ぶり 照り焼き たれ。 てりやきのたれ

ぶりの照り焼きのレシピ/作り方:白ごはん.com

ぶり 照り焼き たれ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の

ぶりの甘酢照り焼き|メニュー・レシピ |ミツカングループ商品・メニューサイト

ぶり 照り焼き たれ

お魚を使ったおかずの中でぶりの照り焼きは定食屋さんなどで人気がとても高いです。 ご飯にぴったりのお魚のおかずですが、自分で作るには作り方が難しそうで挑戦しづらい人も少なくないのではないでしょうか。 ぶりの照り焼きの基本の作り方をご紹介します。 定番のぶりの照り焼きの材料(2人分)• ぶりの切身 2切れ• 塩 適量• しょうゆ 25㏄• みりん 25㏄• 砂糖 大さじ1• 酒 大さじ2 定番のぶりの照り焼きの作り方• キッチンペーパーでぶりの水分を拭きます。 ぶりの両面に塩を適量ふり20分ほどそのままおきます。 たっぷりの熱湯をぶりの両面にまわしかけてキッチンペーパーで水気をふきとります。 フライパンでぶりの両面をさっと焼きフライパンから一旦取り出します。 ぶりの臭みが残らないようにフライパンを一度きれいに洗います。 しょうゆ・みりん・砂糖・酒を入れて火をつけ2割ほどの分量になるまで煮詰めます。 あまりに詰めすぎると辛くなるので煮詰め過ぎには注意して下さい。 フライパンにぶりを入れてたれを回しかけながら、焦げないように煮詰めたら完成です。 美味しいぶりの照り焼きのアレンジ方法・種類 そのままでも充分おいしくてご飯のおかずにぴったりの定番のぶりの照り焼きもアレンジを加える方法があります。 少し残ってしまったぶりの照り焼きを、ご飯のおともの「ぶりそぼろ」にしてみてはいかがですか。 アレンジレシピぶりそぼろの作り方• ぶりの照り焼きを骨と皮を取り除いて細かくほぐします。 人参、小松菜など冷蔵庫にある野菜をみじん切りにします。 みじん切りにした野菜をごま油をひいたフライパンで炒めます。 フライパンに細かくほぐしたぶりの照り焼きも加えて炒め合わせます。 ごま・かつおぶしを入れて軽く混ぜ合わせて火を止めます。 味見をしてもう少し濃い味が好みの方は、しょうゆなどで味の調整をしてください。 お魚は、タンパク質やカルシウムが豊富で人間の脳や細胞を作るための大切な栄養素DHAなども含まれる栄養価が高い食材です。 また、女性の永遠のテーマであるダイエットにも最適と言われています。 下の記事を参考にして健康的な身体作りを目指してください。 ぶりの照り焼きの献立・付け合わせ【汁物編】1つ目は「豚汁」です。 豚肉とたくさんの根菜が入ったお味噌汁は体もこころも温かくなりおすすめの汁物です。 基本のレシピをご紹介します。 豚汁の材料(4人分)• 豚バラ薄切り肉 150g• 油揚げ・こんにゃく お好みの量• 里いも 5個• 水 5カップ• だしの素 8g• 味噌 適量• ごま油 適量 豚汁の作り方• 大根と人参はいちょう切り、ごぼうは薄く斜め切りして水をさらしてあく抜きします。 こんにゃくは一口サイズに切り一度茹でます。 里いもは食べやすい大きさに切り下茹でします。 冷凍里いもを使うと下茹でする手間が省けます。 豚肉は、食べやすい大きさに切ります。 よく熱したお鍋にごま油をひき豚肉を入れて炒めます。 豚肉の色が変わったら、大根・人参・ごぼう・里いも・こんにゃく等を加えてよく炒めます。 水を加えて沸騰したらあくを取り、だしの素を入れます。 具が柔らかくなったら火を止めて味噌を溶いて入れたら完成です。 いつでも比較的お安い価格で購入できるきのこ類は家計の救世主です。 安くて美味しいこれに勝るものはありません。 食物繊維やカリウムが豊富と栄養価も高いのでいいことづくめです。 基本のレシピをご紹介します。 きのこ汁の材料• 椎茸・しめじ・えのき・舞茸 お好みの量• 水 500㏄• 顆粒和風だし 2g• しょうゆ 大さじ2• みりん 小さじ1• 酒 小さじ2• 塩 少々• 白髪ねぎ きのこ汁の作り方• 椎茸を薄切り、しめじ・えのき・舞茸は食べやすくばらしておきます。 お鍋に油をひいて、椎茸・しめじ・えのき・舞茸を入れてしんなりするまでよく炒めます。 きのこが入ったお鍋に水を入れます。 沸騰したら顆粒和風だしを加えてひと煮立ちさせます。 しょうゆ・みりん・酒を入れて再び煮立たせアルコールを飛ばします。 塩少々を入れて味を調整します。 お好みで調味料を足してください。 火を止めて仕上げに白髪ねぎを入れたら完成です。 和風のおかずのぶりの照り焼きには、和食の定番の煮物がよく合います。 煮物のなかでも鶏肉や根菜類がたっぷりと摂れる筑前煮は栄養も摂れお腹いっぱいに満足するおかずです。 基本のレシピをご紹介します。 筑前煮の材料(4人分)• 鶏もも肉 250g• 里いも7~8個• れんこん 1個• 人参 1本• 椎茸 5枚• こんにゃく 1枚• 里いもの皮をむいて下茹でします。 冷凍里いもを使うと下茹でする手間が省けます。 れんこんは乱切りして変色防止のために酢水につけておきます。 ごぼうは斜め薄切りにして水にさらしてあく抜きをします。 人参は乱切りにします。 椎茸は石突をとり半分に切ります。 こんにゃくは一口大に手でちぎり下茹でします。 お鍋に油を引いて鶏もも肉を軽く炒め一旦取り出します。 鶏もも肉を炒めたお鍋に鶏もも肉と調味料以外の材料を全て入れ炒めます。 汁気がなくなり味がなじんだら完成です。 しっかりとした甘辛い味付けのぶりの照り焼きとさっぱりとした、だし醬油の味は相性が良いです。 めんつゆを使えばあっという間に簡単におかずが一品増やせます。 めんつゆを使ったなすの煮浸しのレシピをご紹介します。 なすの煮浸しの材料(4人分)• なす 大きさによって3本~4本• めんつゆ(3倍濃縮) 50㏄(水200㏄)• しょうが 薄切り2切れ位(チューブ3㎝位)• 砂糖 小さじ1 なすの煮浸しの作り方• なすのへたを取り縦半分に切ります。 斜めに切り込みを入れて3等分くらいにします。 フライパンに油をひいて、なすの皮を下にして焼き目をつけます。 なすに焼き目がついたらひっくり返して、水で薄めためんつゆ・砂糖・しょうがを入れてフライパンに蓋をして中火で10分くらい煮ます。 火を止めてそのまま時間を置いて味がしみこむのを待ちます。 味がしっかりとしみこんだら完成です。 和定食の献立の中によく見かける人気のある副菜です。 シンプルな味付けですがご飯のお供としてはもちろん、単品でもしっかりとした存在感のある副菜です。 作り方も簡単ですぐに完成します。 基本のレシピをご紹介します。 きんぴらごぼうの材料• ごぼう 1本(150gくらい)• 酒 40㏄• しょうゆ 大さじ1. 砂糖 大さじ1. みりん 大さじ2• ごま油 適量• いりごま 適量 きんぴらごぼうの作り方• ごぼうをささがきにします。 斜め薄切りにして細切りにしても良いです。 切ったごぼうはしばらく水にさらしあくを抜きます。 ざるにあげて水を切ります。 人参は千切りにします。 量は人参の大きさでごぼうとのバランスを見て加減してください。 フライパンにごま油をひいてごぼうと人参をしんなりするまで炒めます。 しんなりとしてきたら酒を入れて全体にからめます。 しょうゆ・砂糖・みりんを入れて混ぜ合わせます。 味見をして調味料が足りないようでしたら足してください。 煮汁がほとんどなくなるまで炒め煮します。 火を止めて味がなじむまでしばらくおいておきます。 器に盛りいりごまをかけたら完成です。 ぶりの照り焼きをメインにした献立を考えましょう ぶりの照り焼きに合う付け合わせやおかずなどを紹介しましたが参考になりましたか。 毎日の献立を考えることはとても大変なことです。 メインのおかずが決まっても副菜が決まらないということもよくあります。 バランスを考えて副菜を考えることは本当に大変です。 日持ちがする作り置きができるおかずも調べるとたくさんあります。 時間に余裕がある時にまとめて作り置きしておくのも1つの方法です。 定食で人気のぶりの照り焼きをご自宅でも作って献立のレパートリーを増やしていきましょう。

次の

ぶりの照り焼き|ヘルシオレシピ|ウォーターオーブンヘルシオ:シャープ

ぶり 照り焼き たれ

お魚を使ったおかずの中でぶりの照り焼きは定食屋さんなどで人気がとても高いです。 ご飯にぴったりのお魚のおかずですが、自分で作るには作り方が難しそうで挑戦しづらい人も少なくないのではないでしょうか。 ぶりの照り焼きの基本の作り方をご紹介します。 定番のぶりの照り焼きの材料(2人分)• ぶりの切身 2切れ• 塩 適量• しょうゆ 25㏄• みりん 25㏄• 砂糖 大さじ1• 酒 大さじ2 定番のぶりの照り焼きの作り方• キッチンペーパーでぶりの水分を拭きます。 ぶりの両面に塩を適量ふり20分ほどそのままおきます。 たっぷりの熱湯をぶりの両面にまわしかけてキッチンペーパーで水気をふきとります。 フライパンでぶりの両面をさっと焼きフライパンから一旦取り出します。 ぶりの臭みが残らないようにフライパンを一度きれいに洗います。 しょうゆ・みりん・砂糖・酒を入れて火をつけ2割ほどの分量になるまで煮詰めます。 あまりに詰めすぎると辛くなるので煮詰め過ぎには注意して下さい。 フライパンにぶりを入れてたれを回しかけながら、焦げないように煮詰めたら完成です。 美味しいぶりの照り焼きのアレンジ方法・種類 そのままでも充分おいしくてご飯のおかずにぴったりの定番のぶりの照り焼きもアレンジを加える方法があります。 少し残ってしまったぶりの照り焼きを、ご飯のおともの「ぶりそぼろ」にしてみてはいかがですか。 アレンジレシピぶりそぼろの作り方• ぶりの照り焼きを骨と皮を取り除いて細かくほぐします。 人参、小松菜など冷蔵庫にある野菜をみじん切りにします。 みじん切りにした野菜をごま油をひいたフライパンで炒めます。 フライパンに細かくほぐしたぶりの照り焼きも加えて炒め合わせます。 ごま・かつおぶしを入れて軽く混ぜ合わせて火を止めます。 味見をしてもう少し濃い味が好みの方は、しょうゆなどで味の調整をしてください。 お魚は、タンパク質やカルシウムが豊富で人間の脳や細胞を作るための大切な栄養素DHAなども含まれる栄養価が高い食材です。 また、女性の永遠のテーマであるダイエットにも最適と言われています。 下の記事を参考にして健康的な身体作りを目指してください。 ぶりの照り焼きの献立・付け合わせ【汁物編】1つ目は「豚汁」です。 豚肉とたくさんの根菜が入ったお味噌汁は体もこころも温かくなりおすすめの汁物です。 基本のレシピをご紹介します。 豚汁の材料(4人分)• 豚バラ薄切り肉 150g• 油揚げ・こんにゃく お好みの量• 里いも 5個• 水 5カップ• だしの素 8g• 味噌 適量• ごま油 適量 豚汁の作り方• 大根と人参はいちょう切り、ごぼうは薄く斜め切りして水をさらしてあく抜きします。 こんにゃくは一口サイズに切り一度茹でます。 里いもは食べやすい大きさに切り下茹でします。 冷凍里いもを使うと下茹でする手間が省けます。 豚肉は、食べやすい大きさに切ります。 よく熱したお鍋にごま油をひき豚肉を入れて炒めます。 豚肉の色が変わったら、大根・人参・ごぼう・里いも・こんにゃく等を加えてよく炒めます。 水を加えて沸騰したらあくを取り、だしの素を入れます。 具が柔らかくなったら火を止めて味噌を溶いて入れたら完成です。 いつでも比較的お安い価格で購入できるきのこ類は家計の救世主です。 安くて美味しいこれに勝るものはありません。 食物繊維やカリウムが豊富と栄養価も高いのでいいことづくめです。 基本のレシピをご紹介します。 きのこ汁の材料• 椎茸・しめじ・えのき・舞茸 お好みの量• 水 500㏄• 顆粒和風だし 2g• しょうゆ 大さじ2• みりん 小さじ1• 酒 小さじ2• 塩 少々• 白髪ねぎ きのこ汁の作り方• 椎茸を薄切り、しめじ・えのき・舞茸は食べやすくばらしておきます。 お鍋に油をひいて、椎茸・しめじ・えのき・舞茸を入れてしんなりするまでよく炒めます。 きのこが入ったお鍋に水を入れます。 沸騰したら顆粒和風だしを加えてひと煮立ちさせます。 しょうゆ・みりん・酒を入れて再び煮立たせアルコールを飛ばします。 塩少々を入れて味を調整します。 お好みで調味料を足してください。 火を止めて仕上げに白髪ねぎを入れたら完成です。 和風のおかずのぶりの照り焼きには、和食の定番の煮物がよく合います。 煮物のなかでも鶏肉や根菜類がたっぷりと摂れる筑前煮は栄養も摂れお腹いっぱいに満足するおかずです。 基本のレシピをご紹介します。 筑前煮の材料(4人分)• 鶏もも肉 250g• 里いも7~8個• れんこん 1個• 人参 1本• 椎茸 5枚• こんにゃく 1枚• 里いもの皮をむいて下茹でします。 冷凍里いもを使うと下茹でする手間が省けます。 れんこんは乱切りして変色防止のために酢水につけておきます。 ごぼうは斜め薄切りにして水にさらしてあく抜きをします。 人参は乱切りにします。 椎茸は石突をとり半分に切ります。 こんにゃくは一口大に手でちぎり下茹でします。 お鍋に油を引いて鶏もも肉を軽く炒め一旦取り出します。 鶏もも肉を炒めたお鍋に鶏もも肉と調味料以外の材料を全て入れ炒めます。 汁気がなくなり味がなじんだら完成です。 しっかりとした甘辛い味付けのぶりの照り焼きとさっぱりとした、だし醬油の味は相性が良いです。 めんつゆを使えばあっという間に簡単におかずが一品増やせます。 めんつゆを使ったなすの煮浸しのレシピをご紹介します。 なすの煮浸しの材料(4人分)• なす 大きさによって3本~4本• めんつゆ(3倍濃縮) 50㏄(水200㏄)• しょうが 薄切り2切れ位(チューブ3㎝位)• 砂糖 小さじ1 なすの煮浸しの作り方• なすのへたを取り縦半分に切ります。 斜めに切り込みを入れて3等分くらいにします。 フライパンに油をひいて、なすの皮を下にして焼き目をつけます。 なすに焼き目がついたらひっくり返して、水で薄めためんつゆ・砂糖・しょうがを入れてフライパンに蓋をして中火で10分くらい煮ます。 火を止めてそのまま時間を置いて味がしみこむのを待ちます。 味がしっかりとしみこんだら完成です。 和定食の献立の中によく見かける人気のある副菜です。 シンプルな味付けですがご飯のお供としてはもちろん、単品でもしっかりとした存在感のある副菜です。 作り方も簡単ですぐに完成します。 基本のレシピをご紹介します。 きんぴらごぼうの材料• ごぼう 1本(150gくらい)• 酒 40㏄• しょうゆ 大さじ1. 砂糖 大さじ1. みりん 大さじ2• ごま油 適量• いりごま 適量 きんぴらごぼうの作り方• ごぼうをささがきにします。 斜め薄切りにして細切りにしても良いです。 切ったごぼうはしばらく水にさらしあくを抜きます。 ざるにあげて水を切ります。 人参は千切りにします。 量は人参の大きさでごぼうとのバランスを見て加減してください。 フライパンにごま油をひいてごぼうと人参をしんなりするまで炒めます。 しんなりとしてきたら酒を入れて全体にからめます。 しょうゆ・砂糖・みりんを入れて混ぜ合わせます。 味見をして調味料が足りないようでしたら足してください。 煮汁がほとんどなくなるまで炒め煮します。 火を止めて味がなじむまでしばらくおいておきます。 器に盛りいりごまをかけたら完成です。 ぶりの照り焼きをメインにした献立を考えましょう ぶりの照り焼きに合う付け合わせやおかずなどを紹介しましたが参考になりましたか。 毎日の献立を考えることはとても大変なことです。 メインのおかずが決まっても副菜が決まらないということもよくあります。 バランスを考えて副菜を考えることは本当に大変です。 日持ちがする作り置きができるおかずも調べるとたくさんあります。 時間に余裕がある時にまとめて作り置きしておくのも1つの方法です。 定食で人気のぶりの照り焼きをご自宅でも作って献立のレパートリーを増やしていきましょう。

次の