産屋敷きりや。 【鬼滅の刃】鬼殺隊のお館様こと産屋敷耀哉を考察!

【鬼滅の刃】鬼殺隊のお館様こと産屋敷耀哉を考察!

産屋敷きりや

下記クリックで好きな項目にジャンプ• 【鬼滅の刃】最終話の日本最高齢記録の老人は産屋敷輝利哉 うぶやしききりや ? 鬼滅の刃の最終話では、鬼舞辻無惨を倒した後の鬼殺隊や日本のその後を描いています。 内容については賛否両論ありますが、各キャラの転生姿や子孫達の姿、鬼のいない平和な世界がとても印象的です。 そんな最終話に 「日本最高齢の産屋敷さん」という老人が登場します。 その年齢はなんと「117歳」ということですが、この長寿老人は 「鬼殺隊を最後に指揮した産屋敷輝利哉ではないか?」と言われています。 原作漫画では産屋敷さんの下の名前までは書いていないので確定はできませんが、その可能性は非常に高そう。 関連: 産屋敷輝利哉の当時の年齢と時代設定 最終回に出てきた産屋敷さんが産屋敷輝利哉である可能性は、彼の当時の年齢と、鬼滅の刃時代設定からも確実ではないにしろ、ある程度は絞り込めます。 鬼滅の刃の最終回の現代が2020年だとするなら、産屋敷さんの117歳を2020から引くと「2020-117=1903」となり、 長寿老人の産屋敷さんが生まれた年は1903年ということが分かります。 で、鬼滅の刃の時代設定は「1912年7月30日〜1926年12月24日」の間の大正時代。 鬼滅の刃の物語は最終選別に登場した手鬼のセリフから、「1913年位から物語が始まったのではないか?」と言われています。 産屋敷輝利哉の当時の年齢が8歳なので、 物語が始まった1913年から8年を引くと「1913-8=1905」という事になり、長寿の産屋敷さんの生まれた年代「1903年」にかなり近づきます。 多少のズレはあるんでしょうが、生まれた年代からも 「老人の産屋敷さんが当時子供だった産屋敷輝利哉」ということが可能性としてかなり高くなってきます。 逆に産屋敷輝利哉の子供だとしたら、年齢がグッと下がってしまうので、計算が合いません。 また「名字が同じだけで別の産屋敷では?」とも思ってしまいますが、 鬼滅の刃に登場する「産屋敷」という名前は、1000年以上続く格式高い一族のようです。 それを踏まえると 「鬼殺隊を率いた産屋敷と別の人」というのは考えづらいですね。 関連: 関連: 実際の日本最高齢記録も117歳! 2020年の実際の現代でも、日本最高齢は原作漫画と同じ117歳ということです。 田中 カ子 たなか かね さんという女性の方だそうです。 2020年5月20日現在 田中 カ子さんの生まれたのは1903年 明治36年 ということなので、 最終回に登場した産屋敷さんと同じです。 というのも 産屋敷一族は代々長くは生きられない体だったからです。 産屋敷輝利哉の父親の産屋敷耀哉 うぶやしきかがや も「一族の誰も30年と生きられない」なんていっていましたよね? 産屋敷さんが上で書いたように産屋敷輝利哉であるなら、なぜ彼だけここまで長生きすることができたのでしょうか? ここら辺については謎が多いまま作品が終わってしまったので詳細は定かではありませんが、考えられる事を個人的な妄想も含めて考えて見ました。 産屋敷一族への呪いが解けた? まず物語の可能性として一番高いのが、 「産屋敷一族への呪いが解けた」ということでしょうか。 鬼舞辻無惨と産屋敷一族は元々同じ血筋ということが明らかになっていますが、鬼舞辻無惨が鬼になってしまったことから産屋敷一族が呪われてしまったとのこと。 作中では説明されていませんが、 鬼舞辻無惨が倒されたことによって「産屋敷一族の呪いが解け、謎の病気や短命という負の連鎖も消えた」という考えが1番しっくりきますね。 関連: 産屋敷一族の病気が治った? ここからは妄想を込めて書いていきますw 産屋敷一族が短命なのはそもそも呪いではなく、ただ単に「産屋敷一族特有の病気だった」可能性もありますよね。 で、同じ血筋の鬼舞辻無惨や鬼が藤の花を嫌うことからも、「産屋敷一族の病気は藤の花が関係している」とも考えられませんか? 鬼がいなくなったことで大量の藤の花が必要なくなり、結果として 「藤の花を原因とする産屋敷一族の病気も治り、産屋敷輝利哉は長生きできた」と考えるのも面白いです。 藤の花と鬼の関係についても結局明かされなかったので詳細は不明ですが、鬼の消滅と共に需要がなくなる藤の花も 産屋敷一族の寿命に関係がある気もしました。 関連: 産屋敷輝利哉は病気にかからなかった? 代々産屋敷一族は病弱で短命ということは上でも書いたとおりです。 おそらくですが、 産屋敷輝利哉も含めた一族全員が、輝利哉の父だった産屋敷耀哉 うぶやしきかがや のような奇病に冒されていたのかもしれません。 で、その奇病に産屋敷輝利哉は運良くかかっていなかったことで、長生きできたということも十分に考えられませんか? 鬼舞辻無惨が消滅したタイミングで産屋敷輝利哉が長生きしたので、「一族への呪いが解けた」と思ってしまいます。 ただ、「呪いが一体なんだったのか?」についての説明が原作漫画でもされていないので、 「産屋敷輝利哉が運良く病気にかからなかっただけ」という斜めから見た考えもできますね。 【鬼滅の刃】産屋敷輝利哉が長生きできた理由まとめ 鬼滅の刃の最終話に登場した日本最高年齢の産屋敷さんは年代から追っかけても、当時8歳だった産屋敷輝利哉の可能性が非常に高いです。 産屋敷一族は代々短命でしたが、 鬼舞辻無惨が消滅したことで呪いが解けて長生きになったと考えるのが物語上自然の流れです。 ただ、「呪いは誰がかけたのか?」「そもそも呪いってなんなのか?」については謎のまま終わってしまいました。

次の

産屋敷耀哉 (うぶやしきかがや)とは【ピクシブ百科事典】

産屋敷きりや

「永遠というのは人の想いだ 人の想いこそが永遠であり 不滅なんだよ」 CV: 概要 の最高管理者であり、と敵対する産屋敷の一族の97代目当主。 年齢は23歳。 その人心掌握術は後述する能力の項から来るものもあるが、作中の言動を見る限りでは一見人格者の様であり、その人柄によって多くの人間を従えている様である。 隊士達の事は年長隊士も含め、 「私のこども達」と我が子同然に思っており、隊士達を名前で呼ぶ。 戦死してしまった隊士の墓参りや、怪我で動けなくなった隊士の見舞いを完全に寝込んでしまうまで毎日欠かさないなど、無惨とは文字通り 正反対の人物だと思わされる。 その声を聴いたものは、心が落ち着くと共に不思議な高揚感を与えられ、心服する。 それは鬼の首領であるが懐かしさや安堵感を覚え 気味が悪いと感じるほど。 言い方は悪いが 一種の洗脳といっていいのかもしれない。 その他には「天才」と呼ばれる人物が持ちうる、漠然としてだが未来予知にも等しい精度の凄まじい勘・ 先見の明を持っており、これにより一族は財を成し幾度もの危機を回避してきたという。 人物 産屋敷一族はとある理由により代々病による短命を宿命づけられており、現当主の耀哉もその例外ではない。 容貌は顔の上半分が焼けただれたような痕があり、両目に黒目が描かれていない事や常に童子に手を引かれていることから、盲人の様である。 自身は体が弱いために前線で戦って人を守れないことを非常に歯痒く思っており、一度刀を振ってみたことがあるそうだが、10回もしないうちに脈が狂って倒れてしまったことがある。 実弥にいたっては 病弱の耀哉のために柱の中から最低でも2名を彼の 護衛として配置しようと悲鳴嶼に進言するほど。 悲鳴嶼も同じ考えであるが、しかし8年間言い続けているもののお館様は聞き入れてくださらないとの事。 穏やかで公平な人間で、常に冷静沈着な態度を崩さず、柱合会議においては元柱であるとからの命がけの嘆願、禰豆子が人を襲わなかったこと等、様々な事情を鑑みて、鬼であるを鬼殺隊の一員として容認し、その際に反発する柱達を宥めた。 その際のセリフからとも面識がある様で、恐らくは協力関係を結んでいると思われる。 前後の事情がありながらも、主人公のは一回会っただけで彼に心服しており、その人心掌握術の凄まじさが窺える。 鬼殺隊を従えていることからも無惨からは絶えず命を狙われており、の最大の目的の一つが、産屋敷一族の壊滅である。 またそれだけでなく産屋敷一族は無惨と古来より大きな因縁があり、現当主の耀哉は彼を 「我が一族唯一の汚点」と称している。 耀哉と無惨の因縁はの項目を参照( 耀哉自身の結末についても触れられているため、当然ながらネタバレ注意)。 関連イラスト.

次の

【鬼滅の刃】鬼殺隊のお館様こと産屋敷耀哉を考察!

産屋敷きりや

五つ子であるが唯一の黒髪、男の子である。 よって当主の跡継ぎ。 年齢は8歳。 他の4人の子どもたちは白い紙をしており女の子である。 アニメの声優は悠木碧(ゆうきあおい)。 概要 炭治郎の参加した最終選別の案内役を務めていた。 男の子であるが容姿は女の子のようである。 産屋敷家に生まれる男の子は病弱のため13歳までは 女の子として育てられる。 実際に厄除けとしてこの習慣は存在しているようだ。 そのため早く大人になれるよう両親には厳しく育てられており、両親をとても慕っている。 第138話にて父と母、5つ子の内の2人が鬼舞辻無惨と対峙し 死亡する。 その後、5つ子で唯一男の子に生まれた輝利哉が98代目の当主となった。

次の