税 の 作文 何 書け ば いい。 税の作文ってどんなこと書けばいいの?特に書き出しとか。

税の作文って何枚?何文字?字数はどのくらい?|Reportsell

税 の 作文 何 書け ば いい

学校名• 題名 を書く欄があります。 これら4つの情報は、 本文のマスには記入しないようにしましょう。 たまに本文のマスに題名や氏名を書いてくる人がいますが、これはNGです。 NG例) 市販の原稿用紙との違いは、ここだけですね。 段落の始まりは1マスあける 読書感想文などと同じように、段落の始まりは必ず1マスあけるようにしましょう。 ここは一般的な原稿用紙の使い方と一緒ですが、まれにギッチリと文字を詰めて提出してくる人がいます。 NG例) (題名と名前がないから迷うのかも?) 基本的な使い方がなってないということでNG扱いとなりますから、注意が必要です。 本文中に「一行空ける」ことはNG 段落で区分けするとき、本文中で一行あける人がいますが、これは原稿用紙の正しい使い方ではありません。 NG例) 税の作文でも同じなので、改行するときは 空白の行をつくらないように注意しましょう。 添削していて、わりと多いミスです。 作品はボールペンで書かなくてもいい 税の作文は、鉛筆やシャーペンなどの 消せる筆記用具で書いてOKです。 国に提出する作品であることから「ペン入れしたほうがいい」という意見もありますが、気にする必要はないと思います。 たしかにボールペンで書いたほうが見栄えはいいですけどね。 結局は中身の勝負なので、見た目だけを整えても仕方ないです。 数字はアラビア数字(1、2、…)でも漢数字(一、二、…)でもOK 「縦書きの原稿用紙だから、数字は漢字にしないといけない」という決まりはありません。 アラビア数字でも大丈夫ですし、漢数字でもOKです。 ただ、 個人的には漢数字の方がいいと思います。 縦書きにアラビア数字を並べると違和感があるので。。。 上記のように、どちらの数字表記でも、1マスに一文字ずつ記入していくといいですね。 また、一つの作文に アラビア数字と漢数字が混在するのはよくありません。 どちらか一方を選択し、自分なりにルールを決めて書いていきましょう。 ただし、こちらも数字と同じく、どちらか片方に統一するようにはしましょう。 スポンサーリンク 税の作文の文字数はどこまで書くべき? 募集要項では「800〜1200字」となっている税の作文ですが、受賞する作品を書くのであれば、 1000文字以上は欲しいところ。 規定の文字数ギリギリの作品は、具体的な内容まで迫ることのできていないものが多いです。 ぶっちゃけ、作文をイヤイヤ書いている「やる気のない層」のほとんどは、1〜2枚目で終わらせています。 要項の文字数まで書かずに提出している人も、少なくないんです。 なので、1日に何百編と添削している側としては、読み始める前から2枚しか付いてない原稿を手にすると 第一段落:その税金と自分との接点・経緯 第二段落:その税金の使い道・調べてわかったこと 第三段落:上記を受けて考えたこと 税の作文のように原稿用紙3枚であれば、 段落を3つに分けるのがちょうどいいと思いますね。 これ以上増えると改行が目立ちますし、逆に少ないと文字ばかりで読み疲れてしまいます。 本文の書き方については別記事でも紹介しているので、そちらも参考にしてみてください。 用紙を無くしたときは国税庁ホームページから印刷しよう 学校からもらった規定の原稿用紙を無くした場合、国税庁のホームページからダウンロードすることができます。 こちらから、 B4サイズで印刷して記入し、提出するようにしましょう。 A4サイズでも提出はできますが、これはやめたほうがいいです。 その理由は、作品を配送する際、B4サイズのものに合わせて「端を折って箱詰め」するため。 添削者の元に届いたときには、グチャグチャになったり破れたりしているんですよね…… 採点に影響するわけではありませんが、せっかくの作品ですので、規格にあったサイズで提出することをオススメします。 添削した作品の管理がメンドくさいっていうのが本音 スポンサーリンク 読みやすさを考えて書いていこう! 今回の内容をもう一度おさらいします。

次の

質問!ITmedia

税 の 作文 何 書け ば いい

スポンサーリンク 作文の宿題が書けない!書き方のコツ 文章を書こう! と身構えると、なかなか筆がすすまないのはよくあることです。 作文には何かしらのテーマが与えられているはず。 まずは、そのテーマについてじっくり考えることから始めます。 「夏休みの思い出」など、自分の経験をもとに書く作文なら比較的書きやすいはず。 特別、どこも出かけていなくても、夏休みにしていたことを素直に書けばOK。 ゲーム三昧でも、ひたすら寝ていたのでも、それをそのまま書いてしまいましょう。 ゲームをしていて楽しかったなら、どんな風に楽しかったかをゲームを知らない人(先生)にも伝わるように。 寝すぎて虚しさが残ったのなら、これからの理想の過ごし方をつらつらと。 夏の暑さ・夏のにおい・遠くで聞こえた花火の音… 極端な話、もし家から一歩も出ずに過ごしていたとしても、夏休みの思い出の作文はいくらでも書くことができます。 私自身も、人権については小学校高学年で、税については小学校と中学生の時に書いた記憶がおぼろげにあります。 でも 税とか人権とか突然いわれて「作文を書け!」って言われても、書けるわけない! と子供の私は思いました。 だって、普段そんなこと考えていないし、よくわからないから。 でも、調べたところでよくわからない。 調べても難しくてよくわかりませんでした。 と、素直に書いていました。 あまり背伸びをしなくても、今の自分でも「書けそう」な部分• 少しでも興味を持てる部分• 身近に感じられる部分 を探し出します。 家族がふるさと納税制度を利用していれば、文章量アップのチャンス!? わからないなりに、どう感じ、考えたかで文字数を稼ぎます。 税金については、 で調べることができます。 他にも、が分かりやすいです。 大阪市のサイトなので「大阪市税」について書かれていますが、基本的なことは同じです。 少しでも「へ~」と思った部分はメモ・本なら付箋をつける・ネットなら印刷してマーカーを引く。 感じたこと、考えたこと、体験談でボリュームアップ。 いきなり文章にすることができないときは、メモ書きから短い文へ。 短い文をつなげて文章に仕上げていく。 いちばんボリュームを出しやすいのは、私の場合は体験談。 というか、興味が持てないテーマほど体験談で「かさ増し」するしかないので、ほとんどを体験談で埋め尽くすこともあります。 途中、「作文のテーマどこいった!?」となるくらい脱線しても、最後にテーマに戻ってくればOK。 テーマにもよりますが、ネットに掲載されている受賞作品を見てみると、書き手の経験が色濃くでているものが多い印象です。 ボリュームアップできる&読み応えのある文章になる「体験談」。 作文の中に上手に取り入れていきましょう。 作文の宿題が書けない!さいごに 白い原稿用紙を眺めていても文章を書くのは難しいもの。 書けることを書く• 単語でもなんでもいいから書き出してみる そうすると、意外とスラスラかけるかもしれません。 高校生の時、作文の宿題がたくさんあったような記憶が。 コピペでなんとかならないかな~ と思いたくなる気持ちもわかりますが、ここは踏ん張って、頭をひねって考えてみましょう。 頭をひねった分だけ、あなたの力になっていきますよ!.

次の

税の作文の書き方。中学生の例から学ぶ効果的な書き出しとは?

税 の 作文 何 書け ば いい

何の為に作文を書くのかによるでしょうね。 夏休みの宿題だからやらなければならないだけだったら、テキトーでいいでしょう。 8%になった感想、それから近いうちに10%になることに関するあなたの思いを書けばいいとおもいます。 賞をとることを狙っているのであれば戦略的に考えたほうがいいでしょう。 過去の入選作品を参考にするといいと思います。 平成25年度 中学生の「税についての作文」各大臣賞・国税庁長官賞受賞者発表 税の学習コーナー|国税庁 ・税に支えられた日々に感謝を ・税金に助けられて ・「命」と「未来」をつくる税 など、税金に助けられた経験を書いているものが目立ちます。 その辺を狙っていくといいと思います。 Q 夏休みの社会の宿題で、 「税についての作文」というものがでました。 一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか? 枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。 題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします! 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。 自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、 その消費税は、何かを買うと付いてくるし、 「税金なんかなくて良いのに。 なんで払うんだろう。 」と思ったこともありました。 そこで、税金の使われ方について調べてみました。 すると、税金は、私たちが毎日学校で勉強するために使われていたり、 私たちの生活や安全を守るために使われていることが分かりました。 また、税金によって、医療費が安くなっていたり、ゴミ処理がされているということも分かりました。 もし、誰も税金を払わなくなったら、どうなるだろうか。 と考えてみると、 私たちが今まで当たり前のように通っていた学校には通えなくなってしまうし、 私たちはこれから安心して暮らしていけません。 税金がなくなっても、毎日学校で勉強をしようとすると、 私たち中学生は、月々約7万9千円、つまり年間94万3千円を払わなければなりません。 他にも、税金がなくなれば、警察・消防費として、国民一人当たり約4万5百円、 ゴミ処理費用として、国民一人当たり約1万7千9百円を払い、 医療費は今よりも高くなります。 これらは、税金を払っている今は、税金によってまかなわれているのです。 そう考えると、税金は私たちにとって、とても必要なものだと思います。 今まで、「税について知りたい! 」とか「税金は必要だ。 」と思ったことは 一度もありませんでしたが、今回調べて、税についてよく分かったし、 税金は必要だと思いました。 私たちは、いつも「勉強したくないなあ。 」と思いながら学校に通っていますが、 こうして、当たり前のように毎日学校で勉強ができるのも、 税金があるからできるのだと分かりました。 私たちはまだ、税金を払う立場ではなく、税金を使う立場の方です。 税金によって、私たちは色々な面で支えられています。 日本全国の人々が、税金を払い、 その税金によって、私たちは支えられています。 だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、 他の人たちを支えたいと思います。 夏休みの社会の宿題で、 「税についての作文」というものがでました。 一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか? 枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。 題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします! 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。 自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、 その消費税は、何かを買うと付いてくるし、 「税金なんかなくて良いのに。 なんで払うんだろ... A ベストアンサー 税についての詳しい知識は不要です。 身近にある税を考えてください。 スーパーやコンビニのレシートを見てください。 これは、買い物の時に商品代のほかに5%の消費税をスーパーやコンビニに払っているのです。 スーパーやコンビニは、この消費税を国に収めています。 また、お父さんやお母さんが、会社とかに勤めていらっしゃるのであれば、そのお給料からは所得税や住民税が差し引きされていると思います。 会社とかに勤めていらっしゃるのでしたら、月にどのくらい引かれているのかを聞けば、年間どのくらいの負担があるのかを知ることができます。 また、郵便貯金をされていませんか。 毎年利子がついていますが、税金が差し引きされています。 通帳で確認されます。 このような、税金があることを知って、これを支払うことに対する感想を書かれればいいと思います。 そして、その使い道を考えてください。 質問者様の学校は、公立の学校でしょうか? 授業料は無償ですね。 学校の建設費用、電気代、先生の給料などは、税金で負担されています。 私立の中学でも、生徒からの授業料のほかに補助金が税金からでているはずです。 また、公立でも私立でも、教科書は税金で負担されています。 (小学校の時に先生に言われた言葉を覚えています。 しっかり勉強しろ。 」) ほか、道路、警察、消防署、公園など身近な施設を想像してください。 税金がない世界であれば、今税金でまかなっているものはどうなるのかを想像してください。 そうすると文章が書けると思います。 また、実は、国の収入のうち、半分以上は借金です。 これは、だれが返済するのでしょうか。 今の年寄りは、返済せずにこの世を去ります。 返済するために新たな借金をするなどして、返済を遅らせれば、ご両親の世代も返済せずにこの世を去ります。 そうなれば、返済するのは、中学生である質問者様たちになるかもしれません。 このあたりのことは、書いても書かなくてもいいですが、知っていれば、いろいろ税について考えることができると思います。 夏休みも、あと2週間! がんばってください。 税についての詳しい知識は不要です。 身近にある税を考えてください。 スーパーやコンビニのレシートを見てください。 これは、買い物の時に商品代のほかに5%の消費税をスーパーやコンビニに払っているのです。 スーパーやコンビニは、この消費税を国に収めています。 また、お父さんやお母さんが、会社とかに勤めていらっしゃるのであれば、そのお給料からは所得税や住民税が差し引きされていると思います。 会社とかに勤めていらっしゃるのでしたら、月にどのくらい引かれてい... A ベストアンサー 税金がないなら……と考えてみましょう。 外務省などで私腹を肥やす官僚は一人もいなくなります。 天下りもなくなります。 しかし、警察も消防もなくなります。 ということは、警察官も消防車も救急車もなくなるわけですね。 殺人、放火、強盗が日常茶飯事になるわけです。 病人は救われずに死んでいきます。 裁判所もなくなるわけですから、紛争の救済は、決闘でのみ可能になります。 そのとき、生きている日本国民がどれだけいるか……。 最近は、福祉についても税金が必要です。 生活保護、公的年金、健康保険、労災保険、等々、社会福祉に関する税金は税の使い道のかなりの部分を占めます。 所得税、相続税については、「所得再分配」という観点から必要になります。 中には、竹中平蔵のように「国民一律の人頭税にすべき」という意見もありますが、それでは富める者はますます富み、貧しい者はますます貧しくなることは間違いありません。 払える人は払える分を払い、「公共のもの」をみんなで利用していこうとする、それが所得税のあり方です。 相続税も、努力しない者には払うことができません。 払えなければ物納、つまり土地で納めてもらいますから、一戸建てが持てない人も一戸建てが入手しやすくなるのです。 この点について、経済学者の野口悠紀雄が「相続税率100%」を提唱していました。 意義について、賛成です。 ちなみに、日本銀行は「日本銀行法」に基づく法人ですので、税金がなければそれ をコントロールする立法府・行政府もなくなり、存在意義を失います。 また、お金は日銀が作るものなどではありません。 現在出回っているお金は造幣局や印刷局などで作られたものではなく、銀行の信用創造によって作られているものが多くを占めます。 信用創造については、中学校の公民でやっているはずなので、省略します。 この手の思い込みが国民の間に多いことも、また事実のようです。 税金を払うぐらいなら日本銀行で、というのは、あまりにナンセンスですね。 日本銀行の職員の給与はどうしますか?(まあ、一応はジャスダックに日銀株が登録されているんですが)。 公務員の給与も日銀で払え、ということですか? そうすると、トラック1台に紙幣を積んでも1日の給料が足りなくなりますよ! (頭の訓練として、無税国家を描いてみるとよいかも) 分からなければ、 佐藤雅彦・竹中平蔵『経済ってそういうことだったのか会議』(日本経済新聞社) の第1章の冒頭に、佐藤少年の面白い貨幣の話がありますから、読んでみると面白いでしょう。 なお、宮島洋『税のしくみ』(岩波ジュニア新書)は、中高生向けの書物ながら、大学生以上にもわかりやすく税を紹介してくれています。 ご一読下さい。 税金がないなら……と考えてみましょう。 外務省などで私腹を肥やす官僚は一人もいなくなります。 天下りもなくなります。 しかし、警察も消防もなくなります。 ということは、警察官も消防車も救急車もなくなるわけですね。 殺人、放火、強盗が日常茶飯事になるわけです。 病人は救われずに死んでいきます。 裁判所もなくなるわけですから、紛争の救済は、決闘でのみ可能になります。 そのとき、生きている日本国民がどれだけいるか……。 最近は、福祉についても税金が必要です。 生活保護、公的年金、... しかも、それを面白いと思ってるセンスがすばらしいね。 消費税の使い道について書けばいいんじゃないか。 自分たちの身近なものにも使われる 教育関係の公共サービスとかについて書いて、 私達の生活は国や地方公共団体の活動と深く結びついていて、これらの活動に基づく色々なサービスを受けながら毎日を暮らしている。 身近な例として、道路、港湾、上下水道、公園などの公共施設が整備され、教育、社会保険、生活保護、警察、消防など公共サービスが充実されているなど、たくさんの活動を挙げる事が出来る 私たち中学生も義務教育で学校に通っている。 体育館や運動場など、設備が整った環境の中で無償の教科書を受け取って勉強している。 私一人が9年間の義務教育を受けるために、一体いくらのお金がかかっているのだろう。 そんなことを考えていたら「教育費一人に80万円」と題した新聞記事が目に留まった。 公立の学校に生徒が通うために、小学生で一年83万円、中学生で94万円、高校生で91万円が税金から負担されているのだという。 とか書いたら、だいぶ埋まる。 しかも、それを面白いと思ってるセンスがすばらしいね。 消費税の使い道について書けばいいんじゃないか。 自分たちの身近なものにも使われる 教育関係の公共サービスとかについて書いて、 私達の生活は国や地方公共団体の活動と深く結びついていて、これらの活動に基づく色々なサービスを受けながら毎日を暮らしている。 身近な例として、道路、港湾、上... A ベストアンサー まず、少子高齢化が進むとどんなことが起きるか、ということを考える必要があります。 若い活力のある年代(労働者人口)が少なくなっていくということは、日本の企業の労働力が段々と弱っていき、それは日本自体の力が弱っていくことにつながります。 合わせて、高齢化が進んでいくと、高齢者は購買の中心層ではないためモノを買うというパワーも落ちます。 そうなるとモノが売れなくなりますから、企業は活力ある労働力が不足するのに加えて、利益も少なくなっていくという状況になります。 そういう状況に企業が追い込まれていくと、企業が国に納める税金も少なくなり、活力のある年代が少なくなるということは、全体的に収入に対する税金も少なくなるということになります。 国としては税収が少なくなって、行政サービスがまともにできなくなる恐れがあるのに、高齢者が増えていきますから、福祉面でのサービス需要はどんどん増えていきます。 税収がどんどん減っていく一方で、高齢化が加速されますから、高齢者福祉がまともにできなくなるかも知れません。 もしかしたら、日本は先進国から滑り落ちる可能性もあります。 増税ですが、きちんとした理由があるならば仕方ないと思いますが、その前に税金の無駄を徹底的に洗い直して、これ以上無駄は何もない、ということであればいいかも知れません。 税金の使われ方について、今まで国民にきちんと説明してこなかったため、国民は不信感があり、増税と言うと神経質になりますね。 今話題になっている「官房機密費」も、元は税金なのに使途について何の説明もありません。 これからは、増税を口に出すならば、国民に対して今までの使途の完全な説明と理解を得る努力が必要でしょうね。 まず、少子高齢化が進むとどんなことが起きるか、ということを考える必要があります。 若い活力のある年代(労働者人口)が少なくなっていくということは、日本の企業の労働力が段々と弱っていき、それは日本自体の力が弱っていくことにつながります。 合わせて、高齢化が進んでいくと、高齢者は購買の中心層ではないためモノを買うというパワーも落ちます。 そうなるとモノが売れなくなりますから、企業は活力ある労働力が不足するのに加えて、利益も少なくなっていくという状況になります。 そういう状況に企業... Q 税の作文についてアドバイスお願いします。 少子高齢化と税について書きました。 ちなみに高3です。 今日、日本では高齢化が進み、同時に、出生率の低下による少子化も進行しています。 特に、日本の少子・高齢化は、世界に類を見ないほど急速に深刻化し、 このままいけば 2050年には、全人口に対する65歳以上の人口の比率を表す高齢化率が、35%に達してしまうそうです。 つまり、国民の3人に1人が65歳以上の高齢者、という状態です。 また、少子化に伴う人口の減少は、 2006年から始まると言われています。 少子高齢化が進むとどんなことが起きるか。 若い活力のある年代の労働者人口が少なくなっていくということは、 日本の企業の労働力が段々と弱っていき、それは日本自体の力が弱っていくことにつながります。 合わせて、高齢化が進んでいくと、高齢者は購買の中心層ではないためモノを買うというパワーも落ちます。 そうなるとモノが売れなくなりますから、企業は活力ある労働力が不足するのに加えて、利益も少なくなっていくという状況になります。 そういう状況に企業が追い込まれていくと、企業が国に納める税金も少なくなり、 活力のある年代が少なくなるということは、 全体的に収入に対する税金も少なくなるということになります。 国としては税収が少なくなって、行政サービスがまともにできなくなる恐れがあるのに、高齢者が増えていきますから、 福祉面でのサービス需要はどんどん増えていきます。 税収がどんどん減っていく一方で、高齢化が加速されますから、高齢者福祉がまともにできなくなるかも知れません。 もしかしたら、日本は先進国から滑り落ちる可能性もあります。 では、どうすればよいのでしょう。 私は、社会保障制度の改革が必要だと考えました。 例えば、消費税や国民負担率を上げるということです。 私たちに一番身近な税である消費税は、今値上がりが囁かれています。 もちろん、できるならば消費税が上がるのは避けてほしいところですが、世界各国と比べてみると、日本の税率が低いのは否めません。 増税ですが、きちんとした理由があるならば仕方ないと思いますが、その前に税金の無駄を徹底的に洗い直して、これ以上無駄は何もない、ということであればいいかも知れません。 税金の使われ方について、今まで国民にきちんと説明してこなかったため、国民は不信感があり、増税と言うと神経質になってしまいます。 今話題になっている「官房機密費」も、元は税金なのに使途について何の説明もありません。 これからは、増税を口に出すならば、国民に対して今までの使途の完全な説明と理解を得る努力が必要でしょう また、多くの資産があったり、まだ元気に働ける高齢者の方には、 自立をしてもらうということも、これから視野に入れて考えていくべきだと思います。 だから、これらが上がるのは仕方がないことだと思いますし、 それで将来、豊かな社会になるのだったら上げてもいいと思います。 これから社会人になり、様々な税金を納める立場になるので、もっと税金の事についての知識を深めていこうと思いました。 税の作文についてアドバイスお願いします。 少子高齢化と税について書きました。 ちなみに高3です。 今日、日本では高齢化が進み、同時に、出生率の低下による少子化も進行しています。 特に、日本の少子・高齢化は、世界に類を見ないほど急速に深刻化し、 このままいけば 2050年には、全人口に対する65歳以上の人口の比率を表す高齢化率が、35%に達してしまうそうです。 つまり、国民の3人に1人が65歳以上の高齢者、という状態です。 また、少子化に伴う人口の減少は、 2006年から始まると言... A ベストアンサー 高校生の作文としては水準以上だと思います。 社会人でもここまで書ける人は多くないでしょう。 進学はお考えでないようですので、立派な社会人となって日本を支えてください。 ちょっと気になる点を書きます。 1.官房機密費は政治的には問題ですが、経済や税制上は言及の必要なしと思います。 2.国民負担率について、別添資料をつければよいと思います。 財務省のサイトにあります。 スウェーデン型社会になると増税で社会の活力がなくなるのか? 老後の心配がなくなり高齢者の消費が増えるのか? このあたりに言及して欲しいですね。 3.日本はこの20年GDPがほとんど伸びていません。 なぜなら、一つは円高で海外に生産拠点を移したから。 もう一つは、諸外国と比較して高い法人税により企業が海外に逃避した結果です。 法人税の高さは、企業の再投資余力を削ぐことになり、半導体や液晶、太陽電池パネルなどの分野で中国・韓国に遅れを取る原因ともなっています。 こんな状況で若い労働力が不足するのか、欧米のように若い失業者があふれるのか? 4.消費税の税率引き上げは法人税や所得税との直間比率をどうするのか総合的に考えないといけません。 いまの政府は低所得者への還付を行うカナダ方式を考えています。 菅総理(来月には前総理)は思いつきで色々言いすぎですが、ほとんどカナダの税制を理解していません。 5.税金の無駄使いは確かにあるでしょうが、歳出の半分以上を国債に頼るのは異常です。 無駄を削るだけでなく、必要な歳出も削らなくてはならないのです。 今の政府は無駄を削ればバラマキの財源は無尽蔵に出てくると言って政権を取りました。 でも、それは嘘だったことが既に明らかになっています。 高校生の作文としては水準以上だと思います。 社会人でもここまで書ける人は多くないでしょう。 進学はお考えでないようですので、立派な社会人となって日本を支えてください。 ちょっと気になる点を書きます。 1.官房機密費は政治的には問題ですが、経済や税制上は言及の必要なしと思います。 2.国民負担率について、別添資料をつければよいと思います。 財務省のサイトにあります。 スウェーデン型社会になると増税で社会の活力がなくなるのか? 老後の心配がなくなり高齢者の消費が増えるのか?... 作文添削して欲しいです。 高校生なのですが、文章を書くのがとても苦手なので、変な部分もあると思いますがよろしくお願い致します。 文字数制限があって、800字から1200字いないです。 私は今まで「なぜ税を払わなければならいの」と思っていました。 なぜなら、必要な物の全てに税がかかり、値段が高くなって損した気分になるからです。 税があるせいで、必要だったものが買えなかった経験をいっぱいしているので、「税なんてなくなればいいのに」って、思っていました。 でも、以前母が言っていたことを思い出してみると、私が母のお腹の中にいる4ヶ月くらいの時に突然出血して、救急車に運ばれたことがありました。 もし、すぐに救急車を呼んでいなかったら私の命がなかったかも知れません。 救急車は調べてみたところ1回の出勤で約4万5000円の税金が使われているそうです。 もし、税金を払っていなかったら、私の命は助からなかったかもしれないし、私以外にも、このような経験をしている人が日本ではたくさんいると思うので、その人たちのためにも、税金を払わなければいけないということも分かったし、税金があるおかげで人を助けることができるということを知ることが出来ました。 それに、助けること以外にも、もし、税がなければ、私が今通っている学校も潰れてしまうし、私の住んでいる町もなくなってしまうという危険もあります。 なので、税は必要不可欠なものなのだとわかりました。 それと、私は日本の税が凄く高いと感じていたのですが、世界では日本よりも高い国が多数あって、とても驚きました。 消費税があっても、満足していないのには、とても、驚きました。 でも、税があるから、といって、満足していない国もあれば、満足出来る国があるということもよくわかりました。 これからは、「税なんて必要ない。 なんであるの?」と思わずに税がある事をありがたく思い大切にしていきたいですし、私もいつか働いたら、たくさんの税を払って世界中の人の役に立てたらいいなぁと思いました。 以上が私の考えた作文なんですが、この作文の添削をお願いしたいです。 よろしくお願い致します。 作文添削して欲しいです。 高校生なのですが、文章を書くのがとても苦手なので、変な部分もあると思いますがよろしくお願い致します。 文字数制限があって、800字から1200字いないです。 私は今まで「なぜ税を払わなければならいの」と思っていました。 なぜなら、必要な物の全てに税がかかり、値段が高くなって損した気分になるからです。 税があるせいで、必要だったものが買えなかった経験をいっぱいしているので、「税なんてなくなればいいのに」って、思っていました。 でも、以... 消費税はだれもが払いますが、「所得税」や「住民税」は所得が少ない人は払わなくてもいいしくみですし、滞納している人もいます。 税には前に書いたとおりで、消費税だけでなくいろんな税金の種類があり税率も様々です。 前に書いた以外では、親から遺産を相続したときにかかる「相続税」、だれかから金銭などをもらったときにかかる「贈与税」などがあります。 >世界中の人の役 ちょっと大げさかな。 また、日本の税についての作文でしょうから、「世界中の」は削除したほうがいいでしょう。 あとはおおむねいいでしょう。

次の