リュック サック 洗い 方。 汚れたリュックの洗濯術!自宅で簡単に丸洗い

リュックサックを洗濯機で洗ってみたら簡単だったよ

リュック サック 洗い 方

夏といったら山! などと言って山に通い続けた結果、異常な量の汗や砂に曝され続けた愛用の登山用リュック(バックパック)が尋常じゃない香りを放ち始め、道中の電車で「臭いの誰だよ」みたいな雰囲気を醸し出すのが限界なので、この度ついにリュックを洗濯することにした。 洗濯してみたらさっぱりといい匂いになって次の山行が楽しみになったし、僕のリュックは思ったよりも汚れていて、半年に1度は洗濯して手入れしてあげたいと思った。 今回は登山用のリュックの洗濯の方法をまとめていこう。 リュックの洗濯に必要なモノ まずは洗濯に必要なモノを挙げていく。 ・リュック(バックパック) ・洗剤 ・ぬるま湯 ・大きいバケツか桶 以上。 あとは必要に応じて次の2つ。 ・スポンジ(特に汚れが気になるとき) ・撥水スプレー(撥水加工したいとき) 洗剤は中性洗剤が良い。 通常の衣類用洗剤はほとんどが中性なのでそのまま使用できることが多い。 大きいバケツは我が家に見当たらなかったため、今回はバスタブを召喚。 スポンジと撥水スプレーは省略した。 なお、今回洗うバックパックはカリマーのリッジ40。 日帰り登山から2泊3日のテント泊縦走まで対応する圧倒的オールラウンダー。 リュックの洗濯の流れ リュックの手入れの大まかな流れは以下の通り。 リュックを分解する 2. お湯に洗剤を入れてジャブジャブ手洗い(スポンジ洗い) 3. すすいで干す(撥水スプレーをする) 4. 分解したパーツを戻して完了! 非常に簡単である。 各工程を細かく説明していこう。 リュックを分解する まずは、リュックの中身を全部出す。 ファスナーは全開にしてストラップも緩めておく。 次に、リュックを分解していく。 タウンユースのリュックは分解できるパーツがないこともあるが、登山用のバックパックであればウェストベルトを取り外しできる場合が多い。 パッと見では分からないが、リッジ40はウェストベルトの裏をマジックテープで固定されている。 他にも、背面のプラスチック板が取外せる場合はこれも外す。 これで洗濯の前準備は整った。 お湯と洗剤で手洗いする バケツにはったお湯に洗剤を入れてリュックをダイブ。 手でジャブジャブと押し洗いする。 特にポケットの中には砂が溜まりやすく、背中や腰のクッション部分には汗が染み込んでいるので念入りに洗う。 他にも汚れが気になる場合はスポンジを使って汚れを落とす。 バスタブを使う場合、あまり多くお湯をはると洗うのが大変なので水深は20センチほどあれば十分だ。 洗い終わったときのバスタブ。 おぞましい色をしている… すすいで陰干しし、乾いたらリュックを戻して完成 十分に洗ったら、今度はすすぎ。 これも、ポケットの中などは念入りに。 今回はすすぎを3回してやっとキレイになった。 撥水スプレーには濡れているタイミングで使うタイプと乾いたあとに使うタイプがあるので使用法に合わせて使用する。 おすすめなのはアウトドア用品全般に使えるこのスプレー(濡れているときに使用する)。 参照: キレイになったら水気を切って陰干しする。 ここでもポケットとクッション部分の水気は抜けにくいので注意する。 干すときは直射日光が当たらなくて風通しが良いところがベスト。 できれば丸1日以上干してしっかり乾かしたい。 干すときはできるだけ空気が入るように、洗濯物干しを駆使するといい感じに仕上がる。 こんな感じ。 リュックが完全に乾いたら、洗濯前に取り外したパーツを元に戻して完成。 ストラップの長さも調節して形をキレイに整えてあげると型崩れも防げる。 まとめ リュックはあまり汚れが目立つこともないし、洗濯されることがあまりない。 そもそも、リュックを洗濯する発想がない人も多いだろう。 それでも確実に汚れや汗は生地を痛めていく。 大切にしたいリュックこそ、シーズン終わりなどタイミングを決めて手入れして、長く使いたいものだ。 written by 南蒼樹. 2017. 08追記 最近は手洗いが面倒で、洗濯機で洗うようになった。 手順は同じ。 洗剤はファイントラックのオールウォッシュが非常に優秀で愛用中。

次の

リュックの汚れを洗濯で落としたい!適切な洗い方と気をつけたい2つのポイント

リュック サック 洗い 方

こんにちは。 もしかしてあなたも、ご家族で山や海、屋外へ行楽に出掛けることが多いのではないでしょうか? 家族で出掛けるハイキングは楽しいモノですが、 問題はリュックなどの重い荷物ですよね。 行きはギューギューに荷物が詰め込んであり、重くて閉口することがあります。 帰りは、食べモノや飲みモノが空になるので行きよりも軽くなっているハズなのですが、行きとは逆に、疲労が溜まってくるため重く感じます。 リュックにつめた荷物は、 行きも帰りも重く感じてしまいますよね。 実はこれ、リュックの重さというよりも 背負い方が悪くて疲れることが多いのです。 チョット歩いただけでもヘトヘトに疲れるときのリュックの背負い方は、リュックの上部が背中から離れ、後の方へ突き出る形になっているはずです。 これだと、体に無理な姿勢を強いることになり、肩や腰が常に緊張状態にあるため、よけいに疲れてしまうのです。 そこで今回は、リュックの背負い方を変えるだけで疲れないコツ!ということで• 背負い方のコツ• 荷物のつめ方を工夫する• 背負う時の注意点 などをお伝えしていきますので、ぜひ最後までご覧ください。 重いモノを上のスペース(A)に入れた場合と、下のスペース(B)に入れた場合の矢印の長さに注目してください。 (A)に比べて(B)の矢印の方が長いことに気がつきます。 この長さが長くなれば長くなるほど、より重さを感じ負担が増します。 この図で見ると矢印の距離が(A)よりも長い(B)の方が、負担が大きいのです。 逆に言えば、• 重い荷物を(A)のスペース• 軽い荷物は(B)のスペース に入れることで、重さを感じづらく負担を軽減することが出来ます。 こういった理由から、リュックに詰める荷物の位置を工夫することによって負担が驚くほど違ってくることがわかりましたね。 筋トレも兼ねて山に登るという男性ならともかく、小さなお子さん連れのママさんには特にオススメの方法です。 やわらかい詰め物をしよう! 重いモノを上に入れたほうが楽にリュックを背負えることが分かりました。 ここで、もう一つリュックを楽に背負うコツをお教えします。 それは、 背中にあたる部分には固いものを入れないということです。 これは、なんとなくイメージが湧くのではないでしょうか? 背中にあたる部分に固いものを入れてしまうと、ゴワゴワして痛いです。 痛いだけでも嫌ですが、背中に固いものが当たることによって血行を悪くし、それが原因で筋肉のコリや頭痛、疲労を誘発する原因にもなりかねません。 実際、僕もリュックの背負い方が悪かったときは、すぐに肩がコリ、頭痛がして、すぐにヘバッてしまっていました。 最近のリュックは背中にあたる部分には負担がかからないよう工夫されクッション性の良いものもありますが、クッション性があまりよくないモノを使っている場合には、 背中には固いものが当たらないようにする まずは、このことを守ってみて下さい。 これだけでも、そうとう負担が軽減されますよ。 スポンサーリンク 3. さらにリュックを背負うときの注意点! また、リュックの背負い方がまずいと疲労だけではなく、肩や背中に荷物がこすれてその部分が痛くなることがあります。 その場合は以下の2点に注意してみて下さい。 ショルダーベルトが緩すぎずキツすぎないか? ショルダーベルトが ゆるすぎると、歩くたびにリュックの中の荷物が揺れて、肩にこすれが生じます。 また、 きつ過ぎても肩を圧迫し血流が滞るので良くありません。 短いコースや荷物が軽い場合などは、あまり気にすることもありませんが、長いコースを歩くときや、重い荷物を背負っていく場合などには注意が必要です。 程よいショルダーベルトの締め方ですが、リュックを背負った状態で、 ショルダーベルトと肩との間に軽く指が入る程度に調整しましょう。 ウエストベルトが緩すぎずキツすぎないか? これも上のショルダーベルトと同様に、 ゆるすぎてもきつすぎてもいけません。 ウエストベルトが無いタイプのリュックもありますが、ウエストベルトがある場合、ウエストベルトを腰骨に合わせて締めます。 締める際も ウエストとベルトの間に軽く指が入る程度に調整しましょう。 まとめ それでは、最後に疲れないリュックの背負い方のコツをおさらいしましょう。 重い荷物は肩から近い位置(図Aの位置)につめる• リュックと背中が触れ合う部分には柔らかい詰め物をする• ショルダー・ウェストなどのベルト部分は緩すぎずキツすぎないぐらいに締める リュックへの正しいリュックの背負い方をすれば疲れも軽減でき、それによって怪我や事故も回避できるかもしれません。 さらに、小さな子どもを持つママさんは、遠足やピクニックなどのイベントでは人目にも配慮しなければなりません。 疲れ知らずのリュックの背負い方をマスターして、かっこよく華麗にイベントをこなしたいところです。 この記事での背負い方を参考にしていただき、快適でケガのない楽しい旅を迎えられることを切に願います。 子どもとの遠足をかっこよく颯爽(さっそう)とこなすなら。

次の

汚れたリュックの洗濯術!自宅で簡単に丸洗い

リュック サック 洗い 方

ポリエステル素材のリュックの洗い方 リュックは洗濯機ではなく、手洗いしましょう。 革製品のリュックは手洗いもできませんが、ポリエステル素材のリュックなら、水洗いできるか洗濯表示を見て、確認してみてください。 そこで大丈夫なら、手洗いしましょう。 リュックの中身を取り出して、埃やゴミを取っておきましょう。 汚れが目立つ部分はその箇所を水で濡らし、中性洗剤をつけたブラシ等で部分洗いをしておきます。 洗濯おけにリュックが沈むくらい水を張って、中性洗剤を入れます。 リュックを洗濯おけに沈め、押し洗いをしていきましょう。 特に背中の部分や肩の部分などは汗が染み込みやすい部分です。 そこを集中的に洗うと良いでしょう。 汚れが落ちたら水を捨てて、綺麗な水を張り、リュックをすすいでいきます。 泡が出なくなるまで繰り返しましょう。 すすぎ終わったら脱水をします。 十分に脱水ができたら完了です。 リュック洗いのポイント 手洗いすると思うと少し面倒かもしれませんが、汚れが軽いうちに手洗いをしておけば、そこまでお手入れは大変ではありません。 汚れがひどくなると、どうしても時間がかかってしまいますが、汚れが少ないうちなら、軽く洗うだけで完了します。 ポリエステル素材のリュックは、丸洗いをしなくても、中性洗剤を水で薄めてそれをスポンジを使って汚れをさっと拭くだけでも汚れは落ちていきます。 最後にタオルで洗剤の成分を拭き取れば終わりですので、リュックは汚れが浅いうちにお手入れするのがおすすめです。 乾燥は自然乾燥がおすすめ リュックを丸洗いをしたら、自然乾燥をさせていきましょう。 直射日光が当たると、リュックの生地が傷める可能性があるので、風通しの良い場所で陰干しをしていきます。 乾燥機やドライヤーを使用すれば早く乾くと思いますが、リュックの生地にとって悪影響となるので、あくまでも自然乾燥がおすすめです。 乾燥する時にはリュックの型崩れにも気を付けたいですね。 干し方ですが、リュックを広げて干すのがおすすめです。 いずれにしても、チャックは開けて干さないと中が乾きにくくなるので、チャックは開けて干すようにしましょう。 リュックが洗い終わったら撥水スプレーを使用しよう リュックの撥水機能を高めるのが、撥水スプレーです。 こちらを使用すると、リュックがより長持ちしやすくなりますよ。 汚れや雨がつきにくくなるスプレーですので、是非こちらを使用していきましょう。 色々な撥水スプレーが販売されているのですが、今はAmazonなどで格安に購入することができます。 店頭で購入するより、便利ですので、是非Amazonなどを利用して購入すると良いと思います。 Check !ポリエステル素材のリュックの洗い方【まとめ】 ・ポリエステル素材のリュックは手洗いがおすすめ ・洗う前に洗濯表示を必ず確認する ・汚れが軽いうちに洗えば、手間なく簡単に洗うことができる ・リュックが洗い終わったら自然乾燥をする ・撥水スプレーを最後にするとリュックが長持ちする このように今回はポリエステル素材のリュックの洗い方について、ご紹介してきました。 手洗いするのがどうしても面倒という方もいるかもしれませんが、丸洗いしたとしても時間は10分前後でしょう。 そこまで手間ではありません。 大切なリュックを長持ちさせるためにも、是非、優しく洗ってあげてくださいね。 最後に撥水スプレーをすれば次に洗う手間が少なくなるでしょう。

次の