お 見舞い。 火事見舞いにおすすめの封筒・品物・会社での火事見舞いの方法

「陣中見舞い」か「買収」か 現金配布、趣旨めぐり攻防―河井前法相ら逮捕1週間:時事ドットコム

お 見舞い

親類縁故・近隣知己に死亡・病気・出産・家普請 ぶしん ・屋根替え・転居、さらには火災・水害・地震などの変事が生じた際に慰問すること。 訪問できぬ場合は「見舞状」を出すのが例であり、正月の年賀状、暑中・寒中の見舞状の交換もこうした見舞いの習俗のうちに生じた社交慣行である。 出産見舞い、病気見舞い、火事見舞いなど、その契機は生活変動の万般に及ぶが、一定の互助的交際規制がそこにはあって、いわゆる「義理づきあい」として欠くことができないものとされてきた。 とくに親類・師弟・隣人など古い伝統を負う人間関係の持続は、こうした「義理」を果たす見舞い慣習で保持されてきた。 とりわけ親族縁辺の結合はほとんどこうした「義理」としての見舞い慣行に依存してきたといってもよい。 「見舞い」には一定の「挨拶 あいさつ 文言」のほか、伝統的に決まった物品の贈答が付随していた。 とくに火事や転居には家具類、出産や病気には食品・衣類などと、地方ごとに古くは一定の規制があったが、しだいに金銭本位に変わり、交際の程度に応じてその金額に差等を設ける規制も生じた。 「見舞い」とそれに伴う「贈答」慣行は、いわば私的な社会保障制であり、久しく日本人の社交生活はこうした「義理」を果たす「見舞い」の慣行によって規制される面が多かったのである。 しかもその傾向は、今日の企業社会にもなお形を変えつつも引き継がれている。 [竹内利美] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について.

次の

お見舞いの封筒の書き方|表/裏/名前/金額・お見舞いの封筒のお金の入れ方

お 見舞い

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 梅雨が明けて本格的な真夏がやってくると、猛烈な暑さに襲われる日々が続きます。 毎日のように猛暑続きになった場合、暑さのために身も心も疲れやすくなりがちです。 真夏の暑さを乗り切るには、栄養の付くものを食べるのも大切ですが、暑中見舞いもまた改めて暑さを乗り切ろうという気持ちを起こさせてくれます。 このように夏の暑い盛りにやり取りする暑中見舞いですが、もし家が喪中の場合はやり取りしても問題はないのでしょうか。 確かに喪中といえば、忌中とともに控えるべきことが多いというイメージが一般的です。 仮に喪中の間も暑中見舞いのやり取りをしてよい場合、どのようなマナーを守れば良いのでしょうか。 そこで今回「終活ねっと」では、真夏の慣習である 暑中見舞いを、喪中にやり取りして良いのかどうかについて見ていきます。 暑中見舞いについては、夏ごろになると見聞きする方も多いでしょう。 しかし暑中見舞いとは、具体的にどのようなものなのでしょうか。 ここではまず、 暑中見舞いがどのようなものであるのかについて、簡単に見ておきましょう。 年賀状との違いとは? 暑中見舞いは、七夕の日でも知られる7月7日ごろから8月7日ごろに迎える 立秋にかけてやり取りされる、季節の挨拶状です。 挨拶状であるため、ハガキをやり取りする形が一般的にとられます。 季節ごとの挨拶状といえば、年賀状を真っ先にイメージする方もいるでしょう。 しかし年賀状は暑中見舞いとは異なり、新しい年を迎えたお祝いの意味が強いです。 このため喪中では、 年賀状のやり取りを差し控えるのが作法とされています。 年賀状についてさらに詳しく知りたいという方は、以下のリンクもご覧ください。 夏の暑さがピークになる時期にやり取りするのが暑中見舞いです。 では、もしどちらかが喪中である場合、暑中見舞いのやり取りをしても問題はないのでしょうか。 ここでは、 喪中の暑中見舞いについて見ていきます。 自分の喪中時に暑中見舞いは出していいの? まずご自身の家が喪中である場合は、知人や友人などに 暑中見舞いを送っても問題ありません。 喪中といえば、おめでたいことを控えるべきといわれることが一般的です。 一方で暑中見舞いはお祝いの挨拶ではなく季節の挨拶であるため、喪中であっても送ることに差し支えはありません。 ただし相手に暑中見舞いを送る際は、相手の 心配を和らげるような書き方をするのがおすすめです。 具体的には最近の近況を書くのも、1つの方法でしょう。 さらに故人のことを考えてなかなか暑中見舞いを送る気になれない場合は、 無理して送らなくても問題ありません。 喪中の人に暑中見舞いを出していいの? 一方で喪中の人に対して暑中見舞いを出すことについてはどうでしょうか。 こちらについても、暑中見舞いが季節の挨拶状である以上、 喪中の人に発送しても大丈夫です。 ただせっかく喪中の方に暑中見舞いをお出しするのであれば、 相手を気遣う内容の文言も入れると良いでしょう。 喪中にある方の中には、いまだ故人のご不幸に対する悲しみから立ち直っていない方もいるため、相手を慰めたり励ましたりします。 出産報告や結婚報告はしてもいいの? 人によっては暑中見舞いの中で、出産報告や結婚報告をする方もいます。 確かにおめでたいことを暑中見舞いで伝えたい気持ちは、多くの方が持っているものです。 しかし喪中の場合、 暑中見舞いで出産報告や結婚報告をしても良いのでしょうか。 自分が喪中の場合 まずご自分が喪中の場合は、暑中見舞いの中で 出産報告や結婚報告をしても問題ありません。 ただし受け取り手によっては、喪中という弔事と出産や結婚という慶事が一緒に重なることに、不快感や非常識さを覚える方もいる点に注意です。 このため故人の葬儀に参列した方に対してではなく、あくまでも故人と直接関係のない方に対して報告するほうが無難といえます。 なお故人に直接関係のない方に対して出産報告や結婚報告をする際は、喪中であることに触れず、 相手を気遣う文言と出産や結婚の報告だけを書くのがおすすめです。 喪中の人に送る場合 一方でご自身が喪中である場合以上に気遣いが必要なのが、相手の方が喪中である場合です。 ただ暑中見舞いは基本的に、相手の体調に気遣うことと近況報告をすることが目的とされています。 このため相手の方が喪中の場合でも、暑中見舞いで 出産報告や結婚報告しても問題ありません。 ただしいくら喪中でも、相手の方によっては故人のご不幸を悲しんでいるケースもあります。 このため出産報告や結婚報告を大々的に記すのではなく、 追伸など軽く書き添える形で記すのがポイントです。 軽く書き添えることで、相手の方の気持ちに配慮しつつ、伝えたいことは伝えるという形をとることができます。 加えてハガキのデザインも明るく派手なものではなく、 地味で目立たないものを選ぶと良いでしょう。 喪中の際の妊娠報告についてさらに詳しく知りたいという方は、以下のリンクもご覧ください。 ご自身が喪中の状態で真夏を迎えた際、暑中見舞いやお中元をいただくこともあるでしょう。 特にお中元については、日ごろから付き合いのある方が「毎年お世話になっているから」という理由で送ってくることも多いです。 喪中であることを理由にいただいた暑中見舞いやお中元を送り返すのは、あまり気が進まないことでしょう。 ここでは喪中で 暑中見舞いやお中元をいただいた際、どのようにすれば良いのかについて見ていきます。 暑中見舞いを貰ったら返事はするべき? まず喪中に暑中見舞いをいただいた場合から見ていきましょう。 基本的に喪中であっても暑中見舞いをいただいたら、 普通に返事をして大丈夫です。 喪中である場合、返事の内容は送る相手によって異なってきます。 例えば故人の葬儀に参列した方や遠方から香典をいただいた方に対しては、そのことに対するお礼をしたためると良いでしょう。 一方故人と直接関係なく、葬儀に来てもらう間柄でもない場合は 一般的な返事をして大丈夫です。 お中元を貰ったらどうすればいい? 真夏といえば、暑中見舞いとともにお中元のやり取りをする時期でもあります。 もし 喪中の間にお中元をいただいた場合、どのような対応をすれば良いのでしょうか。 お返しはするべき? まず喪中にお中元をいただいた場合は、 普通にお返しをすると良いでしょう。 お中元のお返しをする際は、やはり品物をお贈りする形が一般的です。 なおお返しの際に選ぶ品物の金額相場は、いただいた品物の半額程度でお返しします。 ただしいただいたお中元の宛先が故人の場合は、 いただいた品物と同じくらいの価値のものでお返しするのが作法です。 お礼状を書いたほうがいいの? 喪中であってもお中元のお返しをする際に お礼状を添えることは欠かせません。 喪中の場合にお礼状を添える際は、以下のような構成でしたためると良いでしょう。 暑中見舞いとは真夏の時期から立秋にかけてやり取りされる季節の挨拶状で、年賀状のようにお祝いの意味もないうえ、残暑見舞いよりも前の時期にやり取りされる。 暑中見舞いは、ご自身が喪中の場合でも相手が喪中の場合でもやり取りして問題はないが、出産報告や結婚報告をする場合は控えめにすると良い。 喪中に暑中見舞いやお中元をいただいた場合、いずれも返事やお返しをしても問題はなく、特にお中元のお返しについてはお礼状も添えてお贈りする。 暑中見舞いを書く際は、暑中見舞い申し上げたり相手の健康を気遣ったりする文言、近況報告、結びが基本的な構成になるが、送る相手によって書き方が異なってくる。 暑中見舞いはあくまでも真夏の時期にやり取りする挨拶状であるため、喪中の場合でも普通にやり取りして大丈夫です。 ただし相手の方が喪中の場合は、相手の方の気持ちにきちんと気遣うことが大切といえます。 喪中見舞いのはがきについてさらに詳しく知りたいという方は、以下のリンクもご覧ください。 今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

「陣中見舞い」か「買収」か 現金配布、趣旨めぐり攻防―河井前法相ら逮捕1週間:時事ドットコム

お 見舞い

ご親族には 身内へのお見舞いは、質が良く、実用性の高いものを贈りましょう。 果物やパジャマなどがおすすめです。 既にあるものを贈って困らせてしまう場合もあるので、事前にリクエストを聞いてから、お見舞いの品を購入するのもいいかもしれません。 ご友人には 友だちには、あまり負担にならないよう、気軽に消費できるお見舞い品を用意しましょう。 さくっと食べられる、スイーツ・お菓子がよいでしょう。 あるいは、仲の良い友人と一緒に寄せ書きなどメッセージのギフトをお渡ししてもいいですね。 上司や目上の方には 恩師や会社の上司等に贈るお見舞い品は、失礼にあたらないように注意したいもの。 当たり障りがない品としてはお茶が挙げられます。 通常のお見舞いではお金を包むことも多いですが、「援助」といった誤ったニュアンスが伝わることを避けて、目上の方へはギフト券やカタログギフトがよいでしょう。 同僚には 職場の方には、あまり個性的なギフトはおすすめできません。 より安定感のあるギフトを選びましょう。 花瓶に活ける必要がない、フラワーアレンジメントは代表格の一つです。 また、贈るお相手の食が細くない場合は、日持ちが良く、貰っても困りにくいゼリーなども検討してみましょう。

次の