ハグリッド 死。 半巨人ハグリッドの大きさや身長は?魔法、英語なども|ハリーポッター | ポッターポータル PotterPortal

【悲報】ハグリッドは守護霊を創り出せないことが明らかに!

ハグリッド 死

Contents• ハリーポッター役のキャスティングは不満だった 最終話の公開後にJ・K・ローリングが当時を振り返り、「ルパート・グリント(ロン・ウィーズリー役)とエマ・ワトソン(ハーマイオニー・グレンジャー役)はすぐに決まったがハリー・ポッター役だけは難航していた」と語っている。 原作では主人公三人組はサエないキャラクターで、ローリング氏の希望としては美しすぎない俳優のキャスティングを望んでいた。 Fancy a trip down memory lane? in 2000, Daniel Radcliffe, Emma Watson and Rupert Grint were officially announced as principal cast members for Harry Potter and the Philosopher's Stone. The rest is history. — Wizarding World wizardingworld ハリーポッター役がダニエル・ラドクリフに決まった時、J・K・ローリングは 「この少年は美しすぎる」と思ったそうだが、最終的には「映画だから仕方ないか」と納得したそう。 ハーマイオニー(エマ・ワトソン)のキャスティングについても最初は納得していなかったが、電話で初めてエマ・ワトソンと話した時、彼女が興奮のあまりノンストップに話し続ける様子をみてこのキャスティングで間違いないと安心したそうだ。 頭脳を武器にするサエない女の子が、4作目で美しく変貌することが一つの物語の魅力だということを考えれば、その話も納得できる。 これほどの大作でも映像化は予算との戦い 『ハリーポッターと賢者の石』から予算は134億円あり、以降の続編でも毎作同等の予算が確保された。 そんな大作でも、原作の映像化にはいつも予算との戦いがあった。 まずは巨大なセットだ。 どのセットを作るのにも膨大な時間とコストがかかる。 多い時には 数百人もの大工が同時にセットの製作を行うような時もあったそうだ。 セットが完成すると美術と小道具を揃えなければならない。 特に、ウィーズリー家のリビングのような小道具の数が多くなるシーンでは、装飾を集めるだけで数ヶ月を要する。 The Burrow, Weasley house from Harry Potter movies —. gucciartx 他にもCGではなく敢えて模型や小道具で撮影されたシーンが多く存在する。 例えば 『ハリーポッターと秘密の部屋』では物語の中心とも言えるアラゴグ(巨大なクモ)のシーンで、誰もがCGで決まりだと思っていたところ、 敢えて模型で製作することを選んだ。 シーンによってはCGでの再現のほうが難易度が高いこともある。 同作に登場する不死鳥についても模型が用いられた。 結果として羽一つ一つまでにこだわりを詰め込むことができて、ダンブルドア校長室での不死鳥の登場シーンはより印象的なものとなった。 昨今のハリウッド映画では多くのシーンがCGによって描写されるが、ハリーポッターシリーズにおけるこの セットや小道具への強いこだわりこそがハリーポッターの世界をより魅力的なものに作り上げているのだ。 "The eyes I reckon. They unnerve some folk. " — Hagrid "Not to mention the pincers. " — Harry — Harry Potter Film HarryPotterFilm 筆者はクモが大のニガテなのだが、このアラゴグの弔いシーンでは思わず涙ぐんでしまった。 映画のチカラって素晴らしい。 (笑) 1990年12月30日に描かれたスプラウト先生のスケッチ 彼女はエクスター大学に進学し、フランス語と古典学の学位を取った。 その後ロンドンに移り、しばらくの間友人の家に居候をしていた。 ある夜、彼女は友人が寝静まったあと映画『王になろうとした男』(原題:The Man Who Would Be King)を見ながら夜更かしをしていた。 その時ちょうど 『ハリーポッター』に登場する植物学の教授であるスプラウト先生のスケッチを書いていたのだ。 Jkローリングにとってこのスプラウト先生のスケッチには特別な想いがあるそうだ。 なぜならこのスケッチを書いていた1990年12月30日の夜に彼女の母が250マイル離れた場所で亡くなり、翌日に電話でそれを知ることになったからだ。 この 母を亡くした喪失感が物語のテーマとなりハリーポッターのストーリーに大きな影響を与えた。 JKローリングによればハーブ学の教授であり、ハッフルパフの責任者である 「ポモナ・スプラウト先生」は、ホグワーツ魔法魔術学校の4人の家長の中でも「最も母性的で親的存在」であると語っている。 ホグワーツ初のダイブが生まれた舞踏会 『炎のゴブレット』でハーマイオニー(エマ・ワトソン)は大人の美しい女性へと大変貌を遂げる。 その象徴的なシーンが描かれているのが舞踏会の登場シーンだ。 舞踏会で女性はドレス、男性はタキシードを身にまとう。 原作を読んだファンからも特に期待されていたシーンだったため、シンデレラのような衣装を作り上げるためハーマイオニーのドレスは入念に何度も試行錯誤された。 "…the Yule Ball is, first and foremost, a dance. " — Professor McGonagall — Harry Potter Film HarryPotterFilm 舞踏会のシーンでもう一つ目を見張るのは美しいセットだ。 原作では「氷の宮殿」と表現されており、撮影ではいつもと同じ大広間のセットを完全に模様替えしスワロフスキーのクリスタルのように装飾した。 You: Do you mind being the DJ at the Christmas party this year? Nothing fancy, just a playlist will do. Me: — Wizarding World wizardingworld このシーンではキャスト全員のダンスの練習にも苦戦した。 キャストたちには約3週間の練習期間が設けられたが、ダニエル・ラドクリフ(ハリーポッター役)にはスケジュールの関係もあり 4日間しか練習の時間が与えられなかった。 当時、ダニエル本人は4日間でも上手く踊れるということを見せつけて他のキャストを驚かせたかったようだが、その目論見は失敗に終わったようだ。 演出の面から見ると、 ダンスに苦戦するハリーの姿は演技ではなく「ダニエルそのもの」だったため、結果的に役者とキャラクターが完全一致することになり、「上手く踊れないハリー」の演出としては完璧な出来となった。 True or false: actor Warwick Davis first suggested the scene where Professor Flitwick crowd surfs at the Yule Ball as a joke. has the answer. — Harry Potter Film HarryPotterFilm 舞踏会のシーンの後半でホグワーツの呪文学の教授フィリウス・フリットウィック先生が生徒たちの頭上にダイブしている名シーン(?)が生まれたのもこの舞踏会だ。 アラン・リックマン(スネイプ役)はどこまで映画の結末を知っていた? ハリーとスネイプ先生(アラン・リックマン)の関係はシリーズが進むにつれ大きく変わっていく。 そこで気になるのは スネイプ役の本人は「不気味で怖い先生の役」を演じていた当初、どこまで映画の結末を知っていたのだろうか、という点だ。 真相をJ・K・ローリングがインタビューで語っていた。 アランにだけは当初から「スネイプはリリーに恋をしていた、それでジェームズを嫌い、ハリーにも敵意を向ける」と伝えていた ダニエル・ラドクリフ(ハリーポッター役)たちによれば、撮影中にアランがなんども思わせぶりな態度をチラつかせるので、出演者たち皆んなが真相を知りたがっていたそうだ。 , Severus! We will always remember what a true hero you were! — Harry Potter Film HarryPotterFilm ダニエルもある時、どうしても先の展開が気になり、J・K・ローリング本人に 「僕は死ぬの?」と質問したことがあったらしい。 物語の展開は夫にすら教えないそうだが、ローリング氏は意味深に押し黙りつつダニエルに「死ぬ」と伝えた。 ダニエルは予想通りだったという様子であまり驚かなかったらしい。 作者に殺されそうになったハグリッド ハリーポッターシリーズではあらゆる登場人物が死を迎えてしまう。 物語のテーマは「死の喪失感」。 大切な人の死という展開は、避けては通れない。 実は当初ホグワーツの森の番人ルビウス・ハグリッド(ロビー・コルトレーン)は物語の中で死んでしまう展開になる予定だったそうだ。 J・K・ローリングは「作家は時に冷酷にならなければならない」と語っている。 しかし、どうしても 「ハグリッドが死んでしまったハリーを抱えている画」が頭から離れず、そのシーンを残すためだけにハグリッドは生かされることになったのだとか。 執筆初期の頃から「ハリーが死んだと思わせておいてハグリッドの腕から飛び出す」あのシーンは決まっていたそうだ。 最初に家から連れ出すのもハグリッド、そして最後に腕に抱えているのもハグリッド。 非常に印象的な場面だ。 2 May 1998: Harry is carried back to the castle by Hagrid, pretending to be dead. — Harry Potter World PotterWorldUK 10年を経て再現されたグリンゴッツ魔法銀行 『死の秘宝PART2』で、ダイアゴン横丁にある魔法界唯一の銀行「グリンゴッツ魔法銀行」が、『賢者の石』以来10年ぶりに再登場する。 『賢者の石』の撮影当時、美術監督を務めたスチュアート・クレイグ氏は、 グリンゴッツ魔法銀行が「安定の象徴」であることを表現するため、撮影地としてロンドンにあるオーストラリア大使館を使用した。 大理石の床や柱など大使館の実際の内装に加え、銀行の机や台帳、羽ペンなどを小道具として用意し、格調高い魔法銀行のシーンを作り上げた。 しかし『死の秘宝PART2』の撮影時には、物語の展開上オーストラリア大使館を使用することができなかった。 そのため『賢者の石』で使用した小道具を倉庫から引っ張り出し、ワーナー・ブラザースのリーブスデン・スタジオ内にセットとして再現することとなった。 最終的な映像にはCGによる装飾も施されているので、肉眼で判断することはほぼできないが、 なんと大理石の柱や床はデジタル・プリンタを使用し幅3. 6メートル(12フィート)まで拡大コピーされた紙によって再現されているのだ。 まさに美術チームによる魔法だ。 (笑) Director David Yates preps the actors for the big Gringotts scene. — Harry Potter Film HarryPotterFilm エピローグの「19年後」は別の俳優になる可能性があった? 最終章でハリーとロンとハーマイオニーの19年後を描いたエピローグのシーンについては、映画公開当初から賛否の声があがった。 このシーンについては製作陣もかなり悩んでいたようだ。 ハリーポッターという映画は、『賢者の石』当時のまだ幼かった頃の3人が、映画のストーリーと同様に少しずつ大人へと成長していくある種のドキュメンタリー的なところが、視聴者にとっても魅力的な要素だ。 それゆえ、実際の時間経過とは異なる『19年後』の3人をメイクアップによって描くというのには、少なからず製作陣にも抵抗があったのだ。 しかしダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソンの代役を努められる役者が他にいるわけもない。 Behind the scenes photos from Harry Potter and the Deathly Hallows: Part 2 Epilogue — Harry Potter World PotterWorldUK まとめ 10年という長い年月をかけて描かれてきた『ハリー・ポッター』には、その舞台裏にもまだまだ語り尽くせない歴史がある。 ほんの一瞬映るだけの小道具や衣装に至るまで、制作チームの想いや技術の結晶が詰め込まれている。 裏舞台を知れば知るほど、とさらに『ハリーポッター』という映画の面白さが面白さが増す。 さて、1話から見直すか! Daniel, Rupert and Emma after filming the last scene of Harry Potter. — Potterhead Posts PotterheadPosts.

次の

【動画】米ユニバのハグリッドの新アトラクションは、フロリダ最長コースター&垂直落下!6/13オープン!

ハグリッド 死

ハリー・ポッターシリーズ。 今更説明するまでもないだろう、魔法使いの男の子が主人公の名作ファンタジー小説だ。 小説は読んだことがなくても映画は見たという方も多いかもしれない。 俺も主人公ハリーと同じくらいの年齢の頃にハリー・ポッターに出会い、夢中で読んだ一人だ。 ハリー・ポッターは1~2年に一作のペースで発行されていたので、近い世代の読者はハリーたちとともに青春時代を過ごし、ハリーたちとともに大人になった。 なんて、そんな方も多いのではないだろうか。 だが俺の中でハリー・ポッターは4作目、ハリー・ポッターと炎のゴブレットで止まっている。 5作目以降は読んでいない。 映画も見てない。 ハリー・ポッターが嫌いになったわけではない。 今でも大好きだし名作だと思っている。 でも4作目より後が読めなかった。 これには理由がある。 ハグリッドのせいだ。 ハリー・ポッターにはハグリッドというキャラクターがいる。 ハリーたちの通うホグワーツの森番、ヒゲの大男でハリーの良き理解者だ。 俺はハグリッドというキャラクターが大好きで、学校にこんな先生がいたら絶対に楽しいだろうなと思っていた。 ハリー・ポッターシリーズの5作目、ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団が発売された頃だったと思う。 俺は出遅れた。 すぐに読まなかった。 親に駄々こねて買ってもらってでもすぐに読むべきだったんだ。 でもそうしなかった。 そのせいでネタバレを食らってしまった。 学校にて、今は名前も思い出せないクラスメイトとハリー・ポッターの話になった。 そいつはすでに不死鳥の騎士団を読んだという。 そいつはこうぬかしたのだ。 「ハグリッドが死ぬなんてねー」 俺はショックだった。 いいじゃないかネタバレくらい、読めよ。 そう思われるかもしれないが、俺には耐えられなかった。 何も知らずに自分で読んで、自分で見届けるなら良い。 だが目の前のアホから適当に告げられたハグリッドの死がショックで仕方なかった。 なんで大好きなハグリッドが死ぬとわかりきっている本を読まなきゃいけないんだよ。 俺のハリー・ポッターはそこで止まってしまった。 それから十年近くたったある日、妹とハリー・ポッターの話になった時にこの話をした。 すると妹は言うのだ。 「え、ハグリッド死なないよ?」 ……マジ? じゃあ俺のこの十年ちょいは何? あいつが嘘ついたの? いや、この妹、俺を騙そうとしてるのか? そしてハグリッドが死ぬシーンで悲しむ俺を笑う気だな? …………もしかして本当にハグリッド死なない? それからさらに数年たった今でも俺はまだ続きを読めずにいる。 妹と元クラスメイトのアホ、どちらを信じればいいのかわからない。 先日、妹から郵便物が届いた。 USJのハリー・ポッターのとこで買ったと思われる、ハグリッドのでかいピンズだった。 特に手紙などは同封されていなかった。 あいつ、俺を試してやがる。

次の

セブルス・スネイプ (せぶるすすねいぷ)とは【ピクシブ百科事典】

ハグリッド 死

「なぜ黙ってた?ベラトリックスに。 僕だと分かってて黙ってたな」とハリーが言いますが何の事ですか? ドラコの屋敷で、とらわれたハリー一行。 しかし、ハリーだけ、姿が変身できる魔法をかけられて別人に。 それを見抜いたのは、ドラコだけ。 ドラコのあの時、手柄を独り占めしようと、わざと、変身しているハリーを別人だと嘘をついた。 その時のことを、言っているセリフだと思います。 あとは、ドラコの屋敷でのシーンを振り返るべし。 燃え盛る炎の中から、ハリーは必死になって宿敵であるドラコを助けた。 あのシーンによって、迷っていたドラコの心に、ある一つの決断をもたらした。 勝てないと。 で、そのことは、彼の両親も同じ。 暴走気味のあの人の行動を見て、ドラコの両親もある決断をする。 そのシーンが、ハリーがあの人にやられたシーン。 わざと死んだと発言する代わりに、ドラコの生死を聞き出した。 生きているとのハリーの回答に、ドラコの両親の決断は決まった。 最も早くに、ハリーの側に負けると直感していたのは、ドラコ一家かもしれません。 と、言うか、彼らが想像していたあの人の未来と、あまりにもハリー一人に固執するあの人に、嫌気がさしたと言えるのではないでしょうか。 自分達が求めている未来とは違う。 その決断が、最後、あの人のもとから去るという形で、ドラコ一家の戦いは終わりを告げた。 一家の思惑は、もろくも崩れ去ったと言えるのでは。 最後19年後で、あの駅でドラコと再会したハリーは、彼に笑みを浮かべて答えるシーンがあります。 昨日の敵は、今日の友。 のように、ドラコとハリーは、ある意味で、分かり合えた気がします。 A ベストアンサー >>学校の庭で倒れていた人いましたよね?あれがクラウチ >この場面が思い出せません。 もう少し詳しく教えて頂けないでしょうか? お気持ちわかります。 だって、映画ではあんまりにあっさりと流してしまったシーンなので。 場面としては、第二の課題と第三の課題の間のできごとです。 映画での描き方は、唐突にクラウチ氏(ヒゲの生えたおじさん)が倒れていて、それをハリーが発見して、次の場面ではもう校長室にみんないて、死人が出た、大会は中止するべきか・・・みたいな話し合いをしていたと思います。 その帰りに、ハリーはクラム(他の学校の男子選手)と二人で森を歩いていたら、クラウチ父が倒れているのを見つけます。 クラウチはまだ生きていて、大変なことをしてしまった・・ダンブルドアに知らせなければ・・のようなうわ言のようなことを言っていました。 ハリーはクラムにクラウチを見ているように頼んで、ダンブルドアを呼びに行きました。 ところが戻ってみると、クラムが倒れ、クラウチは消えていました。 クラム曰く「クラウチに襲われた」 のちにわかるのですが、襲ったのはクラウチ息子で、父は死体で見つかります。 この場面は、かつて裁判でもう息子ではないと監獄送りにしたこと、脱獄後服従させられていたことへの息子の恨みと親心で脱獄させてしまった父親の後悔のようなものが見える、けっこう重要なシーンだと思います。 母親が身代わりなった、ワールドカップで逃げられたという話も映画ではカットされています。 これら一連のクラウチファミリー物語がないと、クラウチ息子はいったい誰?何?ということになってしまって、今回の話自体わからなくさせてしまうと思うんですけどね。 だから質問者さんが、1回みただけで理解できなかったのは仕方ないですよ。 >>学校の庭で倒れていた人いましたよね?あれがクラウチ >この場面が思い出せません。 もう少し詳しく教えて頂けないでしょうか? お気持ちわかります。 だって、映画ではあんまりにあっさりと流してしまったシーンなので。 場面としては、第二の課題と第三の課題の間のできごとです。 映画での描き方は、唐突にクラウチ氏(ヒゲの生えたおじさん)が倒れていて、それをハリーが発見して、次の場面ではもう校長室にみんないて、死人が出た、大会は中止するべきか・・・みたいな話し合いをしていたと思い... Q 明日、友達とハリーポッターと炎のゴブレットを見に行く約束をしました。 それで、今更ながら前作のアズカバンの囚人を夕べ見たのですが、 どうもわからないところがいくつかあります。 原作を読めばわかることなのかもしれませんが、 明日までには読めそうにありません。 そこで、解説していただきたいと思い、質問しました。 (1)シリウスはどうやって脱獄したのか? (2)シリウスはなんのために脱獄したのか?(ねずみを捕まえるため?ではなんでねずみがロンのところにいるとわかったの?前から知っていたの?) (3)シリウスはどうしてアズカバンで狂ってしまわなかったの? (4)シリウスはどうしてピーターペディグリューがヴォルデモートに情報を漏らしたと確信しているの? (5)ピーターペディグリューはずっとロンのところにいたのに、ハリーを狙わなかったの? (6)スネイプがシリウスに「復習は密の味、オマエを捕えるのが夢だった」みたいなことを言ってたが、恨みでもあるの? (7)ダンブルドアが13歳の子供には証言能力が無いと言っていたけど、スネイプやルーピンはどうして証言しないの? (8)マルフォイの子分ってあんなに細かった? 以上です。 わかるところだけでもかまいませんので、よろしくお願いします。 明日、友達とハリーポッターと炎のゴブレットを見に行く約束をしました。 それで、今更ながら前作のアズカバンの囚人を夕べ見たのですが、 どうもわからないところがいくつかあります。 原作を読めばわかることなのかもしれませんが、 明日までには読めそうにありません。 そこで、解説していただきたいと思い、質問しました。 (1)シリウスはどうやって脱獄したのか? (2)シリウスはなんのために脱獄したのか?(ねずみを捕まえるため?ではなんでねずみがロンのところにいるとわかったの?前か... A ベストアンサー どれも映画の中では省略されている部分ですね。 原作を元にした私なりの解釈での解説ということになります。 (1)犬に変身して脱獄しました。 吸魂鬼は目が見えません。 人間のプラスの心を嗅ぎ取って人間を確認しています。 動物のことは察知することができないために、吸魂鬼が食事を配給するときに、犬の姿でそのわきをすり抜けることができたというわけです。 (2)夏休みにロンの家族は懸賞で当たったエジプト旅行に出かけました。 そのときの写真が新聞に載り(これは映画でも出てきました)、その写真をシリウスは偶然目にしました。 そして気が付いたのです。 ロンの肩に乗って写っているねずみがペディグリューだということを。 ペディグリューとシリウスは学生時代仲が良かったので、何度もネズミに変身した姿を見ていたからです。 新聞の記事で、ロンがハリーと同じ魔法学校に通っていてるということを知り、ネズミを捕まえて、ハリーの身を助けるために脱獄しました。 (3)自分は無実だということを知っていたからです。 吸魂鬼は嬉しいや楽しいという感情を吸い取ります。 でも自分は無実だという感情は、喜びの感情ではないので、吸い取られることがありませんでした。 また辛いときは犬の姿に変身すれば、吸魂鬼には見えないので吸い取られる拷問にあわずに済んだそうです。 (4)「秘密の守り人」という魔法があります。 これはどうしても守らなければならない秘密があったとき、誰か一人を秘密の守り人とすると、守り人が口を割らない限り、例えその秘密を目の前で見たとしても見ることができないというものです。 ハリーと両親が隠れている場所の秘密の守り人は、はじめシリウスにするはずでした。 でもシリウスは一番の友達なので、きっと誰もがシリウスが守り人だと思い、襲うだろうと予想したシリウスは、直前に守り人をペディグリューにするべきだと、ハリーの両親に薦めました。 そのことを知っているのはハリーの両親とシリウスだけだったので、シリウスにはペディグリューが秘密を漏らしたことがわたったのです。 (5)ペディグリューはずるいヤツで、強い者に突いて歩くのが好きでした。 ヴォルデモートが力を失った今、ヴォルデモートのために働いても意味が無いと思っていたために、ハリーを狙わず静かにしていたのです。 そしてヴォルデモートが復活したら手柄を見せ付けて、仲間に入れてもらおうと考えていたというわけです。 (6)ハリーの父とシリウス、ルーピン、ペディグリューはやんちゃな仲間でした。 対してスネイプはあの通り陰湿で・・・シリウスたちをねたんでいるところもありました。 それで、悪ふざけが好きなシリウスやハリーの父は、スネイプをいじめていたふしがあるんです。 ルーピンは学生のころから狼男で、満月の夜は叫びの屋敷で過ごすことにより、学生生活を送ることができていました。 これはダンブルドアの計らいです。 ルーピンのためにダンブルドアは叫びの屋敷への秘密のトンネルの入り口に、暴れ柳を植え、誰も入れないようにしていました。 スネイプはそんなルーピンの行動を怪しみ始めて、かぎまわっていました。 それを知ったシリウスは、暴れ柳はあるポイントを押すと、静かになるのですが、それをスネイプに教えたのです。 ハリーの父が直前になって、スネイプを止めたのでよかったのですが、そのままだったらスネイプは狼男に襲われていたはずです。 行き過ぎたいたずらでした。 それをスネイプは今でも恨みに思っています。 (7)叫びの屋敷でシリウスがハリーたちに真実を話しているとき、スネイプは遅れて入ってきたので、話を聞いていませんでした。 その後も気を失っていたので真実をしりません。 ルーピンは狼男なので証言しても誰も信じてくれないのです(魔法界で狼男は偏見視されています) (8)ははは(笑)そうですね。 変わりましたよね? 何もあんな細い子にしなくてもって感じでしたね。 ざっとですが、わかっていただけたでしょうか? どれも映画の中では省略されている部分ですね。 原作を元にした私なりの解釈での解説ということになります。 (1)犬に変身して脱獄しました。 吸魂鬼は目が見えません。 人間のプラスの心を嗅ぎ取って人間を確認しています。 動物のことは察知することができないために、吸魂鬼が食事を配給するときに、犬の姿でそのわきをすり抜けることができたというわけです。 (2)夏休みにロンの家族は懸賞で当たったエジプト旅行に出かけました。 そのときの写真が新聞に載り(これは映画でも出てきました)... Q ハリーポッターの3巻でブラックを逃がす時にハーマイオニーが『逆転時計』を使うのですが、ここで疑問です。 『逆転時計』は、確か魔法省からマコゴナガル先生経由で入手したものと書かれてあります。 と、いうことは魔法省は、『逆転時計』を少なくともいくつかは持っていることになりますよね。 ブラックを逃がしたくない魔法省は、なぜ『逆転時計』を使用してバックビークでの逃亡前の状態まで時間を戻し逃亡するブラックを捕まえなかったのでしょうか。 (逃亡する時間は、後になってだいたい分かってるし。 ) こんなことを言い出せば、じゃあ『逆転時計』を使ってポッターの両親を助けることもできるんじゃないの?…というかもしれません。 でも、そうするとその後の運命に逆らうことになるような気がします。 それに事件が起こるたびに魔法省が『逆転時計』を使うと速攻で犯人を捕まえることが可能にも思えます。 それならじゃあ、ハーマイオニーが授業の選択に使うのはいいのか?なんてことも思えます。 となると、結局いかに凶悪な殺人事件が起ころうとも『逆転時計』は決して使わないという魔法省の姿勢が伺える気がしてきます。 使わなくても犯人を検挙できるという自信ありなのか?それにしては逃亡したブラックをすぐに捕まえられずにマグルの新聞などに出してるぞ。 それに『例のあの人』がらみが、起こす事件だって『逆転時計』を使用せずに話が進んでるしね。 結論として、(まぁ、例外でしょうが…授業選択以外の)運命にさからうなってことでしょうか。 みなさんの意見が聞けれたら幸いです。 ハリーポッターの3巻でブラックを逃がす時にハーマイオニーが『逆転時計』を使うのですが、ここで疑問です。 『逆転時計』は、確か魔法省からマコゴナガル先生経由で入手したものと書かれてあります。 と、いうことは魔法省は、『逆転時計』を少なくともいくつかは持っていることになりますよね。 ブラックを逃がしたくない魔法省は、なぜ『逆転時計』を使用してバックビークでの逃亡前の状態まで時間を戻し逃亡するブラックを捕まえなかったのでしょうか。 (逃亡する時間は、後になってだいたい分かってるし。 A ベストアンサー bluestyleさん、こんにちは。 はじめまして。 ハリーポッターの3巻を読んだのは、1年前ですが、 私もbluestyleさんと同じように思いました。 時間を戻すことができるアイテムは、他のアイテムとは次元が違いますよね。 いくら魔法の存在する世界といっても、これはどうかな?と思いました。 批判している訳ではないのですが、 ハリー・ポッターの本は、魔法を使うにも、ただ呪文を唱えるだけでなく きちんと学校で教科書を使って勉強し、実技ができるようになる…という設定ですよね。 ここで気になるのが、タイムスリップ関連の小説で、よく出てくるタイムパラドックス。 (1)過去を変えると、現在の状況が変わる。 (歴史が変わる) (2)過去を変えても、現在の状況に影響はない。 変えた部分だけが修正され、歴史に影響はない) ハリーポッターの場合は(2)なのでしょう。 でも、それならハリーの両親や例のあの人の行動を取り締まれたのでは?と思うわけです。 やっぱり逆転時計の存在や、たかが授業を重複して受けるために使用させる先生など、疑問です。 個人的な感想ですが、このアイテムだけは出して欲しくなかったと思います。 なお、ここまで書いておいてタイムパラドックスの解釈が正しいか不安になりました。 自分の記憶で書いたので、もしかしたら間違っている部分があるかもしれません。 もし、そうだったらすいません。 bluestyleさん、こんにちは。 はじめまして。 ハリーポッターの3巻を読んだのは、1年前ですが、 私もbluestyleさんと同じように思いました。 時間を戻すことができるアイテムは、他のアイテムとは次元が違いますよね。 いくら魔法の存在する世界といっても、これはどうかな?と思いました。 批判している訳ではないのですが、 ハリー・ポッターの本は、魔法を使うにも、ただ呪文を唱えるだけでなく きちんと学校で教科書を使って勉強し、実技ができるようになる…という設定ですよね。 それなのに、時... Q 最初は敬遠していたハリー・ポッター。 いつなぜ手にしたのかすでに覚えていませんが、今はもう辞書と首っ引きで原書に向かうほどはまりこんでいます。 が、思いました。 ハリーって、結構性格悪くありませんか? なぜかと問われるとわかりませんが・・処罰で「黒い森」に連れて行かれるとき、仲の悪い同級生が震えているのをみて「いい気味だ」とか。 味方に厚く敵に厳しい項羽タイプ(司馬遼太郎「項羽と劉邦」以来私の造語です)というか。 わりと暗く激しいものを持っているような性格に見えるのですが・・。 生い立ちのわりに自分を通すことのできる強さとか、心理学専攻の私にとってはちょっと納得できないところも。 他にも、なんていうかあんまり潤いのないところとか。 もしかして作者の方の性格が一部反映されているのでしょうか?(作者のJKローリングはハーマイオニーが一番自分の中学生時代に似ているとおっしゃったそうですが) 皆様、私の方が性格悪いんでしょうか(笑)。 A ベストアンサー ハリーって性格悪いですか・・?? 私もはまって何回も読み直しましたが、嫌なやつと思ったことはないです。 笑 だからなぜ回答されてる皆さんがハリーの行動をそんなに悪く取るのかなっとどちらかというと不思議に思ってます。 なんだか主人公は模範生みたいでないといけない、というような意識があるような気がしたのですが、どうでしょう? 最近まで高校生活をおくっていた私としては、舞台は空想の世界なのに 登場人物の行動や悩みは今私たちが直面しているものと酷似していて、う~んうまいなっと思ったんですよね。 やっぱり人それぞれ受け取り方が違っておもしろいですね! ちなみに私も「はてしない物語」では心は洗われなかったです。 coranevilさんの回答にびっくりしました。 そうなんだ~。 アトレーユに、ならわかります! でも取りあえず私はず~っとイライラしてました。 それじゃダメ!セバスチャン!!なんでわからないの!!!って。 一人で。 笑 だからなぜ回答されてる皆さんがハリーの行動をそんなに悪く取るのかなっとどちらかというと不思議に思って... Q ハリポタの1、2はDVDの吹替え版で見たので気が付かなかったのですが、先日『炎のゴブレット』を見て「ん?」と思い、1、2、3を字幕版で見直して思ったことなのですが… 私は英語は電話の取次ぎくらいしか 笑 できないのですが、ハリポタの英語って訛ってますよね?最初は「なぁんかハリウッド映画で聞くような英語と違う気がする…」ぐらいにしかわからなかったのですが、「H3」を「アイチ トゥリー」っていったりしてるのを聞いて「もしかしてこれがコックニー訛りというやつか?」と思いました。 これをカッコイイと感じるのは変わってるんですか?やっぱりハリウッド映画で聞かれるような舌を巻く発音のほうがカッコイイとされるのでしょうか、一般的には。 あ、あと、『炎のゴブレット』のマダム・マクシームの学校の人たちは、フレンチ訛りですよね? ハリポタの1、2はDVDの吹替え版で見たので気が付かなかったのですが、先日『炎のゴブレット』を見て「ん?」と思い、1、2、3を字幕版で見直して思ったことなのですが… 私は英語は電話の取次ぎくらいしか 笑 できないのですが、ハリポタの英語って訛ってますよね?最初は「なぁんかハリウッド映画で聞くような英語と違う気がする…」ぐらいにしかわからなかったのですが、「H3」を「アイチ トゥリー」っていったりしてるのを聞いて「もしかしてこれがコックニー訛りというやつか?」と思いました。 A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? pottermania. htm 【FAQ】 ・ヴォルデモートが(禁じられた)森の中でハリーにアバダ ケダブラを唱えたとき、実際に何が起きたのですか? ヴォルデモートはハリーの血を自身の体内に入れたことで、ハリーに対するリリーの守りの力を持続させました。 したがってヴォルデモート自身がハリーの分霊箱のような役割を果たすようになったのです。 このリリーの犠牲の力はハリーを生かし続けるだけでなくヴォルデモート自身にも最後の機会 ダンブルドアがこれについて35章で述べています を与えています。 ヴォルデモートは知らないうちに体内に数滴の善を入れてしまったため、彼が悔い改めさえしたら、深く治癒する ポッターマニア注:6章でハーマイオニーが話したように魂を元に戻す ことができたのでした。 しかしもちろん、ヴォルデモートはそれを拒否しました。 ヴォルデモートはさらにニワトコの杖(Elder Wand)も使っていますが、これは本当はハリーの杖です。 この杖を使って本来の持ち主に魔法をかけてもちゃんと働かないので、ヴォルデモートがハリーに唱えた「磔 はりつけ の呪文」や「死の呪文」も正しくは機能しませんでした。 同時に、この呪いはハリーをひどく損傷させ、彼は望んだなら死ぬこともできました ダンブルドアは35章でハリーは目を覚ますかどうか選べると話しています)。 ここで重要なことは、私はこれらの魔法 非常に大切な生と死の問題 を基本的に非科学的に捉えているということです。 つまり、「ニワトコの杖+リリーの血=生き残りが保証」というような公式は存在しません。 最終的に重要なのは、ハリーとヴォルデモート自身の選択なのです。 お互いある種の武器と保護手段が与えられていますが、これらの物や過去の出来事の(真の)力は、それがどのように理解され使用されたか、どのように成立したかという点にあります。 ハリーはこれらの物や出来事の意味をより深く、より正確に理解しています。 しかし、ハリーを救った最も素晴らしい力は、自由意志と勇気、そして確かな道徳心なのです。 pottermania. htm 【FAQ】 ・ヴォルデモートが(禁じられた)森の中でハリーにアバダ ケダブラを唱えたとき、実際に何が起きたのですか? ヴォルデモートはハリーの血を自身の体内に入れたことで、ハリーに対するリリーの守りの力を持続させました。 したがってヴォルデモート自身がハリーの分霊箱のような役割を果たすようになったのです。 このリリーの犠牲の力はハリーを生かし続けるだけでなくヴォルデモート自身にも最後の機会 ダンブ... Q ハリーポッターに出てくる大人たちの年齢の関係が、イマイチわかりません。 下記の登場人物を、歳が上の順に並べてください。 そしてできれば、生年月日(生まれ年だけでも)もご存知でしたら教えてください。 ダンブルドア ハグリッド アーサーウィーズリー モリーウィーズリー シリウス ジェームズポッター リリーポッター スネイプ ヴォルデモート ルシウスマルフォイ ルーピン マクゴナガル ハリーの両親とルーピンとシリウス、スネイプは同学年だということ ハグリッドとヴォルデモートが同学年であること ハグリッドの学生時代にダンブルドアは平教師で、 ハリーの両親が学生時代には校長だったことはわかるんですが、 どうもはっきりわからなくって。 よろしくお願いします。

次の