おさるの歌 歌詞。 おさるのうた「セイカツ」MV構想|そらの|note

【おかあさんといっしょ】からだ☆ダンダンの歌詞を書き出してみた!

おさるの歌 歌詞

ゴム跳びとは? 昔に流行った子どもの遊び 現代の大人たちが子どもの頃は外で遊ぶことが多く、その中の一つに「ゴム跳び」がありました。 住んでいる地域によってルールや呼び方も異なりますが、長く連ねた輪っかになっているゴムを使って、基本的には3人以上で行う遊びです。 もちろん、工夫をすれば1人や2人でも遊ぶことができます。 ゴム跳びは、地域によっては「段跳び」とも呼ばれています。 名前は異なっていても、遊び方やルールはほとんど同じです。 ゴム跳びをするにはゴムを両サイドで持って固定する必要があるのですが、人数が少ない場合は木や棒、室内なら椅子や机の脚にひっかけて遊ぶことができます。 使う物はゴムだけなので、室内でも屋外でも遊べますし、遊び方次第では大人も子どもも楽しめる素晴らしい遊びです!限られたスペースで遊べるので、場所に困りません。 ゴムなら100円ショップでも購入できますから、程よい長さになるまでゴムを結んでいき、遊んでみましょう。 作り方については後ほど解説していきますね。 ゴム跳び(段跳び)のルール ゴム跳びのルール1つ目は3回失敗したら持ち役を交代することです。 人数が足りない時は公園の遊具や柱にゴムをひっかけて遊べるため、一人でもできることから、家でゲームをするよりもずっと体に良く、飛び方次第ではかなり体力を使います。 大人の体力で挑戦してみると、ものすごい運動量になります。 ゴム跳びのルール2つ目は「レベル」です。 レベルとは、最初はくるぶしのと同じ高さの初級からスタートし、ゴムの高さをどんどん上げていくことです。 初級を全員クリアしたら、次は中級で膝の高さまで上げます。 中級の次はお尻と同じ高さになり、どんどん難易度が増していきます。 遊びというより、オリンピックの種目のような「レベル」というルールですが、他にも飛ぶ順番、飛び方はどうするか?を皆で相談して決めることができます。 いかにゴムを揺らさず、上手に飛べるか?を競うのも面白さの1つです。 やり方は「グー・パー・グー・踏む・パー・ねじる・グー・飛んで一歩出る・足に引っ掛ける・後ろに下がって飛ぶ」です。 グーパーグーという名前だけあって、チョキが入る地域のルールもあれば、グーの代わりに片足跳びにするルールもあります。 片足跳びはバランス感覚がないと上手く飛べないため、両足で飛ぶよりも難しいです。 みんなが飽きてきた時、ゲームを盛り上げるのに使うのも良いでしょう。 グーパーと足を開いたり閉じたりするのも、かなり体幹を使います。 子どもも大人も体力をつけるにはかなり効果的だと思います。 「グーパーグー」を盛り上げる時に、歌を入れてみるのも楽しさが倍増するようです。 歌も地域によってバラエティが豊かなようですが、ここでは「キャンロップの歌」を紹介します。 ゴム跳びの遊び方2つ目はノータイムです。 ノータイムは基本的に足を引っかける技が多く、難易度はかなり高いです。 クリアしたら、高さを上げていくというルールなので、上級者向けともいえます。 頭も体も使うので、体があたたまり、冬には特におすすめの遊びです。 一人ずつ飛んでいくのも面白いですが、家族連れで集まって遊ぶなら親子でチームを組み挑戦していくのも面白いです。 子が失敗したら親が体を張って飛び続けます。 より長い時間上手に飛んでいられた方の勝ち!と決めて遊ぶのも良いです。 ノータイムは地球や人工衛星と名付けられた飛び方もあります。 下記の動画ではノータイムの飛び方を紹介していますので、チェックしてみてくださいね。 ゴム跳びは基本的にリズミカルに跳ぶ遊びなので、歌に合わせて飛ぶことができます。 昔はCMの歌さえ遊び歌の1つになっていたようですが、初心者には「カエルの合唱」や「おさるのかごや」など歌いやすいものがおすすめです。 歌い終わった人から抜けていくのも面白いですね。 この他にも、「春の小川」や「アルプス一万尺」、「走ろう仔馬よ」など様々な歌があるので、皆が好きな歌を選ぶのも良いでしょう。 「おさるのかごや」のように、大人も子どもも皆が知っている歌だと、さらに盛り上がりますね。 ちなみに、10回飛んだことを数える面白い歌があります。 10を数える面白い歌• 1いちじく• 2にんじん• 3さんまの• 4しっぽ• 5ゴリラの• 6ろっこつ• 7菜っ葉• 8葉っぱ• 9腐った• 10豆腐 単語の冒頭がちゃんと数字になっていることに気が付きましたか?子どもは面白い歌だとさらに盛り上がるかもしれませんので、こんな歌を使うのも良いでしょう。 ゴム跳びでおさるのかごやの歌とは? 「おさるのかごや」はゴム跳び(ゴム段)の有名な歌 「おさるのかごや」はゴム跳びの中でもとても有名で、昔から親しまれている歌です。 「えーっさえーっさえっさほいさっさ、おさるのかごやだほいさっさ」という歌詞に合わせてゴム跳びをします。 歌詞やメロディーをよく知らない方は、上記の動画で聴いてみて下さい。 子どもとおじいちゃん・おばあちゃんも一緒に楽しめる! 「おさるのかごや」は、昔から手遊び歌としても親しまれてきました。 そのため高齢者にも親しみがあることから、高齢者向けの脳トレとしても使われています。 高齢者には歌いながら手拍子を打ってもらい、子どもはそれに合わせてゴム跳びをしてみると、お互いに楽しむことができて良いかもしれませんね。 おさるのかごやは、JR小田原駅の東海道線ホームの発車メロディーにもなっています。 市民からの提案がきっかけだったこともあり、国民にとても親しみのある曲だということが分かります。 実際の歌詞には「小田原提灯ぶらさげて~」と歌われており、小田原にもなじみのある歌のようです。 小田原では「えっさホイおどり」という、おさるのかごやに関連したイベントも行われており、日本国民から愛されている曲であるため昔の遊びとも切っても切れない理由が良く分かりますね。 ゴム跳びのゴムの作り方は? 「ゴム跳び」用のゴムの作り方 ゴムの作り方にも色々ありますが、100均のもので安く済ませたり、カラーゴムでかわいい色合いにするのもアリです。 輪ゴムを使うとすると、だいたい50個で120メートルくらいのものが出来上がります。 「ゴム跳び用」ゴムの作り方• 1輪ゴムを2つ重ねて持ち手を作ります。 2重ねた輪の中に、さらにゴムを通して引っ掛けます。 3新しくできた輪の中に次のゴムを通します。 通したら折りたたんで、同じように新しくできた輪の中に次のゴムを通します。 これを何度も繰り返してください。 4作りたい長さに仕上がったら、反対側の持ち手を作ります。 ほどけないよう、最後はゴムを2つ重ねてしっかり結びます。 ゴム跳びとゴム作りの効果 ゴム跳びで使える飛び方・技3つ目はゴムくぐりです。 これは小さなお子さんの方が得意かもしれません。 段を下げるごとに難易度が上がるので、飛ぶのに飽きたらくぐってみましょう。 くぐり方にルールはないので、皆で話し合ってルールを決めるのも面白いと思います。 例えば、くぐり終わった後は何かポーズを取ること!なんてルールにしても面白いですね。 特に小さいお子さんであれば表現遊びにもなりますので、くぐり終わったら仮面ライダーのポーズやってみよう!と提案してみてはどうでしょうか。 くぐり方プラス表現遊びで、楽しさは倍増です。 「おさるのかごや」に合わせてダンスをしながらくぐる、というのも面白い提案かもしれません。 また、歌が終わるまでにくぐり終えてみよう!というルールも臨場感があってワクワクしますよね。 おさるのかごやを歌いながらゴム跳びに挑戦して遊びにレパートリーを!.

次の

童謡・唱歌 お猿のかごや 歌詞&動画視聴

おさるの歌 歌詞

こんにちは! 元動物病院で看護師をしていた経歴を持つのんです! ハムスターのこ... 16,169ビュー• こんにちは、のんです。 Eテレのおかあさんといっしょでは4月から新しい体操のお兄さん... 11,248ビュー• こんにちは、のんです^^ 月末は再放送ばかりで『おさんぽマーチ』にも飽きて来た頃合で... 3,904ビュー• 3,730ビュー• こんにちは、のんです。 2,890ビュー• こんにちは、のんです^^ ミライクルクルに次いで、あつこお姉さん・ゆういちろうお兄さ... 2,875ビュー• こんにちは! キンクマ大好き!のんです! ゴロンと大きくて、優しい色と顔立ちの... 2,463ビュー• こんにちは!のんです^^ 待ちに待った7月の歌が追加されました! 6月はカマキ... 2,421ビュー• こんにちは、まことお兄さんにドはまりしているのんです。 新しい体操のお兄さん まこと... 2,178ビュー• こんにちは、のん y4250707n です! ゆういちろうお兄さんは妖怪博士になり... 2,028ビュー.

次の

アイアイ

おさるの歌 歌詞

ストーリーは、人間と暮らしているおさるのジョージが、いろいろとやらかすも、自分なりに経験しながら成長?していくお話です。 ジョージは人間の言葉を聞いて理解できますが、話すことはできません。 アニメ上でも、「ウッホウッホホ」みたいな感じです。 ジョージが話せないので、子供はジョージの周辺事情から物語を理解するので、子供なりに頭を使っているかと。 歌詞が刺さる 歌詞が子供向けなのに刺さります。 知らないことにであって興味があれば調べたり、その方面の情報を仕入れます。 大人になるにつれて知らないこと、分からないことがあっても、興味がないフリしたり知ったかぶりしちゃうことは止めたいなと。 興味ある方向、進みたい方向に熱量込めて進んでいます。 ひとまずやってみて、なんかしっくりくれば続けますし、合わないと感じれば距離を置きます。 何事も挑戦かなと。 バックオフィス(管理系)の職種の人は、変化を面倒と思うことが多いように見受けられました。 「うーん・・・まあやるか・・」みたいなことが私自身も多かったです。 受け身と思われてしまうかもしれません。 それでも、スイッチを入れ替えて仕事していました。 得たこともあります。 簡単に言ってしまえば、やったもん勝ち!ということを体験できたのが大きな財産となっています。 何事も変化するもの 人も組織も常に変化していくものだと思っています。 先日、上場子会社経理時代の元上司(上場会社の経理に再就職)とランチした際、「半年会わないだけで会社も結構変ったんだね」と仰っていました。 私が独立したことが一番の変化だと感じていたようです。 子供も半年まえの写真や動画を見ると色々と成長しています。 私自身も考え方に変化があるものの、これでも以前に比べ少しづつ成熟しているでしょう。 変化を楽しめるフィールド(独立)に立てたことは、さらに成熟することでしょう!(と言っておきます) 【編集後記】 ディズニーに旅行でした。 PCを持って行っていたのでメールの返信などの対応できました。 フットワーク軽く活動していきます。

次の