仕事 が できる 人 の 特徴。 仕事ができる人3つの特徴は「スピード・巻き込み力・ユーモア」だ

飲み込みが早い人の特徴は?仕事ができる人になる方法もチェック!

仕事 が できる 人 の 特徴

Headline• 仕事ができる人の定義 これから挙げていく「仕事ができる人」とは、周囲に評価され、きちんと結果を出している人のことです。 その結果というのは、イコール成功だけではありません。 別に失敗したってかまわなくて、むしろ失敗の経験がない人はこれから大丈夫かなと心配になります。 成功しか知らない人はどこかで破綻しますので。 よくいう、エリートが挫折を味わうのに近いですね。 負かされた経験がないので、大人になるほどガツンとやられたときに立ち直れなくなってしまう可能性が大きくなります。 前置きはこのぐらいにして、さっそく特徴を見ていきましょう。 仕事ができる人の特徴6つ 時間管理ができており、常に目標を掲げている ものすごくつまらない単調な仕事を与えたときに、大きく2つのグループにわかれます。 自分で目標時間を定め、効率よくさばける方法を考える• 与えられた仕事をダラダラとこなす。 時間は関係ない 時間制限を課さない場合はなおさらハッキリと違いが出ます。 前者はこちらが想定している時間以内か、それより早く仕事を終えます。 途中で、あとどれくらいでできるかを聞いてもすぐに答えが返ってくる。 一方、後者はたとえ就業時間内に終わらなかったとしてもそのまま帰ります。 とりあえず時間を消化すれば給料がもらえるという考え。 効率よく作業できる方法を教えても、なぜそれが必要なのか理解できません。 どちらが仕事ができるタイプなのか、言わずもがなです。 常に時間と目標を考えながら行動するなら、与えられる仕事の質も量も多くなっていきます。 残念ながら、できすぎる人は立場が上になっても自分で行動してしまいがちなんですけどね。 参考 1を聞いて10を知る 理解力というか、理解するまでの過程は人それぞれ。 ですが、仕事ができる人はまず本質を理解しようとします。 そのため、最後まで教える必要はありません。 ただし、すべて独断でこなすのではなく、ホウレンソウがきちんとできています。 どんな仕事であれ、それが自分のためになると考える人は成長スピードが速いですね。 与えられた仕事に対して、自ら計画を立て、実行し、結果を見て改善点を探る。 そして、それを次につなげていくPDCAサイクルがしっかり回っている人は、経営者にとって心強い人材となります。 『できない』が口から出てこない 一見達成が困難なように思える仕事を与えた場合、今までとはまったく違った視点から物事を進めようとする場合、ほとんどの人は『できない』が先に出てきます。 口先に出てこなくても、上司がやれと言ったから、どうせできないのに社長が言ったから、と周囲に愚痴をこぼしたり、結果に対して責任を負うことはしません。 無理難題を押し付ける上司もいるかもしれませんが、「やるか、やらないか」が見られているだけかもしれません。 そうすることでしか評価できない人もたくさんいます。 どうすればできるだろうか、をまず考えるようになれれば仕事はスムーズに運びます。 やりもしないで既存のシステムのなかでぬくぬく守りの姿勢を貫いているなら、とても仕事ができる人とはいえません。 ミスはきちんと報告する 仕事上でなんらかのミスがあったときに、上司に叱られることを嫌って隠してしまう。 その結果、上司が気づいたときには手遅れの状態になってしまいます。 ミスに気づいた時点で報告を怠らなければ、取り返しのつかない事態になる前に対処することができます。 ハインリッヒの法則のように、重大な問題が起きる陰にはたくさんのミスが潜んでいる。 何がどう問題なのかすら理解できない人もいますが、事実を隠蔽しても後に必ずバレます。 ハインリッヒの法則 重大事故の前には29の軽微な事故があり、その陰には300のヒヤリ・ハットがあるというもの 他人の成功と失敗を学びとする 仕事ができる人は、常に学ぶ姿勢を崩しません。 自分の成功と失敗はもとより、それが他人のものであっても何かを学びとろうとします。 多くは、他人が成功したら妬み、失敗すれば嘲笑うものですが、それは自分にとって何のプラスにもならないことをよく知っています。 なぜ成功したのか、なぜ失敗したのかを知ることが大切なこと。 そして、他人の幸せを心から喜び、不幸を一緒に悲しめるなら、自然と周りに人が集まってきます。 成長しつづけるための自己投資を惜しまない まとめてみれば、自分が成長するために日々学び努力している人は仕事ができます。 たとえどんな仕事であろうとも意義を見出し、研鑽に努めている。 そうして成長を続け、そのための自己投資を惜しまない人は独立しても成功していますね。 自己投資のなかには人脈づくりも含まれていて、会社の看板にたよらない「自分」をきちんとアピールしています。 一方で、会社に守られ、そのなかで不平不満を並べ、好きなことを仕事にしたいんだと出ていく人で成功している人はいません。 会社という組織のなかで頭角を表せない人が、一本立ちして成功できるほど世の中甘くない。 それはただ現実から逃げているだけですから。 たとえ好きなことが仕事にできても、理想とギャップが大きすぎて嫌いになるかも。

次の

飲み込みが早い人の特徴は?仕事ができる人になる方法もチェック!

仕事 が できる 人 の 特徴

向上心の塊、人付き合いがうまいなど実際にできる人はどこが違うのか?「仕事のできる人」の特徴を知って、明日からの行動を変える! 「〇〇さんは仕事ができるなあ」「仕事のできる人になりたい」。 ビジネスパーソンであるならば、そう思ったことがある人も多いのではないのでしょうか。 さらに、「仕事のできる人はもともとの能力が高い人」「性格的なものだから自分では無理」なんてあきらめていませんか。 そもそも「仕事のできる人」とはどのような人のことを言うのでしょうか。 早くにレスポンスをくれる人、営業成績を上げている人、顧客の希望通りの提案を設計できる人、関係者を配慮したうえで、協力して仕事を進めていける人。 具体的な例を挙げるとたくさんありますが、それらを整理すると仕事ができる人、というのは、「相手の求めることについて期待以上の成果を出せる人」であり、「最低限、人に嫌だと思われる行動をしない人」と言い換えることができます。 ここでは、その定義をもとに、「仕事のできる人」の特徴をご紹介します。 もともとの性格や、生まれ持った能力だけではなく、その特徴を「技術」として知り、実践し、習慣化していけば、「仕事のできる人」になることはできるのです。 外見・見た目・雰囲気の特徴 「仕事ができるひとの見た目」というのは、服装に気を配っているものです。 ここで勘違いしないでほしいのが、「服装に気を使っている」=「おしゃれ」というわけでないということです。 いいブランドのスーツを着こなしている、こだわりのお店で全身フルオーダーで仕立ててもらっている、香水をつけている…どれも確かに「服装に気を使っている」といえますが、仕事ができる人についていうと、そうではありません。 仕事ができる人の見た目のポイントはシンプルに2つです。 「清潔感」と「TPO」です。 清潔感 ビジネス上でやり取りをする際に、髪の毛がぼさぼさだったり、シャツがよれよれだったりすると相手に不快感を与え、「だらしない相手」と受け取られます。 どんなにいい提案をしても、見た目で損をしてしまいがちです。 清潔感があるように見られるためには、次のようなポイントを意識してください。 髪を整えている• シャツを洗濯し、アイロンをかけている(もしくはクリーニングに出している)• 体に合ったスーツを着ている• スーツが汚れたり、たばこなどのにおいが染みついたりしたまま着ていない• ハンカチを持ち歩いて汗をこまめにふいている• 靴を磨いている• 鞄の中身は必要なものだけで、都度入れ替えている• 爪は伸びすぎない程度にそろえている• (女性の場合)ストッキングの伝線に気を付けている TPO 働く業界や、仕事を行う場所によって、必要な服装は変わってくるものです。 例えば、クリエイティブな仕事をしているという人で、職場の服装は自由と言っても、顧客先が固い業界であれば、顧客先訪問時は、その業界に合わせた服装で訪問すべきです。 工場などがある先では、当然ながら汚れても問題ない(といっても、よれよれの服で行くのではなく、簡単に洗えるという意味です)服装で行く、女性であればヒールではなくフラットな靴を履き、パンツスーツで行くなど、要は「機能性」を重視した服装でいく、といったことが求められます。 こういったことから、TPOにあった服装とは、各ビジネスの場に適した服装となるので、結果的に仕事がしやすい服装、ということになります。 以上から、「清潔感」「TPO」は、いずれも、「一緒に仕事をする相手」に配慮していることにもつながり、相手にとっていい印象を与えます。 行動・習慣の特徴 仕事のできる人の行動や習慣で代表的な特徴です。 目的と不明点を確認したうえで、スピーディーに行動する 仕事のできる人の特徴としてあがるのは早く、正確な仕事をする人です。 仕事が早くても、アウトプットされた結果のクオリティが低いと、仕事ができる人とは言えません。 求められる以上のクオリティを出すために、仕事ができる人は、その仕事の目的を明確にしてから仕事に取り掛かります。 そのために、思い込みで仕事を進めるのではなく、不明点についてはクリアにし、その目的に向かって仕事を進めていきます。 相手の話をよく聞く 仕事ができる人は、仕事を依頼してきた相手の話をまずはよく聞きます。 時に、話を聞いていくと、依頼者自体が仕事の目的を把握できていないということもあり得ます。 そうなると、取り組んだ仕事のアウトプットを結果的に何度もやり直すということにもなります。 そういったずれを起こさないためにも、仕事ができる人はまずは相手の話をよく聞くのです。 全体像をとらえ、時間配分を決める その仕事がどのくらいのボリュームで、どのくらいの時間がかかるのか。 仕事ができる人は、仕事を依頼された時点で仕事の全体像を思い描き、プロセスを考え、時間配分を想定します。 依頼者の希望に沿い、かつ、クオリティを下げない適正なスケジュールを組むように考えることができるのです。 考え方・口癖の特徴 仕事のできる人の考え方や口癖には、次のような特徴があります。 「どうしたらできるか」 よく仕事を依頼されると、色々な理由で断ろうとする人、周りにいませんか。 できない理由を考えるのはとても簡単です。 仕事のできる人は、何か仕事を進めるうえで困難な状況があったとしても、「どうしたらその仕事ができるか」という解決策を考えます。 仕事のできる人は、常に「問題解決型」の思考を持っています。 そのため、口癖も自然と「どうしたらできるか」という前向きな言葉になります。 「目的は」「そもそも」 「2」の行動・習慣でもお伝えしましたが、仕事のできる人は、まずその仕事の目的を明確にします。 さらに、仕事が進んでいくと様々なことが原因となり、本来の仕事の目的とぶれてきたり、仕事に余計な尾ひれがついてしまったりすることがあります。 そのような時、仕事のできる人は、必ず原点に立ち返るため、目的は何だったのかを考えます。 そのため、仕事のできる人はよく「そもそも…」「この目的は…」といったことを口にします。 仕事上の議論で論点がぶれそうになったとき、こういった言葉で流れを変えることができるのも仕事のできる人の特徴です。 「結論は」「〇個あって…」 人と話をする際に、長々と話が続き、この人はいつ話を終えるのだろう…と思う人っていますよね。 仕事のできる人は、話をする際に必ず結論や、話すべき項目の数を明確にします。 そうすることで、聞き手が何についてどのくらい聞くのかを事前に把握することができ、話の内容について理解しやすくなるのです。 性格の特徴 冒頭で、仕事のできる人になるにはもって生まれた性格だけではないとお伝えしましたが、強いて性格的な特徴をお伝えすると、「前向きさ」というところにあります。 ここでいう前向きさは、特に明るい性格になる、ということではなく、「3」の口癖にもあったように、「どうしたらできるか」という思考ができるかどうか、ということです。 前向きに物事をとらえることができる人は、自然と「どうしたらできるか」「やってみよう」という姿勢で仕事に取り組めるため、必然的に仕事ができる人に多い性格といえます。 ただし、「どうしたらできるか」というのは、あくまで「考え方」なので、もしあなたが仮にネガティブな性格だとしても、考え方の癖をつければ、仮に前向きな性格でなかったとしても、仕事ができる人と同じように思考ができるようになるため、心配しないでくださいね。 人との関わり方の特徴 仕事をしていく中で、人との関わりは切っても切れないものです。 仕事のできる人は、次の3つの特徴があります。 感情的にならない 仕事上でやり取りをする際に、すぐ感情的になる人、いますよね。 そういった人とは直接やり取りをするのも当然嫌ですし、周囲でそのやり取りを聞いていても不快な思いになるだけです。 仕事のできる人は基本的に職場で感情的になりません。 感情的になることが、仕事を進めていく上で何ら意味がないことを理解しているからです。 仮に相手が横柄だろうと、言っている内容が理不尽だろうと、感情をコントロールし、状況を論理的に整理します。 割り切る 「感情的にならない」にも少しつながりますが、仕事のできる人は、ある意味仕事上の人間関係を割り切っています。 ドライな関係でいるというわけではなく、あくまで仕事上の関係性であることを念頭に、程よい距離感で付きあうのです。 仕事上の関係の人は、私的な関係性があるとやりやすいというメリットもある反面、感情的にもなりやすいというデメリットもあります。 仮にある程度仲良くなったとしても、あくまで仕事は仕事、と割り切ったスタンスで付き合うのが仕事のできる人です。 最低限相手の立場を尊重する 例えば仕事上で細かい指摘をしたり、理不尽なことを言ったりする人がいたとします。 人によっては、「あの人はほんと細かい性格だ」「いつも無理ばかり言ってくる」というとらえ方で「人」に焦点を置きますが、仕事のできる人は、相手の「立場」に焦点を置きます。 「あの人は経理担当だから、経理の目線だとここを気にしないといけないのかな」「社長命令を受けていってきているのかな」と、相手の立場を考えて付き合うため、自然と人とのやり取りがスムーズになる人が多いというのも特徴の一つです。 仕事上で人と関わるときに、根本的なスタンスとして、相手の立場を理解し、尊重した上で相手と付き合うのです。 そして性格が男!という印象がある方だと思います。 役職がつくと、下からの意見が上がってくる、また上からの指示もでる大変な立場かと思いますが自分の意思を曲げず、ブレずに対応が出来なければ出世は難しいのではないかと思っています。 仕事をしていると世の中には優柔不断な男性がとても多くいるんだなと思うことがあるのですが、仕事のできる方は決断も早く、相手をヤキモキさせずに指示出しができるんだなと思います。 なかなか多くないですが。 既婚、未婚がどのくらい関わってくるかはわからないですが、既婚者の方はそれなりの覚悟を決めて結婚をしているってこともあるので、意思や意欲に関しては未婚の方よりも強いのかなと思います。 男らしさの面も重要で、最近は強い女性も増えてきているので、そういう女性にも屈することなく部下を引っ張っていくという強い面を見せてくれるというのも一つのポイントかと思います。 感でそう思っているわけではなくて、みんな共通の特徴があることに気づきました。 まず、まっすぐな人間が多いということ。 具体的には、1つの物事に対して実直に取り組めるかどうか。 物事に対して様々な角度から捉えることができるかどうか。 人の話や意見を素直に聞き入れることができるかどうかということです。 これら簡単そうに見えて意外とできていない人が多いのでかなり差がでる部分ですね。 会社勤務にしても、与えられた仕事をただこなしているだけではなくて自分で工夫しながらやる人間は出世します。 自分の限界を超える努力をしているからこそ、上へ上へ登っていけるのです。 自分が今どういう状況なのかということを冷静に分析し、良いところは伸ばしてダメな部分は修正して変えていく力が自然と備わっています。 そういった人は、見ていてすぐわかりますし、オーラが出ています。 飲食業で接客も行う私の仕事は仕事の内容が多岐にわたり、入社数年で店長を任されるようなそんな会社なので、かなりの離職率です。 その過酷な状況の中、私が辞めずにいるのは上司のお蔭でもあるのです。 従業員の9割をアルバイトが占める中、上司のすごい所はアルバイトとして働く人たちの特性を良く理解しているということです。 シフトの組み方も、後に教えていただいたのですがどういう組み合わせのメンバーで行うとお店の流れがスムーズに流れるという事を考えてシフト組みを行っていました。 また、アルバイトは女の子が多いので元気がない時には「大丈夫?」と声掛けしたり、おやつを買ってきたりと本当によく人を見ていると感じました。 私の上司は、周りをよく見て適材適所に人事を配置する能力がある人であり、自分が前へ前へというタイプではないですが、天性の人たらしと言うべきか、自然と人が集まりスムーズに仕事が終わるような仕組みを作っている人だと思います。 その特徴を一言で表すと「右脳も左脳も使える人」。 例えば、アイデアを一緒に考えていると手元にある紙にさらっとみんなが出した案を図式化して示してくれます。 そして、それを企画書にまとめるうえで必要な理論立てを的確に行います。 転職を何度か繰り返して独立した人ですが、それまでの職場でも評価されてきたと周囲から聞き、納得させられました。 ただ単に本人の仕事の技量が高いだけではなく、人をまとめる能力にも長けているように思います。 人に何かを依頼する時にも要点をまとめて整理してから説明をはじめるので、相手に余計な負担をかけません。 しかも、人当たりが良いので周囲にいつも彼を慕う人が集まります。 私自身、何度も一緒に仕事をしてきましたが不快な気持ちにさせられたことは一度もありません。 例え、ちょっと厳しい仕事内容でも、依頼や説明の仕方で取り組み方も成果も大きく違ってくるように思います。 彼の仕事ぶりは周囲の力を最大限に引き出せるもので、いつも尊敬してしまいます。 しっかり立ち止まり、笑顔で元気良く挨拶ができます。 そして、外見にもとても気を使っています。 子どもも居て忙しいのに、程よくマツエクをしていて、服装も品がいいです。 話し方も丁寧で、年齢関係なく誰にでも、笑顔でコミュニケーションを図っています。 会社の飲み会等でも、色んな人と話をして、気遣いがすごくできます。 社員一人一人の良い所を知っていて、ダメ出しをするのではなく、まずは褒めることをします。 褒めて伸ばそうとします。 そして、改善した方がいい場合は、少しずつその改善した方が良い所を言うように感じます。 自分の話ばかりするのではなく、まずは相手の話を聞く。 聞き役に徹しています。 立ち振舞いがいつも堂々としていて、仕事に対する姿勢も真面目。 困った事があり、相談したりもするがいつも熱心に聞いてくれて、都合が合わない時等は電話でも親身に聞いてくれます。 仕事のできる人と周りに思わせるコツ それでは、どうしたらあなたが「仕事のできる人」だと周りに思ってもらえるでしょうか。 今までお伝えした仕事のできる人の特徴を真似すればいいのですが、いきなり全部は無理なので、まずは次の4つの具体的な行動を心がけてみてください。 時間を守る 社会人としてとても簡単で、でも一番重要なことが「約束の時間を守る」です。 業務開始時間、提案書や製品などの納期、会議の開始時間、訪問時間、書類の提出期限。 ビジネスには多くの期日があります。 その期日を守ることは、周囲からの信頼を得ることにもなります。 どんなにいい提案をしても、期日に間に合わなければそれだけで完全に仕事としてはアウトです。 また、せっかくアポイントをとれても、訪問時間に遅刻したらそれだけで相手のあなたへの心証は悪くなります。 まずは、すべてのことにおいて、「時間を守る」ということを意識づけてやってみましょう。 机周りの整理整頓を心がける 机周りの汚い人は、それだけで頭の中が整理されてないように周りからは見られます。 また、整理整頓がなされていないと、探すだけで時間が過ぎてしまい、結果的に仕事時間のロスへとつながります。 まずは、机周りの不要な書類を捨てたり、ものを置く場所を決めたりして、整理整頓を行いましょう。 メールのレスポンスを早くする 受け取ったメールへの回答に時間がかかりそうで、返信をしないでいたら相手から督促が来てしまった…ということはないですか。 回答に時間がかかりそうでも、まずは一言受理連絡をしましょう。 さらに、「回答まで〇日いただきます」まで伝えられれば、メールを送った相手も安心します。 メールのレスポンスが早い=仕事が早いという印象になります。 話す前に整理をし、結論やテーマの数を伝えた上で話をする 上司への報告や、仕事上の関係者とのやり取りで、ばらばらと思いついたことを整理せずに話したりしていませんか。 話す前に、いったん何を話したいのかをメモでいいので書き出しましょう。 「できる人の口癖」でもお伝えしましたが、ここでのポイントは話したいテーマと数を明確にすることです。 ビジネス上で相手と話をする時、「結論は〇〇です。 」「3つ相談があるんですが」といった話し方をするだけで、ぐっと印象が上がります。 内容によっては「なんだそんな簡単なこと」と拍子抜けしたかもしれませんが、毎日の行動の積み重ねが重要です。 「そんな簡単なこと」を積み重ねることで、仕事のできる人への近道になります。 視点 仕事のできる人は全体像を見ながら自分の仕事を進める「全体最適」の視点がある。 仕事のできない人は、今自分の行っている作業だけを見ている「部分最適」の視点となる。 仕事のできる人には努力でなれる!仕事ができれば出世もついてくる 以上、仕事のできる人の特徴についてご紹介しました。 いかがでしたでしょうか。 たくさんあったので、「無理だ…」なんて思った人もいるかもしれませんね。 冒頭でもお伝えしましたが、「仕事のできる人」には、ある一定のレベルまでならその技術を身に着ける努力をすれば、なれるものです。 いきなりヒーローのような仕事のできる人を目指すのはハードルが高いかもしれませんが、まずはここでご紹介した「仕事のできる人」と思われるコツを実践してみて下さい。 4つ全部が大変ということであれば、一つずつでも大丈夫です。 一つ一つ積み上げて習慣化していけば、時間がたつにつれて自然と「仕事のできる人」と同じ行動・思考が身についていきます。 一朝一夕ではできないかもしれませんが、仕事のできる人は言い換えてみれば「続ける努力ができる人」ともいえるのかもしれません。 あきらめずに、まずは今から行動を変えることから始めてみてくださいね。

次の

僕が実際に雇った仕事ができる人の6つの特徴

仕事 が できる 人 の 特徴

「仕事ができる人のように、自分もいきいきと働きたい」 「自分も頑張っているつもりだけど、同期入社のあいつとの差がいつの間にか大きくなってしまった」 と感じることってありませんか。 もしあなたが、何かに対して本気で努力するつもりがなければ、誰かと自分を比較して「すごい」と思いはするものの、悔しいとまで思うことはないかもしれません。 しかし、あなたが本気で努力をしていれば、同期を含めた周りの人に一歩先をいかれてしまっていることをとても悔しいと感じてしまうものです。 そこで今回の記事では、仕事ができる人の特徴や、仕事ができる人になるために試したいことについて書きました。 活用できそうなところはないかと考えながらご覧下さい。 それでは、まずは仕事ができる人の特徴からみていきましょう。 仕事ができる人の特徴 レスポンスが速い 仕事ができる人は、レスポンスが速いという特徴があります。 メールが届いた時、すぐ返さずにいつしか時間が経ってしまって、慌ててお詫びを含めたメールを送信することはありませんか? 実はそれって仕事が出来る人と差が開いてしまう要因なんです。 例えば、ここに仕事のスキル的にはほとんど差がない新入社員のAさんとBさんがいたとします。 ・Aさんは、どんなメールに対しても見たらすぐ返信する。 ・Bさんは、メールを見てすぐ返信はせずに後回しにしてしまうことが多い。 この時メールを送る側からすると、Aさんはメールをすればすぐ返事を返してくれる人、Bさんは少し連絡が遅い人と潜在意識に刷り込まれています。 この状況で、急ぎで重要な仕事が舞い降りてきた時あなたはAさんとBさんどちらにメールを打って仕事をお願いしようと思いますか? もちろんAさんですよね。 このように、レスポンスの仕方一つで周囲からの見え方は変わってきます。 そして、このことを仕事ができる人は理解しているため一早いレスポンスを大切にしているのです。 些細なことでも塵も積もれば山となり、次の大きな仕事につながると意識して取り組んでいるのが仕事ができる人なのです。 成果を出すことに対する優先順位が高い 「あんなに頑張ったのに結果が出なかった。 同期のあいつはあんまり一生懸命そうでないのにどうしてあんなに結果が出ているんだろう?」 と周りの人を見て思うことはありませんか? 一方で、「そんなに一生懸命になって体調崩さないの?大丈夫?」 とあなたは言われているのではないでしょうか。 一見「自分の方が頑張っているのに何であいつの方が結果を出しているんだ」と不思議に思うかもしれません。 しかし、実はその時、仕事のできる人は時間に対する仕事の質を極限まで高め、与えられた仕事の成果を出すために最善の取り組みをしているのです。 このようにただ頑張るのではなく、どう頑張って行くのか考え抜いて、行動することの重要性を仕事ができる人は意識しているのです。 ただ、そうはいってもはじめのうちは質を追い求めるのは難しいため、目の前にあることにとにかく全力で取り組むことが大切です。 なので、まずは量をこなしてコツや知識を集めていくことで徐々に、生産的な仕事へと転換させていくようにしていきましょう。 他者の視点に立って相手が何をして欲しいかと考えている 仕事ができる人は「相手はどう思っているのか」という視点を強く意識しています。 あなたの周りに 「この人は本当にクライアントの気持ちを汲み取るのが上手いな」 と思う人っていませんか? これは、他者に対して高い想像力を持っている人に見られる特徴で、クライアントやカスタマーに対して「相手が一体なにを求めているのか」を深く考えているからこそなせることです。 このように仕事ができる人は、他の人より高い視座をもち仕事に取り組んでいるので当然結果も違ってきます。 また、仲間に対しても深い共感を示すことで周りの信頼を呼び、より良いパフォーマンス、高いモチベーションを引き出せてしまいます。 「この人のためなら少しキツイけど頑張ってみよう」と思ってもらえるのです。 あのSHOWROOMの前田祐二社長も「他者への想像力」を口癖にするほど強く意識しているそうですよ。 得意なことと不得意なことを理解している 仕事ができる人は、自分の得意、不得意をよく理解し、自分の得意なことで勝負することを心掛けています。 そもそも仕事ができる人は自分が成果をあげられる、求められている市場を精度よく把握できています。 そして、成果に直結する自身の得意分野を使って仕事のアウトプットをより高いものにしようとしているのです。 RPGゲームでいうと自分の得意な能力に全ステータスを投下しているイメージです。 仕事を始めたての時は、日々新たなことを学び、自分は何が得意で、何が不得意なのか分かっていない方が大半です。 しかし、仕事ができる人はその状態でも 「何が周りと比べて得意と呼べるのか」、「不得意なものは何か」と意識しながら仕事ができています。 なので、まずは日々の仕事の中で得意、不得意が何なのか確認することからはじめていきましょう。 やる理由も断る理由も明確 仕事ができる人は、自分の行動の理由が明確になっています。 これは、仕事ができる人は全体感が分かっているためで、その上でこの仕事は自分の価値観に合うか合わないかと判断しているのです。 例えば「どうしてその仕事やっているの?」と急に言われた時にすぐに答えらえない人も多いのではないのでしょうか。 ただ、仕事ができる人の多くは理由を明確に答えられます。 また、これは自分がやるべき仕事でないと思う場合は相手に対して上手に伝えます。 このように、仕事に対する意味づけができていると仕事に対する熱量も変わっていき、結果もおのずと出ていくのです。 柔軟に対応し、本質的な課題の解決をする 「相手の意見を上手く吸収しながら仕事を進めている人」はすごいと思いますよね。 そもそもビジネスの世界では、様々なことが予測不可能で、間違いのない答えを持っている人はいません。 もちろんどんなに優秀な人でも自分が最初に思った仮説が間違っていることなんて日常茶飯事です。 ただ、このように不確実な世界の中でも仕事ができる人は自分と違う考えに対しても柔軟に吸収し、課題の解決に努めています。 これは、自分の意見が通るよりもチームが掲げた目標を達成するためにどんな意見が効果的かと考えているためです。 自分が考え抜いた答えが絶対に正しいと最初から最後まで主張を変えないままではチームとしてのアウトプットも悪くなってしまいます。 ましてや、クライアントやカスタマーのためには、もちろんなっていませんよね。 仕事ができる人になるには? クローズドクエッションを心がける 普段質問しているときにオープンクエスチョンで質問していませんか? 例えば自分の仕事を上司に相談する時に「これってどう思いますか?」といった質問になってしまうことです。 このような質問の仕方では漠然としすぎて回答するのは難しいですよね。 なので、もし誰かに質問をする前にはまずは自分で考えて、その上で 「自分はこう考えているのですがどう思いますか」という相手がYESかNOで答えられる質問の仕方をするように心掛けてください。 自分なりの考えを持った上で相手の意見を聞くと、その仕事の生産性はぐっと上がりますし、自分の仕事に対して深く考えるクセもつくのでおすすめです。 成果を出すために直結する要因を考える。 仕事ができる人は先ほども挙げたように成果を出すことを最優先にしています。 それでは成果を出すために具体的にどういった事をすれば良いのでしょうか。 それは、成果を出すのに直結する要因を考えてそれを行動に落とすことです。 例えば、 「同期で一番の営業成績を上げたい」と思ったとします。 その目標を達成するには 「1日の訪問件数をあげること」や「客単価を上げる」など様々でしょう。 そうすると、それらの目標達成に直結する要素を達成するために必要な具体的な行動が見えてきます。 この際には、定量的に達成できたか確認できるところまで要素を細くしていくようにしましょう。 このように、与えられた課題を闇雲に行うのではなく一度深く考えて取り組むことで仕事が徐々にできるようになっていくのです。 地道ですが効果はあるので、コツコツとやっていくようにしましょう。 PDCAの仕方を工夫する 最後に、日々の仕事の中で意識しておくと良いフレームワークをご紹介します。 特に普段あなたが仕事を進める際に決まったやり方がないようでしたら以下の手順に沿って仕事を進めることをおすすめします。 1.どの局面のときに時間がとられやすいか?(When:いつ) 2.どんな場面でプランとのズレが発生するか?(Where:どこで) 3.誰がトラブルを発生しやすいか?(Who:誰が) 4.何をしているときに想定外が起こるか?(What:何を) 5.どの方法が一番効果的だったのか?(How:どうする) この5つのステップのポイントはWhy(なぜ?)から考え始めないことです。 「なぜ?」から入ってしまうと、どうしても反省に繋がりやすくなります。 反省ももちろん大切ですが、上記の1~5のように様々な観点から仕事を捉えることができると次に活かせる振り返りができるので、ぜひフレームワークとして活用してみてはいかがでしょうか。 おわりに 今回は仕事ができる人の特徴や仕事ができる人になるために気をつけたいコツについて書きましたがいかがでしたか? 忙しい日々を過ごしているとついつい染み付いたやり方でやってしまうものです。 ただ、もし今仕事の効率や成果がでないことに悩まれているのなら今回紹介した方法を取り入れやすそうなところからぜひ試してみてください。 仕事のやり方が変わると周囲からの見られ方も変わりますし、自信もつきますよ。

次の