生理 痛 を 和らげる 姿勢。 医師が教える生理痛を和らげる6つの方法 [オトナ女子の不調・カラダの悩み

生理痛を和らげるヨガポーズ

生理 痛 を 和らげる 姿勢

姿勢や寝方がなぜ生理痛と関係しているの? 姿勢や寝方を工夫すると、生理痛を和らげることができます。 では、なぜ姿勢や寝方と生理痛が関係しているのでしょうか。 それぞれの理由について見ていきましょう。 そのため、 血流を良くすることによって、プロスタグランジンが体内に停滞することを防ぎ、生理痛の緩和に繋がるのです。 プロスタグランジンの働きや生理痛の原因について把握しておくことで、他の解消法に繋げることもできます。 つまり、 血流を良くするような姿勢や寝方をとることによって生理痛の緩和が出来るということなのです。 人間は無意識のうちに体の一部に力が入ってしまっていたり、逆に、体幹を支える筋肉が弱くなることで姿勢が崩れてしまいます。 そのため、知らず知らずのうちに血流が滞ってしまう人はたくさんいるのです。 生理痛をひどくする姿勢とは? 血流を良くすることで生理痛を緩和することが出来ますが、逆に言えば血流が悪くなると生理痛が悪化してしまいます。 では、どのような姿勢が血流を悪くしてしまうのでしょうか。 これから紹介する姿勢をあなたが普段とっていないかチェックしましょう。 猫背は、胸やお腹側は筋肉が緩んでいて、逆に背中側の筋肉が緊張している状態になります。 筋肉が緊張すると、筋肉のポンプ作用が上手く働かずに血流が滞ってしまいます。 猫背の原因は以下のものがあげられます。 しかし、足を組んで座るということは、骨盤をゆがませる原因になってしまいます。 骨盤がゆがむと血流が悪くなってしまい、プロスタグランジンが骨盤内に停滞してしまう原因になってしまいます。 無意識に足を組んでしまっていないかチェックしてみましょう。 片足に体重をかけて立っていると、体全体が左右異なる筋肉の使い方をしてしまいます。 そのため、血液がバランス良く流れません。 長期にわたり片足に体重をかけた生活をしていると、骨盤のゆがみによる腰痛や頭痛を引き起こすリスクもあります。 姿勢や寝方によって血流が良くなったり滞ったりすることが、痛みの強さに関係していきます。 それでは、具体的に生理痛を和らげる姿勢や寝方をそれぞれ見ていきましょう。 耳と肩と骨盤が一直線になるような姿勢を普段から心がけましょう。 分かってはいてもなかなか猫背の改善は難しいですよね。 体幹の筋肉が弱いと姿勢を正すのも難しくなってしまいます。 そんな時は、体幹を鍛えることが出来るヨガなどがおすすめです。 また、大胸筋の緊張が原因で肩が前に出てしまう人もいます。 そのような場合は、鎖骨の5cmほど下のあたりの筋肉を軽く押して軟らかくしてあげましょう。 そもそも足を組んだ方が楽に座れるという方は、体がゆがんでいる可能性もあります。 普段から背筋を伸ばして過ごす事を意識しましょう。 足を組むことをやめることで血流が良くなります。 生理痛が緩和されるだけでなく、下半身の冷えやむくみの改善にも繋がります。 また、椅子に深く座って背筋を伸ばしましょう。 浅く座った状態で背もたれにもたれると、体のゆがみにより血流を悪くしてしまいます。 そのため、左右の足に同じバランスで体重をかけるようにしましょう。 まずは、ふとした時に自分の姿勢を意識し、自分の立ち方の癖を見つけましょう。 バランス良く立つことを意識することで、血流が改善されて生理痛も緩和されていくでしょう。 胸が体重で圧迫されることによって、横隔膜が下がり腹式呼吸がしやすくなります。 楽に呼吸が出来るようになるため、 血液の中に酸素を多く取り込むことが出来ることで血流が良くなります。 また、自然に呼吸ができると自律神経が整い、リラックス効果もあります。 うつ伏せで寝る際は、顔は左右楽な方に向けて寝ましょう。 また経血が前側に流れて漏れてしまわないように大きめのナプキンを使用するなど工夫しましょう。 膝を曲げることで、腹部の筋肉の緊張が和らぎ、お腹周りの血流が良くなります。 横向きで体をまるめて寝ることをおすすめします。 生理痛がつらい時は、抱き枕を使いリラックスして横になりましょう。 リラックスすることによって副交感神経が優位になり、血流が促進されます。 まとめ 生理痛の緩和には、呼吸を楽にさせるうつぶせ寝や膝を曲げた寝方などがあります。 生理痛がつらい日は体を温めながらリッラクスして寝たいものですよね。 姿勢を正すよう意識することで血流が良くなり、生理痛が緩和されていきますが、生理痛があるときにいきなり姿勢を正すのは余計につらいです。 普段から正しい姿勢を意識するようにしましょう。

次の

イテテ…。生理痛で眠れない夜は、膝を抱えると良いみたい

生理 痛 を 和らげる 姿勢

多くの女性が感じている「生理痛」。 下腹部の痛みや頭痛、吐き気、イライラ・・・様々な不快で辛い症状に悩まされている人も多いはず。 生理は女性の健康を知る大切なバロメーターです。 生理痛はあることが当たり前ではありません。 痛みがあるということは、カラダからの異変を知らせるサインになります。 「みんなもあるし、しかたがない・・」などと、諦めてしまわず、今日からできる子宮メンテナンス術を身につけて、生活を見直し今の生理をもっとラクに過ごしてみましょう。 なぜ、生理痛は起こるの? 生理痛の主な原因は、 生理の時には要らなくなった子宮内膜が剥がされる時に出される痛み物質(プロスタグランジン)が分泌されることが関係しています。 さらに、要らなくなった子宮内膜を押し出すために子宮が収縮する際、冷えなどで子宮が硬いと収縮がうまくできずに痛みの原因になります。 その他の原因として、 ・子宮の働きやホルモン分泌 ・血行不良(冷え) ・下着や衣服による締め付け ・偏った食事(特に甘いものの過剰摂取)やカフェインの取りすぎ、喫煙 ・骨盤のゆがみや骨盤周辺の柔軟性の不足 ・子宮内膜症や子宮筋腫などの病気 があります。 思春期の子宮や卵巣が未熟なことで痛みが生じたり、女性ホルモンの不調やストレス、過度なダイエットなどで起こることもあります。 また、冷えや下着などの締め付け、長時間座って仕事をしていることでの骨盤内の血液のめぐり(血行)が悪くなり起こることもあります。 生理周期による痛みの変化 生理痛にも生理周期により痛みに特徴が見られる方も多いようです。 一般的に言われている痛みの特徴をみていきましょう。 生理前半の痛み 生理直前から生理初期には、子宮内膜を剥がすためのホルモン(プロスタグランジン)が分泌されます。 このホルモンは子宮を収縮させ、子宮内膜を外へ排出する役割があります。 痛みを感じさせるホルモンでもあるため、この量が多すぎると収縮が強すぎて痛みが発生します。 また、血管を収縮させるので、腰のだるさや冷えも起こってきます。 生理後半の痛み 後半の痛みは、血液のめぐりが悪くなって起こる下腹部の鈍痛や腰痛が主になってきます。 <PR> 生理痛がひどい、貧血や生理不順、生理時の精神不安などの症状を改善する様々な漢方薬をご紹介 生理痛を緩和する子宮メンテナンス術 スッキリ経血を排泄し、生理痛を緩和するための子宮メンテナンス術として、骨盤ケア、アロマケア法に加えて、生活の中で気をつけるポイントをご紹介します。 骨盤ケア 生理痛の緩和につながる骨盤ケア。 足の付け根や股関節を開く動きをすることで、骨盤がスムーズに開くことをサポートしてくれます。 仰向けになって、足裏を合わせて膝を両サイドに開きます。 股関節を開くのが辛い方は、膝下にクッションやタオルを入れてみましょう。 両手を擦り合わせて、その手を下腹部において、目を閉じてゆっくり深呼吸をしましょう。 肩や腰、目元や口元の力も抜いて呼吸をしながらリラックスしましょう。 アロマケア 痛みや不快な症状を緩和するのにアロマは効果的です。 仙骨や腰、下腹部をマッサージし、軽く温湿布をすることで、痛みが緩和されココロもリラックスすることができます。 マッサージオイルを作り、 仙骨周りに塗ってマッサージします。 次に ウエストの周り、腰にも塗ってマッサージしていきます。 下腹部に塗って、 下腹部と仙骨に温タオルを当てます。 (タオルは冷めたら外してください。 原液塗布はせず、皮膚の弱い方はパッチテストを行ってから使用してください。 肌が赤くなったり、湿疹が出たり皮膚に異変がある場合は、直ちに使用を中止してください。 生活の中で気をつけるポイント 以下のポイントを普段の生活する中で、気をつけることにより、生理痛を軽減できる場合があります。 カラダにもいいので、ぜひ、実践してみてください。 首のつくところを冷やさない 首のつくところは、浅いところに動脈が走行しています。 ここは外気によって血液の温度も左右されるため、できるだけ、 首、手首、足首、くびれ(腰)は冷やさないようにしましょう。 睡眠 人は寝ている間に自律神経のバランスを整えたり、ストレスからの回復をしてくれます。 寝る前1時間くらいはスマートフォンやテレビを見ないようにして、部屋は暗めにしてみましょう。 ストレスケア ストレスはホルモンバランスを崩してしまいます。 特に生理中はナーバスになっていますので、心身をリラックスさせることが大切です。 早めに ベットに入って、ゆったりとした深呼吸を行なっていきましょう。 こんな生理トラブルには注意 生理痛といっても一概にただの痛みとして見過ごせないことがあります。 そこには子宮内膜症など、病気が隠れている場合があるので、適切な診療を受ける必要があります。 以下の症状に当てはまる方は、一度婦人科受診をお勧めします。 逆に量が少なすぎる。 いかがでしたか?生理痛でお悩みの方は、ぜひ、子宮メンテナンス術を行って、生理痛のない生活を過ごしてくださいね。 この記事を書いたライター 櫻井 夕希子 NPO法人日本ホリスティックビューティ協会インストラクター 専門はカラダの仕組み、女性のカラダ。 看護師経験15年。 各種イベントや企業研修などで健康美や女性特有の悩みやカラダの仕組みとセルフケアを始め、温活ケアセミナー等を行っている。 <PR> 生理痛がひどい、貧血や生理不順、生理時の精神不安などの症状を改善する漢方薬をご紹介.

次の

【看護師が解説】重い生理痛…改善方法ってあるの?

生理 痛 を 和らげる 姿勢

多くの女性が感じている「生理痛」。 下腹部の痛みや頭痛、吐き気、イライラ・・・様々な不快で辛い症状に悩まされている人も多いはず。 生理は女性の健康を知る大切なバロメーターです。 生理痛はあることが当たり前ではありません。 痛みがあるということは、カラダからの異変を知らせるサインになります。 「みんなもあるし、しかたがない・・」などと、諦めてしまわず、今日からできる子宮メンテナンス術を身につけて、生活を見直し今の生理をもっとラクに過ごしてみましょう。 なぜ、生理痛は起こるの? 生理痛の主な原因は、 生理の時には要らなくなった子宮内膜が剥がされる時に出される痛み物質(プロスタグランジン)が分泌されることが関係しています。 さらに、要らなくなった子宮内膜を押し出すために子宮が収縮する際、冷えなどで子宮が硬いと収縮がうまくできずに痛みの原因になります。 その他の原因として、 ・子宮の働きやホルモン分泌 ・血行不良(冷え) ・下着や衣服による締め付け ・偏った食事(特に甘いものの過剰摂取)やカフェインの取りすぎ、喫煙 ・骨盤のゆがみや骨盤周辺の柔軟性の不足 ・子宮内膜症や子宮筋腫などの病気 があります。 思春期の子宮や卵巣が未熟なことで痛みが生じたり、女性ホルモンの不調やストレス、過度なダイエットなどで起こることもあります。 また、冷えや下着などの締め付け、長時間座って仕事をしていることでの骨盤内の血液のめぐり(血行)が悪くなり起こることもあります。 生理周期による痛みの変化 生理痛にも生理周期により痛みに特徴が見られる方も多いようです。 一般的に言われている痛みの特徴をみていきましょう。 生理前半の痛み 生理直前から生理初期には、子宮内膜を剥がすためのホルモン(プロスタグランジン)が分泌されます。 このホルモンは子宮を収縮させ、子宮内膜を外へ排出する役割があります。 痛みを感じさせるホルモンでもあるため、この量が多すぎると収縮が強すぎて痛みが発生します。 また、血管を収縮させるので、腰のだるさや冷えも起こってきます。 生理後半の痛み 後半の痛みは、血液のめぐりが悪くなって起こる下腹部の鈍痛や腰痛が主になってきます。 <PR> 生理痛がひどい、貧血や生理不順、生理時の精神不安などの症状を改善する様々な漢方薬をご紹介 生理痛を緩和する子宮メンテナンス術 スッキリ経血を排泄し、生理痛を緩和するための子宮メンテナンス術として、骨盤ケア、アロマケア法に加えて、生活の中で気をつけるポイントをご紹介します。 骨盤ケア 生理痛の緩和につながる骨盤ケア。 足の付け根や股関節を開く動きをすることで、骨盤がスムーズに開くことをサポートしてくれます。 仰向けになって、足裏を合わせて膝を両サイドに開きます。 股関節を開くのが辛い方は、膝下にクッションやタオルを入れてみましょう。 両手を擦り合わせて、その手を下腹部において、目を閉じてゆっくり深呼吸をしましょう。 肩や腰、目元や口元の力も抜いて呼吸をしながらリラックスしましょう。 アロマケア 痛みや不快な症状を緩和するのにアロマは効果的です。 仙骨や腰、下腹部をマッサージし、軽く温湿布をすることで、痛みが緩和されココロもリラックスすることができます。 マッサージオイルを作り、 仙骨周りに塗ってマッサージします。 次に ウエストの周り、腰にも塗ってマッサージしていきます。 下腹部に塗って、 下腹部と仙骨に温タオルを当てます。 (タオルは冷めたら外してください。 原液塗布はせず、皮膚の弱い方はパッチテストを行ってから使用してください。 肌が赤くなったり、湿疹が出たり皮膚に異変がある場合は、直ちに使用を中止してください。 生活の中で気をつけるポイント 以下のポイントを普段の生活する中で、気をつけることにより、生理痛を軽減できる場合があります。 カラダにもいいので、ぜひ、実践してみてください。 首のつくところを冷やさない 首のつくところは、浅いところに動脈が走行しています。 ここは外気によって血液の温度も左右されるため、できるだけ、 首、手首、足首、くびれ(腰)は冷やさないようにしましょう。 睡眠 人は寝ている間に自律神経のバランスを整えたり、ストレスからの回復をしてくれます。 寝る前1時間くらいはスマートフォンやテレビを見ないようにして、部屋は暗めにしてみましょう。 ストレスケア ストレスはホルモンバランスを崩してしまいます。 特に生理中はナーバスになっていますので、心身をリラックスさせることが大切です。 早めに ベットに入って、ゆったりとした深呼吸を行なっていきましょう。 こんな生理トラブルには注意 生理痛といっても一概にただの痛みとして見過ごせないことがあります。 そこには子宮内膜症など、病気が隠れている場合があるので、適切な診療を受ける必要があります。 以下の症状に当てはまる方は、一度婦人科受診をお勧めします。 逆に量が少なすぎる。 いかがでしたか?生理痛でお悩みの方は、ぜひ、子宮メンテナンス術を行って、生理痛のない生活を過ごしてくださいね。 この記事を書いたライター 櫻井 夕希子 NPO法人日本ホリスティックビューティ協会インストラクター 専門はカラダの仕組み、女性のカラダ。 看護師経験15年。 各種イベントや企業研修などで健康美や女性特有の悩みやカラダの仕組みとセルフケアを始め、温活ケアセミナー等を行っている。 <PR> 生理痛がひどい、貧血や生理不順、生理時の精神不安などの症状を改善する漢方薬をご紹介.

次の