常葉大学 健康栄養学科。 常葉大学の評判と偏差値【高校の延長線上のようなfランク大学】

常葉大学

常葉大学 健康栄養学科

さまざまな視点で「健康」をアドバイスできる専門家を育成します。 【キャンパス】浜松キャンパス 【学生数】1,162名(2019年5月1日現在) 【専任教員数】78名(2019年5月1日現在) 【大学院】健康科学研究科(健康栄養科学専攻、臨床心理学専攻) それぞれの学科が具体的なキャリアに直結しているのも、本学部の特色の一つです。 健康についての幅広い知識を学びながら自分の進路に合わせた資格の取得をめざします。 各分野の専門知識と技術を身に付け、健康のスペシャリストをめざします。 資格取得を視野に入れた学習は1年次からスタート。 段階的なカリキュラムにより、国家試験に合格できる実力を育成します。 本学科では授業や実習、社会貢献活動などにより、子どもたちの健やかな成長に必要な遊び、生活、健康といったテーマに専門的な視点を持って取り組むことで、豊かな感性と人間性を磨き、子どもの健康を総合的に実現できる幼稚園教諭・保育士をめざします。 【授業・講義】 自然体験学習を生かした「自然教育」 保育者をめざす学生自身が、自然体験から理論と実践を学び直すために、「自然あそび」「自然環境基礎演習」といった自然系授業を設けています。 これらの授業で使われるキャンパス内の「自然体験学習園」は、近隣の親子を招いて行う課外活動でも活用され、授業で学んだ保育技術や知識を実践し、研究にも役立てています。 閉じる 人々の健康をサポートできる専門家をめざす 健康の維持・増進やアスリートのパフォーマンス向上のために、「こころ」「からだ」「社会」の分野から「健康」と「スポーツ」をキーワードに幅広く学びます。 スポーツ選手のサポート、健康づくりの指導者、保健体育科教員など、各自がめざす職業に向けて、着実に知識とスキルを高めるバックアップ体制を整えています。 【授業・講義】 医科学に関する高度な知識と技術を学ぶ「アスレティックトレーニング特論」 競技者のスポーツ傷害予防、スポーツ現場における救急処置、受傷から復帰できるまでのリハビリやコンディショニングなど、アスレティックトレーニングのより実践的かつ高度な知識を身に付けます。 閉じる 健康、スポーツ、美容分野などで活躍できる鍼灸師をめざす 伝統的医療としての鍼灸を極め、健康の維持・増進とともに、医療・スポーツ・美容・介護など、さまざまな分野で活躍できる新しい時代の鍼灸師を育成します。 「気づき」の医療である鍼灸医学を実践するため、医学の知識・技術のみならず、人と深く接する経験や、人を大切にする心を育みます。 【授業・講義】 スポーツ現場で活躍する知識と技術を学ぶ「トレーナー概論」 プロスポーツ界では、多くの鍼灸師がトレーナーとして活躍している実情があります。 トレーナーに必要な知識と技術を学び、身体の専門知識と、東洋医学の知識を併せ持つ、メディカル、フィジカル、メンタル3分野を総合的にこなすスポーツトレーナーをめざします。 閉じる 幅広い知識と豊かな人間性をもった柔道整復師をめざす 柔道整復は、手術をせずに自然治癒力を最大限に発揮させて治療をする医療技術。 日本古来の柔術を基本とした「柔道整復」の専門知識と広範な医療知識、幅広い視野と豊かな人間性を備えた柔道整復師を育成します。 経験豊富な教員による医療ニーズに精通した教えが医療現場での活躍につながります。 また、臨床実習施設、卒後研究機関として「とこは鍼灸接骨院」が併設されており、実践的な知識や技能を学ぶことができます。 【授業・講義】 柔道整復術とともに、基礎医学を修得する「臨床柔道整復学」 実際に医療現場で活躍してきた教授陣に基づいて、視診・問診・触診により症状を判断し、「医接協同」の精神で治療する能力を身に付けます。 また、骨折や脱臼などについて、最適な医療を施すために、より実践的な施術法を見極める対応力を養います。 さらに、医療現場でのコミュニケーション能力を高めるために、幅広い医学知識も学びます。 閉じる アドミッションポリシー.

次の

常葉大学 偏差値 学費 学部学科 情報 2020

常葉大学 健康栄養学科

健康栄養学科の特徴 学ぶ内容• 学部の内容 栄養や食を基盤とした健康増進の担い手としての役割を果たす管理栄養士を育成します。 学ぶ内容• 健康的な食生活について総合的に学習 食生活を豊かにする知識や技術を人々の健康増進に活かすため、子どもから高齢者、健康な人、および病気の人たちを対象とした食と健康について総合的に学びます。 臨床栄養、食育、食品機能、食介護、スポーツ栄養の各分野を学び、栄養や食を基盤とした健康増進の担い手として幅広く社会に貢献できる管理栄養士を育成します。 カリキュラム• 幅広い分野で活躍できる管理栄養士の育成のほか、栄養教諭の教職課程も設置 管理栄養士が活躍する分野・領域を想定した、実習を中心とした実践的なカリキュラムで学びます。 また、静岡県唯一の栄養教諭の教職課程を設置。 子どもの生活習慣病が増えている今、幼少期から栄養知識、食文化、食品流通のしくみなど、正しい栄養についての知識を伝えるための「食育」を重視した教育を行います。 企業や病院、行政施設などで専門知識や技術を学ぶ臨地実習、さまざまなゼミ活動も実施 幅広いフィールドで活躍できる管理栄養士を育成するため、活用する分野領域を想定し、給食の運営、臨床栄養、給食経営管理、公衆栄養など理論を学んだ上で学外の施設にて実習します。 また自治体や教育機関と連携し、「健康応援ランチの考案・提供」、「朝ベジ習慣を推奨」など食や栄養をテーマに様々な活動を行っています。 卒業後• 食・栄養に関わるあらゆる現場で活躍 給食施設 学校、病院、老人福祉施設、社会福祉施設など における食事の提供や栄養指導のほか、食品メーカーやフードサービス産業における研究員や商品開発、地域のドラッグストアでの栄養相談や食の指導などを行います。 また栄養教諭として学校現場での子どもたちへの食についての教育などで活躍が期待されます。 施設・設備• 最新機器が揃う医療と栄養の実験設備と実習室 真空調理の真空包装機やスチームコンベクション。 骨密度を測定する超音波骨量測定装置や生体構成成分を測定するin Body720。 食品や生体成分などの試料を分離し、その含量の測定を行う装置などがあります。 また、給食経営管理栄養実習室、臨床栄養実習室、理化学実験室などもあり、充実した設備と実習室を完備しています。 設立の背景• 新たな時代の栄養学に取り組む 健康寿命を延ばすために「栄養をバランスよく摂りましょう」という栄養不足が問題であった時代の栄養学だけでなく、「生活習慣病の予防に効果的な食品や成分を上手に摂りましょう」などという根拠に基づいた積極的な栄養学が求められています。 飽食の現在、食と健康を追究する人材育成を目的に本学科は設立されました。

次の

常葉大学 /

常葉大学 健康栄養学科

健康とは身体・精神の両面において、人生を満足させて社会の中で生きていくための基本テーマです。 本学部では健康に対する時代のニーズに応え、さまざまな切り口から人材を育成しています。 同時に、各学科が具体的なキャリアと直結しているのも特長の一つです。 幅広い分野を学びながら自分の進路に合わせて、「教育」「スポーツ」「医療」の資格取得を目指し、各分野の専門知識と技術を身につけます。 これからの日本に必要な視点、トータルライフマネジメントを学ぶ 高齢化社会に向かう今、求められるのがトータルライフマネジメント。 相手と一緒に現状を把握し、課題を見つけ、理想とする生き方へと導いていく力です。 本学部では、「栄養管理」「食育」「子育て」「スポーツ」「健康維持・増進」という目的に合わせて5学科を設置し、健康を通じて人生と総合的に関わる学びを実践しています。 また,学部・学科や地域性の特徴を活かした科目を,学部共通の教養科目として設定 する。 基礎的で幅広い知識やスキルを身につけるだけでなく,社会での実践力を養成 するために実践的な演習科目も配置する。 その際、単なる知識やスキルの修得にとどまらず、国家・社 会・地域のために活用できるようにするために、演習科目を適切に配置する。 健康栄養学科:管理栄養士,栄養教諭の資格取得に意欲,行動力があり,食を通した健康づくりの教育,指導や医療機関における栄養管理に意欲,食と健康や疾病について科学的に研究したい人。 こども健康学科:こどもの健康な生活や遊びに興味関心や問題意識を持ち,こどもに関わる職業に就くことを熱望し,不断の努力を惜しまない,他者とのコミュニケーションを積極的に取る意欲があり,スキルアップの努力ができる人。 心身マネジメント学科:「身体」「心理」「社会」の3分野を健康学の視点で広く学び,将来,スポーツ,医療,福祉,教育などの健康に関わる現場にて活躍できるようになりたい人。 健康鍼灸学科:鍼灸師(国家資格)取得に意欲,基礎医学に精通し,鍼灸の知識と技術を身に付けた行動力のある健康指導者になりたい人。 鍼灸を基軸として健康,運動,疾病について科学的に研究したい人。 健康柔道整復学科:柔道整復師(国家資格)取得に意欲のある人。 運動器の障害や損傷に対する伝統的医術の進化,発展や社会貢献に努力を惜しまない,国民の健康のあり方を学び,柔道整復を基軸として健康,運動,疾病について科学的に研究したい人。

次の