サッキ ヤル ベン ポルカ。 サッキヤルヴィのポルカ カタカナ歌詞 : 老駑思千里

サッキヤルヴィのポルカ カタカナ歌詞 : 老駑思千里

サッキ ヤル ベン ポルカ

フィンランド国内では非常に有名な民謡の一つである。 概要 [ ] 元々はフィンランド・地方で演奏されていた曲であり、 ()によって大衆化されたものが現在知られているサッキヤルヴェン・ポルッカである。 サッキヤルヴェン・ポルッカは「 サッキヤルヴィの」という意味である。 はかつてフィンランドに属した都市であるが、中のにおいてに占領され、現在はコンドラチエヴォとなっている。 そのためサッキヤルヴィを奪われたフィンランド人が、慕情や哀愁を込めた歌詞を曲にのせ歌い継いできた。 サッキヤルヴェン・ポルッカはテンポが速く、で演奏されることが多い。 フィンランドのアコーディオン奏者からは「国歌」と称されるほどの人気を持っている。 アニメ映画『』ではフィンランドをモデルとした継続高校のテーマ曲として使用された。 この曲ではフィンランドの弦楽器で演奏されている。 外部リンク [ ]•

次の

サッキヤルヴェン・ポルカ 歌詞と視聴

サッキ ヤル ベン ポルカ

ネット上で検索すると『サッキヤルベン・ポルカ』、『セッキイェルヴィのポルカ』、『サッキェルヴェン・ポルッカ』などとカタカナ表記にはバラつきが見られるが同じ曲を指している。 詳しい経緯は不明だが、フィンランド語の歌詞もつけられており、YouTubeなどで歌詞付きの動画が確認できた。 参考までに歌詞を掲載しておくが、おそらくは20世紀中に後付けされた歌詞ではないかと推測される。 多くの外国人にとってフィンランド語は難解な言語とされるが、同じくフィンランド民謡系の『』同様、まったくの初学者が歌を聴くとまるで何かの呪文のように聞こえることだろう。 空耳ソング的には格好の材料とも言える。 冬戦争(1939)および継続戦争(1941-1944)により旧ソビエト連邦に侵略され、ロシアのレニングラード州に吸収され名前を変えられて、サッキヤルヴィは消滅した。 上の地図で見ると、「SUOMI スオミ」と記された国がフィンランド、その右下の赤い「Karjala カレリア」がロシアに占領され吸収された部分。 ほぼ同時期に北方領土をロシアに奪われた日本にとっても決して他人事ではない話だ。 同じくフィンランドの伝説的スナイパー、シモ・ヘイヘも同じヴィープリ州の生まれ。 シモ・ヘイヘは冬戦争で活躍したが負傷し、その後の継続戦争には参加していない。 ポルカで昔を思い出す 不思議な追憶が胸を刺す アコーディオンを奏でれば サッキヤルヴェン・ポルカ! Nuoren ja vanhan se tanssiin vie, ei sille polkalle vertaa lie! Hoi! Hoi! おいで娘よ 俺と踊ろう 夏の夜の喜びを楽しもう サッキヤルヴィは失われても ポルカは残されたのだから! 関連ページ アメリカ、ドイツ、ロシアなどの軍歌・歌謡・行進曲(元ネタ集) 『イエヴァン・ポルカ』、『サッキヤルヴェン・ポルカ』、『こねこの病気』など、有名なフィンランド民謡・童謡 アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、ロシアなどの有名な行進曲・愛国歌・軍歌の歌詞と解説・動画の視聴.

次の

コンドラチェヴォ

サッキ ヤル ベン ポルカ

フィンランド国内では非常に有名な民謡の一つである。 概要 [ ] 元々はフィンランド・地方で演奏されていた曲であり、 ()によって大衆化されたものが現在知られているサッキヤルヴェン・ポルッカである。 サッキヤルヴェン・ポルッカは「 サッキヤルヴィの」という意味である。 はかつてフィンランドに属した都市であるが、中のにおいてに占領され、現在はコンドラチエヴォとなっている。 そのためサッキヤルヴィを奪われたフィンランド人が、慕情や哀愁を込めた歌詞を曲にのせ歌い継いできた。 サッキヤルヴェン・ポルッカはテンポが速く、で演奏されることが多い。 フィンランドのアコーディオン奏者からは「国歌」と称されるほどの人気を持っている。 アニメ映画『』ではフィンランドをモデルとした継続高校のテーマ曲として使用された。 この曲ではフィンランドの弦楽器で演奏されている。 外部リンク [ ]•

次の