みずほ 銀行 お客様 番号。 みずほ銀行のインターネットバンキング「みずほダイレクト」の申込と利用方法

みずほ銀行のインターネットバンキング「みずほダイレクト」の申込と利用方法

みずほ 銀行 お客様 番号

メニュー番号 9 サービスメニュー 受付時間 ATM・その他の商品・サービス 平日 9時00分~21時00分 土・日曜日 9時00分~17時00分• なお、12月31日は9時00分~17時00分の受付となります。 75歳以上の方には、お取引店へのご連絡をお願いする場合があります。 受付時間は9時00分~17時00分です(ただし、祝日、振替休日、12月31日~1月3日を除きます)。 受付時間は9時00分~17時00分です(ただし、祝日、振替休日、12月31日~1月3日を除きます)。 みずほダイレクト 不正利用に関するお問い合わせ 0120—324—878 海外からはご利用いただけません 海外からはご利用いただけません 受付時間: 平日 9時00分~21時00分 土・日曜日、祝日・振替休日 9時00分~17時00分• 上記以外の時間は下記へご連絡ください。 0570—099—324[通話料有料] 上記以外の時間は下記へご連絡ください。 [通話料有料]• iDeCo(個人型確定拠出年金) 0120—867—401 フリーダイヤルをご利用いただけない場合 045—949—6250[通話料有料] フリーダイヤルをご利用いただけない場合 [通話料有料] 受付時間: 平日 9時00分~21時00分 土曜日 9時00分~17時00分• 確定拠出年金コールセンターでは、日曜日、祝日・振替休日のオペレーター対応を休止させていただいております。 なお、コールセンターの対応につきましては、のウェブサイトをご確認ください。 みずほ銀行では、申込書類受付後の事務処理で通常より時間がかかり、ご希望通りのスケジュールで進まない場合がございます。 お客さまとの通話は、電話応対の品質向上とお問い合わせ内容の確認のため、録音させていただく場合があります。 あらかじめご了承ください。

次の

みずほ銀行のインターネットバンキング「みずほダイレクト」の申込と利用方法

みずほ 銀行 お客様 番号

店名・店番号、お取引口座番号、お客さま番号について Q1 店名・店番号、口座番号、お客さま番号に変更はありますか? A1-1 店名・店番号に変更はございません。 これまでどおりご利用いただけます。 A1-2 口座番号については、以下のとおり、変更となる商品がございます。 口座番号の変更有無 商品名 口座番号の変更なし 普通預金、当座預金 口座番号の変更あり 外貨流動性預金(変更後商品名:外貨普通預金)、投資信託 また、以下の商品には、これまで口座番号はございませんでしたが、新システム移行後は新たに口座番号を設定いたします。 口座番号の変更や新たな設定にともなう新しい口座番号については、新システム移行後、お知らせいたします。 口座番号の変更以外の各種商品・サービスの変更点については、Q6~Q25に記載しておりますので、あわせてご覧ください。 お客さま番号が変更となりましても、お取引には影響ございません。 そのため、新しい口座番号はお知らせいたしますが、お客さま番号のお知らせはございません。 残高証明書発行をご希望されるお客さま Q5現在、残高証明書の発行を依頼していますが、何か変更はありますか? A5新システム移行後の残高証明書における主な商品・サービス別の記載業務分野は以下のとおりです。 定例発行:業務分野単位ごと1通あたり324円(税込) 個別発行:業務分野単位ごと1通あたり756円(税込) 定例発行手数料の自動引落日につきましては、以下のとおり変更となります。 「残高証明書発行手数料の引き落としのお知らせ」のご案内につきましては、事前のご案内から事後のご案内に変更となります。 通帳・入金帳をご利用のお客さま Q6現在利用している通帳・入金帳は、これまでどおり利用できますか? A6新システムへの移行後は、すべての通帳・入金帳がご利用いただけなくなります。 お切り替えにつきましては、期限はございませんので、ご来店される際に、現在ご利用いただいている通帳・入金帳をお持ちください。 なお、お切り替えのためだけにご来店いただく必要はございません。 また、お切り替えにともない、以下のとおり、各種通帳の名称が変更となります。 くわしくは、Q19をご覧ください。 くわしくはみずほ信託銀行の窓口へお問い合わせください。 Q9新しい通帳・入金帳について記帳はどのようになりますか? また、お切り替え前の通帳に記帳されていない明細は、お切り替え後の新しい通帳に記帳されます。 ただし、すでにご解約済みの金銭信託「オールウェイズ」につきましては、お切り替え前の通帳に記帳されていない明細は、お切り替え後の新しい通帳には記帳されません。 通帳に記載されていない明細がございましたら、新システム移行までに記帳をお願い申しあげます。 なお、新システム移行後、通帳記帳のお取り扱いにつきましては、以下のとおり変更となります。 通帳名称(現名称) 変更前 変更後 信託総合口座通帳 みずほ信託銀行窓口、通帳記帳機 みずほ信託銀行窓口、みずほ銀行ATM 普通預金通帳 定期預金通帳 外貨流動性預金通帳 みずほ信託銀行窓口のみ(変更なし) ひかり通帳 みずほ信託銀行窓口、通帳記帳機 みずほ信託銀行窓口のみ ポケット(積立貯蓄)通帳 いしずえ(金銭信託型)通帳 オールウェイズ・ヒット・スーパーヒット通帳 通知預金通帳 みずほ信託銀行窓口のみ(変更なし) 当座勘定入金帳 普通預金をご利用のお客さま Q13普通預金に変更はありますか? A132019年7月16日(火)以降、既存のご契約を含め、利息入金日が変更となります。 また、リーフ口(ぐち)のお取り扱いが可能となります。 発行のサイクルは、日次・週次・月次の中からお選びいただけます。 なお、他の方式(「通帳」、「証書」)との併用はできません。 信託総合口座をご利用のお客さま Q14信託総合口座に変更はありますか? A142019年7月16日(火)以降、既存のご契約を含め、 「信託総合口座」は「総合口座」に名称が変わります。 なお、総合口座内でお取り扱い可能な取引から、信託および公共債が対象外となります。 また、貸越限度額につきましては、 2019年7月12日(金)以前にお申込みいただいた契約と、2019年7月16日(火)以降にお申込みいただく契約でお取り扱いが異なります。 変更前 変更後 商品名 信託総合口座 総合口座 対象取引 信託、預金(定期・普通)、公共債、当座貸越• 預金(定期・普通)、当座貸越• 総合口座の開設時期により、以下のとおり、貸越限度額が異なります。 A15「自由金利型定期預金(M型)(愛称:スーパー定期)」は「スーパー定期」に、「自由金利型定期預金(愛称:大口定期預金)」は「大口定期預金」にそれぞれ名称が変わり、サービス内容が一部変更となります。 利息額は満期日で調整されますので、約定利率が同じ場合、変更前と変更後での利息の総額に変更はございません。 ただし、払い出しの内容によりましては、適用金利が下がることもございます。 詳しくは、お取引部店にお問い合わせください。 利息額は満期日で調整されますので、約定利率が同じ場合、変更前と変更後での利息の総額に変更はございません。 Q19「貯蓄の達人」に変更はありますか? A19変更点がございます。 なお、みずほ信託銀行でお申し込みのご契約とみずほ銀行でお申し込みのご契約とでは変更内容が異なります。 以下をご覧ください。 信託設定時:「信託設定のお知らせ」• 3、6、9、12月末基準:「信託契約残高のお知らせ」 満期償還金の入金手続(自動継続以外のご契約) 満期に際して、入金先の預金口座のご指定をいただく必要がございます。 (通帳をご返却いただく必要はございません) これにより未記帳部分の記帳ができなくなるため、未記帳部分の記帳をご希望のお客さまは事前にお手続きください。 変更前 変更後 「信託契約残高のお知らせ」送付サイクル 6ヵ月ごと 3ヵ月ごと• 次回のご案内は、7月13日 土 ~9月30日 月 をご報告対象期間とした内容で、10月中旬頃にお送りいたします。 それ以降は、ご報告対象期間を3ヵ月とした内容で、3ヵ月ごと 毎年3・6・9・12月末 基準とし、各月の翌月中旬頃にお送りいたします。 グループ口座サービスをご利用のお客さま Q20グループ口座サービスに変更はありますか? A202019年7月16日(火)以降、既存のご契約を含め、みずほ銀行通帳に記載される本サービスの表記が変更となります。 また、新システム移行にともない、みずほ銀行からみずほ信託銀行への振込手数料が変更となります。 このため、本サービスの利用口座として指定されたみずほ銀行普通預金口座から、みずほ信託銀行本支店へのお振込で、一定の条件を満たす場合に行っておりますみずほ信託銀行の本支店扱手数料との差額のキャッシュバックは 終了となります。 新システムへの移行にあたり、みずほ銀行ATMご利用時における、みずほ信託銀行キャッシュカード・通帳の利便性が向上します。 みずほ信託銀行キャッシュカードでのお振込が可能となります。 1日あたり振込限度額の初期設定は50万円となります。 新通帳へお切り替え後、総合口座通帳、普通預金通帳、定期預金通帳の記帳が可能となります。 なお、ひかり通帳、オールウェイズ通帳等の記帳は、窓口のみのお取り扱いとなります。 暗証番号変更、ご利用限度額照会・変更が可能となります。 新システム移行後のATMご利用時間、ご利用手数料は以下のとおりです。 なお、みずほ銀行ATMの機能拡大にともない、みずほ信託銀行通帳記帳機は廃止いたします。

次の

ヘルプ・お問い合わせ(よくあるご質問)

みずほ 銀行 お客様 番号

店名・店番号、お取引口座番号、お客さま番号について Q1 店名・店番号、口座番号、お客さま番号に変更はありますか? A1-1 店名・店番号に変更はございません。 これまでどおりご利用いただけます。 A1-2 口座番号については、以下のとおり、変更となる商品がございます。 口座番号の変更有無 商品名 口座番号の変更なし 普通預金、当座預金 口座番号の変更あり 外貨流動性預金(変更後商品名:外貨普通預金)、投資信託 また、以下の商品には、これまで口座番号はございませんでしたが、新システム移行後は新たに口座番号を設定いたします。 口座番号の変更や新たな設定にともなう新しい口座番号については、新システム移行後、お知らせいたします。 口座番号の変更以外の各種商品・サービスの変更点については、Q6~Q25に記載しておりますので、あわせてご覧ください。 お客さま番号が変更となりましても、お取引には影響ございません。 そのため、新しい口座番号はお知らせいたしますが、お客さま番号のお知らせはございません。 残高証明書発行をご希望されるお客さま Q5現在、残高証明書の発行を依頼していますが、何か変更はありますか? A5新システム移行後の残高証明書における主な商品・サービス別の記載業務分野は以下のとおりです。 定例発行:業務分野単位ごと1通あたり324円(税込) 個別発行:業務分野単位ごと1通あたり756円(税込) 定例発行手数料の自動引落日につきましては、以下のとおり変更となります。 「残高証明書発行手数料の引き落としのお知らせ」のご案内につきましては、事前のご案内から事後のご案内に変更となります。 通帳・入金帳をご利用のお客さま Q6現在利用している通帳・入金帳は、これまでどおり利用できますか? A6新システムへの移行後は、すべての通帳・入金帳がご利用いただけなくなります。 お切り替えにつきましては、期限はございませんので、ご来店される際に、現在ご利用いただいている通帳・入金帳をお持ちください。 なお、お切り替えのためだけにご来店いただく必要はございません。 また、お切り替えにともない、以下のとおり、各種通帳の名称が変更となります。 くわしくは、Q19をご覧ください。 くわしくはみずほ信託銀行の窓口へお問い合わせください。 Q9新しい通帳・入金帳について記帳はどのようになりますか? また、お切り替え前の通帳に記帳されていない明細は、お切り替え後の新しい通帳に記帳されます。 ただし、すでにご解約済みの金銭信託「オールウェイズ」につきましては、お切り替え前の通帳に記帳されていない明細は、お切り替え後の新しい通帳には記帳されません。 通帳に記載されていない明細がございましたら、新システム移行までに記帳をお願い申しあげます。 なお、新システム移行後、通帳記帳のお取り扱いにつきましては、以下のとおり変更となります。 通帳名称(現名称) 変更前 変更後 信託総合口座通帳 みずほ信託銀行窓口、通帳記帳機 みずほ信託銀行窓口、みずほ銀行ATM 普通預金通帳 定期預金通帳 外貨流動性預金通帳 みずほ信託銀行窓口のみ(変更なし) ひかり通帳 みずほ信託銀行窓口、通帳記帳機 みずほ信託銀行窓口のみ ポケット(積立貯蓄)通帳 いしずえ(金銭信託型)通帳 オールウェイズ・ヒット・スーパーヒット通帳 通知預金通帳 みずほ信託銀行窓口のみ(変更なし) 当座勘定入金帳 普通預金をご利用のお客さま Q13普通預金に変更はありますか? A132019年7月16日(火)以降、既存のご契約を含め、利息入金日が変更となります。 また、リーフ口(ぐち)のお取り扱いが可能となります。 発行のサイクルは、日次・週次・月次の中からお選びいただけます。 なお、他の方式(「通帳」、「証書」)との併用はできません。 信託総合口座をご利用のお客さま Q14信託総合口座に変更はありますか? A142019年7月16日(火)以降、既存のご契約を含め、 「信託総合口座」は「総合口座」に名称が変わります。 なお、総合口座内でお取り扱い可能な取引から、信託および公共債が対象外となります。 また、貸越限度額につきましては、 2019年7月12日(金)以前にお申込みいただいた契約と、2019年7月16日(火)以降にお申込みいただく契約でお取り扱いが異なります。 変更前 変更後 商品名 信託総合口座 総合口座 対象取引 信託、預金(定期・普通)、公共債、当座貸越• 預金(定期・普通)、当座貸越• 総合口座の開設時期により、以下のとおり、貸越限度額が異なります。 A15「自由金利型定期預金(M型)(愛称:スーパー定期)」は「スーパー定期」に、「自由金利型定期預金(愛称:大口定期預金)」は「大口定期預金」にそれぞれ名称が変わり、サービス内容が一部変更となります。 利息額は満期日で調整されますので、約定利率が同じ場合、変更前と変更後での利息の総額に変更はございません。 ただし、払い出しの内容によりましては、適用金利が下がることもございます。 詳しくは、お取引部店にお問い合わせください。 利息額は満期日で調整されますので、約定利率が同じ場合、変更前と変更後での利息の総額に変更はございません。 Q19「貯蓄の達人」に変更はありますか? A19変更点がございます。 なお、みずほ信託銀行でお申し込みのご契約とみずほ銀行でお申し込みのご契約とでは変更内容が異なります。 以下をご覧ください。 信託設定時:「信託設定のお知らせ」• 3、6、9、12月末基準:「信託契約残高のお知らせ」 満期償還金の入金手続(自動継続以外のご契約) 満期に際して、入金先の預金口座のご指定をいただく必要がございます。 (通帳をご返却いただく必要はございません) これにより未記帳部分の記帳ができなくなるため、未記帳部分の記帳をご希望のお客さまは事前にお手続きください。 変更前 変更後 「信託契約残高のお知らせ」送付サイクル 6ヵ月ごと 3ヵ月ごと• 次回のご案内は、7月13日 土 ~9月30日 月 をご報告対象期間とした内容で、10月中旬頃にお送りいたします。 それ以降は、ご報告対象期間を3ヵ月とした内容で、3ヵ月ごと 毎年3・6・9・12月末 基準とし、各月の翌月中旬頃にお送りいたします。 グループ口座サービスをご利用のお客さま Q20グループ口座サービスに変更はありますか? A202019年7月16日(火)以降、既存のご契約を含め、みずほ銀行通帳に記載される本サービスの表記が変更となります。 また、新システム移行にともない、みずほ銀行からみずほ信託銀行への振込手数料が変更となります。 このため、本サービスの利用口座として指定されたみずほ銀行普通預金口座から、みずほ信託銀行本支店へのお振込で、一定の条件を満たす場合に行っておりますみずほ信託銀行の本支店扱手数料との差額のキャッシュバックは 終了となります。 新システムへの移行にあたり、みずほ銀行ATMご利用時における、みずほ信託銀行キャッシュカード・通帳の利便性が向上します。 みずほ信託銀行キャッシュカードでのお振込が可能となります。 1日あたり振込限度額の初期設定は50万円となります。 新通帳へお切り替え後、総合口座通帳、普通預金通帳、定期預金通帳の記帳が可能となります。 なお、ひかり通帳、オールウェイズ通帳等の記帳は、窓口のみのお取り扱いとなります。 暗証番号変更、ご利用限度額照会・変更が可能となります。 新システム移行後のATMご利用時間、ご利用手数料は以下のとおりです。 なお、みずほ銀行ATMの機能拡大にともない、みずほ信託銀行通帳記帳機は廃止いたします。

次の