インスタ ユーザーを読み込めませんでした 原因。 インスタグラムに登録できない原因と対処法まとめ!ユーザーネームの登録エラーも

インスタグラムに登録できない原因と対処法まとめ!ユーザーネームの登録エラーも

インスタ ユーザーを読み込めませんでした 原因

カメラのギャラリーが変わるエラー カメラアプリで撮影した写真をインスタグラムにアップしようとしたら、なぜか撮影した写真が出てこない…、または、時系列がばらばらで最新の画像が出てこない…そんなエラーになったことはありませんか? 原因 はっきりとした原因は不明のようですが、このエラーは主に以下の2点が考えられるようです。 ・SDカードの差し替えなどでカメラアプリの画像保存先フォルダが変わる ・スマホ上に古いキャッシュが残ってしまっている 対処方法 カメラアプリで撮影した写真は すぐにインスタグラムに投稿することが一番のようです。 他には、 キャッシュクリアできるスマートフォンアプリを使って、こまめにクリアしておくことが有効かもしれません。 どうしても過去に撮影した画像をインスタグラムで投稿したい場合は、インスタグラムのギャラリーではなく直接 画像保存フォルダを指定するしかありません。 通知が来ないエラー 自分の投稿への「いいね!」や新しいフォロワーが増えた時など、スマホに通知が来るはずなのになぜか来ないというエラー。 対処 インスタグラムのオプションメニューの 「設定」で、どのアクションで通知が届くかを指定できます。 デフォルトは通知が来る設定になっていますが、アプリのアップデート時などは変わってしまう可能性もあるため、インスタグラムのオプションを確認しましょう。 ・投稿への「いいね!」 ・コメント ・ライブ動画 ・新しいフォロワー ・承認されたフォローリクエスト ・インスタグラムの友達 ・ダイレクトメッセージリクエスト ・メッセージ受信 ・自分が写っている写真(タグつけ) ・リマインダ ・最初の投稿とストーリー ・製品発表(新しい機能の追加、お知らせなど) ・サポートリクエスト ・SMSメッセージ プッシュ通知はプロフィールページ右上の歯車のマークをタップし、オプションにある「プッシュ通知の設定」から設定することができます。 Facebookと連動しないエラー インスタグラムで投稿した画像をそのままFacebookでも投稿したいのが、なぜかインスタグラムの画像がFacebookに出てこないというエラー。 原因 インスタグラムのアカウントと、Facebookのアカウントのリンク設定をしていない。 対処 インスタグラムの設定で、 Facebookアカウントとのリンク設定をしましょう。 インスタグラム-オプション-設定「リンク済みアカウント」 ここで、いろんなSNSが表示されます。 リンクしたいSNSのアカウントにチェックするとインスタグラムとそのSNSのアカウントがリンクします。 この後いつもと同じ要領で投稿をし、その際リンクしたいSNSにチェックして投稿すると、そのSNSでインスタグラムの投稿が反映されます。 また、もし既にリンク設定をしているのに投稿が反映されない場合は、リンク設定の解除後、 再度リンク設定をすると、投稿が反映される場合があるようです。 投稿時に改行がキレイに入らないエラー インスタグラムの投稿コメントで改行を入れてハッシュタグをキレイに入れる方法、マネしたいけど改行がうまく入らないケースがあります。 出典:Instagram改行方法 6. コメント時にエラーになる 投稿コメントが長いとたまにエラーになってしまい、投稿できないケースがあります。 原因 メンション 、ハッシュタグなどは1つの投稿について 設定できる上限があります。 その上限を超えるとコメントできず、エラーとなってしまいます。 対処 投稿コメントのメンション、ハッシュタグなどの上限は以下の通りです。 これを超えない範囲で設定すると投稿ができるようになります。 ハッシュタグ :30個まで メンション :5人まで 7. 投稿写真全体、または一部が黒くなってしまうエラー 投稿した写真が黒くなってしまうものです。 これは 一部のAndroid端末でこのような現象が発生しており、はっきりとした原因は不明のエラーのようです。 対処 画像加工をせず、カメラアプリの撮影画像をそのまま投稿するとこの現象は回避されるようですが、それでも黒くなってしまう場合は、インスタグラムのオプションから「設定」にある「アップロードする画質」を「ベーシック」に変更して投稿を試してみましょう。 インスタグラムが開けない、起動できないエラー インスタグラムを起動しようとアイコンをタップしても、インスタグラムが立ち上がらずそのままエラーが表示される場合があります。 これは ユーザーのキャッシュデータ容量が多すぎるためかインスタグラムに障害が起きている場合に多いエラーです。 対処 インスタグラムに障害が起きている場合は公式からのアナウンスを待つ以外に方法はありません。 ただ、キャッシュデータは自分で削除可能ですので、試してみてはいかがでしょうか? キャッシュデータの削除はAndroidとiOSで方法が異なりますので、ご注意ください。 インスタグラムはiphoneやipad上ではなく、サーバー上にデータがあるサービスですので、今までと同じユーザー名とパスワードを使用することでこれまでと同様使用できます。 インスタグラム「オプション」 この他に、インスタグラムのエラーはインスタグラムの設定や、インスタグラムの公式サイトの 「よくある質問」や「ヘルプ」の内容を頭に入れておくことで、突然の不具合でも焦らず対処できます。 インスタグラムの設定はオプションメニューで確認することができます。 オプションメニューは自分のプロフィール画面を表示し、右上にあるメニューアイコンをタップすると表示されます。 インスタグラムヘルプセンター オプションメニューにあるは、インスタグラムの使い方の他、トラブルシューティングやよくある質問コーナーもあり、エラーについても解決策が記載されているかもしれません。 困ったときはチェックすることをお勧めします。 インスタグラムでエラーが発生した場合のチェックリスト インスタグラムを使っていてエラーになってしまった場合、以下の要領でスマートフォンやインスタグラムの設定をチェックしてみましょう。 1.携帯電話やタブレットを再起動します。 Instagramで問題が発生した場合は、最初に携帯電話やタブレットを再起動してみます。 2.アンインストールと再インストール 携帯電話やタブレットを再起動しても問題が解決しない場合は、Instagramの削除と再インストールを試してください。 iPhoneおよびiPad ホーム画面で、Instagramアプリのアイコンが振動するまでアイコンを押し続けます。 アプリの[x]をタップして削除します。 写真とプロフィールの情報はInstagramで保存します。 App Storeに移動し、Instagramを再インストールしてから、ユーザーネームとパスワードを使用してログインします。 [アンインストール]をタップします。 Google Playストアに移動し、Instagramを再インストールしてから、ユーザーネームとパスワードを使用してログインします。 3.インターネット接続の確認 上記の2つの方法で問題が解決しない場合は、InstagramをWi-Fi接続とモバイルデータ接続の両方で使ってみて、Wi-Fiやモバイルデータの接続が弱いことが問題の原因かどうか確認してください。 出典:インスタグラムヘルプセンター インスタグラムのエラーまとめ インスタグラムを使っていく上で出てくるエラーは、インターネットの接続環境やお使いのスマートフォン端末の設定によることも多いです。 エラーが出た場合は、まず 基本的な通信状況の確認やスマートフォンの再起動などを実施してみましょう。 加えて、 公式ヘルプセンターやインスタグラムのオプションを覚えておくと、突然のトラブルでも慌てず対処できます。 ぜひこの記事の内容を頭の片隅に覚えていただけると幸いです。

次の

instagramでユーザーが見つかりませんでしたと表示される原因|インスタグラム使い方

インスタ ユーザーを読み込めませんでした 原因

kiwamiです。 今回は Instagramで「フィードをリフレッシュできませんでした」と表示される時の原因と解決策についてご紹介します。 先ほどInstagramを使っていると、 「フィードをリフレッシュできませんでした」と表示されてしまい、新しい投稿などが一切表示されない状態になりました。 今回はこの症状の原因と解決方法について説明して行きます。 Instagramで「フィードをリフレッシュできませんでした」と表示される時の原因と解決策 Instagramを使っていると、上の様なメッセージが出てしまい、全く使えなくなってしまいました。 「フィードをリフレッシュできませんでした」と表示されています。 なんとなく「情報を取得できていない」っぽいことは分かるのですが、このままでは困ってしまいます。 考えられる原因などはどの様なものがあるのでしょうか? これは実は、原因は1つの様です。 それは「Instagramの大規模障害」です。 Instagramのサーバーなどで何らかの問題が起きてしまい、それによりInstagramにアクセスできない状態になっているものと思われます。 実際に、僕の手元にあるiPhone・Android・PCの全てからInstagramに接続出来ない状態になっています。 他のサイトにはアクセスできるので、僕の個人的な環境の問題ではなさそうです。 この大規模障害が起こるのはマレです。 現在は2016年4月1日ですが、以前は2015年3月26日に同じ様な障害があった様です。 こういった障害の場合、出来る事は「待つ事」しかありません。 前回の例では15分ほどで復旧をしたそうなので、少し待ってから再度Instagramを起動してみましょう。 ただもしかすると個人的な問題の可能性もあるので、• スマホを再起動する• ネットの回線を他のものに変更する• Wi-Fiのルーターを再起動する などの方法も試してみましょう。 10分ほどだったと思います。

次の

インスタグラムで起きたバグにはこう対処すれば大丈夫!解決策を紹介

インスタ ユーザーを読み込めませんでした 原因

インスタグラムは比較的動作は安定しているアプリです。 とはいえ起動時や、写真のアップロード時にインスタグラムが強制終了してしまうといった不具合が起きる場合があります。 ここではインスタアプリについて、不具合やその対策のためのチェック事項をまとめていきます。 不明なネットワーク? 「アカウントの作成やログインでサーバに接続できない!」「不明なネットワーク」などのネットワークのエラーになる場合の対応方法です。 インスタグラムの障害がないか調べる インスタのサーバーのほうでトラブルになっていると、いくらこちらが頑張ってもログインできません。 ツイッターなどで、ほかに今インスタへログインできない人がいないか検索して調べてみましょう。 ログインできない人が多い場合は、時間をおいてからアクセスしなおしましょう。 WiFi状況を確認する ネットワークの状況でエラーになる場合があります。 WiFiで接続している場合には、• WiFiルータを再起動させる• WiFiボタンを一度オフにしてからオンにしなおす• 違うWiFiへ接続してみる• WiFiではなくモバイルのネットワークのほうで接続する... などを試してみましょう。 キャッシュを消去する ログインデータなどを一度消去してリセットすると直る場合があります。 特にアンドロイドのスマホを利用している場合には、自分でキャッシュを削除できます。 アプリのデータを消去するには、「設定>アプリ>インスタグラム」を選びます。 次に「ストレージ」を選び、「データ」の消去を実行します。 この場合、アプリを再起動してログインの手続きを再度行ってください。 日付を確認する スマホの日付や時間設定によっては不具合が出る場合があります。 日付や時間をちゃんと設定しなおすか、日付と時刻の自動設定をオンにしておきましょう。 アプリがよく落ちる? アプリを最新にしておく アプリのバージョン変更のタイミングで、不具合が起きやすくなる場合があります。 グーグルプレイストアなどで、インスタグラムが最新版になっているかチェックしてみましょう。 メモリを確保する インスタグラムは、非常に動作が軽快で便利なのですが、それでもスマホの空きメモリが厳しい場合には不具合が起きやすくなります。 急なアプリの終了にならないよう、メモリを確保しておく必要があります。 また動作が不安定な場合に はデバイスの再起動が有効かもしれません。 設定を変更する 右下の人アイコンを選び、次に右上の「・・・」アイコンをタップすることで設定を表示させます。 「 元の写真を保存」をオフにしてみましょう。 フィルタをかける前の写真は保存されませんが、インスタグラムの動作が1ステップ省略されるので、動作の負荷が軽減されるかもしれません。 「 携帯ネットワークデータの使用」 では「デフォルト」と「データ使用量を軽減」があります。 データ使用量を軽減していると、ロードや転送にかかる時間が長くなります。 ばあいによってはこちらの設定も切り替えて試してみましょう。 キャッシュを削除する アプリのキャッシュのせいでうまく動作しない場合があります。 設定>アプリでインスタグラムを選びます。 キャッシュの消去やデータの消去を実行してみましょう。 画像が読み込めません?準備しています? トップ画面で下にスワイプすると、写真のタイムラインが更新されます。 しかし「画像を読み込めませんでした。 タップしてもう一度お試しください。 」「フィードがリフレッシュできませんでした」とエラーになる場合があります。 これ以外にもタイムラインが「 準備しています」とだけでて写真が出てこない場合もあります。 時間をおいてからアクセスする そもそもインスタグラム側のサーバ障害、あるいはアクセス集中によるものであればこちらからできることはほとんどありません。 ちょっと時間をおいてアクセスしましょう。 サーバ障害が改善されていれば、問題なく見れるようになっているはずです。 ネットワーク接続を確認する 他のアプリ(メールなど)を起動して、ネットにつながるかどうか確認してみましょう。 スマホで他のアプリもネットにつながらない場合には、そもそもネットワークから切断されている可能性が高いです。 WiFiと3Gを切り替えてみる• 電波再接続アプリを使って接続しなおしてみる• 本体を再起動する など試してみましょう。 機内モードをオフにする アンドロイドでは、ついついメニューをスライドさせて「機内モード」をオンにしてしまう場合があります。 するとネットワーク接続がうまいくいかずにデータを更新できなくなります。 「機内モード」がオンならばオフに設定すれば大丈夫です。 また、インスタアプリでは「フィードがリフレッシュできません」となります。 たびたびこのようなトラブルが広範囲に起きる場合があります。 原因としては、サーバ側の一時的な障害であることが多いです。 しばし待ってからアクセスしましょう。 不審なログイン試行が検知されました インスタを起動したら「 不審なログイン試行が検知されました」という表示が出ました。 ログインで誰かがいろんなパスワードを試したりしたのでしょうか... この後は問題なく使えましたが、何度も出るようならインスタ側に問い合わせしてみるほうがいいのかもしれません。 カメラに接続できません インスタ中に「カメラに接続できません」というエラーが出てしまいました。 フロントもバックカメラも両方ダメでした。 インスタだけの問題であれば、ほかのカメラアプリでとりあえず撮影しておくのも手です。 あとでインスタでギャラリーからアップロードすればいいからです。 ちなみにうちのケースでは他のカメラアプリもダメでした。 うちでのケースは結局本体の再起動によって直りました。 逆に再起動でもダメなうならショップへもっていってみてもらった方が早いと思います。 アクションがブロックされています いいねなどのアクションをすると 「 We restric certain content and actions to protect our community. Tell us if you think we made a msitake. 」としてブロックされます。 これは「コミュニティを守るため特定のコンテンツやアクションを制限しています。 これが正しくない場合は連絡してください」といった意味で、特殊な条件でアプリが制限されることを意味します。 スパム予防のために特定の作業をしすぎるとブロックされる可能性はあります。 ただし、ネットワーク障害やアプリのバグでこのようなエラーになるケースも見受けられます。 時間をおいてから試してみるとよいでしょう。 人によっては一度ログアウトしてから再度ログイン出直ったとするユーザさんもいます。 急に英語表記になった? アップデートのタイミングで急に表記が英語になってしまう不具合が起こりました。 その場合はマイページから右上のメニューボタンをタップ。 下にある設定から「 Settings 設定 >Language 言語 」で変更しましょう。 apicode.

次の