羽田 空港 の これから。 羽田空港・新都心ルート、危険のため国際航空協会が中止要請…都心で部品落下事故も発生

「羽田は世界でいちばん危険な空港になる」:日経ビジネス電子版

羽田 空港 の これから

欧州・東南アジアなどから帰国する人は14日間待機と日本国内の公共交通機関を使用しないよう国から「要請」されているだけで、絶対的な国からの指示ではありません。 先般、家族でスペインから帰ってきて、公共交通機関を使わず、14日間待機するよう要請された沖縄の家族が、要請を無視して成田ー羽田間のバスを使って、そして羽田から那覇まで飛行機に乗って自宅に帰ってから10代の女の子が新型コロナウィルスに感染していることが判明しました。 でも、世間から顰蹙を買うことはあっても、要請を無視したからと言って罪に問われることはありません。 よって、今ドイツから帰国しても羽田ー伊丹間を飛行機で移動することは可能です。 しかし、人に迷惑をかけないように、身内の人に羽田まで車で迎えに来てもらうか、レンタカーを借りて大阪まで帰った方が良いでしょう。 乗れるか乗れないかで言えば乗れますよ。 だって、今日本政府がとっているのはあくまで「要請」=「お願い」だからです。 本人や家族を責める声は当然と言える一方、罰則を伴う法的拘束力をもたない「要請」を拒否するなとは誰も言えないのもまた事実です。 加えて14日間の待機にかかる費用が全額自己負担となれば家族5人分相当な金額となり、自宅に帰る方を選びたくなる気持ちも当然と言えば当然です。 上記のケースでは本人に症状が全く出ていないので余計待機などしなくてもいいのではと考えがちになったのでしょう。 それが嫌なら批判を全部受け止める前提で、強硬に要請を蹴って伊丹行の便にのることもできます。

次の

【知ってた?】羽田空港のこれからブース【羽田空港第1ターミナル】

羽田 空港 の これから

羽田空港に到着後、エスカレーターを下って東京モノレール乗り場まで行きます。 羽田空港にある駅はJALなら羽田空港第一ビル駅、ANAなら羽田空港第二ビル駅、その間(どちらのビルからも行ける)を京浜急行線の羽田空港駅があります。 京浜急行は京浜東北線とは違いますので無視してください。 そこでモノレールで終点の浜松町に行きます。 浜松町では山手線と同じホームですので間違えないように、車体にブルーの線が入った電車が京浜東北線です。 630円、50分ほどです。 他の経路は乗換えが面倒ですのでお勧めできません。 羽田空港で切符も大井町まで買えるはずです。 一番安いのは京浜急行に乗って、青物横丁から歩くことです。 わたしはこの手をよく使います。 一番早いのは、京急蒲田から歩いてJRの蒲田駅に出る方法だと思いますが・・・・土地勘がなさそうなので、簡単な方法でできる限り乗換えが少ない方法がいいでしょう。 1つは前出のモノレールで浜松町に出て、JR京浜東北線に乗る方法。 もうひとつは京浜急行で品川に出て、JR京浜東北線に乗る方法ですね。 京浜急行の運行パターンが複雑なのでちょっと厄介かも。 モノレールのほうがよさそうです。 モノレール乗車券は羽田空港だけでなく、羽田空港に行く便がある、地方空港でもたまに売ってますから、便利かもしれません。 ちなみに千歳では売ってました。 関西から来るなら、モノレール、JR東日本いずれもICCOCAが使えます。 Q PASMOとSUICAのどちらのカードが、便利で使い勝手がいいですか? 東京近辺に住んでいます。 今まで不便も感じなかったためどちらのカードも作っていませんでしたが、今回どちらか1つのカードを作ろうと考えています。 事前に申込書などで情報収集しましたが、今ひとつ2つのカードの違いが分からず・・(PASMOでJRだけの定期は作れない、SUICAでメトロだけの定期は作れないようですが、どちらもどちらの路線にキャッシュレスで乗れるようなので、その他の違い メリットやデメリットなど があまりよく分かりません。 年会費がかかることとあまりカードは増やしたくないので、この2つのカードの特徴や使い勝手など、またどこかお勧めのカードなどがあれば、どなたか、何かアドバイスがいただけると嬉しいです!! A ベストアンサー SUICAとPASMOは、現在の所全くコンパチブルです。 ただし定期券だけは多分違うかも知れません。 最初に登場したのがJRのSUICAで、後追いで私鉄等のPASMOが登場したのですが、仕様を全く同じに作って表面の体裁だけを変えたもの もちろんSUICAかPASMOかの情報はありますが なので、電子マネーとして使う上では、利用者から見れば全く同じです。 ただし、JR系の液ではPASMOは買えませんし、私鉄系でSUICAは買えません。 買う場所 駅 によってどちらが入手できるかが決まります。 またどちらも記名式と無記名式があります。 カード内部に所有者情報があるかどうかの違いです。 定期券として購入したものは、当然の事ながら記名式になります。 単なる乗車券変わりのカードとしてカッタ場合には、無記名式も選べるようです。 ただし紛失した時の扱いが違うでしょう。 費用はどちらも購入時に500円かかります。 この費用は、カードが不要になって駅に返却する場合には、返金してくれます。 要するにカードの借用料のようなもので、それ以外に年会費などは一切かかりません。 利用の上で言えば、かつてはSUICAではバスに乗れませんでした。 現在のSUICAは乗れますから、全く差はありません。 古いSUICAは無料で取り替えてくれます。 そしてJRのSUICAで私鉄線だけを乗車券として利用することも、逆にPASMOでJR線のみを利用することもできます。 JRには電子グリーン券の機能があります。 主にJR管内なので普通列車の指定席ですが、駅の乗車券の自販機でグリーン券を購入すると、その情報がSUICAに書き込まれます。 グリーン券は出ませんが、車掌にSUICAを見せれば、読み取り機に通してそれでOKです。 コンビニなどでの買い物に関しても、SUICAとPASMOは同一扱いです。 JR系の売店にはSUICA、私鉄系の売店にはPASMOと表示されていますが、他方でも全く同じ扱いです。 チャージも全く同じで、JRの駅でMASMOにチャージ、その反対も全く同じにできます。 コンビニでも同じです。 最近の話ですが、JR東海管内の駅でもJR東日本のSUICAで買い物ができる様になりました。 ですから、現在は利用者にとっては、どれを持っていても実質的な差が全くないと言えるでしょう。 逆に言えば、定期を買うのでなければ、録れか1枚だけを買えば良いということになります。 SUICAとPASMOは、現在の所全くコンパチブルです。 ただし定期券だけは多分違うかも知れません。 最初に登場したのがJRのSUICAで、後追いで私鉄等のPASMOが登場したのですが、仕様を全く同じに作って表面の体裁だけを変えたもの もちろんSUICAかPASMOかの情報はありますが なので、電子マネーとして使う上では、利用者から見れば全く同じです。 ただし、JR系の液ではPASMOは買えませんし、私鉄系でSUICAは買えません。 買う場所 駅 によってどちらが入手できるかが決まります。 またどちらも記名式と無記名式があり... Q 今度、東京へ行く用事があるのでついでに東京ドームにも行って見ようと思っているのですが、ひとりで都会へ行ったことがないのでアドバイスお願いします。 飛行機で羽田に着いた後、東京ドームへ行って、宿泊は、品川区の大井町駅付近に予約しています。 地理的に全然わからないのですが、羽田から大井町と東京ドームは、どういう位置にあるかわからないので、もしも大井町のホテルに荷物を置いてから東京ドームへ行っても道順的にいいものかまったく逆方向なのか、教えていただけないでしょうか。 一度大井町によると道順的に不便であれば荷物を持ったまま東京ドームへ行こうと思っているのですが・・・。 limousinebus. html 時間が合わないようでしたら#2さんのおっしゃるモノレール経由がいいと思います。 また電車によって所要時間は若干変わって来るので、これは参考ということにしておいて下さい。 A ベストアンサー もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。 話す時はどちらでもいいですよ。 ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。 「すいません」はちょっとくだけた感じかな。 でも、これはあくまで私個人の語感。 人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。 書くときはもちろん「すみません」にしましょう。 これも、話す時にはどちらでもいいです。 「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。 Q 某学校法人で派遣社員として勤務しているものです。 1年契約で3月末までの契約となっています。 先週、派遣元の担当営業から「正規の職員を入れることになったので、4月以降の更新はない」と言われました。 契約の身なので、正職員が入るのならば更新がないのは仕方ないと思っていたのですが、つい先ほど、総務部長と引き継ぎの話をしましたところ、私の後任者ということで、何社か派遣会社に声をかけているそうです。 正職員が入るので派遣である私が辞めることになったはずなのに、なぜ私の後任者も派遣社員なのでしょうか。 契約しない理由は、私の能力や人柄に問題というわけではないと、営業も部長も言っていたのですが、納得できません。 人間関係も特に悪いということはありません。 なにか他に理由があるのでしょうか。 はっきりさせるため総務部長に直接、理由を聞いたほうがよいでしょうか。 それとも派遣の営業に相談したほうがよいでしょうか。 A ベストアンサー 私も、 「正社員を入れることになったので次回の更新はナシです」 と派遣先企業の上司に呼び出されて言われ、 「へ~え、そうかぁ正社員さんかぁ~。 それなら仕方ないなぁ」 とショックながらも受け止めたものの、実はそんな話は全くなく、水面下で次の派遣さんの面接をされていた経験があります。 とんでもなくショックでした。 職場の仲間とは仲が良すぎるわけでもなかったのですが、これといったトラブルもなく、仕事も普通に出来ていたのに何故私がぁ…というカンジでした。 最後の最後まで本当のことを聞けず、派遣元の営業さんに訊いても、 「正社員の方が入社される予定だということしか聞いていませんが…」 の一点張りでした。 納得できないけれど納得しなければ次に進めないわと思い、気持ちを切り換えて有給を使って次の派遣先へ面談に行きまくりました。 ムカつくので最終日の「お世話になりましたのお菓子」は持参せず、サラッと挨拶して笑顔で去りましたが。 でも、今でも思います。 私の何がいけなかったんだろう…と(涙)。 あなたも次の新天地で今のスキルを存分に発揮し、この派遣先のことはきれいサッパリ忘れて突き進んでください。 私もあなたの健闘を祈ってます。 私も、 「正社員を入れることになったので次回の更新はナシです」 と派遣先企業の上司に呼び出されて言われ、 「へ~え、そうかぁ正社員さんかぁ~。 それなら仕方ないなぁ」 とショックながらも受け止めたものの、実はそんな話は全くなく、水面下で次の派遣さんの面接をされていた経験があります。 とんでもなくショックでした。 職場の仲間とは仲が良すぎるわけでもなかったのですが、これといったトラブルもなく、仕事も普通に出来ていたのに何故私がぁ…というカンジでした。 最後の最後まで本当のことを...

次の

羽田空港の機能強化について

羽田 空港 の これから

tags: , , 東京五輪に向け一層の国際線化が進む羽田空港ですが、かつてはほぼ国内線専用空港でした。 どういった経緯で国際線化が進み、背景は何だったのでしょうか。 またその影響を受ける成田空港では、意外な結果もみられました。 「ほぼ国内線」の羽田の転機は「4本目の滑走路」 感染拡大が続く新型コロナウィルスの影響があるものの、羽田空港は2020年3月29日(日)から国際線の大幅な増便が始まり、これを対象に東京都心を通る新飛行ルートも施行を予定されるなど、年を追うごとにその国際線航空便の割合が多くなっています。 ところで、羽田空港はかつて、1978(昭和53)年から2010(平成22)年までの32年間、「ほぼ国内線専用空港」として運営されていた過去を持っています。 どういった理由で、これが現在のような国際線も充実した空港へと変わったのでしょうか。 羽田空港。 奥に見えるのが国際線用の第3ターミナル(2020年1月、乗りものニュース編集部撮影)。 1978年までの羽田空港は、国際、国内両方の路線便が発着していましたが、高度経済成長を背景に航空需要が増え続けており、当時のキャパシティでは対応しきれなくなったため、もうひとつ首都圏に空港を作ることとなります。 これが現在の成田空港で、そこからは「国内線は羽田、国際線は成田」といった棲み分けがされていました。 成田空港開港後も、首都圏の航空需要は年ごとに増え続けており、これに対応するため羽田空港では2001(平成13)年、4本目の滑走路であるD滑走路が建設されることになります。 そして2010(平成22)年に完成したこの滑走路が、「棲み分け」の転機となります。 滑走路を増やすことで便数を増やせるようになったことから、羽田空港には国際線の定期便が開設され、同年に24時間利用ができる国際線ターミナル(現在の第3ターミナル)も作られました。

次の