免許 住所変更 神戸。 免許証の住所変更に必要な書類は?土日も手続き可能なの!?

小型船舶免許の訂正(住所変更・氏名・本籍変更)|船舶免許センターオンライン(船舶免許更新オンラインセンター)

免許 住所変更 神戸

JR「元町駅」、阪神「元町駅」または阪急「花隈駅」から歩いて約6分。 車の場合 無料駐車場なし。 近隣に有料駐車場有り。 免許更新の受付時間 日〜金 9:00-11:00 13:00-15:00 優良・高齢のみ 兵庫県で運転免許証を更新する方法の詳細は「」をご覧ください。 運転免許センターの他にも各警察署で更新が可能です。 住所・氏名・本籍など記載事項の変更の受付時間 月〜金 9:00-11:00 13:00-16:00 兵庫県で運転免許証の記載された住所・氏名などを変更する方法の詳細は「」をご覧ください。 運転免許センターの他にも各警察署で更新が可能です。 運転免許証の再発行 再交付 の受付時間 月〜金 9:00-11:00 13:00-16:00 兵庫県で運転免許証の再発行 再交付 をする方法の詳細は「」をご覧ください。 運転免許センターの他にも各警察署で更新が可能です。 国外 国際 運転免許証取得の受付時間 月〜金 9:00-11:00 13:00-16:00 兵庫県で国外 国際 運転免許証を取得する方法の詳細は「」をご覧ください。 運転免許証自主返納の受付時間 日〜金 9:00-11:00 13:00-16:00 日曜は午後のみ 兵庫県で運転免許証を自主返納する方法の詳細は「」をご覧ください。 運転免許センターの他にも各警察署で更新が可能です。 運転経歴証明書発行の受付時間 日〜金 9:00-11:00 13:00-16:00 日曜は午後のみ 兵庫県で運転経歴証明書を発行する方法の詳細は「」をご覧ください。 運転免許センターの他にも各警察署で更新が可能です。 兵庫県内の運転免許センターで出来る手続き一覧 兵庫県内の運転免許センターで手続き可能な事をまとめています。 それぞれ詳しく知りたい事がありましたらご覧ください。 本籍が兵庫県以外の人でも住民票の住所が兵庫県内にあれば、兵庫県内の運転免許センターで手続きが可能です。 住民票をお確かめくださいませ。

次の

免許証の住所変更は土日も受付の施設がある!

免許 住所変更 神戸

住所変更に必要なものリスト• 現住所を証明できるもの ガス・水道などの公共料金表や、現住所が書かれた保険証など• 免許証• 認め印 必要に応じて• 4cm。 これも必要に応じて 以上です。 現住所を証明するものとして、自分名義の電気・ガス・水道の料金表などを用意しましょう。 また、3と4のように、都道府県によっては「認め印・証明写真」などが必要な例もあるようです。 ( 僕は不要だったけど) それらが必要かどうかは、最寄りの「運転免許センター」に電話等で確認を取っておくといいかと思います。 住所変更の手続きは無料です 住所変更は無料です。 掛かる時間も、混雑していなければ15分か20分くらいですので、あっさり終わってしまいます。 住所変更の手続きができる場所 免許証に記載された住所を変更するには、 初回 免許更新に必要なものリスト• 更新連絡書 今お持ちの免許証に書かれた住所に届きます• 運転免許証• 3,850円 初回更新の金額です。 免許証の更新ができる場所 「各地域の運転免許センター」です。 最寄りのところで受けていただければと思います。 免許更新も住所変更も、予約は不要です 美容院のような、事前の予約は必要ありません。 時間通りに免許センターに行き、係の人に受け付けしてもらえればそれでOKです。 なお、日曜日に各手続きを希望する場合に限って電話での事前予約が必要です。 初回免許更新の講習内容 各都道府県で多少の違いはあるかと思いますが、基本的に 当日の持ち物まとめ• 運転免許証• 更新連絡書 今お持ちの免許証に書かれた住所に届きます• 筆記用具 忘れても貸してくれます• 現住所を証明できるもの ガス・水道などの公共料金表や、現住所が書かれた保険証など• 認め印 必要に応じて• 4cm。 これも必要に応じて 最後におさらいとして、当日の流れをザックリ説明します。 当日やることは、• 住所変更の手続き• 免許更新の手続きと講習 この2点だけです。 ここで必要なものは 免許証と、 現在住んでいる場所が証明できる書類 ガスや水道の料金票など 、必要に応じて 認め印や 証明写真です。 住所変更に必要な書類を受付の人にチェックしてもらうと、免許証の裏に現在の住所を追記してもらえます。 これで住所変更は完了です。 とはいってもDVDを見たりするだけなので、まぁ特に緊張することはありません。 トイレ休憩を挟みつつ2時間くらいの講習ですので結構退屈ですが、頑張って耐えましょう。 講習が終わると新しい免許を受け取ります。

次の

神戸市:同一区内での住所変更手続き

免許 住所変更 神戸

住所変更の手続きは、いつ、どこでやる? 運転免許証の住所変更手続きは主に、新住所を管轄する以下の場所で行います。 なお、手続きを行う時期については、道路交通法において「速やかに届け出ること」と明記されていますので、具体的な期日は定められていませんが、できるだけ早めに変更することをオススメします。 ただし、住民票の異動手続きが終わってから届け出ましょう。 時間帯については、一般的に警察署や運転免許センターは平日の8時30分~17時を受付時間としているケースが多く、また、12時~13時までは昼休みの影響で一時的に受付が閉まっているため気を付けてください。 また、代理人を立てる場合には、住民票は発行日から「半年以内」のものに限られているため注意しましょう。 ここまで読んで、代理人の委任状はどう書けばいいか疑問に感じた方はいませんか? 委任状に関しては基本的な様式が定められているため、事前にチェックする必要があります。 かいつまむと、委任状は、本人が代理人を立てる意志を示す文章と、本人と代理人の情報(住所・氏名など)が記載されていれば認められますので、以下では、委任状のテンプレートをご紹介します。 住所変更に関するFAQ 以下、住所変更の手続きに関するFAQになります。 Q1:『住所変更をしないとどうなる?』 A. 長期間住所の変更手続きをしていない場合でも、免許が失効として扱われることはありません。 しかし、道路交通法では住所変更を届け出なかった者に対して「1万円以下の罰金、または科料に処する」と定められています。 数ヶ月間変更していなかったからといって手続きの際に罰金が科される訳ではありませんが、できるだけ早めに変更手続きを行った方が無難です。 Q2:『罰則以外にデメリットはある?』 A. 普段、運転免許証を身分証明書として利用している方は多く見られますが、運転免許証に記載されている住所が現住所と異なる場合、住所を証明する身分証明書として提示することは基本的にできません。 また、運転免許証の更新ハガキは、免許証に記載されている住所に送られてきます。 つまり、引越した場合などに変更手続きをしなかった場合、更新ハガキが届かない恐れもあります。 更新ハガキが届かないと、免許の有効期限に気付かない可能性も考えられるため注意しておきましょう。 Q3:『他の都道府県に引越した場合は、通常の手続きと何か変わる?』 A. 前住所と新住所の都道府県が異なる場合には、上記でご紹介した必要書類に加えて、証明写真が必要になることがあります(都道府県によって異なる)。 4cmのものを準備する必要があります。 また、この際に提出した証明写真は、あくまでも「申請用」の写真として扱われるため、手続きが終わっても免許の写真が変更される訳ではありません。 Q4:『住所変更の手続き費用は?所要時間は?』 A. 住所変更の手続き自体に、費用がかかることはありませんが、だからこそ更新と一緒に済ませる場合には更新料を忘れないように注意しましょう。 また、住民票の発行料や交通費などに関しては本人が負担することになります。 所要時間については、住所変更の手続きだけであれば、5~30分とされています。 ただし、日によっては窓口が混み合っている可能性もあるので、余裕を持って現地に向かうようにしましょう。 Q5:『市町村合併で住所が変わった場合も手続きは必要?』 A. 市町村合併によって住所が変わった場合は、原則として更新時に運転免許証の情報が変更されることになります。 しかし、上記でご紹介した通り、運転免許証を身分証明書として利用できない恐れがあるので、早めに変更手続きに行うことが望ましいです。

次の