アエル ワールド。 株式会社アエルワールド

グリーンカード(EB

アエル ワールド

完成イメージ LAディズニーランド周辺図 JWマリオット・ホテルは、同系列の中でも、リッツ・カールトンやブルガリに並ぶ、世界でも50カ所程しかない最高ランクのホテル・ブランドです。 同じホテルの建設場所は、ロサンゼルス郊外アナハイム市にあるディズニーランドに隣接しており、徒歩数分での入場が可能。 また、周辺には同市のコンベンションセンター(徒歩10分程度)や、数キロ以内に大リーグで活躍中の大谷翔平選手が所属する球団本拠地のエンゼルス・スタジアムがあり、宿泊ニーズに事欠かない好立地です。 通常のホテル経営では資金が固定される土地建物を所有しない場合が多いのですが、当該物件に関してはホテルが土地建物を所有し、デザインにも建築段階から関与している点が特徴です。 同プロジェクトに50万ドル投資すると「EB5」という永住権を申請でき、永住権申請後は20カ月程度(平均審査期間)の審査を受けた後、クリアできれば移民申請を行い、その後アメリカ大使館での面接となります。 そこでも問題がなければ条件付き永住権を取得でき、移住が可能となります。 その後2年程度問題がなければ、グリーン・カードと呼ばれる10年間有効の永住権を申請できます。 永住権取得後に、同プロジェクトに問題がなければ、その1~2年後(投資後、約6年)に、投資資金が返還されることになります。 アナハイム市より税優遇 プロジェクトは、2013年6月11日にアナハイム市より合計8,100万ドルの税優遇を受けられることが決まるなど、地元でも高く評価されています。 20年末に完工予定で、総事業費は3億米ドル以上(約330億円)に上ります。 EB5プロジェクト管理会社のFPP社とは FPP(First Pathways Partners)社は、07年に設立、08年よりウィスコンシン州のオフィス・ビル・プロジェクトより参入したプロジェクト管理会社です。 全米では現在800カ所以上のプロジェクトがあると言われていますが、同社は現在まで延べ10カ所のプロジェクトを手掛けており、そのうち9カ所のプロジェクトでは条件付き永住権の取得、6カ所では通常の永住権(グリーン・カード)の取得、2カ所では投資資金(50万米ドル)の返還にぞれぞれ成功しています。 長年の実績と同業界への貢献により同社CEOのボブ・クラフト氏はIIUSA(Invest in theUSA)というEB5業界団体の会長を務めるなど、指導的立場を担っています。 申請で問われることは EB5は世界の投資永住権の中でもユニークなプログラムで、審査内容は主に投資した資金源に集中しています。 オーストラリアでは近年投資条件が上がり、審査内容は年齢や事業年数や規模、英語力まで問われますが、現時点でのEB5ににはそのような審査はありません。 ただし、18年9月30日までの時限立法であることと、申請条件変更の噂があるため、現条件(50万米ドルの投資)で申請したい投資家は、急いだ方が良いかもしれません。 申請の必要書類例 次に、申請における必要書類です。 その中でも投資資金である50万米ドルの合法的資産形成が確認できる書類がポイントで、おおむね準備の80%以上がこの説明書類の準備に当てられます。 必要書類については申請者によって異なり、申請を担当する弁護士に確認することが重要となります。

次の

グリーンカード(EB

アエル ワールド

「いつか海外で生活をしたい。 子どもを英語圏で教育したいと思っていたんです」 …長年の夢を実現したいと、3人のお子さんを抱えるご夫妻から相談を受けました。 家族で英語を話せる人はいません。 外国に知り合いがいるわけでもありません。 移住したい国の文化にも、詳しいわけではありません。 それでも、海外で悠々自適に過ごしたいという期待と不安を胸いっぱいに抱え依頼されました。 準備と調整、交渉に約5ヶ月間。 旅行のように日程と宿泊地、航空券をおさえるだけでは務まりません。 永住権の獲得、ビザの取得、ご主人の就労先、お子さんの学校についてまでサポート。 そしてその国、その地域の文化・商習慣を受け入れられる覚悟を持てるかどうかをしっかりと判断していただく必要があります。 お客様が安心して海外生活をスタートできるようあらゆる支援に携わる。 それが海外生活カウンセラーの役目。 お客様が移住されて約1年…。 家族全員の笑顔の写真がオフィスに届きました。 その人、そのご家族の新しい人生を一緒につくりあげていく仕事です。 海外生活カウンセラー海外生活に関わる資産運用のアドバイザーとしてご活躍ください。 「短期留学をしたい」「家族で移住を考えている」「早期リタイアをして海外で過ごしたい」といった海外生活を望んでいるお客様の支援に携わるのが、あなたの仕事。 海外移住や海外生活に向け必要なビザ取得や資産、移住後の生活費、お子様の学校選びなど、海外で生活する上で必要なサポートを行なっていただきます。 現地のスタッフと英語でのやりとりが発生します。 入社後は短期留学をはじめとしたカウンセリング業務に携わりながら、少しずつ海外移住サポートの仕事を任せていきます。 HPや広告による反響営業です。 どのような要件で海外生活を望んでいるのかをまずはヒアリング。 お客様の所有資産、家族構成、将来のライフプランを考えた上で対象国を選定し、下記のような業務を行ないます。 短期留学や海外移住などを検討されているお客様の海外生活における各種支援業務を行なっている当社。 移住対象国が増えていることと、お客様からの依頼が増えていることから、新たなメンバーを募集します。 待遇面の変更はありません)。 oyakostudy. jp 「オーストラリア永住権、海外移住サポート」www. ablife. jp 「シンガポール永住権、海外移住サポート」www. sglife. jp 「カナダ永住権、海外移住サポート」www. calife. jp 「投資家ビザ・投資永住権サポート」www. investorvisa. jp 事業所 【本社】東京都新宿区新宿3-2-1 新宿三丁目ビル7階 企業ホームページ 採用ホームページ 株式会社アエルワールド 私たちと一緒に働きませんか?.

次の

グリーンカード(EB

アエル ワールド

完成イメージ LAディズニーランド周辺図 JWマリオット・ホテルは、同系列の中でも、リッツ・カールトンやブルガリに並ぶ、世界でも50カ所程しかない最高ランクのホテル・ブランドです。 同じホテルの建設場所は、ロサンゼルス郊外アナハイム市にあるディズニーランドに隣接しており、徒歩数分での入場が可能。 また、周辺には同市のコンベンションセンター(徒歩10分程度)や、数キロ以内に大リーグで活躍中の大谷翔平選手が所属する球団本拠地のエンゼルス・スタジアムがあり、宿泊ニーズに事欠かない好立地です。 通常のホテル経営では資金が固定される土地建物を所有しない場合が多いのですが、当該物件に関してはホテルが土地建物を所有し、デザインにも建築段階から関与している点が特徴です。 同プロジェクトに50万ドル投資すると「EB5」という永住権を申請でき、永住権申請後は20カ月程度(平均審査期間)の審査を受けた後、クリアできれば移民申請を行い、その後アメリカ大使館での面接となります。 そこでも問題がなければ条件付き永住権を取得でき、移住が可能となります。 その後2年程度問題がなければ、グリーン・カードと呼ばれる10年間有効の永住権を申請できます。 永住権取得後に、同プロジェクトに問題がなければ、その1~2年後(投資後、約6年)に、投資資金が返還されることになります。 アナハイム市より税優遇 プロジェクトは、2013年6月11日にアナハイム市より合計8,100万ドルの税優遇を受けられることが決まるなど、地元でも高く評価されています。 20年末に完工予定で、総事業費は3億米ドル以上(約330億円)に上ります。 EB5プロジェクト管理会社のFPP社とは FPP(First Pathways Partners)社は、07年に設立、08年よりウィスコンシン州のオフィス・ビル・プロジェクトより参入したプロジェクト管理会社です。 全米では現在800カ所以上のプロジェクトがあると言われていますが、同社は現在まで延べ10カ所のプロジェクトを手掛けており、そのうち9カ所のプロジェクトでは条件付き永住権の取得、6カ所では通常の永住権(グリーン・カード)の取得、2カ所では投資資金(50万米ドル)の返還にぞれぞれ成功しています。 長年の実績と同業界への貢献により同社CEOのボブ・クラフト氏はIIUSA(Invest in theUSA)というEB5業界団体の会長を務めるなど、指導的立場を担っています。 申請で問われることは EB5は世界の投資永住権の中でもユニークなプログラムで、審査内容は主に投資した資金源に集中しています。 オーストラリアでは近年投資条件が上がり、審査内容は年齢や事業年数や規模、英語力まで問われますが、現時点でのEB5ににはそのような審査はありません。 ただし、18年9月30日までの時限立法であることと、申請条件変更の噂があるため、現条件(50万米ドルの投資)で申請したい投資家は、急いだ方が良いかもしれません。 申請の必要書類例 次に、申請における必要書類です。 その中でも投資資金である50万米ドルの合法的資産形成が確認できる書類がポイントで、おおむね準備の80%以上がこの説明書類の準備に当てられます。 必要書類については申請者によって異なり、申請を担当する弁護士に確認することが重要となります。

次の