サングリア 度数。 実は、自家製サングリアは違法です

サングリアの度数ってどれくらい?おすすめの飲み方は?いろんな楽しみができる優秀なワイン!

サングリア 度数

サングリアってどんな飲み物? サングリアは、ポルトガルやスペインで飲まれるフレーバードワインの一種。 お好みのワインにハーブやフルーツを入れて漬けるだけというお手軽さから、近年は自家製レシピが話題を呼んでいます。 ちなみに、 アルコール度数が20度以下のお酒にフルーツなどを漬けると酒税法違反となってしまいますので、今回は上記ポイントを意識しつつ 酒税法に抵触しないよう「飲む直前に作る」ことを条件にしつつ作っていきたいと思います。 ハーブコーディネーターが提案!上手なハーブの組み合わせ方 というわけで。 まずは、サングリアに使うおすすめのハーブについて、ハーブコーディネーターの有資格者であるハーブのスペシャリスト、 高橋奈緒美(たかはしなおみ)さんにお話を伺ってきました! アロマとしてもメディカルとしてもハーブを愛好する高橋さんは、普段からハーブティーやハーブワインを楽しんでいるのだとか。 今回は高橋さんが淹れてくださったおいしいハーブティーをいただきながら、究極のサングリア作りについてじっくりとお話しを聞かせていただきました。 おすすめのハーブと組み合わせ方の4つポイントとは? それではさっそく、ハーブの選び方や組み合わせについて伺っていきたいと思います。 サングリアに向くハーブについて 「そもそもサングリアに向くハーブって何ですか?」 お茶ですとオレンジピールにクローブなんかが冬の定番です。 夏はたくさんのペパーミント、スペアミントを叩いて香りを出したモヒートなんかが人気ですから、これらをそのままサングリアに生かすことができると思いますよ。 柑橘と相性のいいハーブも多いですし、ワインの酸味にはレモングラスの爽やかな香りもよく合います。 あとはラベンダーもよさそうですね。 見た目もきれいですし、香りもよく出ます。 初夏くらいまでが旬なので、冬場でしたらドライ(乾燥もの)を使うといいですよ。 ラベンダーとミントの組み合わせも、ハーブティーではよくありますね。 この二つ、すごく合うんですよ。 高橋さん なるほど、ハーブティーやカクテルなどに使われている定番のハーブの組み合わせが、サングリア作りにも参考になりそうですね。 他にも、高橋さんご自身のおすすめのハーブやフルーツなどとの組み合わせも伺いました。 ハーブはホールで使う• ハーブティーやモヒートなどの定番レシピを参考にする• ハーブはフレッシュの方が失敗しにくい• スパイスはシナモンスティックとクローブがオススメ これらをヒントに究極のサングリア作りに挑戦したいと思います。 サングリアとハーブワインの違いって? 高橋さんによると、ハーブワインとは、例えば 「飲み残して余ってしまったワインや、口に合わなかったワインなどにハーブの香りを移し、飲みやすくおいしくするもの」なんだそうです。 ハーブを入れたワインを湯煎して香りを移すのが特徴で、サングリアとはそもそも作り方が違うんですね。 また、ハーブ酒の場合はお砂糖とハーブ、ホワイトリカーを入れて漬けます。 高橋さんは夏になると自宅の庭で採れるフェンネルを使って、旬のハーブ酒を楽しまれているのだとか。 色々と参考になるお話を伺えて、究極のサングリア作りへの期待が高まりました。 「高橋さん、おいしいハーブティーと究極のサングリア作りへのアドバイス本当にありがとうございました!」 それでは、いよいよ「究極のサングリア」を作っていきたいと思います。 【レシピ】究極のサングリアの作り方とレシピ 頂いたアドバイスを活かしながら、色々な組み合わせを試し、究極と呼べそうなサングリアになるように、何度も試行錯誤してみました。 どれもかなり美味しかったのですが、その中でも特に一番「これは美味しい!」となった選りすぐりのレシピだけをご紹介したいと思います。 ワインのお好みは人それぞれあると思うので、「白ワインベース」のレシピと「赤ワインベース」のレシピをそれぞれご紹介しますね。 【レシピ】白ワインベースの究極のサングリア まずは白ワインを使った爽やかなサングリアです。 白ワインは爽やかな香りのものが多いですから、やっぱりフルーツも爽やかさが香るものがいいですよね。 また、スパイスは隠し味程度にミックスしました。 使った材料は以下の通りです。 白ワイン 720ml• マスカット 10粒• ミント(フレッシュ) 8枚程度• レモングラス 1本 作り方は、 飲む直前にこれらを混ぜるだけ。 ミントとレモングラスはスーパーで購入したフレッシュを使用。 梨とりんごは薄切りに。 オレンジは皮をむいたあと手で適当にちぎり、マスカットは皮ごと半分に切ってワインに入れます。 柚子の皮を加えるのもよさそうですね。 10分程度置いておけばしっかりとフレーバーを楽しめます。 ハーブとスパイスを加えるだけで、洗練され大人びた風味になるから不思議!食前酒にはもちろん、パーティなど思い切り飲みたいときにもオススメのレシピですよ。 【レシピ】赤ワインベースの究極のサングリア 葡萄のフルーティーさが香る「赤ワイン」には、比較的香りの強いハーブやスパイスを加えたいですね。 使う材料は以下ものだけ。 赤ワイン 720ml• コモンセージ 3~5枚程度• タイム 1枝• シナモンスティック 2本• クローブ 8粒程度 個性の強いハーブやスパイスを使いますが、意外とこれがうまく調和してくれて、とても深みのあるフレーバーを楽しませてくれます。 甘いのが好きな方は、りんごをフルーツ缶などに変えてシロップごと加えるのがオススメ。 気分を高揚させるハーブの高貴な香りと、スパイスの奥深い香りのミックスはたまりません! サングリアのレシピは無限大 フルーツとハーブ、スパイスの数だけ楽しめるサングリアの組み合わせ。 レシピはまさに無限大です。 今回、ハーブコーディネーターである高橋さんにアドバイスいただきながら、究極のサングリア作りを何度も試行錯誤しました。 そうして洗練されたレシピが今回ご紹介したものですが、その過程で生まれた試作も実はすべておいしかったんです。 最初は 「白ワインには酸味系のフルーツ、赤ワインには甘い系フルーツ」というふうに使い分けをしていたのですが、実際に作ってみると白ワインに甘い系も赤ワインに酸味系も十分においしいものばかり。 サングリアは 経験値がなくても直観や気分だけで即興レシピを作ってもおいしい、懐の深い飲み物だと感じました。 いよいよ夏の到来を感じる昨今、みなさんもサングリアで爽やかな夜を過ごしてみてはいかがですか? ぜひ究極のサングリアレシピ、参考にしてくださいね。 Special Thanks to you! こちらもおすすめ.

次の

ワイン別!作ってみたいサングリアの美味しい世界

サングリア 度数

com 日本酒サングリアはフルーツによる飲みやすさが魅力 日本酒サングリアは簡単に言うと、フルーツ入りの日本酒です。 サングリアは、通常はワインで作られることが多いのですが、日本酒で作るととても飲みやすく、飲みすぎ注意と言われるほど。 ほんのりとフルーツの味や色がお酒に移って見た目もとってもきれいです。 日本酒の美容イメージが女性からも注目 近年、女性から見た日本酒への印象は、昔に比べてとても向上し、女性の愛飲家も増えています。 その大きな理由が、日本酒が美容にいいというイメージが浸透したため。 日本酒に含まれるアミノ酸には、肌の潤いを保ち、シミやそばかすの生成を抑える働きが期待できるとされ、コウジ酸・フェルラ酸はしわやたるみにも効果が期待できるとも言われているようです。 日本酒サングリアの登場で、女性の愛飲家がさらに増加? おいしく飲んでキレイになれるかもと来れば、女性たちが日本酒を愛飲するのも当然のこと。 それでも、まだ苦手意識を持って敬遠していた女性も少なくありませんでしたが、見た目にかわいく、飲みやすい日本酒サングリアの登場で、さらに日本酒を飲む女性が増えることでしょう。 とはいえ、もちろん飲みすぎは逆効果ですから、適量をたのしんでくださいね。 com 日本酒サングリアは手軽に作れるのも魅力 日本酒サングリアの作り方はとっても簡単。 好きなフルーツをカットして日本酒を注ぐだけ。 フルーツの香りと味わいでアルコールの刺激が薄まって飲みやすくなるとともに、日本酒が浸み込んで味わい深くなったフルーツがたのしめます。 日本酒サングリアを自分で作る場合は酒税法に注意 ただし、注意したいのが酒税法です。 アルコール度数が20度未満のお酒でサングリアを作るのは、自家用であっても酒税法に抵触します。 一般的な日本酒の度数だと酒税法に抵触しますが、作り置きでなく、飲む直前に作るのは例外とされます。 フルーツは漬かりすぎないほうがおいしいので、その都度飲み切れる量だけ作り、残ってしまったら捨ててください。 日本酒サングリアのさまざまなバリエーションをたのしむ 冷房で体が冷えがちな季節には、日本酒サングリアをお燗でたのしむのもオツなものです。 ホット日本酒サングリアで血行促進、ビタミンを摂取して夏を乗り切りたいですね。 レモンと生姜、ハチミツを少し混ぜてもレンジでチンすれば、とっても簡単です。 また、フルーツジャムを使えば、手軽にバリエーションが増やせます。 先に少量の日本酒でジャムを伸ばすとなじみます。 とはいえ、やっぱり生のフルーツを使って作るのが一番! お酒が浸みたフルーツは紅茶に入れたり、焼き菓子に使ったりして、しっかり食べきってしまいましょう。 com 日本酒サングリアにする日本酒はリーズナブルなものでOK 日本酒サングリアには、どんなタイプの日本酒を、どんなフルーツを合わせるのがよいのでしょうか。 いくつかポイントを紹介します。 まず日本酒についてですが、基本的には「大吟醸」など高価なものを用意する必要はありません。 コンビニで売っているカップ酒などで十分です。 軽やかな甘口の日本酒はフルーツを選ばず、失敗が少ないでしょう。 日本酒の味わいによってフルーツの選び方にも一工夫を りんご、パイナップル、キウイ、オレンジなど、いろいろなフルーツを本醸造の甘口に漬けると、味にふくらみが出てオススメです。 とくに、パイナップルの程よい酸味が日本酒の甘さを引き締めてくれます。 一方、辛口でドライな日本酒には、レモンやオレンジなどキリリと酸っぱいフルーツでシャープな味わいをたのしみましょう。 フルーツの特性に応じて、相性のよい日本酒を選ぼう これからが本番の夏が旬のスイカは、フルーツの味そのものにインパクトが薄いので、よく冷えた甘口の日本酒に入れて飲むのがオススメ。 レモンのようなキレのあるフルーツは、味を引き締めて、さわやかな日本酒サングリアになります。 ただし、日本酒そのものの味わいを消してしまいかねないので、注意が必要です。 日本酒サングリアのたのしみ方を紹介してきましたが、いかがでしたか? あれこれ試して、自分好みの日本酒サングリアを見つけてみてください!• おすすめ情報• 関連情報.

次の

サングリアとは?おすすめのレシピと飲み方・注意点も!(暮らしニスタ)

サングリア 度数

サングリアのおすすめレシピ 自宅でサングリアを作る際に注意しなければいけない点が2つあります。 守らないと酒税法に違反するので、注意が必要です。 果実とワインを混ぜるのは飲む直前に行い漬け込まない 2. 自宅で飲み切れる分のみ作成し作り置きはしない 法律で果実をお酒に漬け込む場合、アルコール度数が20度以上という規定があります。 ワインは20度ないため漬け込みはNGとなります。 また大量に作り置きしておくと販売目的と疑われます。 nta. htm 赤ワインを使ったサングリア 赤ワインには、オレンジなどしっかりとした味わいのあるフルーツがおすすめです。 冷やしたジュースで簡単にできるサングリア• 赤ワイン 適量• 果樹100%のオレンジジュース 果樹100%のオレンジジュースで作れる簡単サングリアを紹介します。 冷凍庫で凍らせてあらかじめ作っておいた氷を赤ワインに注いで完成! 冷凍マンゴーやベリーなど、お好きなフルーツをプラスするのもおすすめ。 夏の暑い日におすすめのサングリアです。 sapporobeer. オレンジ 1個• オレンジ 1個• フルーツ缶 1缶• グラニュー糖 適量• シナモン 適量• グラニュー糖 適量 オレンジの皮を包丁でむいたら、使用するフルーツを適当な大きさに切って、ポットなどに入れます。 フルーツ缶のフルーツとシロップもポットに加えます。 さらにシナモンを入れて赤ワインを注いだら、グラニュー糖で味を調整します。 赤ワインで作ったサングリア• 赤ワインと同量のコーラ• 氷 本場スペインのカリモーチョ。 そこでカリモーチョ風サングリアを作ってみましょう。 作り方は簡単。 フルーツや100%果樹ジュースをなどを用いて作った赤ワインのサングリアを用意します。 サングリアに同量のコーラを入れて、氷を加えます。 (ポイントはサングリアとコーラの量を1対1にすること。 ) ライムやミントの葉を合わせるのもおすすめです。 enoteca. ここでは3種類おすすめのサングリアをご紹介します。 大好きフルーツがいっぱい!超贅沢サングリア• カットパイン 5切れ• 白桃缶 2切れ• サイダー• ミントの葉 適量 リンゴ、レモン、グレープフルーツなど、使用するフルーツをよく洗います。 グレープフルーツの皮をむき、洗ったフルーツを、それぞれイチョウ切りに切っていきます。 缶詰の桃とカットパインを一口大に切り、すべてのフルーツとミントをポットに入れます。 さらにサイダーとワインを注いで混ぜたら完成です。 白ワイン 一杯分• リンゴジュース 大さじ3• キウイの皮をむいて薄く切り、すべてグラスに入れてワインを注いだら完成。 グラスに注いだ後、キウイを潰しながら飲むと、よりフルーティーな味が楽しめます。 rakuten. 白ワイン 適量(1カップ)• ミント 適量 レモンとリンゴをよく洗い、洗ったらイチョウ切りにします。 切った後はポットに入れ、さらにミントを加えてよく混ぜます。 レモンやリンゴの香りがすっきり爽やか!夏におすすめのサングリアが完成です。 暑い日には、レモンを多めに入れると、さらに清々しくすっきりした味が楽しめます。 ラズベリーとチェリーを入れたピンク色のサングリア• ロゼワイン 1本 750ml• アメリカンチェリー 80g• ラズベリー 50g• 砂糖 大さじ1~2• ミントの葉 適量 フルーツを洗ったら、適宜、切っておきます。 切ったフルーツに砂糖とミントの葉を入れたらワインを注ぎます。 enoteca. よく冷やしたロゼワイン 一杯分• 炭酸水 ワインの半量• 桃 1個• ミントの葉 少量 生または冷凍の桃をさいの目切りに切ってグラスに入れます。 よく冷蔵庫で冷やしておいたロゼワインと炭酸水をボトルに入れ、よく混ぜます。 お好みで適宜、ミントの葉を少量添えます。 色がきれいな冷凍ベリーのスパークリングワイン• スパークリングワイン 1本 750ml• 冷凍のミックスベリー 50g• ハチミツ 少々 スパークリングワインを冷蔵庫で冷やしておきます。 冷凍のミックスベリーとハチミツをグラスに入れ、スパークリングワインを注いだら、軽く混ぜます。 woman. excite. html 通販で買える人気のサングリア 既製品のサングリアを通販で購入できます。 自家製のものよりも保存がきくので、お家にストックして楽しみましょう。 人気があり、おすすめの3本をご紹介します。 ソル デ ベラーノ サングリア 本場スペイン産のサングリアです。 ソル デ ベラーノとはスペイン語で「夏の太陽」という意味で、弾ける果実味が特徴です。 使用している赤ワインは、テンプラーニーニョとモナストレルという、スペインを代表するブドウ品種を使用しています。 フレッシュでフルーティーな果実味が魅力的な1本です。 ラ サングリア ブランコ ボデガス アルスピーデ こちらもスペイン産の白ワインを使用したサングリアです。 オレンジやシナモン、レモンなどが使用されています。 アルコール度数が低めになっているので、とても飲みやすく、爽やかでフルーティーな味わいです。 サントリー カクテルツアーズ ホワイトサングリア 日本のサントリーが造るサングリア。 桃やクランベリー、ルビーグレープフルーツを使用した贅沢なサングリアです。 サングリアの豆知識 大人気なサングリア、スペイン語で「血」を表す「Sangre サングレ 」が名前の由来になっています。 赤ワインで造ることが多かったため、血のように見えたのでしょう。 スペインでは家庭で楽しむもので、あまり飲食店で召し上がる方はいないそうですが、現地の飲食店は観光客向けにサングリアを用意しているようですね。 サングリアはとても飲みやすいですが、気になるアルコール度数は?どれくらい保存してられるの?そのような気になる点を説明していきます。 サングリアのアルコール度数は? サングリアは基本的にはワインにフルーツを付け込むだけなので、度数はワインとほとんど変わりません。 フルーツの風味や味が出てくるので、とても飲みやすくは感じますが注意が必要ですね。 レシピによっては、ジュースを足して度数を下げているものもあります。 保存をよくするためにブランデーなどの蒸留酒を加えていることもあるので、お店で飲む場合は聞いてみたほうがいいですね。 サングリアの保存方法 サングリアは必ず冷蔵庫で保存しましょう。 ワインに糖分や果物を添加するので、常温だと再発酵してしまう可能性が高いからです。 蒸留酒をたくさん入れてアルコール度数を高めれば酵母は活動できないので、再発酵は進みません。 しかしそこまで度数を高めてしまうと、飲みやすいサングリアとは言い難くなってしまいます。 冷蔵庫に保存していても、果物を漬けることにより水分が出てくるので、数日中には飲み切ってしまいましょう。 まとめ 今回ご紹介したレシピをベースにして、色々な飲み方も楽しむことができます。 もちろん冷やしてそのままでも良いですし、氷を入れてロックスタイルにしても飲みやすいです。 ワインカクテル風にすると、白サングリアをソーダで割ってスプリッツァー風。 赤サングリアをジンジャエールで割って、キティ風。 赤サングリアをコーラーで割ってカリモーチョ風、などの楽しみ方もおすすめです。 サングリアにはいろいろなレシピがあります。 ただしくれぐれも法律違反にならないよう注意してください。 カテゴリー• この記事が気に入ったらシェア•

次の