徳山競艇 展示リプレイ。 ボートレース浜名湖 Official Site

ボートレース宮島 展示情報

徳山競艇 展示リプレイ

ボートレース徳山とは? ボートレース徳山(徳山競艇場)は、山口県周南市にある競艇場です。 通称は、BOAT RACE徳山で、周南市徳山モーターボート競走事業として地方公営企業法の財務規定等が適用されております。 特徴 ボートレース徳山の特徴をお伝えいたします。 ボートレース徳山は、周南市(旧徳山市)の南部・粭島への入口、瀬戸内海に面し、笠戸湾の奥深くに位置している競艇場です。 対岸に大型映像装置がいのは、全国では江戸川競艇場と本場のみです。 また、イベントなどのメインで使われるのは東スタンドとなります。 1967年に建てられた中央スタンドは2015年10月以降建て替えられ、2017年10月に改めて再オープンされました。 1999年には西スタンドが建てられています。 中央スタンドの建て替えに伴い、1980年に建てられた東スタンドは2017年8月の開催で休館となっています。 マスコットキャラクター マスコットキャラクターは、スナメリ(近海に生息し、競走水面に入り込むことも稀にある)をモチーフにした『 すなっち』で、それにちなんで『すなっちカップ』も開催されています。 過去にはフグ(近くの粭島はフグ延縄漁の発祥の地)をモチーフとキャラクターを用いていました。 また、2011年12月10日、外向発売所を「すなっちゃ徳山」としリニューアルし年間最大360日・最大4場の発売を行っています。 名物グルメがない? 多くのボートレース場では名物として推しているグルメがあるのですが、ボートレース徳山にはなぜかそういったものがありません。 ただ、指定席で観戦する場合は、モーニングレース開催日には指定席利用者全員に朝食引換券をプレゼントしてくれたり、ソフトドリンクの無料や、専門誌をタダで配布するなど、サービスは非常に充実しています。 競走水面の特徴 ボートレース徳山の競争水面は海で、水質は海水です。 太華山の麓に位置し、風の影響をうけやすいコース水面という特徴もあります。 瀬戸内海に面しているので、普段はコース水面が穏やかなレース場ですが、やはり海水であることから、潮位によってレースの流れが大きく変わることもあります。 その為、公式HPにもしっかりと潮見表があり、レース予想の際には要チェックの項目となっています。 1マーク側に太華山があり、西側の向かい風を遮断する事から、ほぼ年間を通して南東の風(左斜め後方からの追い風)が吹きます。 夏場は東側からの追い風、秋は南風に近い南南東の風が追い風として吹く傾向が高くなります。 冬場は強い東からの追い風が吹くと、2マーク周辺はかなりの引き波が残ります。 つまり、満潮時はさばき勝負、干潮時はパワー勝負の展開になりやすいレース場という特徴です。 女子リーグ戦の名称は「 九州スポーツ杯」で、新鋭リーグ戦の名称は「 スポーツニッポン杯」です。 このほか一般戦として、正月に「 yab山口朝日放送杯争奪戦競走」が、ゴールデンウィークに「 トライアングルカップ」が、お盆に「 黒神杯争奪戦競走」が行なわれています。 1988年に現在のグレード制に移行して以降、SGは本場では開催されたことがありませんでしたが、2018年に2018年に第2回「全日本選手権競走」以来となる64年ぶりに「グランドチャンピオン決定戦競走」が開催され、地元出身の白井英治が優勝しました。 モーニングレース『グッドモーニング徳山』 モーニングレース(早朝から開催されるレース)の開催は、「サンライズレース」を実施しているボートレース芦屋に次いで二例目であり、この期間中は、様々な特色ある番組が予定されています。 なお、当初は2011年2月9日より3月9日までの4節限定でしたが、好評だったことから継続が確定しました。 企画レースは以下のように行われています。 ・第1レース:1号艇にA級選手を配置し、尚かつ進入固定で争われる「モーニングSP」• ・第2レース:シリーズリーダーや好調な選手等を配した「グランプリ戦」• ・第3レース:A級選手が軸となり、尚かつ進入固定で争われる「プライド戦」• ・第8レース:様々な企画で行われる「お昼のゴチ走戦」 ライブ配信とレース結果のチェック ボートレース徳山のレース結果やライブは下記から見ることができます。 アクセス ・高速道路利用の際には、山陽自動車道・徳山東IC下車、県道366号線を経由して案内看板を目印に15分程で到着します。 ・山陽本線利用の際には「JR徳山駅下車、みなと口」、「JR櫛ヶ浜駅下車、駅前」、「JR下松駅下車、南口」よりそれぞれ無料タクシーが出ています。 まとめ ボートレース徳山は通年追い風が吹いている事から、インコースの勝率が高いという特徴があることで有名です。 インコース重視で舟券の予想を組み立てていけば的中させるのは難しくないでしょう。 また、アウトコースが絡んでくると高配当になりやすいですが、荒れる要件としては天候条件が大きく起因するので、一発逆転を狙いたい時には天候や水面状況を逐一チェックをするようにしましょう。

次の

ボートレース徳山 Official Site

徳山競艇 展示リプレイ

今回は モーターの見方(評価方法)について解説します。 予想する上でモーターは超重要、初心者の方は必読です。 ボートレースを予想する上でモーターは超大事、モーターの良し悪しはレース結果に直結します、でなきゃ前検日にモーター抽選なんて行いませんよね、全て同じ性能ならそもそも抽選で割り当てる必要がないわけですから。 選手にとってモーターが大事なのと同じで、予想する私たちにとってもモーター性能の見極めは超大事、 モーターを正しく分析することが舟券購入の選択肢に大きく影響します。 極端な話、モーターを正しく見分ける事が出来ない人は 負け続けます。 例えば、ここに 2連対率の低いモーターがあり、それを 三号艇の選手が使っているとします。 この時にモーター評価の精度に差があると全く別の見解になります。 (上が詳しくない人、下が詳しい人) ただし、これは最初にも言った通り「ざっくり」のレベルで実際には2連対率が低くても良いモーターだったり、2連対率が高くても下降気味のモーターの場合もあります。 なぜこんなことが起きるのかというと、2連対率は勝った負けたという事実しか見れないという部分が大きいと私は考えます。 例えば、悪いモーターでもSG級の選手が使用すれば一般戦なら普通に勝ってしまいます、次節でもA1級の選手が使うようなら勝率は更に上がり、モーター性能以上の2連対率を叩きだしてしまう。 他にも、今まで最悪のモーターだったけれど、前節に整備巧者のA級選手が整備したことで中堅以上に立て直すことができた。 つまり、2連対率がかなり低いけれど、実際にはそこまで悪くないモーターという事になります。 前回使用者とは、前節でモーターを使用した選手のこと。 そして、その成績を 前回成績と呼びます。 2連対率をチェックした上で、前回使用者が誰なのか、そして前回成績はどうだったか?を見るとモーター評価はかなり見えてきます。 そういった状況で 2連対率が低いという事なら、 悪いモーターの可能性が高いと言えるわけです。 そういった状況で 2連対率が高いという事なら、 良いモーターの可能性が高いと言えるわけです。 前回使用者の中には、ペナルティでB2級に落ちている選手や、A級でも事故点の影響で消極的なレースから結果が伴わない場合もありますので、クラスだけで判断すると精度は落ちます。 なので、各選手の実力を普段から把握しておくことが大切です。 更に、前節で 「転覆」している場合も注意が必要です。 転覆するとモーターに水が入り使えなくなるので、 一旦分解して再整備するわけですが、その際にモーターの状態が一変することがあります。 一節を通して備品交換の回数が多かったり、交換する部品の種類が多いと悪いモーターの可能性が高いです。 ただ、これについては選手の正確や整備力にもよるので一概には言えず、「最悪ではないけど、何から手を付ければいいか分からないから全部交換してみた」なんて事もあるみたいなので。 あくまで参考程度に留めておきましょう。 スタート後の勢い スタートしてから1Mにかけて加速感があるかどうか、「行き足」と呼ばれる部分です。 ターンした時の雰囲気 ターンした時にぽちゃつくことなくスムーズに直線に繋がっているか、「回り足」と呼ばれる部分です。 バックストレッチ(直線)の伸び 直線で伸びているかどうか、良いモーターだと前と艇間が狭まるか、後ろと艇間が離れます、「伸び足」と呼ばれる部分です。 とはいえ、展示でモーターがどうのこうのってのは初心者には分かりづらいもので、かつての私がそうだったようにずっと観察していると全て同じに見えてくるんですよね。 笑 個人的に一番分かりやすいのは「行き足」かなと思います、スタートしてからグッと勢いのつく様子は他と差が出やすい。 実際に自分の目で見てチェックするだけも全然違うので時間に余裕があるなら展示は見ておきましょう。

次の

ボートレース若松 公式サイト

徳山競艇 展示リプレイ

次節の総展望 頑張れレノファ! 徳山からエールを送る6日間! ボートレース徳山では7月20日から「レノファ山口カップ」が開催される。 サッカー・J2リーグで戦うレノファ山口とコラボしたこの大会は、17年にスタートして今年で4回目。 毎年夏の恒例レースになってきた。 今回はA1勢から山一鉄也(福岡)、荒井輝年(岡山)、市橋卓士(徳島)、竹田辰也(山口)、海野康志郎(山口)、中田元泰(香川)、末永由楽(岡山)、片岡雅裕(香川)、長谷川雅和(岡山)、高田明(佐賀)が参戦。 高速ドリブルで水面を切り裂き、Vゴールを駆け抜けるのは誰になるのか。 V候補の筆頭格に挙がるのは市橋卓士だ。 今年の勝率7. 05は今節出場メンバーのなかでトップの数字。 今年5優出1Vとコンスタントな活躍を見せており、3月のSGボートレースクラシックでは予選6位に入るなど記念戦線でも存在感を示している。 徳山では過去2回のV歴。 当地前走となる18年のG3企業杯で堂々のオール3連対Vを飾っており、今節は徳山2節連続3回目の優勝がかかる一戦だ。 対抗一番手は竹田辰也と海野康志郎の地元勢か。 竹田は昨年7月に行われた「レノファ山口カップ」で優出2着。 羽野直也と優勝争いを演じて惜しくも準Vだっただけに今回は頂点を狙いたい。 徳山は通算15優出0V。 悲願の当地初Vを目指す。 海野は徳山通算19優出2V。 近況当地2節連続優出中だ。 今年初めての徳山参戦で大暴れを見せるのか。 荒井輝年も見逃せない。 4月の江戸川戦と5月の若松戦で優勝するなど今年6優出2Vをマークしている。 徳山は今年すでに2回走っており、2月の「山口マツダ周南東店カップ」では松井繁や上條暢嵩らとV争いを演じて優出4着に入っていた。 徳山初Vは射程圏だろう。 その他ではG1タイトルホルダーの意地を見せたい片岡雅裕や、5~6月に4節連続優出を飾るなどリズム上昇中の山一鉄也、前期勝率6. 20で2期連続のA1級キープに成功した末永由楽、6月のG1大村周年で予選6位に入るなど近況地力アップが光る中田元泰、前期勝率6. 44で4期ぶりのA1級復帰を果たした長谷川雅和、6月の住之江戦で約3年9カ月ぶりの優勝を飾った高田明らがV争いに加わってきそう。 またA1勢以外にもSGタイトルホルダーの田頭実(福岡)と濱村芳宏(徳島)や、徳山2Vの実績がある上田隆章(香川)と眞田英二(徳島)、6月の丸亀戦で約7年ぶりの優勝を飾った吉田光(佐賀)、4月の宮島GWレースで優勝した松本博昭(広島)など楽しみな選手が揃っている。 (データはすべて7月2日現在。 カッコ内は所属支部)• 一般戦• モーニング• 女子戦 本場一般席 7月 1 水 2 木 3 金 4 土 5 日 6 月 7 火 8 水 9 木 10 金 11 土 12 日 13 月 14 火 15 水 16 木 17 金 18 土 19 日 20 月 21 火 22 水 23 木 24 金 25 土 26 日 27 月 28 火 29 水 30 木 31 金 本場 JLC放送 682 680 680 680 680 681 681 681 681 681 681 680 681 681 681 681 681 684 683 683 683 683 683 683 684 684 場外 本場指定席&すなっちゃ徳山 本場 休館 モーニング デイ ナイター•

次の