ライン 電話。 佐藤健がLINE(ライン)で電話をかけてくる!Sugerで直接対話した女子多数

LINE Out 携帯電話や固定電話に掛けられる「LINE Out」利用方法

ライン 電話

便利なライン電話ですが、以前間違えて電話をかけてしまったことがあります。 その時は、とても焦りました。 ライン電話を間違えてかけてしまった時の、対応について書きたいと思います。 なぜ間違えてしまったのか? ラインの無料通話は、パケット通信料はかかりますが… Wi-Fi環境であれば、気にせずかけることができます。 友だち登録をして、トークも楽しいですが、時には電話も便利です。 ステータスメッセージにある、下向きの矢印をスクロールしながら見ていた時… 「無料通話」をタップしてしまいました! ステータスメッセージのマークをクリックすると、全文を見れますが… すぐ下に「無料通話」があるので、タップする場所がずれてしまったのだと思います。 かかったことに気づいた時は、もう焦りましたね…。 その後の対応は? その時はとにかく焦ったので、思わずすぐ切ってしまいました。 でもライン電話をかけると、トーク画面に履歴が残ります。 相手が何か用事だったのでは?と思ってしまいますよね。 私はすぐ電話を切ってしまいましたが、その友だちとはよくトークをしますし、今思えば時間帯も問題なさそうでした。 そのまま少しかけて、相手がたまたま出れば、間違ってかけてしまったことを、伝えても良かったと思っています。 ですが時間帯が悪かったり、普段あまりやり取りをしない友だちや親戚等にかけてしまった時は、もっと焦ってしまうと思います。 正直、電話で直接謝るのは…という時も…。 私はすぐトークを利用しましたが… もし電話で伝えるのは…と思った時は、トークを利用して良いかもしれません。 無料通話をタップするとそのままかかる? 実は…次の日も同じ友だちにかけてしまいました。 持っていると便利なスマホですが… ガラケーと違い、タップをするとすぐかかってしまう面もあり、意外と間違えることもあるようです。 ちなみにトーク画面からでも、電話をかけることはできます。 上に表示されている、受話器のマークをタップすると、「無料通話」「ビデオ通話」が表示されます。 ここで無料通話をタップすると、かかります。 そのため受話器のマークをタップしても、ここでやめることができます。 もちろんここでやめた場合は、トーク履歴にも残りません。 ですが先ほどホーム画面から電話をかけてしまった、とお話ししましたが… この画面からだと「無料通話」をタップすると、そのままかかってしまいます。 キャンセルしようと思っても、既にかかっているんです。 また同じくホーム画面には、右側に「ビデオ通話」もあります。 これはもう… 間違えてタップをしないように、気をつけるしかなさそうです。 ライン画面を表示させたままだと… 他にも私がついやってしまうことですが… 友だちのステータスメッセージを見た後、画面を表示したままにしてしまうことです。 4G環境の時はこまめに画面を消しますが、Wi-Fi環境だと、ついそのままにしてしまう時も…。 すると、しばらくしてから、節電モードが働きます。 再びつけると、ホーム画面に戻っているので、スワイプするわけですが、ちょうど無料通話のところで行ってしまうと、そのままかかってしまいます。 これはスマホによって異なると思いますが… 私もこれでかけてしまったこともあったので、気を付けたほうが良さそうです。 どの画面にも言えることですが、使わない時は、表示させたままにしない方が、誤操作を防げると思います。 見終わったら、オレンジの丸印をタップして画面を消すように…。 でもうっかりそのままにしてしまった時は、通話のあたりを避けてスワイプしています。 まとめ ライン電話を間違えてかけてしまった時の話をしました。 特にステータスメッセージを見ている時、タップする場所がずれると、無料通話がかかってしまいます。 かけてしまったら、トークに履歴が残ってしまいます。 そのまま相手が出たら、間違えてしまったことを直接謝っても良いと思いますが、私はトークで伝えました。 ガラケーと違いスマホは、タップをしてかけることもあり、間違えやすいので、これから気を付けたいと思っています。 〈関連記事〉.

次の

友達からのライン電話の通知がこないのはなぜ?個別の通話・グループ通話それぞれの原因と対策を紹介【LINE】

ライン 電話

15秒間の広告で3分間の通話ができる 最近では固定電話の相手と通話する機会が少なくなりましたが、ときには用事があって、携帯電話から固定電話に発信することがあると思います。 もし、それが頻繁ではなく、短時間で済むのであれば、 LINEで通話料金を節約してみませんか? 「 LINE Out Free」という機能を使ってみましょう。 LINEにはもともと、追加済みの友だちと無料通話をする機能があります。 しかし、LINE Out Freeは、この無料通話とは別のもの。 友だちとしてつながっていない人に対して、電話番号を指定して通話できる機能「 LINE Out」の無料版という位置づけで、15秒間の広告を見ることで無料通話が可能になります。 ほかにもLINE Out Freeにはいくつか制限があり、固定電話に対しての通話時間は3分間となります。 携帯電話にも発信できますが、この場合の通話時間は1分間です。 また、1日の利用可能回数は5回までとなっています。 とはいえ、たまに通話するだけならお得かつ便利ですよね。 以下の手順のように、まずはLINE Outをホーム画面に追加し、LINE Out Freeから電話をかけてみましょう。 LINE Outをホーム画面に追加する 1[設定]画面を表示する ここではiPhone 8の画面を例に解説します。 LINEを起動し、[ホーム]画面の左上にある設定のアイコンをタップしましょう。 2[LINE Out設定]画面を表示する [設定]画面で[LINE Out]をタップします。 3ホーム画面に追加するためにSafariに切り替える [LINE Out設定]画面を下にスクロールして、[ホーム画面に追加]をタップします。 4Safariの共有メニューを表示する Safariに切り替わりました。 画面の指示通りに共有アイコンをタップして...... [ホーム画面に追加]をタップします。 5アイコンをホーム画面に追加する さらに[追加]をタップすると、LINE Outのアイコンがホーム画面に追加されます。 なお、このアイコンは「LINEのアプリからLINE Outの機能を呼び出す」ためのものなので、 元のアプリがないと動作しません。 LINEのアプリは削除しないようにしてください。 LINE Out Freeを使って電話をかける 6LINE Out Freeの発信画面を表示する 続いて、LINE Out Freeで通話する方法を見ていきます。 ホーム画面に追加した[LINE Out]アイコンをタップします。 7電話番号を入力して発信する LINEが起動し、LINE Out Freeの発信画面が表示されました。 電話番号を入力して発信します。 続いて[広告を見て無料通話]をタップします。 8自分の電話番号認証を行う LINE Outを初めて使う場合、自分の電話番号認証を行う画面が表示されます。 この認証を行っておくと、相手に自分の電話番号を通知して発信できるようになります。 ここでは[認証]をタップして進めます。 SMSで届いた認証番号を入力し、[次へ]をタップします。 認証が完了したら、[キャンセル]をタップして画面を閉じましょう。 9広告を見る あらためて発信の操作を行うと、広告が表示されます。 10LINE Out Freeで通話できた LINE Out Freeを使って固定電話に発信できました。 通話時間の残りが少なくなると、警告音で教えてくれます。 close 閉じる.

次の

LINE「無料通話」の使い方まとめ──発信・応答から通知の仕様、ミュートまで

ライン 電話

LINE での通話機能には、「無料通話」機能と「LINE 電話」の2種類があります。 「無料通話」で使うデータ量のおよその値は1時間あたり、音声通話で 18MB 約 0. 02GB 、ビデオ通話で308MB 約 0. 3GB です。 音声の場合は、あまり気にしなくてもよいです。 また、ビットレート制限がかかっていても通話できることが多いです。 ただし、利用方法に制約があります。 携帯電話や固定電話に直接かけることはできず、相手も LINE ユーザである必要があります。 さらに、相互に「友だち追加」している、という必要もあります。 「LINE 電話」は、携帯電話や固定電話に直接かけることができますが、着信機能はありません。 安いのは、海外拠点までの IP 電話と海外拠点からの(割安な 電話発信を組み合わせて利用しているからです。 (米国でやっている Google Voice の国内版のようなものですね。 ) このような方式のため、通話料に加えてデータ量も若干食います。 海外拠点までの IP 電話分の分です。 ただし、せいぜい「無料通話」音声と同等でしょう。 なお、「LINE 電話」で発信すると、発信者番号表示に制約があります。 海外発信を国内発信に偽装するので、偽装チェックが厳しい DoCoMo に対しては、番号表示ができません。

次の