グラブル最新章。 メインクエスト

グラブルまとめ アンテナ速報

グラブル最新章

ぶっちゃけ最初からリベンジボーナス発動させれば苦戦はしない グラブルはメインクエストに失敗すると「リベンジボーナス」が発動します。 リベンジボーナスの内容は以下の通り…• これさえあれば多少敵が強かろうがごり押しで勝てると思います。 「いや!リベンジボーナスなんて使わない!」とか 「リベンジボーナスあってもキツイ…」って人は以下の内容を参考にすればいいと思う。 第28章・エピソード4のミスラ 敵のHPがトリガーとなって以下の特殊行動が発動する。 HPが40万なので地道50%までに奥義ゲージを貯めて、50%の直線で奥義フルチェインで倒せればラク。 第29章・エピソード4のポンメルン 通常攻撃ではほとんどダメージ入らない状態でバトルスタート。 召喚石によってダメージを10000ほど与えることで解除されるので、回復ジョブやキャラを編成して「ガードがゆるんだ」と表示されまで耐え忍ぶのがポイント。 第58章・エピソード4のユグドラシル・マリス 何も考えずに戦うと「スッ」と負けます。 ユグドラシルマリスのオーバードライブ中の特殊技は、弱体効果が無い状態で受けると6000程度のダメージになるためのダメカが必要。 石化を付与される可能性もあるためクリアは用意しておく。 第58章・エピソード4のポンメルン 再びポンメルン。 第29章・エピソード4と同様でガードが堅い状態でスタートする。 攻略ポイントは ・毒や灼熱などの状態異常を付与する ・召喚石で確実に与える ・無属性攻撃持ちでゴリ押し(サラーサやヨダ爺の奥義など) でダメージを与えるのが吉。 第61章・エピソード4のリヴァイアサン・マリスとミスラ・マリス 第61章・エピソード4はリヴァイアサン・マリスのあとにミスラ・マリスを相手に戦う。 それぞれの属性が異なるので、どちらかの弱点を突くと片方に弱点を突かれる戦闘になる。 個人的はどちらにも弱点を突かれない闇や光属性で挑むのはアリだと思う。 リヴァイアサン・マリスのオーバードライブ中の特殊技【潰崩のタイダルフォール】は素受けで7000ほどのダメージが2回くるので、カット要因は必須。 ミスラ・マリスは当然「リターン」使ってHPを回復してくるので、一気にぶっ飛ばすか、HPが回復する前提で戦う。 ミスラ・マリスには守護結界がついてくるが、守護結界を攻撃すると攻撃に反応して防御シールドを張って全然ダメージが入らなくなる。 守護結界を先に倒すことになるのだが、特殊技「イニシャライズ」の使用を確認した後で倒さないとミスラ・マリスの防御シールドがなくならないので注意。 第62章・エピソード4のアーカーシャ HP約1500万もあるマグナソロよりキツイ敵です。 ここでリベンジボーナスを使う人は結構多い。 状態異常を結構うってくるのでマウントやクリアを用意しておく。 「相克」・「履行」・「喪失の兆し」・「属性耐性DOWN」 ・「灼熱」というデバフがついたらクリアをする。 回復やダメージカット、クリアやマウントなどのキャラやジョブを中心に編成していけば時間はかかるが普通に倒せる。 攻略サイトで特殊行動がぶわーっと書かれてややこしそうだが、敵に付与されたデバフは消すことさえ守っておけば、あとは殴って倒すだけ。 第73章・エピソード4のフリーシア アーカシャを倒した後くらいから物語の要所で強い敵がでてくる。 フリーシアもその一人。 HP約1,200万が多いのでマグナボスを倒せない人はリベンジボーナス推奨。 特段めちゃくちゃ強いわけでなく、敵の特殊行動にはダメージカットを合わせておけば倒せる。 第75章・エピソード4のロック鳥 意外に強くて余裕こいてたら死にました。 (1敗) HP約3000万で一撃は2000ダメージ近い。 特殊行動でサブメンバーとメインメンバーを入れ替えてくるので、サブに育成キャラをいれるのは控えておく。 基本的に特殊行動が全体攻撃なので、ダメージカット要因は用意しとく。 実はメインクエストにでてくる敵で、この時は土属性です。 凍結デバフも付与してくるので、マウント・クリアを用意しておくのが良い。 無理せずリベンジボーナスを使ってサクサク進める メインクエスト=読み物ってことにしといて、リベンジボーナスをどんどん使えばいいと思う。 一部のキャラクターはメインクエストをクリアしていないとアビリティが増えないケースもある。 また、ジョブやサイドストーリーなどもメインクエストの進行度にかかわるので、可能ならメインクエストはどんどん進めておきましょう。 ちなみに読み物として進めるとめちゃくちゃ時間がかかります。 休日丸一日は消えるボリュームなので注意。 新着ゲームランキング.

次の

メインクエスト

グラブル最新章

ぶっちゃけ最初からリベンジボーナス発動させれば苦戦はしない グラブルはメインクエストに失敗すると「リベンジボーナス」が発動します。 リベンジボーナスの内容は以下の通り…• これさえあれば多少敵が強かろうがごり押しで勝てると思います。 「いや!リベンジボーナスなんて使わない!」とか 「リベンジボーナスあってもキツイ…」って人は以下の内容を参考にすればいいと思う。 第28章・エピソード4のミスラ 敵のHPがトリガーとなって以下の特殊行動が発動する。 HPが40万なので地道50%までに奥義ゲージを貯めて、50%の直線で奥義フルチェインで倒せればラク。 第29章・エピソード4のポンメルン 通常攻撃ではほとんどダメージ入らない状態でバトルスタート。 召喚石によってダメージを10000ほど与えることで解除されるので、回復ジョブやキャラを編成して「ガードがゆるんだ」と表示されまで耐え忍ぶのがポイント。 第58章・エピソード4のユグドラシル・マリス 何も考えずに戦うと「スッ」と負けます。 ユグドラシルマリスのオーバードライブ中の特殊技は、弱体効果が無い状態で受けると6000程度のダメージになるためのダメカが必要。 石化を付与される可能性もあるためクリアは用意しておく。 第58章・エピソード4のポンメルン 再びポンメルン。 第29章・エピソード4と同様でガードが堅い状態でスタートする。 攻略ポイントは ・毒や灼熱などの状態異常を付与する ・召喚石で確実に与える ・無属性攻撃持ちでゴリ押し(サラーサやヨダ爺の奥義など) でダメージを与えるのが吉。 第61章・エピソード4のリヴァイアサン・マリスとミスラ・マリス 第61章・エピソード4はリヴァイアサン・マリスのあとにミスラ・マリスを相手に戦う。 それぞれの属性が異なるので、どちらかの弱点を突くと片方に弱点を突かれる戦闘になる。 個人的はどちらにも弱点を突かれない闇や光属性で挑むのはアリだと思う。 リヴァイアサン・マリスのオーバードライブ中の特殊技【潰崩のタイダルフォール】は素受けで7000ほどのダメージが2回くるので、カット要因は必須。 ミスラ・マリスは当然「リターン」使ってHPを回復してくるので、一気にぶっ飛ばすか、HPが回復する前提で戦う。 ミスラ・マリスには守護結界がついてくるが、守護結界を攻撃すると攻撃に反応して防御シールドを張って全然ダメージが入らなくなる。 守護結界を先に倒すことになるのだが、特殊技「イニシャライズ」の使用を確認した後で倒さないとミスラ・マリスの防御シールドがなくならないので注意。 第62章・エピソード4のアーカーシャ HP約1500万もあるマグナソロよりキツイ敵です。 ここでリベンジボーナスを使う人は結構多い。 状態異常を結構うってくるのでマウントやクリアを用意しておく。 「相克」・「履行」・「喪失の兆し」・「属性耐性DOWN」 ・「灼熱」というデバフがついたらクリアをする。 回復やダメージカット、クリアやマウントなどのキャラやジョブを中心に編成していけば時間はかかるが普通に倒せる。 攻略サイトで特殊行動がぶわーっと書かれてややこしそうだが、敵に付与されたデバフは消すことさえ守っておけば、あとは殴って倒すだけ。 第73章・エピソード4のフリーシア アーカシャを倒した後くらいから物語の要所で強い敵がでてくる。 フリーシアもその一人。 HP約1,200万が多いのでマグナボスを倒せない人はリベンジボーナス推奨。 特段めちゃくちゃ強いわけでなく、敵の特殊行動にはダメージカットを合わせておけば倒せる。 第75章・エピソード4のロック鳥 意外に強くて余裕こいてたら死にました。 (1敗) HP約3000万で一撃は2000ダメージ近い。 特殊行動でサブメンバーとメインメンバーを入れ替えてくるので、サブに育成キャラをいれるのは控えておく。 基本的に特殊行動が全体攻撃なので、ダメージカット要因は用意しとく。 実はメインクエストにでてくる敵で、この時は土属性です。 凍結デバフも付与してくるので、マウント・クリアを用意しておくのが良い。 無理せずリベンジボーナスを使ってサクサク進める メインクエスト=読み物ってことにしといて、リベンジボーナスをどんどん使えばいいと思う。 一部のキャラクターはメインクエストをクリアしていないとアビリティが増えないケースもある。 また、ジョブやサイドストーリーなどもメインクエストの進行度にかかわるので、可能ならメインクエストはどんどん進めておきましょう。 ちなみに読み物として進めるとめちゃくちゃ時間がかかります。 休日丸一日は消えるボリュームなので注意。 新着ゲームランキング.

次の

グラブル 最新メインクエスト詳細

グラブル最新章

メインクエストのシナリオは、主人公とビィがルリアと出会い、生まれ育ったザンクティンゼルを後にし、星の民が住まう島イスタルシアを目指して、仲間たちと出会い旅を続けていく物語です。 当記事作成時点で93章まで公開されており、非常に重厚なシナリオになっておりますので、イベント等の合間にでもメインクエストを進めましょう。 メインクエストを進めていくメリット 重厚な物語を楽しめるほかに、メインクエストを進めると様々なクエストに挑戦することが可能となります。 挑戦できるクエストの種類は以下の通りです。 星晶獣討伐戦• 四大天司討伐戦• HLマルチバトル• プロとバハムート討伐戦• ジ・オーダー・グランデ討伐戦 etc. グラブルというゲームは、ガチャ等で強力な武器、召喚石、キャラクターを入手したからといって、劇的な戦力強化に直結しません。 様々なクエストを周回し、強力なアイテムを集め、多くの素材を使い強化して、はじめて戦力の拡充が図れます。 挑戦できるクエストが増えれば増えるほど、戦力強化の機会も増していきます。 最新メインクエストの詳細 先ほどお話ししたように、当記事作成時点での最新シナリオが楽しめるメインクエストは93章になっています。 次に最新シナリオとなっている93章と同時に実装された90章~92章、計4章のメインクエストのクエスト概要について紹介していきます。 90章 獣の島 出現する敵編成もさほど強力なものではないので、注意する点はありません。 91章 百獣の母 エピソード3 ティアマト(風属性)・リヴァイアサン(水属性)戦 風属性のティアマトに対して有利属性である火属性のパーティで挑戦すると、水属性のリヴァイアサンとは不利属性になってしまい、逆にリヴァイアサンに対して有利属性となっている土属性でパーティを編成すると、今度はティアマトとは不利属性になってしまいます。 ある程度戦力が整っているのであれば、光もしくは闇属性で挑戦するのが無難でしょう。 撃破する順番は、チャージターンが少ないリヴァイアサンからにしましょう。 ティアマトは連続攻撃率が高いため、敵へ連続攻撃率ダウンを付与できる手段を用意し、ティアマト、リヴァイアサンとも体力もそこそこあるため、回復手段を用意しててクエストに挑戦すれば、より安全に攻略できるでしょう。 エピソード4 コロッサス(火)・ユグドラシル(土)戦 エピソード3と同様に、どちらか一方に対して有利属性でパーティを編成すると、もう一方に対して不利属性となってしまうので、光もしくは闇属性で挑戦するようにしましょう。 ユグドラシルの特殊技「アクシズ・ムンディ」、「ランドピラー」が強力ですので、ユグドラシルから撃破すると安全に戦闘を進めることができます。 コロッサスは、OD技「イグニスリリース」が強力ですので、コロッサスがODしたら強力な攻撃で一気に畳みけるようにしましょう。 なお91章をクリアすると、アルティメットバハムート討伐戦を自発できるようになるため、アルティメットバハムート討伐戦を自発したい方はメインクエストを91章までクリアする必要があります。 92章 狂気の襲来 90章と同様に強力な敵は出現しないため、クリアは容易になっています。 93章 終焉の幕開け エピソード1 暴走する星晶獣(土属性)戦 戦闘開始直後、確定行動で単体に約5000ほどのダメージ・呪い付与をしてきます。 呪いが付与された味方は3ターンの間HPが回復できませんので、クリア等の弱体効果回復を行った後、キュアポーショ等で回復を行いしましょう。 戦闘開始後の攻撃以外は強力な攻撃を有していないので、比較的撃破は容易となっています。 エピソード4 黄金の騎士(土属性)・緋色の騎士(火属性)戦 90章から93章のメインクエストの中で、最難関となるクエストです。 91章のエピソード3、エピソード4と同様に、どちらかの有利属性でパーティを編成すると、もう片方に対して不利属性となってしまいます。 黄金の騎士・緋色の騎士は、いずれも攻撃力が高いため、できるだけ被ダメを抑えつつ、戦闘を進める必要があります。 戦力の充実具合を鑑みて、水・風属性以外の属性でパーティを編成するようにしましょう。 また93章エピソード4のクエストは、召喚石が使用できないという特殊な状況下での戦闘になります。 召喚石使用によるダメージカット、回復等が使用できませんので、特に回復手段に関しては可能であれば複数用意してクエストに挑めば、安定して戦闘をすることができるでしょう。 黄金の騎士、緋色の騎士いずれもこちらに弱体効果を付与してくる場面が多いため、マウント、クリアを複数用意しておくことも重要です。 黄金の騎士は、攻撃力が高くない反面DA・TA率が高く、チャージターンも1つであるため、頻繁に特殊攻撃をしてきます。 特殊攻撃の威力は低めとなっていますが、DA・TAの発生頻度は高いため気が付くとこちらのHPがかなり削られていたといういことがあります。 緋色の騎士はチャージターンが3つであるものの、黄金の騎士に対して攻撃力が高くなっています。 戦闘方針ですが、黄金の騎士は攻撃が味方全体に散ってくれることもあるので、先に単体攻撃力が高い緋色の騎士から撃破するようにしましょう。 非常に強力な敵ですが、ここまでメインクエストを進めることができる戦力を有しているのであれば、撃破するのはさほど難しくはないはずです。 もしクエストクリアが難しいのであればリベンジボーナスの活用や、イベントやマグナ討伐戦等を周回し、戦力を強化したのちに挑戦するようにしましょう。

次の