スプレッド シート。 表計算ソフト(スプレッドシート)とは

新しいスプレッドシートを作成するには

スプレッド シート

Googleスプレッドシートを開いた時、最初に表示されるシートを指定できたらすごく楽なのに! ぬぉおぉおぉおおおおおーイライラする! ・・・こんな経験、ありませんか? それじゃなくて、こっちのシートなんだよなあ 複数人と一つのプロジェクトをすすめるときなど、メンバー全員でリアルタイムにExcelを共有できるExcelスプレッドシート。 とても便利なので、会社などでも利用頻度が増えていると思います。 Googleスプレッドシートを起動した直後、毎回イライラしてしまうのが「開くシートを自由に設定できない」事。 Office Excelでは起動直後は、前回使用時、最後に保存したシート&セルが開いた状態となります。 でもGoogleスプレッドシートでは、どこで終わろうが無関係。 いつも同じシートが開いてしまいます。 ほんの少しの事ですが、毎日となるとやはりストレスを感じますし非効率的です。 実はとっても簡単な方法で、スプレッドシート起動時、最初に表示するシートを指定することができます。 最初に表示したいシートをクリック > アドレスバーに表示されたURLをコピーしブックマーク パソコンにインストールして使用するタイプのOffice ExcelやOpenOffice・KINGSOFTなどとは異なり、Googleスプレッドシートにはシートごとに「URL」が割り当てられています。 最初に表示したいシートのURLをブックマークし、次回はブックマークからスプレッドシートにアクセスすることで、好きなシートを開いた状態でスプレッドシートを起動することができます。 いままで感じていたイライラがすっきり解決! 業務もスムーズに取り掛かれて、すごく便利です^^ また、Google Chrome右上「:」 > その他のツール > デスクトップに追加 を行うと指定したシートで開くショートカットをデスクトップ上に作成できます。 お気に入り登録(ブックマーク)が禁止されている会社などでは、後者のデスクトップにショートカットを作成する方法のほうが便利ですね。

次の

【初心者向けGAS】スプレッドシートのシートを取得する2つの方法

スプレッド シート

IMPORTRANGE "スプレッドシートキー", "範囲の文字列" この 『範囲の文字列』のところに、 "持ってきたいシートの名前! 持ってきたいセル"を入力します。 例えば、 データベースという名前のシートの A1セルを参照したい場合は、 "データベース! A1"と入力すれば大丈夫です。 表(範囲セル)を参照する 表を参照したい場合は、 『範囲の文字列』のところに、 "持ってきたいシートの名前! 持ってきたい範囲セル"を入力します。 例えば、 データベースという名前のシートの A1からG9を参照したい場合は、 "データベース! A1:G9"と入力すれば大丈夫です。 集計したデータや表引きを参照する方法 ただ、値を引っ張ってをくるだけじゃ面白くないですよね! IMPORTRANGE関数は、他の関数と組み合わせることでその真価を発揮します。 例1:合計金額を参照する(SUM関数) 合計金額だけを参照したいときは、SUM関数とIMPORTRANGE関数を組み合わせます。 例えば、 別のシートのA列の合計金額を参照したい場合は、次のようにSUM関数と組み合わせます。 例えば、次のような表があったとします。 ここで『1002』をキーとして、商品名である『ぶどう』を参照したい場合は、次のように記述します。 ほら、こんな感じで参照することができました。 IMPORTRANGE関数とVLOOKUP関数を組み合わせれば、このように他のスプレッドシートであっても表引きを実現できるんです。 スプレッドシートすごすぎません?Excelには出来ない芸当ですよね。 例3:スプレッドシートを簡易的なデータベースとして使う 集計したデータや表引きしたデータだけをIMPORTRANGEで持ってくるということは、スプレッドシートをデータベースのように扱うことができます。 スプレッドシートは200万個のセルにしか値を入力できませんが、IMPORTRANGEを使えば実質無限のセルを使うことができるんですよ。 詳しくは割愛しますが、気になる方はこの記事をどうぞ!.

次の

Googleスプレッドシートで最初に開くシートを指定する方法

スプレッド シート

こんにちは!NexSeedエンジニア留学講師の一戸です。 えりてぃと呼ばれています。 本日はプログラミングとはちょっと違いますが、皆使えると便利なGoogleスプレッドシートの関数を紹介したいと思います。 まず、Googleスプレッドシートについて説明なのですが、Excelと酷似している、オンラインで使用できるGoogleが開発したツールになります。 Googleアカウントを持ってさえいれば、インターネットさえ使えれば利用できるので、気軽にExcelのような表やグラフを作成することができます。 今回はGoogleスプレッドシートの関数を紹介することで、Googleスプレッドシートというツールの虜になっていただければ幸いです! では早速いってみましょう。 Googleスプレッドシートで使える超便利な関数 1. GOOGLETRANSLATE なんと!google translateが関数で使えます。 英単語やフレーズをたくさん調べたい。 でも一回一回GoogleTranslateで検索するのは面倒… そんなときにとても便利です。 ちなみにこちらの画像は、パソコントラブルの記事を書くときに使ったリストです。 もちろん不正確な翻訳も有るので記事では微修正していますが、一気に翻訳が出てくるのはとても便利です。 こちらは日本語を英語に翻訳している例です。 IF もし〜だったらというプログラミングでおなじみの書き方。 GoogleスプレッドシートではIF関数というものを使って同じ処理が作れます。 こちらは80以上なら合格、それ以下なら不合格と表示される例です。 IFERROR たまに割り算の母数が0になっていて割り算エラーが出る時ってありますよね。 そんなときに使えるのがIFERROR関数です。 エラーが出たときに別な値を表示してエラーの状態をなくすことができます。 この例ではエラーが発生したら0を表示するようにしています。 SUM 合計を計算する関数です 5. AVERAGE 平均を計算する関数です 6. ROW データに通し番号を付けたい場合に便利です。 NOW 現在日時を返す関数です。 毎日当日の日付をシート内で知りたい時便利です。 ARRAYFORMULA 本来、複数のセルに指定しないと表示されない関数を、先頭だけ指定することにより他の行へ適用できる関数です。 この例では式はD4にしか記載されていませんが、D4からD15まで値が反映されています。 すべての行に関数を適用するよりもシートが軽くなります。 おすすめ関数。 ISURL URLが有効かどうか調べる関数です。 ブログを別ドメインへお引越しした時や、古い記事のリンク切れがないかなどをチェックしたいときに便利です。 SPLIT 区切り文字を指定して分割することができます。 JOIN SPLITとは逆に連結文字を指定して複数文字を連結することができます。 この例では住所をスペースで連結して作っています。 UNIQUE 重複データを取り除くことができます。 例では渋谷-セブンイレブンの組み合わせ行が存在するので取り除かれているのがわかります。 FILTER 範囲内から条件に合致したデータだけを取得する関数です。 例ではファミリーマートのデータだけを抽出しています。 TRANSPOSE 行と列の縦横を入れ替えることができます。 入れ替えたほうが見やすい表になる場合などに便利です。 WEEKNUM 日付を指定するとその年の何週目なのか数字を返してくれる関数です。 週数計算をしたいときには地味に便利です。 例でみると9月14日は37週目になることがわかります 16. EXACT 2つの文字が合致しているか調べる関数です。 目視で判別しづらい文字が多くある場合活躍します。 VLOOKUP 検索結果に一致した行の特定列のデータを取得する関数です。 例では検索範囲内で得点が100の人の姓を取得しています。 4番目に指定しているfalseは「行の並べ替えを行ってるかどうか」という意味なので並べ替えをしていない場合はfalseと指定しておけば大丈夫です 8. ARRAYFORMULAと合わせて使用すると非常に便利です。 IMPORTHTML 個人的にイチオシの関数です。 テーブルタグで表現されているWebサイトの情報をスプレッドシートに取ってこれます。 ちなみにこちらが取得してきたWebページです。 超絶便利です。 IMPORTRANGE 複数のシートを読み込んで使用できます。 バラバラに管理してる情報をまとめたいときに便利です。 例ではパソコントラブルのシートが有り、キー指定でimportしています。 IMAGE Web上の画像をスプレッドシート内に表示することができる関数です。 今回の例ではこのメディアのロゴを表示してみました。 Webで表示されてる画像と同じものを常に使用したい場合、便利です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 これらの関数を覚えて、ぜひ作業効率・時短に活用頂けると幸いです。 NexSeedでは、プログラミングと英語を学べる「エンジニア留学」を提供しています。

次の