メイキング ラバーズ 攻略。 MML Darkness 簡易的な攻略

Making*Lovers 感想 : ちょっとアナタ!オタクですよっ!

メイキング ラバーズ 攻略

ID OFFICE-3rd 不定期に配信中。 主にAPEX、モンハンワールド、DBD、恋愛ゲームなどを配信 活動時間10時〜23時 注意、基本的に不定期です。 決して攻略動画ではなく楽しむ為の配信です。 強い弱い関係なく楽しく助け合いの精神で頑張りましょう。 参加に関して 参加型と書いてあれば参加可能です。 参加したいです。 など一言言ってくだされば喜んで招待させていただきます。 主をぜひお助け下さい。 【コトブレヒトのゲームが楽しいと思うワケ】 一瞬の喜びや悔しさを一緒に共有できるものがゲーム。 一度として同じ場面にならないのがゲームだからでしょうか。 同じタイトルでもやる人が違えばまた違った面白さがあるからやめられないですよね。 最後にみんな仲良く遊びましょう!.

次の

誠也の部屋【スクランブル・ラバーズ 攻略】

メイキング ラバーズ 攻略

筆者は久しぶりにソフマップで友達と一緒に何かいい作品が無いか探していた。 ここ最近はシナリオゲーばかりで疲れたのもあり、だだ甘々なのをやりたいと物色し、絵柄がいいと俺が推した作品がコレだった。 ただ、金額が高く、お互いに金を出し合って購入。 それでやってみたら面白かったんだなぁ、これが。 さて、このゲームでは様々な女の子と恋愛関係になっていく。 いつも一緒に生活してきた義理の妹。 独自の価値観を持つ不思議系な女の子。 仕事ができる、癒し系な大人の女性。 小悪魔女子だけど好きな人にはだだ甘な女の子。 対等な恋愛をしたい大学の同期の女性。 パッと見、この中で誰かしら好みのニーズがあるだろう。 まずは好きなキャラから攻略しても一向に構わない。 このゲームはシナリオが最初からぶっとんでいて、笑わせる内容をテンポよく突っ込んでくるので、飽きずにプレイできるから楽しいことこの上ない。 しかし、このゲームは実は誰を選んでも面白いゲームなのだ! シナリオが基本的に笑える系なのにキャラがとても細かく作られている。 そのため、キャラの本当の内側も付き合ってくると見えてくる。 会話も面白く、中にはタメになることもあるので興味深い。 シリアスな部分はほぼ皆無。 ご都合主義的な部分もあるが、物語として楽しむにはこれでいい。 リアルなようでリアル過ぎない絶妙な感じがGOOD。 難しい選択肢もないから、エロゲ初心者にもオススメだ。 選択肢といえばデート先を選べるのもこのゲームの特徴だ。 午前中、午後と二箇所選べ、カラオケ、ゲーセン、居酒屋、レストラン……様々な場所でデートの雰囲気をとても心地よく味わえる。 もちろん、ラブホなんかも選べたりするぞ。 彼女のテンションや要望を聞いて一番良い場所をセレクトしよう。 背景も綺麗で、キャラの性格も色々。 付き合っていく内に半ば半同棲となり、更に彼女との生活を楽しむことができるの。 ああこの子と付き合ってよかったな~と思うし、寧ろ、付き合って一緒に時間を共有していく時間が楽しいのだ。 また、このゲームではプロローグから始まり、付き合って結婚するまでを描いている。 そういう点は新しくて斬新だと言えるだろう。 やや残念な点としては各個別ルートで他のヒロインキャラとの絡みが少ないこと(サブキャラは多いんだけど)Hシーンの立ち絵や差分が少なく、絵が綺麗な割りにはあまり実用的ではない所だ。 しかし、あまり気にするほどでもないので、絵柄が可愛いと思うなら買って損のないゲームである。 公式サイトでは体験版も配布しているので気になる方はぜひチェックしてみてね。 萌えゲーアワード2017の準大賞、金賞・主題歌賞受賞作。 02 レイナ、ましろ】』が発売された。 筆者はそちらもやっていたりする。 キャラ個別感想 月野 ましろ (つきの ましろ) 真っ先にクリアしたのが彼女。 なんだか変テコすぎるストーリーだ。 だいぶ変わり者だが、徐々に惹かれていく過程をきちんと描いている。 これといって紆余曲折はないけど、終始笑えるシーンばかりなのはいい。 鳴瀬 咲 (なるせ さき) 気象予報士として活躍する女性。 2番めにクリアしたのが彼女。 接点のない主人公との出会い方はドラマを連想させて素敵。 仕事にきちんと情熱を持っている人でもあり、かなり包容力が高くて優しい。 ただ、高嶺の花と思われているのと恋愛下手なのもあり、上手く恋愛できなかったり。 彼女と過ごす日々は癒やしにもなるし、本当にこんな俺でいいのか……とすら思えてくれるマジで性格良すぎる人であった。 お天気薀蓄もあり、気象に興味のない人もへぇ~と思わせてくれる。 鹿目 レイナ (かのめ れいな) 3番目にクリアしたの彼女。 主人公の後輩で年齢的には亜子と同い年。 最初の出会いは事故という偶然だったが、同じ寮で暮らす内に二人は仲を深めていく。 コスメ、美しさなどモデルを職業とする彼女は知識豊富で仕事にも情熱を持っている。 亜子に比べるとだいぶガツガツしてて肉食系女子だが、虫が苦手などのかわいい一面も。 EDを見る限り、多分スタッフ一番のお気に入りではないかと思われる。 小鳥遊 亜子(たかなし あこ) 他のキャラと違い、過程が最初から出来上がっているキャラクター。 他のヒロインルートでもよく絡んでくる唯一の人物でもあるが、亜子自身、お兄ちゃんLOVEなので個別ルートではHシーンに行くまでが早い。 また兄の過去にも触れていくのだが、それは亜子ルートでしか確認できない。 そういう意味でも外せないルートだと言える。 イチャラブだがお笑い要素も強く、父母とのコントも最高に面白いオススメのルート。 北大路 可憐 (きたおおじ かれん) 一番最初の合コンシーンで出会う女性が彼女である。 主人公の大学の同期。 めちゃくちゃ辛辣な物言いをする仕事できる系女子。 はっきり言って現実主義で最初はちょっと棘のある女の子だなと思ってた。 個人的に苦手意識が強く、あまり攻略する気にはならなかったが、取り合えずやってみる。 すると、彼女の女性らしい部分が良く出ており、夢に向かって仕事をするようになっていく。 主人公もその補佐をすることに。 最初はトラブルで落ち込んでいたものの、主人公との日々で徐々に棘が取れ、彼女本来の優しさをプレイヤーは知ることになる。

次の

Making*Lovers 感想

メイキング ラバーズ 攻略

筆者は久しぶりにソフマップで友達と一緒に何かいい作品が無いか探していた。 ここ最近はシナリオゲーばかりで疲れたのもあり、だだ甘々なのをやりたいと物色し、絵柄がいいと俺が推した作品がコレだった。 ただ、金額が高く、お互いに金を出し合って購入。 それでやってみたら面白かったんだなぁ、これが。 さて、このゲームでは様々な女の子と恋愛関係になっていく。 いつも一緒に生活してきた義理の妹。 独自の価値観を持つ不思議系な女の子。 仕事ができる、癒し系な大人の女性。 小悪魔女子だけど好きな人にはだだ甘な女の子。 対等な恋愛をしたい大学の同期の女性。 パッと見、この中で誰かしら好みのニーズがあるだろう。 まずは好きなキャラから攻略しても一向に構わない。 このゲームはシナリオが最初からぶっとんでいて、笑わせる内容をテンポよく突っ込んでくるので、飽きずにプレイできるから楽しいことこの上ない。 しかし、このゲームは実は誰を選んでも面白いゲームなのだ! シナリオが基本的に笑える系なのにキャラがとても細かく作られている。 そのため、キャラの本当の内側も付き合ってくると見えてくる。 会話も面白く、中にはタメになることもあるので興味深い。 シリアスな部分はほぼ皆無。 ご都合主義的な部分もあるが、物語として楽しむにはこれでいい。 リアルなようでリアル過ぎない絶妙な感じがGOOD。 難しい選択肢もないから、エロゲ初心者にもオススメだ。 選択肢といえばデート先を選べるのもこのゲームの特徴だ。 午前中、午後と二箇所選べ、カラオケ、ゲーセン、居酒屋、レストラン……様々な場所でデートの雰囲気をとても心地よく味わえる。 もちろん、ラブホなんかも選べたりするぞ。 彼女のテンションや要望を聞いて一番良い場所をセレクトしよう。 背景も綺麗で、キャラの性格も色々。 付き合っていく内に半ば半同棲となり、更に彼女との生活を楽しむことができるの。 ああこの子と付き合ってよかったな~と思うし、寧ろ、付き合って一緒に時間を共有していく時間が楽しいのだ。 また、このゲームではプロローグから始まり、付き合って結婚するまでを描いている。 そういう点は新しくて斬新だと言えるだろう。 やや残念な点としては各個別ルートで他のヒロインキャラとの絡みが少ないこと(サブキャラは多いんだけど)Hシーンの立ち絵や差分が少なく、絵が綺麗な割りにはあまり実用的ではない所だ。 しかし、あまり気にするほどでもないので、絵柄が可愛いと思うなら買って損のないゲームである。 公式サイトでは体験版も配布しているので気になる方はぜひチェックしてみてね。 萌えゲーアワード2017の準大賞、金賞・主題歌賞受賞作。 02 レイナ、ましろ】』が発売された。 筆者はそちらもやっていたりする。 キャラ個別感想 月野 ましろ (つきの ましろ) 真っ先にクリアしたのが彼女。 なんだか変テコすぎるストーリーだ。 だいぶ変わり者だが、徐々に惹かれていく過程をきちんと描いている。 これといって紆余曲折はないけど、終始笑えるシーンばかりなのはいい。 鳴瀬 咲 (なるせ さき) 気象予報士として活躍する女性。 2番めにクリアしたのが彼女。 接点のない主人公との出会い方はドラマを連想させて素敵。 仕事にきちんと情熱を持っている人でもあり、かなり包容力が高くて優しい。 ただ、高嶺の花と思われているのと恋愛下手なのもあり、上手く恋愛できなかったり。 彼女と過ごす日々は癒やしにもなるし、本当にこんな俺でいいのか……とすら思えてくれるマジで性格良すぎる人であった。 お天気薀蓄もあり、気象に興味のない人もへぇ~と思わせてくれる。 鹿目 レイナ (かのめ れいな) 3番目にクリアしたの彼女。 主人公の後輩で年齢的には亜子と同い年。 最初の出会いは事故という偶然だったが、同じ寮で暮らす内に二人は仲を深めていく。 コスメ、美しさなどモデルを職業とする彼女は知識豊富で仕事にも情熱を持っている。 亜子に比べるとだいぶガツガツしてて肉食系女子だが、虫が苦手などのかわいい一面も。 EDを見る限り、多分スタッフ一番のお気に入りではないかと思われる。 小鳥遊 亜子(たかなし あこ) 他のキャラと違い、過程が最初から出来上がっているキャラクター。 他のヒロインルートでもよく絡んでくる唯一の人物でもあるが、亜子自身、お兄ちゃんLOVEなので個別ルートではHシーンに行くまでが早い。 また兄の過去にも触れていくのだが、それは亜子ルートでしか確認できない。 そういう意味でも外せないルートだと言える。 イチャラブだがお笑い要素も強く、父母とのコントも最高に面白いオススメのルート。 北大路 可憐 (きたおおじ かれん) 一番最初の合コンシーンで出会う女性が彼女である。 主人公の大学の同期。 めちゃくちゃ辛辣な物言いをする仕事できる系女子。 はっきり言って現実主義で最初はちょっと棘のある女の子だなと思ってた。 個人的に苦手意識が強く、あまり攻略する気にはならなかったが、取り合えずやってみる。 すると、彼女の女性らしい部分が良く出ており、夢に向かって仕事をするようになっていく。 主人公もその補佐をすることに。 最初はトラブルで落ち込んでいたものの、主人公との日々で徐々に棘が取れ、彼女本来の優しさをプレイヤーは知ることになる。

次の