感電 米津玄師 mv。 米津玄師 感電 歌詞&動画視聴

MIU404の主題歌歌詞とMV映像!米津玄師「感電」の全て!

感電 米津玄師 mv

2020年7月10日(金)、同月6日(月)0:00より配信開始がスタートした「感電」のMusic VideoがYouTubeにて公開された。 10日 金 17:00、米津玄師オフィシャルYouTubeチャンネルの、全ての動画サムネイルが「404 NOT FOUND」という画面に切り替わり、その後23:00、主題歌を務めるTBS系金曜ドラマ『MIU404』放送終了後、YouTubeチャンネルで「感電」MVが公開された。 事前に公開された4:04尺の映像では「404 NOT FOUND」の文字と共に2種類の羊の絵文字が流れ始める。 無作為に並んでいるかに見えた羊の絵文字は、実は「モールス信号」の法則にのっとり、「メールス信号」として『K-A-N-D-E-N-M-V-2-3-0-0-K-O-U-K-A-I-D-E-S-U』を表現しており、動画の意味にいち早く気がついたユーザーでSNSは大いに盛り上がった。 米津玄師 MV「感電」 Music Videoの監督は、映像監督・写真家である奥山由之が務めた。 作品は、車の運転席からみた景色で構築され、車の外で次々と巻き起こるめくるめく展開に、運転手がとまどいながらも、音に合わせたリズミカルなテンポと、奥山監督ならではのユーモア溢れる発想と美しい映像美でみるものを興奮させるMVとなっているという。 なお、撮影場所は、ドラマ『MIU404』の機捜分駐所がある芝浦署と、今年8月31日(月)におよそ1世紀の歴史に幕を閉じる「としまえん」にて実施された。 「感電」は8月5日(水)に発売となるアルバム『STRAY SHEEP』収録曲の1曲。 アルバム発売に先駆け7月6日 月 から開始となった先行配信では各配信ダウンロードサイトにて軒並み1位を獲得し、配信初日のリアルタイム・デイリーランキング1位獲得数は30冠、2020年のデイリーダウンロード数としては最多の数字となる5. 6万ダウンロードを記録するなど圧巻のチャートアクションを見せた。 奥山由之(映像監督・写真家) こんなにもドキドキした創作はいつぶりだろう。 真っ白なキャンバスにみんなで画を描くような、夢みたいな夜でした。 お互い20代最後、気合いの一発…!笑 「稲妻のように生きていたいだけ お前はどうしたい? 返事はいらない」 このMVが、僕から米津さんへのお返事です。 -CD-(全形態共通) 01. カムパネルラ 02. Flamingo (ソニーワイヤレスヘッドホンCM) 03. 感電 (TBS系金曜ドラマ「MIU404」主題歌) 04. PLACEBO + 野田洋次郎 (野田洋次郎とのコラボ楽曲) 05. パプリカ (Foorin「パプリカ」のセルフカバー) 06. 馬と鹿 (TBS系日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」主題歌) 07. 優しい人 08. Lemon (TBS系金曜ドラマ「アンナチュラル」主題歌) 09. まちがいさがし (菅田将暉「まちがいさがし」のセルフカバー) 10. ひまわり 11. 迷える羊 12. TEENAGE RIOT (ギャツビーCM) 14. 海の幽霊 (映画「海獣の子供」主題歌) 15. カナリヤ.

次の

米津玄師のMV『感電』の舞台は閉園が決まった「としまえん」! ドラマ『MIU404』の舞台・芝浦署も登場しています

感電 米津玄師 mv

画/彩賀ゆう (C)まいじつ もはや国民的アーティストとなったの最新曲『感電』のミュージックビデオが、7月10日に本人のYouTubeチャンネルにて公開された。 【関連】ほか 同楽曲は、米津がドラマ『MIU404』(TBS系)のために書き下ろしたエンディングテーマ。 同日午後5時に公開されると、自己最速となる2時間弱でミリオン再生を突破、アクセス集中により一時的に再生回数カウントが停止するという事態まで発生した。 相変わらずの国民的人気ぶりにより、他のアーティストとは比較にもならない音楽通垂涎の記録を残した米津。 しかし、今回のミュージックビデオには、これまでに見られなかった傾向が見られ、その意外性から〝最速ミリオン〟を記録したのではないかともいわれているようだ。 「米津といえばご存じのように、あまりメディア露出しないことで有名。 出たとしても特徴的な前髪で顔を隠していますし、〝米津の雰囲気〟はイメージできても〝顔〟までは浮かんでこないという人はかなり多いでしょう。 しかし、今回の『感電』では積極的に顔を見せるという、これまでになかった傾向が見られているのです」(音楽ライター) 米津ファンも驚き「昔は顔出ししなかったのに…」 ミュージックビデオを再生すると、何といきなり米津の顔面ドアップからスタート。 その後も遊園地を舞台に暴れ狂ったりと、確かに積極的にその姿をさらしている。 「これまでのミュージックビデオでも全身を映すシーンはありましたが、逆光や影を作り、シルエット程度しか分からない演出がほとんど。 今回のように、照明下で積極的にオープンするのは珍しいことです」(同・ライター) 実際にネット上には、ファンから 《あ、今回は少し顔見えるじゃん米津 あの髪型一種の顔出しNGだと思ってた…》 《米津歴10年の私は彼の表情のドアップが冒頭から出てきたことに感動しています 昔はあんなに顔出ししなかったのにな…》 《米津さんもミステリアスを売りにしてるわけじゃないって言ってたし、顔出し自体に躊躇はもうほとんどないんだろうね》 《感電めっちゃ米津顔出すやん(笑)》 《だんだん顔出し平気になってる気がする》 などの声が。 今回の演出に対する驚きは多いようだ。 これまでなかった顔出しMVにより、ファンの体に電気が走るほどの衝撃を与えた米津。 もしや、「感電」にはこうした意味も含まれているのだろうか?.

次の

米津玄師のMV『感電』の舞台は閉園が決まった「としまえん」! ドラマ『MIU404』の舞台・芝浦署も登場しています

感電 米津玄師 mv

Wataru Murakami• Keijiro Hamada• Shotaro Kato• Itsuki Takamura• Shiryu Sejima• Genta Yamaguchi• Yasuharu Kawate• Shunpei Otsuka 幅広いジャンルのダンサーが集結しています。 中には、米津玄師のツアーダンサーを務めている方もいるので今後も米津玄師のMVに出演する可能性があります! 今後、米津玄師の新作MVが出た時はダンサーに注目ですね。 今回も、最後までご覧いただき本当にありがとうございます。 この記事を読んで「感電」に出演しているダンサーについて分かってもらえると嬉しいです! また、皆さんに楽しんでいただける記事を書いていくので見に来てください。

次の