っていた時期があったようですが、その前に2人とも亡くなられました。 祖父母亡き後、母は施設に入りましたが本田圭佑は時々見舞っているようです。 本田圭佑の優しさや思いやりのある一面が見れますね。 兄がいます。 兄もサッカー選手だったようですが、怪我で選手は断念し本田圭佑の代理人を務めています。 2008年7月に元保育園勤務の保育士の女性・美紗子さんと結婚。 本田圭佑と美紗子さんの出会いは高校時代です。 本田圭佑は石川県星稜高校のサッカー部、美紗子さんは金沢西高校のサッカー部のマネージャー。 両高校でサッカーの練習試合でお互いが相手チームになりますが、本田圭佑が美紗子に一目ぼれして交際を申し込んだらしいです。 2012年秋頃に第一子男児、2014年12月には第二子女児が誕生しています。 本田圭佑のトレードマークの金髪はオランダに移籍してからです。 プライベートでは、いつも両腕に腕時計をつけていますね。 一つは日本時間、もう一つは現地時間に合わせ、夜中に電話等をしないように気遣っての事です。 本田圭佑の語学力の評判 スポンサーリンク 本田圭佑がその語学力を披露したのは、セリエAのACミランの入団会見時、4年前です。 インタービューには通訳を介せず、英語で直接応えています。 本田圭佑の語学力は、文法通りではありませんが、通じる英語で堂々としたものです。 今はもっと流暢にネイティブ並みに上達しているでしょう。 本田圭佑は英語以外にもスペイン語も有名で「完璧」との評判です。 パチューカの入団会見で披露しサポートから歓迎を受けました。 4月28日のツイッターでは、パチューカ退団の示唆をスペイン語でツイートしています。 中田英寿は、セリエAのペルージャに移籍時の会見で流暢なイタリア語を披露しました。 この会見の流暢なイタリア語は衝撃的でした。 衝撃を受けたのは私だけではなかったと思います。 その後のサッカー選手は、語学が出来て当たり前のような感じを受けました。 長谷部誠はドイツ語、長友佑都・イタリア語等々 サッカーに限らず、一流アスリートは語学が堪能です。 他の国で仕事をして生活するのです。 その国の言葉をマスターするのはコミュニケーションの手段で最低限のマナーかもしれませんね。 「ロードダイアモンド バイ ケイスケ ホンダ」2014年発売半年で12万本を突破する驚異的なヒットを出した商品です。 ほんのり甘く、すがすがしく、フレッシュな香りで、評判は上々。 本田圭佑は、香りは自己表現のひとつとしてこだわりを持っています。 自分の中のスイッチを切り替えやすくするため、香水をプライベート用と試合用とで使い分けているようです。 ボトルはダイヤモンドを模した、香水にしては力強いデザインです。 ロードダイアモンド の公式ホームページに本田圭佑のインタービューがあります。 「サッカー選手としての本田圭佑の香りとの関わり方」を問われ本田圭佑は 「職業柄一般の人よりシャワーを浴びる回数が多いんですよね。 なのでシャワーを浴びた後に、僕はこの香水を必ずつけています。 スポーツって汗かきますし、サッカーをする時は別にあまり気にしない人がけっこう多い。 僕も今まであまり気にしてこなかったんですが、プロになって見られる立場になったり、そういうことを意識し始めると、プロフェッショナル精神ではないですが、プレーしてる時も恰好良かったり良い香りがしてるっていうのは、プロとして、サッカー選手として嬉しいなって思いますね。 」 と応えています。 まとめ 本田圭佑の語学力は完璧と評判です。 何事にも一番で一流を目指している人の語学は必須アイテムです。 プロデュースしている香水・ダイヤモンドの評判も上々。 引退後に経営者としてサッカービジネスに携わることを描いています。 そして布石を打ちそれに向かって歩きだしています。 そのプロセスから目が離せません。 スポンサーリンク.

次の

本田圭佑

本田圭佑 プロデュース

この商品は フォステクスカンパニー KOTORI OFFICE 本田圭佑プロデュース ワイヤレス Bluetooth イヤホン ランニング 向け カートに入れる カートに入れる カートに入れる カートに入れる カートに入れる カートに入れる カスタマー評価 5つ星のうち2. 6 5つ星のうち4. 0 5つ星のうち3. 9 5つ星のうち4. 1 5つ星のうち4. 2 5つ星のうち4. 2 価格 ¥2,200 ¥2,499 ¥2,499 ¥3,980 ¥2,599 ¥2,680 販売者 バッテリ駆動時間 H 5. 00 時間 情報が提供されていません 10. 00 時間 情報が提供されていません 情報が提供されていません 10. 00 時間 カラー 白 ブラック ブラック ブラック ブラック BLACK 商品の形状 イヤホン イヤホン カナル型Bluetooth イヤホン 円形・丸い イヤホン 磁石付き・IPX7防水 商品の重量 13. 61 グラム 22. 68 グラム 15. 00 グラム 4. 70 グラム 16. 独自開発されたスポーツサポートイヤフックはランニング時などでも安定した装着を維持します。 2、HFP. 6、A2DP v1. 2 AVRCP v1. jQuery UI - v1. core. css, jquery. accordion. css, jquery. autocomplete. css, jquery. button. css, jquery. datepicker. css, jquery. dialog. css, jquery. menu. css, jquery. progressbar. css, jquery. resizable. css, jquery. selectable. css, jquery. slider. css, jquery. spinner. css, jquery. tabs. css, jquery. tooltip. ask-autocomplete-menu. ask-autocomplete-menu. ask-autocomplete-menu. ask-autocomplete-menu-item a. ask-autocomplete-state-active,. ask-autocomplete-menu. ask-autocomplete-menu-item a.

次の