イルカ 別名。 イルカ

www.interreg4c.eu : 珍しい「イルカ」と「クジラ」の交雑種、ハワイ沿岸で発見

イルカ 別名

愛らしい表情を見せるハイイロアザラシ。 海の人気者が、実際は「情け容赦のない捕食者」という証拠が相次いでいる。 (Photograph by Brian J. Skerry, National Geographic) 一見、ほのぼのした光景だった。 2013年、北海に浮かぶドイツ領ヘルゴラント島。 沖で2頭のアザラシがふざけ合っているらしく、そのうち波の下へ潜っていった。 間もなく、不気味な赤い色が波間に広がった。 2頭が再び水面に現れたとき、大きい方のアザラシがもう一方のアザラシの皮をはぎ、食べていたのだ。 「2頭は遊んでいるとばかり思いました」。 環境コンサルティング会社「IBLウンヴェルトプランノン」の海洋生物学者セバスチャン・フアマンは振り返る。 同氏が撮影した、襲われる若いゼニガタアザラシの写真は、『Journal of Sea Research』誌の2015年3月号に掲載される予定だ。 「最初見たときは微笑ましいじゃれあいと思ったのですが、あっという間に光景は一変しました」 ゼニガタアザラシを襲ったハンターはハイイロアザラシだ。 長年タラなどの魚を食べると考えられてき海洋哺乳類だが、北海南部で一番どう猛な捕食者と見るほうが正確なようだ。 最近の目撃報告や解剖結果を総合すると、この一帯でゼニガタアザラシやネズミイルカの体の一部を引きちぎったり殺したりしているのは、ハイイロアザラシだと考えられている。 ハイイロアザラシに襲われたと見られるネズミイルカを解剖すると、水中で押さえ込まれ窒息して死んだ形跡があった。 「かわいらしく、抱きしめたくなるような親しみやすい動物で、魚を食べているというイメージがハイイロアザラシにはあります」と話すのは、オランダ、海洋資源・生態系研究所の海洋生物学者マーディク・レオポルド。 しかし、次々と出てくる証拠は、まったく反対の事実を示す。 見た目からは想像できない凶暴ぶり ずたずたに切り裂かれたネズミイルカの死骸が、北海南東部に沿った浜に大量に打ち上げられるようになったのは10年ほど前のことだ。 当時、このイルカの大量死と、ハイイロアザラシとの関連性を考える人はいなかった。 というのも、仮にハイイロアザラシに襲われてもネズミイルカなら泳いで逃げ切れると考えられていたし、ハイイロアザラシが魚以外の大きい生物を補食することは知られていなかったからだ。 だが、いくつもの事実が積み重なるに従い、ハイイロアザラシは研究者のそれまでの認識を超えて凶暴なのではないかと考えられるようになった。 2014年10月、『Marine Mammal Science』誌に掲載された論文には、2013年にフランス沿岸で、ネズミイルカのすぐ近くにハイイロアザラシがいきなり顔を出しイルカの頭にかぶりついた、という目撃談が紹介されている。 また、ネズミイルカの傷跡をDNA分析した研究では、ハイイロアザラシがつけたものであることがわかった。 『Proceedings of the Royal Society B』誌に2014年11月に掲載された論文によれば、ハイイロアザラシに襲われると、皮と脂肪の大部分がはぎ取られ、平行な3~5本のひっかき傷が残るという。 切り裂かれたイルカやアザラシの死骸が、ニシオンデンザメなど他の捕食者によるものではないかとの説もかつてあったが、その可能性は研究者の間でも否定されている。 ただ、ハイイロアザラシが「主犯」との見方を疑う生物学者も依然いる。 スコットランド、セントアンドリュース大学の生物学者デーブ・トンプソンもその一人。 ハイイロアザラシが補食したとされるゼニガタアザラシの多くは、実際には船舶のスクリューに巻き込まれて体がちぎれたのであり、ハイイロアザラシはその死骸をあさったに過ぎない、とトンプソンは考えている。 「そういうことはあるにしても、この4年で北海に新たな頂点捕食者が現れたことは間違いありません」と語るのは、ネルソン・マンデラ・メトロポリタン大学(南アフリカ)のティボー・ブブルーだ。 特にネズミイルカにとっては、ハイイロアザラシの脅威が増している。 「問題は、その理由です」 研究者は複数の仮説を唱える。 たまたま漁網にかかったネズミイルカをハイイロアザラシが食べて肉の味を覚えた。 あるいは、元々ハイイロアザラシが食べていた魚の数が急激に減少しているのかもしれない。 「以前の状態に戻っただけだ」との見方もある。 ハイイロアザラシは一時乱獲され、北海南部の一帯から姿を消した。 近年になって数が戻り、再びコロニーを形成するまでになっている。 理由が何であれ、他の動物たちはアザラシに警戒した方がいいだろう。 澄んだつぶらな瞳でひれを振る愛らしいハイイロアザラシは、獲物を求める猛獣の可能性が高いのだ。

次の

カマイルカ

イルカ 別名

彼らからは イルカ先生と呼び慕われる。 茶色がかった黒髪をポニーテールにしており、鼻の上にある真一文字の傷がトレードマーク。 人物像 から優しい性格、辛いことを押し殺し笑える強さを持つと評される人格者。 悪戯が過ぎる生徒には居残りの罰を課す一方で、のを奢り、親身になって相談に乗るなど叱る所は叱るものの基本的にはお人好しな性格。 ナルトが生まれた日、により多くの里の人間の命を奪われたため、憎悪の対象である九尾が彼の体にされていたことからナルトには非がないにも関わらずのナルトは里の住人から煙たがれていた。 イルカも九尾と決して浅からぬ因縁を持つが、を「一人の人間」として見て、そして指導してきた教育者である。 ナルトにとってはやのような存在であり、に編成される以前では初めて出来た繋がりであり、ナルトの人格形成に大きく作用することとなった人物。 原作、アニメ共に第一話におけるナルトのの最初の被害者であり、イルカは鼻血を盛大に出しており、ないしとして扱われることが多い。 ナルト達の担当上忍であるとはお互いにで話しているが、実際はカカシの方が4歳年上。 出番は決して多いと言えないが、その優しい人柄と作品全体の本質にまで関わる的存在であるがゆえに根強い人気を誇り、人気投票では常にメインキャラ(、、、など)と肩を並べ、終盤に登場キャラクターが増える中でも上位に食い込むほどである。 因みに第一回:4位、第二回:3位、第三回:3位、第四回:5位、第五回:4位、第六回:5位、第七回:11位という結果である。 忍者学校での講師を主な業としているため戦闘場面はほとんどなく、強いて言えば初回でミズキのからナルトを庇った時くらい。 そのため、実力の詳細は不明 初期のファンブックでは本来上忍や特別上忍しか受けることのできないS級任務も数回受けているようだが。 木ノ葉崩しの際には「敵の忍が現れても慌てずに隠れ部屋へ」とアカデミー生の避難誘導を行い、その際「命に代えても守る」と言っており、実力と覚悟の高さはうかがえる。 実際A級任務を数多く受けた実績と上層部からの信任の厚さからアカデミー講師を任せられている。 でもの狙いであるナルトの監視、説得役に抜擢されているので戦場には出ていない(その時、戦場に飛び出そうとするナルトをしようとして結界忍術を使用している)。 ではオーソドックスなやなどで戦う。 また、アカデミー講師と並行して木ノ葉隠れの任務受付の業務も担っており、下忍となった教え子たちに任務を説明したり、報告書を受け取るなどしている。 では、ナルトとのコンビでしたと戦闘する場面や、ナルトと出会ったばかりの頃を描いたエピソードがある。 イルカがアカデミーの教師になる以前に、の部下として任務にあたってた事や少年期のイルカは、ミズキに対しては努力家で何でも熟す秀才として憧れ、ミズキの友達として誇りに思っていた過去が描かれている。 来歴 生い立ち 両親の死と火の意志 の上忍のうみのイッカク、うみのコハリ夫婦の息子として生を受ける。 夫婦ともに優秀な忍者であり、イルカは両親のことを誇りに思っていた。 しかし、イルカが10歳の時に両親はから里を守るために殉職(共に享年45歳)。 孤児となったイルカは孤独から、誰かに褒められたい、認められたいと思い、本人曰く優秀な方で人の気を引けなかったため、クラスでは明るく振舞った。 時に態と大げさな失敗をして見せ、アカデミーでは笑いの中心となっていると担任から評価されていた。 悲しみを隠して笑うイルカの孤独に気付いたのはであり、英雄の碑の前で泣くイルカに「火の意志」について語った。 この出来事が後にイルカに、火の意志を持った子供を育てたいという目標を持つ切っ掛けとなった。 アカデミーの講師に 生来の優しい性格はそのままに中忍となったイルカはを部隊長とした任務中、敵忍拘束時に怪我を負う。 その際、三代目火影にその優しさが仲間を危険に巻き込む可能性を指摘される中、イルカは戦忍ではなくアカデミー教員を目指すことを告げる。 ヒルゼンはその際にアカデミーの補助教員をやてもらうと告げているが、イルカは同期のらと共にアカデミーの教員採用試験を受験し、合格した。 アカデミー教員となることが決まったイルカは三代目に呼ばれ、 の担任になることを命じられる。 がされたであり、殆どの里の住人達から白眼視されていたナルトは幼少期のイルカ同様、一人の人間として認められようと悪戯を繰り返していたが、この当時その悪戯がエスカレートし始めた頃で、ただでさえ煙たがれていたナルトの担任教師を務めたがる者がいなかった。 そこで白羽の矢がたったのがイルカであり、イルカが引き受けなければナルトは忍になれず、里の爪弾きものとして扱われるであろう未来をヒルゼンが示唆するとイルカは生来の人の良さから複雑な思いを抱きつつ任務を引き受けた。 イルカは当初、ナルトに非がないことを理解しつつも、ナルトに封印された九尾が親の仇であることから複雑な思いを抱き、ナルトとの関係は良好とはいえず、担任を辞すことを考えていた。 しかし、通りすがりのカカシからナルトの担任になるのはヒルゼンがイルカに課した試練であり、相手に心を開くように指摘される。 その後、クラスメイトに騙されて敵の潜む裏山に出掛けたナルトを救出する出来事を切っ掛けにナルトと正面から向き合うようになり、良好な関係を築くこととなった。 イルカの火の意志に触発され、ナルトはを越える英雄、になることを夢見るようになる。 本編での活躍 卒業試験 、記念すべき第一話のエピソード。 イルカのキャラクター性並びに本作品の根幹を成す重要な話なので、第一話の内容も解説する。 アカデミーの落ちこぼれ、ナルトがの里にある歴代のの顔が掘られた顔岩にペンキで落書きするところから物語は始まる。 担任のイルカはナルトを叱るものの、ナルトは反省の色を見せずに怒ったイルカは復習テストで「変化の術」の試験をする。 しかし、ムカついたナルトはイルカの課した課題を熟さず、を披露する。 モロに引っかかって鼻血を大噴出していたイルカは逆ギレ気味にナルトを叱り、放課後「掃除が終わるまで家には帰さない」と自分の責任で顔岩を綺麗にさせる。 しかし、「家に帰ったって誰もいない」という不貞腐れたナルトの言葉を聞き、イルカは事情聴取も兼ねてでを奢ってやることにする。 翌日、ナルトは三度目の卒業試験に見事に落ち(苦手なだったせいもある)、試験官だったイルカを逆恨みする。 その晩、そして同じくその卒業試験に立ち会っていたにこの術を覚えたら卒業できると唆され、の封印の書を盗み出した。 ナルトは封印の書の最初に記されていたの修行を開始。 一方、里ではナルトが封印の書を持ち出したことを察知し、忍たちがナルトの死も辞さない勢いで捜索が始まり、捜索を命じられた一人であるイルカはナルトを早く保護しようと動く。 ナルトを発見したイルカは泥だらけで必死に修行するナルトの姿とナルトの発言からミズキが黒幕であることに感付いた直後にミズキが襲い掛かってきた。 さらにミズキは、里で守られる掟、ナルトの身に九尾が封印されていることを口外しないという掟をナルトに明かしてしまう。 憧れた四代目火影に九尾を封印されていた上に、九尾に両親を殺されているイルカがナルトを恨んでいるとするミズキの発言を聞いて、感情面が不安定になり、九尾のチャクラを発現させかけるナルト。 しかし、イルカはミズキの手裏剣を身を呈して庇う。 イルカは重傷を負いながらも自分も昔、両親を失った孤独から道化役で人の気を引いていたことをナルトに告白する。 「そうだよなぁ…ナルト…」 「さみしかったんだよなぁ…苦しかったんだよな…」 「ごめんなァ…ナルト オレがもっとしっかりしてりゃこんな思いさせずにすんだのによ」 その後、ナルトに変化してミズキの注意を引いたイルカは、巻物、九尾の力を利用しナルトが木ノ葉の里に復讐する気だと発言するミズキに対して 「バケ狐ならな、けどナルトは違う」 と断言。 「あいつは…あいつはこのオレが認めた優秀な生徒だ」 「…努力家で一途で…誰からも認めてもらえなくて…そのくせ不器用で…あいつはもう人の心の苦しみを知っている…」 「今はもうバケ狐じゃない、あいつは木ノ葉隠れの里の…うずまきナルトだ」 このやり取りを木陰で聞いていたナルトはバケ狐としてではなく一人の人間として扱われていたこと、イルカに認められていたことに涙を流し、巻物から習得した影分身の術で千人ほどに分身してミズキを倒した。 怒涛の一晩は終わり、朝日の中、イルカは卒業の証として自分が付けていた木ノ葉の額当てをナルトにつけてやり、微笑みながら祝福した。 「卒業…おめでとう」 中忍選抜試験 一話以降、ナルトは忍者学校を卒業し、上忍師の課したサバイバル演習でチームメイトの、らと共に合格し、晴れてとなった。 受付業務も熟すイルカは猫の捜索などの低ランク任務ばかりに文句を言っていたナルトに一喝するなど端々で登場した。 そんなイルカの本格的な再登場は中忍試験の際、上忍からの下忍の推薦が行われる場面であった。 この時、ナルトとその同期たち、新人全員が上忍師たちに受験を推薦されたことに驚愕、全員教え子だったため、そして中忍試験が"新人つぶし"の性格を持っていることを懸念したため、試験受験は早すぎると口を挟む。 ただし、はイルカの主張を退けた。 「イルカ先生…あなたの言いたいことも分かります腹も立つでしょう。 しかし…口出し無用!」 「アイツらはもうアナタの生徒じゃない…今は…私の部下です」 アニメ版ではイルカの訴えに対してが新人下忍たち九人(、、の班員たち)に対して 予備試験を行うことで中忍試験受験の資格を問うこととなる。 イルカ自身がの忍に変化し、教え子たちの実力を測るが九人全員が予備試験に合格する。 余談であるがイルカが変化した際のはで、後にを演じることになる他、この人物はと縁がある。 その後、イルカは中忍試験第二の試験での伝令役(実際には任務途中に勝手に巻物を見た場合にその人間を試験終了まで気絶させておく役割で、自ら憎まれ役を自ら買って出た)としてナルトたちの前に口寄せの術で現れる。 その際、三人に『中忍心得』の内容を説いている。 ナルトたちに対して「ムチャはするな」と心配げな素振りを見せるが、「今は忍者だ」というナルトの反論を聞き入れた。 その姿と死の森の難関の突破を見て、ナルトたちの成長を実感。 先のカカシの言葉を思い出しながら、「この子たちの力を本当に分かっているのは…カカシさん…アナタの方かもしれませんね…」との思いを抱いた。 木ノ葉崩し後 中忍試験途中で勃発した"木ノ葉崩し"の終息後、三代目火影の葬儀でイルカは三代目との対話を思い出す。 忍者学校では笑いの中心になっているイルカも、慰霊碑の前では涙を零す少年だった。 しかし三代目は、木ノ葉隠れの忍たちは皆、火の意志を持ち、それを持っているかぎり、この里にいる者は全て家族そのものだ、と慰めた。 またナルトから、「なんで人は…人のために命をかけたりするのかなぁ…」と問われた際は、 「互いに信頼し合い助け合う生れ落ちた時からずっと大切に思ってきた人たちとのつながり…」 「…そしてそのつながった糸は時を経るに従い太く力強くなっていく…」 「理屈じゃないのさ! その糸を持った奴はそうしちまうんだ…大切だから…」 と答え、その言葉にナルトも、「何となく分かるってばよ」と応えている。 その姿を見て、イルカは三代目の語った火の意思が次世代に受け継がれていることを実感した。 第四次忍界大戦 その後しばらくは目立った出番はなかった(ナルトにラーメン奢ってやったりしてたことはある)が、第四次忍界大戦勃発後にひさびさに再登場。 その頃ナルトは、のとともに、チャクラを遮断する島で二人には秘密のうちに隔離されていた(尾獣を狙う敵に捕縛されるのを防ぐため)。 しかし戦争も佳境に入り、感知力の高まったナルトは外の騒ぎに感づき始める。 そこに説得役として送り込まれたのがイルカだった。 イルカは当初は誤魔化そうとしたが、正直に話して納得させようと、「この戦争はお前を守るための戦争だからだ」と説得。 だがナルトは、「この戦争は全部オレ一人でケリをつける!! 」と聞き入れない。 これに対してイルカは、 「だだをこねるな!! オレにとってお前はなっ…大切な生徒の一人だ」 「そして…弟のようにも思ってる…」 「敵のボスはお前を全勢力で狙ってる…みすみすそんな危ない所へお前を行かせたいと思うわけないだろ」 しかし、必死に説得するもそれでも聞き入れずナルトは出撃。 その際渡された木ノ葉の額当ての中にイルカからの手紙が隠されていた。 この手紙はイルカが説得に失敗した時のために用意したもの。 「もし…そうなった時…うまく渡せるか分からないがどうしても伝えておきたい言葉がある」 「…行ってしまったお前に言える事はたった一言だけだ」 「絶対に生きて帰って来い!!! 」 その後、キラービーには「ナルトを守ってやって下さい!!! 」と頼み込んだ。 ビーはこれに拳を合わせる合図で応えている。 「了解だバカヤローコノヤロー!! 最終回及びBORUTO 最終回では、時が経ち、ほうれい線が浮かぶなど歳を重ねた姿で登場。 が行ったイタズラを見て「忙しい父親にかまってもらいたかったから」と理解を示し、憤慨するに対して「彼もいつか分かってくれる」と穏やかに諭している。 699話と最終回の間を描いた劇場版『』では主に回想シーンで登場し、イルカが過去にアカデミーでナルト達に出したがナルトとの距離を近付ける切っ掛けの一つとなっている。 EDで描かれたナルトとヒナタの結婚式では、感極まって涙を流していた。 なお、小説「木ノ葉秘伝」によると、ナルトの父親代わりとしても出席だったことが明かされており、彼とナルトの信頼関係の強さを感じさせている。 続編の『』ではアカデミーのとして登場。 生徒だけでなくも暖かく見守っている。 使用術• 空雷撃 激闘忍者大戦シリーズ• 封縛法陣• 一糸灯陣• 結界法陣 ナルティメットストームシリーズ 余談• 父イッカクはのに、母コハリはコハリイルカというイルカの種類に因んでいる。 初期設定ではイルカはカカシと同期なのかカカシに対してタメ口、また顔も少々三白眼気味の強面風になっている。 関連イラスト.

次の

イルカのオスメスの見分け方は!?

イルカ 別名

クリックで好きな項目に移動• シロイルカは別名ベルーガとも呼ばれる生物で名前は知らなくても写真やTVでみたことがある人は多くいるんじゃないでしょうか? 余談ですが別名である「ベルーガ」はBelukhaという「白い」という意味のロシア語から来ています。 実は イルカとクジラは分類上の差は体の大きさしかなく厳密な区別はされていません。 シロイルカの特徴としてその真っ白な体表が挙げられますが、生まれた直後はグレーに近い色で 成長とともに真っ白になります。 完全に真っ白になるには生まれてから 約7年後です。 意外に思われるかもしれませんがシロイルカはの近縁種でもあります。 シロイルカの特徴 シロイルカの特徴といえば真っ白な体表ですがそれ以外にも面白い特徴があります。 反響定位(エコーロケーション) 反響定位(エコーロケーション)とは簡単に言うと 超音波で周囲の様子を察知したり、 仲間とのコミュニケーションを行うことができる能力です。 有名な動物だとコウモリが反響定位(エコーロケーション)を使うことが知られていますね。 シロイルカや近縁種のイッカクも反響定位を利用します。 脱皮 シロイルカは夏季になると河口周辺に仲間が集結して 体を砂にこすりつけて脱皮 します。 動画では水族館ですので砂ではなく排水口の金網に体を擦り付けて脱皮しているようです。 シロイルカの知能 シロイルカは日本にある各地の水族館で人気者でその人懐っこさもあり 知能が高い と言われています。 シロイルカの群れ シロイルカは通常オス・メスそれぞれ群れを作って生活しています。 非常に社会的な動物で 反響定位によって意思疎通が行われています。 脳の容量 シロイルカに限ったことではないですがイルカは人間についで、 体に対する脳の重量が大きい動物です。 それに加え学習能力の高さ、好奇心、遊ぶ概念があります。 学習能力の高さ シロイルカの学習能力を知ることができるエピソードに人間の言葉を真似する個体の動画があります。 この動画では人が行った言葉をシロイルカが オウム返していますね。 遊びと知能 水族館にいるシロイルカは時々来館者を脅かすような行動をします。 なぜ一見無意味のような行動を取るのでしょうか? 実際この行動に意味はなくシロイルカはは ただ遊んでいるだけです。 この「遊ぶ」と言った行動はシロイルカ以外では人間を含む霊長類の一部しか確認できておらずその知能の高さを物語っています。 最後に いかがだったでしょうか?今回は知能が高くとても愛嬌があるシロイルカについて紹介しました。 シロイルカは日本の水族館でも見ることができますので、ぜひ見ることをおすすめします。 結構体が大きくてびっくりしますよ(笑) Sponsored Link.

次の