ファジルサイ トルコ 行進 曲。 天才!鬼才!ファジル・サイ♪が弾くバッハが凄くいい!CDレビューだよ♪

ファジル・サイ: トルコ行進曲 Pf.泉ゆりの:Izumi,Yurino

ファジルサイ トルコ 行進 曲

また、転載した旨を下記アドレスまでご一報下さい。 enc piano. jp(ピティナ・ピアノ曲事典担当) This video is distributed thanks to the recordings offered by the Piano Teachers' National Association PTNA and by our collaborators. If you would like to use this video in any public occasion, such as symposium, lecture, thesis, dissertation, and research paper, etc. , it is necessary to give the name of performers by citing the 'PTNA Piano Encyclopedia'. For all public use of this video, please inform us of it by email: enc piano. jp responsable de PTNA Piano Encyclopedia Dieses Video ist dank der Aufnahmen von die Piano Teachers' National Association PTNA und unsrer Mitarbeiter verteilt. Symposium, Vortrag, Dissertation und Forschungsarbeit, usw. benutzen wollen, ist es notwendig, den Namen der Spieler und die 'PTNA Piano Encyclopedia' aufzuschreiben. Se voi volete utilizzarlo, in qualunque occasione pubblica, ad esempi: rappresentazione di convegno, conferenza, o tesi stampata sia accademica che didattica, etc. Per tutte riutilizzazioni di questo film, vi preghiamo di informarcene per email: enc piano. jp persona incaricata di PTNA Piano Encyclopedia.

次の

トルコ行進曲モーツァルトピアノアレンジ版は演奏効果は抜群!ファジル・サイ、アルカルディ・ヴォロドス編曲がスゴイ!

ファジルサイ トルコ 行進 曲

また、転載した旨を下記アドレスまでご一報下さい。 enc piano. jp(ピティナ・ピアノ曲事典担当) This video is distributed thanks to the recordings offered by the Piano Teachers' National Association PTNA and by our collaborators. If you would like to use this video in any public occasion, such as symposium, lecture, thesis, dissertation, and research paper, etc. , it is necessary to give the name of performers by citing the 'PTNA Piano Encyclopedia'. For all public use of this video, please inform us of it by email: enc piano. jp responsable de PTNA Piano Encyclopedia Dieses Video ist dank der Aufnahmen von die Piano Teachers' National Association PTNA und unsrer Mitarbeiter verteilt. Symposium, Vortrag, Dissertation und Forschungsarbeit, usw. benutzen wollen, ist es notwendig, den Namen der Spieler und die 'PTNA Piano Encyclopedia' aufzuschreiben. Se voi volete utilizzarlo, in qualunque occasione pubblica, ad esempi: rappresentazione di convegno, conferenza, o tesi stampata sia accademica che didattica, etc. Per tutte riutilizzazioni di questo film, vi preghiamo di informarcene per email: enc piano. jp persona incaricata di PTNA Piano Encyclopedia.

次の

ファジル・サイ: トルコ行進曲 Pf.泉ゆりの:Izumi,Yurino

ファジルサイ トルコ 行進 曲

鬼才ピアニスト、ファジル・サイが、ベートーヴェン生誕250年に向けて、満を持して録音したピアノ・ソナタ全集 2020年の「ベートーヴェン生誕250年」を記念してピアノ・ソナタ全曲録音をリリース。 時間をかけて、お気に入りの会場であるザルツブルク・モーツァルテウムで、満を持して録音されたこの全集について、ファジル・サイは次のように語ります。 」 2017年5月の時点で、私はベートーヴェンのソナタを14曲だけしか演奏したことがありませんでしたが、2020年までに残りの18曲を完璧に学ぶことを自身の目標にしました。 8歳の時に初めて小さなソナタを演奏し、30代の時には、コンサートでもいくつかの曲を演奏し、5枚のアルバムをリリースしましたが、結果に満足していたわけではありません。 今回、2年間に渡り、5つの異なるセクションを18日間で録音しました。 大変な仕事でしたが、32曲のソナタに取り組むことは私にとって尽きることのないモティヴェーションとなりました。 これまでにも20世紀の音楽家たちのさまざまな録音がありますが、今回、私以外には成しえないベートーヴェンが表現できたと思います。 また、ベートーヴェンが隣に座って私に音楽を教えてくれるかのような想像を巡らしながら、録音に臨みました。 」 音楽は常に何かと関連付ける必要があり、物語を明確にする必要があります。 旋律に名前を付け、ドラマ化すること。 この考えをソナタ全集にも応用しています。 名前のあるソナタにも、名前のないソナタにも同様に。 それは、作品の雰囲気だけではなくピアノ奏法についても言えることであり、明らかにオーケストラの音色の質感を帯びていきます。 とりわけ最後の6曲は、それ以前の作品とは違った音色を持っています。 ベートーヴェンが未来を見据え、50年~100年先に向けて作曲していることを感じます。 音楽は再生されるたびに新しいものでなければなりません。 作品が演奏されるたびに、まるで今書かれたように感じられるはずです。 重要なのは、今の私たちが何を言いたいのか、その感情を伝えることでしょう。 もちろん「ベートーヴェンが演奏したであろう方法以外は間違っている」というべきではありません。 異なる解釈が発生することは作曲家の喜びでもあるのです。 鬼才ピアニスト、ファジル・サイが、ベートーヴェン生誕250年に向けて、満を持して録音したピアノ。 ソナタ全集から、タイトル付きの「悲愴」「月光」「熱情」「ワルトシュタイン」の名4曲をアナログLP盤で限定発売! 2020年の「ベートーヴェン生誕250年」を記念してピアノ・ソナタ全曲録音をリリース。 時間をかけて、お気に入りの会場であるザルツブルク・モーツァルテウムで、満を持して録音されたこの全集について、ファジル・サイは次のように語ります。 」 2017年5月の時点で、私はベートーヴェンのソナタを14曲だけしか演奏したことがありませんでしたが、2020年までに残りの18曲を完璧に学ぶことを自身の目標にしました。 8歳の時に初めて小さなソナタを演奏し、30代の時には、コンサートでもいくつかの曲を演奏し、5枚のアルバムをリリースしましたが、結果に満足していたわけではありません。 今回、2年間に渡り、5つの異なるセクションを18日間で録音しました。 大変な仕事でしたが、32曲のソナタに取り組むことは私にとって尽きることのないモティヴェーションとなりました。 これまでにも20世紀の音楽家たちのさまざまな録音がありますが、今回、私以外には成しえないベートーヴェンが表現できたと思います。 また、ベートーヴェンが隣に座って私に音楽を教えてくれるかのような想像を巡らしながら、録音に臨みました。 」 音楽は常に何かと関連付ける必要があり、物語を明確にする必要があります。 旋律に名前を付け、ドラマ化すること。 この考えをソナタ全集にも応用しています。 名前のあるソナタにも、名前のないソナタにも同様に。 それは、作品の雰囲気だけではなくピアノ奏法についても言えることであり、明らかにオーケストラの音色の質感を帯びていきます。 とりわけ最後の6曲は、それ以前の作品とは違った音色を持っています。 ベートーヴェンが未来を見据え、50年~100年先に向けて作曲していることを感じます。 音楽は再生されるたびに新しいものでなければなりません。 作品が演奏されるたびに、まるで今書かれたように感じられるはずです。 重要なのは、今の私たちが何を言いたいのか、その感情を伝えることでしょう。 もちろん「ベートーヴェンが演奏したであろう方法以外は間違っている」というべきではありません。 異なる解釈が発生することは作曲家の喜びでもあるのです。

次の