恐竜 下位分類。 主竜類

恐竜の絶滅後、なにが起こった? 地球の生態系の歴史を振り返る

恐竜 下位分類

本格的・学術的な調べ物にはちゃんとした資料を参照しましょう。 恐竜(きょう)とは、 したである。 の一として分類され、三畳紀中期(2億0万年以上前)から亜紀末(6年前)まで繁栄した。 ほどの大きさから全長m以上まで様々な大きさ・形態のものが現れ、を残してした。 定義と特徴 頭 的な会話では、分類学上の恐竜に限らず・・首長、場合によってはやイクチオステガまで、して似たものがいないまたは四肢のこと全般が「恐竜」と呼ばれがちである。 しかし学上ではより狭い範囲に限定されており、定義の表現し方は二通りある。 学的な定義:後肢が前から見て地面に垂直になるような盤の構造をしており、その盤に3つ以上の脊椎の 仙椎 があるが恐竜である。 分岐学的な定義:とそれぞれから祖先をさかのぼっていき、最初に一致したからしたは全て恐竜である。 学的な定義の方が先にあったものだが、学的な定義は分岐学的な定義を具体的にどんなをすのか言い換えたものといえる。 分岐学的な定義でははすでに恐竜に含まれている。 単に恐竜と言った場合、「非恐竜」をすことが多い。 また恐竜といえば巨大なものと思いがちだが、実際は大きさは関係ない。 を含めて恐竜と言った場合、最小の恐竜は 5、2g である。 を除くと、数十ほどのものが何種類か見つかっている(全体から見るとりに大きいとは言える)。 のの中ではが近縁で、などいくつかの他のしたものと合わせて類というを成す。 元々は後肢がほぼ左右に向かって伸び、這いつくばった姿勢であった。 しかし類は後肢が地面に垂直になる(直立歩行という)傾向があった。 類の中から二足歩行する小のものが現れ、さらに全に直立歩行になることで恐竜にした。 歩行の恐竜も二足歩行の名残りでが後肢に寄っており、前肢が短いものが多かった。 またにべると胴体の柔軟性が低く、より腱や格で胴体を支える傾向があった。 二足歩行だった、または歩行でもがに寄っていたのは、直立歩行になったことで後肢を後ろに蹴ったときに胴体を起こすようなが発生することに対応したためと考えられる。 後肢を蹴るにより前肢が浮きやすくなったため、曲がりにくい胴体をに保ちながら後肢だけでようになったようだ。 の場合は逆に前肢が浮かないように重量を分配していて、のようにしなやかな胴体の動きが四肢と連動しているものまでいる。 直立歩行により体重を支えやすく、また長しやすくなったことは他の這いつくばった姿勢のに対するテージとなった。 しかし三畳紀後期の変化を乗り切って繁栄することができたのは、排に要する分の節約、高い呼吸など、他のにない当時のに適合した特徴のためであると言われる。 歴史 三畳紀中期~後期 2億5200万年前~ 全てのが地続きになって「ゲア」を形成、は分布を広げやすかった。 はシダや裸子(針葉や等の)が中心だった。 現代のような原はずっと後まで現れない。 単類や、類などの様々なが繁栄しており、単類からは、類からは、、そして恐竜がした。 特に原始的な恐竜はにで見つかっており、恐竜の起は南にあったと考えられている。 しかしによると、三畳紀前期に他の地域で誕生していた可性もある。 最初の恐竜は小で二足歩行だったと考えられる。 者としての多い脚類はおおむね4m以下と小だったが、一部は6mほどに達した。 脚形類に属する一部の食恐竜はすでに10mほどまで大化していた。 ジュラ紀前期~中期 2億100万年前~ 三畳紀末の大により、他の陸生は減少。 ス類や原始的なテ類に属する食恐竜が、本格的に大化を始めた。 この頃にはすでにコロス類に属するに近縁な恐竜がいたという間接的な拠がある。 プオス類などの脚形類の食恐竜が繁栄したが、その中で原始的な脚類も多様化しつつあった。 ジュラ紀後期 1億6350万年前~ ゲアが、南のドワナと北のに分離しつつあった。 高濃度・低湿度という下で針葉は大きく生長したが栄養価は低くなった。 ンチスやなど、ジュラ紀後期特有の脚類が本格的に繁栄・大化し、一部は全長mをえた。 また類や脚類も繁栄し、一部は大化。 それに合わせるように、ス類・ス類・類に属する、典的な大食恐竜も繁栄した。 また、小の恐竜の多様性も増し、原始的な類やを含んだ恐竜(コロス類)に代表される、後の亜紀に繁栄することになる恐竜も現れ始めていた。 白亜紀前期 1億4500万年前~ の分裂が進み、これ以降陸生の分布は、そのの上でのつながりがどうなっていたかに大きく左右されることになった。 温暖な気の元面がかなり上昇し、浅いが広がった。 またエクトゥスのような被子(立つの咲く)も見られるようになった。 ジュラ紀的な脚類や類はほとんど姿を消し、アに属する亜紀的な脚類や脚類が繁栄した。 また、類や原始的な類も多様化しつつあった。 類の食恐竜は引き続き繁栄していた。 ス類と、ス類からした類は、南のドワナ由来ので特殊化し独自の地位に着いた。 やコロス類はさらに多様性を増した。 その中には、すでに高度な飛行を得た、食を捨て食に適応したものまでいた。 白亜紀後期 1億50万年前~ 陸が未だと分離していたりする以外は、ほぼののがした。 引き続き温暖な気で被子が繁栄し、これは食恐竜のにもを与えたと考えられる。 ・北では、脚類・類・堅頭類・類が大繁栄した。 類は姿を消し、類が大化して要な者の位置についた。 コロス類は繁栄を極め、と変わらないも現れた。 や南では、的な恐竜の一部が進入していたが、引き続きアの脚類と、ス類・類・類の脚類が繁栄し、一部はかなり大化した。 アはや北にも見られた。 新生代 6600万年前~ 一部のを除く全ての恐竜が を参照。 だけはその後も繁栄を続けた。 各分類群の特徴 盤の特徴によって盤類と盤類に大別され、さらに以下のように分かれる。 この系統に例示した個別の恐竜には個別の記事があり、それぞれの分類群について詳述している。 「代表的な種類」には、それぞれの分類群のさらに細かい分類とその中でも重要な種類(有名なもの、内産のもの、なるべく各のを辿れるもの、重要なをもたらしたもの、のあるもの)、その分類群の特徴を挙げた。 分類は研究者の意見によって異なることもあり、またここで使っている分類は必ず正確ではなく、細かいを全て網羅しているものでもない。 獣脚類 いわゆる「食恐竜」と言われるもの。 恐竜の代表格からにごく近縁なもの、あるいは自体まで非常に様々な種類を含む。 二足歩行。 前後に長い頭部、長めの首、状の胴体、長い後肢と尾、短めの前肢、鋭い牙、またはのないクチバシを持つ。 を持っていたとされるものも多い。 以外にも格に的な特徴が多い。 また恐竜の中では体重の割に特に容積が大きく、一部のものではの準に達していた。 一般に大のものは腕よりもの方が発達しており、頭部が大化していてもが多く軽量で、衝撃を吸収する構造になっていた。 大種がをした場合は、腕で獲物を押さえつけるよりもでを大きく削ぎ取ったか噛み砕いたと考えられている。 またクチバシがありがないもの、があってもを切り裂けないような形のものは的に食に適応したのだと言われる。 代表的な種類 ヘス類 ヘス、グエス、スス 特に原始的。 脚類に含めないことが多い。 基盤的脚類/コィシス類 エオドロマエウス/コィシス、エン、ポドケス、プノス、 細長い体形をしており、小から中。 ス類 ス、フロス、カルノ、ュンガス、ス ス科を除きやや大。 手が4本残っている。 ス類 ピアトニツキス、エウストレプトスス、ス、トルヴォス、ヴェナトル ここから下は尾があまり曲がらないテ類。 やや後肢の短いオーソドックスな食恐竜。 類 バニクス、スコミムス、イトル、 長い吻部と円錐形のを持ち、食に適応したとみられる。 ス類を含めることが多い。 類 モノォス、、ヤンチュアノス、イラプトル、コンカヴェナトル、アクントス、カロトス 標準的な中~大食恐竜。 やや軽量な体つきで、が鋭く前肢親のが大きい。 ソグナトゥス類 ソグナトゥス、ジュェナトル、スキピオニクス、サウロプテス、カプテス ここから下がコロス類。 小で身軽。 原を持つ。 類 グ、ラプス、ス、テラトフォス、ス、ラス、 最初は他のコロス類と大差なかったが次第に独自に大化した。 前肢が特に小さい。 大のものほどがっしりとした体形。 オルミムス類 ミムス、デケス、ディミムス、ミムス、オルミムス いわゆる恐竜。 クチバシを持つ。 後肢や首だけでなく手も長い。 及び葉食、または食とされる。 オヴィラプトル類 キシヴォス、ディプテス、ャンゲ、オヴィラプトル、キロステノテス 丸っこい頭と高さのあるクチバシ、短い尾、大きな手を持つ。 及び果実食とされる。 類 カリウス、セグノス、ャス、ノスロニクス、 どっしりした胴体、巨大な鉤など特異な体形。 食とされる。 ヴァス類 ハケス、ヴァス、パタゴニクス、モノニクス、シュヴウイア オルミムス類に似るがずっと小で前肢はとても太短く、手は大きなのある1本以外退化。 エプ エピデンドロス、ルニス、オ、、デニクス、ラプトル、、 いわゆるラプトル。 原始的なであるともされるほどに近い。 分岐学上は自体も含む。 竜脚形類 「恐竜」のどおりの姿をしたものの。 ジュラ紀中期から亜紀にかけてし、一部のものは全長mをえたことは確実とされる。 特に原始的なものの一部を除き歩行、食性。 小さな頭、長い首と尾、状の胴体、柱のような四肢を持つ。 格には大きな体を軽量化しつつも少ないで確実に支える適応が多く見られる。 頭部は長い首の先にあるだけに軽量で咀嚼は弱い。 のより自体の構造や腱の引っりで体勢を保っていた。 長い首でのように高い枝の葉を食べたと言われてきたが、実際には長い首はあまり上に向かず、つりのように側からで支えて前に伸ばし、の鼻のように広い範囲のを食べることに役立てていた可性が高い。 したを長い腸でと消化していたとされる。 狭義の脚類に含まれない初期のものはこの限りではなく、二足歩行など独自路線を辿っていた。 代表的な種類 ごく原始的なもの エオラプトル、、グス、サア 食恐竜と大差ない、小で二足歩行のランナー。 プオス類など テコトス、プオス、ハス、マッソスス、キス 二足または歩行。 独自の路線で食に適応した。 古脚類と呼ばれ後の脚類の祖先ではないとされてきた。 原始的脚類 トルス、イサノス、ヴ、シュノス、ケス 歩行に適応したが体を支える仕組みなどは未発達。 ンチス類 ベス、チュエス、メス、ンチス、オス に特有。 首が長く、体長の半分に達するものも。 ディドクス類 ディドクス、、ス、ディエオス、ルガス、ス 細長い尾、長い顔面、やや短い前肢、高いを持つ。 ア カス、ス、タンバ、イ、タノス、ンス、アラモス 従来脚類のあまり見つかっていなかった亜紀に特に繁栄。 のとれた体形だが装甲のあるものなども。 剣竜類 「」の一言で通じるであろう。 食、歩行。 クチバシのある小さな頭、縦に大きな胴体、較的長い尾と後肢・短い前肢、背や尾に並ぶのやを持つ。 やの表面に溝が多数見つかっており、にしっかり固定するためのーゲン繊維や表面に血液をめぐらすためのの跡と見られる。 盤類としてはやが貧弱だった。 やの役割には諸説あるが、は防御や外敵の撃退、は放熱またはからの受熱、同種へのに用いられたと思われる。 地表面の柔らかいを食べたと考えられる。 食恐竜ののなかには、のが見事にはまるケガのあるものが複数見つかっており、との間の闘争を示す拠とされている。 代表的な種類 基盤的装類 スクス、スケリドス やや身軽。 装甲が全体に散らばり類にも似ていて、類と類両方の祖先とされる。 ヤンゴス類 ヤンゴス 原始的で、類と違ってやや横幅のある体形。 類 ダス、、トゥオゴス、ロス、 の中央にやが発達。 鎧竜類 という名前どおり、に覆われた重厚そうな恐竜。 食、歩行、やに覆われた幅の広い胴体と頭、短い四肢を持つ。 口先や鼻先の形態は意外と多様で、鼻のがのように発達した種類もある。 や咬筋は発達していない。 ノドス類と類に二分されてきたが、ポラゥス類をさせる意見もある。 類の腱で硬化した尾の先にはがあり、またのないノドス類でも、大きなを肩に発達させたものが多かった。 は成体のものなら充分食恐竜を撃退する威があったと言われる。 またノドス類も肩のを向けて脅すことで外敵を追い払えただろう。 種類によって異なったを食べたかもしれない。 鼻は呼吸気のや湿度を調節したり鳴きを上げるのに使ったと思われる。 な胴体や顔面の形態から、のような半生として復元される場合もある。 代表的な種類 ノドス類 ンクス、サウロタ、ノドス、エト はない。 装甲にむらがなく、軽量化されておらず重装甲。 ポラゥス類 ガーゴイロス、ポラゥス、、ミモオラタ 前後に短い頭から類に近縁とされるがはない。 装甲がややに集中する傾向があった。 類 ミンミ、、エウオケ、ピナコス、ア 以外にも特に幅広い胴体が特徴。 装甲は裏が抜きされている。 堅頭竜類 ホケレ 丸い頭で親しまれる、いわゆる「石頭恐竜」。 食、二足歩行。 後頭部の発達した頑丈な頭、幅の広い胴体、太めの尾、長い後肢と短い前肢を持つ。 頭部は種類または個体によって様々な形のやで飾られている。 の内部構造も頭突きで闘争するの食に似ていた。 頸椎は細かったが首の 頸 は太長く発達していた。 代表的な種類として挙げたもののうちとはそれぞれの亜成体と幼体であるとも言われる。 頭部は同士のまたは実行使、もしかしたら者の撃退に用いられた。 はらなものと丸く盛り上がったものに大別される。 従来、との闘争で頭突きをするときはをつけて頭と頭を勢いよくぶつけ合うとされ、その際の衝撃は一直線に伸ばした脊椎を伝わって太い尾に分散されると考えられていた。 では、それだと細い頸椎に加わる負担が大きくまた丸い頭が滑ったときの危険も大きいため、頭を押し付けあうか頭で相手のを押したとする説、頭突きは行わずのみだったとする説が出されている。 発達した首ので衝撃を受け止めたのかもしれない。 代表的な種類 原始的なもの ヤ、ス 頭部の特徴は未発達。 ホケレ類 ゴヨケレ、ホケレ 頭部はで、丸いではない。 類 ケラス、ロケレ、、、 以外は盛り上がったを持つ。 角竜類 「の」が有名。 食 あるいは 、原始的なものとプシッス類を除いて歩行。 鋭いクチバシと切り刻むのに適した、やのある大きな頭部、頑丈でどっしりとした首や胴体・四肢、短い尾を持つ。 以外のには大きなが開いており、生前は軟組織で埋められていたとはいえ頑丈なというわけではなかった。 全てに見られる鋭いクチバシは噛み千切るが非常に強かった。 密集して「ボーン」をなす状態で見つかることがある。 に含まれるの率はを示す。 プス類のやは、同士のまたは実行使、者の撃退、放熱など様々な用途が考えられる。 の形の付いたのも発見されている。 またも老化するとにが開き、従来スと呼ばれていた恐竜の姿になったのではないかとする説がある(の記事参照。 統合される場合名前は先に命名されたが優先される)。 クチバシやの形態から、もしかしたら恐竜の死体をごとって補給を行っていたかもしれない。 代表的な種類 原始的なもの 、カオス 二足歩行で身軽。 クチバシはすでに発達。 プシッス類 プシッス、ホンス、ォス 二足歩行。 ばった頭部にあまりとがっていない強なクチバシを持つ。 プシッスの尾にらしき剛毛が見つかった。 原始的なプス類 リャオプス、アーケオプス、ノプス、レプトプス 二足歩行ないし歩行。 を含めた頭部が大化していった。 トプス類 トプス、バガプス、マグス、プィプス 歩行。 は発達しているがはないかごく小さい。 にで繁栄。 センス類 プス、センス、スラコス、アケス、パス 大半は鼻の上の一本が発達していたが、するにつれ変形してのこぶとなった。 モス類 モス、タプス、キプス、ノプス、 の上の二本のが発達していた。 大半はが縦長。 鳥脚類 食、二足あるいは歩行(大のものは場合によって前足をついた)。 クチバシと発達したを持つ頭部、縦に大きい胴体と尾、長い後肢とそれ程でもない前肢を持ち、器や装甲の類はほとんどなかった。 膝の裏にある腱の収まる溝が恐竜の中で最も深く、これは素く後肢を動かすのに適した形態である。 大かつ最も生的なランベオス類は頭部に中のトサカを持つ。 これは内部が鼻につながっており、また種類によって非常に様々な形をしている。 北の亜紀末からエトスなどのが発見されており、恐竜の中では鱗や質、ののようなふくらみなど軟組織の様子がよく分かっている。 同様ボーンをなすことがある。 身を守るのに用いたのは、発達した後肢の脚と、一部のものが持っていたであろう群れを成す習性だけだった。 一見防備そうだが、食恐竜の中では特に繁栄したの一つである。 トサカは発、(これらは群れをなすことと関連する)、呼気・吸気の調節、増強など様々な役が考えられる。 代表的な種類 ピサノス類 ピサノス、ブロス 脚類ではなく盤類全体で最も原始的なだが、便宜上ここに掲載。 顔つきが他のと変わらない。 トス類 トス、ペス、フデンス、ニュ これも脚類より原始的で、ごく小。 を持つ。 ニュかららしき剛毛が見つかった。 ヒプフォ類 ヒプフォ、オロメウス、ドス、レサウラ、テスケロス 小で常に二足歩行。 中で長期間繁栄。 が大きい。 ア類 プトス、ア、イス、オウラノス、ロス 大・歩行化。 が発達。 前肢親が状になっていた。 亜紀前期の各地で繁栄。 ハドロス類 ハドロス、エトス、マイウラ、トゥンゴス、サウロス 特に大化し、が非常に発達。 トサカはないか小さなのでっぱり。 広義にはランベオス類を含む。 ランベオス類 ランベオス、、コス、ニッポノス、 ハドロス類とよく似るが鼻につながった中のトサカが発達。 恐竜以外の絶滅爬虫類 ここでは生き残っているものがいないのうち特に繁栄した、類、類、首長類、類、単類を挙げる。 中生代にはこれ以外にやも大いに繁栄した。 翼竜類。 分類上恐竜に近縁。 長く伸びたで支えられた皮膜の、大きく細長い頭部、非常に奢な格を持つ。 がないと思われがちだが、小~中のものにはがあった。 膜のは一見頼りなく見えるが、膜の内部にはと思われる丈夫な繊維が走っていた。 これによりしわがなく破れにくい面を形作っていた。 ジュラ紀までは長1m前後の小のものも多かったが、亜紀に入ると大での細長いものばかりになっていった。 これはが多様性を増すにつれが進んだためと思われる。 小のものの一部を除いて大半がを食べたといわれる。 細かいやシ状の毛で小やを濾し取ったもの、を割って食べたと思われるものもいた。 亜紀末には史上最大の飛行・ス(長11m)が登場した。 巨大すぎて長く続けるにはが小さく、「飛べない」という言い方をされることもあるが、滑でもいいから中で生活しないと危険なほど極端な体形をしているのでで生活していたわけでは決してない。 こうした大のものは自ではなく高いところから飛び立ったと言われるが、腕ので地表から跳ね上がったという説もある。 代表的な種類 ランフォ類 エウディォ、ディォ、ランフォ、フォグナトゥス、、アヌナトゥス、ウィノプ アヌナトゥス科を除いて尾が長く、小から中。 みながあった。 プダクルス類 プダクルス、プス、プ、タペジャラ(トゥクルス)、ス、グ、 尾が短く、クチバシが長い。 大のものやがないものもいた。 魚竜類 イクチオス 恐竜の本の挿絵に描かれたにいたみたいなやつ。 と言っても後肢もひれになっており、尾びれが縦なので、首から後ろはのほうが似ている。 大半は数m以下の大きさ。 テムトスは8m前後、ショニスは推定15mに達した。 またと異なり視が発達していたようで、大きなを持っていた。 テムトスの眼球は脊椎で最大。 見たどおり、に匹敵する遊泳を発揮してや、原始的なを食べたとされる。 時を含めから出ることはなかった。 胎生で、の中にがいるも見つかっている。 面の変化のため、またはの遊泳の発達のためか亜紀の終わりを待たずしてした。 代表的な種類 原始的なもの フス、ウタツス、ス 尾びれはまだのように細長く、体をくねらせて泳いだ。 シャスタス類 シャスタス、ショニス 尾びれが発達してくる。 かなり大化。 イクチオス類 ノス、イクチオス、テムトス、モス、プィプテリギウス 全にした体形を持つ。 首長竜類 胴体は甲羅のないと言った感じ。 に長い首と小さい頭を持ったものと、短い首と大きな頭を持ったものがいた。 どちらも最大15mく肩やの構造はに上がるには耐えられないものだった。 首の長いものは小さなや、の群れに近づいたり、の底に向かって首を降ろしなどを捕らえたとされる。 よく脚類がこれと混同されて首長と呼ばれるが、頸椎そのものが長く伸びて釣のようになっていた脚類と異なり首長は頸椎の数で長さを稼いでおり、脚類と違って首を曲げることができたと考えられる。 しかし一時期考えられていたように、とぐろを巻いたり中に高々ともたげることはできなかった。 頭の大きいものは素く泳いで大きなや、他ののを食べたといわれる。 こちらも胎生でから出なかったという説が流。 「」では陸に上がりを産んだとしているが、のを見つけないことには話が始まらないのでしゃあない。 代表的な種類 ノトス類 ノトス、ケス、パキプレウロス すでに長い首を持つが、四肢は単純なかきだった。 ピストス類 キマトス、ピストス、アウグスタス より生活に適応。 プス類 プラタ、ロマス、プス、プレウロ、ス 特に首が短く頭が大きい。 一部は非常に大化し他の生もしたと考えられる。 類 、プリドゥス、エノス 首は胴体と同じくらい長く、頭は小さい。 ポス類 ドコプス、トリロム、ポス が細長く、首はやや短い。 全長3m程度。 の位置から頭足類の器が見つかったり、部に胎児が見つかったりしている。 プス類の分岐したものとする説もある。 モササウルス類 旧 新 に適応したオカゲ。 ひれ状の尾を使って泳いだ。 手足もひれ状になっていた。 現生のやと同じ器官であるヤコブソン器官を備えていた。 最大約10m。 亜紀に入ると類が衰退し、類が取って代わるように現れた。 これもから出ることなくや、他のを食べていたとされる。 のなかには類のとされるが開いたものが見つかっている。 しのようなは類の口の形に合わないものが多く、またカイというのが住処にするために岩に開けるに酷似している。 噛み砕かれていないことも考えると、類がを食べた拠とはならないだろう。 上図のようにのような尾びれを持っていたとするのが定説だったが、もっともした類であるトスは尾椎が下に向かって曲がっており、に似た尾びれを持っていたという説があった。 さらに近年、較的原始的であるプカルプスでも尾椎の屈曲が認められた。 今後は類の一部あるいは全部の復元像が、下図のような尾びれを持った姿に変化するだろう。 代表的な種類 類 原始的で、おそらくの分かれた四肢とな尾びれを持っていた。 類 ロス、プカルプス、ダステス、ンス、、トス 類がに出てかなり短期間でした。 単弓類 ディ かつては「」と呼ばれたの祖先。 全て歩行。 恐竜より前の時代に栄えていた。 よく恐竜にある、が大きくて歩行の食のやつはこれに含まれる ディ。 あまりにも他のと共通点が少ないので、今ではと呼ばれない。 他のとの関係については「」を参照。 後のものほど的な特徴を備えており、最後期のものは体毛を備えを行ったとされる。 恐竜が現れた三畳紀後期、ほぼ同時にが現れた。 その後恐竜の方が栄えていたのは、ム紀後期及び三畳紀中期の気変動が単類やより恐竜を含む類に有利なものだったためと考えられる。 代表的な種類 盤類 アーケ、ィ、フォス、ディ、ィンクス 一見標準的なのようだが、複数の種類のが生えるなどしていた。 ビス類 ビス、エオタノスクス ここから下を類という。 肢がやや直立に近づく。 大きなを持つ者。 ディノケ類 オス、テメノスクス、コプス 頭部の発達した。 者とに似た食者を含む。 皮膚の跡からにはない汗腺が見つかっている。 ディ類 システケ、ディ、ネ、ロス、プラケス 丸みを帯びた頭と胴体、太く大きなを持つ食者。 類 ノプス、スンケヴィア、トリソ、グナトゥス、トロ にごく近い者。 部のがなくなったことから、横隔膜を持ち式呼吸ができたと考えられる。 復元について 当然のことながら恐竜自体についてはの記録しか残っておらず、それを生と呼ばれるや巣、などの、同じ地層から発掘されるの、近縁な現生の知識で補って生前の姿や行動を推測するしかない。 新たなの発掘やを調べる方法の進歩により、ほんの数年前の知識が一新されていくのも常である。 恐竜学自体が較的若い学問であり未踏の発掘地や未発見のは数多く、さらに調研究のための手法も歩の発展を見せているためである。 長い時間をかけた大きな復元の変化の例:イグアノドン ア復元三態 長いスの復元の変化を示す例として、アを挙げたい。 アは最初に発見された恐竜の一つであり、それだけ長い間復元の変遷にさらされてきた恐竜でもある。 2年にでやなど一部が発見されたアは、当初は図の手前のように、巨大なのような、単に大きなとして復元された。 これは当時、恐竜の全身格は全く知られておらず、のやから推測するしかなかったためである。 8年、の炭鉱でアの全な全身格が体以上発見されると、復元図も一つのもののような、正確な格を踏まえたものに変わった。 当初とされていた小さな円錐形のは前肢の親のとわかった。 長い後肢と短い前肢がに似ていることもあり、背筋を垂直にしてを引きずりながら二足歩行するように描かれた。 代以降、格から活発なであることがなデニクスが発見されたのをきっかけに、恐竜は活動的なであるとされ、アを始めとする大脚類もを引きずらず体をにして姿に復元されるようになった。 やは、図の一番のように、大脚類が前肢を地面について歩行をする場合も多かったことを示している。 比較的短期間で復元が変化した例:羽毛恐竜 ルニス 素く復元像を塗り替えた例にルニス等の恐竜がある。 に近縁な恐竜にがあったのではないかとから言われてきたが、特に先進的な復元画ですら小恐竜の肌をウからに切り替えるのにはためらってきた。 しかし、でサウロプテスが発見されてそのようなは必要なくなった。 サウロプテスの非常に保存状態の良いには、背筋に沿ったの跡が認められたからだ。 ではなく皮下組織の繊維ではないかという一部のを押し流すように続けざまにの跡が発掘され、切羽を持つの復元画は当たり前になった。 さらに近年、そのようなの跡を電子顕微で観察した結果、ニン色素を含む「ノソーム」の跡が認められた。 サウロプテスでは部分的な解析の結果がであることが分かり、さらにルニスでは図のようなっぽい冠羽との羽衣を持つことが分かった。 またも最初に発見されたを観察した結果、少なくともの一部はかったことが分かった。 恐竜の体色は知り得ないものとされてきたが、恐竜のニン由来の体色に関してはそれは覆されたといえる。 恐竜は恒温動物か?変温動物か? これは研究者の多くを悩ませていた問題である。 初期の頃は恐竜はすべてとして変温に押し込まれていた。 だが、最近になって恐竜直系の子孫であるが恒温であることからこれに疑問を呈する意見が出始めたのである。 ではその分類により三つの意見が出されている(盤類についても同等の体重のものと同じ)。 まずの直系の祖先となった小の脚類。 彼らはそのの付き方から長時間のしいに耐えられたと考えられていること、そしてその多くが体温を維持するを持っていたと考えられていることから、恒温であったことは確実視されている。 次は大の脚類。 彼らはその巨体を維持するために恒温同様の二心房二心室のを必要としていたと考えられることと、その体重の割に体表はあまり大きくなく体温がにくい構造になっていることからこれも恒温であったと考えられている。 最後にに代表される大脚類であるが、これはでも意見が別れている。 ある学者は呼吸器がその巨体を長時間しくさせるには不十分であるとして変温説をし、別の学者はの付き方から恒温であるとしている。 最近の研究では大脚類の格からにも見られる気嚢という呼吸器官の跡が見つかり、実は呼吸効率は思ったより高かったこと、そして全身に分布した気嚢により大脚類の体内は実はかなりの部分が洞で従来の見積もりより体重が軽く、長時間のに耐えられた可性があることから恒温説側に意見が傾きつつある。 伝熱的に見ると、大のほど体温維持に費やす自分自身の代謝は少なくて済む。 実際にの体温を測定したところ、変温とされるでも大なら体温の変化が少ないことが判明した。 大の恐竜が体温を一定に保っていたとしても、自分自身ではほとんど熱を生み出す必要がなく食糧確保に悩まなくてよかっただろうと考えられる。 このようなを慣性恒温という。 しかし、全に慣性恒温に頼っているでは同程度の体重の恒温に対して筋や持続で大幅に劣るという研究結果もある。 このことが問題になるとすれば、恐竜の場合はわずかでも自分自身の代謝で体温を保っていただろう。 組織の様子から成長のを取ると、恐竜の成長は変温と恒温の中間で、一部のや、オメのような、基本的には変温だが体の熱を逃がさないことで体温を保つ仕組みを持つに近いという。 絶滅について 1億6千万年もの間生態系に君臨してきたにもかかわらず、恐竜は以外全てしてしまった。 これは一体なぜなのか、その原因は人々のをひき、の蔓延・・による・等様々な推測を呼んだ。 恐竜がしたのはから万年前の亜紀後期である。 このときの地層を調すると、通常地殻には現れないの濃度が高いことがわかった。 また・に、恐竜当時にが衝突してできたクレーターが発見された。 しかしそれ以外にも活動の活発化、生態系の変化など様々なことが亜紀末に起こったことが分かっており、そちらにの原因をめる反論も根強かった。 そこでや菌の・胞子、殻、各種の、に限らず衝撃変成石英などの堆積物等の様子を詳細に調することで、それらの反論に対する再反論のが集められ、衝突により亜紀末の大が起きたことはほとんど確実といえるようになった。 この間、衝突原因説は定説としての地位をしていったが、に取り上げられるのは「定説を覆す研究」としてよりショナルに扱える反論のほうであった。 そしてこのような状況を受けて、、各分野の人の共著者によって「衝突が原因である」と宣言する論文が「エンス」誌に掲載された。 この経緯は下記の書籍に分かりやすくまとめられている。 ただ注意してほしいのは、したからと言って恐竜にとして的な欠陥はなかったということ がたくさん残っていることと、それまでと共存して長いこと繁栄してきたのが拠。 そして、恐竜の全てがしたのではないということである。 や路上、ごく身近なところでも恐竜達は今も繁栄している。 を持った小さな恐竜達を見かけたら、是非彼らの辿ってきた、彼らが選んだのに思いをはせてみてほしい。 命名について 恐竜をはじめ古の呼び名は、他のにも付けられる共通の名前「学名」である。 一般的には属名(学名の前半部分。 ごく小さなの名前)だけで呼ぶが、専門的には種小名(後半部分。 属名と合わせて単一の種類を表す)も必要である。 例えば属は種1種のみだが、属にはマトゥス種、ステノプス種、ギスピ種、ウンギュラトゥス種などが含まれる。 今ので言うと、属に種()、カ種()、パルドゥス種()、種()が含まれるのと同じことである。 学名はか化したで命名されるのだが、人名や地名、団体名、現地など他の言をの造として用いることもできる。 の特徴や推定される生態、発見された土地や発見に関わった人物の名前等に基づいて名付けられることが多い。 まず、よく用いられる単の一部を例に挙げると、意味は以下のとおり。 ラプトル( or):、猛禽• ミムス( us):• (オ)プス( -):顔面• (オ)ニクス( -ox):• (オ)( -on):• デ( -):恐ろしい ディノ( d-):恐ろしく大きな 例えば以下のような意味で名付けられている。 の特徴によるもの ス( rrus の生えた)、ソグナトゥス( snhus 奢な)、ス( Brus (脚より長い)腕の)、( 三本の顔)、ア( non のような)など• 推定される生態によるもの トルヴォス( vrus 残虐な)、 rus 、( Vcp 敏捷な)、ドロメウス( Os 山で走るもの)、マイウラ( 良いの)など• 分類や他の恐竜との較によるもの ( rus (脊椎の構造がそれまで見つかっていた恐竜と)異なる)、カリウス( cus (=(「大」)の祖先))、トルス( nrus (=、つまり脚類)の前)、トプス( ts 原始的な)、( ophus 副サウロス(サウロスは「トサカのある」))など• に基づくもの ディミムス( rudius に似たもの)、ジョバ( Jo 怪物ジョ)、サウロ( o を起こすの)、( yglh の)、ガーゴイロス( rus の化身)など• 土地や人物などによるもの(「献名」と言い、基本的に命名者自身の名前は使わない) イラプトル( For の)、ヴェナトル( or の)、ンス( gus の)、( a ・ン氏のもの)、コプコス( crus コプコ社が発掘に協した)など 最も長い名前の恐竜は・ホングチュヤネンシス( pus uyanens 土岩で発見された小さくて頭の分厚い)で、最も短い名前の恐竜はイー・( Yi おかしな)である。 学名はそのを最初に発表した論文で名付けることができ、これを記載という。 いくつかの命名上のがあるが、「研究が進んで分類を変更する際は、先に名付けられた方の名前が優先される」という則がある。 例えば「大腿のA」と「頭のB」が見つかって別々に研究され、各々独自の特徴が認められたためAが「ドウス」、Bが「ヒャクプス」と命名されたとする。 もし後に「Aそっくりの大腿とBそっくりの頭を含むほぼ全身のC」が発見され、AとBが同じ種類の恐竜のものであると判明した場合、「ドウス」と「ヒャクプス」のうち先に論文が発表された方の名前を使わなければならない。 「ドウス」の論文が、「ヒャクプス」の論文がに発表されたとしたら、ヒャクプスと呼んでいたものもドウスと呼ばなくてはならない。 また、さらに別のDに「ナプトル」と名付けたが、ナプトルという名前がすでに別のに付けられていたという場合、また別の名前を付け直さなくてはならない。 現生種と名前がかぶることもよくある。 こちらのでは「ス」という首長の命名について音で解説している。 元ネタのある恐竜・古生物の名前 古の名前の中にはやから取ったものまである。 例えばこんな具合。 ス・ 三畳紀後期北の食恐竜。 全長5. 5mと当時としては大なことから、であるケ・ターによって命名された。 りはに基づくではなく発音に忠実なGoである。 残念ながらではコィシス属に含まれ効名とされるようだ。 ゴヴィア・グラキルス 亜紀後期の小食恐竜。 「」の劇中「ジャォッ」に登場するゴーヴにちなんでシュカ・オズムルが命名。 足しか見つかっていないが名前どおりに近い種類だった。 ・ホグワーツィア 亜紀後期北の堅頭類。 名前は「ホグワーツの」を意味する。 やでびっしりと覆われた頭があまりにも然としていることから、「」にちなんで・が命名。 の幼体と考えられることが多い。 ・ドウンシ ジュラ紀後期の原始的な。 属名はで「隠」と書き、発掘現場近くで「」を撮していたことから、その原題である「虎蔵」の「蔵」と同じ意味を持たせて徐が命名。 のプラコンは同じ由来で名付けられた。 ンチス・ネデペマ(ジュス・ネデペキモルム) ジュラ紀中期の類。 名前の名前を理矢理意訳すると「に出演したみんなの」。 種小名(名前の後半)はの出演者のをつなげたもので、が院古脊椎・古人類究所に研究資を寄贈した見返りに董枝明に命名させた。 ス・ボーリニ 亜紀前期の類。 はの者・のこと。 こちらも董枝明の命名。 種小名ボーリニは原人を研究した人研究者ボーへの献名。 シネ・ 亜紀前期の。 甲長20ほどの、今のイシガメなどとさして変わらないだったが、形の甲羅には後ろ側左右からののような突起が伸びていた。 このため「タートル」というあだ名がつき、それを受けて・ングマンとが命名。 ニンジェ・オウエニ 世の。 後頭部から伸びた二つのを装束の頭巾に見立てて、「」にちなんでギャフニーが命名。 ・イ 中新世のの。 頑丈なと巨大な牙があり今のとべかなり傾向が強いと考えられることから、ハーマン・の「」にちなんで・ランが命名。 恐竜を元ネタとするもの 特撮モノ (、、など)、(、など)が特に有名。 におけるや版におけるゴロザスなど恐竜でありつつとして振る舞うものもあり、かつてはでの扱いに明確な界線がなかったようだ。 を引きずった旧復元にのっとったの姿はの恐竜観に大きなを与えた。 でも恐竜が「立ち」をしていたと思っている人や、恐竜との区別がよく分からない人もいるようだ。 をとしたとしてと並び立つには明確に恐竜など古をとしたものは登場しないが、のでは類は恐竜とともにしたものとされている。 また、側のとして恐竜が扱われる事も多く、ではこれまで四作(、、、)登場している。 恐竜と人類が出会う方法に的な説得を持たせたことも印を深めている。 恐竜として見ると功罪相半ばすといったところで、知識がないと画面の中では本当に的な描写ととしての脚色が同じように見えるためを招いた面がある。 最も誤解されたのは、では大種ラプトルに近い姿で描かれたであろう。 (もっとも作中に登場する恐竜はを基にしたなのでの学術的にがあってもさほど問題がないように作られているが) 独自の設定や描写が後の恐竜や等でも当然のようにされるくらいがあり、よく見るとのがみんなだったりもする。 最も顕著なのが「」で、二足歩行を行う種類の側面などはかなり恐竜を踏襲している。 恐竜そのものだと思われることも多いほどだが、やはりのとして魅的に描く上で実際の恐竜にとらわれない描写や設定をしている部分が多い。 例えばのは大きさの割に身軽そうな勇ましいを保っており、頭もか食のように幅広い。 やと(特に格)を見べてみよう。 ただしに限っては大半がなぜか小顔でな体に。 ちなみに「ン」など元の恐竜の名前そのままのものもある。 年近く続くの中で恐竜像も変化しているため、歴代の機体にその跡が残っているのが深い。 姿勢を取れるようになった、原の復元像が大きく変わってしまったやラプトル、原が命名にひと着あった上結局されてしまったなど。 中にやが登場するのも魅か。 ただの恐竜を直接にしているものは少ない。 傾向は以下の三つに分かれる(番号順、最終形のみ)。 そのため恐竜としてもやで格やを見て、恐竜に関する説の根拠を確認するのが望ましい。 またそんな向学的な的でなくても、恐竜の大きさやを実際に見て感じ、楽しみたいと思うのはだろう。 そこでここにはや恐竜博・恐竜展で格やを見学する際の諸注意を挙げておきたい。 レプリカと実物化石、復元骨格 「」「複製」といった表記を見て「なんだか」という冷めたクションを取る見学者は後を絶たない。 これらの言葉から美術品における贋作、複製品を思い起こし、作り物、りぼて、といった価値な物と混同してしまうのだろう。 しかし複製を作成する際は実物から精密にを取り、の形状が全にされるよう技術を凝らしている。 そのため、内部の組織などを除いた形態などは実物と全く同じといってよく、形態学的な観察には何の問題もない。 またを取った元のが発掘された場所や状況、所蔵しているが記録されているものは、実際の研究にも充分有用な学術的価値のある立な標本である。 これにより実物を破損・紛失することや、一つの研究で独占してしまうことを防げる。 複製は実物と異なりやPで作ることができるので、実物よりずっと軽く丈夫で、多少加工しても問題ない。 そのため支柱を内部に通して復元格を作るのもたやすく、非常に観察しやすいものになる。 で一般来館者が様々な恐竜の復元格を見られるのも複製技術のおかげであるといえる。 ほとんどの恐竜はごく一部のしか見つかっていないので、格を復元するにも他の大部分見つかっている種類を参考にする必要がある。 どの部分がすでに発見されていてどの部分が推測なのかしておくとよい。 一見しただけでどこが推測か分かる場合もある(表面が滑らか、色が違う、そこだけ他の種類に似すぎている、逆に近縁種と違いすぎる、なんかわざとらしい、作りが雑、等)。 全身が判明していて研究の進んだ種類で一般的な形態を見て、変わった特徴を持つものについてはそこを重点的に見るのがいいだろう。 格全体が複製ではなくとして作られた格復元もある。 地層中で押しつぶされて状になったなど立体的な複製が作れない場合などもあるので、これも研究成果をまとまった形で見て元のの姿を知るのに有用である。 もちろん、実物には実際に化してできた成分、複製しきれない微細構造、また本当にの時間を越えてきたというものがある。 そういったものを観察し、また肌で感じるには実物が必要だろう。 実物は復元格にせずに部分状態でに入ったり台に置かれている場合が多いので、そういったものにも気を付けて見学しよう。 またごく一部、ほとんど実物で組まれた復元格もある。 扱いに融通が利かないはあるが、相応の迫が感じられるだろう。 種類を見分けよう 大食恐竜を見て種類に関わらずと呼ぶ見学者、というのもまたありがちなである。 もちろん上記のように大食恐竜は決してだけではなく、多様な分類・分布・時代に及ぶ種類がある。 せっかくなので恐竜の多様性をきちんと理解して見学するといいだろう。 それには大まかな違いをしておく必要がある。 例えば類は後頭部の幅が広く前肢が二本で小さいが、類は後頭部の幅があまり広くはなくて前肢がより大きい、など。 とスのように見たではほとんど区別できないこともあるので、何のかだけパッと見で区別してから解説を読んで、それから特徴を確認する程度でも問題はない。 またあらかじめ何が展示されているのか等で確認するのも、当ての恐竜があるか、何を楽しみにして行くべきかが分かって良い。 骨学的に見よう 「」という言葉がある。 二足歩行をするものの脚の中央にある関節がの膝と逆に曲がるということで、架ではなどを参考にしたである。 しかし、自身の膝は実は「」ではない。 の本当の膝は胴体のにぴったりと寄せられてに隠れている。 逆に曲がった膝のような関節はでいえばかかと、脛に見えているのは長い足の甲に当たる。 恐竜もこのような先立ちに近い歩き方、または全にだけを接地する歩き方をしていた(かかとが地面に着くのほうが少数である)。 このようにどこが何のなのか、さらにのどの部分にどんな機があったかを理解していると、どのような動作をしたか、どのくらい速く、また強く、広く動かせたか、といったことが理解しやすい。 また関節の様子を見ることで、理のない繋がり方をした正確な復元であるかどうかも確ることができる。 理にの名前などを頭に込まなくても個々の恐竜の特徴を知る過程で覚えられるだろう。 復元に関する書籍はとても参考になる。 イベントにおいて どの恐竜博・恐竜展でも「玉」としてプッシュされている復元格がある。 大脚類をその位置に置くことが多いが、大脚類はほとんど一部しか見つからないものであり上記のように推定の部分がほとんどにならざるを得ない。 脚類に限らず見世物的要素の強い復元格も出てくることがあるので、一緒に展示されている実物で大きさの復元が妥当かなど確認するといい。 また宣伝の上ではあまり取り上げられない、内にある実物のほうによっぽど重で保存状態もものが潜んでいることはよくある。 他の見学者が格に見とれている隙にそちらもしっかりと見てう。 間違った解説などがなされている場合もあり、注意が必要である。 具体的な例を一つ挙げると、「の巨大恐竜博2006」において脚類ヴェナトルとして展示されていたの頭部にはに脚類の特徴であるクチバシや状のがあった。 恐竜に関わるをしている人のなどでレポートを読むと、見所を教えてもらえる違いも回避しやすいだろう。 見学動画 恐竜全体に関する教養、やを見学したレポートもあり、展示品の種類や館内の雰囲気、見方のコツなど見学する際の参考になるだろう。 (恐竜に近縁)•

次の

恐竜って何類なんですか?タマゴから生まれるから爬虫類?何科...

恐竜 下位分類

〇 そう。 (そうきゅうるい)。 《 爬 (は) 虫類 》。 <爬(は)虫類。 <脊椎(せきつい)動物。 <動物。 <真核(しんかく)生物。 <地球生物。 〇 そう。 (そうきゅうるいのしんか)。 《 爬 (は) 虫類 》。 〇 そう。 (そうきゅうるいのぶんるい)。 《 爬 (は) 虫類 》。 〇 そう。 (そうじゅんるいのきょうりゅう)。 《 恐竜 》。 学名: Diapsida、 英名: DIAPSID (S)。 現生爬虫類は、双弓類のみ。 爬虫類の双弓類。 ( ムカシトカゲ目、学名:Sphenodontia、英名:TUATARA(S)) 爬虫類の 双弓類の 鱗竜類のムカシトカゲ類の属する。 (有鱗目トカゲ亜目 、学名:英名: Sauria、英名:LIZARD(S )) 爬虫類の 双弓類の鱗竜類の有鱗類のトカゲ類に属する。 (有鱗目ヘビ亜目 、学名: Serpentes,英名:SNAKE(S) ) 爬虫類の 双弓類の鱗竜類の有鱗類のヘビ類に属する。 (有鱗目ミミズトカゲ亜目 、学名: Amphisbaenia,英名:WORM LIZARD(S) ) 爬虫類の 双弓類の鱗竜類の有鱗類のミミズトカゲ類に属する。 (カメ目 、学名: Testudines,英名:TURTLE(S) AND TORTOISE(S) ) 爬虫類の 双弓類の主竜形類のカメ類に属する。 (ワニ目、学名:Crocodilia,英名:CROCODILE(S), GAVIAL(S),CAIMAN(S) AND ALLIGATOR(S)) 爬虫類の 双弓類の主竜形類の主竜類のワニ類に属する。 ( 学名: Diapsida、 英名: DIAPSID ( S) )。 陸上と海中で生息し、数を増し、繁栄する。 爬(は) 虫類の 双弓類 は、 陸生爬(は)虫類 と 海生爬(は)虫類 に分 岐する。 しかし、鳥類 を除く、 恐竜は、 約6550万年前に絶滅する。 (Da) 魚竜類(=イクチオサウルス類)。 へと高度に進化する。 へと高度に進化する。 (d1a1) 魚竜類(=イクチオサウルス類)。 (Da) 魚竜類(=イクチオサウルス類)。 (Db1) ノトサウルス類 (中生代出現、中生代に絶滅)。 (Db2) 首長竜(くびながりゅう)類(=プレシオサウルス類) (中生代出現、中生代に絶滅)。 (Dc1) カメ類 (中生代出現、現存)。 (Dc2) コリストデラ類、 (Dc3) タラットサウルス類、 (Dc4) リンコサウルス類 ( 3種とも中生代出現、中生代に絶滅)。 (Dd1) プロテロスクス類、 (Dd2) フィトサウルス類、 (Dd3) アエトサウルス類、 ( 3種とも中生代出現、中生代に絶滅)。 (Dd4) ワニ類 (中生代出現、現存)。 (Dd5) 翼竜類、(Dd6) 恐竜 ( 2種とも中生代出現、 中生代に絶滅)。 へと高度に進化する。 (Ca) 中生代出現の、双弓類の、 魚竜類(=イクチオサウルス類)。 (中生代に絶滅) (Cb) 中生代出現の、双弓類の、 鱗竜形類 3種類。 (Cb1) 中生代出現の、双弓類の、鱗竜形類の、 ノトサウルス類。 (中生代に絶滅) (Cb2) 中生代出現の、双弓類の、鱗竜形類の、 首長竜(くびながりゅう)類 (=プレシオサウルス類)。 (Cb3) 中生代出現の、双弓類の、鱗竜形類の、 トカゲ類。 (現存) (Cc) 古生代出現の、双弓類の、 主竜形類 (Cc1) 中生代出現の、双弓類の、主竜形類の、 主竜類以外の種類 4種類。 (Cc1ーa) 中生代出現の、双弓類の、主竜形類の、 コリストデラ類。 (中生代に絶滅) (Cc1ーb) 中生代出現の、双弓類の、主竜形類の、 タラットサウルス類。 (Cc1ーc) 中生代出現の、双弓類の、主竜形類の、 リンコサウルス類。 (中生代に絶滅) (Cc1ーd) 中生代出現の、双弓類の、主竜形類の、 カメ類。 双弓類の魚竜類や首長竜類を、広弓類と呼び、双 弓類と異なる分類にし、4種類に分けることもある。 また、首長竜類のみを広弓類と呼び、魚竜類を、魚 鰭類とし別にして、5種類に分けることもある。 約1億5000万年前、中生代のジュラ紀後期の、地球の陸上にて。 学名: Thyreophora、 英: THYREOPHORAN(S)。 鳥盤類(ちょうばんるい)の、装盾類の、恐竜。 ( 学名 Thyreophora、 英: THYREOPHORAN(S) )。 (亜目: 装盾亜目 Suborder Thyreophora) (英:THYREOPHORAN (S))。 装盾類 (そうじゅんるい、装盾亜目 (そうじゅんあもく)) の恐竜。 に分類、区分される。 へと高度に進化する。 『 あなたのハートには 何が残りましたか? 』 以 上.

次の

人類歴史年表|進化系統図|人類|歴史|誕生|進化|地球|化石

恐竜 下位分類

〇 そう。 (そうきゅうるい)。 《 爬 (は) 虫類 》。 <爬(は)虫類。 <脊椎(せきつい)動物。 <動物。 <真核(しんかく)生物。 <地球生物。 〇 そう。 (そうきゅうるいのしんか)。 《 爬 (は) 虫類 》。 〇 そう。 (そうきゅうるいのぶんるい)。 《 爬 (は) 虫類 》。 〇 そう。 (そうじゅんるいのきょうりゅう)。 《 恐竜 》。 学名: Diapsida、 英名: DIAPSID (S)。 現生爬虫類は、双弓類のみ。 爬虫類の双弓類。 ( ムカシトカゲ目、学名:Sphenodontia、英名:TUATARA(S)) 爬虫類の 双弓類の 鱗竜類のムカシトカゲ類の属する。 (有鱗目トカゲ亜目 、学名:英名: Sauria、英名:LIZARD(S )) 爬虫類の 双弓類の鱗竜類の有鱗類のトカゲ類に属する。 (有鱗目ヘビ亜目 、学名: Serpentes,英名:SNAKE(S) ) 爬虫類の 双弓類の鱗竜類の有鱗類のヘビ類に属する。 (有鱗目ミミズトカゲ亜目 、学名: Amphisbaenia,英名:WORM LIZARD(S) ) 爬虫類の 双弓類の鱗竜類の有鱗類のミミズトカゲ類に属する。 (カメ目 、学名: Testudines,英名:TURTLE(S) AND TORTOISE(S) ) 爬虫類の 双弓類の主竜形類のカメ類に属する。 (ワニ目、学名:Crocodilia,英名:CROCODILE(S), GAVIAL(S),CAIMAN(S) AND ALLIGATOR(S)) 爬虫類の 双弓類の主竜形類の主竜類のワニ類に属する。 ( 学名: Diapsida、 英名: DIAPSID ( S) )。 陸上と海中で生息し、数を増し、繁栄する。 爬(は) 虫類の 双弓類 は、 陸生爬(は)虫類 と 海生爬(は)虫類 に分 岐する。 しかし、鳥類 を除く、 恐竜は、 約6550万年前に絶滅する。 (Da) 魚竜類(=イクチオサウルス類)。 へと高度に進化する。 へと高度に進化する。 (d1a1) 魚竜類(=イクチオサウルス類)。 (Da) 魚竜類(=イクチオサウルス類)。 (Db1) ノトサウルス類 (中生代出現、中生代に絶滅)。 (Db2) 首長竜(くびながりゅう)類(=プレシオサウルス類) (中生代出現、中生代に絶滅)。 (Dc1) カメ類 (中生代出現、現存)。 (Dc2) コリストデラ類、 (Dc3) タラットサウルス類、 (Dc4) リンコサウルス類 ( 3種とも中生代出現、中生代に絶滅)。 (Dd1) プロテロスクス類、 (Dd2) フィトサウルス類、 (Dd3) アエトサウルス類、 ( 3種とも中生代出現、中生代に絶滅)。 (Dd4) ワニ類 (中生代出現、現存)。 (Dd5) 翼竜類、(Dd6) 恐竜 ( 2種とも中生代出現、 中生代に絶滅)。 へと高度に進化する。 (Ca) 中生代出現の、双弓類の、 魚竜類(=イクチオサウルス類)。 (中生代に絶滅) (Cb) 中生代出現の、双弓類の、 鱗竜形類 3種類。 (Cb1) 中生代出現の、双弓類の、鱗竜形類の、 ノトサウルス類。 (中生代に絶滅) (Cb2) 中生代出現の、双弓類の、鱗竜形類の、 首長竜(くびながりゅう)類 (=プレシオサウルス類)。 (Cb3) 中生代出現の、双弓類の、鱗竜形類の、 トカゲ類。 (現存) (Cc) 古生代出現の、双弓類の、 主竜形類 (Cc1) 中生代出現の、双弓類の、主竜形類の、 主竜類以外の種類 4種類。 (Cc1ーa) 中生代出現の、双弓類の、主竜形類の、 コリストデラ類。 (中生代に絶滅) (Cc1ーb) 中生代出現の、双弓類の、主竜形類の、 タラットサウルス類。 (Cc1ーc) 中生代出現の、双弓類の、主竜形類の、 リンコサウルス類。 (中生代に絶滅) (Cc1ーd) 中生代出現の、双弓類の、主竜形類の、 カメ類。 双弓類の魚竜類や首長竜類を、広弓類と呼び、双 弓類と異なる分類にし、4種類に分けることもある。 また、首長竜類のみを広弓類と呼び、魚竜類を、魚 鰭類とし別にして、5種類に分けることもある。 約1億5000万年前、中生代のジュラ紀後期の、地球の陸上にて。 学名: Thyreophora、 英: THYREOPHORAN(S)。 鳥盤類(ちょうばんるい)の、装盾類の、恐竜。 ( 学名 Thyreophora、 英: THYREOPHORAN(S) )。 (亜目: 装盾亜目 Suborder Thyreophora) (英:THYREOPHORAN (S))。 装盾類 (そうじゅんるい、装盾亜目 (そうじゅんあもく)) の恐竜。 に分類、区分される。 へと高度に進化する。 『 あなたのハートには 何が残りましたか? 』 以 上.

次の