墓場 まで 持っ て いく と は。 墓場まで持っていく覚悟

(駄)墓場まで持っていく内緒のこと

墓場 まで 持っ て いく と は

日常の些細な出来事だけど誰にも言えないことがある。 そんな墓場まで持っていく話を、どうか聞いてください。 『わたしには墓場まで持っていく話がある』2 -ころされるまであとすこし- わたしには悪い癖があった。 ギリギリのところを攻める癖だ。 昔、部活の後輩に言われたことがある。 「先輩、ホームで一番前に立たない方がいいですよ」 「どうして?」 「後ろから押されるタイプっしょ」 わたしは、自分自身のことを「面倒見の良い姉御肌」タイプだと思っていた。 後輩の相談に乗ったり勉強を教えたり。 慕われているとさえ思っていた。 だから、その時も「笑いながら」話す彼の、いつもの「冗談」だと思っていた。 同じ後輩に、もったいぶった言い方をされたこともある。 「俺、好きとか嫌いとか、あんまないんだけど。 一人だけすっげぇ嫌いな人がいるんだよねー」 「えー、誰だよ? 溜めてんじゃねえよ、早く言えって。 あ、先輩も知りたいっすよね」 「あー、うん」 適当に返事をしたわたしに、後輩はニヤニヤ笑って「どうしようっかなー」と思わせぶりなことを言う。 面倒くさいのと、いい加減じれた他の後輩の言葉に従い、彼はこう言った。 「俺の嫌いな人、先輩ですよー」 その時の彼の顔を、わたしは今でも思い出せない。 大人になった今なら分かる。 彼は先輩風を吹かせるわたしが本当に嫌いだったのだろうし、そして同類を見て、排除したいと感じたのだろう。 わたしはモラハラ男が嫌いだった。 何故なら父親がそうであり、わたしもまたその性格を受け継いでいたからだ。 相手を支配したがり、相談に乗ってくれと言われたことに対して「こうだよ」「ああだよ」と上から目線で決めつけていた。 こんなわたしのことを、良く思わない人だっているだろう。 嫌なら離れていくだけだ。 あるいは無視するか。 でも後輩は違った。 彼もまたモラハラ気質があり、同じタイプのわたしが気に障ったのだ。 どうやれば相手をやり込められるのか、よく分かっていたと思う。 彼は自分の 性質 ( たち )には早くから気付いていたのではないか。 彼の「嫌いな人は先輩です」と言い出す直前のニヤニヤ顔は今でも覚えている。 その後の表情がどうだったかは覚えていないけれど。 わたしは、それ以来、たびたび自分の性格というものについて考えた。 嫌われるのは、正直悲しい。 でも、全員に好かれることなんて有りはしない。 第一、自分が嫌いな相手に好かれてもしようがない。 だから彼に言われたことで「反省する部分があったのかも」とは考えなかった。 ただ、時折チクッとした痛みを感じただけだ。 ニヤニヤ顔は、時にわたしをイラッとさせた。 チクリと痛む自分の心にも無性に怒りが湧いた。 そんな時、わたしは獲物を探す。 仕事に失敗した部下を叱る時。 「あれだけメモを取るように言ったじゃない。 それを忘れたから、今こうなってるんだよね? あなたはメモを取らなかった。 記憶力に自信があるからでしょう? あなた自分でそう言ったよね?」 わたしは悪くなかった。 ちゃんと教えていたのだと周囲にも分かるように、チクリと責めた。 付き合っていた、優しい彼氏にもだ。 「なんでもかんでもわたしに決めさせないでほしいな。 あなたには自主性ってものがないの? そういうのは優しさって言わないんだよ。 優柔不断なの。 そりゃあ、そういうところが良いなって思ってたけど、時と場合によるよね?」 優柔不断なあたなを選んだのはわたしだったのに。 もちろん、フォローは入れる。 だって、怖いもの。 モラハラが続けばどうなると思う? 支配されたままの奴隷は、奴隷のまま過ごすと思う? そんなことはない。 稀に、戦う奴隷もいるのだ。 得てして、そうした人の方が危険な結果をもたらす。 母が、父にしたように。 父は「誰のおかげで食えているんだ?」と、よく詰った。 女に学歴は要らないとも言った。 相手を貶めずにはいられない人だった。 わたしは、表立ってはそんなこと言わない。 けれど、たまに漏れ出てしまう。 つい、言ってしまう。 言わなくてもいいことを、だ。 「わたし、すごく大変な目に遭わされてるよね。 あなた、わたしが上司で良かったね」 「毎日幸せそうだねー。 わたし、そういうあなたを見てるのが好きだなー。 追体験してるみたい。 って、実際はなんでもわたしが決めちゃうからなんだろうけどね!」 言ってから、思う。 あ、これ、父親の言葉だ。 プラットホームで電車を待っている時、よく思い出す。 一番前に立たないようにと言った後輩の言葉を。 そんな時、「生」に意地汚いわたしは下半身の軸を後ろに置く。 内心で笑いながら。 「殺されるまで、あと少し、だったりしてね」 そうならないためのおまじない。 今日もギリギリのところを攻めた気がする。 そんな時はおまじないが出る。 「ころされるまであとすこし」 母が父にしたことは、誰も知らない。 わたしが墓場まで持っていく話。

次の

借金、宗教、不倫…妻たちが告白「墓場まで持っていく秘密」(週刊現代)

墓場 まで 持っ て いく と は

下の広島ブログのバナーをポチっと押してくれたら ランキングが上がるので、私すごく喜びます!! 今朝、から連絡があり、 私の記事が読売新聞に掲載されていることを知りました。 確かに取材を受けて、 掲載日もお聞きしていたのですが、 なんだか毎日バタバタしていて、すっかり忘れてました。 ウチは中国新聞をとっているので、 連絡をもらった時点では 買いに行こう…行こう…と思っていたのですが、 すっかり忘れてしまいました。 そしてすっかり暗くなってから ハッ!! と思い出し、 コンビニをはしごしてやっと買うことができました。 料理の専門家でもない私が おこがましくもレシピなど公開しております。 いつも料理は適当に作っているので、 かなりいい加減ですよ。 さて、この取材を受けたのは1ヶ月前です。 その頃はいろんな人が取材でウチに来ていました。 私も家の掃除もして、 ちゃんとしたお洋服をきて 化粧もしておりました。 ところが、 このところ仕事が忙しいこともあり、 いつものジャージと寝癖にすっぴんスタイルで、 家の中は荒れ放題です。 こういうことは 必要に迫られなければ、 それこそあっと言う間に 真の姿に戻ってしまうんです。 実に人間らしいですね。 特に今は 外ではマスクをしなければならないし、 外出も自粛傾向にありますので、 ますます自堕落さに拍車がかかります。 そう、そんな私の真の姿。 直視できるのは、 直視しなければならないのは、 地球上でオットさんただ一人です。 本当のところ、 この嫁の自堕落さをどう思っているのか 聞いてみたりもするのですが、 その質問の答えは どんなに誘導したとしても 貝のように口を閉ざしています。 墓場まで持っていく覚悟がおありのようで… お知らせの数々 先日私のブログで紹介しました さん 11:00〜15:00 テイクアウトランチのみの対応で営業されるようです。 食べて美味しい。 見ても楽しい。 お持ち帰り用ランチです!! もう一つ、 前衛弁当展を開催している とても残念なことではありますが、 この状況を考えれば仕方のないことです。 逆に今までたくさんの方々にご来場いただき、 心から感謝しております。 一応5月6日まで休館の予定ですが、 今後の状況により変更になる場合もございます。 その時には随時sns等でお知らせいたします。 下の広島ブログのバナーをポチっと押してくれたら ランキングが上がるので、私すごく喜びます!!

次の

既婚女子たちが墓場まで持っていく話とバレてしまったエピソード10選

墓場 まで 持っ て いく と は

1:墓場まで持っていくの意味は? そもそも「墓場まで持っていく」という言葉はどういう意味かご存じですか? 正しい意味をつかむべく、「墓場」の意味を辞書で調べてみました。 出典:デジタル大辞泉(小学館) ちなみに「墓」は、 はか【墓】の意味 遺体・遺骨を埋葬した場所。 また、そこに記念のために建てられた建造物。 「墓に詣でる」 出典:デジタル大辞泉(小学館) と定義されています。 つまり、「墓場まで持っていく」というのは、「死ぬまで人に話さないでいる」ということですね。 しかし実際には、「この話は墓まで持っていこうと思っていたけど……」というように、話をもったいぶったり、大仰にするときに使われます。 「そのくらい重大な内緒話」と同義と考えられますね。 2:誰にも言えない…既婚女子たちが墓場まで持っていく話5つ 実際に墓場まで持っていく予定の話のレベルって、どのようなものでしょうか? 既婚女子に聞いてみました。 (1)風俗で働いていたのでいろいろなことを経験済です 「専門学生のころ、勉強をしながら学費を払うために、風俗で働いていたんですが、このことは絶対に墓場まで持っていこうと心に決めています。 今の夫は、私のことを清楚な大和撫子だと思ってくれているんです。 風俗で本番をしたわけではないので、夫が初めての男性であることには間違いのですが、各種プレイは経験済み。 クレジットカードのリボ払いで買い物しまくって。 結果、借金が返済できなくなって債務整理をすることに……。 当時から今の夫と付き合っていましたが、遠距離恋愛だったんです。 夫はムダ遣いが大嫌いな人で、借金なんてもってのほか。 まさか債務整理をするほど浪費してしまっていたなんて、絶対に言えません」(Hさん・40歳) (3)AV出演経験があります 「実はAVに出たことがあります。 プチ整形で、強めの二重にして、バッチリメイクをして、しっかりダイエットをしてから挑みました。 収録が終わってから、顔は元に戻して、即デブ化して今はふっくらぽっちゃりの薄化粧に……。 夫は風俗ですら毛嫌いするタイプの潔癖な人なので、絶対に言えません。 これは墓場まで持っていきます」(Kさん・34歳) (4)ハプニングバーでMに目覚めてしまった 「結婚してから一度だけ、軽い気持ちで行ったハプニングバー。 そこで自分がM気質だということに気付いてしまいました。 そうしたら、夫とのノーマルな夜の営みが物足りなく感じるようになり、夫が出張のときにこっそりハプニングバーに通うようになりました。 でもエッチ以外はパーフェクトな夫ですから、絶対に離婚したくありません。 何が何でも隠し通します」(Sさん・32歳) (5)実は夫より稼いでます 「私は専業主婦で、パートもせずに、無収入のふりをして夫の稼ぎだけで生活しています。 でも、実は夫より稼いでいます。 結婚前にプログラマーとして会社勤めをしていたのですが、その会社から業務委託で在宅発注をうけていて、気が付けば勤めていたときと同じぐらい稼げるように……。 子どもができてようやくまともになってくれたのに、バレたら仕事を辞めて、私の稼ぐお金をあてにされそうで言えません。 私は扶養家族からは外れていますが、夫はそういうところにまったく無頓着なので、気が付かないみたいです」(Fさん・37歳) 3:墓場まで持っていくつもりが…バレてしまったエピソード5つ 墓場まで持っていくつもりの話がバレてしまったら、一体どうなるんでしょう? 実際にバレてしまった既婚女子のエピソードをまとめました。 (1)義兄との火遊びを姪っ子に目撃され… 「夫のお兄さんと付き合っていた時期がありました。 お互い火遊び感覚の、軽い関係だったのですが、もっとスリルを味わいたくて、平日の昼間、お兄さんの家で密会していたんです。 それがある日、体調不良で学校を早退した娘さんに目撃されてしまい……。 娘さんが泣きじゃくって言い触らしたことで、すべてがバレました。 結局、私は離婚することになりました。 夫のお兄さんは離婚にはなりませんでしたが、奥様に頭が上がらない日々を送っているそうです。 平和だった日々が懐かしいです」(Tさん・41歳) (2)遊ぶ金欲しさの風俗バイトを友人が夫に暴露したら… 「遊ぶお金が欲しくて、夫に隠れて風俗でアルバイトしていました。 アリバイ対策もお店側が完ぺきにやってくれていて、バレることはないと思っていましたが……。 そうしたら……。 まさか、その友人の片思いの相手がうちの夫だなんて思いもよりませんでした。 友人はすぐにそのことを夫にチクって、私は離婚することに……。 その友達はそれから私の元夫に急接近して、今は再婚目前らしいです。 もう、最悪です」(Iさん・36歳) (3)作品を描いているエロ同人誌を夫に見られたところ… 「実はものすごくオタク趣味の私。 独身のころから同人誌をつくって販売をしていました。 18禁なんていう言葉では収まらないような、シュールなエロギャグ同人誌で、一部界隈ではちょっとした有名人なんです。 でも、夫は仕事がらみで知り合った人だったので、オタク趣味は一切なし。 なのでずっとその趣味を隠していました。 が、うっかり同人誌の原稿を見られて……。 今は隠さずに活動しています。 バレて困ったことと言えば、読みたいと言われるのでネタに制限をかけるようになったぐらいです(笑)」(Wさん・39歳) (4)社内いじめの首謀者だとme tooで告発されて… 「社内でも出世のエースで、しかもイケメンな旦那。 付き合ったきっかけは、当時、私の部下だった彼女についての相談でした。 職場でいじめられている彼女にどうアドバイスすべきかという彼の相談に乗っているうちに、私が略奪してしまったんです。 でも実は、そのいじめの一因は私にあって……。 彼女に成長して欲しかったために、厳しめに指導していたのです。 直接私が何かしたわけじゃなかったけど、絶対に墓場まで持っていこうと思っていました。 それを知った旦那から離婚届を突き付けられ、離婚しました。 めちゃくちゃ恨んでます」(Gさん・38歳女性) (5)高校時代の援助交際仲間にゆすられて… 「高校生のころ、当時の友達とのノリで援助交際をしていました。 とはいえ大学に入ってからは気持ちを入れ替えて、真っ当な生活を送り、無事に就職。 職場で出会った何も知らない夫と結婚しました。 結婚して10年、子どももふたりできて、幸せな家庭を築いていました。 でも突然、借金に困った当時の悪い仲間が援助交際の証拠を持ってやってきて……。 家族に迷惑はかけられないと思い、夫にすべてを打ち明けました。 夫はすごく怒りましたが、若気の至りだと許してくれました。 絶対に話さないつもりでいたけど、話して少し気が楽になりました」(Bさん・41歳) 4:まとめ 「こんなことを話したら人生がおかしくなる!」と思うからこそ墓場まで持っていくと決意するわけですが、実際の話を聞いてみると「話して良かった」ということもあるようです。 もし黙っていることが苦しいのであれば、思い切って話してみるのもありかもしれません。 ただし、そこがあなたの墓場になっても、『Menjoy! 』は責任は取れません。 そこのところをご了承ください。 この記事を書いたライター 松田優 Y. Matsuda ライターや記事ディレクターなど、幅広く文章業を営んでいる。 2019年に『ドミノ倒れ』『かぼちゃの馬車のクレームブリュレ』を同時刊行して小説家デビュー。

次の