犬 に あげ て いい もの。 犬の下痢が治る安全な食べ物を一覧で紹介

【完全保存版】犬に与えても良い食べ物

犬 に あげ て いい もの

あんこを犬に与えることについて たまに、テーブルに置いてあったあんこの入ったお饅頭を犬が食べてしまったという話を聞きます。 いつもと違う食べ物を犬が食べてしまったことに飼い主さんは慌ててしまいがちですが、はたしてあんこは犬にとって危険な食べ物なのでしょうか? その答えは「NO」です。 つまり、例え犬があんこの入った和菓子を一回や二回食べてしまってもなんの問題もありません。 もちろん、習慣的に食べることは糖質の取り過ぎになってしまうためよくありませんが、犬が万が一食べてしまったとしても、「吐き出させなければ!」と慌てることはないのです。 ではなぜ、食べても問題がないのかお話ししましょう。 あんこの入った和菓子を食べても大丈夫な理由 飼い主さんの多くが勘違いされているのが、糖分や塩分を犬が摂取してはいけないということです。 もちろん、人が使用する砂糖は糖度の高いものですから、できるだけ避けるべきではあります。 しかし、犬に糖分を与えることは決して悪いことではありません。 現に皆さんは犬に果物を与えている方も多いかと思います。 果物には果糖と呼ばれる成分が含まれています。 これも糖分の一種です。 また、手作りごはんをわんちゃんに食べさせている場合、野菜も食べさせますね。 その野菜ですら糖分を含んでいます。 極端な話、糖質を一切犬に与えない食事を行っていたとしましょう。 すると犬の脳の活動はにぶくなり、筋肉の働きなども悪くなってしまうのです。 糖というのは健康な体を維持するためには必要なものなのです。 そのため、例え一度や二度和菓子に入ったあんこを食べてしまったとしても問題ないのです。 秘密はあんこの材料にあり あんこの材料は皆さんもご存じの通り『小豆』ですね。 小豆は実は犬にとって良い食材であり、手作りご飯の食材でも使って良いものです。 小豆にはサポニンという脂肪吸収を抑えてくれる成分が含まれており肥満体が気になる犬に食べさせるといいです。 さらに、むくみ解消や利尿効果もあるので代謝促進に役立ちます。 ただし、あんこにして食べさせる場合は 砂糖はかなり少なめにするか、入れない方が良いです。 甘味を好む傾向にある犬は、人が食べるあんこ甘さに慣れてしまうといつものフードを食べてくなってしまいますし、肥満の原因になります。 また、小豆の皮は硬く消化しにくいので、消化機能が低下気味の犬には不向きです。 ご自身のわんちゃんがそのような症状を持っている場合はあんこは与えない方がいいのでその点を念頭に置いておきましょう。 あんこの与え方と諸注意 あんこは与えても良い物であり、犬にとっても健康に良い食材であることが分かりましたね。 では、次にそのあんこの与え方や注意点などをお話しましょう。 よく煮込んでこすこと 犬はい肉以外の穀物や野菜などの食物繊維を消化するのがあまり得意ではありません。 そのため消化をよくするために、よく煮込んで柔らかくして与えてやりましょう。 小豆の皮はできる限り取り除くこと。 もしくは細かく刻む 小豆の皮は硬く、犬にとっては消化しにくいものです。 消化不良を起こさないためにも、できる限り取り除くか細かく刻んで消化に支障をきたさないよう配慮しましょう。 冷ましてから与える 手作りご飯でも基本となていることですが、必ず犬がやけどをしないよう十分に冷ましてから与えましょう。 目安としては人肌ぐらいの温度になったら与えるようにしましょう。 絶対にあつあつのままで与えないでください。 与える量を気をつける 初めてあんこを与える時は犬に無理のないよう、少量ずつ与えるのが良いです。 一度に大量に与えると消化不良を起こしてしまう可能性があります。 一度の量をきちんと調整して与え過ぎのないように気をつけてください。 手作りごはんの一部として与えると良い あんこを単品で与えても良いのですが、できれば他の食材と合わせてさらに栄養価の良い食事として作ってあげると良いですね。 小豆は他の食材とも相性が良く、特に肉類やかぼちゃなどと相性バッチリなので、味に飽きが来ず、犬がよく食べてくれます。 無理に与えないこと あんこは無理に与える必要はありません。 犬が好まないのであれば与えないようにしましょう。 あくまでも犬が好んで食べる、または、興味を示している場合に与えましょう。 無理に与えることで、飼い主との信頼関係にも影響が出てしまうことのないようにしてください。 犬の健康状態を把握した上で与える あんこを与えていいのはあくまで健康体の犬の場合です。 何かの疾患がある場合は与えないようにするか、獣医師と相談しましょう。 アレルギー体質、その他病気治療中の場合は与えないようにしましょう。 まとめ あんこは人の食べ物であって犬には与えてはいけないものだと思われていますが、実はあんこは人にとっても犬にとっても美味しく体にいいものでしたね。 与え方や量に注意すれば栄養価もあり、とても良い食材と言えます。 うまく活用して飼い主さんもわんちゃんも、あんこを楽しんでみてはいかがでしょうか。 犬にあんこをあまり食べさせない方が良いようですね。 人間でも甘いものは控えるように言われているのですから、量は考えて与えるべきと思います。 またあんこの皮は消化されにくいのは知りませんでした。 そういった点には気を付けて与えないとならないですね。 また、あんこに限らず甘いものは虫歯などの原因にもなるので、あんこを食べさせた後はハミガキをしてあげると良いのではと思います。 ペットにハミガキをするのが苦手だと言う飼い主さんには、歯ブラシで磨くだけではなく、ガムタイプの歯ブラシも動物病院などへ行くと売っているのでそういうものを利用するとケアしやすくなると思います。 手作りフードが流行る中、ハミガキをするという習慣が中々増えていないのが現状のようですが人間と同じものを食べて犬はハミガキをしなくても良いということはないと思うので、ぜひ甘いものを食べたらハミガキしてあげてほしいですね。 ・「あんこ」 小豆(小豆以外の豆類、栗、芋の場合もあります)を煮て、砂糖を加えて練ったものです。 ご家庭で作った「あんこ」の場合なら、材料は小豆、砂糖、水、そして、ちょっぴりの塩が一般的。 ・「小豆」 マメ科ササゲ属に属する豆類の一種。 タンパク質が豊富な他、皮にはアントシアニンが豊富なことも知られている。 小豆自体は栄養価値があるので、柔らかく煮る・細かく刻むという行程をえて消化の負担を減らせば、たまに与えるのは奨励されてもいい食材と考えます。 しかし、あんこについては、別ですね。 うっかりペロっと舐めたぐらいで大騒ぎする必要はありませんが、甘いものを好む犬にとって、あんこの甘さは強烈過ぎるものです。 あんこを使ったお菓子類には犬に有害な成分が潜んでいることも多くあります。 愛犬が1度貰ったら、また貰えるもの、食べていいものと学習してしまうのも、飼い主側が、小豆は身体にいいから... と軽い気持ちで「あんこ」を与えてしまうのは、危険ではないでしょうか。 「あんこ」と「小豆」は分けて考える必要があると思います。

次の

【完全保存版】犬に与えても良い食べ物

犬 に あげ て いい もの

犬に与えないほうがよい食べ物は? 人が食べられる物でも犬に与えてしまうと危険な食べ物があります。 代表的なものにネギ類・ぶどう・アボガドがあります。 野菜類、果物、魚類、他の食べ物も含めてご紹介します。 玉ねぎ・長ネギ・ニンニクなどのネギ類 犬が玉ねぎや長ネギ、ニラ、ニンニクなどのネギ類を食べると、中毒を起こします。 ネギ類に、体内のヘモグロビンを酸化させるアリルプロピルジスルファイドという成分が含まれているためです。 玉ねぎ中毒は「溶血性貧血」や「高カリウム」血症を引き起こし命を落とすことがあります。 エキスにも成分は含まれるので、玉ねぎと一緒に調理したものも与えてはいけません。 血尿や歯茎が青白くなっていた場合は、溶血性貧血の疑いがありますのですぐに動物病院へ連れて行ってあげてください。 アボカド アボカドに含まれるペルジンという成分が、嘔吐や下痢などの症状を引き起こします。 死亡の危険性のある成分ですからアボカドの取り扱いには充分注意してあげてください。 最近では加工して有害成分を取り除くことで、アボカドを使ったドッグフードやおやつも販売されています。 ASPCA( 米国動物虐待防止協会 中毒事故管理センター)はアボカドを使ったドッグフードに関して、 「ペットフードの製品に使用されているアボカドが、どの種類のもので、どんな加工をして、どの程度の量を使用しているのかわからないため、危険かどうか答えることはできない」と意見しています。 アボカドに有害成分が含まれていることは確かなので、与えないようにすることが無難ですね。 ぎんなん ぎんなんに含まれる「メチルビリドキシン」は、嘔吐やけいれん、めまい、呼吸困難などを引き起こす中毒成分です。 口にさせないことが一番ですが、散歩中に落ちているぎんなんを食べてしまう可能性があります。 秋の散歩は心地良いですが、ぎんなんには注意が必要ですね。 レーズン入りのパンなども与えないように気をつけてくださいね。 プルーン まだ詳しく解明されていませんが、愛犬にプルーンを食べさせたことで、呼吸困難やショック症状などの症例が報告されております。 特に乾燥プルーンは毒素が凝縮されているので与えてはいけません。 カリウムが豊富に含まれるため、過剰に摂取すると腎機能に影響が出るともいわれています。 生タコ、生イカ、エビやカニなどの甲殻類 生タコと生イカは消化不良を起こしやすいので犬の食事には向きません。 生の貝類や甲殻類を大量に摂取すると酵素チアミナーゼがビタミンB1を分解してしまうため「ビタミンB1欠乏症」になる恐れがあります。 加熱するとチアミナーゼは破壊されるので無害になりますが、過剰摂取は消化不良になりますので、あまりおすすめはできません。 ナッツ類、マカダミアナッツ ナッツ類はししゃも同様、味付けに塩分がまぶされている事が多いので、基本的には与えないようにします。 特に、マカダミアナッツは強い中毒性があり、摂取後12時間以内に嘔吐や痙攣などの症状が現れます。 必ず愛犬に触れない場所に保管してくださいね。 キシリトール キシリトールは犬の血糖値を急激に下げます。 「運動失調」や「けいれん」を起こし、最悪の場合「肝不全」になって死に至ります。 危険度が高い成分といえますので、キシリトール含有のガムや歯磨き粉などは与えないようにしてください。 そのほか犬に害を与える食べ物 カフェインを含む「コーヒー」や「お茶」は中毒症状を起こし、窒息の危険性があります。 「猫用のキャットフード」も食べ続けると栄養過多になります。 「お菓子」も塩分や糖分、添加物が大量に含まれているため病気の原因となります。 与えないようにしてあげてくださいね。 犬に食べさせていいもの、おすすめは? 与えてはいけないものとは反対に、犬の好物や栄養価が高く犬に与えた方がいい食べ物もあります。 ドッグフードに混ぜて与えてあげるといいですね。 サツマイモ、サトイモ サツマイモは食物繊維やミネラルが豊富に含まれていて犬の好物です。 ビタミン類もバランスよく含まれているので積極的に与えてあげてください。 サトイモは消化機能を助け抵抗力を高めます。 低カロリーなのでダイエット向きの食材ですよ。 胃腸の弱い犬は、食物繊維が下痢の原因になることもあるので、分量は徐々に増やすなどして調節してあげてくださいね。 生で与えると中毒を起こすので、加熱調理をしてから与えるようにしてくださいね。 キャベツ、白菜、大根 キャベツはビタミンと食物繊維が多く犬に適した食べ物です。 与える際の注意点はサツマイモと同様、生ではなく、湯がくなど火を通してからあげるようにしてください。 白菜と大根は生で食べさせてもよい食材です。 熱に弱い酵素が含まれているため、生のほうが効率よく摂取することもできます。 白菜は繊維がやわらかいのでお腹にも優しい食材です。 ビタミンCも豊富です。 大根は葉に近い部分をおろして与えるのがおすすめです。 芯をスティック状にしたものをかじらせるのも良いですね。 ブロッコリー ブロッコリーは茹でて適量を与える分には犬にとっていい食べ物です。 特に茎の部分は茹でると甘く、こりっとした食感は多くの犬が好むのでおすすめですよ。 カロチン(ビタミンA)、ビタミンB群、カリウムなども含まれていて栄養価も高いです。 犬に食べさせている飼い主さんも多い野菜です。 カボチャ カボチャはベータカロテン、ビタミン、食物繊維が豊富です。 茹でて食べやすい大きさにしてあげてくださいね。 種は消化に悪く腸に詰まる可能性があるので取り除きます。 ただ、カボチャはカロリーが高いので主食にすると肥満の原因になります。 豆腐類 豆腐は低カロリー高タンパクな食材で、犬の健康にもよいとされます。 柔らかく茹でたり、すり潰したりしてあげると愛犬にとって食べやすいです。 納豆も同様に犬の健康に良いのですが、口臭が気になるかもしれませんね。 大豆アレルギーを持つ犬もいるので、初めは少量から与えていきます。 大豆を食べても平気か様子を確認しながら量を増やしていってくださいね。 関連記事 バナナ バナナに含まれるカリウムには整腸作用があり、便秘解消が期待できます。 白血球を活性化し、免疫力を高めるともいわれています。 リンゴ、みかん、さくらんぼ、モモ リンゴ、みかん、さくらんぼ、モモも犬が安全に食べられる果物です。 みかんの薄皮・種やリンゴ、さくらんぼ、モモの葉・茎・種には犬に有害なので、取り除いて果肉だけをあげてくださいね。 果物は糖分を多く含んでいるため、与えすぎると肥満につながります。 果物は少量ずつ与えることが大切です。 果物アレルギーを持っている犬もいます。 与えると体が赤くなってかゆみを生じる症状が現れますので、症状が出た場合は、果物を与えないよう気をつけてください。 正しい知識で、愛犬の食事管理を 有害だと知らずにこれまで与えていた食材もあるかと思います。 人間と犬では体の作りや、体内にもつ酵素が違いますので、愛犬に合わせた食材選びには正しい知識が必要です。 生で食べられる食材もありますが、基本的には加熱がおすすめです。 また、調味料による味付けは犬にとって塩分の過剰摂取につながるので、行わないほうがよいです。 ドッグフード以外で犬に食べ物を与えたい場合は、専用の料理を作ってあげたり、専門店で購入したりすることをおすすめします。 もし食べ物が犬の体に合わない場合は、嘔吐してしまう場合もあります。 嘔吐についてにまとめましたので、併せてご覧ください。 【獣医師監修】愛犬の健康コラムが充実の情報誌がついてくるお楽しみボックス「WAN smile BOX」 便利な日用品や楽しいおもちゃなどのこだわりアイテムと、安心おやつのギフトボックスが2か月に1度のペースで送られてくる「WAN smile BOX」。 「WAN smile BOX」は、獣医師監修で子犬育てを楽しくサポートするサービスが好評の「こいぬすてっぷ」より登場した、おとなのワンちゃん向け(全年齢、全犬種対象)のサービス。 こちらも獣医師監修で充実の内容です。 毎回、気になる愛犬の健康コラムや、季節にあわせた情報満載の情報誌もついてきます。 こちらももちろん、獣医師監修で、とてもためになりますよ。 気になる方はぜひ一度お試しください!.

次の

犬に食パン、与えない方が良い4つの理由

犬 に あげ て いい もの

愛犬がお世話になってる獣医は「茹でたササミやサツマイモなどを与えてやって」っていってます。 ドッグフードだけよりもトッピングで色々と食べてる犬の方が長生きする傾向があるとも言ってました。 犬関係の仕事をやってますがそういった話はちょくちょく聞きますよ。 あと部位によって塩分に違いがあるかどうかはちょっと分からないです。 なさそうな気がしますけどね。 自分はササミはもちろん豚肉・牛肉・野菜と色々と与えてます。 食に関しては人によって考え方がまったく違います。 トッピングするとドッグフードの栄養バランスが崩れるから良くないという人もいます。 鶏骨やニンニクなどでも与えていいかどうかで意見が分かれてますし。 質問者さんが信頼できる人の言うことを聞けばいいと思いますよ。 動物は筋肉よりも血のほうに塩分が多く含まれていますよ。 筋肉であるささみには、あまり塩分は多くありません。 よって、筋肉部分をゆでただけの状態でごはんをあげている家庭で飼われている犬は、血や内臓ごと食べる犬の祖先よりずっと摂取する塩分が低いと思いますよ。 そして、ささみなどの肉類にも微量にナトリウムはありますが、海のもののほうがよりあります。 (ささみで特に多いのは塩分ではなく、リンです) ささみが心臓に悪いというのは、聞いたことがありません。 私の持っている手作り食のレシピ本のひとつは、心臓応援のメニューの中で、血液循環、心臓機能向上、血圧安定、血栓予防のためにオメガ3系不飽和脂肪酸、低脂肪のお肉、ナトリウムとカリウムのバランスをよくする海草ときのこを入れたレシピを載せています。 そして、推奨される食材のひとつに、低脂肪のお肉である鶏ささみが入っていますよ。 推測ですが、かかっている獣医さんは手作りや、人間の食材を使ってトッピングすることに反対されているのではないですか? あまり栄養のことには自信がないから、なるべくドライフードのみを食べてもらいたい…とか。 ドライフードを推奨して、手作りを否定する獣医さんはけっこういるみたいですよ。 本気で言ってるとしたら面白い獣医ですね。 栄養学は獣医の専門外とは言え、助言するのならもっとマシな理由があると思いますが・・・。 栄養素について少しでもわかる人なら絶句してしまいます。 ささみのナトリウム量は肉類の中でも少なく100g中30mg程度。 ムネやもも肉の方がナトリウム量は多く、100g中40mg~60mg程度あります。 AAFCO基準(維持期)でのナトリウムは0. 06%以上。 最低でも100g中60mgのナトリウムが添加されてないといけません。 体重1キロ当たりで計算すると最低でも10~20mgがAAFCOの推奨値です。 むしろ、たんぱく質に注意しなければいけないのでは? ササミのたんぱく質は100g中23g。 5キロ前後の犬の一日推奨量です。 たんぱく質は必要以上に摂取すれば肝臓や腎臓に負担をかけます(犬へのたんぱく質量は長年議論されてきましたが、最近は負担がかかる説が正しいと言う実験結果が多く出ています)。 トッピングする場合は、フードのたんぱく質量やトッピングする量に気をつけて下さいね。 ご近所のゴールデンレトリバーの子犬が股関節形成不全とわかった時、専門医にかかり、その指示に従い、成長期に毎日ドッグフード無しで、肉のみで育てる事になりました。 結局そのお家では、「100%鶏のささ身」のみで育て上げました。 犬が飽きるかなあと思い、生の馬肉や、茹でた牛肉や豚の赤身、お魚を茹でたりして、ローテーションはしていますが、鶏のささ身に問題があると感じたことはありませんね。 もし気になる様でしたら、色々ローテーションしてみてはいかがでしょう。

次の