コトダマン ま ど マギ。 【ゲームナツブヤキ】『コトダマン』の物種族デッキ強すぎ! : www.interreg4c.eu

【コトダマン】ガチャのおすすめで引くべき優先度が高いイベントはどれ?

コトダマン ま ど マギ

突如暴走を始めるコトダマン、「咎人」たち。 主人公「ユーキ」、突如現れた少女「ウタイ」、 幼馴染の「シノブ」「ココロ」、相棒「コンチェ」。 参考にしてみて下さい。 ガチャについて 無料アプリゲームでは必ずこの部分が評価されてしまいますが、コトダマンのガチャはそこまで酷くはありません。 最高レアリティはしっかりでます。 しかし、一部の高難易度クエストに挑む際に必要となるキャラが存在している点が多くのユーザーの反感を買う部分となっています。 モンストコラボのルシファー降臨では、アーサーを持ってるかどうかでゲームが変わります。 マルチに参加するか、自分で部屋を作らなければいけないかです。 しかしコトダマンにも良降臨が存在するので、そっちをプレイしましょう。 コトバを作る コトダマンは降臨毎に文字の配置が決まっています。 その配置によって使える文字が決まります。 他のレビューでは、決められた位置に特定の文字を当てはめるゲームと表現されることもあります。 それは誰が決めたのでしょうか?文字配置をみて、様々な創意工夫がなされて1つの専用デッキが構築されていく。 この点がコトダマンの楽しさだと思っています。 そこまで考えると、適正キャラの文字とギミックが理解できます。 文字配置をみて、考える際は「コトダマン辞書」というのがあるので活用してみては! 3. オススメ降臨 以下では進めやすい降臨の順番を紹介します。 まとめ ガチャの中には一部必須キャラが存在している。 出ない時は諦めて下さい。 諦めない人はコトダマンを楽しめる才能がありますよ! コトダマン辞書を活用すれば見えることがある。 微課金勢です。 最初は初心者仕様でガチャが沢山引ける制度になってますが、ある程度やりこむと課金しなければ適性キャラをゲット出来なくなってきます。 魔級、破滅級のマルチの難易度(というかメンバー運、基本ハズレ)が半端ないため、魔級と破滅級はソロでひたすら周回してますが、それが作業すぎて苦行になってきました。 適性キャラの劣化版配布満福キャラをリーダーにしても、マルチでなければあまり意味もないので、ガチャで適性キャラをゲットしてリーダーにして、それでひたすら回らないと無駄にターン数がかかる。 さらにソロだと1回に1枚か2枚しか落ちないので、リア友呼び出して2人でオーナー交代しながらやってますが、それもいつまでもつか…という感じです。 さらにマルチの悪いところは、マナーのなっていない人の多さ。 ブロック機能がついていなかったり、通報システムが無いので、やりたい放題の人がいます。 劣勢とみるや早々に途中リタイヤなんて人はマシな方で、酷い名前つけてやってる人や煽りチャットスタンプ乱発のあげく、わざとか知りませんが全滅へ貢献、などなど。 あげればキリがありません。 2周年で新たなギミックが追加され、それに対応するキャラも沢山出てきました。 こうやってインフレって起こっていくんですね。 レジェンドコトダマンやダブルギミック耐性のキャラがバンバン出てきてる中、まだガチャから出てくる産廃星五キャラなんとかしてください。 出てくるたびにイライラします。 言葉を作る楽しさにハマってはいますが、マルチの酷さ、これからのインフレへの懸念を思うと、なんだかなぁ、と思ってしまいます。 とりあえずフレンド機能やブロック機能くらいはつけてマルチの改善に努めて貰いたいなと思います。 おまけで言わせてもらえば、指示が見えないよう個人で設定出来るようにしてもらいたい…。 真剣に考えて指示出してくる人ならまだしも、即指示の上全然わかってない人や嫌がらせのような人もよくいます。 運営さん、ユーザーの声に耳を傾けて改善してくれることを切に願っております。 設定がとても面白く、マイナーキャラクターにも設定や関係性があり、色々なキャラを手に入れたくなる。 可愛いキャラからかっこいいキャラまで豊富。 画質も良い。 ・まりーじあちゃん推しです。 まだその一節しか遊べないのが……。 そもそもメインストーリー・キャラ説明以外にストーリー要素が皆無なゲーム。 季節限定イベントもないので、ストーリー性はあまり期待しない方が良いかと。 悪 ・難易度=ギミックになっており、難易度を上げるためにギミックを増やすため、特定のキャラクター ガチャ限でしかも非常設 がいないと攻略できないクエストが多数ある。 ・二周年にてまた新しいギミックが追加された。 ・少ないコトダマで引けるガチャもあり、キャラを集めやすい。 ・コラボをたくさん開催してくれる ・有償コトダマでのガチャ等課金優遇が少ない ・ガチャには天井があり、時間はかかるが欲しいキャラを入手することが可能。 レジェンドコトダマン という激レアチートキャラ もそれで入手できる さすがに常設ではないが。 ・キャラの使いやすさは文字に大きく左右されるため、星5じゃなくても戦略次第で使うことが出来る。 ・チーム編成枠を増やしてほしい。 ・マルチのスタンプを増やして欲しい。 例:ちょっと待って!、まかせる!、まかせて! バグ修正ありがとうございました。 要望が届きますように! 互換性 iOS 9. 0以降が必要です。 9インチiPad Pro、12. 7インチiPad Pro、9. 9インチiPad Pro(第2世代)、12. 5インチiPad Pro、10. 9インチiPad Pro(第3世代)、12. 9インチiPad Pro(第4世代)、12.

次の

コトダマンの降臨の質問です。(質問数:7)

コトダマン ま ど マギ

システム [ ] 本作はを頭文字に持つ文字の精霊「コトダマン」(キャラクター)を組み合わせ「ことば」を作って敵を攻撃するパズル型であり、にたとえられることもある。 ことばの数や長さで敵に与えるダメージが変化する仕組みであり、レアリティの低い「コトダマン」であっても、他の文字とつながりやすいや「」が頭文字に割り当てられている場合は有利とされている。 成立する「ことば」の数は2018年5月の時点で20万語以上とされており、基本的な日常単語だけでなく、人物名なども収録されている。 これらの「ことば」にはテーマが割り振られており、敵キャラクターの弱点となっている。 例えば、不良学生をモチーフとした「ヨルアソーブ」の場合は学校の教科をテーマとした「ことば」が弱点とされている。 また、コラボレーションイベントが開催される際は、それにちなんだ「ことば」も成立するようになっており、敵の弱点として設定されている場合もある。 文字が強制的に変わってしまう「チェンジマス」、ことばを作るとダメージを受けてしまう「トゲブロック」など多数の妨害が存在する。 本作は最大4人のオンラインマルチプレイに対応している。 製作 [ ] 企画 [ ] 本作の元となる企画は2013年に立案されたが、会社からの承認が下りず、プロジェクト化には至らなかった。 また、社内からもこの企画に対する否定的が寄せられてきたが、それでもプロデューサーの中村たいらは言葉そのものの魅力と、本作のゲーム性からヒット作になると確信していた。 事前登録から正式サービス開始まで [ ] 、セガゲームスが東京都内で開催した「スマートフォン向け新作発表会 2017」にて2018年春に配信予定の新作タイトルとして発表し、事前登録キャンペーンが開始された。 、正式にサービスを開始する。 広報・ユーザーとの交流 [ ] プロモーションに当たってはTwitterを積極的に活用し、「開発会議」と称してユーザーを巻き込む施策が取られ、スタッフロールにユーザーの名前が入ることもあった。 中村は、ここまでTwitterを活用するのは初めてだったファミ通Appとのインタビューの中で振り返っており、ツイートの内容についてはセガの公式アカウントを参考にしたと話している。 セッティング [ ] 本作は、創造神ニューワードによって造られた言霊界を舞台に、言聖軍の総大将キボウと悪魔神ウラミの戦いを描いた内容となっている。 その一方で、本作はゲーム性を重視しているため、世界観を理解していなくても楽しめる仕組みがとられた。 ビジュアル [ ] 本作のキャラクターデザインは、中村が過去に手掛けた『モンスターギア』に参加したが手掛けた。 企画の段階で、さわみは30~40代でも受け入れられるようなデザインにするつもりでいた。 また、キャラクターの身体の一部にはひらがなが入るとことがすでに決まっていたことから、さわえは高頭身のキャラクターでは不釣り合いになると考え、低頭身が良いだろうと考えていた。 一方で、さわえは当時の流行だった美少女を前面に押し出したゲームとも区別化したいと考え、あえて高頭身のキャラクターデザイン案を出すこともあった。 提出するデザイン案の方向性に落差があったことから、周囲からは到着点の不明瞭さを心配されたとさわえはCREATIVE VILLAGEとのインタビューの中で振り返っている。 チーム内で意見を出し合いながらデザイン案の構想が練られていった。 さわえはこの時の様子を「キャラクターのオーディション」に例えており、個人的に気に入っていたキャラクターの登場を見送ったことがつらかったと前述のインタビューの中で振り返っている。 最終的には約700体ほどのキャラクターの登場が決まり、大まかな方向性をさわえが所属する女性クリエイターグループ・つくる女のメンバーや外部発注のイラストレーターに伝え、世界観に沿った調整がすすめられた。 パブリッシャー変更 [ ] 、株式会社のXFLAGへ運営とパブリッシングを譲渡することを発表 、同年をもって正式にパブリッシャー移管が行われた。 もともとXFLAGはコミュニケーションに重きを置く姿勢をとっており、言葉を題材としたゲームである本作の存在に興味を示していた。 一方、セガ側も本作をより大きく展開したいと考えており、両者の意見が一致した結果、パブリッシャーの変更につながった。 中村は今回のパブリッシャー変更の位置づけについて「運営移管というのは引き継ぎはしますが、移管先が運営を行います。 」と2019年のファミ通Appとのインタビューの中で話している。 そして、2020年4月26日には事業の移管も行われ、XFLAG側に本作の事業部が設立され、中村が部長に就任した。 2020年の2周年のアンバサダーにはが就任した。 中村は2020年のリモートインタビューの中でこの人選には賛否両論があったことを認めつつも、言葉を題材とした本作と、村西の持つ言葉の力がかみ合ったので起用に至ったと話している。 コラボレーション [ ] 2018年4月にコラボイベントが開催。 2018年4月にコラボイベントが開催。 2018年5月にコラボイベントが開催。 2018年5月にコラボイベントが開催。 2018年6月に『アニゲラ』コラボと題して、杉田智和考案のオリジナルキャラクター「アジルス」が実装された。 2018年6月にコラボイベントが開催。 セガコラボと題して、セガの歴代作品とのコラボイベントが2018年7月に開催。 「」「シリーズ」「シリーズ」「」「」「」「」「」「」「」からキャラクターが登場。 2018年11月にコラボイベントが開催。 2019年7月にコラボ第2弾イベントが開催。 2019年1月にコラボ第2弾イベントが開催。 2018年12月にコラボイベントが開催。 2019年2月にコラボイベントが開催。 2019年3月にコラボイベントが開催。 のアニメシリーズ。 2019年6月にコラボイベントが開催。 2019年6月にコラボイベントが開催。 のシリーズ。 2019年8月にコラボイベントが開催。 運営とパブリッシングがXFLAGへ移管したことを記念して、2019年11月にコラボイベントが開催。 2020年5月に第二弾コラボイベントが開催。 2020年1月にコラボイベントが開催。 2020年2月にコラボイベントが開催。 2020年2月にコラボイベントが開催。 2020年3月にコラボイベントが開催。 2020年4月にコラボイベントが開催。 反響 [ ] 本作は配信から10日目にあたる2018年4月26日の時点でダウンロード数が300万件に達し 、配信から1か月後には500万件を突破した。 プロデューサーの中村は、ファミ通Appとのインタビューの中で、ユーザーからも見た目に反して意外と面白かったという意見が寄せられたことを明らかにしている。 特に、とのコラボレーションは大きな反響を呼び、本作のマーケティングにも影響を及ぼした。 プロデューサーの中村は、サービス開始初期は男性のユーザーが多いとしつつも、『』等のセガの他作品と比較すると女性のユーザーも多いと2019年5月のインタビューの中で話しており、セガ社内でも社員である夫の勧めで始めた妻が気に入って遊び続けているケースがあったことを明らかにしている。 また、中村はコラボイベントによって復帰したユーザーが増えたことも明らかにしている。 事業および開発チームの移籍後も、本作のテレビCMや大型キャンペーン等の展開は継続され、サービスの成長は続いている。 その一方、配信から1年の間に、マルチプレイ時の遅滞について指摘する意見が寄せられることもあった。 また、2019年の下旬には不具合が相次いだものの、2020年1月のコラボで持ち直すことができたと中村は2020年4月のリモートインタビューの中で話している。 出典 [ ] []• 2020年3月15日閲覧。 2018年4月16日. 2019年2月8日閲覧。 CREATIVE VILLAGE. 2020年3月14日閲覧。 電撃オンライン 2019年5月21日. 2020年3月21日閲覧。 AppMedia 2018年2月6日. 2020年3月15日閲覧。 ファミ通App. 2020年3月14日閲覧。 4Gamer. net 2017年11月21日. 2019年2月8日閲覧。 ファミ通App 2017年12月15日. 2020年3月21日閲覧。 Social Game Info 2019年8月9日. 2019年8月13日閲覧。 ファミ通App 2019年9月5日. 2020年3月14日閲覧。 インタビュー. 2020年6月13日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

【コトダマン】まどか|評価・性能まとめ

コトダマン ま ど マギ

パフォーマンス設定• 解像度:中• せかい画面演出:OFF• バトルアニメーション 味方:OFF• バトルアニメーション 敵:OFF• バトル演出:低• バトル背景品質:低 こんな感じにしてゲーム内パフォーマンスを落としてやれば、バッテリー消費が抑えられると思います。 まずは解像度なんですが設定では低もあるのですが、これにするとさすがにぼやけすぎて見えないので中から~高あたりでいいと思います。 そしてバッテリー食いそうな画面演出はOFF。 もちろんアニメーションもOFF。 背景の品質もOFF。 これで大分パフォーマンス落ちるのでバッテリーの消費を抑えることが出来ると思います。 もしこれでもきつければ、各種設定の中にある「音量設定」を下げるのもいいかもしれません。 これはそれほど変わらないと思いますが、気持ち程度抑えることが出来るかもしれません。 最後に 今回はコトダマンのバッテリー消費について書いていきました。 私は基本充電しながらやってるので気にはしてないですが、やっぱ外出中に電池切れたら嫌ですよね。 今のうちに設定しておいて電池が切れるのを回避しておきましょう。 コトダマン面白いので長くやるためにもちゃんと準備を! それではこの辺で! でわでわ~ノシ よければtwitterフォローお願いします!.

次の