サイパン。 サイパン旅行・サイパンツアー|東京(成田)発|海外ツアー【JTB】

サイパン島玉砕

サイパン

アジアすべて• ホンコン 香港• ブルネイ• バンダルスリブガワン• マレーシア• クアラルンプール• コタキナバル• ランカウイ• ペナン• イポー• トレンガヌ• インドネシア• バリ島(デンパサール)• ジャカルタ• ジョグジャカルタ• ビンタン島• インド• デリー/ニューデリー• アーメダバード• バンガロール• ムンバイ• コルカタ• ハイデラバード• オーランガバード• チェンナイ• カンボジア• プノンペン• シェムリアップ• ソウル• チェジュ 済州• プサン 釜山• ミャンマー• ヤンゴン• マカオ• マカオ• フィリピン フイリピン• マニラ• ボホール• シンガポール• シンガポール• セントーサ• バンコク• プーケット• サムイ• チェンマイ• クラビ• タイペイ 台北• カオション 高雄• タイナン 台南• ベトナム• ダナン• ホーチミン• ハノイ• ホイアン• ニャチャン アメリカ・カナダ・中南米すべて• アメリカ• ニューヨーク ニューヨーク• ラスベガス ネバダ• ロサンゼルス カリフォルニア• サンフランシスコ カリフォルニア• ワシントン コロンビア特別区• アナハイム カリフォルニア• シカゴ イリノイ• オーランド フロリダ• シアトル ワシントン• サンディエゴ カリフォルニア• ボストン マサチューセッツ• セドナ アリゾナ• マイアミ フロリダ• アルバカーキ(ニューメキシコ)• アンカレッジ(アラスカ)• アトランタ ジョージア• ナッシュビル テネシー• デンバー(コロラド)• ダラス テキサス• ディズニーワールド フロリダ• ニューオリンズ ルイジアナ• ポートランド オレゴン• フィラデルフィア ペンシルバニア• ラピッドシティ サウスダコタ• ソルトレイクシティ ユタ• カナダ• バンクーバー• トロント• ナイアガラフォールズ• モントリオール• イエローナイフ• ウィスラー• カルガリー• シャーロットタウン• ケベック• オタワ• エドモントン• ジャスパー• ホワイトホース• ビクトリア• エクアドル• メキシコ• カンクン• グアダラハラ• メキシコシティー• メリダ• ペルー• クスコ• ボリビア• ラパス• ウユニ ヨーロッパすべて• フランス• ニース• アビニヨン• エクサンプロバンス• シャモニー• バイヨンヌ• イタリア• ローマ• フィレンツェ• ベネチア• ナポリ• ミラノ• アマルフィ• カターニャ• パレルモ• ボローニャ• ベローナ• シエナ• サレルノ• マテーラ• メストレ(ベネチア近郊宿泊地)• アルベロベッロ• カプリ島• バーリ• チビタ ディ バニョレッジョ• パルマ• ポンペイ• アグリジェント• タオルミーナ• イギリス 英国• ロンドン• エジンバラ• ボートン・オン・ザ・ウォーター• バイブリー• マンチェスター• バース• ストラットフォード・アポン・エイボン• オーストリア• ウィーン• ザルツブルク• インスブルック• ハルシュタット• メルク• スペイン• バルセロナ• マドリード• グラナダ• セビリア• バレンシア• コルドバ• コンスエグラ• フィゲラス• ロンダ• ペニスコラ• サラゴサ• ビルバオ• サンセバスチャン• オンダリビア• モンテフリオ• パンプローナ• ビトリア• ドイツ• ミュンヘン• フランクフルト• ベルリン• デュッセルドルフ• ハイデルベルク• ワイマール• アイゼナハ• ドレスデン• ライプツィヒ• ザンクトゴア• ネルトリンゲン• エアフルト• シュタインガーデン• ヘッヒンゲン• ホーエンシュバンガウ• ルートヴィヒスブルク• ニュルンベルク• リューデスハイム• ローテンブルク• シュトゥットガルト• スイス• ジュネーブ• ベルン• チューリッヒ• ツェルマット• グリンデルワルト• ルガーノ• グリムゼル峠• モントルー• アンデルマット• ラウターブルンネン• ザンクトガレン• ルツェルン• ギリシャ• アテネ• モナコ• モナコ• モンテカルロ• クロアチア• ドブロブニク• ザグレブ• スプリット• オパティア• プリトビチェ• トロギール• シベニク• ザダール• チェコ• プラハ• チェスキークルムロフ• テルチ• フィンランド• ヘルシンキ• ロバニエミ• エストニア• タリン• スロバキア• ブラチスラバ• デンマーク• コペンハーゲン• ラトビア• オランダ• ハーグ• ロッテルダム• ユトレヒト• フォーレンダム• マルケン島• アムステルダム• ドルドレヒト• ノルウェー• オスロ• ポーランド• クラクフ• ワルシャワ• ポルトガル• リスボン• ポルト• コインブラ• シントラ• ナザレ• オビドス• ロシア• モスクワ• サンクトペテルブルグ• スウェーデン• ストックホルム• スロベニア• リュブリアナ• ポストイナ• ブレッド• ブルガリア• ソフィア• アラブ首長国• アブダビ• ドバイ• ハンガリー• ブダペスト• ジェール• ショプロン• ヘレンド• アイルランド• ダブリン• ベルギー• アントワープ• ゲント• ブルージュ• ブリュッセル• リトアニア• ビリニュス• ルーマニア• ブカレスト• レールパス• 鉄道チケット オセアニアすべて• オーストラリア• ケアンズ• シドニー• メルボルン• エアーズロック• パース• アデレード• ブリスベン• ダーウィン• ハミルトン島• タスマニア• パームコーブ• ポートダグラス• サンクチュアリーコーブ• フィジー• デナラウビーチ• マナ島• ナンディ• コーラルコースト• ナタンドラ• ヤヌサ島• ニューカレドニア• メトル• ブーライユ• イルデパン• ヌメア• ポアンディミエ• ニュージーランド• クイーンズタウン• オークランド• マウントクック• テカポ• クライストチャーチ• ロトルア• タウポ• ダニーデン• パイヒア• インバーカーギル• ネーピア• ネルソン• テアナウ• ウエリントン• タヒチ 仏領ポリネシア• ボラボラ• モーレア島• パペーテ• ランギロア• バヌアツ• ポートビラ 中国すべて• ペキン 北京• シャンハイ 上海• ダイレン 大連• セイアン 西安• チンタオ 青島• コウシュウ 広州• コウシュウ 杭州• セイト 成都• チョウシュン 長春• ジュウケイ 重慶• チョウサ 長沙• チョウカカイ 張家界• ハルピン 哈爾濱• コウザン 黄山• キュウサイコウ 九寨溝• ナンショウ 南昌• コンメイ(昆明)• ケイリン 桂林• ナンキン 南京• シンヨウ 瀋陽• サンア 三亜• テンシン(天津)• ブカン 武漢• ブイサン 武夷山• アモイ 厦門• ヨウサク 陽朔• 即予約確定ツアー 4• 島内観光 6• 割引商品 2• 観光 10• 観光 10• エステ・スパ・マッサージ 2• 海であそぶ 15• クルーズ 2• グルメツアー 1• ディナーショー 3• レストラン 1• ディナー 6• ランチ 1• エンタメ 1• ナイトツアー 2• 体感学習 7• ゴルフ 11• 大自然 10• ひとり旅 1• チャーター 2• プライベートチャーター 2• 参加時間帯 50• 午前半日 26• 午後半日 17• 1日観光 15• 朝 3• 昼 5• 夜 8• 家族旅行 2• マリンアクティビティ 14• マリンスポーツ 11• ダイビング 5• ナイト 5• バーベキュー 2• ショー 3.

次の

2020年 サイパンで絶対泊まりたいホテル!10選 【トリップアドバイザー】

サイパン

主要なホテルは海に面し、すぐにビーチに出られます。 リーフの内側なので静かで遠浅、ほとんど波はありません。 スキューバダイビングで有名なサイパン、実は、ダイバーだけでなく、誰もが簡単に、世界有数の透明度を誇る海を体験できるのです。 自然だけでなく、さまざまなスポーツも楽しめます。 参加も応援も楽しいサイパンマラソンは、日本からのランナーが増えてきました。 サイパン島をほぼ1周するロードバイクレース、ヘルオブマリアナは、ロードレースシーズン最後のファンライドとしても注目を集めています。 そして、ゴルフは、すっかり人気が定着したアクティビティに。 すべてのゴルフ場からは美しい海が望め、カートを乗り入れてのプレーは快適です。 さあ、海越えのすばらしいホールに挑戦してください。 ゴーグルをつけ、足を取られないようにきらめく海面をかきわけて進み、そっと顔を沈めてみてください。 トロピカルフィッシュとクリスタルブルーの胸躍る世界が広がります。 カロリン語で「一時休憩」を意味するマニャガハ島(Managaha Island)は、マイクロビーチの沖合2. 5kmに浮かぶサンゴ礁の無人島。 ガラバンの港から大型船で15分、高速船なら5分で到着。 周囲1. 5kmの無人島で、全域が国定海中公園に指定されています。 夜間の入島は禁止されています。 ここマニャガハ島はサイパンにおけるマリンアクティビティのメジャー・ポイント。 島内はレストラン、ギフトショップ、トイレ、シャワー、ロッカーが完備。 アクティビティやランチがセットになったパッケージツアーが便利でお得です。 サイパン島内のホテルへの送迎や、ボートでの送迎、入島料、傷害保険などが含まれているフリーコースを基本に、BBQランチがセットになったコースなど多数用意されています。 いくつもの現地旅行会社がマニャガハ島送迎+アクティビティーのツアーを提供しています。 自然やスポーツ、そしてリラックス。 日本から最も近い楽園・サイパンで、自由自在の休日を過ごしませんか。

次の

サイパンのおすすめ観光・観光スポット情報【HIS】

サイパン

南雲中将以下海軍守備隊幹部 (昭和18年)から1944年(昭和19年)前半にかけて軍は、、に侵攻し、北岸を東から西へとで攻略しつつ、、、へ迫った。 マリアナ諸島は、アメリカ軍の新型爆撃機が展開すれば東京など日本本土の大部分を攻撃圏内に収めることができる位置にあるため、戦略的に重要であった。 アメリカ軍は中国のにもB-29を進出させており、1944年6月16日のを皮切りにを開始する直前の状態であったが、成都からでは九州など西日本の一部しか攻撃できなかった。 もし、マリアナからの本土空襲が始まれば日本は関東の工業地帯を破壊され、さらには民間人に大量の死者を出すことや国民の士気が低下して戦争継続が困難となることが予想された。 日本軍もマリアナ諸島の重要性は認識しており、1943年9月末にはを定め、サイパン島をその中核拠点とした。 は絶対国防圏よりも遠方での艦隊決戦を重視したため、マリアナ諸島の防備強化はなかなか進まなかったが、アメリカ軍の侵攻が差し迫った1944年初頭になって慌てて防備強化が図られた。 サイパン島にも南部に(現在のサイパン国際空港)、西岸に基地、最高峰(標高473m)にを置くなど、軍事施設を整備していった。 一方、海軍の担当地域であり、また補給上の観点からも、それまでは太平洋正面への大規模な兵力派遣を嫌がっていたも、中部太平洋の島嶼に大陸、日本本土から、規模の部隊の展開を本格的に開始する。 マリアナ諸島にはから (師団長:中将)が送られたが、この時期になるとマリアナ諸島の防衛は1個師団で事足りるとは考えられなくなっており、の名の下に本土から第43師団(師団長:)などがサイパンに派遣された。 松輸送は期待以上の成功を収め、戦車連隊や第43師団の第一陣は無事到着した。 現地で増援部隊の一部は再編成され、独立混成第47旅団(旅団長:岡芳郎)が編成されている。 海軍の陸上部隊としては、の下に第55警備隊(司令:高島三治)などが置かれている。 日本陸軍は1944年2月25日に(司令官:中将、参謀長:少将)を編成、マリアナ諸島やカロリン諸島西部の指揮を担当させることにした。 第31軍は司令部をサイパン島に置いて、テニアン以北を担当する北部マリアナ地区集団(指揮官:斎藤義次第43師団長)と、ロタ以南を担当する南部マリアナ地区集団(指揮官:高品彪第29師団長)を持ち、マリアナ方面の防備を担当する海軍のの指揮下に入って、中部太平洋方面艦隊(司令長官:)の指揮を受ける形式になったが、実際には陸海軍部隊の指揮はそれぞれの司令部により行われた。 第43師団は北部マリアナ地区集団に組み込まれてサイパン守備を受け持ち、第29師団は南部マリアナ地区集団の主力としてグアムに配置された。 このほかサイパン島には海軍部隊の司令部が多く置かれており、司令長官の中将、第1連合通信隊司令官の伊藤安之進、第3水雷戦隊司令官の少将、南東方面航空廠長の中将ら高級指揮官が集中していた。 こうしてマリアナ諸島には大本営が満足すべき兵力が展開できつつあった。 日本軍の守備計画は、による上陸部隊撃破に主眼が置かれていた。 山がちなサイパンは断崖続きで周囲をリーフに覆われており、大部隊の上陸に適している平坦な海浜は南部西岸に位置するからまでの約40kmに渡る海岸線しかない。 そのため、この海岸地帯への防衛線構築が優先され、戦車などを投入した大規模な反撃も計画していた。 サイパン島の兵力密度は1平方キロメートル当たり約236名、上陸可能な海岸に対する火力密度は1キロ当り6. 5門となり、()作戦課長の大佐は「たとえ海軍航空がゼロになっても敵を叩き出せる」と称した。 確かに絶対国防圏が設定されてからサイパンには地上部隊が五月雨式に送り込まれていたのだが、実際はアメリカ軍潜水艦のにより輸送中の部隊や物資が海没したり、到着した部隊もパラオやテニアン、グアムなどに転用されることが度々であった。 さらに日本海軍は築城よりも飛行場の建設、整備を重視したため、早期に到着した部隊もアスリート飛行場の拡張や北部のパナデル飛行場の建設に駆り出されることが多く、潜水艦攻撃で補給が滞ってただでさえ少ないセメントや鋼材などの資材も飛行場に優先されて、陣地造営へ充てる人的、物的余裕はなかった。 中部太平洋のアメリカ軍侵攻ルートを地図上にたどれば、、、とほぼ一直線に並んでおり、その先にはパラオがあった。 日本海軍は、アメリカ機動部隊が1944年5月末から6月中旬頃に西カロリン、そしてパラオへと侵攻し、それからパラオを経由して次にに向かうものと判断し、西カロリン、西部ニューギニア、フィリピン南部を結んだ三角地帯の防備を強化して、敵艦隊に決戦を挑み撃破して戦局の転換を図るとした「あ号作戦」を5月20日に発令、新設の(空母9隻、搭載機数約440機)と基地航空隊の(約650機)を軸に決戦の必勝を期し、マリアナ諸島にも(サイパンにと、テニアンに、グアムにと)、(テニアンに)、(テニアンにと)、(グアムに)、(テニアンに、グアムに)、 (グアムに)が分遣された。 日本側の予想に沿うように5月27日、西部ニューギニア沖合のにアメリカ軍(大将率いる南西太平洋軍)が上陸したので、日本軍はを発動し海軍第一航空艦隊の大部分をビアク島周辺へ移動、合わせて、の部隊を送ってアメリカ上陸支援艦隊を撃退しようとした。 これらは、日本陸海軍上層部の多くが「アメリカ軍はいずれマリアナに来るが、それはパラオに来寇した後で、時期としては1944年末」と見ていたことに起因する。 が発生する前のはを策定しており、マリアナ諸島〜西カロリン〜西部ニューギニアに邀撃帯を設けて、ダグラス・マッカーサー軍と軍の二方面で進攻してくるアメリカ軍を迎え撃とうとしていたが、海軍乙事件の連合艦隊司令部壊滅により、二方向の予想アメリカ軍進攻ルートは合流してフィリピンに向かうものという一方的な想定と、帯よりも三角地帯で迎撃する方が艦隊決戦を行うには都合が良いという主観的判断で、作戦構想が見直されてが中心となって「あ号作戦」として決戦構想がつくられた。 これら大本営の間違った情勢判断から、主力の第43師団がサイパンに到着して配置が決まったのがアメリカ軍上陸の僅か20日前であり、簡単な塹壕を築く程度の時間的余裕しかなかった。 日本のだった関係でサイパン島には日本の民間人多数が戦前から居住しており、情勢の悪化に伴い5000人が本土へしたものの、約2万人がアメリカ軍上陸時にも在島していた(詳細はで後述) アメリカ軍の事情 [ ] 、アメリカは、で日本に対して反攻を開始、8月のにおいて中部太平洋を西方に侵攻していく作戦案をイギリスの首相に発表、11月としてなどが日本の占領するへ上陸した。 それまで日本に対する反攻ルートとして、ダグラス・マッカーサー大将率いる連合国南西太平洋軍が - - 、チェスター・ニミッツ大将率いる連合国太平洋軍がハワイ - - - と、2方面での進攻を企図していたが、ガルヴァニック作戦が実施された頃からアメリカはマリアナ進攻を検討し始める。 それは「マリアナを経由して台湾を目指し、中国大陸沿岸部に到達すれば、日本本土と南方の間のシーレーンを遮断できる。 日本は中部太平洋への航空機、船舶の中継、補給拠点としてマリアナを活用しており、ここを押さえれば、パラオ、、ニューギニアへの補給を絶てる。 」との海軍作戦部長の主張によるものであった。 で、陸軍、、海軍の参謀たちが会議を繰り広げた末、3月にとしてマリアナ侵攻が決定した。 なおフォレイジャー作戦が練られ始めた当初は、マリアナ諸島を日本本土への爆撃拠点として活用することは主たる作戦目的ではなく、これはキングが自説を軍事作戦化させるのに陸軍航空軍を味方にするため、作戦実現のメリットに日本本土への爆撃機基地を得ることを付け加え、それが反映されて立案されたものである。 チェスター・ニミッツ大将の連合国太平洋軍司令部は翌4月から作戦準備に入り、航空機からの空撮、潜水艦で沖合からの海岸撮影など偵察を繰り返し、日本側の暗号電報やで入手した機密書類で得た情報を総合的に分析していく。 サイパンの日本人は3万人で内戦闘員は1万前後だが、上陸実行時には守備隊は1万5千〜1万8千に増強されていると推定 (実際は陸軍が約2万8千、海軍が陸戦隊と兵站部隊で約1万5千とアメリカの推定よりもかなり多かった)、対するアメリカ軍上陸部隊はとで約7万1千、他に陸軍 ()など2. 5個師団分を予備兵力として準備しており、また艦砲射撃、戦車、バズーカ、航空機の地上支援など火力と物量で圧倒し、日本軍兵数に関する推定と実際の誤差など問題にならないほど大兵力を集中させていた。 主要戦闘経過 [ ] 前哨戦 [ ] チェスター・ニミッツ大将率いる連合国太平洋軍のサイパン攻略艦隊は、に集結した。 5月30日、海軍大尉の操縦で基地を飛び立った日本海軍の偵察機が、これを確認した。 6月5日、彩雲で再びマジュロ環礁を偵察し、アメリカ軍が出撃準備を急いでいることを確認した。 しかし、大本営はアメリカ軍の攻略目標をマリアナとは予想しておらず、パラオ方面の防衛力を増強した。 これは、直前の5月27日から始まったが続いていたため、ビアク島から遠いマリアナ諸島最北端のサイパンに上陸する可能性は小さいと思われたからである。 第31軍司令官の小畑中将も、5月28日からパラオへ作戦指導のため出張している。 6月9日、彩雲による3度目のマジュロ環礁の偵察をしたが、既にアメリカ軍は6日にサイパンに向け出撃しており、その姿はマジュロ環礁から消えていた。 6月11日、アメリカ軍艦載機1,100機によるサイパン島に対する奇襲的なが行われ、同月13日からは戦艦8隻、巡洋艦11隻含む上陸船団を伴った艦隊がサイパン島に接近、砲弾合計18万発ものが開始された。 これにより水際にあった日本軍の陣地は半壊し、サイパン基地の航空機は20機を残し撃破された。 その20機は後日、飛行場を占領したアメリカ軍にそのまま鹵獲される 在泊中の日本艦船は脱出を図ったが、そのうち最大のはほぼ全滅した。 このサイパン島への侵攻は、パラオ方面への侵攻を予想していた日本軍を驚かせた。 小畑軍司令官は急いでサイパンの軍司令部へ帰還しようとしたが、既にサイパン島周辺はアメリカ軍の制空権下となっていたため不可能で、小畑軍司令官はから指揮を執ることになった。 軍司令官不在の第31軍司令部は、井桁参謀長が責任者となって作戦指導を行ったが、少将である井桁参謀長が中将である斎藤第43師団長を指揮するという変則的な形となった。 6月15日早朝にアメリカ軍サイパン上陸の報に接した並びには、直ちに指揮下全部隊に対し「あ号作戦決戦発動」を下令した。 基地航空隊と機動部隊で来寇アメリカ機動部隊を撃滅し、次いでサイパン攻略部隊も全滅させようという計画であった。 司令長官は全軍に対し『皇国ノ興廃此ノ一戦二在リ、各員一層奮励努力セヨ』と宣し、士気を鼓舞した。 もフィリピンのギマラスよりマリアナに向けて出撃し、6月18日〜19日の艦隊決戦を予想していた。 海軍はマリアナ、西カロリン、パラオ、フィリピン南部に基地航空隊の第一航空艦隊約650機を展開していたが、ビアク島にアメリカ軍が上陸するとそのほとんどを西部ニューギニア方面に進出させて、ビアク島周辺の作戦で430機まで消耗していた。 またパイロットの多くもマラリアやデング熱に罹っていて、アメリカ軍のサイパン上陸に対してマリアナへ急行、迎撃できたのは100機そこそこだった。 水際撃滅 [ ] アメリカ軍の上陸地点、海兵2個師団の4個連隊が初日に上陸している はマリアナに来寇してきたアメリカ軍は、空母9隻、戦艦9隻を基幹とするもので、上陸兵力は1〜2個師団と判断し、『この堅固なる正面に猪突し来れるは敵の過失』として、守備隊の勇戦敢闘で撃退できると確信し 、(との三職兼務)も昭和天皇に対して「サイパン、テニアン、グアムは確保できる」と、絶対の自信を披瀝するほどであったが 、日本側の来襲したアメリカ軍に対する戦力判断は過小評価であった。 6月15日7時15分にアメリカ軍は、第一波の大型上陸用舟艇70隻、小型100隻、68両が、戦艦・と巡洋艦バーミングハム・インディアナポリスからなる上陸支援艦24隻の支援射撃の下に南北の海岸に殺到した。 同海岸を守っていた日本軍歩兵2個大隊は連日の砲爆撃で大損害は被っていたが、上陸部隊に対し激しい集中砲火を加えた。 特に大隊(大隊長 黒木少佐)は砲爆撃による損失は一門もなく、絶大な威力を発揮した。 日本軍の激しい砲撃で68両の内50両近くが撃破されている。 6月11日から続いた上陸までの激しい艦砲射撃で地上に暴露していた陣地施設等は殆ど破壊されてしまっていたが、しかし掩蓋をかけたり地形を巧みに利用した陣地の多くは健在であった。 また多数設置していた偽陣地に砲撃が分散したのも艦砲による被害を減少させる要因となった。 健在であった海岸砲は艦砲射撃をしている艦船に応射を行い、戦艦の5インチ砲を1門撃破し死傷者35名 、戦艦を損傷させ死傷9名、駆逐艦ブレイン損傷させ戦死3名、負傷者多数の損害を与えている。 アメリカ軍は138,891発8,500トンの艦砲射撃を行い、海岸陣地をもっと弱体化できたと考えており日本軍の猛烈な反撃は全くの予想外だった。 アメリカ軍による自らの艦砲射撃についての評価は、かなりの成果を挙げてアメリカ軍の勝因の最有力なものの一つとなったとの前向きな評価をしつつも 、上陸当日、海岸線で日本軍の猛烈な反撃を被る事となった為、サイパン戦での艦砲射撃の効果は「不十分」であったとも分析し、• 準備砲撃期間が短く、目標が多かった• 空中観測の訓練が不十分• グアム戦を見越して弾薬を節約していた• 日本軍火器の偽装と陣地変換が巧みであった との反省点を挙げている。 連合国太平洋軍最高指揮官も「上陸地点に向けられた不十分な砲火だけではあまりにも不徹底であり、海岸の背後や両翼陣地には、丘陵地帯にガッチリ据えつけられた多数の火砲や機銃が無傷で残っていた。 」と回想している。 一方で、日本軍側より見た艦砲射撃の効果は、アメリカ軍の捕虜となった兵士の尋問により「艦砲射撃による戦死者のあまりの多さにぞっとした」「艦砲射撃が最も恐ろしかった」「アメリカの最大の勝因は艦砲射撃」との証言あり、かなりの脅威となっていた事が窺がえる。 その後もアメリカ軍は第四派までを次々に海岸に向けて送り込み、その合計はと上陸用舟艇で700両、兵員は8,000名に達していたが、上陸開始からわずか1時間でアメリカ軍の死傷者は4名の大隊長も含めて1,000名を超えていた。 の師団長はアメリカ軍の上陸を受けて、戦闘指揮所を前線により近いヒナシス山付近に前進させ、自ら第一線の戦闘を指揮した。 また水際逆襲の為に戦車第9連隊第5中隊(吉村中隊長)などの戦力を第二線に集結させた。 激しい日本軍の射撃に死傷者続出のアメリカ海兵隊 11時までには上陸したアメリカは多数の死傷者を出しながら、前線を400フィート(365m)進めたが、リーフ上では後続部隊が日本軍の攻撃で混乱状態に陥っていた。 12時ごろにオレアイ付近のアメリカ第2海兵師団に対して、歩兵第40連隊第3大隊(河村大隊長)を主軸とする1,000名の歩兵と吉村戦車中隊約15両が反撃を行った。 戦車の揚陸が未だであった海兵第二師団は日本軍の戦車の攻撃にやで対抗したが、日本軍の猛攻に水際まで一旦押し切られそうになった。 日本軍戦車はアメリカ軍の水陸両用戦車アリゲーターなどを戦車戦で撃破しながら進攻したが、アメリカ軍は艦砲射撃の支援でかろうじて戦線を支え日本軍を押し戻した。 一方日本軍は河村大隊は壊滅し、河村戦車中隊も2両を残し撃破された。 アメリカ海兵第2師団だけで、上陸当日の戦死者・行方不明者は553名負傷者は1,022名に上った。 日本軍の反撃は撃破されたが、防衛線は各所で頑強な抵抗を行いアメリカ軍の占領地域は容易には拡大できなかった。 夜までにアメリカ軍が確保したのは、海岸線のを含む南北1キロ縦深数百メートルと細長い地域に過ぎず これはアメリカ軍の計画の半分にも満たなかった。 特にアギガン岬とススペ崎の日本軍陣地はアメリカ軍の攻撃を何度も撃退し、陣地を確保していた。 アメリカ軍はこの狭い地域に2個師団20,000名がひしめく事となった為、混雑と混乱が大きな問題となっていた。 日本軍は6月15日夜半に軍の総力をもっての総攻撃を企画したが、通信線が寸断されており部隊の掌握ができなかった。 その為夜襲は連絡が取れた一部の部隊のみで行われたが、小規模な夜襲となってしまった。 アメリカ軍は日本軍の夜襲を警戒し、沖合の戦艦や駆逐艦が照明弾を打ち上げていたが、日本軍の夜襲を確認すると艦砲により支援射撃を行ってきた。 それでも夜襲部隊はオレアイ三叉路付近のアメリカ軍連隊指揮所まで達したが、艦砲を含むアメリカ軍の激しい砲撃に700名の遺棄遺体を残し撤退した。 戦車第9連隊の五島正大佐はアメリカ軍が狭いにひしめき合い、戦車も十分に揚陸できてない今の状況で戦車で攻撃すれば効果は絶大と判断し、鈴木参謀長に6月16日早朝に戦車第9連隊単独での挺身攻撃を提案したが、参謀長よりは歩兵との連携攻撃を指示され戦車第9連隊は歩兵が集結するまで待機させられる事となった。 戦車第9連隊は満州で戦車独自で機動攻撃する猛訓練を積んでおり、戦中に急造されたとでは練度的に連携攻撃は困難と評価していた上に、歩兵が集結するのを待てばアメリカ軍が戦車などの重火器を揚陸し反撃が困難になると主張したが、五島大佐の上申が取り上げられる事はなかった。 戦車第9連隊の生存者下田四郎氏は6月15日夜〜16日朝までにアメリカ軍に臼砲を撃ちこみ、戦車突撃できていればアメリカ軍上陸部隊を撃破することも可能だったと悔やんでいる。 では必勝の確信が強かっただけに、アメリカ軍の上陸成功に対しての失望は大きく、上陸当日の陸軍省、参謀本部では、いたるところで「31軍は腰抜け」「井桁のぼやすけが」と敵上陸を許した井桁参謀長に対する非難と罵声があふれていたという。 また井桁参謀長を解任し、少将と交代させるべきだとの声も起こった。 日本軍総攻撃 [ ] 翌6月16日、アメリカ軍は輸送船35隻、40隻、上陸用舟艇多数で膨大な量の物資を揚陸し、戦力の充実を図り激しい攻撃を加えてきた。 6月15日はアメリカ軍の攻撃を何回も撃退してきたススべ崎の陣地も攻略され、アギガン岬を死守してきた独立歩兵第316大隊(江藤大隊長)は機銃から高射砲まで駆使して激しく抵抗したが、包囲されて壊滅しアギガン岬も占領された。 これにより、第2海兵師団と第4海兵師団の占領地が連結され、連携しての進撃が可能となった。 アメリカ軍は徐々に前進していき、 東側を防衛していた高射砲第6中隊は高射砲により戦車6両を撃破したが反撃で壊滅、またヒナシス付近の同第2中隊もアメリカ軍の攻撃で壊滅し生存者50名はに撤退した。 に安置されている97式中戦車、当車両はサイパンで全滅した戦車第9連隊のもの。 また本日に、の出撃知った提督が、日本艦隊迎撃の為に6月18日のグアム島上陸予定を一旦延期した。 その際に予備兵力であったアメリカ陸軍の第27歩兵師団の内1個連隊を上陸させ、輸送艦隊を沖合に退避させた。 この為サイパンのアメリカ軍陸上部隊は強化される事となった。 第27歩兵師団はに向け進撃した。 飛行場までの間に広がるサトウキビ畑中に日本兵が潜んでおり、そこから奇襲攻撃が加えられた。 そのため上陸アメリカ軍は、で畑を焼き払い、日本兵が出てきた所を攻撃する作戦に出た。 アメリカ第27歩兵師団は夜半までに飛行場に到達した。 6月16日夜に、前日より続けてきた戦力集結の目途がついた為、第43師団長より守備隊の総力を挙げての逆襲が下令された。 また戦車第9連隊は戦車単独攻撃を主張したが、結局は歩兵との連携攻撃となった。 攻撃目標は海岸ではなくオレアイのサイパン無線局とし、戦力は歩兵第306連隊、歩兵第40連隊第三大隊、歩兵第18連隊第1大隊、戦車第9連隊と砲兵隊、海岸で壊滅した部隊の残存兵であった。 攻撃開始時刻はアメリカ軍が夜襲対策として防御を固める夜半ではなく、夕方の17時としたが、結局準備に手間取り、攻撃開始は深夜の6月17日2時30分が攻撃開始時間となった。 日本軍の戦車の運用法は薄暮か黎明攻撃を中心とし、その猛訓練を積んできており、歩兵のように夜襲で寝込みを襲うといった斬り込み思想での訓練は殆どやっておらず、連係攻撃に未熟な第43師団の歩兵を連れての夜襲攻撃は戦車第9連隊に手枷足枷をつけているようなものであった。 戦車第9連隊の30両の戦車にはそれぞれ歩兵数名が乗り込んでおり、いわゆるによる突撃となった。 本来であれば戦車部隊は横隊で突撃するのが理想的であるが、地形的に2列縦隊での突撃を余儀なくされ、水平に砲撃すれば前の車輌に当たってしまうため、仕方なく空に向かって砲撃せざるを得なかった。 一方アメリカ軍はを多数揚陸済みであり、他にも大量のと新兵器と対戦車砲を搭載したも待ち構えていた。 アメリカ軍海兵隊にとっては、開戦以来、初めて受ける大規模な敵戦車からの攻撃で大きな混乱がおこってもおかしくなかったが、夜間で日本軍戦車隊の全体像が判らなかったので、かえって視界内の限られた戦車への対策に集中できて、海兵隊兵士に大きな混乱は生じなかった。 一方で、攻撃側の戦車第9連隊は不慣れな縦隊突撃を行ったので、たちまち指揮系統が混乱してしまい 、まとまった作戦行動はとれず、4~5輛の戦車が一団としてまとまって突進し、なかには沼地にはまって動けなくなる戦車もあった。 それでも、戦車第9連隊の戦車はアメリカ軍が築いていた陣地に突入したが、そこで待ち受けていたのが海兵隊員が装備していた新兵器のバズーカであった。 装甲の薄い日本軍戦車にバズーカが命中すると、ほぼ同時に装甲を貫通して内部で炸裂し擱座する戦車が続出した。 M3 37mm砲も威力を発揮して次々と日本軍戦車は撃破されていった。 空には無数の照明弾が打ち上げられ白昼のような明るさの中で、も戦場に到着して、との戦車戦が行われたが、砲撃の練度は日本軍が勝り次々と命中弾を与えるが、全てM4中戦車の厚い装甲にはね返されるのに対し、M4中戦車の砲弾は易々と97式中戦車やを撃破していった。 戦車の上に乗っていた歩兵も激しい射撃で死傷者が続出して殆どが振り落された。 あらゆる火器を浴びせられる中で日本軍戦車は絶望的な戦いを続けており、が搭乗していた95式軽戦車は、第3中隊長の西館法夫中尉が搭乗する97式中戦車改と併走していたが、中隊長車にはバズーカが命中し爆発炎上した。 中隊長車からは西館以下誰も脱出できず、全員が戦死したものと思われたが、脇目もふらずにさらに突進したところ、にバズーカが命中し、走行不能となってしまった。 戦車長の中尾曹長の指示で3名の戦車兵は戦車から脱出、車載機銃を取り外して近くの窪地に潜むこととした。 目の前では激しい戦闘が続いており、数十m先ではバズ-カが命中して撃破された97式中戦車の中から一人の戦車兵が飛び出すと、軍刀を振りかざしながら敵陣に突撃していった。 そのような光景を見ていたたまれなくなった下田は、自分も機銃を抱いて突撃しようと身構えたが、戦車長の中尾が「死に急ぐな、戦闘はこれからだぞ。 この場は俺にまかせろ」といって強く制止した。 なおも突進し、あと一歩でアメリカ軍に砲兵陣地まで達するところまで達した日本軍戦車を足止めしたのは、の砲撃と艦砲射撃であった。 最後の日本軍戦車は朝7:00に海岸近くまで達して、海上の海軍艦艇から目視することができたので、20発の艦砲射撃が浴びせられた。 榴弾砲やが、日本軍戦車撃破にあまり活躍できなかったのは、総攻撃に伴って行われた日本軍の支援砲撃が非常に効果的であったためで、日本軍の観測兵はアメリカ軍の砲兵陣地を24時間に渡って詳細に観察し、その位置関係を図面にしていたので、極めて正確な砲撃ができた。 日本軍の砲撃によりM101 105mm榴弾砲5門と75mm対戦車砲3門が撃破されて、海兵隊の砲兵に多数の死傷者が生じて砲撃能力が低下していた。 夜が明けて戦場でくすぶる日本軍戦車の中には、まだ戦車兵が生存しているのか砲塔を回転させている戦車もあったが、M3 75mm対戦車自走砲の砲撃によりトドメが刺された。 この戦車第9連隊の突撃でアメリカ軍は97名の海兵隊員が死傷した。 戦闘が開始されて2時間経過した朝7:00には、連隊長車で砲塔に白い点線で鉢巻きの塗装がしてある97式中戦車改「あそ号」も、かえってその白い点線が目印となりアメリカ軍に集中攻撃された。 勇敢な海兵隊員が戦車砲下部の操行器に手榴弾を投擲し、転輪が吹き飛び走行不能となって撃破されている。 「あそ号」を含めた29輛の戦車第9連隊の戦車が戦場の至る所で燻っており、唯一、仁科信綱軍曹が車長の1輛のみが生還した。 戦場をあとにし、中隊本部に後退する下田らは仁科の戦車と合流したが、その際に仁科より「友軍は全滅したぞ、連隊長殿の戦車も擱座した。 おそらく戦死されただろう」と連隊長の五島の戦死を聞かされている。 一方で、日本軍最大の戦車攻撃を撃退したアメリカ軍海兵隊の兵士らは、明るくなって戦場に多数残されていた日本軍戦車の残骸を見て非常に志気が高まり、戦車の近くで動けなくなった日本兵の負傷者を探しては殺害して回っている。 戦車第9連隊に呼応して夜襲をかけた歩兵も、昨日より格段に強化されたアメリカ軍陣地の前に死傷者続出で第36連隊は一個大隊程度の兵力にまで落ち込んで退却、歩兵第18連連隊第一大隊は久保大隊長以下殆どが戦死した。 この総攻撃は失敗に終わり日本軍は主力が潰えたが、アメリカ軍も上陸3日間で5,000名以上の予想外の戦死傷者を出して、予備の第27歩兵師団の全部隊をサイパンへの投入を余儀なくさせられている。 サイパン島孤立化 [ ] 戦艦の16インチ砲弾の不発弾に座って寛ぐアメリカ軍海兵隊 日本軍総攻撃が失敗した6月17日の夜明けよりアメリカ軍は激しい砲爆撃の援護の下で全線に渡って前進を開始した。 海岸付近に残存していた部隊は勇戦敢闘するも、圧倒的な火力の前に後退を余儀なくされた。 ヒナシス山では激しい防衛戦となり、一旦はアメリカ軍に山頂を占領されたが、日本軍は残存の火砲を集中しアメリカ軍を撃退し山頂を奪還している。 一方でアメリカ軍上陸以降、地形と陣地を上手く活用しアメリカ軍に痛撃を与えていた大隊も夕刻までには砲の全てが撃破され、黒木大隊長以下が歩兵として夜襲をかけるも全滅し黒木大隊長も戦死するなど 防衛線各所でそれまでアメリカ軍の攻撃を防いでいた部隊が大損害を被った。 は6月17日未明の総攻撃の失敗の報に接し、これ以上の事態の重大化を抑える事と、先日にが天皇にサイパンは確実に防衛できるとの上奏した手前もあり、サイパン失陥は絶対に防がないといけないとの意志で、6月17日夜には速射砲5個大隊や20糎臼砲大隊等の増援部隊や武器弾薬を送り込む事を決定し、に準備を指示している。 (イ号作戦と呼称、とは別) 6月18日にはさらに戦力を充実させたアメリカ軍が9時ごろより攻撃を開始、昨日日本軍より奪還されたヒナシス丘陵を再度占領すると、そのわずか1時間後にはアスリート飛行場も占領した。 日本軍はアメリカ軍の速攻により飛行場の設備を破壊する間もなく、酸素工場・発電所・燃料タンクがそのままアメリカ軍に使用される事となりまた多くの航空機とその部品も鹵獲された。 この頃には第31軍司令部と第43師団司令部の連絡も断絶し、相互に全く状況は不明となっていた。 その為第31軍の井桁参謀長は6月18日に大本営に戦況報告をした際に『第43師団司令部は本日午前敵の攻撃を受け師団長は幕僚と共に戦死せり』と誤報告を送っている。 (実際は南興神社にあった師団司令部は健在) その報告を受けた大本営は直ちに堤三樹男少将を後任として準備を進めたが、第31軍司令部はその後に師団長戦死は誤報であった事を打電している。 第31軍司令中将はサイパンへのアメリカ軍上陸前にを視察していたが、アメリカ軍上陸後の6月16日にに移動しサイパンへの帰還のタイミングを見計らっていた。 東條首相からは『貴官は手段を尽くして速やかにサイパンに帰着し直接該方面の作戦を指導するを要す』との強い指示があっており、第31軍の各参謀を連れて6月21日に、6月24日にと次第にサイパンに近づいたが、アメリカ軍の重囲下にあるサイパンへの上陸はどうやっても困難であり、小畑中将は結局グアム島よりの指揮を行う事となった。 この頃の日本軍の戦力は下記の通りと推定された。 第43師団 歩兵4個大隊半 砲兵1個大隊• 独立歩兵第47旅団 歩兵半個大隊• 他、歩兵1個中隊 戦車1個中隊 高射砲 1個中隊• 兵器 野砲12 高射砲6 機関砲5 戦車十数両 この残存戦力ではもはや水際撃滅も不可能で、各部隊も組織としての戦闘力を失いつつあった。 この状況により第31軍は全軍に付近に後退し戦線を整理する事を下令した。 この頃にグアム島、から増援部隊がサイパン島逆上陸を目指して出撃しているが全て失敗している。 マリアナ沖海戦でアメリカ軍の航空攻撃を受ける空母千代田と戦艦榛名 サイパン島がいよいよ重大な局面に立ち至った6月18日夜、サイパン守備隊に対し『前線将兵の善戦を嘉賞する、萬一サイパンを失うようなことになれば、東京空襲も行われる様になるから、是非ともサイパンを確保せねばならぬ』とのの御言葉が伝達された。 は前述のサイパン島増援作戦「イ」号作戦に加えて、6月19日に開始される予定の機動部隊と基地航空隊によるでのアメリカ艦隊撃滅を期待し、サイパン奪回作戦となる「ワ」号作戦も上奏した。 これはサイパン守備隊残存と「イ」号作戦の増援である歩兵第145連隊でサイパン要域を確保しつつ、「あ」号作戦でアメリカ艦隊に打撃を与えた後に、と第68旅団と空挺部隊等でサイパンに逆上陸を果たしアメリカ軍上陸部隊を撃滅しようと言う作戦であった。 サイパン奪回にかかる全作戦は総称で「Y号作戦」と呼称された。 しかし、6月19日〜20日にアメリカ機動部隊と日本機動部隊の決戦となるでは、は空母3隻と艦載機の大半を失う惨敗を喫しマリアナ海域より退避した。 また同時に基地航空隊も目ぼしい戦果を挙げる事なく壊滅し、いよいよマリアナ周辺の制空・制海権はアメリカのものとなった。 6月20日の「あ」号作戦の失敗を受けて、陸軍はサイパン奪還作戦の「ワ」号作戦はもはや実現不可能と判断し、等の該当部隊を他戦域に転用することを内定した。 増援の「イ」号作戦については海軍に積極的意図があればやってもよいという消極的な対応となったが、陸海軍の間でサイパンへの対応について6月22日〜23日の2日間に渡って協議がなされた結果、もはやにマリアナ海域に突入できる戦力はないことや、制空・制海権が無い中での増援部隊の海上輸送は困難との事で、サイパン奪回作戦の断念が決定された。 6月24日には陸海軍総長が中部太平洋方面に対する今後の作戦指導について上奏したが、これによりサイパンは実質的に放棄が決定され、守備隊と残された住民の運命が決する事となった。 タポチョ山の攻防戦 [ ] 海兵隊の戦死者の目印として立てられた小銃。 マリアナ沖海戦が戦われている頃、付近に後退していた日本軍は防衛線を再構築していた。 右翼は市街を防衛する海軍部隊、防衛線の中核となる268高地、343高地には損害が比較的少ない歩兵第135連隊主力が陣地を構築、タポチョ山東側のラウラウ湾方面にはアメリカ軍の再上陸を警戒して、今までの戦闘で大きな損害を受けていた歩兵第118連隊、同136連隊、独立混成第47旅団の残存兵力が配置された。 第43師団司令部はドンニイ西側山中に移動した。 タポチョ山で防衛線を構築していた日本軍の残存兵力は下記の通りと推定された。 第43師団 9,000名 砲兵13門• 独立歩兵第47旅団・その他 6,000名• 軍砲兵全滅 戦車2両 高射砲1個中隊 機関砲1個中隊 アメリカ軍の作戦は第一次作戦がアスリート飛行場の占領で、態勢を立て直し6月21日以降は第二段階として日本軍残存部隊の殲滅を図るものと予想されていた。 その為6月20日は主陣地方面では大きな動きは無かったが、サイパン島の南東方面のナフタン半島には第317独立歩兵大隊、高射砲第25連隊第一中隊、アスリート飛行場の海軍基地員の残存兵が立て籠もり、6月18日よりアメリカ軍の攻撃に対して激しい抵抗を示している。 またアメリカ軍支配地域でも日本軍の残存兵がゲリラ活動を続けており、後方施設を破壊し補給活動の妨害を行っており、では第2海兵師団の弾薬倉庫の爆破に成功している。 6月19日に、先の総攻撃で壊滅した戦車第9連隊の生存者30名が、にトラック島に移送予定だった10両がそのまま放置してあることを聞きつけ、その内稼働した9両に分乗し再度戦車攻撃を仕掛けた。 6月21日には硫黄島に進出していた海軍八幡部隊の12機がサイパン沖合のアメリカ軍艦隊に攻撃したが戦果はなかった。 アメリカ軍はいよいよ6月22日にタポチョ山の防衛線に対して攻撃を開始した。 防衛戦中核の230高地(アメリカ軍呼称 ティポベイル)343高地、286高地にも戦車150両を主軸として猛攻撃を加えてきた。 翌6月23日はタポチョ山の東側の峡谷にむかって第27歩兵師団が進撃してきたが、河村大隊や歩兵第118連隊他残存部隊で編成された守備隊の地形を最大限利用し巧みに構築された陣地による頑強な抵抗を受けて全く進撃ができなくなった。 あまりに死傷者が続出するのでアメリカ軍はこの峡谷に「死の谷」とか「リッジ」とか「地獄谷」とか思いつく限りの禍々しい名前を付けた。 山腹にある洞穴から日本軍は重迫撃砲や重機関銃で攻撃してくるも、下にいるアメリカ軍戦車からは角度的にその洞穴を戦車砲で攻撃する事ができなかったので、手榴弾や銃剣や時には素手による日米両軍の歩兵での激しい白兵戦が展開された。 それでもアメリカ軍は一日に100ヤード(91m)も前進できず、第27歩兵師団の両翼を進撃していた海兵隊が側面から日本軍の攻撃を受ける懸念が大きくなり、6月23日のアメリカ軍の総攻撃は失敗に終わった。 6月24日に上陸軍指揮官の中将が、マリアナ攻略艦隊指揮官の大将に第27歩兵師団長 ()少将の更迭を申し出た。 その理由はラルフ・スミス少将の指揮が、今回の攻撃失敗を含めて、上陸以来適切でなかった上に、師団長に任命されて20ヶ月経つが、その間にホーランド・スミス中将が満足できるレベルまで第27歩兵師団の戦力を向上させる事ができなかったということであった。 スプルーアンスはこのことにより陸軍の名誉が傷つけられ、陸海海兵隊3軍の関係が悪化し今後の作戦に支障をきたす事を懸念し躊躇したが、結局はマリアナ諸島の陸上作戦の総責任者であるホーランド・スミス中将の意見を尊重してラルフ・スミス少将を更迭した。 後任はスタンフォード・ジャーマン少将となったが、師団長を挿げ替えたところで戦況に大きな進展も無かった上に、ジャーマンは進撃遅延の責任を取らせて連隊長を更迭したため、逆に第27歩兵師団の士気は下がり、わずか4日後の6月28日にはジョージ・W・グライナー少将に師団長が再度変更になるといったドタバタ劇を演じている。 この更迭事件は『スミスVsスミス事件』と呼ばれてアメリカ軍内で大問題に発展し、スプルーアンスの心配通り、この後の3軍の連携に大きな影響を与えている。 この後の3軍連携の大規模作戦となったでは陸上作戦の総指揮官は陸軍の中将となったが、陸軍のバックナー中将に対し海軍や海兵隊は気兼ねせざるを得なくなって積極的な作戦提案等がしにくい状態となり、沖縄戦苦戦の一因となった。 上陸以来2週間に及ぶ激戦で、戦死者数は圧倒的に日本軍が多かったが、アメリカ軍も数千人単位で戦死者が出ており埋葬が間にあわなくなっていた。 その為、死体袋が砂浜にうず高く積み上げられる状態となり、それを見たアメリカ兵士の士気に大きな影響が出かねなかったため、途中から海軍の艦艇に積んで沖合で水葬にすることとしている。 で砲撃を加えるアメリカ海兵隊、防盾が銃撃により穴だらけなっている 日本軍守備隊がタポチョ山でアメリカ軍の進撃をよく足止めしていた6月24日に井桁参謀長はに、「イ」号作戦による増援と航空支援を要請しているが、しかし大本営の方針は前述の通りサイパン放棄であり、増援は送れない旨返電している。 その後もタポチョ山の攻防戦は続き、死の谷で第27歩兵師団が苦戦していた6月25日には第2海兵師団はタポチョ山山頂に到達し、日本軍歩兵第135連隊と激しい争奪戦を6月26日まで繰り広げている。 特に第6中隊(大津理作中隊長)の勇戦は目覚ましく、アメリカ軍の迫撃砲陣地や照明班を撃破し山頂を死守していたが、撤退を命じられると、撤退の途中でアメリカ軍の戦闘指揮所を襲撃し150名のアメリカ兵を掃討して無事に本隊に合流している。 タポチョ山では日米両軍の激しい近接戦闘が続き、激しい白兵戦の中で日本軍の手榴弾から味方の部隊を守る為、自ら日本軍が投擲してきた手りゅう弾の上に覆いかぶさって戦死した ()一等兵はアメリカ軍の最高勲章であるを死後受賞している。 激しい白兵戦の後に6月26日中には山頂はアメリカ軍の支配下となり、日本軍はその夜夜襲をかけたがついに奪回できなかった。 この頃になると日本軍は第31軍司令官小畑中将がグアム島におり、陸戦の最高責任者が現地不在だったのに対して、サイパン島には中部太平洋方面艦隊司令長官中将、第43師団斎藤師団長、第31軍参謀長井桁少将など多くの高級将官がいたため、通信手段の断絶もあって命令が入り乱れ指揮が混乱していた。 戦闘に参加する部隊もあれば、命令だからといって後退する部隊もおり作戦が一貫していない場合もあったという。 また上陸の6日後にはアメリカ軍が占領したアスリート飛行場は、アメリカ軍の突貫工事にて利用可能になっていたが、皮肉にも飛行場とチャラン・カノアなどのアメリカ軍占領地域の物資輸送には日本が敷設した鉄道が活躍している。 6月26日夜にはトラック島から出撃した陸攻数機がアスリート飛行場とアメリカ艦船を攻撃したが、飛行場は若干の損害に止まり、貨物船にも爆弾が命中したが不発であり11名の死傷に終わった。 6月27日になるとタポチョ山はほぼアメリカ軍に制圧され、「死の谷」で苦戦していた第27歩兵師団も両翼の海兵師団と肩を並べるところまで進撃してきた。 斎藤第43師団長は「在島守備隊は最後まで、わが空軍または増援部隊の来着を信じている。 (中略)サイパン島防衛は7月10日まで可能である」と切実な支援要請をグアム島の第31軍小畑司令官に打電している。 一方アメリカ軍の損害も大きく、このタポチョ山の一連の戦いでの死傷者は、第27歩兵師団1,465名 第2海兵師団1,016名 海兵第4師団1,506名 合計3,987名に上った。 特に「死の谷」で苦戦した第27歩兵師団は第165連隊長のケリー大佐が戦死、他2名の大隊長も戦死、中隊長は22名が死傷するといったように高級将校の損失が大きかった。 サイパン守備隊玉砕 [ ] ガラパンでの市街戦。 6月28日にアメリカ軍は、サイパン最大の市街地に攻撃を開始した。 守備隊はガラパンの起伏が多い地形を活用したり、市街地の建築物を利用した市街戦で肉薄攻撃、白兵突撃を駆使して3日に渡って勇戦・敢闘するも、食糧も飲料水もなく3日間飲まず食わずでの戦いとなり、守備隊主力の第118連隊はほぼ全滅した。 陸海軍合同司令部は、6月27日に今後の作戦指導を検討した結果、「タナバク、221高地、タロホホの線を最後の抵抗線として戦闘を続行する」と決定し、各部隊に新防衛線への移動開始を7月2日とすることを通知し司令部も後方の地獄谷に移動した。 ガラパンが戦場になり行き所を失った一般邦人の多くは島の北端パナデル付近に集まっていた。 6月18日よりナフタン半島で敢闘してきた日本軍の独立歩兵第317大隊らの生存者約500名は、アメリカ軍の猛攻で進退窮まった6月26日夜半に佐々木大隊長指揮の下でアスリート飛行場を混乱させ、味方主力に合流すべく最後の突撃を行った。 突撃隊は「七生報国」を合言葉に一心不乱にアスリート飛行場に向けて突撃を行った。 部隊の一部はアスリート飛行場に突入し既に展開していたP-47戦闘機を4機撃破し、アメリカ軍と激しい白兵戦を演じアメリカ兵33名が戦死、日本兵は143名が戦死した。 また別の部隊が第104野砲大隊陣地にも突入し20名のアメリカ軍砲兵が戦死した。 しかし突撃は翌朝には鎮圧され、6月27日中にはナフタン半島全域がアメリカ軍の占領下となった。 しかし、残存兵わずか1,000名足らずのナフタン半島の攻略に日本軍の頑強な抵抗に手間取り、攻略に1週間を要し第27歩兵師団第105大隊だけで556名も死傷者を出したことにホーランド・スミス中将は激怒し、『スミスVsスミス』事件の一因ともなっている。 日本軍守備隊の崩壊は深刻な水準となっており、7月2日を待たずに後方に退却する部隊が続出したが、アメリカ軍の進撃は早く、新防衛線にたどり着く事ができず壊滅する部隊も多かった。 歩兵第136連隊主力も撤退途中にアメリカ軍に包囲され、7月4日に連隊長小川雪松大佐ら本部要員はアメリカ軍第165連隊の戦闘指揮所と不意に遭遇し、日米の連隊本部同士の銃撃戦となり、日本軍第136連隊の小川大佐を含む本部要員27名が全員戦死した。 また日本軍各部隊が撤退したことで、ガラパンを防衛していた海軍部隊や陸軍の残存部隊も退路を断たれガラパンを放棄せざるを得なくなり、ガラパン全域はアメリカ軍に占領された。 7月4日にはアメリカ軍の砲撃が激化し、地獄谷の合同司令部付近にも着弾し第31軍高級参謀伊藤誠逸大佐が戦死、斎藤師団長も負傷した。 ホーランド・スミス中将はいよいよ日本軍を撃滅する時が来たと考え、サイパン島を東西に分割し、西側を第27歩兵師団、東側を第4海兵師団(第2海兵師団は予備)それぞれがマッピ岬に向けて進撃する事とした。 アメリカ軍の攻勢が強まる中で新防衛線もアメリカ軍の包囲を受けており、合同司令部は今後の方針について協議し、さらに島の北端まで撤退するか、全軍挙げて玉砕攻勢を行うかの二者択一に迫られたが、7月7日をもって全軍で玉砕突撃し全員の死を以って太平洋の防波堤となる事に決した。 7月5日に南雲中将と斎藤中将は全兵士に対して 「 前略 今や止まるも死、進むも死、生死すべからくその時を得て帝国男児の真骨頂あり、今米軍に一撃を加え太平洋の防波堤としてサイパン島に骨を埋めんとす」 との訓示を行った後に、第43師団長斎藤中将、第31軍参謀長井桁少将らの合同司令部指揮官と共に自決した。 また南雲中将らの自決の前に行政のトップ辻北部支庁長も自決している。 残存部隊は陸海軍や部隊の他、警防団員、青年団、その他一般邦人も入り混じった混成部隊でおおよそ3,000名の部隊であったが、武器が無い者も多く、棒に銃剣を結び付けたものや、石を持っただけの者もあった。 突撃部隊は3軍に分けられ海軍基幹部隊は海岸沿いに、陸軍基幹部隊の2軍は中央と山地に分かれて突撃することとした。 海軍部隊には残存戦車5両が先頭を進む事になっていた。 7月6日の日没後に自決した3将官の遺体を火葬に付すと7月7日3時にアメリカ軍がと名付けた白兵突撃が行われた。 7月8日の掃討戦、の車体に貼り付けられているのはや速射砲対策の増加装甲。 アメリカ軍は攻撃直前となる7月6日の日没後に捕らえた日本兵の捕虜からこの攻撃の情報を得ており、各部隊に警戒体制をとらせていた。 とある海兵隊兵士は「バンザイ突撃」の観覧を呼び掛けるジョークポスターを作っている。 そのポスターには「酒に酔っぱらったどもの突撃の様を見よ。 アメリカ海兵隊の優秀な兵士たちの実弾演習の様子を見よ。 今晩オールナイト上演。 入場無料、さぁお友達を連れていらっしゃい」と書いてあったが、ホーランド・スミス中将はそのポスターを複製して全部隊に配布するよう命じている。 そこに日本軍が白兵突撃を行ってきたので、照明弾を無数に打ち上げ、一斉にあらゆる火器で集中攻撃を開始した。 日本軍はバタバタと斃されたが、ひるむことなく戦友の遺体を乗り越え決死の突撃を敢行した。 アメリカ軍は事前に警戒はしていたが、日本軍の激しい突撃に近接戦闘に引きずり込まれる事となった。 特に突撃の正面となった第27歩兵師団は、ホーランド・スミス中将からの再三の警告を軽く見て哨戒を十分に行っていなかった為、奇襲を受ける形となった。 第105歩兵連隊の前線が突破されたが、第105連隊第2大隊長エドガー・マッカーシー少佐は日本軍の突撃を「その様子はまるで前に見た映画でバッファローの集団が突進してくるシーンに似ていた。 それを地面に設置したカメラで見上げている様だったが、日本兵は次々と突撃してきて立ち止まる事はなかった。 」と述べている。 第一線を突破した日本軍は、アメリカ軍の砲兵陣地に迫ったが、アメリカ軍砲兵は水平射撃で日本軍のを一両撃破すると、砲を使えない様に細工して退却した。 日本軍の突撃部隊の中にアメリカ軍の第105歩兵連隊の2個大隊が孤立し、両大隊はタナバク村に陣地を築いて生存を図ったが、突撃部隊との激しい近接戦闘が行われた。 第105連隊第1大隊長ウィリアム・J・オブライエン中佐は、突撃する日本軍に対して二丁拳銃で応戦、それを撃ち尽くすとジープに設置してあったで突撃兵多数を殺傷、それも撃ち尽くした後に、「第105連隊の第1大隊と第2大隊には、現在わずか100名の兵士が残っているに過ぎない。 後生だから、弾薬、水、医療品を直ちに送って欲しい」と緊急支援要請を打電した直後に日本兵に斬殺された。 アメリカ軍は夜明けと共に体勢を立て直すと、戦車と後方の予備隊を中心として反撃を開始した。 戦闘は昼まで続き日本軍の突撃部隊は壊滅し、ここで日本軍の組織的抵抗は終わりを告げた。 この戦闘で米軍に死傷者658名の損害を与えたが、日本軍出撃部隊はほぼ全滅した。 翌日戦場は「死の谷」と呼ばれるほど、両軍の死体が累累と積み重なっていた。 日本軍のバンザイ突撃を撃破したアメリカ軍は翌7月8日より北端に向かって掃討作戦を開始した。 日本軍は洞窟や草むらに潜み絶望的な抵抗を行ったが、アメリカ軍は火炎放射器と爆薬で容赦なく日本軍を殲滅しながら前進し7月9日には日本軍と在留邦人を南端に追い詰めた。 日本兵や在留邦人の多くが自決したり、ガケや岸壁から身を投げた(・)。 この日を以って、アメリカ統合遠征軍司令中将はサイパン占領を宣言した。 マリアナ攻略艦隊の指揮官スプルーアンス大将はサイパンの占領の報告と一緒に南雲中将の自決の情報を聞き「この作戦で私がもっとも嬉しかった事は、サイパンの敵軍の指揮官南雲中将の最期である。 南雲は真珠湾攻撃とミッドウェー海戦の際の日本艦隊の指揮官であった(中略)スリーストライクのアウトというわけだ」と喜んだ。 日本軍のゲリラ的抵抗 [ ] イズリー飛行場で日本軍機の空襲により地上撃破されたB-29の残骸。 奪回作戦を断念した日本軍は、硫黄島を中継基地として利用し、サイパン航空基地への航空攻撃を行っている。 初回攻撃は1944年11月2日に陸軍航空隊 9機出撃、3機が未帰還となったがアメリカ軍に被害はなかった。 また、東京が初空襲を受けた3日後の11月27日に報復攻撃として、陸海軍共同でサイパンの飛行場を攻撃している。 陸軍航空隊少佐率いる第二独立飛行隊の2機がイズリー飛行場(アスリートよりアメリカ軍が改名)を爆撃し完全撃破4機と16機が損傷させ2機とも生還した。 続いて海軍航空隊の大村謙次中尉率いる第一御盾隊の零戦12機が、イズリー飛行場を機銃掃射しB-29を5機撃破し、また迎撃してきたP-47の1機を撃墜したが全機未帰還となった。 新海少佐の第二独立飛行隊は12月7日の夜間攻撃でもB-29を4機を撃破、23機を損傷させている。 最後の攻撃となったのは1944年のクリスマスで、まず錫箔を貼った模造紙(電探紙、今で言う)を散布し、レーダーを欺瞞させた後に高低の同時進入という巧妙な攻撃でサイパン島とテニアン島を攻撃し、B-29を4機撃破、11機に損傷を与えている。 日本軍のマリアナ諸島の航空基地攻撃により、B-29を19機完全撃破もしくは大破、35機が損傷し、アメリカ軍の死傷者は245名となった。 投降した以下47名の部隊 サイパン島に残ったわずかな日本軍地上部隊は化し、遊撃戦に移行して各個で戦闘を継続した。 日本の受諾後も、その事実を知らない陸海軍将兵は遊撃戦を継続していたが、ポツダム宣言受諾の事実を知り順次投降した。 タッポーチョ山を拠点としていたの以下47名の部隊は、1945年11月27日(発令は25日)に長の天羽馬八(第23期卒)の正式の命を受け、12月1日、軍歌(彼らの部隊の隊歌と「歩兵の本領」)を歌って戦没者の霊に弔意を示しながら山を降り投降した。 彼らは、大本営のサイパン放棄を知らず、必ず友軍がサイパンを奪還に来ると信じていたという。 大規模な投降としては最後のものである。 なお、歩兵第18連隊主力は1944年5月にに移駐したが、衛生隊ほかは移駐が間に合わず、サイパンの戦いに加わることになっていた。 このほか、により飛行場を攻撃すると、その補助空襲である烈号作戦が計画されたが、実行前に終戦を迎えている。 サイパン戦へのアメリカ軍評価 [ ] アメリカ海兵隊の戦史局はサイパン戦での日本軍を「日本軍は最後は膝を屈したが、それでもよく戦った。 世界中の兵士を比較した場合においても日本兵の粘り強さは最高水準にある。 それは狂信的とも評価されるが公正な評価とは言えず、「実に素晴らしい愛国心」と評価すべきであろう。 いずれにしても日本軍はどのような国とでも誇り高く戦える特徴を有していた。 」 とサイパンでの日本軍の戦いぶりを評価する一方で、アメリカ軍自身へも「サイパン戦は、アメリカ陸海軍及び海兵隊が日本軍の障害を打ち破った大胆な冒険であった。 それは強大な戦力を有する諸島の中心に、最寄りの拠点より1,000マイルを超えてアメリカの兵力と資材を送り込まなければいけないという課題があった。 これまで飛び石作戦は600マイルを超えていなかったし、敵の強力な航空基地に守られていなかったが、このような状況でもアメリカ軍は勝利した。 」と評価し大遠征作戦を成功させた自信も覗かせている。 また、マリアナ攻略艦隊司令スプルーアンス大将や統合遠征軍第51任務部隊ターナー中将などマリアナ攻略作戦の指揮官や幕僚らは、サイパン戦での日本軍の頑強な抵抗とその持続力に畏敬の念を抱き、戦闘は今後、の様に短期間で決定的な勝利を収める事はもうできないと考えた。 その為、戦力増強が不可欠になると判断し、一旦延期となっていたグアム島の上陸作戦に陸軍第77歩兵師団の増強を要請している。 島民及び日本人入植者 [ ] 日本人居留民の本土疎開 [ ] マリアナ諸島防衛が真剣に検討されるようになると食糧事情も鑑み、昭和19年2月に兵員増強の輸送船の帰りの船を利用して、婦女子・老人の日本への帰国が計画された。 一方、16歳〜60歳の男性は防衛強化要員として帰国が禁止された。 上記の疎開計画に従い、日本への帰国対象者はマリアナ諸島各島からサイパンへと集結していた。 しかし、3月の帰国船「」がアメリカの潜水艦に撃沈され、500名の民間人ほぼ全員が死亡するなどの事件があったため疎開は進捗しなかった。 そのほか、6月4日沈没の「」などで多数の民間人犠牲者が出ている。 アメリカ海軍は、太平洋戦争開戦当初から民間船への無差別・無警告攻撃を行うを実施していた。 戦闘開始段階での在留邦人は約20,000人と推計される。 戦闘による犠牲 [ ] 死体で折り重なった洞窟から赤ん坊を救出する米軍兵士 攻略作戦が始まると、多数の民間人が砲爆撃に巻き込まれて死傷した。 また、戦闘の末期になると、多くの日本人居留民が島の北部に追い詰められ、アメリカ軍に捕らえられることを避けるためやから海に飛び込み自決した。 多いときでは1日に70人以上の民間人が自決したといわれる。 民間人の最期の様子はアメリカのによって雑誌『』に掲載され、世界中に配信された。 特に入水自決の一部始終を撮影したフィルムは1シーンしかなく、入水者は会津出身の室井ヨシという婦人であった。 アメリカ軍は島内の民間人を保護する旨の放送を繰り返していたが、ほとんど効果がなかった。 また、退避中の民間人が米軍による無差別攻撃により死傷者を出していたことも影響した。 サイパン島の日本軍が民間人の自決を禁止しなかったことも指摘される。 この点、では日本軍が民間人に対し自決行為を強く戒めた事が効果を出し、民間人の自決行為が少なかったのと対照的である(異論がある。 詳細は)。 なお、日本の軍人の中には、アメリカ軍による意図的な民間人虐殺を目撃したと証言する者もあるが、信憑性は疑問視されている(詳細はで後述)。 戦闘終了後、アメリカ軍は非戦闘員14,949人を保護収容した。 内訳は、日本人10,424人・朝鮮半島出身者1,300人・チャモロ族2,350人・カナカ族875人となっている。 逆算すると8,000人〜10,000人の在留邦人が死亡したとみられる。 大本営は「おおむねほとんどの民間人は軍と運命をともにした」と発表し、当時の日本の新聞各紙も上記『タイム』の記事を引用して民間人の壮絶な最期を記事にした。 また、によるサイパンの民間人の最後を描写した絵画「」が制作展覧された。 戦闘終了後にアメリカ軍が生存者に対して行ったアンケート調査では、サイパンの日本兵が民間人にで(日本の民間人がいなかったにも関わらず)民間人がアメリカ軍に虐殺され女子は暴行された話を語っていたことが、サイパンの日本人民間人がアメリカへの投降を躊躇わせた原因として挙げられている。 サイパン戦の影響 [ ] が並んでいる占領後のサイパンの飛行場。 の為の航空基地となった 日本本土爆撃の本格化 [ ] これまで距離的に九州までしか爆撃できなかった中国からのB-29による爆撃が、サイパンを含むマリアナ諸島を基地とする事でほぼ全国どの都市にでも爆撃が可能となった。 アメリカのも1944年7月17日号の記事で「太平洋の島づたいの反攻作戦での最大血戦は終わり、東京へ1,500マイル以内の航空基地がアメリカ軍の手に入った。 一番良い事は、この基地への補給が海路で容易にできることだ」とその意義を報道している。 アメリカ軍はサイパン上陸のわずか6日後、まだ島内で激戦が戦われている頃に、占領したアスリート飛行場に開いていた600個の弾着穴をわずか24時間で埋め立て、翌日には戦闘機部隊を進出させている。 その後飛行場の名称を上陸3日前にサイパンを爆撃任務中に日本軍に撃墜され戦死したロバート・H・イズリー中佐に因んでイズリー飛行場と改名し、飛行場の長さ・幅を大幅な拡張工事を行いB-29の運用が可能な飛行場となり10月13日に最初のB-29がイズリー飛行場に着陸した。 この頃ワシントンでは空襲目標リストが作成されていたが、まずは航空産業を壊滅させるため、大小の工場1,000以上が目標としてリストアップされた。 入念なB-29の偵察機型F13Aによる写真偵察の後に11月24日にB-29による初の東京空襲が行われ、以降は産業への爆撃の他に人口密集地などへの無差別爆撃も行われ、夥しい一般市民の犠牲を出し、日本の戦争遂行能力を喪失させていった。 サイパン戦以降も日米での激しい戦闘は続いたが、実質的にはサイパン島を含むマリアナ諸島の失陥と絶対防衛圏の崩壊が日本の敗戦を決定づけたと言っても過言ではない。 アメリカ軍上陸作戦での戦術の確立 [ ] アメリカ軍はサイパンでの勝因として• 艦砲射撃• 航空支援• 工兵隊• 輸送力• 野戦病院 以上の果たした役割が大きかったとした。 これらはサイパン戦までの日本軍との戦いで培われ洗練されたものであったが、前述の通り艦砲射撃の効力など一部の問題点は、サイパン戦以降の作戦で順次改善されていった。 上陸軍指揮官の中将はこの後のやの大規模な上陸作戦を指揮することになったが、サイパン戦がもっとも重要で意義深い戦いであったと位置付けている。 その理由はサイパン戦により大規模な上陸作戦の戦術が確立され、その後のもっと大規模な上陸作戦でその経験則を活かすことができたからとしている。 東條内閣崩壊 [ ] 東條内閣崩壊の詳細については「」を参照 サイパン陥落の結果として本土爆撃が本格化しては継戦が困難だと認識する日本の要人も多く、を中心に活動が行われた。 首相は続投工作するも実らず、に追い込まれた。 しかし倒閣活動が新内閣の具体的な構想を欠いて行われたこともあり、新たに成立したは戦争貫徹の方針を堅持した。 日本軍島嶼防衛戦術の改善 [ ] 大本営はサイパンから報告された戦訓を元に、1944年7月20日に戦訓特報第28号を発行し全軍に通知した• アメリカ軍の上陸が従来と違い、太平洋艦隊の主力による激しい砲爆撃で防御の核心的要点を壊滅させ、一挙の攻略を企画した• 作戦距離が飛躍的に増大した• 機動部隊とは別の、上陸支援を主任務とする戦艦を主力とした有力な艦隊が存在する• 敵の揚陸速度は迅速で、わずか10時間以内で一個師団が上陸完了する• 夜襲を行えば照明弾により白昼化して艦砲により阻止砲撃が行われる ことなど、アメリカ軍の新たな上陸戦術の特徴を説明し、今後の島嶼防衛戦の留意すべき事項として下記が説かれた。 今後の島嶼防衛は制空・制海権は圧倒的にアメリカ軍側にあるものという最悪の場合の前提が必要• 友軍の地上兵力の増援は期待せず独力戦闘を行う• 築城 陣地構築 の教育の必要性の認識• 上陸準備の艦砲射撃は一万〜二万トンに及び想像以上である 以上を踏まえた今後への教訓は下記の通り徹底された。 砲爆撃対策と対戦車戦闘は対米戦の運命を決する二大項目である• 戦車には砲撃と肉弾戦が有利• 陣地は絶対に必要、複郭陣地も準備必要• 熾烈な砲爆撃特に艦砲射撃に対し、築城により兵力・資材をなるべく貯存して、敵に近迫して白兵戦に持ち込む訓練を行う• 砲爆撃により、幹部の死傷者が増え指揮組織が崩壊した時に対する事前対策、特に中隊長級指揮官の統率力の強化• 戦況が切迫してきた際は直接戦闘に関係ない土木作業 飛行場設営など に無用な人力はかけず、陣地構築に集中する。 この戦訓はこの後の、、に活かされる事となった。 大本営晴気誠参謀の自決 [ ] 陸軍部参謀少佐はマリアナ方面作戦の担当参謀であったが、自らが関与したサイパンの水際撃滅作戦が破られアメリカ軍に上陸を許したのを知ると、現地での直接作戦指導を直訴した。 硫黄島まで飛行したがサイパンは敵の制空権下で近づく事ができず、それでもパラシュートでのサイパン降下を懇願したがそれも果たせず、失意の上に断念している。 その後サイパンの戦訓を活かした島嶼防衛などの作戦指導に精励していたが、終戦後8月17日に責任をとって自決している。 家族に宛てた遺書は8月10日付けであり、終戦前に自決を決心していた。 その遺書には「サイパンにて散るべかりし命を今日まで永らえてきた予の心中を察せられよ・・・」とサイパンでの作戦指導の責任を最期まで感じていた事が記されていた。 参加兵力 [ ] 日本軍 [ ] 陸軍 [ ] 第43師団長中将• 第31軍司令部(司令官:中将 しかし上陸時島外)• 参謀長 少将• 参謀副長 少将• (師団長:中将)司令部 253名• 歩兵第118連隊 連隊長 伊藤豪大佐 兵員 1,033名(海上輸送中に連隊長以下2,240名が海没しその残存部隊)• 歩兵第135連隊 連隊長 大佐 兵員 3,295名• 歩兵第136連隊 連隊長 大佐 兵員 4,055名• 師団直轄部隊 通信 輜重 野戦病院 庶務 合計 3,667名• 独立混成第47旅団(旅団長:岡芳郎大佐) 兵員 1,470名• 旅団砲兵 旅団工兵 合計499名• 第9派遣隊(旅団長:大佐) 兵員 1,555名• 戦車第9連隊 (連隊長:五島正大佐) 兵員 990名• 高射砲第25連隊(連隊長:新穂寛徳中佐) 兵員 1,117名• 独立山砲第3連隊(連隊長:中島庸中佐)兵員 978名• 独立工兵第7連隊 (連隊長:小金澤福次郎)兵員 775名• 歩兵第40連隊 第3大隊 兵員 618名• 歩兵第15連隊の一部 兵員 610名• 歩兵第150連隊牛山隊 兵員 700名• 独立臼砲第14大隊 兵員 649名• 独立臼砲第17大隊 兵員 634名• 野戦機関砲第44中隊 兵員 105名• 独立自動車第264中隊 兵員 181名• 独立自動車第278中隊 兵員 187名• 独立戦車第3. 4中隊 兵員 174名• 陸軍航空関係人員 合計 1,285名• 陸軍船舶関係人員 合計 1. 375名 海軍 [ ] アメリカ統合遠征軍指揮官 中将• 統合遠征軍 第51任務部隊(指揮官:中将)• 上陸軍総司令部(指揮官:中将) 司令部 2,296名• 軍直轄砲兵部隊 2,682名• 軍直轄高射砲部隊 949名• 兵員 22,702名• 第2海兵連隊• 第6海兵連隊• 第8海兵連隊• 第10海兵連隊• 第18海兵連隊• 師団戦車隊• 師団砲兵(155mm野砲)• 兵員 21,618名• 第23海兵連隊• 第24海兵連隊• 第25海兵連隊• 第14海兵連隊• 第20海兵連隊• 師団戦車隊• 師団砲兵(155mm野砲)• 第27歩兵師団 兵員 16,404名• 第105歩兵連隊• 第106歩兵連隊• 第165歩兵連隊• 第104野砲大隊• 第105野砲大隊• 第106野砲大隊• 第249野砲大隊• 第295戦車大隊• 第766戦車大隊 海軍 [ ] 太平洋艦隊司令長官兼太平洋方面最高指揮官大将のポスター• 太平洋方面最高指揮官 (大将)• (司令長官:大将)• 第58任務部隊(指揮官:中将)• 戦艦 11隻• 正規空母 7隻• 軽空母 6隻• 護衛空母 11隻• 巡洋艦 24隻• 駆逐艦 152隻• 他多数 信頼性等に議論のある主張 [ ] サイパンの戦いに関しては、以下のような事実や仮説を主張している少数者もある。 アメリカ軍の虐殺行為に関する田中徳祐の証言 [ ] 独立混成第47旅団に所属してサイパンの戦いに従軍した田中徳祐(豊橋卒業)は、以下のような米軍による残虐行為を目撃したと主張している。 ただし、他に明らかに嘘とわかるようなことも語っているので、信ぴょう性に疑問がもたれている。 マッピ岬のパナデル飛行場に追い詰められた民間人のうち、婦女子を選び出して裸にし、数台のトラックに積み込まんでいった。 女たちはトラックの上で泣き叫んでいた。 残りの老人と子供の周りにガソリンがまかれ、火がつけられた。 忽ち阿鼻叫喚の巷と化した滑走路。 火から逃れようとする老人や子供を、米兵はゲラゲラ笑いながら火の中へ蹴り飛ばしたり、銃で突き飛ばして火の中へ投げ入れた。 二人の米兵は、草むらで泣いていた赤ん坊を見つけると、両足を持ってまっ二つに引き裂いて火中に投げ込んだ。 こんなに優勢な戦闘にも拘らず、米軍は毒ガス弾(赤筒弾)攻撃まで仕掛けてきた。 マッピ岬では、岩の間に一本の青竹を渡し、それに串さしにされた婦人を見た。 更に自分と同じ洞窟に居た兵士や住民が五体をバラバラに切り刻まれて倒れているのを眼前に見た。 米軍の残忍非道から名誉と身を守るために「天皇陛下万歳」を奉唱してマッピ岬から太平洋に身を躍らせた老人、婦女子や、左腕に注射針を刺し、君が代と従軍歌「砲筒の響遠ざかる…」を斉唱しつつ自らの命を断った十余名の達の最期を田中は見た。 田中徳祐の証言は自身の階級を大尉としているものがある一方、『別冊 太平洋戦争証言シリーズ(6)玉砕の島々 中部太平洋戦記』では自身の階級を中尉としており、証言に変遷が見られる。 また、大尉に取材して創作を加えた小説『』では階級は少尉となっている。 なお、『タッポーチョ』でも、田中を指揮官とした隊は、投降直前まで大場隊とは別行動を取っていたとしている。 この電文は陸軍の暗号で暗号化され、海軍の無線を通じて陸軍側に取り次がれたという。 ただし、斎藤中将の最後の状況については、捕虜となって生還した参謀によると、海軍の南雲中将と同時に自決している。 この点、南雲中将は自決せずに最後の突撃に参加したとする説もある。 中所の著作は戦後の暴露ブームの中で発表されたもので、版元は中華国際新聞社である。 地下陣地化によって戦争全体を膠着化できたとする仮説 [ ] は、サイパンの戦いで日本軍が徹底した地下陣地化と大量の陸上戦力の配備をしていれば、戦争全体を膠着状態にできたと主張している。 サイパンの戦いやなどでは、参謀総長によって未だ水際作戦がとられていたために、日本軍は早々と玉砕することになった。 小室はこの点に着目し、やのように地下壕陣地をつくり、地下飛行場を築きから20個師団を転用し抗戦をしていれば、サイパンの土壌は強固な珊瑚などで構成されていることから艦砲射撃に堪えられ、硫黄島同様に熾烈な戦いとなり、戦争全体の展開も膠着した可能性があると説く。 この説は一部の仮想戦記でも採用されている。 しかし、この見解に対しては、当時の日本の国力でサイパンを要塞化することは困難であったとの批判がある。 大兵力を輸送するような輸送船団もなく(20個師団の兵力を輸送するための輸送船団がどれほど大規模になるのか、又サイパンの港湾の能力を考えれば、これがどれほど困難な作業であることは単純に想像・計算出来るものである)、補給の能力も著しく欠いていたとする [ ]。 また、過去に他各地が放置されたと同様にでフィリピンへ迂回侵攻されれば、サイパンが無力化されるだけであり、戦争が膠着する可能性は連合軍が無意味にこの拠点に固執しない限りありえないとも批判される [ ]。 このほか、アメリカ軍を上陸させた上でフィリピンののように持久戦を行うことで、一定のアメリカ軍を現地に拘束して進行計画を遅らせる程度の事は可能であったとの見解もある。 この点、フィリピンの方については、米軍5個師団をひきつけ続けることでの予定を昭和20年6月から同年11月に遅らせ、結果として九州への米軍上陸を防いだとの分析がある。 史跡 [ ] ラストコマンドポスト サイパン島には多数の戦争関連施設や戦争遺構があるが主なものを挙げる。 今日でも戦跡巡りのツアーが多く行われており、サイパン島観光の定番メニューとなっている。 また、戦跡以外でも日本委任統治領時代の名残が多く残っている。 (地獄谷の陸海軍最後の司令部跡 集められたの残骸等も設置している)• 周囲にの残骸や日本軍のトーチカなどが多数残っている)• (旧南洋庁立サイパン医院)• (公園内の像の台座に弾痕が残されている)• サイパンの戦いを描いた映画作品 [ ]• 『』- 1970年公開。 南雲中将の最期が描かれている。 『』- 1982年公開。 日本側からの視点でサイパン戦が描かれている。 『』 - 2002年公開。 アメリカ側からの視点でサイパン戦が描かれている。 第二次大戦に従軍したのに光を当てた作品。 なお、劇中の日本軍の描写は日本人村など不自然な点が多々見受けられる。 『』 - 2011年公開。 の長編実録小説『』を原作とした作品。 サイパンの戦いを描いた絵画作品 [ ]• 『』- 1945年。 の日本人非戦闘員の集団自決が描かれている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• が20代の憲兵伍長Tを民間人に装わせて投降させる形でアメリカ軍が設置した民間人収容所に送り込み [ ]、収容所内の10代の青少年をオルグしてアメリカ軍に対する抵抗組織をつくる [ ]。 1945年8月15日の終戦後、収容所内での民間人は、終戦(日本の敗戦)はアメリカ軍の陰謀だと主張する勢力と、終戦を信じる勢力が対立する [ ]。 その後憲兵伍長は少年組織を唆して終戦派のリーダーを殺害させ、さらに山に立てこもる日本軍を説得しようとした民間人をも殺害 [ ]。 主犯の憲兵と実行犯の少年は収容所を脱出し大場のもとに帰る [ ]。 大場らが投降した後、少年は逮捕されるが憲兵伍長に単独犯と自白するよう言い含められ、死刑判決(後無期懲役に減刑)を受けアメリカ本土で服役、出所以後牧師となった。 宮城は機関銃射撃で母と右手を失った。 大場が同書末に寄せた文によると、同書の主な事実経過は史実に沿っているものの、ところどころフィクションが加えられている。 出典 [ ]• 別冊歴史読本50 日本の戦争(新人物往来社、2006年)156頁• 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』452頁• 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』451頁• 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』450頁• 『サイパン戦車戦』下田四郎(著)光人社NF文庫 187頁• 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』458頁• 『玉砕の島』佐藤和正(著)光人社NF文庫 138頁• 『サイパン戦車戦』下田四郎(著)光人社NF文庫 58頁• 堀江芳孝『闘魂 硫黄島 小笠原兵団参謀の回想』 光人社NF文庫• 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』463頁• 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』464頁• , p. , p. , p. 142• , p. 142• , p. , p. , p. , p. , p. 146• , p. 147• 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』465頁• 『玉砕の島』佐藤和正(著)光人社NF文庫 146頁• 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』468頁• 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』469頁• 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』470頁• 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』471頁• 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』475頁• 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』476頁• 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』477頁• 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』485頁• 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』487頁• 『玉砕の島』佐藤和正(著)光人社NF文庫 148頁• 『提督スプルーアンス』トーマス・B・ブュエル(著)小城正(訳)学習研究社 441頁• 『提督スプルーアンス』トーマス・B・ブュエル(著)小城正(訳)学習研究社 440頁• 、46頁• 『玉と砕けず 大場大尉サイパンの戦い』秋元梢健治(著)現代書館 2011年 492頁• 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』492頁• 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』496頁• 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』499頁• 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』501頁• 『サイパン戦車戦』下田四郎(著)光人社NF文庫 191頁• 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』503頁• 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』504頁• , p. , p. 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』505頁• , p. 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』507頁• 『提督スプルーアンス』トーマス・B・ブュエル(著)小城正(訳)学習研究社 447頁• 『B-29日本爆撃30回の実録』チェスター・マーシャル(著)高木晃治(訳)ネコパブリッシング 118頁〜143頁• 『提督スプルーアンス』トーマス・B・ブュエル(著)小城正(訳)学習研究社 446頁• 宮城信昇『サイパンの戦いと少年』31-38頁(新報出版 2002)• 「」 経済学部教養学会。 『ジャパニーズ・エア・パワー 米国戦略爆撃調査団報告書 日本空軍の興亡』米戦略爆撃調査団(編)大谷内一夫(訳)光人社 208頁• 『ジャパニーズ・エア・パワー 米国戦略爆撃調査団報告書 日本空軍の興亡』米戦略爆撃調査団(編)大谷内一夫(訳)光人社 211頁• 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』509頁• 『日本陸軍「戦訓」の研究』白井明雄 著 芙蓉出版書房 2003年 70頁• 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』513頁• 『大本営参謀の情報戦記』文藝春秋〈文春文庫〉、1996年、263ページ。 参考文献 [ ]• 防衛庁防衛研修所戦史室(編)『中部太平洋陸軍作戦〈1〉』朝雲新聞社〈戦史叢書〉、1968年。 『太平洋戦争、こうすれば勝てた』講談社、1995年。 『今日の話題. 戦記版 第三十二集 サイパン玉砕記』土曜通信社、1956年。 同上「岡兵団 われサイパン戦に生きて」『別冊 太平洋戦争証言シリーズ(6)玉砕の島々 中部太平洋戦記』、潮書房、1987年。 「(不明)」『臨時増刊 目で見る太平洋戦争史』昭和48年12月増刊号、1973年、 180-182頁。 宮城信昇『サイパンの戦いと少年』新報社、2002年。 Spector, Ronald 1985-10-12. Eagle Against the Sun: The American War With Japan. Vintage Books Ed edition. 『グアム戦跡完全ガイド』()• チェスター・W・ニミッツ『ニミッツの太平洋戦史』実松譲(訳)、恒文社、1966年。 デニス・ウォーナー『ドキュメント神風』上、時事通信社、1982a。 トーマス・B・ブュエル『提督スプルーアンス』小城正(訳)、、2000年。 佐藤和正『玉砕の島』光人社、2004年。 下田四郎『サイパン戦車戦』光人社〈光人社NF文庫〉、2014年。 チェスター・マーシャル『B-29日本爆撃30回の実録』ネコパブリッシング、2001年。 米戦略爆撃調査団『ジャパニーズ・エア・パワー 米国戦略爆撃調査団報告書 日本空軍の興亡』光人社、1996年。 白井明雄『日本陸軍「戦訓」の研究』芙蓉出版書房、2003年。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、に関するメディアがあります。 , Major Carl W. Hoffman, USMC 1950 , USMC Historical Monograph. , Phillip A. Crawl 1959 , U. Army in World War II. , Captain John C. Chapin, USMCR Ret 2015 , Marines in World War II Commemorative Series.

次の