ボート 結果。 過去のレース結果 | 関西ボート連盟 | 朝日レガッタ・関西選手権競漕大会

過去のレース結果 | 関西ボート連盟 | 朝日レガッタ・関西選手権競漕大会

ボート 結果

21 4. 10 10. 85 10. 22 4. 28 21. 00 0. 14 3. 99 15. 96 21. 17 5. 05 34. 94 25. 00 0. 00 0. 19 4. 15 20. 28 17. 18 4. 67位 3 3. 30 4. 33位 6 5. 19 2. 00位 3 3. 19 1. 33位 5 5. 21 2. 50位 6 6. 21 4. 00位 1 5. 33 3 13 5. 75 5. 25 4. 75 4. 25 3. 75 3. 50 3. 67 3 8 4. 50 4. 00 3. 50 3. 00 2. 50 2. 25 2. 00 3 21 7. 75 7. 25 6. 75 6. 25 5. 75 5. 50 5. 00 3 15 6. 25 5. 75 5. 25 4. 75 4. 25 4. 00 3. 50 2 3 4. 33 3. 67 3. 00 2. 33 1. 67 1. 33 1. 67 3 8 4. 50 4. 00 3. 50 3. 00 2. 50 2. 25 2. ナッセ杯 令和2年6月13日〜6月17日 豪華メンバーの中でも峰の名はひときわ輝く 上位陣にSGクラスがズラリと並ぶ白熱必至の5日間開催。 豪華メンバーの中でも、5年連続最高勝率の峰竜太(佐賀)の名前がひときわ輝く。 当地は前回の67周年、前々回の一般戦で連続優勝中。 その2節で19走16勝の荒稼ぎをしており、今回も1着ラッシュに期待する。 GI2回含む当地5優勝の吉川元浩(兵庫)は、6コースでの当地周年優勝歴がある水面巧者。 3月平和島で2年連続のSGクラシック制覇を達成と円熟期を迎えている。 地元では篠崎仁志(福岡)、前田将太(福岡)の2人が迎撃態勢を整える。 篠崎は特別レース復帰戦の大村GIIで優出、GI復帰の多摩川周年でも予選上位通過、当地GW戦でも優出とリズム上々。 前田も5月芦屋周年を含めて優出ラッシュと安定感抜群だ。 若松夜王シリーズ第1戦植木通彦フェニックスカップ福岡県内選手権 令和2年6月20日〜6月25日 初日12R ドリーム戦出場予定選手 艇番 1 2 3 4 5 6 級別 A1 A1 A1 A1 A1 A1 登番 4148 3576 3514 4364 4189 4522 名前 枝尾賢 白水勝也 山一鉄也 池永太 川上剛 古澤光紀 支部 福岡 福岡 福岡 福岡 福岡 福岡 勝率 7. 04 6. 85 6. 72 6. 94 6. 58 6. 54 2連率 58. 30 50. 90 52. 80 51. 50 50. 00 48. 福岡勢が火花を散らす! 前回優出逃した池永、枝尾が中心! 地元福岡支部の選手が大挙参戦して火花を散らす県内選手権。 中心は豪快なレース運びが魅力の池永太(福岡)だ。 GW戦で当地一般戦での連続優出は「4」でストップしたが、続く蒲郡ではこだわりの伸び型の調整がはまり、6連勝で優勝を決めた。 今節メンバーで新勝率No. 1は枝尾賢(福岡)。 近況の充実ぶりなら当地初優勝に期待できる。 水摩敦(福岡)は3月戦で優出。 次は7年ぶりの当地優勝に照準を合わせる。 当地直近5節で4優出2優勝と活躍必至の山一鉄也(福岡)や、当地で好走が多い古澤光紀(福岡)も上位争い。 近況ひと息の川上剛(福岡)は得意水面でリズムアップのキッカケをつかみたい。

次の

ボートレース・競艇 予想 [コンピュータ予想]

ボート 結果

ボートレースの予想やリサーチ ボートレース(競艇)は国営のため、スポーツ新聞や専門誌も昔ながらにありますが、今では無料で最新の情報をインターネットで仕入れる事が可能になりました。 過去のレース結果を集計して分析したり、各レース場のデータを確認したり、ボートや、モーターの情報、水面特性、タイムデータ、ボートレーサー、特に優勝レーサーの情報や、レーサー期別成績、オッズ情報、そしてそれぞれの各ボートレース会場のオフィシャルウェブサイトからは出走表、予想紙、前日予想まで、多くの情報を確認する事が出来ます。 また各ボートレース会場の公式のFacebookページや、公式Youtubeなども揃っており、オフィシャルサイトからほぼ全てリンクされています。 レースの予想をしながらも、純粋にスポーツとしてのボートレース、競艇の観戦を楽しめるため、会場にも一度足を運んでみることをお奨めします。 ボートレースのレース結果 ボートレースファンにとって、最も気になる情報は 本日のレースの結果でしょう。 野球ファンにとっての試合と同じく、その日のうちに確認したい内容ですし、 同じく、その日のレースのリプレイやライブそのものが気になると思います。 ボートレースのライブ動画とリプレイ動画 ボートレースの観戦に行けなくても、地上波による中継、BS中継、CS中継、ラジオ中継と、様々なメディアからの放送を見ることが可能です。 中でもインターネットであれば、各ボートレース会場のオフィシャルウェブサイトで中継とリプレイの動画、過去の(昨日の)ボートレースの結果を見ることが出来ます。 また、これらの中継、ボートレースの結果の動画は無料で視聴が出来ますが、会員向けの有料サービスもあります。 こちらの有料版にはリアルタイムライブ中継が高画質で提供され、レースの分析ツールなど、より詳しく楽しむことが可能になっています。 各会場はそれぞれ、以下になっています。 それぞれの公式ウェブサイトでライブ中継とリプレイ動画と結果が確認可能ですが、 自分の住んでいる地域の近くの会場に足を運んで観戦してみてはどうでしょうか。 (以下の各競艇会場のホームぺージには、ボートレースオフィシャルサイトから全てリンクされています。 ) 「関東地区」 桐生(群馬県) 戸田(埼玉県) 江戸川(東京都) 平和島(東京都) 多摩川(東京都) 「東海地区」 浜名湖(静岡県) 蒲郡(愛知県) 常滑(愛知県) 津(三重県) 「近畿地区」 三国(福井県) びわこ(滋賀県) 住之江(大阪府) 尼崎(兵庫県) 「四国地区」 鳴門(徳島県) 丸亀(香川県) 「中国地区」 児島(岡山県) 宮島(広島県) 徳山(山口県) 下関(山口県) 「九州地区」 若松(福岡県) 芦屋(福岡県) 福岡(福岡県) 唐津(佐賀県) 大村(長崎県).

次の

本日のレース|BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

ボート 結果

21 4. 10 10. 85 10. 22 4. 28 21. 00 0. 14 3. 99 15. 96 21. 17 5. 05 34. 94 25. 00 0. 00 0. 19 4. 15 20. 28 17. 18 4. 67位 3 3. 30 4. 33位 6 5. 19 2. 00位 3 3. 19 1. 33位 5 5. 21 2. 50位 6 6. 21 4. 00位 1 5. 33 3 13 5. 75 5. 25 4. 75 4. 25 3. 75 3. 50 3. 67 3 8 4. 50 4. 00 3. 50 3. 00 2. 50 2. 25 2. 00 3 21 7. 75 7. 25 6. 75 6. 25 5. 75 5. 50 5. 00 3 15 6. 25 5. 75 5. 25 4. 75 4. 25 4. 00 3. 50 2 3 4. 33 3. 67 3. 00 2. 33 1. 67 1. 33 1. 67 3 8 4. 50 4. 00 3. 50 3. 00 2. 50 2. 25 2. ナッセ杯 令和2年6月13日〜6月17日 豪華メンバーの中でも峰の名はひときわ輝く 上位陣にSGクラスがズラリと並ぶ白熱必至の5日間開催。 豪華メンバーの中でも、5年連続最高勝率の峰竜太(佐賀)の名前がひときわ輝く。 当地は前回の67周年、前々回の一般戦で連続優勝中。 その2節で19走16勝の荒稼ぎをしており、今回も1着ラッシュに期待する。 GI2回含む当地5優勝の吉川元浩(兵庫)は、6コースでの当地周年優勝歴がある水面巧者。 3月平和島で2年連続のSGクラシック制覇を達成と円熟期を迎えている。 地元では篠崎仁志(福岡)、前田将太(福岡)の2人が迎撃態勢を整える。 篠崎は特別レース復帰戦の大村GIIで優出、GI復帰の多摩川周年でも予選上位通過、当地GW戦でも優出とリズム上々。 前田も5月芦屋周年を含めて優出ラッシュと安定感抜群だ。 若松夜王シリーズ第1戦植木通彦フェニックスカップ福岡県内選手権 令和2年6月20日〜6月25日 初日12R ドリーム戦出場予定選手 艇番 1 2 3 4 5 6 級別 A1 A1 A1 A1 A1 A1 登番 4148 3576 3514 4364 4189 4522 名前 枝尾賢 白水勝也 山一鉄也 池永太 川上剛 古澤光紀 支部 福岡 福岡 福岡 福岡 福岡 福岡 勝率 7. 04 6. 85 6. 72 6. 94 6. 58 6. 54 2連率 58. 30 50. 90 52. 80 51. 50 50. 00 48. 福岡勢が火花を散らす! 前回優出逃した池永、枝尾が中心! 地元福岡支部の選手が大挙参戦して火花を散らす県内選手権。 中心は豪快なレース運びが魅力の池永太(福岡)だ。 GW戦で当地一般戦での連続優出は「4」でストップしたが、続く蒲郡ではこだわりの伸び型の調整がはまり、6連勝で優勝を決めた。 今節メンバーで新勝率No. 1は枝尾賢(福岡)。 近況の充実ぶりなら当地初優勝に期待できる。 水摩敦(福岡)は3月戦で優出。 次は7年ぶりの当地優勝に照準を合わせる。 当地直近5節で4優出2優勝と活躍必至の山一鉄也(福岡)や、当地で好走が多い古澤光紀(福岡)も上位争い。 近況ひと息の川上剛(福岡)は得意水面でリズムアップのキッカケをつかみたい。

次の