シンシアリーのブログ。 シンシアリー、韓国テレビ局に身元を特定される!?

[B!] 「韓国は『生まれるべきでなかった国なのか』」という話

シンシアリーのブログ

現在、韓国に住まいする韓国人であると同時に、日本語が堪能で下のブログのブログ主であったシンシアリー氏。 彼が、どうやら日本にもしくは日本に生活の基盤を移す事を決意したようだ。 印鑑を購入し、日本での家を買い、韓国で経営する歯科医院を手放すという事だから、日本に生活のペースを移すことは間違いないだろう。 彼の持ち味は、実際に現地に住み、現地の物の考え方、習俗などを書きながら、日本との文化比較などをしてくれるところだ。 単純に、国でもないし無意味に日本におもねる事もない。 あるがままにいいと思うことはいいと言い、ダメなところはダメと書いているところがとても良かった。 なので、今現在の韓国に彼が失望し、実際問題としての大統領の弾劾裁判からの強烈な左翼政権への変化、日本との関係悪化による恐らくは自身の安全の危機を考え、熟慮の末に日本へ移住すると自体はとてもよくわかる事だし、個人的には尊重されるべきだと思う。 しかしながら、同時にまた、韓国にいるからこその意見、内部からの意見みたいなものが聞けななくなるのが少し悲しい。 国を憂う人が国を出なければならないというのも悲しいし、単純に、彼の価値が下がるように言う人が出るであろう事も悲しい。 石平やみたいにしてしまうと、いくら本当のことでもプロパガンダのように捉えられるのも残念であったりして、少し複雑な心境がする。 このことについては、また少し時間のあるときにじっくりと考えてみたい。 たぶん、彼に限らず、日本への移民移住が韓国のあの状態からすれば今後どっと増えるのだろうから。

次の

シンシアリー、韓国テレビ局に身元を特定される!?

シンシアリーのブログ

シンシアリーのブログがネトウヨの溜まり場になっている件 ブログの性格上やむを得ないことかなのかもしれませんが、まるで某団体をなぞったような過激コメントばかりで辟易します。 いくら親日とはいえ、韓国人のブログで差別コメントはいかんやろーと。 あの雰囲気じゃ、違う意見は叩かれるだけだし、議論なぞ起こりようがない。 みんなして頷きあってるだけみたいな。 いまどき政治ブログは、どこもそうなのでしょうが、何でああなっちゃったんでしょう? もちろん、中には真面目あ意見もあるとは思いますが。 補足コメ欄を眺めていると、常連さんなのか、同じハンドルネームの連投がありますよね。 一部は穏健だったり、またはバランス感覚を備えた意見を出しているけれど、他は超強硬主張。 2chと違って、こちらは真剣そのもの。 少しでも韓国を評価したり、日本を批判すると、きっと怒られるんだろうなぁ。 さてこの質問に答えられた諸氏は一度でもシンシアリー先生のブログを覗かれてコメントされたことはございますか? どれもこれもが単なる「ぼくが考えるネトウヨ」イメージをなぞって当てはめているようにしか見えませんが。 まあそれが当てはまる場合もあるのでしょうが、質問主からして以前の質問でもシンシアリー氏に本当の韓国人かどうかなどと随分失礼なこと書いていましたし「ぼくの考えた」浅はかな思考で論じている以上無意味な質問かと思います。 確かにあのブログはコメントが過激なものもありますが、シンシアリー氏自体がウリ民族至上主義に違和感を感じ2chで日本人と交流を始めていたことが源流です。 降って湧いたような人間がネトウヨがどうのこうの言いたいのでしたらカイカイ速報等で「バイアス」がかかった心地よい意見を眺めながら論じてください。 もうネットに洗脳されてる人達はなにを言っても無駄です。 だって自分の頭の中の情報が全てなんですよ。 、 ネット社会になり自国に埋もれてる情報しか頭に入れないから他国の情報はネットのみなんですよ。 でも実際は全く世界をみれてない人達。 そんな人達です。 どの国のネットユーザーも低レベルはとことん低レベルです。 どの国も勘違い思い上がりの人達が多いです。 我々は正しい。 正しくない正しい国なんて存在しませんから、どこが正しいかなんてわかれば争い事なんて起きません。 そうゆう人達はちょっと偏ると擁護したり批判したり手のひらをコロコロ変えるような人達なんで、無視。 世論には反映されませんし、そこまで日本国民は馬鹿ではない。

次の

中央区不動産会社

シンシアリーのブログ

シンシアリー、韓国の番組で取り上げられる シンシアリーさんは、日本で活動している韓国人ブロガーですが、 『韓国の悪口を言ってセレブになった男、シンシアリー』というテレビ番組が10月2日に韓国MBCで放送されました。 シンシアリー氏とは? 1970年代に韓国で生まれ育つ。 母親から日韓併合時代に学んだ日本語を教えられ、子供のころから日本の雑誌やアニメで日本語に親しんできた。 また、日本の地上波放送のテレビを録画したビデオなどから日本の姿を知り、日本の雑誌や書籍からも、韓国で敵視している日本はどこにも存在しないことを知る。 長じて歯科医となるが、休業して2017年春より日本へ移住。 真実を世に知らしめるために始めた日記「シンシアリーのブログ」は1日10万PVを超え、日本人に愛読されている。 シンシアリー氏の身元は特定されている そのシンシアリーさんの正体を暴くとした番組でしたが、以前経営していたという歯科医院を見つけ出したとのことですので、番組中では「40代・韓国人・歯科医師」といった情報以外公開されませんでしたが、どうやら氏名等の身元は割れているとみた方が良さそうです。 番組では、シンシアリーさんが雑誌のコラムで「慰安婦は、売春婦だ」と主張したことが大きな問題と考えているようで、生粋の韓国人であるにもかかわらず、嫌韓記事でお金を稼いでいる悪いやつといった受け止めになっています。 番組スタッフは、シンシアリーさんのブログを通して、取材を申し込みましたが、シンシアリーさんは取材に応じる予定はないようです。 反日に染まっている現在の韓国内の状況を考えると、個人情報はいずれ表に出てくる可能性は否定できませんので、シンシアリーさんに危害が及ばないことを祈るばかりです。

次の