パッシェン デール。 パッシェンデールの戦いとは

優勢だったドイツが敗退に変わる重要な戦い パッシェンデールの戦い

パッシェン デール

当時はまだ戦略爆撃などが確立していませんので、確実に敵の拠点を破壊するのは地上部隊が直接侵攻するしかなかったのも留意すべきではあります。 1917年6月、455トンのアンモナル(硝酸アンモニウムとトリニトロトルエンを主体とする一瞬の爆薬)を爆発させてドイツ軍守備隊1万名を消し飛ばすことに成功し、連合軍は初期目標メシヌ高地を占領します。 これは核爆発以外で人為的に起こされた最大の爆発と言われています。 しかし、パッシェンデールにいたる地表は元々泥濘が多く、両軍の砲撃と雨によって底なし沼と化し、板で作られた仮設橋から外れると溺死の危険性すらある過酷な状況でした。 ドイツの抵抗 しかもドイツ軍はこの反撃に初めてびらん性のマスタードガスを投入しました。 マスタードガスが「イペリット」と呼ばれるのは、パッシェンデール周辺のイーペル地方から由来していると言われます。 このように両軍ともえげつないと言える兵器の投入、そして西部戦線では当たり前になっていた過酷な歩兵突撃でいたずらに死者を増やしていったのです。 戦闘は文字通り、1キロ進むのに1万人が死傷するような消耗戦になっていきました。 連合軍はアンザックスやカナダ軍などを次々と投入して最終的には目標のパッシェンデールを占領することに成功しました。 カナダ軍は泥沼の中を作動不良に陥った小銃をこん棒代わりにして文字通り、白兵戦で進んでいくことを余儀なくされました。 パッシェンデールの街は両軍の砲撃で文字通り更地になっています。 Photographer not identified. [Public domain], 戦後の空撮から、1平方マイルあたりの砲弾投射量は100万発と推定されています。 この戦いで連合軍は5か月で450000人の損害を出しました。 しかし、1918年の春季攻勢でドイツ軍にたった3日でこの周辺を奪回されてしまうのです。 ドイツ軍の反撃で皮肉にもこの地方が戦略的に、数十万の損害を出しても占領すべき価値のある土地でなかったことが証明されてしまったのでした・・・。

次の

【パッシェンデール】の例文集・使い方辞典

パッシェン デール

戦火により廃墟となった街(1918年撮影) アウグスト修道院およびノネボッシェンのベネディクト会女子修道院を中心として集落が発達した。 どちらも1580年に流行したの被害にあい、破壊された。 ベネディクト修道院はのちに再建されたが、フランス軍占領下で略奪され、修道院は没収された。 1382年のでは市内の地区が戦場になった。 ではを中心とする突出部に位置していたため、市は戦場となり甚大な被害を受けた。 市は1920年代初頭まで放棄されていたが、徐々に人々が戻り再建された。 1932年に地元住民によってチーズ製造施設が開業した。 この製造所は現在までパッシェンデールチーズの唯一の供給源となっている。 では連合軍のヨーロッパ反攻作戦の際にの防衛部隊が駐留したが、戦闘による被害はほとんど出なかった。 今日のゾンネベーケでは地元産の青い粘土をしたレンガ製造が主要産業となっている。 地下壕 [編集 ] 第一次世界大戦中に市内に掘られた地下壕の模型 ゾンネベーケおよび周辺集落は、1917年7月から11月まで行われた(第三次イーペル会戦)の戦場となり、大戦を通じて最も多くの地下壕が建設された区域となった。 現在でもレンガ製造向けの粘土を採掘に伴い、地下壕が定期的に発見されている。 現在までに約180の地下壕が確認されており、1990年代まで一部の地下壕は実際に入ることができた。 1983年、オーストラリア軍が建設した地下壕がレンガ製造工場付近で発見され、1998年まで一般公開された。 この地下壕は最終的に木材の腐食により崩壊したため、現在入ることはできない。 アウグスト修道院の考古学的発掘調査の間に、ゾンネベーケ教会の下で別の地下壕が発見された。 この地下壕の模型や発見された遺物は市内の戦争記念博物館で展示されている。 1998年2月、地元住民が転落したことで新たな地下壕が発見された。 今日ではこれらの地下壕を歴史的記念物として保存・活用する動きが高まっている。 地区 [編集 ] 市はゾンネベーケ、ベセラーレ、ヘルフェルト、パッシェンデール、ザントフォールデの各地区に分かれている。 これらの地区はいずれも独立した町だったが、1970年代に合併した。 472 II ベセラーレ 14,33 2. 684 III ヘルフェルト 7,79 1. 553 IV パッシェンデール 22,22 3. 152 V ザントフォールデ 6,68 521.

次の

パッシェンデールの戦いから100年。

パッシェン デール

分類 パッシェンデール Apocalypse 1917年の春、ドイツが開始した無制限潜水艦作戦により、イギリス軍司令部は深刻な懸念を抱くようになりました。 その夏には、イギリス軍およびフランス軍の計12個師団が結集し、ベルギーの小村パッシェンデール近くに駐留するドイツ帝国第4軍を攻撃します。 戦線を突破してドイツ軍をベルギーの海岸線にある潜水艦基地から追い出すことが目的でした。 第三次イーペル会戦とも呼ばれるパッシェンデールの戦いは、1917年7月31日に始まり、使用された砲弾は400万発以上のぼると言われています。 これによりドイツの前線守備が壊滅しただけでなく、地域の排水を担っていた用水路網までが破壊されてしまいました。 開戦直後の歩兵による攻撃は守備部隊を驚かせ、前線の残存勢力を比較的容易に撃破しました。 しかしドイツ軍は複数の集合地点で相互支援を行ったり、砲弾を防ぐバンカー群を活用したりするなど、複雑で柔軟な防衛体制を敷いていました。 イギリス軍と交戦しその進軍を阻んでいたのは、特別な訓練を受けたドイツの反撃部隊です。 ハーバート・プルーマー将軍はこれに対し、小刻みに拠点の確保を進める「バイト・アンド・ホールド」戦術を採用し、ドイツ軍の拠点を個別に制圧・破壊していきました。 しかし砲撃で穴だらけとなった戦場は、秋の雨によって水浸しの泥沼と化してしまいます。 多くの兵士と軍馬が穴に落ちたまま二度と浮かび上がってきませんでした。 ソンムの戦い同様、この会戦も血で血を洗うおぞましい消耗戦となりました。 そして破壊しつくされたパッシェンデールの村をイギリス軍が制圧して間もなく、これもソンムの戦い同様、冬の訪れを受けて戦闘は終結しました。 コメント.

次の