ポケモン 実況 者 最強 全力 決定 戦。 【ポケモンUSM】ドレディアと共に最強実況者全力決定戦【Cグループ1on1】 [ニコニコあっぷる]

【ポケモンUSM】ウルトラムウマ戦記 最強実況者全力決定戦編【vs リドル】 [ニコニコあっぷる]

ポケモン 実況 者 最強 全力 決定 戦

こだわりスカーフ持ちヘド爆ゾロアーク パーティーを考えている時に試しにスカーフゾロアークを使ってみたら普通に強かったので、相手のカプ・テテフやカプ・コケコにダメージを与える様に採用しました。 性格が臆病なのは、他の性格のヘド爆ゾロアークを育成するのが面倒だったのと、最速スカーフテテフを抜くためにこれにしました。 このゾロアークが活躍してくれたときもありましたが、ぶっちゃけ命の珠とかでよかったと思いました。 スカーフを持たせたのはよかったですが、 とんぼがえりで交代させた先に耐久が高いポケモンを用意していなかったのは失敗でしたね。 弱点保険フリーザー 普段レートで使っていた弱点保険持ちのフリーザーです。 初めのターンで追い風をして、弱点保険を発動させればかなり強いポケモンになります。 ただ暴風の命中が70%とかなり低いので安定しないのと、日照り状態のメガリザードンYの火炎放射は耐えられなかったのは想定外でした。 あと特性はプレッシャー個体でよかったですねw かたやぶりルチャブル ミミッキュを倒す用にハガネZを持たせました。 ただ今回は最強実況者の方が多かったので警戒されすぎてあまり活躍出来なかったですね。 持ち物はヒコウZでもよかったのかも。 とつげきチョッキエンペルト 今回の大会でかなり活躍してくれたのはこの負けん気エンペルトでした。 特防がかなり高いのでチョッキを持たせたら更に硬くなりました。 <スポンサードリンク> あと特性が負けん気なので、相手の威嚇とかで能力が下がれば攻撃が2段階上がるので、アクアジェットのダメージが上がってよかったです。 こいつのおかげで勝てた試合が何回かありました。 アローラライチュウ 相手を確実に麻痺出来るようにアロライZを持たせて採用しました。 ただ相手のパーティーにだいたいカバルドン、ボルトロス、ランドロスがいたので、なかなか勇気を出してZ技を打てなかったですね。 でも可愛いのでいるだけで良いですw ギガインパクト持ちメガミミロップ メガミミロップにギガインパクトを持たせれば、上手く行けばミミッキュとかも倒せるので採用しました。 破壊力ヤバイですからねw 特性がきもったまなのもすごく良くて、ゴーストタイプのポケモンにビビらずに飛び膝蹴りが打てたのも心強かったです。 このパーティーの欠陥について 電気タイプの弱点を持つポケモンが多かったのと、物理耐久に特化したポケモンがいなかったことですね。 あとスカーフゾロアークをあまり使いこなせていなかったので、攻める時に攻められず、とんぼで逃げる時に逃げられなかったがダメでしたね。 でも大会自体はすごく楽しんで闘うことが出来ました。 次の記事では29試合全部の感想を書いていきます。 それでは次回の記事で!.

次の

【実況者大会】ポケモンUSUM最強実況者全力決定戦【決勝トーナメントPV】 ポケモン ニコニコ動画のニコッター

ポケモン 実況 者 最強 全力 決定 戦

関連記事 最強実況者全力決定戦 夢咲楓vsアシキが投稿 アシキさん、動画内容を運営陣に叱責される 本日投稿した動画について主催者、運営陣から強く叱責され、改めて自身でも対戦相手へ著しく敬意を欠いた動画内容であったと判断し、一部削除させていただきました。 今回の件を踏まえて、今後実況者大会への運営参加、並びに参加者としての関与も自粛させていただくつもりです。 改めてこの度は申し訳ございませんでした。 — にゃんだこれプロジェクト。 夢咲の中身がどうであれ、大会に招いたんなら、1人のPLとして接するべき。 ただ、ゲーム部の場合、そこに言及されても仕方ないような態度を散々取ってきたから、アンリミを庇う気になれないのよね…。 アンリミのアシキへの対応も清々しいまでにクズムーブだし(対戦相手の紹介無し、アシキ視点のリンクも貼らない)。 アンリミブラック騒動起こる前の、アシキのゲーム部限界オタクっぷりを知ってる側からすれば、アシキの闇落ち暴走も「仕方ないよね」って感じ。 あゆみんにも言われてたけど、本来なら、大会運営の立場でやっちゃあいけないこと。 しかし、物語が仕上がり過ぎてて、「アシキよくやった」と言わざるを得ない感じ。 実際アシキはよくやった。 限界オタクが精神を拗らせると、思わぬパワーを発揮するところを余すところなく見せてくれた。 頑張れアシキ。

次の

【実況者大会】ポケモンUSUM最強実況者全力決定戦【決勝トーナメントPV】 ポケモン ニコニコ動画のニコッター

ポケモン 実況 者 最強 全力 決定 戦

関連記事 最強実況者全力決定戦 夢咲楓vsアシキが投稿 アシキさん、動画内容を運営陣に叱責される 本日投稿した動画について主催者、運営陣から強く叱責され、改めて自身でも対戦相手へ著しく敬意を欠いた動画内容であったと判断し、一部削除させていただきました。 今回の件を踏まえて、今後実況者大会への運営参加、並びに参加者としての関与も自粛させていただくつもりです。 改めてこの度は申し訳ございませんでした。 — にゃんだこれプロジェクト。 夢咲の中身がどうであれ、大会に招いたんなら、1人のPLとして接するべき。 ただ、ゲーム部の場合、そこに言及されても仕方ないような態度を散々取ってきたから、アンリミを庇う気になれないのよね…。 アンリミのアシキへの対応も清々しいまでにクズムーブだし(対戦相手の紹介無し、アシキ視点のリンクも貼らない)。 アンリミブラック騒動起こる前の、アシキのゲーム部限界オタクっぷりを知ってる側からすれば、アシキの闇落ち暴走も「仕方ないよね」って感じ。 あゆみんにも言われてたけど、本来なら、大会運営の立場でやっちゃあいけないこと。 しかし、物語が仕上がり過ぎてて、「アシキよくやった」と言わざるを得ない感じ。 実際アシキはよくやった。 限界オタクが精神を拗らせると、思わぬパワーを発揮するところを余すところなく見せてくれた。 頑張れアシキ。

次の