イギリス航空券。 Cheap Flights to United Kingdom from ¥42,860 only

イギリス留学:航空券の種類と購入方法【メリット・デメリット解説】

イギリス航空券

ロンドン イギリス 行きの最安値を比較• 新千歳空港発 ロンドン イギリス LCY• 新千歳空港発 ロンドン イギリス LGW• 新千歳空港発 ロンドン イギリス LHR• 新千歳空港発 ロンドン イギリス STN• 羽田空港発 ロンドン イギリス LCY• 羽田空港発 ロンドン イギリス LGW• 羽田空港発 ロンドン イギリス LHR• 羽田空港発 ロンドン イギリス SEN• 羽田空港発 ロンドン イギリス STN• 成田空港発 ロンドン イギリス LCY• 成田空港発 ロンドン イギリス LGW• 成田空港発 ロンドン イギリス LHR• 成田空港発 ロンドン イギリス SEN• 成田空港発 ロンドン イギリス STN• 中部国際空港発 ロンドン イギリス LCY• 中部国際空港発 ロンドン イギリス LGW• 中部国際空港発 ロンドン イギリス LHR• 中部国際空港発 ロンドン イギリス STN• 大阪国際空港 伊丹 発 ロンドン イギリス LCY• 大阪国際空港 伊丹 発 ロンドン イギリス LGW• 大阪国際空港 伊丹 発 ロンドン イギリス LHR• 大阪国際空港 伊丹 発 ロンドン イギリス STN• 関西国際空港発 ロンドン イギリス LCY• 関西国際空港発 ロンドン イギリス LGW• 関西国際空港発 ロンドン イギリス LHR• 関西国際空港発 ロンドン イギリス STN• 神戸空港発 ロンドン イギリス LCY• 神戸空港発 ロンドン イギリス LGW• 神戸空港発 ロンドン イギリス LHR• 神戸空港発 ロンドン イギリス STN• 福岡空港発 ロンドン イギリス LCY• 福岡空港発 ロンドン イギリス LGW• 福岡空港発 ロンドン イギリス LHR• イギリス国内からのロンドン イギリス 行き 最安値を比較• マンチェスター イギリス ロンドン イギリス LHR• マンチェスター イギリス ロンドン イギリス SEN• エジンバラ ロンドン イギリス LCY• エジンバラ ロンドン イギリス LGW• エジンバラ ロンドン イギリス LHR• バーミンガム イギリス ロンドン イギリス LGW• バーミンガム イギリス ロンドン イギリス LHR• グラスゴー ロンドン イギリス LCY• グラスゴー ロンドン イギリス LGW• グラスゴー ロンドン イギリス LHR• グラスゴー ロンドン イギリス SEN• テムズ川周辺に広がる世界都市「ロンドン」 ロンドンは、イングランドの首都。 グレートブリテン島の南東部に位置しています。 観光やファッション、教育や金融など世界的にも強い影響力がある街で、様々なトレンドの発信地であると同時に、世界でも3本の指に入る旅客数を誇る国際空港、ロンドン・ヒースロー国際空港を有する街でもあります。 特に、イギリス王室の宮殿でもあるバッキンガム宮殿やカプセルのような観覧車ロンドン・アイ、世界最大級の美術品がある大英博物館、ゴシック建築が美しいウェストミンスター寺院等が有名で、狭いエリアに見所となる観光スポットが凝縮されているため、効率よくたくさんの名所を見ることができます。 周辺エリアはホテルが充実しているので、観光スケジュールに合わせて選ぶとさらに充実した旅を楽しむことができるでしょう。 ロンドンの歴史 西暦50年頃、ローマ人の手によってテムズ川周辺に街が作られました。 これがロンドンの始まりです。 10世紀頃には貿易の要所として重要な役割を果たすようになり、その後イングランド統一によって政治面でも中心的な役割を担う都市へと発展していきます。 現在のロンドンが持つ機能、その下地がこの時できたのです。 この街を語るうえで、押さえておきたい歴史的な出来事があります。 それは、1863年に開通した世界初となる地下鉄です。 交通機関の発達により市街地はさらに拡大して、分かれていた街が一つになり、今のロンドンができました。 ロンドンの経済 経済の主力は、小売業を中心としたサービス業です。 市内にはショッピングセンターや高級デパート、ブランド店がたくさんありショッピングを楽しめます。 イギリス最大級とも言われるショッピングモール、ウェストフィールド・ロンドンはハイブランドを始め、ファストファッションのブランドも数多く入っています。 カフェやレストランもあるので、雨が降ってしまったときでも楽しくショッピングが楽しめます。 ロンドン行きの格安航空券について 日本からロンドンへは直行便があり、日本航空や全日空、ブリティッシュエアウエイズなどが取り扱っています。 ロンドンの発着空港は、ヒースロー空港で直行便で約12時間30分です。 時間に余裕のある方は、乗り継ぎのある格安航空券がおすすめ。 直行便に比べて航空券代の幅が広がり、より自由に選べます。 アジアを経由するキャセイパシフィックや、ドーハを経由するカタール航空やエミレーツ航空などがあります。 予算と日程に合わせて格安航空券も調べてみてもよいでしょう。 ロンドンの気候 一年を通してロンドンは日本よりも寒く、特に10月から3月までは厚手のコートが必要です。 5月頃でも雨が降ると寒い日があるので、コートがあると安心です。 地下鉄やお店などエアコン設備がない所も多いので、熱中症には注意が必要です。 日中は暑くても朝晩は冷え込むことがあるので、上着は持って行った方が良いでしょう。 ロンドンの主な交通手段 画像の出典元: ロンドンの交通手段としてよく使われているのが地下鉄です。 ヒースロー空港からのアクセスもよく、旅行者でもわかりやすいため便利に活用できます。 週末は、線路を補修するため運休する路線があるので、事前に観光地までの行き方をいくつか調べておいた方がいいでしょう。 またホームが地下深くにある駅もあり、乗り継ぎや移動に時間がかかります。 利用の際は、ゆとりをもって行動するのがおすすめです。 エレベーター、エスカレーターがない駅もあるので、荷物が多いときはタクシーを使うとよいでしょう。 大阪23時過ぎ発の深夜便だったので、シンガポールまでの機内では半分くらいの乗客がすぐに寝ていましたよ。 私たちは旅行が楽しみ過ぎる気持ちが抑えらなかったので、映画を楽しみました。 シンガポール航空の機内食はとても美味しかったです!シンガポールでの乗継時間は4時間ほどだったのですが、その時が一番眠くて、搭乗口近くで睡魔とたたかってました。 いよいよロンドン行きの便に搭乗。 日中のフライトだったからか、一瞬目が覚めてしまいましたが、機内食を食べた後はしっかりと熟睡することができました。 エコノミークラスでしたが、私たちには充分な広さでした。 ロンドンに到着してホテルにチェックインしたのは、すでに20時前。 明日に備えて早めに就寝しました。 翌日からは朝からフル活動の5日間!ガイドブック片手に観光を満喫!なかでも1番楽しかったのは、地下鉄を乗り継いで行ったケンジントン公園。 映画に使われたベンチで撮影した記念写真は、一生の思い出になりました。 楽しかった旅行はあっという間でしたが、帰りのロンドン発が夜便だったので、最終日も観光できで良かったです。 帰りもシンガポール経由で、帰国の途につきました。 パリ乗継、ロンドン行きの格安航空券でしたが、とても満足できるフライトでした。 成田からパリの機内サービスは申し分なく、機内食がとても美味しくてビックリ。 チーズが添えられていたり、バケットが温かかったのもうれしかったですね。 さすが美食の国は機内食も違うな、とクオリティの高さと食に対するこだわりを感じました。 パリでの乗継は2時間もなかったため、足早に乗継ゲートへ。 パリからロンドンへは1時間15分ほどで到着しました。 ロンドンから市内へは、ヒースローエクスプレスという列車で移動しました。 ロンドンでは仕事の合間に、少しですが観光を楽しめました。 今回、現地の知人に連れて行ってもらったのは、ウエストミンスター寺院とバッキンガム宮殿。 衛兵交代を見られる観光ができたことと、本場のアフタヌーンティーを飲めたことがうれしかったです。 紅茶に詳しい訳ではありませんが、香りがよく、仕事で訪れているのを忘れて、とても優雅なひと時を味わうことができました。 帰りは、行きと同じく、ロンドンからパリ経由での帰国。 成田着が午前中だったので、帰国後の大量の洗濯や買い出しなど、翌日に備える余裕があって楽でした。 格安航空券だったので期待していませんでしたが、キャセイパシフィック航空は素晴らしかったですね。 初めての利用でしたが、機内サービスが充実していたので南周りでも全く苦になりませんでした。 香港までは5時間弱で、映画を観ていたらあっという間に到着。 香港での乗継時間は2時間30分ほどあり、その時食べたエビワンタン麺が忘れられません。 ロンドン行きの便は深夜発で、ロンドン着は早朝。 香港~ロンドン間にしっかり寝むれたら時差ボケなく楽しいロンドン滞在になるよ、とと聞いていたので、1回目の機内食はパスするつもりで、搭乗するなり眠る態勢をとりました。 実は、そのために空港でえびワンタン麺を食べた訳です。 が、機内に充満する美味しそうな匂いに負け、しっかりと機内食も食べてしまいました!それでも充分な睡眠時間をとり、充実したロンドン観光を楽しみました。 大英博物館をゆっくり回れたのが良かったですし、バッキンガム宮殿での衛兵の交代等、ベタな観光も思いっきり満喫しました。 さすがロンドンですね。 見どころ満載でした。 次回は少し郊外に出かけてみたいと思っています。 しばらくはまりそうですね、イギリス! ロンドン旅行 よくあるFAQ イギリスへ行くにはビザは必要ですか? 日本人の場合、観光目的で6か月以内の滞在ならビザは不要です。 帰りの航空券の提示を求められる場合があるので準備しておきましょう。 パスポートの残存有効期限はどれくらい必要ですか? 帰国まで有効であれば問題ありません 機内にパソコンは持ち込めるのでしょうか? 持ち込めますが、機内での使用は乗務員の指示に従って下さい。 機内にペットボトルは持ち込めるのでしょうか? ペットボトルは出国の保安検査で没収されますが、保安検査後に購入したものはそのまま機内に持ち込むことが可能です。 また、受託手荷物に入れたペットボトルは問題ありません。

次の

イギリスのビザ・パスポート・入出国|地球の歩き方

イギリス航空券

イギリス航空券の相場は?乗り継ぎ便と直行便の違い まずはイギリス航空券の相場についてご紹介します。 イギリスへ行くには大きく分けて「乗り継ぎ便」と「直行便」があり、どちらを選ぶかで相場が大きく異なります。 乗り継ぎ便は安いものの、とにかく移動に時間がかかります。 1回の乗り継ぎなら16時間程度で着くものもありますが、格安航空券の中には30時間以上かかるものもありました。 30時間以上使って行ったことはありませんが、どうしても安く行きたい方以外にはおすすめできない方法です。 直行便は平均12時間と最速でロンドンに着くことができますが、乗り継ぎ便に比べると費用はかかります。 じゃあ結局相場は?というと、ピンからキリまで・・になってしまうので時期別に相場をまとめてみました。 高い時期(7月8月前後)は往復20万円程度 夏はイギリスの観光シーズン、航空券も高くなります。 往復20万円〜30万円程度はかかると考えて良いと思います。 移動時間を30時間以上かければもう少しお安くなりますが、おすすめはしません。 安い時期(11月、12月、2月など)は往復10万円程度 冬はイギリスの航空券がお安くなる時期。 11月、12月、2月あたりは8万円〜15万円程度で往復できます。 最安値で4万円台も見ました。 わたしは 11月に13万円の往復航空券を購入しましたが、行きは直行便で帰りは乗り継ぎ便(14時間)とかなり良い条件。 時期をずらして快適な空の旅を格安で購入するのもアリだと思います! イギリス格安航空券は往復7万円台〜 イギリスの格安航空券は往復7万円台から見つけられます。 航空券だけなら往復4万円台ですが、プラス諸税(燃油サーチャージ)が4万円ほどかかるのでご注意ください。 イギリス航空券を安く買いたい!方法を列挙します 直行便を使わない イギリス航空券を安くするには、まず直行便を買わないという手があります。 直行便に比べて半額〜7割ほどの金額で購入可能です。 時間を調整して乗り継ぎ便でもなるべく移動時間を短くすれば、コスパの良い航空券を手配することができます。 観光オフシーズンの冬を狙う イギリス旅行は夏がオンシーズン、冬は航空券が格段にお安くなります。 ホテルやゲストハウスなどの宿泊施設も値段が違うので安く抑えたいなら確実に冬がおすすめ! ただし夏に行かないと楽しめない、または美しい景色の見られない観光スポットもあるので注意が必要です。 イギリス旅行のベストシーズンは? 観光のベストシーズンは夏!7月8月は航空券が高い・・ 夏のロンドン、イギリスは世界中からたくさんの観光客が訪れるオンシーズン。 航空券はもちろん、 ホテルの値段も跳ね上がります。 多少高くてもいちばん美しいイギリスの景色を満喫したい方におすすめ。 ホテルや現地ツアーなどは満室が続出するため、なるべく早く予約をしておきましょう! 航空券が安いのは11月、12月、2月! 航空券をとにかく安く抑えたいなら、オフシーズンの冬を狙いましょう。 特に 2月上旬〜中旬は航空券が1年でもっとも低くなります。 ついで11月、12月もおすすめ。 ただし東京と比べると気温も格段に低く、湖水地方は南海岸地方など緑の多い地域の観光には適していません。 年間通して景色の変わらない観光地にしぼりましょう。 費用も観光も適度にこだわりたいなら6月がおすすめ! 日本では雨季にあたる6月は、費用も高すぎず緑も豊かでイギリス観光ベストシーズンのひとつ。 日本よりも涼しく、旅行中も快適に過ごすことができます。 イギリス旅行をもっとお得に! イギリス旅行をもっとお得にする航空券についてご紹介しました。 安く、快適に行きかつ観光も楽しむには優先順位と予算をはっきり決めておくと良いかと思います。 少しでも参考になれば嬉しいです。 イギリスでのお支払いはクレジットカードかデビットカードが便利!イギリス旅行にオススメのクレジットカードはをご覧ください!.

次の

1週間のイギリス旅行にかかる予算は?ツアー料金・節約方法など徹底調査!

イギリス航空券

「イギリス行きの航空券って、どれを買えばいいのかな…」 と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。 イギリス行き航空券の相場は、往復で約11万3,000円、フライト時間は平均12〜15時間です。 直行便と経由便があり、FSCとLCCを合わせることも利用可能。 自分の希望するフライトを選びやすいです。 とはいえ、初めてイギリスに行く場合、なかなかわかりませんよね。 そこで今回は、 ・イギリス行き航空券の基本情報 ・ロンドン、マンチェスター、エディンバラ行き航空券について ・スカイスキャナーで格安航空券を購入するコツ を紹介します。 「格安航空券を見つけるのって難しそう」と感じるかもしれませんが、購入方法を知るだけなら簡単です。 8円で計算しています。 【1月】9万4,000円 【2月】8万6,000円 【3月】9万9,000円 【4月】12万円 【5月】10万4,000円 【6月】10万7,000円 【7月】13万円 【8月】13万6,000円 【9月】12万4,000円 【10月】11万円 【11月】9万7,000円 【12月】10万5,000円 安い時期は 1〜2月、11月など年末年始の前後です。 一方で、長期休暇である7〜9月は高い傾向に。 安く行きたいのであれば、1〜2月などをねらうのがおすすめです。 また経由便や、LCCを使うとさらに2〜3万円安くなることもあります。 イギリス行きのフライトを利用できる航空会社 イギリス行きフライトは、以下の航空会社を利用できます。 【直行便】 ・ブリティッシュエアウェイズ ・JAL ・ANA 【経由便】 ・キャセイパシフィック航空 ・エミレーツ航空 ・KLMオランダ航空 ・チャイナエアライン ・エティハド航空 など 航空会社によって、経由地やフライト時間が異なります。 イギリス入国時には帰りの航空券が必要 イギリスの入国審査は厳しいことで有名です。 その際に「 滞在期間」と「 帰りの航空券の所持」は必ず聞かれます。 航空券は、「日本へ帰国するもの」か「第3国へ出国するもの」が必要です。 航空券を持っていれば、滞在期間も証明できるため、比較的スムーズに審査を終えることができます。 e-チケットなどでスムーズに出せるように、準備しておきましょう。 ここまでイギリス行き航空券について、ざっくりとお伝えしました。 ここからはロンドンやマンチェスターなど、都市別に航空券を解説します。 日本からロンドン行き格安航空券 まずはロンドン行きの航空券について紹介します。 ロンドンには空港が5つあり、国際線がよく乗り入れているのは、 ・ヒースロー空港(LHR) ・ガトウィック空港(LGW) の2つです。 今回は日本からの直行便が運航されている、ヒースロー空港を基準に解説しますね。 直行便を利用できる空港や航空会社 ロンドンへの直行便の相場は、約10〜12万円です。 航空会社などは以下を利用できます。 【発着地となる空港】 ・札幌 ・成田 ・羽田 ・大阪 ・名古屋 ・福岡 ・沖縄 など 【航空会社】 ・中国南方航空 ・キャセイパシフィック航空 ・フィンエアー ・ルフトハンザドイツ航空 ・KLMオランダ航空 など ただしフライト時間が、経由地で異なります。 ・ヨーロッパ経由は13〜15時間 ・アジア経由は16〜18時間 ・中東経由は17〜18時間 この中ではフィンランド経由が平均13時間半と短いです。 もしくは関西や名古屋、福岡から国内線で東京まで移動して、そこから直行便の利用も可能です。 ヒースロー空港からロンドン市内への移動手段 ヒースロー空港からロンドン市内への移動手段は、以下の通りです。 特急列車「ヒースローエクスプレス」 ヒースローセントラル駅とパディントン駅まで移動可能。 料金は21. 5ポンド(約3,070円)、約15分。 準急列車「ヒースローコネクト」 パディントン駅まで約25分。 料金は10. 1〜10. 3ポンド(約1,442〜1,471円) 地下鉄「ピカデリー線」 ピカデリーサーカス駅まで約60分。 料金は1回につき6ポンド(約857円)。 空港リムジンバス「ナショナルエクスプレス」 ビクトリアコーチステーション駅まで約40〜70分。 料金は6. 1ポンド〜(約871円)。 タクシー 中心部まで60分ほど。 料金は35〜90ポンド(約4,998〜12,852円)。 日本からマンチェスター行き格安航空券 続いてはマンチェスター行きを紹介しますが、こちらは日本からの直行便がありません。 そのため、 ・ロンドンから国内線を利用する場合の相場や航空会社 ・経由便を利用する場合の相場や航空会社 ・空港からマンチェスター市内への移動手段 をお伝えします。 ロンドンで国内線に乗り換える ロンドンで国内線に乗り換える場合、 ・ブリティッシュエアウェイズ ・KLMオランダ航空 などヨーロッパ系の航空会社が利用できます。 またLCCであれば、フライビーがフライトを運航しています。 ロンドンからマンチェスターまでの相場は、6,000〜1万5,000円です。 経由便を利用できる空港や航空会社 経由便の相場は、12万1,000円〜です。 空港や航空会社は、以下の通りです。 【発着地となる空港】 ・札幌 ・成田 ・羽田 ・大阪 ・名古屋 ・福岡 ・沖縄 【航空会社】 ・エミレーツ航空 ・フィンエアー ・KLMオランダ航空 ・香港航空エクスプレス など フライト時間は平均14〜20時間ですが、経由地によって異なります。 ・ヨーロッパ:ドイツのフランクフルトなどを経由し、16時間 ・中東:ドバイやアブダビ経由で19時間半〜21時間 ・アジア:北京や香港経由で19時間半 こちらもフィンランド経由が平均14時間と、特に短いフライトで到着できます。 空港からマンチェスター市内への移動手段 マンチェスター市内までの移動手段は、以下の通りです。 電車「メトロリンク」 空港から10分ほど歩いたところにある「マンチェスターエアポート駅」から「マンチェスターピカデリー駅」まで、約20〜30分。 料金は5. 2ポンド(約743円)。 バス「ナショナルエクスプレス」 マンチェスターコーチまで約20〜30分。 料金は4ポンド(約571円)。 タクシー 中心部まで約30分、料金は18〜24ポンド(約2,570〜3,427円)。 日本からエディンバラ行き格安航空券 続いてはエディンバラを紹介しますが、こちらも日本からの直行便はありません。 そのためマンチェスターと同様、 ・ロンドンから国内線を利用する場合の相場や航空会社 ・経由便を利用する場合の相場や航空会社 ・空港からエディンバラ市内への移動手段 を紹介します。 ロンドンで国内線に乗り換える場合 ロンドンからは、ブリティッシュエアウェイズがエディンバラ行きを運航しています。 またLCCであれば、 ・フライビー ・イージージェット ・ライアンエアー なども利用できます。 ロンドンからの相場は約2,800〜8,000円、フライトは平均70〜100分です。 経由便を利用できる空港や航空会社 航空券の相場は14万5,000円〜です。 航空会社は、以下を利用できます。 【発着地となる空港】 ・成田 ・羽田 ・大阪 ・名古屋 ・福岡 【航空会社】 ・ブリティッシュエアウェイズ ・フィンエアー ・エアカナダ ・カタール航空 ・アエロフロート航空 など フライトは平均16〜17時間ですが、経由地によって異なります。 ・ヨーロッパ経由:アムステルダム、ストックホルムなどを経由し、16〜21時間 ・中東経由:カタールなどを経由し、24時間以上かかることが多い ・アジア経由:上海などを経由し、こちらも24時間以上かかる あまり時間をかけたくない場合は、ヨーロッパ経由のフライトにしましょう。 空港からエディンバラ市内への移動手段 エディンバラ市内への移動手段は、以下の通りです。 路面電車「エディンバラトラム」 エディンバラパーク駅、もしくはヘイマーケット駅まで約30分ほどで到着し、そこから電車に乗り換え可能。 料金は5. 5ポンド(約785円)。 エクスプレスバス「エアリンク」 ウェイヴァリーブリッジまで約30分。 料金は4. 5ポンド(約643円)。 タクシー 中心部まで約30分、料金は20〜30ポンド(約2,856〜4,284円)。 ここまでイギリスの各都市へのフライトについてお伝えしました。 最後に、格安航空券を検索する方法やコツを紹介します。 最安値の航空券を検索する方法 格安航空券は、スカイスキャナーなど予約サイトから検索できます。 ここでは、 ・LCCを利用するときの注意点 ・スカイスキャナーの使い方 ・格安航空券を見つけるコツ をお伝えします。 イギリス行きのフライトはLCCも利用できる 日本からのフライトで、LCCはほとんど利用できません。 しかし以下の経由地からは、LCCを利用できます。 ・ロンドンでマンチェスターやエディンバラ行きに乗り換える ・オランダやフランスなど、ヨーロッパでイギリス行きに乗り換える ヨーロッパは日本よりも、LCCの本数が多いです。 さらにヨーロッパ各地からのフライトは、2,000〜4,000円で購入できることも。 ただしLCCの航空券には、席代しか含まれていません。 スーツケースなど受託手荷物がある場合は、追加料金として3,000〜6,000円ほどかかることもあります。 航空券を購入するときに申請しておくと、当日よりも安く預けることが可能です。 スカイスキャナーの使い方 格安航空券はを使うと、見つかりやすいです。 使い方は、以下の通りです。 (1)トップページから、出発地と到着地の空港を入力する。 (2)希望の日時を設定する。 (日時が決まっていなければ、「8月」「12月」など1カ月単位で検索も可能。 ) (3)安い順にフライトが表示されるため、希望するものを選択する。 スカイスキャナーはフライトを検索するだけのサイトのため、ここから購入はできません。 フライトを選ぶと、販売元の航空会社や別の予約サイトにページが変わるため、そこから購入しましょう。 アプリをダウンロードしておくと便利です。 スカイスキャナーで検索するときのコツ・注意点 格安フライトの検索には、以下のコツがあります。 ・購入は2〜3カ月前が安い ・「24日」など特定の日にちではなく、「8月」「12月」などの月単位で検索する 出発日の2〜3カ月前は、旅行会社のキャンセル分や空席が販売されます。 そのため1人分や2人分など、少人数分を購入しやすく、値段は通常よりも安いことが多いです。 個人旅行であれば、2〜3カ月前をねらうのがおすすめです。 スカイスキャナーなど予約サイトは、慣れてくると簡単に使用できます。 サイトを使いこなして、格安航空券を見つけましょう! スカイスキャナーの詳しい使い方については、以下の記事で詳しく紹介しているので、どうやって使えば良いかわからないという方は参考にしてみてください。 まとめ 今回はイギリス行き航空券についてお伝えしました。 フライトの概要は、以下の通りです。 ・相場は11万3,000円 ・フライトは平均12〜15時間 ・直行便はロンドンのみ ・安い時期は2月と11月 ・入国審査が厳しく、出国の航空券が必ず必要 また以下の都市別に、フライト情報をお伝えしました。 ・ロンドン ・マンチェスター ・エディンバラ 格安航空券を探すときは、スカイスキャナーなどの予約サイトを使いましょう。 日時と発着地を入力するだけなので、とても簡単です。 その際は以下のコツを試してみてください。 ・購入時期は2〜3カ月前が安い ・「24日」など特定の日にちではなく、「8月」「12月」などの月単位で検索する 気になる方は、まずアプリをダウンロードしてみてくださいね。

次の