東扇島 西 公園 釣果。 東扇島西公園(川崎市)|神奈川発!釣りチュー海釣り場情報

東扇島西公園の釣り場混雑状況と駐車場と餌の販売、釣果は何が釣れた

東扇島 西 公園 釣果

本降りの雨がお昼頃まで降り続きました。 釣果は昨日同様に控えめな釣れ方となりました。 主にサビキ釣りは豆アジ 投げ釣りではキス、イシモチ 足下や投げでカサゴ タコエギや投げ釣りの外道でタコの釣果報告を頂けました。 先端でカサゴ、キス、イシモチ、小あじの釣果 土砂降りの中、釣果報告ありがとうございました! ヘチ釣りでカサゴの釣果 雨の中お疲れ様でした! 雨の中先端付近でタコエギで釣れたタコ 雨が上がった午後にタコエギで報告を頂けました。 6月27日 土 日中の西公園はどの釣り方も単発的な釣れ方で、厳しい1日となりました。 今日は潮流が川の様に早かったという情報もありました。 サビキは豆アジ、小鯖が数匹の報告が多かったです。 普通のサビキ仕掛けでは中々釣れずトリック仕掛けが1番釣れています。 キスは朝早い時間から釣りをされている方は、遠投でツ抜けされていましたが、日中は単発な釣れ方となりました。 マゴチはアタリはあるという情報は多く頂けましたが釣果報告は届きませんでした。 先端のヘチ釣りだけはメジナ、スズキの釣果と好調でした。 カサゴも沢山釣れたそうですが リリース 小型が多かったそうです。 釣れていたのは午前中まででお昼からは釣果は止まったそうです。 スズキは小学生のお子様が釣り上げたそうです。 足下のサビキ釣りで豆アジが好調です! たまに小鯖やイワシも掛かっています。 朝方から夕方まで1日を通して釣れていました。 トリック仕掛けが1番釣れています。 釣れた小鯖や豆アジを泳がせた方はワカシとダツが釣れていました。 マゴチは朝5時頃にザリガニ餌で50センチが2本釣れましたが日中はイマイチ厳しかったです。 投げ釣りのキスは釣れていますが、いつもより控えめでアタリも小さく活性が低かったそうです。 良型も釣れていましたが遠投でもピンギスが目立ったそうです。 いつもより不調とはいえ、それでもツ抜けができていました。 6月25日 木 の西公園はキスはいつもより控えめな釣れ方でしたが、近い距離でポツポツと釣れていました。 公園の先端付近ではイシモチも釣れていました。 日中は足下のサビキ釣りで、豆アジが釣れていました。 お昼頃に時合がありましたが、それ以外はポツポツとゆっくりと釣れていました。 豆アジが釣れている中にイワシが少し混ざっていました。 釣りをする時間が長い方ほど沢山釣れていました。 マゴチは朝マヅメの時間帯に活きハゼで約30センチの報告を頂けたましたが、今日一日パッとせず、イマイチな釣果でした。 ザリガニ餌にはタコがよく釣れていて、カサゴやクロダイも釣れました。 ヘチ釣りでは朝早い時間帯にカサゴ、ギンポが釣れていました。 公園の先端で投げ釣りでキス、イシモチ、サビキ釣りでアジ、イシモチ。 イシモチはサビキ釣りと投げ釣りの両方で釣れたそうです。 キスはアオイソメで釣れたそうです。 日中に釣れたサビキ釣りで豆アジ こちらは公園の中央付近の釣果です。 お昼頃に時合がありそれ以降はポツポツと釣れたそうです。 投げ釣りで釣れたキス 明日6月26日 金 の営業時間 勇竿 本店 3:30〜夜はオールナイト営業です。 西公園 売店 7:00〜夜はオールナイト営業です。 昨日は渋かったマゴチですが、今日は朝マヅメに61センチと良型も釣れて調子を取り戻したようです。 日中は小型がポツポツと釣れたそうです。 日中は他にもキス、タコが好調で公園全域で釣れていました。 40センチ弱のマゴチ!活きハゼでの釣果です。 キロUPの タコ、タコエギで釣れました。 こちらは活きハゼで釣れたマゴチ、カサゴです。 公園手前側で活きザリガニで釣れたタコ。 朝マヅメにマゴチが数本釣れました。 その後日中はアタリはあるようでしたが、なかなか釣れず厳しかったです。 ここ数日潮が澄んでいるので、マゴチの釣果に影響が出ているのかもしれません。 マゴチは不調でしたが、マゴチ狙いの活き餌にヒラメ、タコ、キビレ、セイゴなど色々な魚種の釣果がありました。 ヒラメは朝マヅメ、夕マヅメに1枚づつ釣れてどちらも40センチでした。 朝は銀平、夕方はハゼの活き餌でした。 日中は投げ釣りのキスは調子良く釣れています! 公園全体で釣れています。 胴突き仕掛けの脈釣りではカサゴ、メバル、イソギンポ、ソイなどが釣れています。 この他にもマゴチ40センチも釣れたそうです! 投げ釣りでキス! 良型のキスは遠投で釣れています。 ウキフカセ釣りで良型のクロダイ! 餌はオキアミです。 胴突き仕掛けの脈釣りでカサゴ 餌はジャリメで釣れたそうです。

次の

勇竿釣具店

東扇島 西 公園 釣果

東扇島西公園 のシーバス釣り攻略法 以前は東扇島でも広く釣りを楽しむことができました。 現在はソーラスの影響でほとんどの場所に入ることができなくなりました。 釣りは東扇島西公園のみ可能です。 釣り人のゴミなどマナーの問題も深刻だったことから、これも釣りができなくなった原因かもしれません。 いずれにせよ、ゴミ出しなどのマナーの問題で釣り禁止になりかねない場所も多いので、注意しましょう。 東扇島西公園の周りは潮通しが抜群で、いろいろな魚が春夏秋冬に釣れることから人気が高いです。 古くから東扇島で釣りを楽しんでいるファンも多く、そうした釣り人たちがこの公園に集中する形になっています。 常に釣り人が入っていて、魚が釣れているときは護岸が釣り人でいっぱいになることも多いです。 東扇島西公園は、東扇島の南西側にある細長い公園です。 北側と真ん中あたりに有料駐車場があります。 釣りができるのは、北側から南角までの護岸約 550m 、南角から東側の沖に面した護岸約 35m の範囲です。 岸際には柵が設置されています。 護岸沿いはすぐに水面になります。 北側の運河の奥側のほうは消波ブロックも入っていて浅くなっています。 南側の沖に面した側へいくにしたがい深くなっています。 ちなみに、南角あたりの足元で、水深 7m くらいでしょう。 公園の前は大型船も入ってくる運河なので、かなり深く浚渫されています。 公園からだと運河に向かって約 50m 先からが深いです。 そこから公園にかけてゆるやかに浅くなり、約 20m 手前にもかけあがりがあり、 護岸までなだらかに浅くなっていきます。 元々、底質は砂だったようです。 現在は石などいろいろな堆積物があるので根がかりが非常に多いです。 また、南角から外洋面は、足元から急に深くなっていく地形をしています。 沖側や南角付近の岸壁には、エサ釣り師が入れ代わり立ち代わり入ります。 ルアーで入れないことも多々あります。 秋口には、イナダやサバ、ソーダガツオなどの青物の回遊があります。 エサ釣り人や弓ズノ、ルアー、ヘチ釣りでクロダイを狙うなど、いろいろな釣り人が入り乱れて込み合います。 唯一、海が荒れ気味のときはエサ釣り師も少ないので、ルアーにはチャンスといえるかもしれません。 混雑エリアを避けてのルアーでの釣りなら、公園の真ん中あたりでも実績は高いです。 無理に南角へ入ろうとしなくても大丈夫です。 運河内の沖のかけあがりの手前を狙ったとしても、水深は 10m くらいあります。 バイブレーションで底取りしてから巻いてこないと、なかなか食わせられません。 そのため根がかりというリスクが高い釣り場だといえます。 潮通しのよさから潮目が発生しやすく、このようなときはいい釣りができることが多いです。

次の

東扇島西公園の釣り ll 神奈川県の海釣りガイド

東扇島 西 公園 釣果

東扇島西公園 のシーバス釣り攻略法 以前は東扇島でも広く釣りを楽しむことができました。 現在はソーラスの影響でほとんどの場所に入ることができなくなりました。 釣りは東扇島西公園のみ可能です。 釣り人のゴミなどマナーの問題も深刻だったことから、これも釣りができなくなった原因かもしれません。 いずれにせよ、ゴミ出しなどのマナーの問題で釣り禁止になりかねない場所も多いので、注意しましょう。 東扇島西公園の周りは潮通しが抜群で、いろいろな魚が春夏秋冬に釣れることから人気が高いです。 古くから東扇島で釣りを楽しんでいるファンも多く、そうした釣り人たちがこの公園に集中する形になっています。 常に釣り人が入っていて、魚が釣れているときは護岸が釣り人でいっぱいになることも多いです。 東扇島西公園は、東扇島の南西側にある細長い公園です。 北側と真ん中あたりに有料駐車場があります。 釣りができるのは、北側から南角までの護岸約 550m 、南角から東側の沖に面した護岸約 35m の範囲です。 岸際には柵が設置されています。 護岸沿いはすぐに水面になります。 北側の運河の奥側のほうは消波ブロックも入っていて浅くなっています。 南側の沖に面した側へいくにしたがい深くなっています。 ちなみに、南角あたりの足元で、水深 7m くらいでしょう。 公園の前は大型船も入ってくる運河なので、かなり深く浚渫されています。 公園からだと運河に向かって約 50m 先からが深いです。 そこから公園にかけてゆるやかに浅くなり、約 20m 手前にもかけあがりがあり、 護岸までなだらかに浅くなっていきます。 元々、底質は砂だったようです。 現在は石などいろいろな堆積物があるので根がかりが非常に多いです。 また、南角から外洋面は、足元から急に深くなっていく地形をしています。 沖側や南角付近の岸壁には、エサ釣り師が入れ代わり立ち代わり入ります。 ルアーで入れないことも多々あります。 秋口には、イナダやサバ、ソーダガツオなどの青物の回遊があります。 エサ釣り人や弓ズノ、ルアー、ヘチ釣りでクロダイを狙うなど、いろいろな釣り人が入り乱れて込み合います。 唯一、海が荒れ気味のときはエサ釣り師も少ないので、ルアーにはチャンスといえるかもしれません。 混雑エリアを避けてのルアーでの釣りなら、公園の真ん中あたりでも実績は高いです。 無理に南角へ入ろうとしなくても大丈夫です。 運河内の沖のかけあがりの手前を狙ったとしても、水深は 10m くらいあります。 バイブレーションで底取りしてから巻いてこないと、なかなか食わせられません。 そのため根がかりというリスクが高い釣り場だといえます。 潮通しのよさから潮目が発生しやすく、このようなときはいい釣りができることが多いです。

次の