ジェット スター 評判。 『クラブジェットスターは使えません。』by 鉄太郎さん

ジェットスターの評判は悪い?ひどい?実際に国内線に乗って名古屋から北海道を日帰りしてみた口コミ!サービスも接客も良かったよ。マイルについても

ジェット スター 評判

LCC(格安航空会社)って日本人にも浸透してきましたよね。 以前はLCCの悪い評判を耳にしたり、ニュースで見たりして、少し偏見を持っていたのですが、 ジェットスターに乗ってみて見方が変わりました。 ジェットスターに実際に乗った感想格安航空(LCC)として有名なジェットスターの飛行機に乗って名古屋のセントレアから北海道の新千歳空港を日帰りで往復する旅行に行ってきました。 激安すぎ!名古屋から北海道にジェットスターで行く値段 ジェットスターなら安い時期なら片道4000円程度で北海道へ行くことができます。 交通費も1万円以下で往復できることも。 ただし安くしたいなら、安い時期を見計らったり、早めに予約するなどの工夫が時には必要です。 下記から現在の飛行機の価格を調べることができます。 空港に到着したらチェックイン機で番号を入力すれば航空券が発券できるのでスピーディーですから、1時間前に空港についていれば余裕で飛行機に乗れます。 トータルで3時間見ておけば、余裕を持って北海道に到着できます。 ちょっと車で名古屋から福井とか長野に行くくらいの時間で北海道に行けますね。 北海道への日帰り旅行でどこに行ったかというと、登別温泉に行きました。 その時の話は下記の記事で詳しく書いています。 ジェットスターの座席は狭いのかLCCというと座席の狭さが気になるという人も多いですね。 行きの名古屋からの飛行機は非常口前の席が選べましたので、そちらにしていただきました。 非常口前の席は避難しやすいように広めに作られており、非常におすすめです。 国際線だと非常口前は英語が話せることを求められたりしますが、国内線なら何ら問題はないですね。 普通の席に関しては実際の狭さはこんな感じ。 席の広さはこんな感じ 窓際の席の人がトイレに出るときはちょっと大変かも。 しかし、国内線搭乗時間2時間程度なら全く苦にはなりません。 ただ、ジェットスターで12時間かけてヨーロッパに行けとか言われたらキツいかもしれませんが。 食事・ドリンクは基本有料食事・ドリンクは基本有料です。 ワゴンが回ってきた時に購入します。 名古屋から北海道まではフライト時間が短いのでなるべく早めに購入しましょう。 値段は高すぎず普通の外食って感じかな。 予約した航空券のプランによってはドリンク1杯サービスってのもあります。 ジェットスターの機内持込手荷物と受託手荷物格安航空会社だと機内持込手荷物と受託手荷物が心配という方も多いですよね。 私は日帰り旅行だったので荷物は特に預ける必要もなく何の心配もありませんでした。 機内持込手荷物は2個までです。 お土産などが増えた場合は少し大きめの袋にまとめるなどして2個になるように工夫しましょう。 「Starter Plus」では、受託手荷物として日本国内線は10kg、国際線は20kgまで無料で手荷物を預けれるとのこと。 (記事執筆時の情報です。 ) ちゃっかりプラスについてジェットスターにはオプションをいろいろ付けることが出来る仕組みがあるのですが、 というオプションがおすすめ。 国内線は「Starter」運賃+¥2,000 で付けることができます。 客室乗務員も親切だった客室乗務員の方も皆さんとても丁寧な接客でした。 同行者は生粋の飛行機マニアで、フライトログ?とかいう搭乗の記録をANAやJALの飛行機に乗るたびにしているようで、今回もジェットスターのパイロットの方や乗務員の方にお願いしたみたいです。 LCCだからと言って断られることもなく、しっかり、パイロットや乗務員の方たちにフライトのメッセージを記入してもらっていましたよ。 彼は写真を一緒に撮ってもらったりとかしてました。 ジェットスターのマイルジェットスターのマイルについてですが、実はジェットスター・ジャパンの場合にはJALマイルが貯まります。 ジェットスター航空、ジェットスター・アジア航空、ジェットスター・パシフィック航空ではJALのマイルは加算の対象とはならずちょっとややこしいのですが…。 これからジェットスター・ジャパンに乗るという方は JALカードを作ってから行った方がいいです! JALカードは普通カードなら入会後1年間は年会費無料ですし、JALカードショッピングマイル・プレミアムというのに入会すると100円で1マイル貯まります。 100円で1マイルって結構大きいんですよ。 公共料金、スマホ、買い物などクレジットカードの支払額って大体1ヶ月10万くらいはほとんどの人があると思います。 月10万の出費なら1年間で120万の支払い。 これをJALカードで支払えば、 12000マイル1年間で貯まる計算。 12000マイルもあれば、「どこかにマイル」というプランで年2回国内旅行に行けるんですよ! これ結構すごいです。 今だけのキャンペーンもありますから、 詳しくは下記からチェックしてみてください。 国内線、国際線問わず集めています。 第3ターミナルを使用する成田では仕方がないですが、関空、沖縄(那覇空港)に関しては、ターミナルが他のLCCとは違い、タラップ付きのゲートで乗り込めるのも大変便利です。 ただ運賃に関しては他のLCCでよくある〇〇プランなどで差別化されている(座席手数用や、手荷物追加料の有無や便の変更、払い戻しの条件など)料金プランがないので、最初の選んだ料金から最終的に上乗せされた運賃(クレジット利用手数料など)の差額がけっこうある印象があるので、はじめからコミコミの料金表示をしてほしい。 ホームページからの予約も見やすくスマホで簡単に予約がとれて良かったです。 座席も黒の革製ぽい生地でかっこよく、機内も清潔感ありよかったです。 ただ、座席と座席の間が狭く背の高い人には長時間だと窮屈で疲れました。 普通に安く乗れればいいと思っている人にはとてもいい飛行機だったなと思いました。 」 以上が投稿された口コミです。 一部否定的な意見もありましたが、総じて評価は良いのではないでしょうか。 そもそも、驚くべき値段が特徴のジェットスター。 ANAやJALなどのレガシーキャリアと比較すること自体がナンセンスです。 比較するならエアアジアや、ピーチなどと比較したほうがいいですよね。 安いしサービスは悪くないジェットスターに乗ってみて、 航空券の値段も安いし、サービスも悪くないので、これからもっと積極的に利用していきたいなと感じました。 だって調べてみると、ありえないくらい安いんだよね。 名古屋から沖縄へ4990円 東京から上海まで4980円 東京からケアンズまで20500円 大阪からフィリピンまで5960円 名古屋から台北まで4800円 とか安すぎでしょ。 下記のサイトからジェットスターを含め様々なLCC航空券が比較・検討して予約可能なんで、興味持った方は一度チェックしてみてくださいね。

次の

ジェットスターJQ26便、成田~ケアンズ搭乗記

ジェット スター 評判

2004年に旅客運航を開始しました。 カンタス航空の子会社として、シンガポールにジェットスター・アジア航空、ベトナムにジェットスター・パシフィック航空があります。 ただし、日本国内線を運航する「ジェットスター・ジャパン」に関しては、日本の格安航空会社LCCとして、別に解説していますので、「」の項目をご覧ください。 【関連項目】• ジェットスターとは? ジェットスターの日本路線は、成田・関空とケアンズ・ゴールドコーストが主力。 日本への就航は2007年と他のLCCより早く、一定の評価を得ています。 また、オーストラリア以外の路線としては、関空と台北、シンガポールを結ぶ路線を2010年に開設。 2012年11月には、関空〜シンガポール〜ダーウィン線を開設しました。 2014年には成田〜メルボルン線、福岡〜バンコク〜シンガポール線も開設しましたが、メルボルン線や福岡・バンコク線は運休しています。 カンタス航空の子会社ということで、大手のレガシーキャリアの支援を得ているようなイメージがありますが、人材や機材の共有などは全く行っていません。 通常期なら、諸経費込みでオーストラリアへ7万円程度で往復できます。 預け手荷物など、細かい手数料が設定されていますので、利用時には注意が必要です。 2014年より、日本路線にはボーイング787ドリームライナーを使用しています。 画像:ジェットスタープレスリリースより ジェットスターの口コミ・評判・感想まとめ• 座席は普通。 とくに狭くはない。 機内食はコンビニ弁当並み。 コンビニ弁当を食える人なら…。 機内食で起こされたりしないので、寝ているだけならこれで十分。 何度か利用したが、たいてい遅れる。 遅れても何の補償もなし。 東日本大震災時の対応が悪かった。 スタッフの質は今ひとつ。 機内でオーディオ借りるときに、身分証明書を見せるのが面倒。 ケアンズまでは安いが、シドニーまでだと、カンタスとあまり変わらない。 機内ですぐ寝てしまう人には良い航空会社。 機内食はエコノミーとしてはまあこんなもの。 期待をせずに乗ったら、思ったより対応もよかった• となりが空席だったのでシートは楽だった。 シートは大手航空会社と変わらない。 ビジネスクラスはエコノミーより少し広い程度。 大手のプレエコ並み。 ジェットスターの運賃・料金制度 ジェットスターには「エコノミークラス」「ビジネスクラス」の2種類のシートがあり、それぞれ基本運賃が定められています。 さらにオプションで、機内食、預け荷物、事前座席指定、カンタスマイレージの付与などを、希望にあわせて追加することができます。 エコノミークラスでは、基本料金の「スターターStarer」で、7kgまでの持込手荷物無料です。 それ以外に、15kgから40kgまでの範囲で、5kg刻みで受託手荷物(機内預け荷物)を預けられます。 基本料金のほかに「フレックスBiz」「ちゃっかりプラスPlus」「しっかりマックスMax」というオプションを付けることができます。 「マックス」は払戻可の運賃で変更も柔軟ですが、かなり高額なので、現実的には選択肢に入らないでしょう。 ビジネスクラスでは、基本料金で、カンタス航空のマイレージ付与無し、空港でのラウンジ利用なしとしていますが、ビジネスクラスとしては、「格安」といえる料金になっています。 ビジネスクラスには「マックス」のオプションのみあります。 ビジネスクラスの「マックス」は、エコノミーの「マックス」よりも低額です(基本料金が高いためと思われます)。 上記の「Biz」「プラス」「マックス」以外では、機内サービスの予約はできません。 機内食などは搭乗後にオーダーすることもできますが、ホットミールが10豪ドル(約800円)、清涼飲料水4豪ドル(約320円)、ビール8豪ドル(約640円)などと、やや割高です。 ビデオ・オン・デマンドが楽しめる機内エンターテインメントは10豪ドル(約800円)です。 手荷物と、それ以外の払戻、変更などに関わる手数料は以下の通りです。 区間によって異なる場合がありますし、手数料体型は頻繁に変更されますので、ご利用時にはご自身でお確かめください。 支払手数料 1,000円(クレジットカード)、1,200円(コンビニ、キャリア) 払戻手数料 4,000円(ただし、ほとんどのエコノミーチケットは払戻不可) 変更手数料(インターネット) 5,500円(変更不可のチケットもあり) 変更手数料(コールセンター) 9,300円(変更不可のチケットもあり) 予約手数料 4,200円(コールセンター、カウンターなどでの予約、購入時のみ必要) 預け手荷物(左:予約時支払 右:予約後支払) 重さ15kgまで 2,500円 3,950円 重さ20kgまで 3,000円 4,500円 重さ25kgまで 3,400円 5,100円 重さ30kgまで 5,100円 7,650円 重さ35kgまで 5,500円 8,250円 重さ40kgまで 6,000円 9,000円 預け手荷物 (当日支払) 重さ15kgまで 8,500円 重量超過料金 1kg につき 1,500円 機内持込荷物(無料) 7kg以内、56cm x 36cm x 23cmまで。 ジェットスターの利用で注意しなければならないのは、預け手荷物です。 プラスオプションを付ければ20kgまで無料ですし、予約時に支払えば、2,500〜3,000円で済みますが、予約後に追加で設定するとそれが1. 5倍の値段になります。 さらに当日に支払うと8,500円と高額です。 また、当日の超過料金も1kgにつき1,500円と、結構な値段ですので注意しましょう。 ジェットスターのマイレージ・サービス ジェットスターにはマイレージプログラムはありません。 ただし、一部の料金種別では、ジェットスターの親会社である、カンタス航空のマイレージプログラムかエミレーツのスカイワーズに加算可能です。 JALのマイレージはジェットスター・ジャパンでは加算可能ですが、ジェットスターでは加算されません。 エコノミークラスの場合、「プラス」「マックス」のオプションを付けるとマイレージが加算されます。 広告 ジェットスターの口コミ・評判・感想 ジェットスターは、日本に初めて就航した格安航空会社LCCです。 そのため、就航当時は「LCCの流儀」が日本人あまり理解されず、評判はそれほどよくありませんでした。 しかし、最近はLCCのスタイルが浸透してきたためか、評価は上がる傾向になってきたようです。 ジェットスターは、日本からオーストラリアへの路線が主なので、フライト時間は長く、食事がまず問題になります。 機内食については、「美味しい」という良い評判はあまりありません。 率直にいって期待しない方が良いでしょう。 飲食物の機内持ち込みは可とされているので、搭乗前に空港で食事を済ませ、機内にはおにぎりなどを持ち込む方がいいかもしれません。 機内食が不要なら、料金体系の「プラス」のオプションは「付けないでもいいのでは?」という声が支配的。 ただし、「プラス」は便の変更が手数料無料で可能なため、予定外の出来事に備えるにはいいかもしれません。 ジェットスターの乗車記や体験談での感想で多いのは「遅延やトラブル時の対応のまずさ」。 格安航空LCCには遅延はつきものですが、その際の係員の対応があまりよくない、ということです。 遅延が起きるかどうかは運の問題もありますが、 数時間遅れることは、中長距離の国際線LCCではよくあることなので、それは覚悟しておきましょう。 遅延時の他社便への振替もありません。 また、2011年の東日本大震災の時には、成田での発着を一時的に停止しました。 その際の対応に不満を述べる声は根強く残っており、非常時の対応はやはり「安かろう」といえます。 機内についてですが、国際線に関しては、長距離路線だけあって他のLCCに比べるとサービスは豊富で、「レガシーキャリアとそれほど変わらない」という意見もあります。 ただ、そうしたサービスが全て原則として有料、というのが大手と異なる点です。 長距離国際線に関しては、シートピッチは大手と変わらないようです。 ただオーストラリア国内線はぎっちり詰め込まれます。 毛布なども有料で、室温は低めなので、羽織るものは必要です。 「厚着をして乗れば問題ない」との声も。 「TVのイヤホンまで有料だけれど、ひたすら寝ていれば必要無い。 だいたいテレビや映画は必要不可欠なものではないので、有料が当たり前だと思う」というオトナの意見もありました。 日本路線の機材はエアバスA330-200型でしたが、ボーイング787に変更されています。 ビジネスクラスが横7列(2-3-2)で21席、シートピッチ97センチ、シート幅48センチです。 エコノミークラスは横9列(3-3-3)で314席、シートピッチ76センチ、シート幅43センチです。 787のエコノミー横9列は標準仕様より1列多いですが、最近では全日空などでも同様の配置なので、特に詰め込みというほどではないでしょう。 A330型機では、横8列(2-4-2)配置の303席で、大手航空会社と同じです。 タイ航空の同型機が2クラスで299席ですので、ほぼ同じ。 このように、国際線のシートピッチは、大手航空会社と比べて、とくに狭くありません。 広告 ジェットスターの総合評価 就航当初は厳密な手荷物計量に驚いて、追加料金を徴収される人が多かったというジェットスター。 今は「LCCとは手荷物にうるさいものだ」という認識が全体に広まったうえ、予約時の預け手荷物の申込み方法がシンプルになったため、手荷物に関するさまざまなトラブルは減ったようです。 また、「プラス」の仕組みのわかりやすく、オプションを申し込む人も増えたようです。 ただ、「プラス」を申込み、20kgまでの荷物を付けたりすると、それなりのお値段になります。 それでもケアンズやゴールドコーストへは行くには安いですが、 シドニーやメルボルンまで行くとカンタスなどと変わらないという感想は事実でしょう。 たしかに、シドニーやメルボルンへジェットスターで行こうとすると、日本から直行便がないこともあり、往復10万円近くになることが多いです。 この値段なら、いろいろ煩わしいLCCよりも、レガシーキャリアのカンタスにでもしようかな、という気になる方もいるでしょう。 逆に、ケアンズやゴールドコーストへの直行便はジェットスターだけです。 JALとのコードシェアもしていますので、JALで予約しても機材はジェットスターです。 ジェットスターは、格安航空会社LCCにしては機内サービスが整っているほうなので、JALとのコードシェアもできたのでしょう。 まとめると、ジェットスターは有料の機内サービス豊富で、座席配置もレガシーキャリアに近い格安航空会社LCCです。 サービスが豊富といってもLCCですから、快適性に期待を抱くのは禁物です。 長距離路線の場合は遅れも発生しやすいですし、欠航時の振替もありません。 そういうことも含めて、JALやカンタスより少し値段が安い、ということです。 公平を心がけていますが、主観が混じっていますので、ご了承下さい。

次の

ジェットスター・ジャパンのクチコミ・評判【フォートラベル】

ジェット スター 評判

価格の安さに定評があり、尚且つ機内サービスの向上にも近年努めている会社ということもあり、人気も高いです。 そんな中、国内旅行・海外旅行に限らず、妊娠中や新生児を抱えながら旅行したいと思っている方も多いです。 そこで、今回はそういう時でも乗れるのか説明します。 本来、飛行機というのは地上とは環境が全くことなるため、母体にどのような影響があるのかは判断できないものの、実際に ジェットスターを利用して妊娠中の方がフライトを楽しんでいるのも事実です。 しかし、 ジェットスターでは安全を考慮して、妊娠中の女性が乗る場合は条件を定めているのも特徴です。 また、どうしても乗らなければならない方以外は、極力乗るのは避けることも必要です。 もちろんどうしても行きたいところがあるという場合は、その意思を優先させるべきですが、無理だけはしないことが重要です。 ただ、 ジェットスターは安全も配慮してくれているので、妊婦の方も安心して乗れるのは事実です。 また、新生児を抱えている方も安心して乗れるので ジェットスターの評判はいいようです。 諦める必要はありません。 思う存分フライトを楽しむと良いのではないでしょうか。 まずはそちらを確認してみると、飛行機に乗れるかどうか判断できるので、しっかりと見極めてみて下さい。 また、それぞれによって必要なものが異なるので、予め準備する必要もあることを、頭に入れておきましょう。 すべてのフライト 妊娠中の方が飛行機に乗る場合は、全てのフライトで診断書が必要となります。 また、妊娠の期間としては、 29週以降の方が乗れるようになっていて、日本国内の場合は妊娠36週以降の方が乗れるようになっています。 もちろん、医師の診断書が必要となるので、飛行機に乗る場合は産婦人科の担当医に相談することが必要です。 そこで、断られてしまったら飛行機には原則としては乗れません。 そもそも医師が危険だと判断した場合は、飛行機に乗ることはできないので、その場合は 「いつになったら乗れるのか」ということも確認しておくと良いでしょう。 飛行時間が4時間未満のフライト ジェットスターでは、飛行時間が4時間未満のフライトの場合、妊娠40週まで可能となっています。 多胎妊娠の場合は妊娠36週までとなっています。 つまり、それまでは普通に海外旅行も国内旅行も楽しめるということです。 実際に4時間未満だとすると、フライト県内としては、日本国内はほとんど網羅できるでしょう。 東京から出発であれば、4時間もあれば基本的にはどこでも行くことが可能です。 つまり国内旅行であれば、ある程度問題なく妊娠中でもフライトを楽しむことができるということになります。 もちろん、短いフライトだからと油断することなく、一応フライト前には担当医に相談しておくことも必要です。 飛行時間が4時間以上のフライト 飛行時間が4時間以上のフライトになる場合は、妊娠36週まで搭乗可能となっています。 多胎妊娠の場合は32週までとなっています。 こうやって見てみると、フライトが4時間以上でもある程度妊娠してから時間が経過しても大丈夫ということになります。 出産が近づくにつれて母体に対する負担も大きくなるので飛行機に乗るのは避けた方が良いですが、それでも36週まではフライト可能です。 4時間以上だと、アジア圏内の国に行くことが可能です。 ジェットスターの場合はオセアニア路線も多いですが、オセアニアは約6時間~7時間ほどフライトに時間がかかるので、その点は自分で判断するのと、医師に相談して決めていきましょう。 そういった方のほとんどが 「人の目が気になる」という理由を挙げています。 確かに妊娠中は人から 「大丈夫かな?」と思われることも多いでしょうし、新生児がいる場合は鳴き声や落ち着きの無さなどで 「迷惑をかけてしまわないかな?」と考えてしまうこともあります。 しかし、 ジェットスターの場合は妊娠中も新生児がいても、飛行機に乗れないというということはありません。 少なくとも自分が旅に出たいと思った時、好きなようにフライトを選んで乗れるのです。 妊娠が40週を過ぎたあたりからは厳しくなりますが、それまでは特に人の目を気にする必要な無いでしょう。 実際に妊娠中や新生児がいる場合は大変なこともありますし、条件があるのも事実です。 しかし、旅行ができないかどうか聞かれれば、 ジェットスターは自信を持って「旅行できます」と言ってくれるのではないでしょうか。 また、搭乗した方々からの ジェットスターの評判も総じていいようです。 他の航空会社も妊婦の方が安心してフライトできる環境を整えてくれています。 まずは利用したい航空会社について調べてみて、妊娠中や新生児がいる場合はどうなのか聞いてみると良いです。 そうすれば、旅行の幅も格段に広がるはずですよ。 航空会社規定等は航空会社の判断により随時変動しておりますので 最新情報はお客様ご自身にてご確認頂けますよう お願い申し上げます。 予めご了承くださいませ。

次の