じゃっ ぷか さい タイ。 ★ 2020年6月より、営業(施術・講習)を再開させて頂きます。お気軽にお問い合わせください!

『よくわかるジャップカサイ』睾丸マッサージ、JAPKASAI

じゃっ ぷか さい タイ

当店は、日本国内のマッサージサロンの中でも、生殖器・及び生殖器周辺部位の施術を行なえる数少ないサロンとなっております。 2015年秋、チェンマイ・オンタイマッサージスクールにて、カルサイネイザンのティーチャー資格を取得しました。 日本国内において2人目(実質活動を行っているセラピストとしては一人目)で、2016年8月現在、日本国内における資格所有者4人となっております。 当店は風俗店ではございませんので、性的なサービスは一切行ないませんし、行なえません。 生殖器につながる内臓部位の腹部から、血流やリンパの流れに関係する両脚を含め、生殖器周辺部位に至る腹部から下半身全体にかけて施術するような内容となります。 もしかしたら、こちらのサイトをご覧になった方の中には、カルサイ(カルサイネイザン)という名称ではなく、女性の方では「ジャックヨークトーン」という名前などで、タイ本国で施術を受けられた方もいるかもしれません。 また、特に男性の方におきましては、タイ本国の南の地方(ハートヤイ(ハジャイ))などで、ジャップカサイ(マッサピンポーン・ピンポンマッサージ)とも呼ばれるような施術で、体験された方もいらっしゃるかもしれません。 または、「睾丸マッサージ」というキーワードでこちらのサイトに訪れた方もいらっしゃるかもしれません。 当店で行っている施術は、生殖器周辺部位へのアプローチを中心としたカルサイネイザン施術となります。 当店のセラピストである大塚自身、2015年9月にタイ南部のハジャイ ハートヤイ に行き、実際に大塚自身が数々のマッサージサロンにおいてジャップカサイ 睾丸マッサージ)を体験してきております。 施術内容で同様の手技もございますが、当店の施術、及び講習内容には性的なサービスにつながるような手技は一切含まれておりません。 タイで受けたものと同様のものを期待してお申込みされても、施術出来ないような手技も御座います事をご了承ください。 男性のお客様の陰茎部に触れる事は御座いません。 陰嚢部への施術はございます。 男性・女性とも、大きな流れは、どちらも変わりありません。 生殖器マッサージの名前が付いておりますが、むしろ時間的には、その周辺部位へのアプローチの方に重点を置き時間をかけさせて頂き、身体の内部から調子を整え、生殖器にアプローチしていくような施術になる、より本場タイ本国で古より伝わる施術内容であるとご理解下さい。 また、 女性のお客様におかれましては、基本的にカルサイ施術につきましてはお断りさせて頂いております。 施術を受けたいというご希望を頂いた場合、女性セラピストでカルサイネイザンの有資格者をご紹介させて頂く形を取らせて頂きます。 遠慮なくご相談ください。 もしくは、当店で大塚からの施術を受けるリクエストを強くお申し出くださった場合に関しましては、パートナー様同伴でのご来店をお願いしております。 (施術中は、パートナー様は施術室の隣室にて待機して頂く形式になります) ご不便おかけいたしますが、何卒ご理解頂けますようよろしくお願いいたします。 60分コースは、施術内容において手技が少なくなり、部位毎にかけるお時間が短くなるショートコースとなります。 身体の大きな男性におかれましては、90分コースを選ばれた方が全体的にしっかりと施術できるのでお勧めとなります。 施術途中にハーブボール(サムンプライとタイ語で呼ばれる、タイのハーブを詰めた薬草玉です)をスチーマーで蒸して使用します。 通常のカルサイネイザンのコースに通常のマッサージのコースを追加する事も可能です。 その際は90分コース(2万2千円)をベースに20分(2,000円)以上から10分単位の追加とさせて頂きます。 ストレッチ技を多数取り入れた通常のタイ古式マッサージ、身体の深部まで深く入る木槌のマッサージ(トークセン)、肩、腰、背中など気になる部位の施術をお申し付け下さいませ。 お客様の症状に合わせ施術内容を組み合わせていきます。 初回割引等の割引は、1度につき1種類のみとさせて頂きます ちなにみ・・・ タイ本国で カルサイ師匠のウー先生の施術を受ける場合… 60分あたり、通常のチェンマイ市内の一般のマッサージの値段の7. 5倍ほどのお値段がかかります。 それ位、特別な施術でもあり、タイ・チェンマイ内でもおいそれと簡単に受けれる施術ではない、という事をご理解頂けたら、と思います。 往復交通費、及び出張料をご負担願います。 (詳細…【コース&料金】参照) 〇施術当日、当店と受講者様との間で双方のトラブル回避、及び健全な施術をとりおこなうため、任意で「覚書」を取り交わさせて頂きます。 2回目以降リピートされる場合でも、確認のため用紙を準備しておりますので、ご不便をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。 カルサイ施術体験後、他のお客様への紹介をされ、その紹介をされた方が施術を受けて下さった場合、その後のご利用時に紹介割引として施術料より3000円割引かせて頂きます。 紹介を受けた方は、施術の際、通常の初回1000円割引に500円割引かせて頂き、初回1500円の割引とさせて頂きます。 ご自身の身体に合うものがある場合は、そちらを使用させて頂きますので、ご用意下さい。 ・パウダー…植物性のパウダー。 男性の施術時に使用いたします。 ・ハーブボール(サムンプライ)…タイ・チェンマイで仕入れています。 タイ産ハーブが十数種類入った薬草玉になります。 スチーマーで蒸されたハーブボールを直接身体に当て、そのエキスを身体に染み込ませていきます。 ・プラスチックグローブ…男性女性とも、生殖器周辺部に触れる際は、お客様、施術者双方の怪我や病気防止の観点からグローブを着用させて頂きます。 (ご自身のお使いになったハーブボールは、他の方には使用しませんし、他の方のハーブボールを施術で使う事はございません) 施術当日に使用したハーブボールを持ち帰り、ご自宅にて冷凍保存して頂き、次回施術を受ける際にお持ちになって頂けた場合、施術料金より 1000円割引とさせて頂きます。 施術時間などによっても異なりますが、 おおむね5~6時間の蒸し時間を目安に新しいハーブボールへの交換 通常料金での施術 をして頂けたらと思います。 *施術を受ける12時間前ほどから冷凍庫から冷蔵庫に移動させておいてからご持参頂けるようによろしくお願いいたします。

次の

『弾丸タイ0912 “健全な”タイ古式マッサージ ~バンコク~』バンコク(タイ)の旅行記・ブログ by たぬき2号さん【フォートラベル】

じゃっ ぷか さい タイ

タイに来たらぜひとも体験してみたいのがタイ古式マッサージ。 一度受けるとやみつきになり、何度も足を運んでしまうというヘビーユーザーは少なくありません。 でも、あまりにたくさんのお店が氾濫しているため、どの店を選んでいいかの迷ってしまうという方も多いのでは?今回は、利用しやすく、コストパフォーマンスに優れたバンコクのタイ古式マッサージ5店を紹介します。 タイ古式マッサージ、ここが魅力! 世界一気持ち良いマッサージとも称されることが多いタイ古式マッサージ。 一般のマッサージとは何がどう違うのでしょう。 タイ古式マッサージは2500年もの歴史を持つマッサージであり、東洋医学をベースにしたタイの伝統的医療。 タイ語で「セン」と呼ばれるエネルギーライン(いわゆる「気」の通り道)を指圧やマッサージ、ストレッチ、整体や矯正といった手法を駆使して刺激することで、凝った筋肉をほぐし、緩んだ筋肉を伸ばし、体の歪みを整えます。 免疫力を高める効果があるとされるのもタイ古式マッサージの特徴でしょう。 タイ国衛生省では、タイ古式マッサージには、頭痛や腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、喘息、高血圧、冷え症、便秘、アレルギーなど数十種類にもおよぶ症状への効能を挙げています。 手のひらや指先、肘や膝、拳や足などを巧みに使ったマッサージの後は、心と体がすっかりリラックスしていることに気づくはず。 ぜひタイ古式マッサージの魅力を堪能してください。 タイ古式マッサージ総本山ワットポーの技を便利な場所で体験! タイ古式マッサージの総本山とされているのが、ワットポー内のマッサージセンターです。 タイ古式マッサージは、アユタヤ王朝以降、宮廷の医師らによってそのノウハウが体系的にまとめられ、ワットポーに残されました。 このノウハウを元に開校したのが、ワットポー内のマッサージスクール。 この学校には世界中の人々が学びに訪れ、スクール直営のマッサージセンターも開設しています。 サロンのドアを開けたら、右手のカウンターで好みのコースを告げ、料金を支払いましょう。 マッサージ師が登場し、マッサージスペースへと誘ってくれます。 カウンターでもらえる、簡単なタイ語ガイドのペーパーを参考にしながら、マッサージ師に「強く」「弱く」「痛い」「気持ちいい」「上手」などと伝えてください。 意思の疎通が図れると、マッサージ師の表情もほころびます。 アロマの良い香りに満ちたセレブなサロンが、ヘルスランドスパ&マッサージです。 バンコク市内に8店、パタヤに1店ありますが、そのどれもが同じようなゴージャスな雰囲気にあふれています。 しかし豪華な作りにもかかわらず、価格はリーズナブル。 いつも大人気のサロンです。 ここでは、BTSアソーク駅やMRTスクンヴィット駅から徒歩5分強で到着するアソーク店を紹介しましょう。 エントランスに広がるのは、まるでホテルのようなロビー。 ここで、受けたいコースを告げると紙を渡されるので、それを持って精算を済ませます。 あとは、無料ミネラルウォーターでも飲みながら、ソファにくつろいでマッサージ師の登場を待ちましょう。 担当のマッサージ師が更衣室へと案内するので、そこで用意されたタイズボン(タイの伝統的なズボン)に着替えます。 着替えが済んだら、照明を落とした優雅な広々とした空間で、さあ、マッサージ開始です。 全般的にフレンドリーなマッサージ師が多いので、基本的なタイ語でコミュニケーションを図ると、喜んでもらえますよ。 一見、バンコクのどこにでもありそうなお店に見えますが、ここは知る人ぞ知る実力派。 熱心なリピーターが多いことで知られているサロンです。 マッサージ店は「誰に施術を受けるか」によって、術後の感想や心身のリラックス度がかなり違ってきますが、ヌッチマッサージの場合、誰に受けてもあまりばらつきがなく、クオリティが保たれていると評判なのです。 決して美しいサロンではなく、内部はごちゃごちゃとしていますが、タイ古式マッサージの良さを割安な価格で堪能したいという方には見逃せません。 そんな方にぜひオススメしたいのが、シーロムにあるキングスボディハウス。 常時100人以上ものマッサージ師を抱えている大型店です。 パッポンやタニヤといった歓楽街に近く、男性客が圧倒的に多いため、ちょっと入りづらいという女性が多いかもしれませんが、内部は非常に清潔で機能的。 気軽に好みのマッサージを受けられます。 競合店が多いエリアで、熱心なファンを獲得しているのは伊達ではありません。 力のあるマッサージ師が多いのがこちらのサロンの特徴です。 圧をかけたマッサージでリラックスしたいという方はぜひ一度お試しを。 日本人が経営する超人気店アットイーズ 日本人が経営するサロンならではの安心快適清潔な空間で、本格的なタイ古式マッサージを受けられるのが、アットイーズマッサージです。 バンコク市内に2店あり、どちらもBTSプロンポン駅から歩いていける距離にあります。 アジアンリゾート調のインテリアでまとめられた空間はまさに日本人好み。 決して広いサロンではありませんが、隅々までよく掃除が行きどいていて、くつろげる環境が整備されています。 待合スペースには、タイの雑貨や小物類が販売されていて、マッサージ以外の楽しい要素も備えています。 マッサージ師たちのおもてなし精神も凄いです。 笑顔をたやさず、明るくフレンドリーな雰囲気の中、高水準のマッサージが受けられます。 どんなに疲れていても、ここで施術を受けた後は、すっかりリフレッシュした自分を取り戻せそう。 リピーターが多いのも納得です。 「バオバオ ノイ」(ちょっと弱くしてください)「ナックナックノイ」(ちょっと強くしてください)「「ジェッ(プ)」(痛いです)「ディー」(良いです)「ゲン」(巧いです)などを使い分けて、語尾に、自分が男性なら「カップ」、女性なら「カー」とつけてみてください。 タイ古式マッサージでリラックスした後は、マッサージ師へのチップもお忘れなく。 相場は1時間50バーツですが、これはあくまでも目安です。 満足度が高ければ、ぜひその気持をチップで表しましょう。

次の

本格的なジャップカサイを受ける 男性力の向上を目指す

じゃっ ぷか さい タイ

タイ国ではタイ古式マッサージもまた、観光資源として多くの外国人観光客を引き寄せるコンテンツとして今や、有効活用されています。 そして健全なものから、性的なものまでも幅広いジャンルのマッサージ店があるのもまた、現実です。 マッサージという形態がまさに歴史を通じて、そのような形を生み出してきたのです。 個人的な意見ですが、利用する側(=お客様)が自分の利用方法(=好み)に応じた使い方ができれば問題ないのですが・・・。 いまや、SNSや口コミ情報が氾濫し、顧客側からのレヴューをとることは以前よりも簡単です。 簡単に自分の目的に合った「店選び」ができうるということを言いたい。 一度足を運べばさらに明快。 それを、安くしかも「風俗遊び」としてもハードなことをしたいという、インO人的な価値観で無理な遊びをすると、トラブルの原因にもなるのです。 さて「 ジャップカサイ」です。 もともとはけっして性的な範疇でなく、むしろタイ国では医療に近い、もともとは男性が男性に行っていたという、 タイ伝統医術。 健康増進、精力回復、等の効果が期待されるといわれます。 そして残念ながら近年は「 ジャップカサイ」を教授継承できる人材が少なくなっているといわれています。 学校もチャンマイにあるとはいわれますが・・・? いまや、個人的な継承のみが残るともいわれます。 何とか残すべき知的遺産と思うのは私だけだったりして?! 一部にいわれる、「風俗利用の防止のため」に40歳以上の年齢のみを対象にした免許制度などがあだになっていることも関係しているのかもしれません。 当店のタイ人女性スタッフに聞いても、「免許を取りに行くことさえ恥ずかしい」などといいますから、時代の変化ということもあるのかもしれません。 この教科を学校で教えること自体も、国としてはタイ政府も頭が痛いことでしょうね。 この時代。 この 「 古式按摩」店には「 ジャップカサイ」をマスターしたスタッフもいるかも?!という話です。 しかし、そんな時間も、探す労力も皆様にはないと思われますので、一応以下に紹介します。 ネットなどでは決して、評判は良くないが以下のお店は最初に「 ジャップカサイ」をシステムに取り入れた、「 エロ按摩」店としては有名( 「 古式按摩」ではありません、その区分けはスタッフの年齢層など)。 いちおう、「 ジャップカサイ」マスターから手ほどきを受けたスタッフという触れ込みではある。 参考までに。 きっと、60歳オーバーでしょうが・・・。 「 ジャップカサイ」の肝はリンパ節の刺激にあります。 睾丸を丹念にもみほぐすことで様々な効果が期待できるらしい。 熟年世代にはうれしい効果。 <「 ジャップカサイ」= 睾丸マッサージ + 鼠径部オイルリンパマッサージ>とお考えいただければ、わかりやすい。 知らない人の「 睾丸マッサージ」をするよりも、若い女性は他に仕事もあるでしょうし、なんせ教える先生も少なくなっている。 しかしながら、今後は衰退の道は避けられないと思いますが、またしっかりした「 ジャップカサイ」の技術を継承できれば生き残ることもまたできることも、反面間違いないように思われます。 当店では一名現在(平成30年. 8)、本場タイで「 ジャップカサイ」の免許獲得者が在籍中です。 「 ジャップカサイとは?」についてのご案内です。 コロンビア・ボゴタで行われていた第14回無形文化遺産保護条約政府間委員会で、 タイ古式マッサージ「ヌアット・タイ」がユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録されたことは、記憶に新しいですが・・・。 無形文化遺産は「 ジャップカサイ」こそが、それにふさわしい。 当店、タイ古式出張マッサージ イーストをご利用する場合、ご利用場所によっては「交通費別途」の 出張エリアもありますので、確認ください。 JR 山手線内の出張エリアは交通費無料です。 当店、タイ古式出張マッサージのイーストはお客様の東京都心部の滞在先のホテル、自宅などへ高い技術の出張タイ古式マッサージをお届けします。 「タイム割引き」、「カップル割引き」、「週末割引」など各種割引もご用意しています。 この機会にぜひ、皆様のご利用をお待ちしています。

次の