本 仮屋 ユイカ 写真 集 2020。 【グランフロント大阪店】本仮屋ユイカ写真集『 CANTIK 』(ワニブックス)発売記念 本仮屋ユイカさん 握手会 (2020/2/16)

本仮屋ユイカ“脱ぎまくり”写真集が実用度抜群!「ヌかなきゃ失礼」

本 仮屋 ユイカ 写真 集 2020

(C)まいじつ 女優のが、バレンタインデーの2月14日に最新写真集をリリースした。 【関連】ほか 今作のタイトルは、インドネシア語で「かわいい」や「美しい」を意味する『CANTIK』。 水着姿や谷間・尻・ヘソのアップが満載だった〝実用度〟の高い前作から3年ぶりのリリースであり、自身がプロデュースを務めた30代初の写真集でもある。 1月下旬発売の週刊誌『FLASH』では写真集の先行カットがグラビア掲載され、《大人な艶肌》とセクシーなフレーズが並び、わずかにハミ出た尻肉からは否応ない期待感が。 そしてその期待通り、ついに発売された写真集には、セクシーなランジェリーや水着、裸風のショットなど、前作に勝るとも劣らない実用度を誇るページがズラリと並んでいた。 思わず心の中で『そんなことないよ!』と言い掛けると、直後に『たわわに実ることに成功しました。 みんな褒めてくれる。 初めて〝胸〟と言える』とコメント。 今作ではバッチリ強調できたと明かし、続けて『最高傑作』『2億点満点』と自ら太鼓判を押しています。 ヌキどころ満載だと自信を持ってオススメしており、出来栄えには文字通り胸を張っているみたいですね」(芸能ライター) ネット上でも、イベントの様子や公開カットに対しては、 《定期的に自ら脱いでくれる女優》 《限りなく「清純派」の正解に近いルックス》 《この子ほんま最高》 《こんなん買うしかない》 《どうコンプレックスなんですか?》 《下着ブルーレイでたら箱買いする》 《これはヌかなきゃ失礼》 などという声が上がるほど大好評。 多くの男性にとって、女神や天使のような存在であることが分かる。 自らセクシーショットに挑戦し、「たわわに実ることに成功しました」「みんな褒めてくれる」「最高傑作」など、公認でお墨付きまで与えてくれた本仮屋。 発売日はバレンタインデーだったが、読者にとっては濃厚なホワイトチョコがたぎる一月早いホワイトデーとなったことだろう。

次の

本仮屋ユイカ“脱ぎまくり”写真集が実用度抜群!「ヌかなきゃ失礼」

本 仮屋 ユイカ 写真 集 2020

写真集『AIR』の発売記念イベントを行った本仮屋ユイカ 同写真集は本仮屋の第3弾となる写真集で、ハワイ島のキラウエア火山やマウナケア山などのパワースポットで撮影され、清純派で知られる本仮屋の後ろ姿のヌードショットなど今までにない開放的なカットが掲載されている。 ワンピース姿で登場した本仮屋は、「まさかこんな風になるとは思っていませんでしたが、写真集は気に入ってます。 やった事がないことにチャレンジしてみようと露出を多くしてみました。 最初はスタッフの前でそんな格好をするのは抵抗ありましたが、大自然のパワーとスタッフの真剣な思いに愛を感じて、殻を破って頑張りました」と笑顔でPRした。 企画段階から、"アートとして見せられる写真集にしたい"ということで服を脱ぐことは決まっていたそうだが、「何も着てない写真は1番不安だったのでカットたんです。 でも周りが女性のスタッフで、やさしさに救われました。 撮影が終わったら達成感と自分が新たな出発をするんだという気持ちになりましたね」とニッコリ。 また、「石の上に何にも着なくて寝そべったら、あったかくて……。 カメになった気分。 カメってこんな感じなのかなー」と話し、報道陣を笑わせた。 撮影の最終日に24歳の誕生日を迎えたという本仮屋は「ハワイは3回目だったんですが、大人のハワイは初めてで。 ハワイ島は、女神がいる島なんです。 迎えられてるような感じがしましたね」と大自然からパワーをもらった様子。 しかし、「マウナケア山の撮影では、空気が薄くて……。 元々せっかちな性格なので、いつもスタスタ行ってしまうんですよ。 皆に『ゆっくり、ゆっくり』って言われて気をつけてたんですが、ちょっと気持ち悪くなってしまいました 笑 」と撮影のエピソードを明かした。 最後には「今年は震災もあって、人生何が起こるか分からないと感じた。 自分は物事を発信できる立場にいるので、来年は皆さんに希望を持ってもらえる作品に出れれば」と抱負を語っていた。

次の

本仮屋ユイカの水着ちら画像がヤバすぎるw熱愛彼氏や妹は?整形の噂

本 仮屋 ユイカ 写真 集 2020

マジでエロ過ぎる!》 《おっぱい成長した? 大人の色気がハンパないね》 《目の保養になります。 おっぱいだけじゃなく、肌の張りも最高ですね》 《ナイスバディですねー。 ショートカットの水着姿も見たいナ》 など、歓喜の声が殺到している。 みんな褒めてくれる。 初めて〝胸〟と言える。 最高傑作。 2億点満点』と語るなど、成長した胸に自信満々の様子をみせました。 もしかしたら最近流行の〝育乳〟に精を出したのかもしれませんね。 もともと水着撮影には抵抗がなく、今回の写真集は通算5冊目。 回を重ねるごとにエロさもアップしています。 今後は映画でも一肌脱いでほしいところです」(芸能記者) 本仮屋は、2001年に『3年B組金八先生』(TBS系)の生徒役として注目を集め、05年にはNHK連続テレビ小説『ファイト』の主演を務めて全国区の顔になった。 しかし、その後はコンスタントにドラマや映画に出演するものの脇役ばかり。 32歳という年齢を考えれば、そろそろもう一段ステップアップしたいところだ。 「本仮屋は〝正統派女優〟というイメージが強く、それが無難な役回りしか来ない理由の1つでしょう。 本人は肌の露出を嫌がっているわけではないので、事務所の方針だと思います。 主役を張る女優になるためには、躊躇することなくフルオープンに踏み切る必要があるでしょうね。 同じ朝ドラ女優の二階堂ふみは、大胆な濡れ場を演じています。 ぜひとも見習ってほしいですね」(映画ライター) もうあまり時間はない! 決断を期待しようではないか。

次の