乃木坂 欅坂。 乃木坂&欅坂、なぜAKBと人気逆転?AKBというビジネスモデルの終焉か

乃木坂と欅坂の違いとは何か?人気の推移や坂道グループが人気の理由を紹介!

乃木坂 欅坂

年末年始は、乃木坂46、欅坂46、日向坂46の「坂道」3グループが大活躍しました。 特に、12月30日のTBS系「輝く!日本レコード大賞」と大みそかの「NHK紅白歌合戦」には、2日連続でそろい踏み。 担当記者が見た坂道の「多様性」とは。 19年12月、日本レコード大賞で熱唱する齋藤飛鳥(手前左)、白石麻衣(同右)ら乃木坂46メンバー そもそも、レコ大と紅白に同じシリーズのアイドルグループが3つも同時に出演すること自体が、超異例だ。 「全部同じに見える」という意見がないわけではないだろう。 ただ、現場の観客や視聴者の中には「こんなにもそれぞれ特色が違うのか」と感じた方もいるのではないだろうか。 レコ大では3グループの楽曲が優秀作品賞を受賞。 トップバッターは日向坂46「ドレミソラシド」。 センター小坂菜緒(17)中心に笑顔はじけるかわいらしいフォーメーションダンスを披露。 ド直球のアイドルらしさあふれるパフォーマンスで、見る者を癒やした。 続いて登場した欅坂46の「黒い羊」は、センター平手友梨奈(18)はじめ、個性的な振り付けのコンテンポラリーダンスで独自の世界観があふれた。 歌唱後、新国立劇場の客席が一部ざわめくほどだった。 一転、前年大賞受賞者の乃木坂46「Sing Out!」は、齋藤飛鳥(21)センターのしなやかなダンスで魅了し、観客も手拍子。 洗練されたパフォーマンスで、一体感に包まれた。 19年12月、日本レコード大賞で熱唱する平手友梨奈(中央)ら欅坂46メンバー もともと「AKB48の公式ライバル」として生まれた乃木坂46には、当初から「AKB48とは違うことをしていこう」という指針があった。 乃木坂46の妹分的存在として誕生した欅坂46にも、「乃木坂46とはまた違う独自の世界観を追求しよう」という意識があった。 欅坂46の2軍的存在「けやき坂46(ひらがなけやき)」として結成した日向坂46も「欅坂46にはない自分たちだけの武器を作ろう」と努力を重ねた。 19年12月、紅白歌合戦で「キュン」を熱唱する日向坂46 各グループの固い意思が、昨年末のそろい踏みにつながったのだと思う。 それは、お互いが高め合う理想の関係だ。 乃木坂46キャプテン秋元真夏(26)は「3グループとも毛色が全く違う。 戦友のような感覚」と話す。 それぞれの「坂道」にアイデンティティーとプライドがある。 【横山慧】 (1月7日付紙面に掲載したものです).

次の

乃木坂×欅坂×日向坂『ザンビ』27人が追加出演 総勢64人が日替りで案内役

乃木坂 欅坂

「ガラスを割れ」発売までが欅が上でしたが、平手が結局活動できないので、乃木坂に逆転され、大きな差がついている状態だと思います。 欅のファンの多くは乃木坂と同等以上のサービスや刺激が無いと満足できません。 残念ながら、ファンサービスが負けています。 顧客満足度が上がらなければ、ファンの熱も冷めてしまいます。 現状では欅は新規ファン・出戻りファンは期待できないでしょう。 欅メンバーの高年齢化 お金のあるファンは、結局「ロリ」だからです。 また新規の中高生だって、「妹」「同級生」キャラも欲しい。 一時期これで乃木坂も高年齢化で人気下降しましたが、補充・即起用することによりV字回復しています。 地方ファンへの扱い 乃木坂はアンダーを使って地方巡業を行い、地方ファンのフラストレーションのガス抜きとして活用しています。 一方、現在は「欅とけやき」はすでに別グループ。 全国展開という面で負けています。 グループのファミリー感の演出 乃木坂の人気下降時には、メンバー間の軋轢という負の情報が駆け巡りました。 そのとき、欅は平手・今泉をずっと守るという方針であったことによって、多くの共感を得たと思われます。 ところが欅の現状はお分かりの通り、ファンも白け気味です。 乃木坂はこれを学び、1期生と3期生の気持ち悪いほどの仲のいい演出を行っています。 女性であることの演出 見た目でわかることですね。 ライブやバラエティでも乃木坂はパンツが見えるんじゃないか、というスカートや立ち振る舞いをします。 ジャージ姿なら平気で、股間や尻を強調した映像を垂れ流します。 どっちに食いつくかは、明らかです。 寿司屋で例えれば、 欅坂は時間のたった、イカばかり 乃木坂は、新鮮なアジ、高級な大トロ、発酵させた鮒ずしまで取り揃えている、というところでしょうか。 欅坂オタが失礼します。 正直乃木坂です。 欅は不協和音をしたせいでてちが病んで、運営もてちを考慮せずにゴリ押し状態で進めていたので、メンバー間での士気のようなものも下がってきています。 ですが乃木坂はそのようなことは無く、むしろ今は若月佑美、西野七瀬が卒業するということでピークなのもあると思います。 確かに人気なのは欅坂もですが、勢いのあるのは乃木坂ですね。 欅坂は「アイドルらしからぬアイドル」で、乃木坂は「清純派アイドル」です。 ので、自然とファンは乃木坂側に多くついてしまうのかもしれません。 あと、欅坂は素人がいきなりサイマジョでヒットして、そこからは皆さんご存知の通り下積み期間を通ることなくここまできているので… その点もあって乃木坂の方が人気なのではないかと私は思います。

次の

乃木坂と欅坂どっちが人気なんですか?

乃木坂 欅坂

出典元: 坂道グループの第一弾 当時は坂道シリーズとは称されていませんでした としてデビューしたのが乃木坂46です。 2011年8月に、AKB48の公式ライバルグループとしてデビューした乃木坂46。 プロデュース会社のSME ソニーミュージックエンタテインメント の所有ビルである「SME乃木坂ビル」という乃木坂にあるビルでオーディションの最終審査が行われたことから、「乃木坂」の名前が付いたようです。 乃木坂46のロゴマークも、紫色の三角形で坂道を表しています。 出典元:Wikipedia AKB48には、グループごとに劇場があり、その劇場の場所の名前の頭文字をとって名前を付けていることで有名です。 グループのシングルのフォーメーションは、すべて運営で決めているようです。 この乃木坂46が発足したことにより、のちの坂道シリーズの道しるべになるグループとなります。 こちらは、メンバー増員のオーディション応募状況です。 同年の2015年6月に、都内の鳥居坂にあるビル内で最終オーディションを行い、最終的に21名で活動することが決定しました。 それは当たり前のことで、彼女たちの持ち楽曲を披露する機会が彼女たちの冠番組以外になかったからです。 その番組も深夜枠で放送されていたため、興味が特別なければ知る機会もなかったでしょう。 そんな彼女たちが、「改名」という形で日の目を見る機会が与えられた現在。 これからの日向坂46の活躍から目が離せません。 」という方も多いでしょう。 そこで、3つの坂道グループのイメージの違いについてご紹介します。 乃木坂46 乃木坂46は、ソロ活動をしているメンバーも多いため、なんとなくイメージがつく方が多いのではないでしょうか? 白石麻衣さん、齋藤飛鳥さんをはじめとして、卒業生の西野七瀬さんが乃木坂46であることは知っている方も多いのではないでしょうか。 そんな彼女たちのイメージは「私立の女子高にいる、清楚なお嬢様」です。 公式で発表されているわけではありませんが、乃木坂46の楽曲はこのイメージを彷彿とさせる楽曲が多いです。 たとえば、2018年にレコード大賞を受賞した「シンクロニシティ」は、センターの白石麻衣さんを中心にとても美しい振付で話題になりました。 デビューして日向坂46はまだ日が浅いため、認知度に関しては仕方がないのかもしれません。 各坂道グループのTwitterのフォロワー数の表がこちらです。 8万人 欅坂46 110. 8万人 日向坂46 45. しかし、日向坂46は2019年のデビューから大躍進したことも事実で、デビュー1年目で45万人以上のフォロワーを持っていることはとても素晴らしいことです。 対して、欅坂46は8thシングルからほとんどめぼしい活動がなく、9thシングルの発売延期などもあり、雲行きがよくありません。 人気が下がっているとはあまり言いたくありませんが、実際欅坂46を見放してしまう方も多いようです。 各々のグループで、違った良さがたくさんあるので、ぜひそれを強みにこれからたくさん活動していってもらいたいですね!.

次の