車 傷 修理 代 目安。 車の修理代を左右する要素と主なパーツの修理代

車のドアの修理にかかる費用や時間について解説!場合によって交換が必要になることも|カーコンビニ倶楽部

車 傷 修理 代 目安

車のへこみ修理は業者に依頼して見積もりをもらおう 車を運転していると駐車の際に誤ってコンクリート塀と接触し、車体の一部がへこんでしまったという経験がある人も多いのではないでしょうか。 このような場合、車の修理に精通した業者に依頼することをおすすめします。 なぜなら、自分で修理すると、場合によっては失敗して綺麗に仕上がらない可能性があるからです。 しかし、業者に依頼すると、修理にかかる費用が高額になることを不安に感じることでしょう。 修理費用は国産車、外国車、特別仕様車といった種類によって異なり、業者によっても異なります。 そのため業者に依頼する場合、まずは見積もりを依頼し、どのくらいの費用がかかるか把握することが大切です。 車のへこみの修理にかかる費用相場 車のへこみに対する修理費用の相場は、1万~2、30万円程度だと言われています。 なぜこのように相場の幅が広いのかと言うと、修理費用は車のへこみ具合や大きさ、ボディカラーなどによって異なるからです。 例えば、修理件数が多いと言われているバンパーは国産車で3万円程度、高級外国車で8万円程度と費用に差が生じます。 ここでは、費用が左右されやすいへこみ具合ごとの相場を順に解説していきます。 部位 相場 ボンネット 3万円程度。 ルーフ 3万~10万円程度、場合によってはそれ以上。 トランク 5万~15万円程度、場合によってはそれ以上。 サイド 3万円程度。 小さなへこみの場合 へこみ具合は衝撃によって異なりますが、小さなへこみは数万円程度で修理できるケースがほとんどです。 ボンネット:3万円程度• ルーフ:3万~10万円程度• トランク:5万~15万円程度• サイド:3万円程度 ボンネットとサイドは3万円程度と修理費用が安い一方で、ルーフやトランクは10万円以上と高額になりがちです。 板金や塗装の範囲 相場 一部 1万~3万円程度。 広範囲 10万円程度。 板金や塗装の修理が必要な場合 へこみだけでなく、板金や塗装が必要な場合は修理費用が上乗せされます。 板金や塗装にかかる費用は範囲によって異なり、1万円~10万円程度が相場だと言われています。 一部の狭い範囲に限って板金や塗装する場合、1万円~3万円程度なのでそれ程高額ではありません。 一方で板金や塗装が広範囲に及ぶ場合は、10万円程度と高額になりがちです。 塗装に必要なボディカラーは車種やメーカーによって異なり、業者がメーカーから指定された番号を基に作業を行います。 しかし、損傷がない箇所と同一にするにはかなりの技術が求められ、紫外線といった外的要因が重なることで変色する可能性も指摘されています。 部位 相場 ドア 1枚あたり15万円程度。 バンパー 5万~20万円程度。 パーツ交換が必要な場合 へこみ具合によっては、損傷部位のパーツ交換を勧められる場合があります。 なぜなら損傷によってボディパーツだけでなく、フレームの歪みといった安全な走行に支障が出る可能性があるからです。 部位によって費用は異なりますがドアの場合は1枚あたり15万円程度、バンパーの場合は5万~20万円程度が相場です。 ただし、中古部品を使用すれば3分の1程度の費用で賄えます。 車のへこみ修理の費用を安く抑えるコツ 車のへこみ修理を業者に依頼する場合、依頼する業者選びや速やかな対応が費用を抑えるポイントです。 なぜなら修理費用は業者によって異なり、早目に依頼すれば修理箇所が最低限で済むからです。 ここでは、業者に依頼した場合の修理費用を安く抑えるコツを解説していきます。 ディーラーではなく板金塗装業者に依頼する へこみの修理はディーラーに任せるのが得策だと考えがちですが、板金塗装業者に依頼するのがおすすめです。 なぜならディーラーに修理を依頼した場合、自社ではなく外注であるため、修理に時間を要するからです。 また、ディーラーでは手数料やマージンといった費用を上乗せされる可能性があるため、余分な費用が上乗せされない板金塗装業者に依頼すると費用を抑えられます。 複数の業者に見積もりを依頼する 業者に修理を依頼する場合、最初から1社に限定するのではなく、複数の業者に見積もり依頼することをおすすめします。 ならなら業者はディーラーや板金塗装業者、カー用品店など多岐に渡り、業者によって費用が異なるからです。 インターネット上では複数の業者に一括見積もりを依頼できるサイトもあるため、提示された見積もりを比較するとコストカットに繋がります。 参考: できるだけ早めに修理を依頼する 車のへこみに気づいたら、できるだけ早めに修理依頼することをおすすめします。 なぜならへこみなどの損傷がある場合、雨や紫外線といった外的要因によって損傷が広がる可能性も考えられるからです。 損傷が広がると修理に時間がかかるだけでなく、費用も高額になりがちです。 一方で小さなへこみであれば少ない時間で修理できるだけでなく、費用も抑えられます。 車のへこみ修理の施工の流れ 業者に修理を依頼する場合、まずは損傷部分を確認した上で見積もりが作成されます。 その後、どのような工程で修理が進められていくのでしょうか。 ここでは、車のへこみ修理の流れを順に解説していきます。 損傷部分の確認 修理が必要な車を持ち込んだら、修理に入る前にへこみの深さや範囲といった損傷部分を確認します。 板金作業 へこんだ部分を引き出すために、「プーラー」という専用ツールを使用します。 衝撃によって出っ張った部分は、ハンマーを使用して元に戻していくなど、損傷の状態に合わせた作業が行われます。 パテ作業 塗装が剥がれた部分にパテを盛り、乾燥させます。 パテの乾燥には時間を要しますが、業者によっては乾燥時間が短縮できるパテが使用されています。 サンディング作業 パテが完全に乾いたら、専用のペーパーを使用して余分なパテを削っていきます。 ペーパーには粗目や中目といった複数の種類があり、使い分けることで綺麗な仕上がりが期待できます。 サーフェサー サーフェサーを塗ると、パテ作業の際に生じた小さな凹凸や細かい傷が修正できます。 錆を防止する効果もあり、作業後にはしっかりと乾燥させます。 調色(分析) サーフェサーが乾燥すると、車体に合うボディカラーを分析します。 ボディカラーは車種やメーカーによって定められているため、それに合ったカラーナンバーを選ぶことでムラの出にくい仕上がりが目指せます。 調色(確認) カラーナンバーを基に調合を行い、金属の板に塗ってムラがないことを確認します。 ここで微調整を行い、塗装作業に移ります。 マスキング作業 マスキング作業とは塗装のことで、塗装が必要ない部分に塗料がかからないように養生します。 塗装前に、塗装部分の汚れや油を綺麗に拭き取るといった作業も行われます。 上塗り塗装 損傷部分のマスキング作業が終わったら、さらにトップコートを吹きかけます。 トップコートを重ねることで艶を出し、違和感ない仕上がりが期待できます。 磨き作業 上塗り塗装後はしっかりと乾燥させ、磨き作業に移ります。 ここではコンパウンドやポリッシャーを使用し、塗装面を整えていきます。 納車 全ての工程が終了すると、スタッフとドライバーと共に修理箇所の確認を行います。 問題ないようであれば納車となり、へこみの修理が完了します。 もっと安く抑えたい場合は自分での修理も検討 車のへこみを自分で修理すると、費用を最も安く抑えられます。 なぜなら、カー用品店などで販売されている道具は高額ではなく、自宅にある道具で済むケースもあるからです。 ここでは自分で修理する方法を解説していくため、最も費用を抑えたい人は参考にしてみてください。 ドライヤーを使って修理する方法 車のへこみを自分で修理する際には、自宅にあるドライヤーを使用すると便利です。 なぜならドライヤーは温風が出るため、その熱を利用することでへこみ部分を柔らかくする効果が期待できるからです。 ドライヤーを当ててへこみ部分が柔らかくなったら、裏側から押し出してへこみを修復します。 パテを使って埋める方法 業者に依頼する場合にも同じことが言えますが、へこみを修理する上で綺麗な仕上がりを決定づけるのはパテ作業です。 パテはカー用品店やホームセンター、通販でも販売されています。 価格は1,000円程度ですぐに手に入るため、金銭的な負担も少ないと言えるでしょう。 パテを塗る前汚れや油を拭き取り、できるだけ素早く塗ることがポイントです。 デントリペアキットを使う方法 デントリペアキットとは、グルーガンやグルーパッドなどがセットになった簡易的な板金キットです。 へこみ部分を引っ張って修正できるため、裏側からハンマーなどで叩くといった作業が不要になります。 パテと同様にカー用品店などで手軽に購入できますが、価格は1,000円程度から5万円程度となっています。 広範囲で本格的な修理が必要ない場合は、1,000円程度の商品でも十分です。 自分で車のへこみ修理をする際の注意点 自分でへこみを修理する場合、塗装に使用するカラーの選択には注意が必要です。 なぜならボディカラーは車種やメーカーによって異なり、紫外線といった外的要因で新車と同じボディカラーではムラが出る可能性があるからです。 メーカーごとのカラーナンバーを確認 メーカーごとに専用のカラーナンバーがあるため、間違えないように気をつけなければなりません。 カラーナンバーを確認する最も手軽な方法は、車体に表示されたカラーナンバーを確認することです。 例えばトヨタのミニバンの場合は運転席の下部、ホンダの普通車の場合は運転席側や助手席側のドア部分に表示されています。 表示場所は車種やメーカーによって異なるため、わからない場合はディーラーに確認してみましょう。 修理前には洗車をして、下準備を行う 自分でへこみの修理を始める際には、まずは洗車することをおすすめします。 なぜなら車体についた砂や汚れが原因で、綺麗な表面に仕上がらない可能性があるからです。 また、下地処理を入念に行わないと仕上がりが悪くなる可能性もあるため、ペイントケミカルの粘度が適切であるか確認しておくようにしましょう。 車のへこみ修理するならまず複数業者に見積もりを依頼しよう へこみの修理は、自分で行うと最も費用が抑えられます。 ただし、慣れていないと綺麗に仕上がらない可能性があるため、不安な場合は板金塗装業者などへの依頼をおすすめします。 費用は業者によって異なるため、複数の業者に見積もり依頼してするようにしましょう。 提示された金額を比較することで、修理にかかる費用が抑えられます。

次の

車のへこみ修理にかかる値段の相場は?費用を安く抑えるコツを紹介!

車 傷 修理 代 目安

車をぶつけたり、事故にあった時は、保険修理か実費修理で迷う人も多いと思います。 そうした際には、あらかじめ損傷状態に応じて概算の部位別修理費用の目安を把握しておく事が重要です。 ここでは、ぶつかった方向から「 前面」の事故の場合の修理費用の目安を紹介します。 前面からの事故の傾向 車の前面を損傷する事故では、 交通事故の加害者側になってしまうものや、狭い道や車庫入れ、車を切り返すことによる自損事故が多いです。 バンパーのみの軽微な事故であれば修理は簡単ですが、乗用車の大半はフロントエンジン車となっているので、エンジンルームに損傷を受ける事故の場合は高額な修理代金になる事が多いです。 部位別修理費用の目安 バンパー バンパーは、フロント側の下側 ナンバープレート付近の高さ にある、FRP 強化プラスチック素材 の外装パーツです。 バンパーは簡単な傷程度であれば修理できますが、損傷が大きすぎると新品に交換するほか修理の使用がなくなります。 修理方法にはいくつかの方法がありますが、一般的な国産乗用車の修理代金の目安は次のようになります。 主にディーラーなどで取り扱いがある事が多いです。 主に実費修理の場合に利用する修理法。 5万円〜4万円 主に自損事故などで、バンパーの端っこなどを広い面積で擦ってしまった場合に、損傷した部分側の主にバンパー中央から区切った半分を塗る方法。 後に紹介する一本塗よりも5千円〜1万円程安く、実費修理の場合に利用する修理法。 塗装し直した所としていない所のつなぎ目がないので、仕上がりの精度が高く、修理後長い期間経過しても、バンパーの部分別の塗装状態の違いが出る事はないです。 実費修理から保険修理まで幅広く使われている修理法。 料金は車種によって変わってきて、同じ車種でもメーカーの塗装済みバンパーの在庫品の有無によっても変わってきます。 軽い傷でも保険修理の場合は交換修理となる事もあります。 グリル 修理費用:1万円〜3万円 グリルはボンネットとバンパーの中間付近。 純正の場合はグリル中央にメーカーのエンブレムが入っている事が多いです。 グリルまで損傷した場合は、原則交換となります。 交換費用は車種によって異なってきます。 灯火類 修理費用:1万円〜5万円 前面側の灯火類とはヘッドライトや、ウインカーなどの部品を指します。 事故による修理はほとんどが、レンズ割れとなり、部品交換が必要です。 部品代は、車種によって異なり、ヘッドライトとウインカー、スモールランプが一体型のタイプやディスチャージヘッドライトを使用している場合は高くなります。 修理費用の目安は、部品一つあたりになります。 例えば、一体型ヘッドレンズの交換が必要な場合、片側だけで3〜5万円の修理費用がかかり、左右両側交換する場合は、6〜10万円。 その他、フォグランプなど、損傷箇所が多いほど、修理費用は高くなります。 ボンネット 修理費用:5万円〜10万円前後 ボンネットまでダメージを受けるのは大きい規模で、修理しても事故修復車扱いとなり、車の価値が下がってしまう事も多いです。 ラジエター 修理費用:10万円〜20万円 エンジンルームの前方にあるので、事故による修理が多いパーツです。 車前面の事故で、液体が漏れ出した場合、ラジエターのクーラント液の可能性が高いです。 大きく損傷した場合、交換修理が必要。 車種によって値段が大きく変わってきます。 フロントガラス 修理費用:1万円〜15万円 飛び石などでも傷つきやすい部品。 軽微な飛び石でしたら、部分修理が可能で1万円〜2万円程度で修理が可能。 亀裂が入ったり、大きいヒビとなった場合は交換が必要です。 交換の場合はメーカー純正品と、海外メーカーや国内メーカーの汎用品という選択肢が出てきます。 一般的に、海外メーカー汎用品とメーカー純正品は2倍ほどの差が出てきます。

次の

車のこすり傷!修理の料金はいくらかかるの?

車 傷 修理 代 目安

車をぶつけたり、事故にあった時は、保険修理か実費修理で迷う人も多いと思います。 そうした際には、あらかじめ損傷状態に応じて概算の部位別修理費用の目安を把握しておく事が重要です。 ここでは、ぶつかった方向から「 前面」の事故の場合の修理費用の目安を紹介します。 前面からの事故の傾向 車の前面を損傷する事故では、 交通事故の加害者側になってしまうものや、狭い道や車庫入れ、車を切り返すことによる自損事故が多いです。 バンパーのみの軽微な事故であれば修理は簡単ですが、乗用車の大半はフロントエンジン車となっているので、エンジンルームに損傷を受ける事故の場合は高額な修理代金になる事が多いです。 部位別修理費用の目安 バンパー バンパーは、フロント側の下側 ナンバープレート付近の高さ にある、FRP 強化プラスチック素材 の外装パーツです。 バンパーは簡単な傷程度であれば修理できますが、損傷が大きすぎると新品に交換するほか修理の使用がなくなります。 修理方法にはいくつかの方法がありますが、一般的な国産乗用車の修理代金の目安は次のようになります。 主にディーラーなどで取り扱いがある事が多いです。 主に実費修理の場合に利用する修理法。 5万円〜4万円 主に自損事故などで、バンパーの端っこなどを広い面積で擦ってしまった場合に、損傷した部分側の主にバンパー中央から区切った半分を塗る方法。 後に紹介する一本塗よりも5千円〜1万円程安く、実費修理の場合に利用する修理法。 塗装し直した所としていない所のつなぎ目がないので、仕上がりの精度が高く、修理後長い期間経過しても、バンパーの部分別の塗装状態の違いが出る事はないです。 実費修理から保険修理まで幅広く使われている修理法。 料金は車種によって変わってきて、同じ車種でもメーカーの塗装済みバンパーの在庫品の有無によっても変わってきます。 軽い傷でも保険修理の場合は交換修理となる事もあります。 グリル 修理費用:1万円〜3万円 グリルはボンネットとバンパーの中間付近。 純正の場合はグリル中央にメーカーのエンブレムが入っている事が多いです。 グリルまで損傷した場合は、原則交換となります。 交換費用は車種によって異なってきます。 灯火類 修理費用:1万円〜5万円 前面側の灯火類とはヘッドライトや、ウインカーなどの部品を指します。 事故による修理はほとんどが、レンズ割れとなり、部品交換が必要です。 部品代は、車種によって異なり、ヘッドライトとウインカー、スモールランプが一体型のタイプやディスチャージヘッドライトを使用している場合は高くなります。 修理費用の目安は、部品一つあたりになります。 例えば、一体型ヘッドレンズの交換が必要な場合、片側だけで3〜5万円の修理費用がかかり、左右両側交換する場合は、6〜10万円。 その他、フォグランプなど、損傷箇所が多いほど、修理費用は高くなります。 ボンネット 修理費用:5万円〜10万円前後 ボンネットまでダメージを受けるのは大きい規模で、修理しても事故修復車扱いとなり、車の価値が下がってしまう事も多いです。 ラジエター 修理費用:10万円〜20万円 エンジンルームの前方にあるので、事故による修理が多いパーツです。 車前面の事故で、液体が漏れ出した場合、ラジエターのクーラント液の可能性が高いです。 大きく損傷した場合、交換修理が必要。 車種によって値段が大きく変わってきます。 フロントガラス 修理費用:1万円〜15万円 飛び石などでも傷つきやすい部品。 軽微な飛び石でしたら、部分修理が可能で1万円〜2万円程度で修理が可能。 亀裂が入ったり、大きいヒビとなった場合は交換が必要です。 交換の場合はメーカー純正品と、海外メーカーや国内メーカーの汎用品という選択肢が出てきます。 一般的に、海外メーカー汎用品とメーカー純正品は2倍ほどの差が出てきます。

次の