島内 なんj。 東北楽天ゴールデンイーグルスのスタメン一覧(打順)

野球お絵かきまとめ@なんJ : 楽天イーグルス

島内 なんj

元楽天の投手だった一場靖弘氏(37)が28日放送のTBS系「爆報!THE フライデー」(金曜・後7時)に出演。 自己破産に追い込まれた現状を明かした。 一場氏は明大のエースとして活躍。 2004年のドラフトでは、各球団が獲得合戦を繰り広げたが、大本命だった巨人をはじめ、阪神、横浜などから総額300万円の金銭を「栄養費」という名目で受け取っていたことが発覚。 新設球団・楽天に自由獲得枠でのドラフト1位入団で落ち着いた。 しかし、活躍できないまま30歳で戦力外通告を受け、引退していた。 番組では現在の一場氏を埼玉県内でキャッチ。 家賃7万円のアパートで6年前に再婚した妻・弥生さんと3人の子どもと生活していた。 現在、飲食店で働いているが、収入のほとんどはネイリストとして働く弥生さんに頼っているという。 楽天の契約金1億円に1年目の年俸1500万円でスタートし、3年目には3000万円に。 しかし、プロ3年目に仙台市内に7000万円のマンションを35年ローンで契約。 当時は200万円の月収だったため、月30万円の支払いだったが、サインした。 しかし、年々、成績が低下。 8年目で解雇された上、9年連れ添った最初の妻と離婚。 子ども2人の養育費を成人するまで支払うことになった。 アルバイト生活の月収は20万円に過ぎず、養育費とローンは払えず、マンションは売却。 それも2011年の東日本大震災で資産価値が下がり、売値3300万円にしかならなかった。 その頃、弥生さんと出会い、同居を始めたが、借金2000万円を抱えたまま。 「すごい借金が分かって、子どもは産めないな」と弥生さん。 それでも「考えられないくらいの借金。 助けてあげたいな」と言う弥生さんと14年に結婚。 外食を一切やめ、コンビニに行くことも禁止する生活とした。 しかし、ローンの返済額を上げた同時に歩合制の営業職に転職した一場氏だったが、収入は上がらないまま。 あまりの窮乏生活に弥生さんから「自己破産しよう」と提案された。 始めはちゅうちょした一場氏も「もう子どもの前でケンカしたくない」と昨年8月に自己破産の手続きをとったという。 現在は自己破産したものとして、99万円を超える現金や20万円以上の資産価値のあるものは債権者への返済にあてられ、新たにカードなども作れない生活を続ける一場氏。 番組の最後には楽天時代の監督・田尾安志氏が一場氏をサプライズ激励。 「あきらめずにやっていれば、なんとかなる。 家族のために何かできないかなと考えれば、苦しいぞと思わなくなるのでは」という田尾氏の言葉に笑顔を見せ、2月から自ら主宰する野球教室で子どもたちを指導していることを明かしていた。 NTTドコモは「商用開始時は完全な使い放題ではないと認識している」と指摘。 楽天の料金プランでは、楽天が自前の基地局を整備しているエリアではデータ容量に上限がないが、それ以外の地域や地下といったKDDIの回線を借りているエリアでは2ギガを超えると速度制限がかかり、解除するには追加料金が発生するからだ。 そのうえで、ドコモは自社の大容量プランについて「十分にお使いいただけるプランを引き続きお客さまにご利用いただきたい」と強気の姿勢を示した。 KDDIは「お客さまの利便性が高まる競争は歓迎するが、当社は長きにわたって培ってきたノウハウを生かして、これまで通りお客さま満足度の向上に努めていく。 さらに今月から新たに始まる5Gの進展も見据え、通信とライフデザインの融合を推進していく」とコメントした。 一方、ソフトバンクは「コメントすることはない」とした。 初回1死からDeNA梶谷に右翼線二塁打、ソトに死球などで2死一、三塁。 宮崎にスライダーを中前打、ロペスには141キロ直球を左翼越え二塁打とされ、連続適時打で2点を失った。 2回は2死一、二塁としたが無失点。 3回は先頭宮崎、ロペスに連打を浴び一、二塁。 伊藤光は平凡なゴロに打ち取ったが、一塁銀次が後逸。 1点を追加された。 その後も大和の左翼フェンス直撃の適時二塁打、神里の右前適時打でこの回4失点。 65球に到達した1死一塁の場面で渡辺佑にマウンドを譲った。 最速は球場表示で144キロだった。 登板を終え「うまく投げようとしすぎて、自分の思いきりの良さだったり真っすぐでしっかりファウルを取ったりすることができなかった。 変化球でストライクが取れなかったので、ボール先行になったところでストレートを打たれるケースもありましたし、変化球のストライク率も悪かった。 1イニング1イニング、もっと圧倒するような気持ちだったり準備ができていなかった。 先発としてうまく投げようとしすぎていた。 もっと強い球を投げるということを基本に考えたい」と振り返った。 再転向初戦の練習試合ヤクルト戦(15日)は2回無失点。 2戦目は課題を残す投球となった。

次の

野球お絵かきまとめ@なんJ : 楽天イーグルス

島内 なんj

7766• 564• 416• 19380• 1743• 496• 387• 885• 10846• 400• 1258• 878• 684• 638• 1229• 2404• 659• 2197• 1636• 1210• 583• 222• 4031• 569• 998• 838• 179• 147• 339• 884• 199• 107• 495• 237• 189• 1 過去ログ 1158 2040 2103 1796 2681 1719 1232 1233 1797 1859 1799 1848 1843 1783 1854 1796 1708 904 728 621 580 601 601 629 773 829 822 788 715 688 795 732 713 761 778 763 690 645 672 634 665 565 600 629 615 654 662 720 655 649 671 631 518 491 515 532 601 676 648 667 662 652 642 576 578 497 502 533 516 563 553 528 429 152 18 199 350 241 60 なんJ・野球のアンテナ様.

次の

野球お絵かきまとめ@なんJ : 楽天イーグルス

島内 なんj

明治大学時代(2011年) へ進学し、に入部。 1年次の秋からリーグ戦に出場。 3年次の秋からとして起用されるようになる。 秋には規定打席不足ながら. 400を記録。 4年次の春は中盤以降で率を落としたもののリーグ3位の打率. 385を記録し、初のベストナインに選出された。 秋も打率. 349の成績で2季連続でベストナインに選ばれ、でも優勝を飾った。 元々はプロ志望ではなかったが、野球部監督のや寮長に発破をかけられ、4年次の活躍でプロを志望するようになった。 大学通算成績は35試合に出場、108打数40安打、打率. 370、2、12打点、3盗塁を記録。 ベストナイン1回。 大学時代の野球部の同期には、がいる。 で、から6巡目で指名。 契約金3,000万円、年俸600万円(金額は推定)という条件で入団した。 は 35。 楽天時代 [ ] 横浜スタジアムにて(2012年) 、同年の楽天の新人の中では唯一、開幕一軍に入った。 俊足を買われて要員としてのベンチ入りだったが、走塁ミスが多く 、一軍と二軍を行ったり来たりの状態が続いた。 しかし、8月22日の戦()で「9番・」として初めてスタメン出場すると、プロ初打席でを放つなど2安打3打点の活躍でお立ち台に上がった。 8月24日の戦(Kスタ宮城)ではプロ初本塁打を放ち、8月28日のロッテ戦()ではプロ初のを記録した。 9月5日の日本ハム戦()には同じく新人のとのを放つ。 新人2人によるアベック本塁打はのの、以来23年ぶり。 そのままシーズン終了まで一軍に帯同、の準レギュラーとして打席数は少ないながらも打率. 299、100以上立った選手の中ではチームトップとなる. 443と結果を残した。 、シーズン序盤は前年同様、相手投手の左右に合わせて右打者のとの併用で左翼手としての出場が主だったが、ごろからは相手先発が左投手の試合でもとして先発出場するようになり、そのままレギュラーに定着した。 が離脱した際にはとして先発出場し、打率. 284、. しかし、チームメイトは島内の貢献を称え、ベンチの中に島内のユニフォームが飾られた。 には復帰を果たし、第4戦に代打として1試合出場した。 、シーズン序盤に打撃不振で二軍調整を経験したが、聖澤が戦線を離脱した後半戦には、一軍の正中堅手に定着。 一軍公式戦では66試合の出場で、前年と同数の6盗塁を記録したが、打率(. 242)・本塁打(2)・打点(18)とも前年を下回った。 、1月5日に2歳年下の一般女性と結婚 したが、一軍公式戦では25試合の出場で、入団後初めて本塁打を1本も放てなかった。 シーズン終了後には、球団を通じて広島のトレーニングクラブ「アスリート」の門を叩くと、肉体改造に取り組んだ。 さいたま市営浦和球場にて(2016年) 、開幕を二軍で迎えたが、岡島が戦線を離脱した4月に一軍へ昇格すると、岡島に代わって「1番・右翼手」として起用された。 岡島は後に戦線へ復帰したが、後半戦に入って深刻な打撃不振に陥ったことに加えて、シーズン途中から入団したが右翼手に起用されたことから、8月以降は「1番・中堅手」としてスタメンに定着。 8月30日の対日本ハム戦(東京ドーム)では、一軍公式戦では自身初の1試合2本塁打を記録した。 このうち、1回表に先頭打者として放った本塁打は、一軍公式戦における球団通算1000本塁打にもなった。 一軍公式戦全体では、114試合の出場で、打率. 287、球団の生え抜き野手としては当時最多の9本塁打 、自身初の2桁盗塁を記録した。 、レギュラーシーズンでは、「6番・中堅手」として開幕戦初のスタメン出場を果たしたことを皮切りに、正中堅手として一軍公式戦全143試合出場を初めて達成。 の最終へ初めて到達するとともに、自己最高の14本塁打・47打点を記録するなどの活躍で、チーム4年振りのAクラス入りと進出に貢献した。 シリーズ終了後の契約交渉では、推定年俸5,500万円(前年から2,200万円増)で契約を更改。 その際に球団から背番号の変更を打診されたが、従来の 35と同じ2桁の背番号を提示されたため、打診を固辞した。 、前年に続いて、レギュラーシーズンの開幕戦から18試合連続でスタメンに起用。 4月19日の対ソフトバンク戦(福岡ヤフオク! ドーム)では、一軍公式戦で初めて4番打者を務めた。 しかし、この試合の走塁中に右内腹斜筋を損傷。 4月20日の診察で、実戦への復帰までにおよそ1ヶ月を要することが判明したため、同日付で出場選手登録を抹消された。 6月中旬に一軍復帰すると自身の故障中にがセンターに定着していたためレフトにまわり、監督の辞任によって監督代行が就任すると打順は3番に固定された。 以降の試合は出続けて2年連続で規定打席に到達し、2年連続の2桁本塁打、自己最多の53打点、自己最高でリーグ8位となる打率. 292を記録。 さらにレフトの守備では12球団トップのUZR17. 1を記録した。 、オープン戦中盤から4番候補として挙げられると開幕戦に「4番・左翼手」として先発出場。 イーグルスにドラフト経由で入団した生え抜き選手が開幕戦に4番で出場するのは球団史上初となった。 4番でスタメン出場した4月20日の第2打席で通算45本目の第1号2ランを放ち、日本プロ野球11人目の 全打順本塁打を達成した。 通算45本塁打目での達成はに次ぐ史上2番目に少ない本塁打数での達成である。 選手としての特徴・人物 [ ] 積極的で思い切りがよい打撃が持ち味で、には少ない打席数ながら. 443を記録するなど、パンチ力も秘めている。 遠投95メートル。 8秒を記録する俊足を持つが、判断の誤りから走塁ミスが多い。 楽天入団時の監督である(2018年逝去)はの先輩で、生前には厳しい言葉を掛けられていた。 愛称は「」。 楽天のチーム内では・いじられである。 詳細情報 [ ] 年度別打撃成績 [ ] 41 104 97 11 29 6 1 2 43 17 1 0 4 1 2 0 0 8 2. 299. 310. 443. 753 97 329 299 36 85 6 4 6 117 38 6 4 4 5 21 0 0 44 6. 284. 326. 391. 717 66 243 215 26 52 7 3 2 71 18 6 1 7 2 19 0 0 22 5. 242. 301. 330. 631 25 81 74 6 15 2 3 0 23 6 5 1 2 1 4 0 0 6 0. 203. 241. 311. 551 114 388 342 43 98 9 2 9 138 41 10 2 7 4 33 0 2 48 7. 287. 349. 404. 753 143 577 494 62 131 14 3 14 193 47 3 6 12 3 64 0 4 67 8. 265. 352. 391. 743 103 453 394 53 115 16 3 11 170 53 11 5 3 3 47 0 6 45 10. 292. 373. 431. 805 133 585 506 68 145 21 5 10 206 57 3 4 9 1 58 0 11 65 11. 287. 372. 407. 779 通算:8年 722 2760 2421 305 670 81 24 54 961 277 45 23 48 20 248 0 23 305 49. 277. 347. 397. 744• 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高 年度別守備成績 [ ] 年 度 球 団 試 合 2012 楽天 32 46 0 0 0 1. 000 2013 90 170 4 3 1. 983 2014 62 127 5 2 0. 985 2015 20 25 0 0 0 1. 000 2016 111 207 2 0 0 1. 000 2017 139 274 4 1 1. 996 2018 102 195 6 1 3. 995 2019 130 264 4 0 2 1. 000 通算 686 1308 25 7 7. 994• 2019年度シーズン終了時 記録 [ ]• 初出場:2012年3月30日、対1回戦()、9回裏にの代走で出場• 初先発出場:2012年8月22日、対千葉ロッテマリーンズ15回戦(日本製紙クリネックススタジアム宮城)、9番・で先発出場• 初打席・初安打・初打点:同上、2回裏にから右前適時打• 初本塁打:2012年8月24日、対19回戦(日本製紙クリネックススタジアム宮城)、3回裏にから右越ソロ• 初盗塁:2012年9月3日、対20回戦(日本製紙クリネックススタジアム宮城)、6回裏に二盗(投手:、捕手:) その他の記録 [ ]• 全打順本塁打:2019年4月20日、対オリックスバファローズ5回戦(楽天生命パーク宮城)、3回裏にから右越本塁打で達成(史上11人目) 背番号 [ ]• 35 (2012年 - ) 登場曲 [ ]• 「」(2012年)• 「」(2013年 - )• 「青春サンポ」 2016年 それ以降もサヨナラのチャンス時に使われることもある• 「」(2017年 - 2017年途中)• 「」(2017年途中)• 「カーニバる?」 2018年-2019年途中• 「beautiful」Superfly 2018年途中• 「end of the day」 2019年途中• 「僕らのために…」 2019年-同年途中• 「新宝島」サカナクション 2019年途中• 「大阪LOVER」 2019年途中• 「さくらんぼ」 2019年途中• 「BIG UP」 WANIMA 2019年途中• 「A・RA・SHI」 2019年途中• 「Happiness」 嵐 2019年途中• 「GUTS! 」 嵐 2019年途中• 「言葉より大切なもの」 嵐 2019年途中• 「Troublemaker」 嵐 2019年途中• 「君のために僕がいる」嵐 2019年途中• 「青空の下、キミのとなり」嵐 2019年途中• 「Believe」 嵐 2019年途中• 「ハダシの未来」 嵐 2019年途中• 「ワイルド アット ハート」 嵐 2019年途中• 「Love so sweet」嵐 2019年途中• 「We can make it! 」嵐 2019年途中• 「STAND-ALONE」Aimer 2019年途中• 「サクラ咲ケ」嵐 2019年途中• 「感謝カンゲキ雨嵐」嵐 2019年途中• 「HANABI」Mr. Children 2019年途中• 「青空の下、キミのとなり」嵐 2020年開幕-同年途中• 「大切なもの」 2020年途中• 「Thriller」Michael Jackson 2020年途中• 「I Want You Back」 2020年途中• 「Martial Arts」 2020年途中- 脚注 [ ] []• 日刊スポーツ. 2019年12月12日閲覧。 2013年5月29日. 2013年5月29日閲覧。 2011年12月3日. 2011年12月4日閲覧。 2012年8月29日. 2012年9月15日閲覧。 2012年8月23日. 2012年9月15日閲覧。 2013年9月14日. 2013年9月16日閲覧。 東北楽天ゴールデンイーグルス 2015年1月6日. 2015年3月25日閲覧。 ベースボール・キング 2016年9月27日掲載• スポーツ報知 2017年12月5日掲載• 日刊スポーツ 2018年4月20日掲載• SANSPO. COM 2019年4月21日掲載• 2011年10月27日. 2011年11月5日閲覧。 2011年10月27日. 2011年11月5日閲覧。 ONLINE. 2015年2月7日. 2016年10月6日閲覧。 2013年2月3日. 2013年2月3日閲覧。 関連項目 [ ]• 星稜高校の同級生。 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構• 選手の各国通算成績 、.

次の